おすすめのウェイトトレーニング用グローブ人気ランキング!【筋トレ初心者にも】

身体づくりの基礎である筋トレは、自宅、公園、ジムなど、どこでも実践することができます。テクニックトレーニングと違って透明性があり、継続しやすいのが魅力です。体の変化が目に見えて解り、地道にこなすと必ず結果が出ます。ダイエットや健康維持を飛び越えて、競技の領域に踏み入る方も少なくありません。きっかけさえ作れば今すぐにでもスタートできますが、スポーツには準備が大切。何の気なしに始めると、ケガなどのリスクがあります。あらかじめリスクを減らせる、専用のウェアや靴を用意しておくのが賢明です。今回の話題であるウェイトトレーニング用グローブは、筋トレとの相性が抜群のアイテム。初心者から恩恵を最大限に受けることができ、ファッションとしても活用できます。解説を参考にして、お気に入りを見つけて下さい。

ウェイトトレーニング用グローブとは?

筋肉の増量を目的としたトレーニングで使うグローブ

ウェイトトレーニング用グローブは、筋肉の増量を目的としたトレーニングに使うウェアです。バーベルやダンベルを使ったフリーウェイト、ジムにあるマシンを使ったマシントレーニングなどに用います。主流は種目を選ばず使えるモデルですが、重いウェイトやハードなトレーニングに対応した頑丈なモデルも人気です。

マナーを守れる便利なウェア

重たいウェイトやトレーニング器具を不意に落とすと、自分や周囲、トレーナーにも危険が及びます。自分以外の安全に配慮できるのも、ウェイトトレーニング用グローブのメリットです。また、私物の器具はもちろん、ジムにある共有物を大切に扱うのは、ユーザーとして当然のマナーでしょう。ウェイトトレーニング用グローブはグリップやシャフトを汗から守り、サビ防止にも役立ちます。

ウェイトトレーニング用グローブの効果

トレーニング中のケガを防止する

ウェイトトレーニングのマシンや器具を握りこむ動作は、手の平や指のマメを誘発します。慣れないあいだ頻繁にできるマメは厄介者。潰れるとトレーニングを中断して、治療しないといけません。重いウェイトを持ち上げる動作では、手首の捻挫など、予期せぬケガも心配されます。ウェイトトレーニング用グローブは手の平や手首をケガから守り、効率の良いトレーニング環境を、ユーザーに与えてくれます。

ハプニングの予防で筋肉に意識を集中できる

トレーニングは意識も大切。効かせたいなどとも言いますが、鍛えたい筋肉に意識を集中することは、効率や効果、筋肉の成長につながります。器具が汗で滑るなど、不十分なグリップ力では意識が散り、トレーニングの効果も下がるでしょう。器具をしっかりグリップしてくれるウェイトトレーニング用グローブがあれば、しっかりトレーニングに集中できます。

初心者や女性も滑り止めでグリップ力がアップ

トレーニング前の初心者や女性など、握力が低い方にもウェイトトレーニング用グローブはおすすめです。手の平の滑り止めがサポートになり、しっかりとトレーニング器具をグリップできます。装着すればケガの防止になり、集中力まで高まる一石三鳥のアイテム。慣れた人ばかり使っているイメージですが、これからトレーニングを始める方にも効果覿面です。レベルに関わらず積極的に取り入れて下さい。

ウェイトトレーニング用グローブの使い方

マジックテープでとめる

ウェイトトレーニング用グローブは、手首を保護するリストラップや、マジックテープなどを手首に巻いて装着します。ベルクロ、面ファスナーと書かれるケースもありますが、マジックテープの別称です。マジックテープは自由度が高い代わりに、リストラップほど手首の固定効果はありません。そのため、色々な種目に使う方や、直感的な感覚を好む方が選んでいます。

筋トレ以外のトレーニングにも使いやすい

握り心地や手首の感覚など、ユーザーとのフィーリングを大切にしたグローブは、筋トレ以外の種目にも使えます。手が自由なおかげで色々な動きに対応でき、トレーニングファッションの一部としても人気です。ヨガやランニング、エアロバイクなどの有酸素運動に用いても、おかしくありません。総合的な種目を見越しておけば、着ているシャツとメーカーを合わせるなど、性能以外の部分でもグローブを絞れます。

