おすすめのレーザー墨出し器人気ランキング!【マキタやタジマも】

家具を揃えて並べたい時やご自宅のリフォームを個人で行う時に、基準になる線がないと作業しにくいですよね。ご自宅にレーザー墨出し器が一台あると、光線を基準に作業ができるので便利ですよ。ご自宅で使うイメージが湧きやすいように、レーザー墨出し器の特徴や種類を解説します。おすすめのレーザー墨出し器も紹介するので、日頃のDIYや模様替えに不便さを感じている方は購入の参考にしてくださいね。

レーザー墨出し器の特徴

作業の基準になる線を出す

レーザー墨出し器は基準線や作業に必要な線を出す道具です。大工仕事で使う木材や工事現場の地面は、経年劣化や大地の成分によって歪んでしまい平らではありません。基準線がないと正確な製作ができないので、真っ直ぐな光線を出すレーザー墨出し器は幅広い業種の方々に使われています。

レーザー光を水平垂直に照射する

水平または垂直に照射したレーザー光線を基準にして作業が行えます。基準線を書く作業は墨と糸を使って行われていたので、墨付けや墨出しとも呼びます。現在は作業環境によって墨やチョークとレーザーを使い分けており、周囲を汚さずに正確な線を照射するレーザー墨出し器が主流になっていますよ。

レーザー墨出し器の種類

ジンバル式レーザー墨出し器

おもりを使って正確な垂直線を出す

支点と先端が垂直になる振り子の性質を利用しているので、傾いた場所でもおもりの自重と重力を使って垂直な線が出せます。おもりの先端部に反射板が付いており、レーザー光線を反射させて垂直や水平に照射する仕組みです。ジンバル式は磁石で振り子の揺れを制御しているため、マグネットダンパー方式とも呼ばれています。

ジンバル式はジンバル機構にゴミが入ってしまうと精度が狂うので、ゴミが舞う環境では使わないようにしましょう。振り子の性質により大きく揺れる場所では垂直になるまで時間がかかるため、高層階や大型車が常時走行する現場での使用には向きません。小さな揺れが続く環境では垂直になるのが早めなので、振動が続く場所での使用に向いています。

電子整準式レーザー墨出し器

センサーで傾斜を認識して正確な水平線を出す

液体の中にある泡の位置で傾きを認識し、モーターが自動調整して水平に保ちます。気泡を使って傾斜を認識しているため気温や気圧によって精度が変化します。電子整準式はゴミの影響を受けないので、ゴミが舞う環境でも気兼ねなく使えますよ。

小さな揺れが続く環境では気泡の位置が安定せずに自動調整が繰り返されるため、振動が続く場所での使用には向きません。大きく揺れる場所では垂直になるのが早めなので、免震構造を備えた高層ビルや大型車が常時走行する現場での使用に向いています。

レーザー墨出し器の選び方

照射できるレーザーラインの数で選ぶ

DIYでも使いやすい2ライン照射

製品によってレーザー光線の照射数が異なり、2ラインタイプは垂直水平に1本ずつの光線を照射します。2から5ラインまでは垂直方向の光線が1本ずつ増えていくので、5ラインタイプは水平光線が1本のまま垂直光線は4本になります。レーザー光線の本数に比例して価格が高くなるため、お手頃価格な2ラインタイプはDIY用なら十分に使えるのでおすすめですよ。価格を抑えた分は電動工具の購入資金に充てて、DIY中級者となった際に買い替えを検討した方が使う頻度が増えますよ。

仕事で使うならフルライン照射か複数ライン照射

フルラインタイプは垂直光線が4本、水平光線は360°照射されます。光線数が多いとレーザー墨出し器の向きを変える手間を省け、数人で分担して基準線を書けるので作業効率が良くなります。複数の光線を同時に使うと電池の消耗が早いため、光線切り替えモードが付いている場合は使う所だけ照射しましょう。作業内容によって必要な光線の向きや本数が違うので、条件や予算に合わせて選んでください。

レーザーの色で選ぶ

小規模の作業にはリーズナブルなレッドレーザー

レッドレーザーは量産化され幅広く普及しているので、レッドレーザー型は安価です。以前はレッドタイプしかありませんでしたが、グリーンタイプが販売されるようになってからは、グリーンタイプが主流になりました。一般的なレッドレーザーは赤外線領域に近く明るい場所では光線が見づらいため、視認性を改善した高輝度タイプも販売されています。周囲が明るくなければ問題なく使えてリーズナブルなので、室内での作業にはおすすめですよ。

