2021おすすめのパラコード人気ランキング!【登山にも】

家族や仲間と楽しむアウトドアでは沢山のレジャーが用意されています。しかし、それぞれ専用の道具をそろえていたら時間もお金もたくさんかかってしまいます。そんな時にキャンプ設営から釣り糸まで、あらゆる用途に使える道具があればとても便利ですよね。そこで紹介したいのがパラコードです。パラコードが一本あれば、キャンプでの所要や緊急時での防災グッズなど、アウトドアシーンのあらゆる方面で役に立ってくれます。しかしパラコードにも種類があり、目的に応じた選び方をしないと十分な機能を果たしてくれません。そこでこの記事では、パラコードの種類や選び方を詳しく解説していきます。アウトドアを楽しく快適なものにしたい方へ向けて、パラコードのおすすめメーカーや商品を用途別に紹介していくので参考にしてみてください。

パラコードとは

パラシュートで使われるコード

パラコードとはパラシュートコードの略称で、元々はパラシュートの傘と人とをつなぐコードという名目で、軍事用品として開発されました。やがて高い耐久性や利便性が広く認められ、今ではアウトドアや登山など、様々な用途に利用されています。パラコードが一般利用されるようになってからは、デザインに凝ったパラコードも増え、アクセサリーや装飾などに向いているパラコードも多く発売されています。

パラコードの特徴

使い方次第であらゆる機能を果たす

パラコード自体は単純な合成繊維の紐です。特に何らかの限定された機能を持っているわけではありません。ただそれだけに高い汎用性を持っており、結んだり束ねたり、工夫次第でどんな形にでもなります。そのため、適切な使い方をすれば、家事やレジャーの道具から医療道具まで、幅広い機能を持たせることが可能です。その上、普通の紐と違い高い耐久性を持っているため、荷物を支えるなど、強い負荷がかかる用途にも使用することができます。

アクセサリーとして身に着けられる防災グッズ

パラコードは編み込んでブレスレットの形にもすることができます。アクセサリーとして手首に巻いておけばいいので、パラコードブレスレットは普通の防災グッズのようにかさばることがありません。普段からアクセサリーとして身に着け、有事の際には解いて頑丈なロープとして使うという利用が可能です。パラコードにはお洒落なカラーが多数発売されているので、ファッショナブルに携帯することができる防災グッズなのです。

パラコードの使い方

その場で内芯を取り出し縫合糸に

パラコードは、マントルという外装と、カーンと呼ばれる複数の内芯によって構成されています。緊急の際にはマントルを切ることによって中のカーンを取り出し、汎用性の高い糸として利用できるのです。カーンは一本一本が頑丈なナイロン糸となっており、傷口を縫う縫い糸にすることができます。また、パラコードをそのまま太い血管付近に巻き付け止血帯として使うことや、患部に強く巻き付けることにより、骨折した際の即席ギプスとして使うことも可能です。

テント用のロープや靴紐の予備にもなる

アウトドアシーンではポールの間に渡して、洗濯物を干すロープに利用する方法や、切れたベルトや靴紐の代わりにするという使い方があります。その他には、取り出した内芯を釣り糸に使うことや、デンタルフロスとしても用いることが可能で、火を起こす際の火口(ほくち)にもすることができます。また、高い強度を利用して、キャンプやタープ用のガイロープにもすることが出来ます。

パラコードの種類

ナイロン製

最も強度の高い基本的なパラコードの素材

ナイロンは、元々パラシュートコードの素材として使われていました。そのため、他の素材と比べて高い耐久性と耐摩耗性を持っています。登山やトレッキングなど、強い負荷のかかるアウトドアに向いています。

ナイロン製パラコードは吸湿性が高く悪天候に弱いため、事前の天候の確認が欠かせません。雨に濡れてしまうと固くなってしまうためです。しかし平常の天候では最も高い強度を持っているので、パラコードの強みである耐久性を一番活かせる素材となっています。

ポリエステル製

濡れてしまっても大丈夫だからアクセサリーに最適

ポリエステル製もナイロン製に次ぐ高い耐久性を持っており、ナイロンと比べ吸湿性も低い素材です。その上、比較的柔らかく加工もしやすいため、アクセサリー作りに向いています。紫外線にも強いので、長時間屋外で使用しても色落ちなどの心配もありません。

