おすすめのメンズサンダル人気ランキング!【レザー素材も】

暖かくなってくると活躍の場面が広がるサンダル。足元がおしゃれで涼しげな印象になりますよね。種類も豊富で、夏のコーディネートのマストアイテムです。サンダルはどのようなシーンで履くのかによって、選び方が異なってきます。そこで、今回はサンダルの特徴をはじめ、種類や選び方について解説していきます。人気のブランドやおすすめのメンズサンダルも紹介するので、サンダルを新調したい方や購入を検討している方はチェックしてみてくださいね。

メンズサンダルの特徴

通気性が良く快適に履くことができる

サンダルは暑い日に履いていても、風を感じることができるので足元が涼しいですよね。汗をかいても乾きやすく、快適な履き心地を楽しむことができます。スニーカーやビジネスシューズと比べると、通気性が良いのも魅力。普段足の蒸れや匂いが気になる方でも、さわやかに履くことができます。

脱ぎ履きがしやすい

サンダルは簡単に履くことができるので、普段のちょっとした外出や買い物に行く際にも重宝します。時間がなく慌ただしい時でもサッと履けるので、玄関に一足置いてあるととても便利ですね。出掛けた帰りに荷物がいっぱいの時でも、手を使わずに脱げたり、片手でベルトを外せるサンダルも多いので、楽に脱ぐことができます。

メンズサンダルの種類

シャワーサンダル

水を弾くため水場に適したサンダル

海や川辺などの水場でも快適に履くことができます。海水浴や川でバーベキューなど、夏のレジャーにも最適ですね。また、ベランダでの使用もおすすめ。雨の日でも気にならず、サッと履くことができて便利です。

シャワーサンダルの名前の由来でもあるシャワー浴びるときや、その前後に履くのも最適。外でスポーツをした後などに使用すると、開放感があって足が休まります。水を弾く上、速乾性もあるので重宝しますよ。

コンフォートサンダル

ソールのクッション性が高く長時間履いても疲れにくい

ソールの肌触りが良くクッション性のあるものだと、心地よく履き続けることができます。ソールが硬すぎるとかかとが痛くなってしまい、体の重心が取りにくく、腰にも負担がかかってしまうので注意が必要です。買い物などで長時間歩く予定の日や、フェスなどで立ちっぱなしの日には、疲れにくいコンフォートタイプがおすすめですよ。

普段は仕事上、ビジネスシューズを履かなければならない人も、休日くらいはとにかく足を休ませたいですよね。リラックスシーンに最適なコンフォートサンダルは、ずっと履いていたくなる程の足あたり。足への負担が気にならないので、忙しいビジネスマンにこそ履いて頂きたいサンダルです。その快適な履き心地は思わずやみつきになってしまう程。

スポーツサンダル

機能性が広くアクティブなシーンで使える

海や山、川などのアウトドアシーンで使うことを前提に作られたサンダルです。ストラップ付きでしっかりと足が固定されているのでアクティブに履きこなせます。走っても脱げにくく、足に負担がかかりにくいのが特徴です。

今では街履きとしても定番となったスポーツサンダル。素足にはもちろん、ソックスコーデもおしゃれに決まります。各ブランドから次々とデザイン性に優れ、機能性も兼ね備えたモデルが登場しています。

ビーチサンダル

鼻緒があって脱げにくい

水濡れに強く、脱げにくいので海やプールなどで履いている人をよく見かけます。砂などで汚れてもサッと洗えて、軽いのでアウトドアの際の持ち運びにも便利です。ただし、強度には欠けるので足の怪我には注意が必要です。浴衣や甚平などの夏祭りコーデにも合い、子どもにも大人にも人気の夏の定番サンダルです。

今となっては100円均一でも購入することができるビーチサンダル。各ブランドから出ているビーチサンダルも、全体的に手が出しやすいリーズナブルなものが多いのが特徴です。収納にもかさばらないので、下駄箱に一足は入れておきたいですね。

シューズサンダル

スニーカーのような感覚で履くことができる

ファッショナブルな見た目と、クッション性のあるスニーカーのような履き心地が魅力です。足が疲れにくく長時間の歩行にも向いています。つま先がしっかりと覆われているので軽く走ったり、砂利道や岩場などで履く際にも安心です。

