おしゃれでおすすめのビジネスシューズ人気ランキング!【歩きやすい】

ビジネスシューズはスーツを着用する職業に欠かせませんが、他にも冠婚葬祭やパーティーといったフォーマルなシーンでも活躍します。しかし、ビジネスシューズのデザインによっては冠婚葬祭には不向きなものもあるので注意が必要。本記事では、仕事からフォーマルシーンまで幅広く利用できるビジネスシューズや、デザイン性が高くスーツスタイルをよりおしゃれに仕上げてくれるビジネスシューズなどを紹介しています。初めてビジネスシューズを購入する方はもちろん、すでにビジネスシューズをお持ちの方にも次に購入すべきビジネスシューズはどういったタイプかの参考になるはずです。

歩きやすいビジネスシューズの特徴

軽量な靴が歩きやすいとは限らない

歩きやすい靴に共通しているのは足への負担が少ない点です。軽い靴なら足が疲れにくく歩きやすいように感じますが、実は軽いだけでは歩きやすい靴と言い切れません。たとえば、靴底が薄いまたは固い靴だとどれだけ軽くても歩きにくいです。そのため、歩きやすい靴とは軽さと靴底のクッション性を兼ね備えているものだと言えます。

紐で締めるタイプとベルトで締めるタイプがある

スーツに合わせるビジネスシューズは紐で締めるレースアップタイプが主流ですが、紐がなくストラップのベルトで締めるタイプもあります。特にコットン素材のスーツ、ジャケットにパンツといったカジュアルなスタイルが認められている職場であれば、ストラップタイプのビジネスシューズでも問題ないケースが多いです。一方、接客業や営業職などフォーマルなスタイルを必要とされる職種では、紐靴しか履けない場合もあるので注意してください。もし明確な決まりが分からなければ事前に上司に相談してから購入しましょう。

ビジネスシューズの種類

プレーントゥ

幅広いシーンで使えるプレーントゥ

プレーントゥはつま先に装飾がないシンプルなデザインです。ビジネスシーンはもちろんフォーマルシーンでも利用できるほど汎用性が高いため、1足持っておくと便利です。どのビジネスシューズを選ぶべきか悩む新入社員にもおすすめします。

プレーントゥは幅広いシーンで活躍する優れものですが、実は羽根の形で相手へ与える印象が変わるのです。内羽根式はよりフォーマルな印象、外羽根式はややカジュアルな印象を持ちます。そのため、かっちりしたスーツスタイルに合わせるなら内羽根式のプレーントゥを選んでおくと安心です。

ストレートチップ

フォーマルなシーンで活躍するストレートチップ

ストレートチップはつま先に横一文字の切り替えがあるデザインです。ビジネスシューズのなかでは最もドレッシーで格式が高いデザインとなります。シンプルながら冠婚葬祭などフォーマルなシーンでも品格ある印象を与えることができるはずです。

ストレートチップのビジネスシューズには切り替え部に穴飾りを施されたタイプがあります。穴飾りがあると華やかでおしゃれなスーツスタイルに仕上がります。しかし、冠婚葬祭でも使いたいのであれば、穴飾りのないタイプを選んでおきましょう。

ウイングチップ

華やかさを与えるウイングチップ

ウイングチップははつま先に翼のような形の切り替えがあるデザインです。全体的に穴飾りがあるタイプが多いです。華やかな見た目のシューズなので職種によっては履くことができない場合もありますが、スーツスタイルをおしゃれで優雅な印象にしてくれます。

装飾性が強いため冠婚葬祭には適していませんが、スーツスタイル以外にもカジュアルなコーディネイトに合わせられるのがウイングチップの魅力。ビジネスシーンでは穴飾りが少ないものを選ぶと使い勝手が良いです。ちなみにウィングチップという呼び名は米国で使われていて、英国ではフルブローグと呼ばれることが多いです。

モンクストラップ

手軽に履けるモンクストラップ

モンクストラップはベルトで履き口を締めるデザインです。ビジネスシューズの紐を結ぶのが面倒な場合に最適。モンクストラップはスリッポンやローファーよりフォーマルで、紐靴よりはカジュアルな存在です。そのため、服装の自由度が高い職種であればモンクストラップを履けるケースが多いです。

モンクストラップはベルトが1本のシングルストラップ、ベルトが2本のダブルストラップ、ベルトが履き口に沿っているサイドストラップの3種類のタイプがあります。シングルはモンクストラップの基本形、ダブルストラップとサイドストラップは丈が短めのパンツに合わせるような個性的な形です。つまりビジネスシーンで幅広く活躍するのはシングルストラップだと言えます。

