おすすめのハンドグリップ人気ランキング!【効果や使い方も】

手軽に握力を鍛えて、たくましい腕を目指したい方におすすめなのが、ハンドグリップです。仕事の合間に気分転換としてトレーニングしてもいいですし、テレビを見ながらでも、お手軽に握力を鍛えることが出来ます。近頃は、定番の形のみならず、卵型のものだったり、負荷を調節する機能が付いている物も。この記事では、自分にあった商品に出会えるように、様々な素材や形のハンドグリップの紹介と、ハンドグリップの意外な効果について解説していきます。これからハンドグリップでのトレーニングを検討してる方は、ぜひ参考にしてください。

ハンドグリップの効果

握力が向上する

ハンドグリップを握ることで、前腕筋群といわれる、握る動作に影響がある筋肉を鍛えることが出来ます。日常生活ではフルパワーを使うことが少ないですが、スポーツや筋トレなどの場面では必要な筋肉です。例えば、高負荷のウエイトトレーニングをしようとしても、鍛えたい部位の前に、握力に限界が来るケースがあります。握力を向上させると、鍛えたい他の筋肉に集中して刺激を与えられるので、筋トレ全体の質を上げることにも繋がるのです。

前腕筋が太くなる

前腕筋は、手首から肘のあたりまでの筋肉のことを言います。引き締まって、血管の浮き出るたくましい腕は、男らしさの象徴です。シャツを腕まくりした時などに、ビジュアルがいいことはもちろん、女性から格好いい印象を持たれることもあるでしょう。

胸筋も鍛えることが出来る

ハンドグリップと言われると、握力を鍛える器具のイメージを持つ方が多いと思います。実はハンドグリップを胸の前で、両手で持ちながら握ると、胸筋に効果的な刺激を与えることが出来ます。使い方次第で、様々な筋肉を鍛えられるのもハンドグリップの魅力です。

運動能力の向上にもつながる

握力を鍛えることで、技術が向上が期待できるスポーツはたくさんあります。野球なら、ボールやバットを握る時に使いますし、ボルダリングにおいて、握力は必要不可欠です。他にもテニスやゴルフなど、握力が強いことで、能力の向上が期待出来るスポーツは多くあります。

ハンドグリップの種類・使い方

スタンダードハンドグリップ

安価で初めてトレーニングされる方におすすめ

初心者の方におすすめなのが、スタンダードハンドグリップです。スポーツ用品店ではもちろん、100円ショップや、スーパーでも見かけることがあります。値段が安いことが特徴で、これからハンドグリップでのトレーニングを始めようと考えている方におすすめです。

グリップの強さが固定されているため、自分に適した強さを選ぶ必要があります。まずは、自分に適した強度のハンドグリップを見つけましょう。男性なら40Kg、女性は20Kgのものが平均的です。

負荷調節式ハンドグリップ

本格的にトレーニングされる方におすすめ

自分の好みに負荷を調節出来るのが、負荷調節式ハンドグリップです。トレーニングを継続していくと、同じ強度の物では満足出来なくなってしまいます。長期的にトレーニングをしようと考えている方や、もう既に持っている物に満足できず、新しいハンドグリップの購入を検討している方におすすめです。

値段は、スタンダードハンドグリップに比べて若干高めです。ですが、負荷を調節することが出来るので、買い直す必要がありません。長い目で考えるとこちらの方が経済的です。

シリコンハンドグリップ

健康維持のために握力をつけたい方におすすめ

本格的な筋トレではなく、健康維持の為にハンドグリップの購入を考えている方におすすめなのが、シリコンハンドグリップです。素材がシリコンで出来ているので、簡単に扱うことが出来ます。筋力に自信のない高齢者や女性でも問題ありません。

強度の調節機能はありませんが、硬さによって強度が変わるため、自分の筋力で自然と負荷が変化します。またサイズが小さいのも魅力の一つで、小さい子供でも使うことが出来ます。家族全員でシェアするのも良いでしょう。

フィンガーハンドグリップ

指の筋肉をつけたい方におすすめ

一般的なハンドグリップとは全く違う形で、指の筋肉を鍛えたい方におすすめなのが、フィンガーハンドグリップです。指先を動かしてトレーニングをすることで、前腕の筋肉だけでなく、手の甲の小さな筋肉も鍛えることが出来ます。また、リハビリ目的での使用も大丈夫です。