ウェイトトレーニング用グローブの種類

厚手タイプ

厚いパッドやクッションは初心者向け

ウェイトトレーニング用グローブの手の平には、滑り止めを兼ねたパッドやクッションが付いています。分厚い生地は高いグリップと耐久力があり、握り過ぎを防止してくれるのが特徴です。マメを防止できて握力の負担を減らせるため、初心者には最適でしょう。

重いウェイトを使ったトレーニングに耐える一方、手の感覚を妨げやすく、厚みを邪魔に感じるケースもあります。使ってみるのが一番の確認法ですが、実際にトレーニングするのは難しいでしょう。ウェイトトレーニング用グローブは、実店舗より通販に圧倒的なラインナップがあるウェア。そのため、レビューや解説などを読んで、事前に厚みを調べておくことが肝要です。

薄手タイプ

薄手はトレーニングの邪魔をしない

パッドやクッションが薄手のモデルは、厚手のウェイトトレーニング用グローブより素手に近い感覚で使えます。手の平の感覚が残り、握る以外の動作も妨げません。腕立てやヨガなどの床に手を付くトレーニングも、直感的に行えます。自然に器具を持てるグローブは握り心地が気にならず、トレーニングで集中力が切れません。

手の平の通気性を確保できるのも、薄手タイプのメリットです。一方、保護や耐久度の面は、厚手よりも劣ります。握り過ぎによる摩耗や、マメができやすいのもデメリットでしょう。また、重いウェイトの負荷による破損などが起こり、初心者が扱うときは注意が必要です。しかし、薄さの問題は使い慣れれば解決していきます。厚さは自分のフィーリングやトレーニングメニューに合わせて、判断する方がいいでしょう。

ウェイトトレーニング用グローブの選び方

自分に合わせたサイズで選ぶ

親指の付け根から1周した長さがサイズの目安に

ウェイトトレーニング用グローブと手のサイズが違い過ぎると、動作や汗で滑ってしまいます。グリップや皮膚の保護力、トレーニングの効率が下がってしまうので、サイズは気を付けて選んで下さい。メジャーなどを用意しておき、選ぶ前に測定しておくといいでしょう。親指の付け根から手を一周した長さが、一般的なサイズの目安になります。指定がある場合は、メーカーの基準に従うのがマストです。

Sサイズがあると小柄でも選びやすい

ウェイトトレーニング用グローブには、女性サイズのレディースもあります。一方、男女兼用が主流。レディースに気に入ったデザインやメーカーがない場合は、ユニセックスサイズから選ぶことになるでしょう。Sサイズ以下があるモデルであれば、手の周りが15㎝くらいでも選べます。キッズや小柄な男性も、Sサイズ以下があるモデルをチェックするといいでしょう。

機能的に使えるモデルを選ぶ

脱ぐストレスがないクイックリリースモデル

クイックリリースと呼ばれている機能があると、汗で張り付いたウェイトトレーニング用グローブが脱ぎやすくなります。パターンは2つ。水かきの部分や、第一関節付近あるサポートフックか、引っ張るために指の生地を余したフィンです。クイックリリースはグローブ交換もスムーズにし、トレーニング中、トレーニング後の余計なストレスを解消してくれますよ。

手首を保護してくれるリストラップ付き

リストラップは手首に巻き付けるリストバンドのようなものです。一体化しているストラップをウェイトのシャフトに巻き付けて、手の平を保護してくれます。巻き方や使い方にコツがあり、どちらかと言えばトレーニング慣れした人に向いた装具でしょう。一方、グローブと一体化してしまえば脱着は簡単。リストラップをしっかり締めておけば、グローブによる手の平の保護も得られます。

リストラップは上半身を鍛えるトレーニングに、よく用いられています。ベンチプレスなどのウェイトを押すプレス系。マシンのウェイトを引き上げる、レイズ系トレーニングでも手首を保護してくれます。一方、少し脱着しにくいのは弱点です。頻度が多いとストレスを感じる方も少なくありません。通気性の高さで汗を緩和する。脱ぎやすいクイックリリースを選ぶなどで、ストレスを軽減できます。