ハードな見た目なので、足元にアクセントがつきます。シンプルなコーデでも足元をシューズサンダルを合わせるだけでとても印象的になりますね。周囲と差をつけたい個性派スタイルの人にもおすすめです。

メンズサンダルの選び方

利用シーンで選ぶ

海や川など水場で履く際はかかとのないタイプ

濡れても不快な擦れが起こらず、砂や泥で汚れた場合も、脱ぎやすければすぐに洗うことができます。かかとがない分、脱ぐのも簡単ですね。脱ぎ履きの場面の多い海や川ではイチオシのサンダルです。

登山などのアクティビティではつま先が覆われたもの

山や岩場などでアクティビティを楽しむシーンでは、トゥプロテクションタイプとよばれる、つま先が覆われているサンダルを選ぶと良いでしょう。このような場所では、尖った岩や先の鋭い植物などで怪我をしてしまう危険性があります。トゥプロテクションタイプだと安心して履けますね。

機能面で選ぶ

長時間歩くならしっかりホールドされたストラップ付き

一日中外にいる日や、買い物などで長時間歩く日には、できるだけしっかりと足をホールドするサンダルが安心。歩行をサポートするストラップ付きのサンダルがおすすめです。歩きやすいだけでなく、足が疲れにくいというメリットもあります。

足の負担を減らすならソールにクッション性のあるもの

硬いソールだと足が痛くなってしまい、柔らかすぎても足が沈んで疲れやすくなりますよね。適度にクッション性のあるソールだと、足にかかる負担を軽くしてくれます。素足で履く時にも気持ちが良いので、クッション性のあるソールに注目することはサンダル選びでは重要なポイントの一つです。

季節で選ぶ

春夏シーズンはメッシュやEVAなど涼しげな素材

メッシュ素材は通気性も良く蒸れにくいので、履いていて涼しく、見た目にもさわやかな印象になります。ファッション業界でも人気急上昇中のEVA素材は、今や夏の代名詞ですね。トレンドに敏感な若者にも人気の素材です。

秋冬はスウェードやファーなど保温性のある素材

おしゃれに足元の防寒をするなら、ファー素材が定番。ボリュームが出るのでシンプルコーデの日のアクセントとして取り入れるとファッショナブルですよね。スウェードは素材に季節感があるだけでなく、落ち着いた印象なので大人の男性にもおすすめです。

メンズサンダルのおすすめブランド・メーカー

Teva(テバ)

足首で固定できるストラップ付きサンダルが定番

スポーツサンダルブームの火付け役と言ったらTeva、ストラップサンダルの元祖的存在です。特筆すべきはその優れたクッション性。一日中歩いても疲れにくいのが魅力です。また、自分の好きなホールド感でストラップ調整でき、一人一人の足にフィットします。ベーシックカラーをはじめ、個性的なカラーのモデルもあり、ラインナップが豊富。ユニセックスなデザインなので、カップルや夫婦でお揃いで履くのもおすすめです。

BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)

ドイツで創業され世界中にファンがいる老舗ブランド

全モデルにおいて、独自で開発されたオリジナルフットヘッドを使用し、快適な履き心地を実現。つま先の幅がゆったりと設計されているので締め付け感がなく、まるで裸足で柔らかい砂浜にいるような、リラックスした履き心地が世界中のBIRKENSTOCKファンを虜にしています。また、履きこむほどに足に馴染んでいくので、自分だけの極上の一足となっていきます。上品なレザーが大人の男性の足元にピッタリですね。

ISLAND SLIPPER(アイランドスリッパ)

製作の全行程が手作業で行われているハワイ発ブランド

ハワイ現地の職人が細部までこだわって製作するISLAND SLIPPER。足あたりの良い仕上がりが魅力です。ソールはしっかりクッションが効いていて、足にフィットする柔らかい履き心地。シンプルなデザインなのでコーディネートにも取り入れやすく、気軽に普段使いがしやすいのが嬉しいですね。

SUICOKE(スイコック)