ビジネスシューズの選び方

シーンに合わせて紐のタイプを選ぶ

内羽根式はデスクワークや冠婚葬祭向け

靴ひもを通す穴の空いた羽根が、足の甲にある舌革より前に潜り込んでいるタイプを内羽根式と呼びます。内羽根式は履き口が大きく開かず、舌革も内側に収納され見えないのが特徴。上品な印象なので冠婚葬祭のようなフォーマルシーンに最適です。履き口が狭く足を入れにくいため、営業職のような着脱の多い職種よりもデスクワークの方におすすめ。

外羽根式は外回りが多いビジネスマン向け

靴ひもを通す穴の空いた羽根が外に向いてむき出しになっているタイプを外羽根式と呼びます。外羽根式は丈夫で履き口が大きく開くのが特徴。足入れがしやすいため、着脱する機会が多い外回りのビジネスマンにおすすめです。フォーマルシーンには外羽根式より内羽根式を選ぶべきですが、黒色のプレーントゥであれば外羽根式でも問題ないとされています。

素材で選ぶ

高級感がある本革

本革は丈夫で高級感があるので、長く履けるビジネスシューズを探している場合に最適です。使ううちに馴染み、色合いや風合いの変化を楽しめます。ただし、本革は水に弱く乾燥しやすいため、手入れを怠るとシミができたりひび割れたりするので注意してください。本革のビジネスシューズを希望するなら、防水スプレーを使う、または撥水加工が施されているものを選び、レザークリームをこまめに塗りましょう。

手入れが楽な人工皮革

人工皮革は水や汚れに強いため、外回りが多い職種や手入れが面倒に感じる方にもおすすめです。また、安く手に入れられるのも人工皮革の魅力。本革に比べて安っぽく見えるのではと心配になるかもしれませんが、近年の人工皮革は見た目では本革とあまり差がないので安心してください。一方、丈夫さは本革に劣る弱点があるため、人工皮革のなかでも耐久性を高めた素材を使用しているシューズを選ぶと良いでしょう。

機能性で選ぶ

雨の日も快適に履きたいならゴアテックス採用

ゴアテックスとはアメリカのWLゴア&アソシエイツが販売している素材の商標名で、防水性と透湿性を兼ね備えているのが特徴です。実際にアウトドア用品やレインウェアにも多く使用されている実績があります。ゴアテックスを採用したビジネスシューズなら、雨の日にも靴下に染みるのを気にせず安心して履けることでしょう。

蒸れを軽減するなら通気孔があるものを

ビジネスシューズは本革や人工皮革で作られているため、綿などで作られているスニーカーなどと比べると通気性が低く蒸れやすいのがデメリットです。しかし、そんな弱点を改善するため通気孔があるビジネスシューズも販売されています。通気孔によって蒸れを軽減すれば臭いを気にするストレスからも解放されるはずです。

疲れにくさを重視するなら靴底がEVAソール

外回りが多い職種や徒歩での通勤時間が長いならクッション性があるEVAソールのビジネスシューズがおすすめです。EVAは柔らかく軽量で疲れにくいうえ、水や紫外線にさらされても劣化しにくい合成樹脂です。スニーカーやサンダルなどでも使われていて歩きやすいだけでなく、雨の日でも滑りにくいので安全です。

ビジネスシューズのおすすめブランド・メーカー

リーガル

モデルが豊富なうえコストパフォーマンスが高い

50年以上の歴史を持つリーガルは革靴の老舗と言えるメーカーです。メイドインジャパンにこだわりを持ち、高品質なビジネスシューズを手ごろな価格で購入できるのが魅力。リーガルのビジネスシューズは200以上のモデルを販売しているため、希望に沿った商品がきっと見つかるはずです。

スコッチグレイン

日本人の足に合う靴への強いこだわりを持つ

東京で創業を開始したスコッチグレインは、職人でもある社長自らが仕入れた上質な革で靴づくりをしています。さらに、日本人の歩き方の癖までを研究し、日本人の足に合う靴を作り続けています。妥協を一切しないこだわりの靴が数万円から購入できるというコストパフォーマンスの良さも魅力。

マドラス

進化し続ける老舗メーカー

マドラスは靴作りの本場イタリアで誕生し、創業から90年以上にわたり靴づくりを追求しています。昔ながらの技術にとらわれず、時代の流れに合った新しい発想を積極的に採用。日本で販売している商品は、日本人の足にフィットし履き心地の良さでも人気を集めています。

アシックス

スニーカーのように走れるビジネスシューズを提供

アシックスはランニングシューズを数多く手掛けているメーカー。スポーツシューズ製造で培ったノウハウを生かし、走れるビジネスシューズ、ランウォークを展開しています。また、歩きやすさだけでなく、見た目の上品さも忘れてはいません。