また、キャンプのような釣りや炊事などブレスレットが濡れる機会が多いレジャーでも外す必要はありません。ポリエステルは濡れてもすぐに乾くという特性を持っているので、安心してアウトドアを楽しむことができます。やや耐久性が低いという難点はありますが、キャンプの所要に使うパラコードとしては、申し分ない性能を持っています。

ポリプロピレン製

水に浮き水辺での使用も可能

ポリプロピレンは、漁網などに使われている通り、川や湖付近での使用に適しています。というのも、ポリプロピレンはナイロンやポリエステルの素材と違い、水よりも比重が軽く水に浮くという性質を持っているのです。この性質をうまく利用した水辺での使用におすすめの素材なのです。

ポリエステル製のパラコードも水に強いですが、川や湖に落ちると沈んでしまいます。その点ポリプロピレン製のパラコードは水に落としても浮いてくるので無くしてしまう心配もありません。そのため、ミニボートの係留ロープや、水辺の荷物を結ぶ使い方をするとよいでしょう。他の素材に比べ耐久性は劣りますが、安価な素材のためコストパフォーマンスもよく、切って使う消耗品としてのパラコードという使い方をおすすめします。

パラコードの選び方

使い方に合わせて長さで選ぶ

アウトドアに使うなら30m

キャンプで使用する場合、キャンプやタープの張りにするために長いパラコードが必要になります。また結ぶ荷物も大きくなりがちなので、30mのパラコードをおすすめします。ともかく用途の多いパラコードです。パラコードに慣れるにつれ、荷物を結ぶためにちょっとロープが必要になった場合や、自分たちのキャンプの目印にしたい時など、使いたいタイミングは沢山出てくるでしょう。そのため、使用を予定している長さよりも、長めのパラコードを買っておいても無駄になることはありません。

アクセサリーに使うなら10mから20m

一般的なパラコードブレスレットを作る場合、約1.5mから3mの長さが必要になります。初めてパラコードでアクセサリーを作ろうとしている方なら、失敗したときのことも考えて10mから20mのパラコードを選ぶとよいでしょう。アクセサリー作りでは、配色を考えて数種類のパラコードを購入することも多いですから、10mから20mで安価なパラコードをおすすめします。

耐荷重で選ぶ

太さ4mmで耐荷重250kgが目安

緊急時にも効果を発揮することの多いパラコードですから、この耐荷重が重要な要素になってきます。ですから、パラコードの中でも強い耐荷重を持っている、太さが4mmで耐荷重250kgの550パラコードを選ぶとよいでしょう。550パラコードは、商業用に開発されているパラコードの中では最も高い強度を持っており、一番ポピュラーなパラコードになっています。ゆっくりと重さを加えた際の耐荷重となっているため過信は禁物ですが、4mmの細さで平均的な成人男性3.5人を支えられる強度を持ちます。

内芯7本以上だと強度が高い

パラコードにはタイプがあり、それぞれ内芯が少ないもので、0本のものから最も多いもので11本のパラコードがあります。パラコードの強度は内芯7本から大きく上がるため、7本から9本の内芯が通されている550パラコードはアウトドアシーンで広く使用されています。もし、さらに高い強度のパラコードが用意したいのであれば、太さが4.5mmで内芯11本のパラコードも選択肢にいれてみてはどうでしょう。内芯11本のパラコードは最大で340kgの耐荷重を備えているため、災害時の救助用ロープなどの使い方をする場合は内芯11本のパラコードを選ぶのがおすすめです。

付属品で選ぶ

自在金具付きならキャンプの際の調節に便利

キャンプロープの張り具合を合わせる為に使用する固定器具のことを自在金具と呼びます。自在金具が付属されているパラコードが販売されており、別で道具を買いそろえる必要なく、簡単にキャンプのロープを張ることが出来ます。また、自在金具にはロープを通すための穴が付いており、穴の直径とロープの太さが一致しなければ緩みが発生し、十分な機能を果たすことが出来ません。その点自在金具付きのパラコードでは、直径の調整も既になされたパラコードセットが販売されているため、持っているパラコードとの自在金具の吟味も省くことが出来ます。キャンプ初心者の方や調整道具も込みでパラコードを探されている方は、自在金具付きのパラコードを選んでみてください。