広い場所で使うなら視認性が高いグリーンレーザー

緑色の光線は見やすいので、広い現場や明るい場所でも使えます。グリーンレーザーには変換方式とダイレクト方式があります。変換方式はレッドレーザー光の波長を緑色に変換しているため、変換に使う結晶が温度の影響を受けると出力は安定しません。変換方式の推奨温度は15℃から35℃なので、必ず使用可能温度を確認してから購入しましょう。ダイレクト方式は直接グリーンレーザーを照射しているため、温度の影響を受けにくく安定して出力できます。光線が見やすく使用上のデメリットもないので、高額ですが値段に見合った性能があります。

性能や付属する機器で選ぶ

屋外の現場では受光器が活躍

日中の野外や明るい照明の近くで光線を出してもあまり見えません。明るい場所では、音や光で光線の位置を正確に把握できる受光器を使いましょう。受光器は別売りなので、レーザー墨出し器とセットで購入するかオプション品を買い足す必要があります。受光器に対応していないレーザー墨出し器もあるため、別売りで購入する際は必ず確認しましょう。

自動追尾機能が付いていれば一人でも作業できる

受光器を使う時は光線の向きを受光器に合わせる人と、受光器を設置する人の2人以上で分担する必要があります。自動追尾機能が付いていると、自動で回転して受光器に光線を当てるので、1人でも受光器を使った作業ができます。価格が高いので家庭用には向きませんが、作業効率が良くなるため仕事で使う方にはおすすめですよ。

レーザー墨出し器のおすすめブランド・メーカー

タジマ

レーザー墨出し器の国内シェアがトップのメーカー

タジマは、精度や品質の管理を徹底して行っています。過酷な使用環境でのテストを繰り返し行い、全検査に合格した良品のみを出荷しているので高品質で人気がありますよ。5種類のシリーズに分けて多様なレーザー墨出し器を販売しており、光線の本数が同じでもシリーズが異なると、光線の種類や性能が全く違います。

マキタ

機能が充実している高品質なレーザー墨出し器を販売

マキタのリチウムイオンバッテリーは、電圧が同じマキタ製品とバッテリーを共用でき、レーザー墨出し器は10.8Vのバッテリーが使えます。リチウムイオンバッテリーだけではなく、単3形の乾電池も使えるため作業中に充電が無くなっても安心ですよ。シンプルタイプが3種類と自動追尾タイプが3種類の計6種類、全て屋内外兼用で使えます。

ムラテックKDS

価格は控えめで保証が手厚い現場に優しいメーカー

ムラテックKDSは、国内の自社工場で全品検査を行っているので品質の管理に定評があります。海外の工場で製造しているため、防塵や防水の保護機能がついたハイスペック製品も比較的安価で販売しています。ユーザー登録すると購入から1年間は盗難や火災の補償があり、1回だけ無料で修理が可能ですよ。転倒などの過失による故障でも無料修理の対象になります。

VOICE

低価格なのに実用的でアフターメンテナンスも迅速

レーザー墨出し器をメインで扱っているメーカーなため、現場の声を基にした実用的な製造に特化しています。ダイレクト方式のグリーンレーザーを採用したVLGシリーズが4種類と、レッドレーザーを採用したVLRシリーズが2種類の計6種類。ダイレクト方式のグリーンレーザーは価格が高い傾向にありますが、海外の工場で製造し販売を通販のみに限定することで価格を抑えています。専用のサポートサイト内で修理やメンテナンスを受け付けており、低料金で迅速な対応をしています。

おすすめ&人気のレーザー墨出し器ランキング

DIYにぴったりな小型でおすすめのレーザー墨出し器

ADA INSTRUMENT-キューブミニ1V1H 金属製固定用クリップ付き (5,999円)

ヨーロッパで大人気の格安レッドレーザー墨出し器

ヨーロッパではDIYやプロの内装用など幅広い用途で使われ、メーカー創業以来のロングセラーになっている、高輝度レッドレーザー墨出し器です。全世界に向けて大量生産しているレーザー墨出し器なので、固定用のクリップとセットでも格安で購入できますよ。価格が安くても製品保証期間は1年あり、保証期間後の点検や調整も受け付けています。

タバコの箱よりも小さい超コンパクトサイズで水平方向は床から30mm、垂直方向は床から10mmの高さに2ラインの光線を照射できます。低い位置で光線を出せるので、床付近の壁の加工にも使えます。日本語の取扱説明書付きですが、スイッチが1つしかないため説明を読まなくても簡単に操作できますよ。使い勝手の良いクリップ付きレーザー墨出し器が安価で購入できるため、初めてDIY用のレーザー墨出し器を購入する方におすすめです。

