おすすめのペッパーミル人気ランキング!【プジョーや貝印も】

料理に刺激や香りをプラスしたい時に良く用いられる胡椒。手軽に使える挽いた状態の物も販売されていますが、やはり粒胡椒を挽いたばかりのものは、香りが引き立っておいしいですよね。ここでは、そんな挽きたての胡椒を自宅で楽しめるペッパーミルの特徴や選び方、おすすめの人気商品などを詳しくご紹介します。ぜひ使いやすいペッパーミルを利用して、料理のアクセントにおいしい胡椒をご活用ください。

ペッパーミルの特徴

粒胡椒の引き立てを楽しめる

胡椒は、あらかじめ挽かれた状態のものから、実が乾燥されたホールのものまで、さまざまな種類が販売されています。あらかじめ挽かれた状態のものは、さっと振りかけるだけなのでとっても手軽に使えます。一方で、胡椒の香りや風味は挽きたてに比べると、失われてしまいます。胡椒本来の香りや風味を楽しむなら、挽きたてのペッパーがおすすめです。

挽き方がさまざまのため使いやすさで選べる

胡椒を挽くためには電動や手動があり、手動のなかでもいくつかの種類があります。ゴリゴリと挽く感触を楽しみたい人もいれば、とにかく手軽に挽きたい人など、ペッパーミルに求める使い心地はさまざまです。胡椒を挽く方法を使いやすい好みのもので選ぶと、より胡椒の魅力を知ることができるでしょう。

ソルトミルとの違い

刃の材質が異なり粗さも違う

ペッパーミルと同じようなフォルムで、岩塩を砕くソルトミルもあります。同じように見えますが、刃に違いがあるのです。ペッパーミルには、鉄やセラミックが使われています。一方ソルトミルは、ステンレスやセラミックが使われるのがほとんどです。鉄製の刃を搭載したペッパーミルに塩を入れると錆びてしまうため、塩を入れて使わないように気を付けましょう。

ペッパーミルの種類

ひねるタイプ

両手を使って力を入れやすい

手動タイプの中でも、ポピュラーなタイプ。イタリアンレストランのテーブルにも、備えられていることが多いですよね。両手で持ち、手首をひねることで、胡椒を挽くことができます。ひねり具合で胡椒を挽く量を加減できるので、好みの量を調節しやすいと言えます。

種類が多いので、サイズやデザインによっては、手に合わずに使いにくく感じることもありますよね。大き過ぎず、手にフィットするサイズを選ぶのが大切です。ゴリゴリと、胡椒を挽く感触を感じながら挽くことができるので、調理が楽しくなりそう。

グリップタイプ

片手で手軽に使える

片手でボタンを押したり、ハンドルを握ったりするだけで胡椒を挽けるグリップタイプ。握りやすい細身で、コンパクトなものが多いです。両手を使わずに片手で操作ができるので、もう片方でフライパンなどを持ちながら、効率的に調理ができます。

コンパクトな本体は、胡椒を一度に入れる容量も自然と少なくなります。そのため、一度に大量の胡椒を使う場面では、何度も補充しなければなり不向きですが、一人や少人数には手軽に利用できるので重宝します。いつでも胡椒本来の香りを楽しみたい人におすすめです。

グラインダータイプ

力を入れずに胡椒を挽ける

コーヒーミルのような、ハンドルが付いているグラインダータイプ。力を入れなくても、多くの胡椒を挽くことが可能です。力を入れて胡椒を挽くのが大変な大人数の料理に、たくさんの胡椒を使う人におすすめのタイプです。見た目は本格的な佇まいなので、キッチンや棚にあるだけで絵になります。

本体の上にハンドルが付いているので、場所を取りますが、胡椒を使う機会が多い人には重宝します。ハンドルを回す際、本体を支える手がぶれやすいですが、慣れれば手が疲れずに挽きたての胡椒を楽しめますよ。大皿やフライパンへ胡椒をかけるなら問題ありません。

電動タイプ

ボタンを押すだけの簡単操作が魅力的

スイッチを押すだけで、自動に胡椒を挽いてくれる電動タイプ。手をひねったりハンドルを回したりせず簡単に胡椒を挽けるので、頻繁に胡椒を使う料理好きにも人気のタイプです。一度にたくさん胡椒を挽きたい時にも、負担にならずに便利に使えますよ。

電動タイプは、乾電池を入れて使うものが多いです。そのため本体とは別に、乾電池を用意する必要があります。中には見やすく光るものもあるので、欲しい機能があれば、事前に確認しておくと良いでしょう。料理好きな人への、プレゼントとしても喜ばれそう。