おすすめ&人気のビジネスシューズランキング

コスパでおすすめのビジネスシューズ

テクシーリュクス-メンズビジネスシューズBASIC BIZ シリーズ (4,950円)

本革使用で高級感があるうえ動きやすい

テクシーリュクスはアシックスの子会社であるアシックス商事が手掛けています。本革を使用しているのに人工皮革とほぼ変わらないリーズナブルな価格で購入できるのが人気の理由と言えます。また、硬度60度という柔らかさに加え、片足305g~330gという軽さで履きやすさを実現。

デザインのバリエーションが豊富で、外羽根式はプレーントゥとUラインの切り替えが入ったUチップがあり、内羽根式はストレートチップがあります。他にもスリッポンやローファー、モンクストラップタイプも用意されています。低価格なので、シーンに合わせて2足や3足購入し使い分けるのも良いです。

ジンク-ビジネスシューズNo.5871~5875シリーズ (2足購入で1足あたり4,400円)

豊富なバリエーションと履きやすさが特徴

ジングからは本革で作られた日本製のビジネスシューズを販売。水や汚れをはじく撥水加工がされているので雨の日にも安心して履けます。また、履き口部分にゴムやスリットを取り入れることで着脱のしやすさを実現しました。

内羽根式のストレートチップや外羽根式プレーントゥといったフォーマルシーンで使えるデザインだけでなく、モンクストラップやビットデザインのようにおしゃれなモデルまで用意されています。カラーバリエーションを含めると20種類ものモデルを取り揃えた豊富なラインナップが魅力。2足セットだとよりお得ですが、1足のみの購入も可能です。

アルテ ラヴォーロ-ビジネスシューズAR10シリーズ (2足選んで1足あたり3,025円)

上質な人工皮革を使い低価格を実現

アルテラヴォーロでは人工皮革を使い、低価格なビジネスシューズを提供することを実現。見た目は本革のような高級感があります。つま先にかけてシャープなロングノーズタイプのデザインが脚を長く見せてくれるのが嬉しいです。

デザインはプレーントゥ、ストレートチップ、モンクストラップなどを含む全6種類。ブラックやブラウンといった定番カラーのほか、珍しいネイビーやワインがあるので自由度が高い職場なら個性を引き立てられるでしょう。2足セットだとさらにお得ですが、1足のみの購入も可能です。

リーガル ケンフォードメンズ ビジネスシューズ ストレートチップ (9,350円)

リーガルコーポレーション基準をクリアした品質の高さが魅力

リーガルの弟分として生まれたケンフォードのビジネスシューズ。リーガルの丈夫で履きやすいという伝統を引き継ぎながらも、リーズナブルな価格を実現しました。使用する革や布地、ゴムの品質や耐久性、全てがリーガルコーポレーション基準をクリアした高品質な素材です。

牛革を使ったストレートチップのビジネスシューズはスーツスタイルをより上品な印象にしてくれることでしょう。ケンフォードでは十分な性能と耐久性があるかをチェックする品質試験をクリアしたものだけを販売しています。そのため信頼して長い期間履き続けることができます。

歩きやすいおすすめのビジネスシューズ

ボンペール-快走ビジネスシューズ (7,980円)

一度履いたらやみつきになる走れるビジネスシューズ

EVAソールを使用し軽さと軽量さにこだわったビジネスシューズ。また、靴底に防滑性のあるラバーを搭載しているため、雨の日でも滑りにくく安全性も高いです。履き口にもクッション材を使用しているため、靴擦れのリスクを回避できます。

厚みのあるインソールは着地時の衝撃を吸収して、足への負担を軽減。また、抗菌や防臭、通気といった快適さも重視した仕様です。ストレートチップのほか、ウイングチップやモンクストラップといったデザイン性の高いモデルも用意しています。

イチキュウゴナナ-走れるビジネスシューズ (5,980円)

クッション性と通気性を兼ね備えた高機能なモデル

1957の走れるビジネスシューズは、着地時の衝撃を吸収し緩和するソールがスニーカーのような履き心地を実現。移動が多い方や通勤時間が長い方でも疲れにくいです。また、履き口部分に柔らかい素材を使用しているため、靴擦れしにくいのも特徴。

靴底には通気孔を搭載しているほか空気循環ソールを使用することで蒸れを軽減しています。なお、素材は人工皮革を使い価格を抑えている点も嬉しいです。デザインはプレーン、モカシン、ビット、ローファーが用意されています。

クリアウォーク-柔らかい本革ビジネスシューズ(5,000円)