日本人の足型を細かく研究した日本発のブランド

日本人の足に合うように設計されていて快適な履き心地を誇る。特筆すべきは一流ソールメーカーのVibram社と共同開発した高性能ソールです。驚くほど軽くて柔らかく、屈曲性があります。グリップ力もあるので滑りにくく、雨の日の歩行にも最適。また、甲やかかとに当たる部分のストラップに当て布が施してあるので、靴擦れ起きにくいのも嬉しいポイント。ストラップ付きが良いけれど靴擦れが心配、という方は試す価値ありです。

おすすめ&人気のメンズサンダルランキング

防水素材でおすすめのメンズサンダル

NIKE(ナイキ)-ナイキベナッシ(3,300円)

足をしめつけず快適な履き心地で軽量かつ安定感がある

言わずと知れた大人気のNIKEのベナッシ。男女問わず、学生や若者に大人気のモデルです。軽くて安定感があるので、普段から気兼ねなく履きたい人におすすめです。

素足にはもちろん、ソックスと組み合わせて履くことでおしゃれな足元を演出できます。ジャストサイズを選んでスッキリと履きこなすのがスマート。スポーティなファッションに合わせると部活帰りのように見えて街歩きには向かないので、ラフになりすぎない工夫をするのもポイントです。

adidas(アディダス)-アディレッタ(2,800円)

圧倒的な人気を誇るシャワーサンダルの元祖的存在

adidasのサンダルの中でも特に人気の高いモデルです。スポーツブランドならではの計算された設計がポイント。足裏に沿う作りと軽い履き心地で疲れにくいのが特徴です。

シンプルな三本ラインがラフすぎず、街履きにも合わせやすいのが魅力。きれいめファッションのはずしで合わせてもトレンド感が出ます。リーズナブルな価格設定も嬉しいですね。

UNDER ARMOR(アンダーアーマー)-UAコアPTHサンダル(2,420円)

速乾性に優れた設計で履き心地も抜群

トレーニングウェアやシューズで人気のUNDER ARMORですが、サンダルにも定評があります。ロッカールームやシャワールームでの使用を想定された、速乾性に優れた素材を使用しています。フィット感も抜群なので、スポーツのあとにリラックスして履ける快適なサンダルとしておすすめです。

UNDER ARMORの大きなロゴのみをあしらった、シンプルでベーシックなデザインが特徴。価格もリーズナブルなのが嬉しいですね。シャワーサンダル初心者にも取り入れやすく、注目のブランドです。

henry&henry(ヘンリーヘンリー)-180(3,520円)

密度のあるラバーですり減りにくく耐久性がある

細かなパーツまでMADE IN ITALYというこだわりのモデル。一般的な摩耗しやすいラバーではなく密度のあるものを使用し、すり減りを防止します。シャワーサンダルをスタイリッシュに履きこなしたいならこのモデル。全体がワントーンで、サイドにロゴのデザインのみのシンプルなデザインは遊び心をくすぐられます。

気軽に履くことができるシャワーサンダルですが、ラフになりすぎることを懸念する人も多いですよね。henry&henryのこのモデルなら大人っぽくスタイリッシュに履きこなせます。デートや街履きにもピッタリです。

SUICOKE(スイコック)-SUBIM(8,800円)

他とは違うVibram社製ソールのグリップ力は圧巻

滑りにくく耐久性に優れた仕上がりで、水場や雨の日の足元の力強い味方。滑りやすい濡れた路面やマンホールなどでも、しっかりグリップキープします。世界初Vibram社製ソールへの圧倒的なこだわりには脱帽。進化を遂げている注目のブランドです。

カジュアル感の強いシャワーサンダルをモダンに履きこなすには最適なモデル。コーデに迷わない一足とも言えるシンプルさです。清潔感があって、洗練された印象に。

レザー素材でおすすめのメンズサンダル

BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)-ZURICH(10,799円)

甲を広くホールドするストラップとダブルバックル

老若男女問わず世界中にファンを持つ「BIRKENSTOCK」ですが、中でもチューリッヒはファンの多い定番モデル。足の甲を広範囲で優しく包み込みながらも、指先はのびのびとした開放的な履き心地です。二本のベルトで好みに合わせたフィット感で調整することができます。