ニードル付きならすぐにアクセサリーを作れる

パラコードでアクセサリーを作る場合、ニードル付きのパラコードをおすすめします。パラコードアクセサリーは、パラコードを複雑に編み込むことで形作られているので、ニードルを使うのが一般的。パラコードとニードルを接続して、編み物のようにアクセサリーを作っていくので、道具無しではやや難易度が高いのです。また、アクセサリーに採用するパラコードは細く、繊細な作業になりがちですから、是非ともニードルを用意したいですね。ニードル付きパラコードならわざわざニードルを買い足す必要もなくおすすめです。また、ニードルはほとんどの製品がステンレス製で作られているため、長く使い続けることが出来ますよ。

パラコードのおすすめのブランド・メーカー

ATWOOD(アトウッド)

世界最大手の提供する安心と実績のパラコード

ATWOODは古くからロープを製造販売してきたアメリカの企業です。たくさんのフィードバックとノウハウを有し、高い品質と豊富なカラーバリエーションを持つパラコードを販売しています。取り扱うパラコードは全て信頼の550パラコード。基本的な単色カラーはもちろんのこと、他社にはないユニークなカラーも取り揃えています。キャンプの目印としての機能も持つパラコードに個性を持たせられるのは嬉しいですよね。機能だけではなくお洒落なパラコードを探している方におすすめです。

TOUGH-GRID(タフグリッド)

米軍公認の最高ランクのパラコード

TOUGH-GRIDはアメリカの家族経営の企業で、規模が小さい分取り扱うパラコードは他社と比べ、種類とカラーバリエーションが少なくなっています。ただその分品質や強度に注力しており、内芯11本で強度340kgの最高ランクのパラコードを販売しています。TOUGH-GRIDの提供するパラコードは最高強度を誇りますが、太さや重さもまた最大になってしまいます。ですからアウトドアではなく、非常用ロープとして車や倉庫に常備しておきたい方におすすめです。

マドンナ

手ごろな価格で頑丈なアクセサリー作りを

マドンナは安い価格でアクセサリー向きのパラコードを販売しています。ポリエステル製の柔らかいパラコードを取り扱っているため、犬の首輪など融通が利く必要のある用途でも難なく使用することが出来ますよ。他メーカーと比べ、アウトドアよりも、普段の生活での装飾やアクセサリーに向いたパラコードを販売しています。お洒落で頑丈な装飾としてのパラコードをお探しの方は、マドンナからパラコードを選んでみてはどうでしょう。

Kuraya-Style(クラヤスタイル)

アクセサリー向きの国産ブランド

Kuraya-Styleのパラコードは、カラーが120種類用意されている上1mからの切り売りも行っているため、アクセサリー作りに適したブランドとなっています。また輸入工程を挟まない国産ブランドであるため、他メーカーに比べ、品質に対して値段を抑えられるという利点も嬉しいところですね。更に、日中の光を蓄積して夜間発光する蛍光パラコードや、光を反射し視認性を高める反射パラコードも販売されています。またすべての製品が頑丈な550パラコードとなっており、パラコードに対するニーズを広く網羅しているブランドとなっています。ですから、アクセサリー作りをしたい方やパラコード初心者の方に、おすすめできるメーカーです。

ROTHCO(ロスコ)

既製品のアクセサリーも購入できるブランド

本来ミリタリーグッズを中心に製造販売を行っている企業だけあって、パラコードを非常用の防災グッズとして取り扱っています。その一環として他メーカーでは見つけにくい、パラコードが編み込まれた既製品のブレスレットが販売されています。アウトドアだけではなく、普段の生活でも役に立つパラコードブレスレットの完成品をすぐに手に入れることができるのです。その場で解いて丈夫なロープとして使えるパラコードブレスレットは、緊急時の備えとして一つは持っておきたいですよね。持ち運びの出来る防災グッズを探している方や、少し変わったプレゼントを探している方におすすめです。

DD HAMMOCKS(ディーディーハンモックス)

タープを張るならDD HAMMOCKSのパラコード

DD HAMMOCKSは、キャンプやタープ用パラコードを提供する企業です。パラコードをタープに使用する場合耐荷重やパラコードを巻き付ける木とのグリップ力が重要になってきます。せっかく張ったタープがキャンプ中に落ちてきたら、面倒なだけではなく危険でもありますよね。その点DD HAMMOCKSは、タープの自社開発も行っている分、タープ設営に配慮された機能を持つパラコードを販売しています。他メーカーに比べ、キャンプやタープ設営に向いたパラコードになっているため、サスペンションとしてのパラコードを求めている方におすすめします。

