おすすめのメガネケース人気ランキング!【おしゃれな革製も】

メガネを保管するのに必須のメガネケース。メガネ購入の際に付属していたメガネケースをそのまま使用している方も多いのではないでしょうか。メガネケースは、サイズやデザインが豊富なのをご存知ですか。お気に入りのメガネケースを選べば、使うたびに楽しいだけでなく、メガネをより大切に保管することができますよ。ここでは使いやすいサイズやおしゃれなデザインのメガネケースを紹介します。自分用としてはもちろん、プレゼント用としてメガネケースの購入を検討している方は参考にしてみてください。

メガネケースの特徴

メガネを衝撃や傷から守り寿命を長くする

メガネはとても繊細です。落としたり踏んだりといった衝撃以外にも、埃や汚れによって表面が傷ついてしまうことがあります。メガネケースを使用すれば、メガネを衝撃や傷から守り、結果としてメガネの寿命を長くすることができます。

おしゃれなデザインが豊富

メガネケースはおしゃれなデザインが豊富です。使い込むほどに風合いが変化する革製やスタイリッシュなコンパクト型、ブランドのロゴや柄が入ったものなど様々な種類があります。沢山の種類の中から自分の好みに合ったメガネケースを選ぶのも楽しいですよね。お気に入りのメガネケースなら、より長く愛用することができます。

メガネケースの種類

ハードタイプ

メガネを強い衝撃から守れる

ハードタイプは、アルミやスチール、木などの固い素材で出来ています。携帯時、電車通勤中に鞄が押されたり、他の荷物の下敷きになったりしても、メガネを安全に守ることができます。仮にメガネケースごと落としてしまっても、中のメガネが傷つくことはないので安心です。満員電車に乗る方や荷物が多い方、しっかりとメガネを守りたい方には、耐久性のあるハードタイプがおすすめです。

ハードタイプには、大きく分けて2つのデザインがあります。1つ目は、アルミやスチール、木などの質感をそのまま生かしたシンプルなデザインのメガネケース。2つ目は、表面を柄のプリントされた布や革で覆ったメガネケースです。様々なデザインがあるので、自分の好みに合ったメガネケースを選んでみてくださいね。

ソフトタイプ

メガネをコンパクトに携帯できる

ソフトタイプは、革や布などの柔らかい素材で出来ています。軽くてかさばらないので、荷物が増えることを気にせずにメガネを携帯できますよ。メガネ使用時にはフラットな状態になるので、鞄のポケットや胸ポケットに収納することもできます。

ソフトタイプのメガネケースは柔らかい素材で出来ているため、落下や強く押されるなどの衝撃には弱い特徴があります。そのためメガネを外す機会が少ない方や持ち運ぶ時間が短いにおすすめです。ソフトタイプにメガネを入れて携帯する際は、鞄の中で他の荷物に押されない場所に入れておくと安心ですよ。

メガネケースの選び方

素材で選ぶ

落下や踏まれるなどの強い衝撃にも耐えるならアルミ製

アルミがメガネケースの材質としてよく用いられている理由は、丈夫さと軽さです。金属ですので、落下や踏まれるなどの衝撃を受けても変形することなく、しっかりとメガネを保護してくれます。丈夫なだけでなくとても軽いので、持ち運びにも適していますね。また錆びにくいという特徴もあるので、長く使用することができます。しっかりとメガネを保護したい方におすすめです。

風合いや柔らかい質感を楽しみたいなら革製

革製品は使い込むほどに色が深まったり、艶が生まれたりします。また触ったときの柔らかい質感も魅力の一つです。革製のメガネケースなら、風合いの変化や質感を楽しみながら長く愛用することができますよ。革は上質な印象を与えるので、ビジネスシーンでの使用もおすすめです。またプレゼントとしても男女問わず喜ばれるでしょう。

耐久性とぬくもりが欲しいなら木製

他とは一味違ったメガネケースをお探しの方には、木製メガネケースがおすすめです。職人手作りの木製メガネケースなら、自分だけの木目のデザインを楽しむことが出来ますよ。もちろん木製なので、耐久性も十分です。木のぬくもりを感じながら、しっかりメガネを保護することができますね。職人技が光るメガネケースは、プレゼントとしてもおすすめです。