HANMATEK-クロスラインレーザー 2ライン緑色十字 (6,194円)

好きな角度の斜め線も出せる傾斜モードを搭載

計測機器メーカーの技術を活かして作られた、2ライン照射のグリーンレーザー墨出し器です。低価格なのに製品保証期間が2年あり、アフターサービスが手厚いです。スライド式のスイッチとボタンが1つずつで扱いやすく、日本語の取扱説明書も付いていますよ。

セルフレベリングモードとマニュアルモードの使い分けができます。セルフレベリングは、レーザー墨出し器が斜めになると自動で水平を調整する通常のモードです。マニュアルは、レーザー墨出し器を斜めにしても調整されない斜め線を出せるモードです。安価で斜め線も出せるグリーンレーザー墨出し器を購入できるため、見やすい光線のレーザー墨出し器を積極的に使いたい方におすすめですよ。

BOSCH-クロスラインレーザー QUIGOPLUS (7,680円)

どこにでも固定できるマルチクリップが標準装備

付属のマルチマウントクリップはどこにでも挟んで固定できるので、場所を選ばずにレーザー墨出し器を使えます。レーザー墨出し器にアダプタープレートを付けてから、クリップや三脚に取り付けます。アダプタープレートはワンタッチで脱着できるため、取り外しに時間がかからず快適に作業できますよ。

スイッチ1つで2ラインのドットレーザーが照射でき、日本語の取扱説明書も付いています。世界的に有名な工具メーカーBOSCHのレッドレーザー墨出し器なので、国内のサービスセンターに相談や問い合わせができてアフターメンテナンスも安心ですよ。クリップやプレートを使って自在にレーザー墨出し器を設置できるため、様々な場所で快適にレーザー墨出し器を使いたい方におすすめです。

BOSCH-クロスラインレーザー GLL30G (8,140円)

ダイレクト方式のグリーンレーザーなのにお手頃価格

ダイレクト方式のグリーンレーザーは変換方式のグリーンレーザーとは異なり、温度の影響を受けにくいので安定して出力できます。ダイレクト方式は高価格帯で多く採用されていますが、低価格のレーザー墨出し器では珍しいです。レッドレーザーよりも光線が見やすく、広い現場や明るい場所でも使えますよ。

スライドスイッチ1つで、ダイレクト方式のグリーンレーザーを2ライン照射できます。コンパクトなので、高性能なグリーンレーザー墨出し器を手軽に持ち歩けますよ。光線が見やすく扱いやすいレーザー墨出し器なため、明るい場所で使いたい方におすすめです。

パナソニック-墨出し名人 壁十文字 (33,561円)

軽くて小さい持ち歩きに便利なレーザーマーカー

コンパクトなレーザー墨出し器は箱型が一般的ですが、墨出し名人は筒形のレーザーマーカーです。全長160mm太さが32mmのコンパクトサイズで乾電池を含んだ重さが140gと軽量なため、作業着のポケットに入れて持ち歩けますよ。水平を保つ部分が保護されているので、衝撃に強く安心して携帯できます。

単3形の乾電池1本でレッドレーザーを2ライン照射できて経済的です。マーカーの下部を3方向に開くと脚になるので、場所を選ばず狭い所にも設置できます。手軽に持ち歩けるため確認などで頻繁に使いたい方や、外出先でレーザー墨出し器を使いたい方におすすめですよ。

フルラインタイプでおすすめのレーザー墨出し器

VOICE-フルライン グリーンレーザー墨出し器 VLG-8X (71,090円)

リーズナブルなフルラインのグリーンレーザー墨出し器

レーザー墨出し器は光線の本数やレーザーの種類で価格が異なり、ダイレクト方式のフルライン照射レーザー墨出し器は高額な製品が多いです。VOICEのグリーンレーザー墨出し器は、ダイレクト方式のフルライン照射なのにお手頃価格で購入できます。リチウムイオンバッテリーが2個付きでAC電源も付属しているため、電池切れの心配が少なく快適に連続使用できますよ。

製品保証期間が1年あり、期間後のアフターメンテナンス料金を低く設定しているので自信を持って料金を公開しています。点検費用が無料でライン調整は1本当たり1,000円です。自動追尾用のオートベースセットや受光器が別売りなので、買い換えなくても必要に応じて買い足すだけで野外仕様になりますよ。ダイレクト方式のフルライン照射ができる安価なレーザー墨出し器なため、危ない現場で使いたい方や、初めてフルラインのレーザー墨出し器を購入する方におすすめです。