高級感と柔らかさの両方を手に入れられる

上質な牛革を使い高級感のある見た目で、履き心地はスニーカーのような快適さがあります。本革使用ですが、片足約320gという軽さも歩きやすさを支えるポイントの1つです。さらに靴底の溝を多めに配置することで屈曲性を向上しています。

履き口に伸縮性のあるゴアを搭載しているため、靴紐をほどいたり結んだりする手間を省けるのも嬉しいです。3Dインソールで足裏のアーチ部分をサポートしフィット性が高くなっています。デザインはプレーンチップ、ストレートチップ、Uチップから選べます。

アシックス-ランウォーク MB024B G-TX 2E (23,760円)

スポーツシューズの開発で培った技術を集結

アシックスのランウォークには長年にわたるスポーツシューズの開発で培ったノウハ ウが結集。優れたクッション性を持つEVAスポンジを内蔵したソールを使用し、1日歩いても疲れにくいのが特徴です。さらにソールのかかと部にはGELを搭載しているため、着地の衝撃を和らげる期待もできます。

防水透湿性に優れたゴアテックスを採用しているため、雨の日でも快適に過ごせることでしょう。アッパーには本革を使用し、高級感があり長く履けるビジネスシューズに仕上がっています。内羽根ストレートチップのクラシカルなデザインは、ビジネスはもちろんフォーマルな場面でも使えて便利です。

おしゃれでおすすめのビジネスシューズ

リーガル-ウイングチップ ビジネスシューズ (21,999円)

上品なおしゃれを楽しめる

日本人の足に合うように木型の修正を重ねて作られたリーガル。フィット感を大切にしながらも、時代に合わせた機能などもきちんと取り入れています。作り手と買い手のどちらもが納得できる本物の靴づくりを極めているのです。

リーガルはデザイン性の高いウイングチップでも、派手すぎず上質な雰囲気に仕上げています。アッパーには本革を使用しているため、使ううちに風合いが変わってまた違った印象になっていくでしょう。カラーはブラックとブラウンがあります。

スコッチグレイン-フルブローグ 05T0325  (39,600円)

職人のこだわりが詰まったシューズ

創業以来、品質至上主義を理念として掲げているスコッチグレイン。厳選した素材であるスコッチグレインレザーを、会社名にするほどのこだわりと自信を持っています。職人技術力の高さを実感できるビジネスシューズと言えます。

バランスよく入れられた穴飾りで、スーツスタイルはもちろんカジュアルなジャケットスタイルでもエレガントな印象になります。アッパーには撥水性のあるレザーを仕様しているため、汚れもつきにくいです。ソールはオリジナルの軽量ラバーソールを使用していて、雨の日でも滑りにくくて安心。

クリスチャンカラノ-ダミエ柄ビジネスシューズ NFH-20 (12,000円)

後ろ姿も上品な佇まいにするデザイン

ヨーロッパ風のドレッシーなデザインを得意とするクリスチャンカラノ。美しいラインとツヤが高級感を醸し出していますが、リーズナブルな価格なのも魅力です。撥水加工やクッション吸収剤などの、機能性もきちんと取り入れられています。

一見シンプルなモンクストラップデザインですが、ダミエ柄があしらわれていて光の加減で違った印象になります。正面だけでなく後ろ姿もおしゃれです。丈が短めのパンツと合わせるとよりデザインが引き立つでしょう。

アルテ ラヴォーロ-ビジネスシューズ (4,700円)

珍しいカラーバリエーションが差をつける

デザイン性の高いビジネスシューズを購入しても、履きこなせるか不安な場合に最適なのが手に入れやすい価格のアルテラヴォーロのシューズです。人工皮革でありながら本革特有の質感を再現しているため安っぽくは見えません。また、赤いインソールで靴を脱いだ時までおしゃれな印象です。

穴飾りはなくデザインはシンプルですが、他社ではなかなか見かけないネイビーやワインといった珍しいカラーが用意されています。色で人と差をつけたい場合におすすめの商品です。2足セットで購入すると1足だけ購入するよりもお得になので色違いで購入するのもおすすめです。

まとめ

ワークスタイルに最適なビジネスシューズがおすすめ

ビジネスシューズはデザインによって適しているシーンが異なります。フォーマルな場面でも履ける、プレーントゥもしくはストレートチップのブラックカラーを1足は持っておくと便利です。アパレル関係など比較的自由な服装を認められているなら、ウイングチップやモンクストラップのようなデザイン性の高いビジネスシューズで人と差をつけましょう。また、徒歩通勤をしていたり外回りが多い職種だったりするなら、クッション性が高く歩きやすい点も重視してください。どんなビジネスシューズを選ぶかで見た目の印象を変えるだけでなく、仕事の効率にも変化が出てくることでしょう。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*