形状で選ぶ

オーソドックスな形でしっかり守るならふたタイプ

メガネケースと言われて最初に頭に浮かぶのが、ふたタイプでしょう。他のタイプのメガネケースに比べて簡単にふたが開いてしまうことが無いため、しっかりとメガネを保護してくれることが特長です。メガネ初心者やお子様にもおすすめですよ。頑丈である反面、かさばるイメージがありますが、コンパクトなふたタイプもあります。

開閉のしやすさ重視ならオープンタイプ

オープンタイプは左右どちらかに取り出し口があり、マグネットやボタンを外してメガネを取り出します。他のタイプとは異なり、片手でメガネを取り出せるのが特長です。メガネを出し入れする頻度が多く、さっと取り出したい方におすすめですよ。また取り出し口にマグネットやボタンがないタイプもあり、メガネの扱いに慣れていて落とさない方にはおすすめです。

おしゃれな見た目にこだわるならロールタイプ

ロールタイプは本体にメガネを入れてからふた部分でメガネを包み込み、紐でぐるぐると巻いて収納します。様々な大きさのメガネに柔軟に対応できることが特長です。おしゃれな見た目で、ファッションの一部としてメガネケースを楽しみたい方におすすめですよ。また出し入れに手間がかかってしまうので、メガネを出し入れする頻度が低い人向きと言えるでしょう。

携帯頻度が少なくメガネ以外も収納するならスタンドタイプ

スタンドタイプは、ペン立てのようにメガネを立てて収納します。ふたを開けたりする必要がなく出し入れが簡単なのが特長です。在宅時のみメガネを使用するなど、携帯頻度が少ない方におすすめです。また仕切りがあるタイプなら、メガネだけでなくリモコンや鍵など卓上の細々とした物の整理もできますよ。定位置を決めておけば、メガネを探す手間を防ぐこともできますね。

メガネケースのおすすめブランド・メーカー

Orobianco(オロビアンコ)

イタリア製本革の高級感とアルミの耐久性

イタリア製本革とアルミの組み合わせが特長的なブランドです。本革にはブランドの型押しが施してあり、高級感溢れる仕様になっています。またアルミ素材なので耐久性も十分。男性へのプレゼントとしてもおすすめですよ。

ALBERO(アルベロ)

シンプルなデザインとナチュラルな風合い

ALBEROの製品は、天然素材の自然な風合いを大切にするため、本革の加工を最低限に留めて作られています。革製でシンプルなデザインを探している方におすすめです。型押しではない、シボの表情も本革ならでは。

テーシーケース

手頃な価格展開をする国内メーカー

安いものでは数百円からメガネケースが手に入ります。種類も豊富で、ハードタイプやソフトタイプはもちろん、スタンドタイプまで様々なメガネケースがあります。手頃な価格ですが、国内メーカーなので安心感がありますね。

Marimekko(マリメッコ)

大人可愛い北欧デザイン

カラフルな色合いながら、大人の女性が持っていても可愛いデザインが魅力的です。デザインの種類も様々なので、あれこれ迷いながら選ぶ楽しみもありますよ。自分用としてだけでなく、プレゼントとしてもおすすめです。

おすすめ&人気のメガネケースランキング

革製でおすすめのメガネケース

Orice(オリーチェ)-レザーメガネケース (6,600円)

こだわりの開閉しやすさ

顧客の声に応え、メガネケース開閉時に指を置くスペースを広く改良した商品です。毎日使う物だからこそ、開閉時のスムーズさは重要ポイントですね。また開閉部はマグネットでしっかり止まるようになっており、安心感もあります。

こだわりは内部にもあります。メガネが傷つきにくいように、内側には柔らかなベロア素材を使用。またメガネを落ちにくくしたり、内部で動いてしまわないように、内側の中央部分を高く設計するなど工夫もされています。

札幌革職人館- メガネケース (5,280円)

職人技によるしっとりとした手触りとスリムな大きさ

職人が時間をかけてオイルを染み込ませることで、しっとりとした手触りを実現しています。また手触りを引き立たせるために、ポケットなどの装飾を無くしたシンプルなデザインとなっています。装飾が無く、厚さ3.0cmのすっきりとした大きさにより胸ポケットに入れることも可能ですよ。

厚みの無いすっきりとしたデザインですが、内側には芯材が入っており、メガネが潰れないようにしっかりと守ってくれます。また内側には柔らかな牛革を使用。メガネのレンズを傷つけないように配慮されています。

ALBERO(アルベロ)-革製メガネケース  (5,500円)