タジマ-ゼロセンサー ZEROS-KJC (103,455円)

振動に強いセンサー方式のレッドレーザー墨出し器

低価格帯の高輝度レッドレーザー墨出し器、ZEROシリーズのフルラインタイプです。タジマのレーザー墨出し器は、製品番号にSの付いた製品が電子整準式ですよ。電子水準センサーと高精度モーターでマイコン制御するため、振動に強く揺れが大きい高層階でも使えます。

自動追尾機能を内蔵しているので、受光器を買い足すだけで野外仕様になります。会員登録すると購入から1年間は盗難や火災の補償があり、送料無料の無償修理が可能です。電子整準式のフルラインタイプをお手頃価格で購入できるため、高層階で効率よく作業したい方におすすめですよ。

ムラテックKDS-電子整準高輝度レーザー墨出器 DSL-93RG (138,000円)

スマートフォンで本体を触らずに遠隔操作

10m離れた場所からでもスマートフォンで操作できる、グリーンレーザー墨出し器です。スマートフォンでモードや光線の変更ができるため、操作のたびにレーザー墨出し器に行く手間が省けます。リチウムイオンバッテリーとAC電源が付属しており、電池残量がバッテリーとスマートフォンに表示されるので、作業途中の電池切れを防げますよ。

センサーの感度を下げて振動への反応を鈍くする、低感度モードでセンサーをコントロールできるので、電子整準式では使いにくかった振動が続く場所でも使用可能です。レーザー墨出し器を斜めにしても水平調整せずに、斜め線を照射できる固定モードがあります。保証が手厚いムラテックKDSのレーザー墨出し器なので、アフターメンテナンスも安心ですよ。遠隔操作ができて振動や揺れに強いため、少人数でもスピーディーに作業したい方や振動が多い現場の方におすすめです。

シンワ測定-レーザーロボ Xline-E グリーン 71610 (139,150円)

縦と横のラインを360°照射しフルラインが交差する

フルラインのレーザー墨出器は水平方向の光線を360°照射し、垂直方向の光線4本は分かれているのが一般的です。レーザーロボはコーンミラーという円錐形状のレンズを採用して、垂直方向も360°照射するため天地でも光線が交差します。天井や床にクロスラインができるので、天井のクロスや床タイルを貼る時にも使えますよ。柱などの出ている角部分は0mm、柱と壁の境目にある角部分は10mmの位置で照射でき、入り組んだ場所の作業にも使えて便利です。

ダイレクト方式のグリーンレーザー墨出し器なため、光線が見やすく広い現場や明るい場所でも使用できます。固定モードを使うとレーザー墨出し器を斜めにしても水平調整しないので、斜め線の照射が可能です。見やすいダイレクト方式のレーザーを様々な状況で使えるため、多様な作業を行う方におすすめですよ。

タジマ-ゼロジーセンサー ZEROGS-KJC (202,675円)

リチウムイオン充電池が長時間の作業をサポート

スタンダードなグリーンレーザー墨出し器、ZEROGシリーズのフルラインタイプです。タジマ独自のダイレクトグリーンレーザー墨出し器は、屋内で使っても明るすぎないように、拡散光の影響を減らしています。電子水準センサーと高精度モーターでマイコン制御する電子整準式を採用しているので、揺れが大きい免震構造の高層ビルでも使えますよ。

水平方向360°の光線照射で11時間使用できるリチウムイオン充電池を搭載しており、電池残量も表示されるため、電池切れの心配が少なく快適に連続使用できます。自動追尾機能を内蔵しているため、受光器を買い足すだけで野外仕様になりますよ。タジマ製品の中ではお手頃価格なダイレクト方式のグリーンレーザー墨出し器なので、高品質なタジマのレーザー墨出し器を購入したい方におすすめです。

受光器と自動追尾機能付きでおすすめのレーザー墨出し器

山真-グリーン スーパーナビ墨出し器 GV-06-J (75,979円)

お手頃価格な5ライン照射タイプの墨出し器

受光器で水平と垂直ラインの切り替えができる、使い勝手が良い5ライン照射タイプのグリーンレーザー墨出し器です。自動追尾機能による光線移動だけでなく、受光器のボタンでも光線の移動ができますよ。傾斜モードを使うとレーザー墨出し器を斜めにしても水平調整せず、水平光線の中心にドットが照射されるので、ドットを勾配の目安にして斜め線を照射できます。