チューリッヒといえば、アッパーの素材はスウェードレザーが人気。どの色を選んでもスウェード素材の落ち着いた印象から、上品な仕上がりになります。ソックスと合わせても子どもっぽくならないのが魅力ですね。厚手のソックスとの相性も良いので、夏だけでなくオールシーズン履きたい人におすすめです。秋冬はソールがラムスキンボアになっているものも選べて、防寒にもバッチリです。

BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)-Kyoto(19,800円)

上質なレザーで足を包み込み、しっかりサポート

定番のチューリッヒをイメージしてデザインされたBIRKENSTOCK KYOTO(キョウト)は、コンパクトなデザインがモダンな印象の一足。日本の古都、京都の名前が付いたサンダル、KYOTO/キョウトに大注目です。やわらかく上質なレザーで着物のように足を包み、面ファスナーのベルトで帯のように支えてくれる安心のホールド感。自由にフィット感を調整できて、安定したホールド感を約束します。肌が繊細でチクチク肌触りが気になる方には、病みつきの気持ちよさです。

アッパーには、足を優しく包み込んでくれる柔らかいベロアレザーと、上質なヌバックレザーを使用。洗練されたアーバンスタイルにマッチするサンダルです。こちらもチューリッヒと同様、素足にはもちろんソックスコーデとの相性もGOOD。一年中楽しむことができます。

Dr.Martens(ドクターマーチン)-グリフォン(17,820円)

幅広のベルトと厚底で安定した高級感のある一足

ワックス加工を施した、重量感のあるアメリカン・スタイルのプルアップ・アナリン・レザーを使用。素足で履いても足馴染みが良いです。Dr.Martensらしく、エアークッションの効いた優秀なデザイン。ソール内には小さく仕切られた空間が取り付けられ、密封された空気の層がクッションとなり歩行時の衝撃をスムーズに吸収します。弾むような履き心地が実現。

かつてワークブーツとして労働者に人気だったDr.Martens。ミュージシャンが身に着けたことで爆発的人気となり、ファッションアイテムとして不動の地位を築き上げました。今やオシャレ感度の高い若者に、世界中で絶大な人気を誇ります。程よいボリュームでジェンダーレスに多様なファッションに合わせることができるシンプルなデザインは、活躍のシーンが多いこと間違いなし。ベルトでしっかりホールドされ、厚底で安定した歩行が可能。

ISLAND SLIPPER(アイランドスリッパ)-クロスサンダル PT223(17,600円)

靴擦れを起こしにくい太めのクロスストラップが特徴

MADE IN HAWAIIのリゾートサンダルメーカーとして、70年以上にわたり世界各国で高い支持を得ているISLAND SLIPPER。クロスサンダルはスウェード素材ならではの足当たりの良さが魅力です。クッションの効いたインソールは、足にフィットする柔らかな履き心地。 シンプルなデザインなので、コーディネートにも取り入れやすく幅広いシーンで活躍するでしょう。

サンダルは素足で履くシーンが多いので、心配になるのは靴擦れですよね。このクロスストラップは太めの作りなので、足にくい込まず優しい足当たりです。靴擦れが起きにくいのが嬉しいポイント。

UGG(アグ)-Dune Slide(17,600円)

優しいタッチのソフトスウェードが足を包み込む

ソフトスウェードのアッパーに、調節可能なナイロンのストラップ。ライニングは湿気を自然に逃がす5mmの天然ウールでの作りで、快適な履き心地を実現。フットベッドはソフトなマイクロファイバーで、気持ちの良い肌触りが魅力です。UGG独自の軽量アウトソールにも注目です。

フットベッドにエンボス加工のUGG(R)ロゴでさり気なく主張しています。世界中でセレブリティに愛されるカリフォルニアの伝統ブランドのUGG。シンプルで快適なサンダルが良いけれど、トレンドをおさえてブランドにはこだわりたいという欲張りな希望も叶えます。

スポーツサンダルでおすすめのメンズサンダル

Teva(テバ)-ハリケーン XLT 2(5,690円)