おすすめ&人気のパラコードランキング

アクセサリー作りでおすすめのパラコード

Kuraya-Style-パラコード550 (330円)

豊富なカラーが魅力の550パラコード

全120種類のカラーが取り揃えられた、Kuraya-Styleのパラコード。外装がポリエステル製で内芯がナイロン製なので、加工がしやすい上に頑丈な550パラコードとなっています。防災グッズとしてのパラコードブレスレットですから、お洒落さだけではなく、高い強度も欲しいところですよね。その点、どちらのニーズにも応えた高品質なパラコードとなっています。

カラーの豊富さから、ブレスレットだけではなく犬の首輪からコップの装飾まで、用途に合わせたい色がきっと見つかるでしょう。配色の組み合わせの多さから、他の人と被らないパラコードブレスレットを作ることが出来るのも、魅力の一つですね。アクセサリー用のパラコードを探していて、お気に入りの色が見つからない方におすすめのパラコードです。

マドンナ-パラコード (1,280円)

家族でお揃いのパラコードブレスレット

120種類のカラーバリエーションを持ち、内芯が7本通されている550パラコードです。外装に合わせ、内芯もポリエステル製で作られているため、雨に濡れてしまってもすぐに乾いて着用時の不快感も少ないのが、マドンナのパラコードのメリット。せっかくのパラコードブレスレットがカビてしまっては見た目も台無しになってしまいますよね。その点マドンナのパラコードは虫やカビに強い為、長く使用することが出来ます。

アクセサリー作りとしては30mと長めになっていますが、それがマドンナのパラコードにおいては一つの利点となります。マドンナでは完全オリジナルの独特なカラーが販売されています。そのため、これだと思ったカラーを長めに買い、お揃いのブレスレットを作ることや、様々な種類のアクセサリーのカラーを統一することができますよ。同じ色で複数のブレスレットを作成してみたい方は、マドンナのパラコードを選ぶのがおすすめです。

ROTHCO-ROTHCOパラコードブレスレット (780円)

今すぐパラコードブレスレットが欲しい方向け

ROTHCOパラコードブレスレットは既に完成された状態で販売されており、自分で一から作る必要がありません。サイズは子供用のSサイズから、成人用のMサイズとLサイズの3種類から選ぶことができます。カラーは22種類が用意されており、性別や年齢を問わずファッショナブルに身に着けることが出来ます。

強度もしっかりと250kgの耐荷重を持ち、緊急用のロープとしての機能も十分に果たします。ROTHCOのパラコードブレスレットを購入すれば、届いたその日からパラコードブレスレットを身に着けることが出来ます。パラコードブレスレットを求めていて、自分で作るのは面倒な方におすすめ。

Ueasy-Ueasyパラコード 100m (1,480円)

珍しいグラデーションカラーのパラコード

Ueasyのパラコードは耐荷重250kgのナイロン製パラコードです。他社のパラコードには見られないグラデーションカラーをしており、工夫次第でとても美しいパラコードアクセサリーを作ることが出来ますよ。ナイロン製なので伸びにくく、型崩れしにくいのもポイント。

アクセサリー用としては耐荷重250kgと強度が高く、長さも100mと大容量となっています。箇所によって色が違うため、切り取る場所によって完成するアクセサリーも変わってくるという楽しみ方もできますよね。アクセサリー作りに余っても、高い強度を利用して、アウトドアシーンで活躍させることも可能です。今までのものとは一味違うパラコードアクセサリーを作ってみたい方におすすめです。

アクセサリー作りでおすすめのパラコードの比較表

商品画像
ブランドKuraya-StyleマドンナROTHCOUeasy
商品名パラコード550パラコードROTHCOパラコードブレスレットUeasyパラコード 100m
価格330円1,280円780円1,480円
特徴豊富なカラーが魅力の550パラコード家族でお揃いのパラコードブレスレット今すぐパラコードブレスレットが欲しい方向け珍しいグラデーションカラーのパラコード
サイズ全長:10m
太さ:4mm
全長:30m
太さ:4mm
内径17.5~22.5×幅1.8cm全長:100m
太さ:4mm
素材ナイロン・ポリエステルポリエステルポリエステルナイロン