衛生面で選ぶ

化繊はレザーより通気性が高い

レザーはウェイトトレーニングに適した生地です。強力なグリップが握力をサポート。耐久度や厚みにより、手の平の皮膚も保護します。一方、通気性が悪いのはデメリットでしょう。手洗いが必要なモデルは、清潔の維持にも不便です。化繊にはメッシュなどがあり、トレーニング中、汗の蒸れを緩和してくれます。通気性を大切にしたいなら、ポリエステルなどの化繊モデルを選ぶといいでしょう。スポーツに適したライクラなど、柔らかく伸縮性がある生地もおすすめです。

洗濯機が使えるモデルは衛生面が有利

ウェイトトレーニングに汗は付きもの。もちろんグローブにも汗や臭いが付着します。衛生を保つためにはマメなメンテナンスが必要です。また、臭いを残さないメンテナンスは使う際のストレス軽減にもなり、選んだグローブと長く付き合えるでしょう。洗濯方法は洗濯機による丸洗いか揉み洗い。洗濯機で丸洗いできるモデルが、衛生面を保つのに便利です。

ウェイトトレーニング用グローブのおすすめブランド・メーカー

NIKE(ナイキ)

薄手のモデルやレディースもおすすめ

スポーツ関連のアパレル、スニーカーを扱うブランドとしては、世界でもトップと言えます。日本と関係が深く、ウェアに取り入れている方も多いでしょう。ウェイトトレーニング用グローブは豊富なラインナップがあり、手に馴染むレディースや薄手を探せます。

UNDER ARMOUR (アンダーアーマー)

トレーニングに耐え抜く強固なデザイン

アンダーアーマーは野球用品が有名で、スポーツ用品店などには必ず置かれています。名前に聞き覚えがなくても、Hに似たマークはお馴染みです。バッティング、ウェイトトレーニングなどに耐え抜く強固なモデルが揃っており、耐久度は魅力でしょう。また、体のラインに沿った野球用のアンダーシャツは、アンダーアーマーの十八番アイテム。高いフィット感を実現する技術があり、グローブも然りです。

GOLDS GYM(ゴールドジム)

筋トレに精通したジムの高性能なグローブ

ボディビルダーを多く輩出することで知られるゴールドジム。有名人が足しげく通うことでも知られます。メニューやマシン、アイテムに精通したウェイトトレーニングのプロフェッショナル。知識と経験を元にデザインされた、グローブの性能は抜群です。レザー系の高級感あるモデルや手が大きい男性向けのモデルなど、マニアックなグローブも選べます。

Reebok(リーボック)

個性派の柄と通気性が魅力

リーボックはスニーカーの衝撃吸収システムが有名で、個性派の柄やフォルムはアパレルとしても人気です。ウェイトトレーニング用グローブも優秀なクッションや通気性が魅力。おしゃれなストライプなどがあり、個性も失っていません。高い性能がトレーニングの効率を高めてくれます。

おすすめ&人気のウェイトトレーニング用グローブランキング

リストラップ付きでおすすめのウェイトトレーニング用グローブ

ゴールドジム-プロアルティマグローブG3432 (6,600円)

フィット感や握りのフィーリングを求める男性におすすめ

22㎝から26㎝の手に対応しており、サイズは手が大きな男性に向いています。0.6㎜の薄い生地でグリップ力を維持しつつ、手の平の感覚も残しているのが特徴です。手の甲は水着などに使われている、ポリウレタンのスパンデックス素材。極めて優れた伸縮性を持ち、フィット感を高めてくれます。

人間工学に基づいたデザインも、フィット感を高めている工夫でしょう。手のラインに合わせて生地が自然なカーブを描いています。素手のような感覚でバーを握ることができ、フィーリングを重視する方も満足できます。フィンによる脱着、水洗いができ、ストレスを軽減する機能も安心です。

リーボック-リストサポートグローブ (4,766円)