ペッパーミルの選び方

使いやすいサイズで選ぶ

手で握りやすい高さ12㎝を目安に

ペッパーミルは、手のひらサイズのコンパクトなものから、両手でなければ持ちきれない大きなものまでさまざまです。大きい方が、何度も補充せずに楽だからと選ぶと、手にフィットせずに使いづらさを感じることもあります。手の大きさにもよりますが、ひねるタイプのペッパーミルなら、高さ12㎝ほどを目安に選ぶと使いやすいですよ。

香りが弱くなる前に使い切れる容量が最適

胡椒の魅力は程よい刺激と香りですよね。本体が大きくてたくさんの胡椒を入れておくと、使い切る前に胡椒の香りが飛んでしまう結果にもつながります。胡椒を食べる量は人それぞれで、人数も異なるため最適な容量も一概には言えませんが、胡椒の香りが飛んでしまう前に使い切れる容量が理想的です。入らない胡椒は、乾燥した冷暗所に保存しておきましょう。

刃の素材で選ぶ

ステンレス製なら錆びにくい

ペッパーミルに使われている刃の種類は、いくつかあります。中でもステンレスは、鍋やフライパンにもよく使われる素材で、錆びにくいのが特徴的です。金属の中では柔らかめの素材なので、使っていくうちに摩耗してしまいますが、湿気に強いのがメリット。湯気などが立ち込めることもあるキッチンで、安心して使える素材と言えるでしょう。

鉄製なら耐久性抜群

硬い金属である鉄は、硬い粒胡椒を砕くのに重宝する耐久性抜群の素材です。刃こぼれなどの心配がなく、長期的に胡椒を快適に挽く際、心強い頑丈さを備えています。一方で錆びやすいため、湿気が多くなりがちなキッチンには常に置いておくのは寿命を短くしてしまいます。乾燥している場所に保管しておき、調理で使う時に取り出すようにすると長く愛用できますよ。

セラミック製なら摩擦熱が少ないので胡椒の香りを損なわない

最近では、ペッパーミルの多くで使われているセラミック。耐久性が高く、錆びにも強いので、湿気のあるキッチンに保管し、使いたい時に使えます。ペッパーミルの刃として使うのに、適した特徴を持ち合わせています。さらに金属臭が付かないことで、胡椒本来の香りと風味を損なわずに、挽きたてを楽しめるメリットもあります。

本体の素材で選ぶ

木製なら温もりある質感を楽しめる

ペッパーミルの刃に、いくつか種類があることに触れましたが、本体の素材にも特徴の異なるものがいくつか使われています。ペッパーミルの代表的なもののひとつが木製です。厨房やレストランなど多くの場所で見かける「これぞペッパーミル」と言える素材ですよね。見た目に天然素材の優しい温もりが感じられ、ナチュラルなキッチンウェアや、インテリアと相性抜群です。手に馴染みやすいのも特徴的。

ガラスやアクリル製なら胡椒の残量を確認しやすい

透明で中の量を確認しやすいのが、ガラスやアクリル製。ブラックペッパーやホワイトペッパーなど、色違いのペッパーを取り揃えている家庭では、間違えずに使えます。さらに色とりどりのスパイスが並んで見えるだけで、おしゃれなインテリアにもなります。ガラスはある程度重量があるので、安定感があります。アクリルは軽いので、手に持って胡椒を挽く際も疲れにくいなど、それぞれに特徴があります。ぜひ使いやすい特徴を持つ素材を選んでください。

ステンレス製なら高級感を引き出せる

刃にも使われているステンレス。シルバーの無機質な輝きは、清潔感と高級感をもたらしてくれます。シンプルなフォルムのものが多く、キッチンにあるだけで料理ができそうな雰囲気を引き出します。水に強く錆びにくいため、さっと拭くだけできれいになるので、お手入れも簡単です。クールな印象なので、男性にも人気の素材と言えます。

付加機能で選ぶ

粗さ調節機能があれば料理によって使い分けられる

胡椒は料理に入れるなら細かく、料理の上に振りかけるならあらびきなど粗さを使い分ける人もいますよね。また、家族で胡椒の粗さの好みが分かれる場合もあるでしょう。ペッパーミルに粗さ調節機能が搭載されていると、ひとつで粗さの違う胡椒を挽くことが可能になります。さまざまなシーンで胡椒を楽しみたいなら、ぜひ粗さ調節できるペッパーミルを選んで、便利に活用してください。