リチウムイオンバッテリーとAC電源が付属しているため、電池が切れてもコンセントから給電できるので安心して使えます。盗難や火災の補償と無償で修理できる製品保証期間は1年間です。自動追尾機能付きのグリーンレーザー墨出し器が受光器と一緒に安価で購入できるため、初めて追尾機能を導入する方におすすめですよ。

テクノ販売-グリーンレーザー墨出し器 LTC-SSGM9X SB-G (145,140円)

前回のラインから作業を再開できるメモリー機能つき

三脚もセットで付いてくる、電子整準式のダイレクトグリーンレーザー墨出し器です。LTC-SSGM9Xは2019からダイレクトグリーンにバージョンアップしたため、中古品を購入する場合はダイレクト方式か確認してから購入しましょう。テクノ販売のレーザー墨出し器は異なるシリーズでも形が似ているので、必ず型番を確認してから購入してください。

最後に使った光線の向きを記憶できる機能があり、時間をおいて使用する際に前回の光線を照射できるため、再設定する手間が省けます。フルラインタイプなので数人で分担して作業できますよ。固定スイッチで光線をロックして勾配機能を使うと、斜め線を自在に照射できます。勾配機能は水平垂直どちらの光線も設定可能です。フルライン照射ができて光線の記憶もできるため、数人で時間をかけて作業する方におすすめですよ。

タジマ-ブルーグリーンレーザー墨出し器 ZEROBLSN-KJCSET (211,750円)

タジマ独自の目に優しいブルーグリーンレーザー

ブルーグリーンのレーザー墨出し器、ZERO BLUEシリーズの三脚付きフルラインタイプです。グリーンレーザー墨出し器は、暗い屋内で使うと眩しすぎて見づらい場合があります。ブルーグリーンレーザーは屋内外どちらでも見やすいため、使う場所を選びません。電子整準式にはライン固定モードが付いているので、斜め線も照射できます。

同じシリーズの乾電池タイプは使用時間が短いです。リチウムイオン充電池タイプの方が、別売りのAC電源も使えて使用時間も長いため、電池切れの心配が少なく安心して使えます。タジマ製品の中で比較すると、グリーンレ-ザー墨出し器よりもブルーグリーンレーザー墨出し器の方が安いので、屋内外兼用で使いたい方におすすめですよ。

マキタ-充電式 屋内屋外兼用墨出し器 SK506GDZN (216,665円)

超高輝度なグリーンレーザーは4段階の調節が可能

自動追尾機能付きでは珍しい、ジンバル式のダイレクトグリーンレーザー墨出し器です。超高輝度なダイレクト方式のグリーンレーザーなので、広い現場や明るい場所でも使えます。4段階の輝度調節が可能なため、現場の環境に合わせることができますよ。輝度と光線の向きは記憶できるので再設定の手間が省けます。

給電方法は4種類ありますが、給電用のアクセサリーは全て別売のため、共用できるバッテリーを持っていない方は、レーザー墨出し器と一緒に購入する必要があります。AC電源やバッテリーを全て揃える必要はありませんが、数種類持っておくと緊急時にも使えて安心ですよ。リチウムイオンバッテリーを共用できるので、マキタのバッテリーを持っている方や、これからマキタの電動工具を揃える予定の方におすすめです。

タジマ-グリーンレーザー墨出し器 GZASN-KJCSET (363,605円)

明るい場所でも見やすい鮮視度の高いグリーンレーザー

ハイパワーなグリーンレーザー墨出し器、GEEZAシリーズのフルラインタイプです。電子整準式のダイレクトグリーンレーザー墨出し器に、三脚もセットで付いています。GEEZA専用のダイレクトグリーンレーザーは鮮視度が高いため、屋外でも見やすく明るい現場で活躍しますよ。

3段階の輝度調節が可能なので、現場の明るさによって変えられます。輝度が最大の状態で10時間も使える、大容量のリチウムイオンバッテリーが2個付きで、電池残量も表示されるため、電池切れの心配が少なく快適に連続使用できますよ。鮮視度が高く明るい場所でも見やすいので、屋外の作業がメインで頻繁に受光器を使うのは大変な方におすすめです。

まとめ

フルライン照射ができる高性能なグリーンレーザー墨出し器がおすすめ

ダイレクト方式のグリーンレーザー墨出し器は、光線が見やすく安定して出力できるので、使う場所の制限が少なく扱いやすいです。フルライン照射ができると、レーザー墨出し器を操作する手間が省けるため、人数にかかわらず作業スピードが上がります。価格と折り合いがつくなら、フルライン照射ができるダイレクト方式のグリーンレーザー墨出し器がおすすめですよ。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*