機能性とデザイン性を兼ね備えたロングセラーのモデル

軽量でクッション性の高いEVAミッドソールが、履き心地の良さを実現し、機能性抜群。Teva独自の3か所でホールドするユニバーサルストラップシステムで、フィット感を調整することができます。かかとが小さくてブカブカしてサンダルが脱げやすい人や、甲が高く足幅が広いため足が痛くなってしまうことが多い人に向いています。

主要モデルは、リサイクルプラスチック素材をストラップに使用しています。また、ストラップは使用合成繊維と植物由来の素材によって作られていることで、「ヴィーガンフットウエア」として、エコの観点からも注目の新時代のサンダルと言えるでしょう。デザインもシンプルなので幅広い世代にフィットします。

adidas(アディダス)-ADILETTE SANDAL(2,940円)

調整可能なストラップ付きで脱ぎ履きがしやすい

普段使いに便利な、脱ぎ履きがしやすいサンダル。スポーツの後のロッカールームや、街履きとしても重宝するモダンかつスポーティーなモデルです。調節可能なストラップと、非常にソフトなフットベッドを備えた快適な一足。

調節可能なストラップで、安定したホールド感と快適なフィッティングが実現。アッパーの「adidas」のロゴはシンプルでさわやかな印象に。ひときわ軽量なので、アウトドアやスポーツなどのシーンに携帯していくのも荷物にならず良いでしょう。また、水に強いのでウェットな環境も安心。洗濯も可能です。

SHAKA(シャカ)-NEO BUNGY(8,712円)

水場に強くSHAKAの中でダントツの履き心地を誇る

ストラップの裏部分にクッションが施されていて、靴擦れが起こりにくく柔らかな肌触りが特徴。脱ぎ履きがしやすいマジックテープを採用し、水にも強いラバーソールが、アウトドアやレジャーシーンで活躍します。つま先の反りかえりやアーチクッションなど、歩きやすさを念頭に考案されたソール形状で抜群の履き心地。

ボリュームのあるフォルムが印象的なモデル。シンプルコーデに合わせて、足元にアクセントをつけるのも良いですね。デニムなどのカジュアルスタイルはもちろん、ハーフパンツとも相性抜群なので、一足あると夏の足元の定番スタイルになること間違いなし。

SUICOKE(スイコック)-GGA V  サンダル(16,500円)

反発力に優れたVibramソールが新感覚の履き心地

なんといっても最大の特徴であるVibramソールに注目。アウトソールのみならず、フットヘッドにまでVibramソールを採用し、柔らかい反発力を実現しています。前滑りを抑えるサポートや、土踏まずをアシストするサポートが施されており、足全体が疲れにくく、履いていて本当に楽なのです。日本人の足型に合わせて設計されたこだわりの仕様。

SUICOKEのサンダルは、かかとが当たるヒール部分のストラップに靴擦れを防ぐ当て布が張られているので、優しい足当たりです。長年靴擦れに悩んできた方には、是非試して頂きたいモデルです。

KEEN(キーン)-ニューポートエイチツー(14,300円)

水や汚れに強く防臭加工も施された水陸両用モデル

ハイブリッド・フットウェアという言葉を生み出した、KEENプロダクトの真骨頂。 しっかりつま先をガードし、水陸両用であらゆるシーンに対応します。動いても動いても快適な速乾性ライニングと、足裏の形状に合わせて立体成型されたEVAフットベッドが歩行のサポートに役立ちます。

天然原料による防臭加工技術を使用しているので、一日中履いているキャンプシーンなどでもピッタリ。脱ぎ履きがしやすいのもポイントです。また、足の露出が少ないので、フェスなど人混みの中での着用も安心ですね。着用感はややきつめの作りなので、0.5㎝大きめのサイズがおすすめです。

まとめ

シーンと足に合った履き心地抜群なメンズサンダルがおすすめ

今やオールシーズン履くことができるサンダルですが、ブランドによっても機能や特徴がそれぞれ異なります。どんなシーンで履きたいか、背景を想像しながら選ぶのもワクワクしますね。自分の足に合った最高な履き心地の一足に出会ってください。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*