ワンタッチでメガネが取り出しやすい

メガネが取り出しやすいオープン型のメガネケースです。取り出し口の両側に金具が付いており、外側から内側に押すことでワンタッチで開けることができます。取り出し口にマグネットやスナップボタンが無いため、さっと取り出すことが出来て便利ですね。

メガネケースとしてだけでなく、ペンケースとしても使用することができます。またシンプルでユニセックスなデザインのメガネケースなので、男女どちらでも使用することができますよ。使用する際の自由度が高い商品と言えるでしょう。

HUKURO(フクロ)-メガネケース (9,900円)

鞄からぶら下げていつでも取り出しやすく

鞄からぶら下げて使用するオープンタイプのメガネケースです。デザイナー自身がメガネの出し入れに不便さを感じて考案したメガネケースなだけあって、他の商品とは異なる斬新なデザインですね。鞄からメガネケースを取り出す手間を省き、必要な時にすぐメガネを取り出すことができます。

便利な反面、鞄からぶら下げているだけだと、メガネを落としてしまわないか不安になりますね。万が一に備えて内側にメガネを押さえるためのバンドがあるので使用しましょう。安心してメガネを携帯することができますよ。

kanmi.(カンミ)-キャンディメガネケース (5,060円)

革製の上品さに可愛らしさを加えたデザイン

革製のメガネケースに憧れるけど、可愛らしさにも惹かれるという方におすすめメガネケースです。革製のメガネケースは大人っぽくシンプルなデザインが多いのですが、kanmi.のメガネケースはキャンディをイメージした丸い型押しが可愛らしいデザインです。大人っぽさと可愛らしさのバランスが良く、大人の女性にもおすすめです。

がま口タイプの取り出し口も、レトロな雰囲気を演出していて可愛らしいですね。閉めるとパチンと音がして、しっかり閉まったことを確認できます。また内側には鼻あてがあり、中でメガネが動かないように固定することができます。

コンパクトさでおすすめのメガネケース

RafiCaro(ラフィカロ)-本革メガネケース (2,880円)

コンパクトながら様々な大きさのメガネに対応

縦54mm、横175mm、厚さ34mm とコンパクトな作りのメガネケースです。様々な大きさのメガネに対応することを想定して設計され、大ぶりなサングラスも収納できます。マグネットの強度もしっかりとしているので、ふたが閉まらない心配もありません。

しなやかさが特長のイタリアンレザーを使用しているため、どんなメガネにもよく馴染みます。また内部には鼻あてがあり、メガネが動いてしまうのを防ぎます。台座部分は金属でしっかりと固定されており、メガネが傾かないようになっています。

MokuMoku(モクモク)-本革メガネケース (3,980円)

シンプルなデザインで刻印も可能

縦75mm、横166mmとコンパクトな作りのメガネケースです。シンプルで飽きがこないデザインなので、長く使用することができますね。また男女問わず使用することができるユニセックスなデザインです。

また名前やメッセージを刻印することもできます。自分用としてはもちろん、記念日やお祝いのプレゼントとして大切な方へ贈るのもおすすめです。シンプルなデザインなので、刻印がアクセントにもなりますね。

FEILER(フェイラー)-ラビリンスメガネケース  (6,050円)

カラフルな花柄とロゴマークで華やかに

縦75mm、横170mm、厚さ30mmとコンパクトな作りのメガネケースです。コンパクトなサイズ感で女性らしいデザインを探している方におすすめです。前面だけでなく、背面全体にも花柄が施されています。

ふたを開けると内側にもブランドのロゴが入っています。黒地にゴールドのロゴがアクセントになっており、高級感のあるデザインです。華やかな印象ですが上品さもあり、使う場を選びません。ブランドのロゴ入りのメガネ拭きも付属しています。

テーシーケース-メガネケース HYW-1B-2(500円)

手頃な価格と無駄のないシンプルさ

縦56mm、横152mm、厚さ31mmとコンパクトな作りのメガネケースです。余計な装飾やデザインなどが全くなく、まさにシンプルなデザインです。スチール製でセミハードタイプのメガネケースです。

手頃な価格ですが、国内メーカーが扱っている商品なので安心して使用できますね。ふた部分はマグネット式になっており、しっかりとメガネを保管することができます。価格にもデザインにもシンプルさを求める方におすすめです。

Marimekko(マリメッコ)-スィルマラスィ クッカロ ミニ (2,340円)

北欧生まれのおしゃれなデザイン

縦105mm 、横200mmとサイズはやや大きめですが、生地が薄くかさばらないのが特長です。取り出し口が広く、メガネの出し入れがスムーズにできます。がま口タイプなので、パチンという音でしっかり閉まっているのを確認できます。