アウトドアでおすすめのパラコード

Youriad-Youriadパラコード (998円)

ポリプロピレン製の水に強いパラコード

Youriadのパラコードは30mの長さがあり、5芯から9芯を用途に応じて好きな本数を選ぶことが出来ます。基本的に、パラコードは水に強い道具ではありません。しかし、Youriadのパラコードはポリプロピレン製で作られており、水辺での使用が可能なパラコードとなっています。水に浮く性質により、雨天時や湖での使用など、パラコードの用途の幅をぐっと広げることが出来ます。

また、素材の安さからパラコード自体も安く求められるようになっており、コストパフォーマンスの面からもおすすめ出来るパラコードとなっています。ポリプロピレンは紫外線にも強いため、長時間野外で使用できる点もメリットの一つ。湖畔や川辺でのキャンプを考えている方におすすめ出来るパラコードです。

ATWOOD-ATWOOD ROPE 7Strand(反射材入り) (3,080円)

織り込まれた反射材で夜間の活動も安全に

ロープの専門メーカーATWOODの提供する550パラコードです。名前の通り7本の芯が通されており、ナイロン素材で作られています。一本あれば高い強度でアウトドアシーンでもしっかりと活躍してくれるでしょう。長さは30mあり、カラーは9種類。どのパラコードもシンプルで人を選ばないデザインとなっています。

キャンプでは夜間パラコードに足を引っかけてしまい、怪我をするという事故が少なくありません。その点、ランプやキャンプファイヤーの光を反射し、視認性を高めてくれるため、夜間での事故を未然に防いでくれますよ。ATWOODには、より安価な反射材無しのパラコードも販売されています。しかし、夜間のアウトドアではロープの視認性がとても重要になってきます。ですから、泊りがけのキャンプなど、夜間での使用も検討されている方はATWOOD ROPE 7Strandを選ぶと良いでしょう。

DALACA-DALACA 反射材入りパラコード自在金具付き (2,000円)

便利な裁断済みパラコード6本組

国内企業DARACAが自社開発した、ポリエステル製のパラコードです。長さ4mのパラコードが6本組になっており、それぞれに反射材が織り込まれています。パラコードの長さとテンションを調整する自在金具と、他の道具も同時に持ち運ぶことの出来る大容量の収納袋も付属。DALACAのパラコード一つでキャンプやタープ設営での一連の作業をスムーズにこなすことが出来ます。

一般的なヘキサタープやレクタタープなら、長さ4mのパラコードで十分にガイロープとしての役割を果たすことが出来ます。特に、ガイロープに合う長さに切り分けたり、両端を熱加工する必要はありません。ですから、パラコードの加工方法や種類を知らない初心者の方にも一押しのパラコードとなっています。

Cherrly-Cheerlyパラコード反射材入り(4,274円)

内芯9本の反射材入りパラコードでアウトドアに安心を

裁断済みの4mパラコード6本入りなので、購入後そのままアウトドアに持ち込んで、すぐにでもキャンプなどに使うことが出来ます。反射材は通常の倍の2本織り込まれていて、視認性がとても高くなっています。収納袋もついていて、持ち運びもとっても快適。

このパラコードの特筆すべき点は太さ5mmで9本の内芯です。内心一本一本が3本の合成繊維のより糸からなっていて、320kgの耐荷重を持っています。これだけ高い強度があれば、怪我や事故を防ぐ防災グッズとしても安心ですよね。本格的なアウトドアでの運用を考えている方や、内芯7本では不安が残るという方に、おすすめしたいパラコードです。

TOUGH-GRID TOUGH-GRID 750ポンド ミルスペックパラコード(2,860円)

米軍でも使われる最高ランクの軍用グレードパラコード

アメリカの私企業TOUGH-GRIDの販売するTOUGH-GRIDパラコードの魅力は、なんといってもその強度にあります。ナイロン糸を3本より合わせて作った内芯を11本内包。外装は2本のナイロン製のより糸で作られた耐摩耗性コードを編み込むことで作られています。文句無しに、あらゆるパラコードの中で最高クラスの強度を持っています。