分解して洗えるタイプなら清潔さを保てる

胡椒を挽くと、刃に挟まって取りにくい場合もあります。挽いた胡椒がなかなか取れないで放置されると、衛生的にも気になります。ペッパーミルの中には、分解してお手入れが簡単にできるものも販売されています。複雑な仕組みでも、分解すれば胡椒をきれいに取り除けるため、購入の際は、分解して手入れが可能かどうかも、しっかりと確認しておきましょう。

ペッパーミルのおすすめブランド・メーカー

京セラ

セラミック刃で胡椒の香りを損なわない

スマートホンや電道工具、セラミックのキッチン用品やステーショナリーなど幅広い製品を製造しています。販売しているペッパーミルは、セラミックの刃を用いた電動タイプ。さらに中身が確認しやすいガラス容器のひねるタイプなど幅広い仕様のペッパーミルから選べます。

アスベル

使いやすさにこだわった機能美

ニーズに沿った身近なアイテムを開発、販売しているメーカー。手頃な値段で使いやすさに定評なペッパーミルを販売しています。粗さ調整機能が付いていて、中を確認できるガラスの本体、刃の部分が上を向くので胡椒のカスが散らばらないなど、利用する人のことを考えられたペッパーミルです。

貝印

小型でも風味の良い胡椒を楽しめる

世界中で愛される、かみそりやキッチン用品などを販売しているメーカーです。コンパクトで、女性にも使いやすいペッパーミルを販売しています。省スペースで、手軽に挽きたての胡椒を楽しめるので、一人暮らしにも取り入れやすいペッパーミルです。

プジョー

本体の素材が豊富にラインナップ

自動車メーカーとして有名なプジョー。ペッパーミルメーカーとして世界中の料理人に親しまれています。プジョー独自の切削加工技術により、胡椒を均一に挽いて、風味や香りを楽しめると多くの人から定評です。

おすすめ&人気のペッパーミルランキング

ひねるタイプでおすすめのペッパーミル

アスベル-フォルマ 岩塩スパイスミル(1,100円)

刃が上向きで挽いた胡椒がこぼれにくい

暮らしに役立つアイテムを幅広く扱うアスベルのペッパーミル。セラミック製の刃が搭載されており、バネにはステンレスが使われているので、スパイスと岩塩どちらも対応しています。右に回すことで、使い量を好きなだけ挽けますよ。

粗さ調整機能が搭載されているため、岩塩やスパイスの粗さはつまみを回すだけで行えます。本体にはソーダガラスが使われています。中身が瞬時に確認でき、わざわざふたを開けて確認しなくても補充時期がわかります。異なるスパイスを複数取り揃えている人にもおすすめです。

京セラ-セラミックミル(1,340円)

セラミック刃で錆びに強い

セラミック製品などを扱う京セラから販売されているペッパーミル。40mlのコンパクトサイズなので、ちょっとした隙間にも並べて置いておける手軽さが魅力的。中身が見やすいクリア容器なので、一目で何が入っているのか確認しやすいですよ。

刃には、風味を損ないにくいセラミック刃を採用。簡単操作の粗さ調節機能付きで、右に回せば細かく、左に回せば粗くなります。料理に合わせた粗さにできるので、さまざまなシーンで活躍しそう。セラミック刃は分解して洗浄できるので衛生的に使えます。

リス株式会社-スタビアリュクス ペッパー&ソルトミル(1,080円)

胡椒の挽きたてを使いたい分だけ手軽に

キッチンや清掃用品などを扱うリス株式会社のペッパーミル。細クセの高いボディがスタイリッシュです。キッチンで調理での使用から食卓で個々の好みで使う場合にも重宝します。容器には臭い移りしにくいソーダガラスを採用。適度な重量があるため、安定性抜群。

刃にはセラミックを使用。耐摩耗性に優れているので、硬い胡椒もしっかりと挽けます。ダイヤルのつまみを回せば粗さの調節も簡単にできるため、料理の種類や好みに応じて使い分けられますよ。刃の部分にはホコリ侵入を防ぐふた付きなので、衛生面も安心です。

ハリオ-スパイスミル(1,077円)

強化アクリルのふた付きで湯気による湿気から守る

耐熱ガラス商品を製造販売しているハリオのスパイスミル。シンプル形状で安定感のあるボディは、単体ではもちろん、並べて使ってもおしゃれです。クリアな耐熱ガラス製なので、それぞれ異なるスパイスを入れても中身が確認できて間違える心配がありません。

ふたは深さがある透明タイプ。湿気やほこりなどから中身を守ります。さらに挽いたスパイスをふたに溜めることも可能。挽いて直接かけると、量が分かりにくいですが、ふたの上で挽いた量が確認できるので、味の調節がしやすく便利です。