リストラップ付きが欲しい女性にもおすすめ

メジャーメーカー製だと一目で解るロゴがあり、ウェアの一部として取り入れやすいモデルです。手の甲は通気性が高い、ポリウレタン100%のメッシュ構造。速乾性にも期待が持て、集中力を維持できます。作業手袋にも用いられるポリウレタンは破れにくく、洗濯による伸び縮みが起こりません。そのため、お手入れも簡単です。

手の平にはシリコンパッドとスエード生地を採用。クッション性と同時に、耐久度も備えています。ワンシーズン使えるユニセックスで扱いやすく、リストラップ付きが欲しい女性にもおすすめでしょう。持っておけば重いウェイトにも対応できます。

シーク-プラチナシリーズ リフティンググローブ Model 540 (4,999円)

指についたフィンが脱ぐストレスを軽減

世界的なシェアを持つアメリカのブランド、シーク。デザイン性と機能性の高さが持ち味で、リストバンドやグローブは日本でも扱われています。シークのシリーズは、それぞれが定番のトレーニンググローブ。プレミアムシリーズではリストラップ付き530、マジックテープの715も人気があります。

サイズはXSからXLまでと非常に豊富。15㎝から28㎝に対応しています。やや大きめのサイズ感であり、悩む場合は1サイズ落として選ぶといいでしょう。洗濯が可能で清潔の維持は簡単。シーク製グローブ特有のフィンが指ごとに付いており、脱ぐ動作や臭いがストレスになりません。

アディダス-エリートトレーニンググローブ (3,300円)

メジャーメーカー製で値段以上の総合力がある

人間工学に基づいたデザインで、フィーリングを大切にしたウェイトトレーニング用グローブです。厚手のバッドを手の平に貼り付けていますが、しっかりと握った感覚も残ります。サイズ感は少し小さめ。中間に当たる手の大きさであれば、1サイズ上も検討して下さい。

エリートシリーズは同社トレーニンググローブの中でも、グリップ力を強化したタイプです。通気性を少し犠牲にしていますが、その分だけウェイトトレーニングには向いています。手首を強力にサポートする優秀なリストラップ付きで、総合力は値段以上と言えるでしょう。また、メジャーメーカー製でウェアに取り入れやすく、ファッション用としても価値があります。

初心者におすすめのウェイトトレーニング用グローブ

ナイキ-Training fitness gloves (6,480円)

フィット感と機能性を重視している薄手タイプ

メンズのトレーニンググローブです。ポリエステルとポリウレタン、ナイロンなど、化繊を主体にした生地で縫われています。クッションには卒なく通気口があり、クイックリリースが可能。通気性がある化繊生地と合わせて、快適に使い続けることができます。

S、M、Lのスリーサイズがあり、ジャストフィットを大切にしたウェイトトレーニング用グローブです。シャフトやバーベルを握る際にズレが起こらず、しっかり握る動作をサポートしてくれるでしょう。やや小さいという意見もありますが、サイズ感は筋トレに適しています。使っているうちに馴染みますが、心配なら1サイズ上を選ぶのも手です。

ゴールドジム-レザーグローブ (3,080円)

高級レザーの耐久度がプレス系種目にも最適

高級牛皮を使ったグローブです。筋トレの専門家であるゴールドジムが扱うだけに、性能は上級者からも高評価。フィット感、クッション性、耐久性の三拍子が揃っています。レディースとしては大きめのサイズ、19㎝以上があり、小柄な男性にも選ばれているモデルです。

手の平は厚く、重いウェイトを扱う方には非常におすすめです。ベンチプレスなど、プレス系種目との相性は抜群でしょう。一方、ダンベルやマシンのシャフトを握るときは、厚さが邪魔になります。そのため、総合的なメニューをこなす方は、別のグローブと併用するのがいいでしょう。

Well-Life Store-ウェイトトレーニンググローブ (1,627円)

高コスパでリピーターが多いリストラップ付きグローブ

18㎝から23.5㎝の手に対応した、ユニセックスのリストラップ付きトレーニンググローブです。18㎝から19㎝のSサイズは、小柄な男性や女性、キッズなどにもおすすめでしょう。手の平にはハニカム構造の高弾性素材を採用。衝撃吸収性があり、グリップ力とフィット感にも定評があります。