鮮やかな色合いや大胆なデザインで、鞄の中でもすぐにメガネケースを見つけることができますね。大人の女性が持っていてもおしゃれな洗練されたデザインが魅力的です。北欧雑貨好きな方へのプレゼントにもおすすめです。

ハイブランド品でおすすめのメガネケース

Orobianco(オロビアンコ)-メガネケース (7,150円)

一目で分かる高級感とコンパクトさ

Orobiancoのメガネケースは、イタリア製本革と型押しされたブランドのロゴが印象的です。またビジネスシーンでも使いやすいよう、縦60mm、横155mm、厚さ30mmというコンパクトさを実現しています。重さは120gで、本革を使用した製品としては軽量なのもポイントです。

メガネを取り出す際は、側面のボタンを押して開けます。閉めるとカチッと音が鳴り、しっかり閉まったことを確認できるので安心ですね。また内側には柔らかい生地を採用しており、メガネが傷つくことを防いでいます。

m+(エムピウ)-メガネケース (12,100円)

巻くのにコツがいらないロールタイプ

ロールタイプのメガネケースは、おしゃれだけど不便そうと思っていませんか。m+のメガネケースは本体に巻きつける部分がゴムになっているので、大雑把に巻いても緩むことなくメガネを包み込むことができます。

また、しなやかで丈夫なイタリアンオイルレザーを使用。レンズを保護する部分はレザーを二重にしているので、衝撃に強い作りになっていますよ。またマチ部分は深めに設計され、横からしっかりメガネを包み込んで隙間からの落下を防いでいます。

IL BISONTE (イルビゾンテ )-レザーメガネケース (7,700円)

シンプルな作りで出し入れが簡単

オープンタイプのメガネケースです。取り出し口に差し込むだけで簡単にメガネを入れることができます。取り出すときも簡単なので、メガネの出し入れが多い方におすすめ。メガネ使用時にはフラットな状態になるので、胸ポケットなどへの収納も可能です。

シンプルなデザインだからこそ、上質な本革やブランドのロゴが際立っています。本物の証として保証書が付属されているので安心ですね。上質でシンプルなデザインなので男女問わず使用でき、ビジネスシーンでもおすすめのメガネケースです。

BEERBELLY(ビアベリー)-トラベルトレーメガネケース (7,535円)

変形させてトレイとしての使用も

スナップボタンの留める位置を変えれば、簡単にメガネケースからトレイに変形できます。携帯時にはメガネケースとして使用し、外出先や家ではトレイとして使用できますよ。メガネを簡単に置けるだけでなく、一緒に鍵なども置いておけば紛失防止にも役立ちますね。

またスナップボタンを使用せずに開いた状態のまま使えば、ポーチとしても使えます。中にはパスポートやチケットなど、薄手のものを入れることができますよ。トラベルトレーと名付けられたメガネケースと共に、素敵なおでかけを楽しめそうですね。

VOLVOX(ボルボ)-メガネケース  (6,380円)

主張しすぎないことで感じる上質な存在感

職人こだわりの丸みを帯びた形や、ふたを閉めた際に音が響かないシークレットマグネット、そして内側のさりげないロゴマーク。控えめな中にも確かな上質さを感じさせるメガネケースです。上質でさりげない存在感のあるメガネケースを探している方におすすめですよ。

サイズも魅力的で、縦60mm、横173mm、厚さ30mmとコンパクトです。上質なデザインであり携帯もしやすいので、ビジネスシーンにもおすすめですよ。プレセントとしても喜ばれるでしょう。主張しすぎないデザインなので、贈る相手を選ばないのも良いですね。

まとめ

使う頻度や状況と好みのデザインに合ったメガネケースがおすすめ

メガネケースを選ぶ際のポイントは、メガネを使う頻度や状況と、自分の好みに合ったものを選ぶことです。メガネを使う頻度は、メガネを出し入れする機会の多さに関係します。出し入れの頻度が多ければ、出し入れのしやすさを重視すると良いでしょう。また使用する状況によって、耐久性の高いものを選ぶことも大切です。またメガネケースには様々なデザインがあるので、自分の好みに合ったものを選ぶことで愛着を持って長く愛用することができますよ。今回はメガネケースについて人気のブランドを挙げながら紹介しました。ぜひ皆さんも、使うたびに楽しくなるようなお気に入りのメガネケースを見つけてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*