グリップタイプでおすすめのペッパーミル

貝印-シェフィン ペパーミル(1,815円)

コロンとしたウサギ型がかわいいペッパーミル

アメリカのキッチンツールを販売しているシェフィン社のペッパーミル。ウサギの顔の形が特徴的です。左右の長い耳の部分を指で寄せることで、胡椒を挽くことができます。片手で使えるので、フライパンやボウルを持ちながらさっと胡椒を挽いて効率的な調理に役立ちますよ。

本体裏側には、磁石を搭載。冷蔵庫やマグネットが付く棚にくっつけておくことも可能。棚の上に置けるスペースがなくても、磁石で貼り付けておけます。使う時にさっと取り出せるので、デザイン性と機能性どちらも兼ね揃えたペッパーミルを探している人におすすめです。

セールプラザ-ワンハンドペッパーミル(999円)

片手でスマートに挽きたてのおいしさを楽しめる

握りやすいスリムタイプでコンパクト設計のペッパーミル。片手で握って、親指でプッシュするだけで、挽きたての胡椒を楽しめます。使いたい分だけを挽けるので、無駄なく香り良いスパイスを利用できますよ。

本体には、清潔感のあるスタイリッシュなステンレスを採用。また、一部にはクリアな窓を搭載しているので、中身の残量を確認するのにも便利です。先端は、取り外して水洗いができるため、お手入れして清潔に使えますよ。

グラインダータイプでおすすめのペッパーミル

カイボイスン-メナジェリ ペッパーミル(6,600円)

挽く手間を楽しくおいしく

デンマーク王室ご用達で有名な、カイボイスンのペッパーミル。1940年代に発売されたペッパーミルの復刻版です。手のひらサイズの丸みを帯びたフォルムで、インテリア性にも優れています。オーク材と真鍮の異なる素材の組み合わせが、高級感を引き出します。

中に組み込まれているミルは、デンマークのミルブランド、Crush Grind社製。ハンドルを回すことで挽きたての胡椒を味わえます。ダイニングテーブルにあるだけで食卓が華やかになる優れたデザイン性が魅力的なペッパーミルです。

バーブゾー-アチューペッパーミル(1,980円 )

洒落の利いたデザインが場を盛り上げる

アメリカ発のバーブゾーのペッパーミル。鼻の形をした目を引く個性的なデザインが最大の特徴。さらにハンドルを回すと、鼻の穴部分から挽いた胡椒が出てくる仕組みになっています。おもしろい雑貨が好きな人におすすめです。

鼻の形なので、表面は凸凹が多いですが、裏面は平らになっているため、寝かして置くことで安定します。普段使いのほか、人が集まるホームパーティーやバーベキューでも注目が集まりそう。置いてあるだけでも、使っても面白いペッパーミルです。

電動タイプでおすすめのペッパーミル

プジョー-ゼフィアペッパーミル(7,610円)

簡単操作で香り高い胡椒が味わえる

世界中の料理人にも支持されるプジョーのペッパーミル。上部のボタンを押すだけで胡椒を挽けるワンタッチ操作なので、料理中で両手を空けずに片手で手軽に利用できますよ。ボディには、ホールド力に優れたソフトラバーを採用しているので、使いやすいですよ。

ペッパーミルの刃には丈夫な鉄製を採用。プジョー独自の切削加工により、スパイスの香りが引き立つ挽き方ができる刃の形が実現。胡椒好きな人や胡椒を使う料理を頻繁に作る人におすすめのペッパーミルです。

ZACK-電動ペッパーミル(10,780円)

ステンレス素材でスタイリッシュな機能美

ドイツのハウスウェアブランドであるZACKから販売されている電動のペッパーミル。単4電池4本で使用できます。筒状のシンプルなフォルムがスタイリッシュです。キッチンにあるだけでハイセンス。さらに料理上手に見せてくれますよ。

見た目の良さだけでなく機能性も優れています。プッシュするだけで胡椒を簡単に挽いて利用できるので、挽きたての胡椒を手軽に楽しみたい人におすすめ。胡椒を入れる部分は透明なので、補充のタイミングは一目で分かるのも嬉しい特徴です。

まとめ

手にフィットするペッパーミルがおすすめ

挽きたての胡椒を楽しめるペッパーミル。挽きたての胡椒は料理をよりおいしくしてくれます。ペッパーミルは大きさや素材など豊富にラインナップされています。使いやすい大きさのペッパーミルで、調理や料理の仕上げに挽きたての香り高い胡椒を活用してみてはいかがでしょう。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*