また、一般使用される商用グレードではなく、ミルスペックという米国国防総省によって定められた規定をクリアした軍用グレードで、耐荷重は340kgを誇ります。使用時の強度もさることながら、長く使い続けられるという意味でも頑丈なパラコードです。その為、長い目で見た時のコストパフォーマンスも高くなっています。また、常時携帯する形で使うのではなく、キャンプ用ロープや、荷物を結ぶなど、固定する形で使用すれば、その高い強度を発揮してくれるでしょう。取り回しの良さは二の次で、ともかく頑丈なパラコードを求めている方におすすめしたいパラコードです。

ROTHCO-パラコード ロイヤルブルー(305m)(10,120円)

良品をまとめ買いするならこのパラコード

ROTHCOパラコード ロイヤルブルーの特徴はその長さにあり、約305mが1セットとなっています。パラコードに慣れてきたら、キャンプのたびに購入するのは少し手間がかかりますよね。その点ROTHCOパラコード ロイヤルブルーは約305mを一度に購入することが出来るため、パラコードの使い方に習熟されている方のまとめ買いにおすすめ出来るパラコードになっています。

ROTHCOパラコード ロイヤルブルーは外装も内芯もナイロン素材で作られた高級品。その上550パラコードとなっており、強度もしっかりと250kgの耐荷重を持ちます。パラコードのまとめ買いに加えて、品質にもこだわりたい方にぴったりのパラコードです。

DD-HAMMOCKS-DD HAMMOCKS パラコード(1,890円)

タープ用ロープに最適なパラコード

キャンプ用品を広く手掛けるDD HAMMOCKSのパラコードです。太さは4mmで長さは25mと、アウトドアシーンで使用されるパラコードとして高い性能を持ちます。DD HAMMOCKSのタープには、タープ設営に必要な屋根線が付属しておらず、パラコードを一緒に購入される方も多いです。

タープ設営のために開発されたのがDD HAMMOCKS パラコードです。雨天の多い日本のアウトドアでは、風雨をしのぐタープを使用する機会が多くありますよね。タープを使用する予定のある方は、タープ用ロープに適任なDD HAMMOCKSのパラコードを選ぶと良いでしょう。

アウトドアでおすすめのパラコードの比較表

商品画像
ブランドYouriadATWOODDALACACherrlyTOUGH-GRIDROTHCODD
商品名YouriadパラコードATWOOD ROPE 7Strand(反射材入り)DALACA 反射材入りパラコード自在金具付きCheerlyパラコード反射材入りTOUGH-GRID 750ポンド ミルスペックパラコードパラコード ロイヤルブルー(305m)HAMMOCKS-DD HAMMOCKS パラコード
価格998円3,080円2,000円4,274円2,860円10,120円1,890円
特徴ポリプロピレン製の水に強いパラコード織り込まれた反射材で夜間の活動も安全に便利な裁断済みパラコード6本組内芯9本の反射材入りパラコードでアウトドアに安心を米軍でも使われる最高ランクの軍用グレードパラコード良品をまとめ買いするならこのパラコードタープ用ロープに最適なパラコード
サイズ全長:30m
太さ:3~4mm
全長:30m
太さ:4mm
全長:4m
太さ:5mm
全長:24m
太さ:5mm
全長:30m全長:305m
太さ:4mm
全長:25m
太さ:4mm
素材ポリプロピレン・ポリエステルナイロンポリエステル ポリエステル・反射糸ナイロンナイロン

まとめ

バランスの取れたパラコードがおすすめ

パラコードを使い始めるなら、柔軟性を保ちつつ優れた強度を持った、商用パラコード最高ランクの550パラコードをおすすめします。そもそもパラコードの強みは、その高い汎用性にあります。頑丈で、かつ軽く柔軟。どこでも何にでも目的に応じて形を変えます。ですから、高い汎用性という強みをバランス良く持ったパラコードを選ぶ必要があります。例えばあまりに強度の高いパラコードを選択してしまうと、重量によって運用が限定されてしまいます。何か明確な目的があるなら用途に合わせて硬さや素材に特徴のあるパラコードを選んでみるのも良いかもしれません。ただ、広く使うことの出来る道具としてパラコードを選ぶなら、性能のバランスを基準にしてみてください。きっと快適なアウトドアを支える強い味方になってくれます。今回は、用途やメーカー別に、おすすめのパラコードを紹介してきました。是非目的に合ったパラコードを手に入れ、アウトドアを更に楽しいものにしてみてください。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*