フィンガーハンドグリップは、指を開く力をつけることが出来ます。握る力を鍛える一般的なハンドグリップと併用することで、より高い効果を得られるでしょう。気になる方はぜひ、購入を検討してみてください。

ハンドグリップの選び方

グリップの強度で選ぶ

負荷が強すぎると効果的なトレーニングにならない

グリップの強度は、ハンドグリップを選ぶ時に最も重要です。弱すぎても筋肉に与える負荷が少なくなるため、トレーニングの効果を実感しにくくなってしまいます。かといって、いきなり強いものを選んでしまうと、しっかりと握ることが出来ず、トレーニングにならないので注意しましょう。

自分の握力×0.8がおすすめ

グリップの強度は、今現在の自分の握力以上のものを選ぶのがおすすめです。目安として自身の握力×0.8が適切な強度だと言われていますが、自分の握力がわからない方も多いかと思います。その場合、男性は40Kg、女性は20Kg程度のものを選ぶようにしましょう。

グリップの素材で選ぶ

柔らかい質感で手を痛めにくいシリコン製

シリコン製のハンドグリップは、手を痛めにくく、柔らかい手触りであることが特徴です。カラーバリエーションが豊富で、可愛らしいものが多く販売されています。フィットネスウエアと同じ色でコーディネートするといった事も出来るので、女性におすすめです。

耐久性に優れ長く使い続けられるプラスチック製

プラスチック製は手にフィットするように作られているため、フィット感を重視する方におすすめです。また100円ショップなどで安価に手に入る反面、耐久性に優れているのもポイントです。汗で滑りやすい素材ではあるので、涼しい環境でトレーニングするのが良いでしょう。

高負荷のトレーニングをするなら金属製

金属製のハンドグリップは、強度を上げたトレーニングを求めている、中級者~上級者の方向けの商品です。すでにハンドグリップでのトレーニングに慣れていて、自身の持っている物の負荷に満足出来なくなった方におすすめです。耐久性も万全なので、まず壊れることはありません。

付加機能で選ぶ

様々なトレーニングが可能になる握力強度調節機能

こちらのハンドグリップは、単調なトレーニングに飽きてしまった方におすすめです。持ち方を変えたり、負荷の強度を変えることで、様々なバリエーションのトレーニングが可能になります。一度買ったハンドグリップを長く愛用したい方は、調節機能付きの物を購入しましょう。

日々の回数を記録したいなら自動カウント機能

こちらのハンドグリップは、1日何回などの目標を決めている方におすすめです。自動カウント機能がついているので、何回やったか忘れてしまった場合も、カウントの表示を見ればすぐにわかるようになっています。前回よりも多く回数をこなせるようになったら、モチベーションアップにも繋がりますね。

ハンドグリップのおすすめブランド・メーカー

Cookie Talk(クッキートーク)

2個セットで両手同時にトレーニング可能

グリップ部分がゴム製になっていて、5Kgから60Kgまでの強度を調節出来るのがCookie Talkのハンドグリップです。2個同時に購入することでお得になる価格設定なので、両手同時にトレーニングすることをおすすめします。家族でシェアして使いたい方にも。

IRONMIND(アイアンマインド)

全11段階のラインナップで最高166Kgの負荷まで対応

全11段階の強度で、最大166Kgまで対応しているのがIRONMINDです。初心者の方が、いきなり100Kg越えの負荷でトレーニングすることは不可能ですが、将来的にムキムキの筋肉を目指す方にはおすすめです。本気で握力を鍛えたい方は、購入を検討してみてください。

La-VIE(ラヴィ)

王道のスタンダードモデル

安価なので購入しやすく、誰でも使いやすいのが、La-VIEのハンドグリップです。強度も15Kgからあるので女性でも扱うことが出来ます。また、50Kg以上の負荷のものは、指に沿うような形のため、握りやすくなっているのも特徴の一つです。

EZFIT(イージーフィット)