リストラップ付きで高負荷のトレーニングをサポートでき、洗濯機による清潔の維持が可能です。また、メッシュ素材の通気性がよく、いつでも快適に使用できます。扱いやすさやコスパの良さは、エントリー用として最適。通販で人気があり、リピーターも確保しています。

beastoo sports-トレーニンググローブ (1,100円)

お試しに選んで損がないトレーニンググローブ

リーズナブルなウェイトトレーニング用グローブですが、パーツ類はしっかりしています。ハニカム構造の高弾性素材を手の平に採用し、クッションと強度、通気性を確保。汗をかきやすい部分はメッシュになっており、両面の快適性に気を配っています。

洗濯が可能で衛生の維持もシンプル。通気性の良さを含めて快適に使えるでしょう。長めのリストラップが付いており、手首を守りながらトレーニングの負荷も抑えてくれます。上級者などがこなす高負荷トレーニング向けではなく、基礎的なメニューに向いた厚さです。使い潰したり乗り換えたりしても痛手にならない値段であり、グローブを試したい方は選んで損がありません。

おしゃれでおすすめのウェイトトレーニング用グローブ

アンダーアーマー-レディース UA ライト トレーニンググローブ (3,300円)

手が小さい方も選びやすい

密着するウェアが得意なアンダーアーマーらしく、フィット感に定評があります。マジックテープではなくゴムのリストバンドを採用。圧迫を感じることなく、ジャストフィットするのは魅力です。クッションが薄めであり、重いウェイトを持つ方は注意して下さい。

手の平は合成皮革なので、耐久面は問題ありません。また、化繊に樹脂をコーディングしている合成皮革は、フィット感とグリップ力を得ることもできます。皮のように見える高級感も魅力でしょう。サイズは15.9㎝から18.5㎝までに適応。手が小さい方も選べます。

リーボック-エンデュランス グローブ RAGB-12331EN (2,640円)

バランス重視で色々なトレーニングに使える

ウェイトトレーニング用グローブは、色や模様が乏しいウェアです。見た目が被るモデルも多く、ファッションとして他ユーザーとの差別化を図るのに苦労します。一方、おしゃれなストライプがあるリーボックのフィットネスグローブなら、見た目が被る心配はありません。

手首にはベルクロを採用し、手の平は薄手のシンプルな生地です。手の自由度が高く、直感的な握り心地を味わえます。バランス重視のフレキシブルなデザインと言え、有酸素運動など、ウェイトトレーニング以外に用いるのも便利でしょう。

RDX-GYMグローブF11 (2,178円)

色々なトレーニングに使えるかっこいいユニセックスグローブ

イギリス発祥のRDXは格闘技の用具ブランドです。ボクシング用のグローブや、総合格闘技の選手が手に着けている、オープンフィンガーなどを扱っています。タフなトレーニングにも耐える品質、それでいてリーズナブルな値段は、ウェイトトレーニング用にも注目でしょう。

靴などに使われているブラックスエードレザーを手の平に採用。ウェイトを持つとき裂けやすい部分にはヤギ皮を配置しています。薄手のままグリップ力と耐久力を確保しているのは、見事と言えるでしょう。手の自由度が高く、ウェイトトレーニング以外にも使えます。全4色のバリエーションがあり、15㎝から25㎝の手に対応。かっこいいユニセックスとして、幅広い層が選べます。

まとめ

効果的に使えるウェイトトレーニング用グローブがおすすめ

ウェイトトレーニング用グローブは、サイズが大きいと効果を十分に発揮できません。選ぶ前に手の周りを測り、メーカーの表をみながらサイズを決めて下さい。重いウェイトを持つトレーニングには、リストラップ付きの厚手生地がおすすめ。ウェイトトレーニング以外にも用いるなら、パッドを少し薄めにし、汎用性を重視するのもいいでしょう。自分が行うトレーニングに合わせて、手の平の厚さを決めて下さい。通気性が高いモデルや素早く脱げる機能は、ストレスを減らしてトレーニング効率を上げてくれます。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*