負荷を調節出来るので子供から大人まで使用可能

最小5Kgから、最大60Kgまでと幅広い重量に調節可能なのが、EZFITのハンドグリップです。5Kgでしたら、子供のトレーニングに最適ですし、そこそこ握力のある方なら、60Kgでのトレーニングが可能になります。またグリップ部分はラバー素材が使用されているので、安全に使用することが出来ます。

おすすめ&人気のハンドグリップランキング

シリコン製でおすすめのハンドグリップ

TTIGORA(ティゴラ)-ハンドリップ (878円)

カラーバリエーション豊富なシリコンカバー製ハンドグリップ

シリコンカバー製のハンドグリップは、初心者の方でも手を痛める心配が無く、安全に利用できます。また、15Kgから60Kgまで強度が選べるので、力の強い男性だけでなく、女性や高齢者といった幅広い方におすすめ出来る一品です。

ハンドグリップのカラーが強度ごとに変わるのも特徴です。次の強度に買い替えた時、新鮮な気持ちでトレーニングすることが出来ます。家族で何色か購入しても、どれが誰のものかわかりやすいですね。

VISIONQUEST(ビジョンクエスト)-ハンドグリップ (407円)

両手を同時に鍛えたい初心者の男性向け

こちらのハンドグリップは素材がシリコン製なので、手を痛めにくい設計です。強度が35Kgなので、これからハンドグリップでのトレーニングをしようとしている男性におすすめです。一般男性が初めてトレーニングをする時、約40Kgのものが適正なので、多くの初心者の男性におすすめ出来るでしょう。

2個セットになっており、両手同時にトレーニングを出来るのもポイントです。左右同時にトレーニングすることで大幅に、トレーニング時間を短縮できます。また、片方は家用で、もう一つは持ち歩き用といった感じで、用途を分けて使うのも良いでしょう。

Wisdompro-リング型ハンドグリップ (3,980円)

コンパクトなのでどこでもトレーニング可能

サイズが直径70㎜、幅18㎜の手のひらサイズなので、自宅のみならず、外出先でも気軽にトレーニング出来ます。オレンジ、ブルー、グリーンの3色セットで、色ごとに強度が異なります。一番弱い物で13Kgなので、小さい子供がいる家庭でも、家族全員で利用することも出来ます。

リングの表面上にブツブツとした突起があるので、滑りにくいのはもちろん、握るだけで手のひらのマッサージにもなります。入院中のお見舞いやお年寄りの方にもおすすめです。また、ポケットに入るサイズなので、自分の持ち歩き用として購入するのも良いでしょう。

ATiCハンドグリップ&指エクササイズ&指力ボール (1,180円)

握る力だけでなく広げる力も付けたい方に

一般的な握ることで握力を鍛えるハンドグリップと違うタイプのものをセレクトしました。こちらは広げる力を鍛えられるので、本格的に握力のトレーニングをしたい方におすすめです。一般的な握るタイプと併用して使うことで、徹底的に握力を鍛えられるでしょう。

また3個セットで強度が分かれてますので、目的に合ったトレーニングが出来ます。リハビリでの使用も問題ありません。指先の力が必要なボルダリングや、ゴルフなどのアスリートの方まで利用することが出来ます。

RIORES-ハンドグリップ エクササイズボール (1,112円)

握るだけでストレス発散

卵型の可愛らしいデザインのハンドグリップです。サイズも小さいため、どこにでも持ち歩くことが出来ます。会社でイライラした時、握るだけでストレス解消になりますし、気分転換にもなるのでおすすめです。

また、手のひら全体で握ると握力強化で、指と指の間に挟んで握れば指のトレーニングになるように、様々な方法を試してみるのが良いでしょう。やり方次第で、違う筋肉を鍛えられるのがポイントです。自分のお気に入りのトレーニング方法を見つけてください。

プラスチック製でおすすめのハンドグリップ

CookieTalk(クッキートーク)-ハンドグリップ (3,404円)

負荷調節出来て両手同時にトレーニング

CookieTalkのハンドグリップは負荷調節が出来るのが最大のメリットです。13Kgから66Kgまでの負荷に対応しています。長期的に一つのハンドグリップでトレーニングを考えている方におすすめです。

手持ちが通常のハンドグリップより長く設計されているのが特徴です。手の大きい男性が握った時にフィット感が良く、快適に利用することが出来ます。また手持ち部分がゴム製になっているので、滑って落としてしまう心配もありません。

La-VIE(ラヴィ)-ハンドグリップクラッシュ (799円)

王道のスタンダードハンドグリップ

これからハンドグリップでのトレーニングを、はじめようとしている方におすすめです。まさに、王道のスタンダードハンドグリップです。強度が15Kgからあるので、女性の方でも取り扱えます。

プラスチック製なので滑りやすいかと思われますが、手持ち部分が握りやすくなっているので問題ありません。もちろん、しっかりと握りこんでトレーニングをすることが出来ます。なにを買うか迷っている方は、とりあえずこちらを購入してみるのも良いでしょう。

EZFIT(イージーフィット)-負荷調節式ハンドグリップ (980円)

女性向けのコンパクトな負荷調節式ハンドグリップ

EZFITのハンドグリップは5Kgから60Kgまでの範囲で負荷を調整することが出来ます。力に自信がない女性や子供でも、問題なく取り扱うことが出来ます。また、負荷調節式なので、慣れてきたときに買い替える必要がありません。

ダイヤルを回すだけで、簡単に負荷の調節が出来ます。ステンレス製のバネを利用しているので、壊れにくいのも特徴です。また、サイズがコンパクトなので、手の小さい女性でも握りやすい設計になっています。

ACEFITS(エースフィッツ)-パワーボール (2,000円)

これ1つで腕全体のトレーニングを可能に

通常のハンドグリップとは違うものをセレクトしました。中の球体を回し、その遠心力を抑え込むことで握力を鍛えることが出来ます。使い方次第で、握力や手首だけでなく、腕全体を鍛えることも可能です。

同じようなボール型の中でも、ACEFITSのものは静粛性に優れており、ガチャガチャとボールが回る音を気にする必要がありません。他にも、中のボールの回しやすさだったり、もともとパワーボールが気になっていた方におすすめです。紐なしで使えるオートスタートタイプなので長期利用も可能です。

金属製でおすすめのハンドグリップ

RPM Sports (アールピーエムスポーツ)-メタルグリッパー (1,507円)

おしゃれな金属製のハンドグリップ

RPM Sports のハンドグリップは、金属製では珍しく、カラーバリエーションが豊富です。全7種類で強度ごとに違った色が設定されています。一番負荷の弱い約22Kgのもはピンク色で、おしゃれを気にする女性にもおすすめです。

ダイヤモンドエッチングパターン加工というものが、グリップに施されているので、見た目も良く、滑りにくくなっています。一番グリップが開いている時の幅が約10cmなので女性や子供もしっかりと握ることが出来ます。また、バネが強化ステンレス製なので耐久性も問題ありません。

IRONMIND(アイアンマインド)-キャプテンズオブクラッシュ (2,640円)

最強の握力を目指す方へ

IRONMINDのハンドグリップは、全11段階で、最大166Kgの強度でトレーニングをすることが出来ます。最大強度のナンバー4に関しては世界で5人しか握ることが出来ないそうです。プロのアスリート達も利用していることから、世界最高峰のハンドグリップだと言えます。

たくましい前腕を目指す方はもちろん、リンゴを片手でつぶす筋力を手に入れることも出来るでしょう。中級者から上級者のための設計なので初心者にはあまりおすすめ出来ません。ですが、将来的に最強の握力を目指す方には、おすすめです。

まとめ

自分に合った強度や素材の「ハンドグリップ」がおすすめ

初めて購入するハンドグリップを選択する時、どんな目的なのか、現在の自分はどのくらい握力があるのかが一番重要です。長期的にトレーニングをするなら、負荷調節出来るものだったり、リハビリ目的ならシリコン製のものを選ぶなど、購入者によって目的や用途は様々です。ぜひ、本気で最強の握力を目指す方は、最大166Kgの強度でトレーニングすることを目指してみてください。今回はおすすめのハンドグリップを、ランキング形式で紹介しました。ぜひ自分にあったハンドグリップを見つけて、理想の自分を目指してください。

コメントを残す

*