おすすめのコーヒー焙煎機人気ランキング!【カルディも】

コーヒー好きなら新鮮な生豆を使って、自分好みの焙煎に仕上げたコーヒーを味わってみたいと願うもの。なかには、自家焙煎に挑戦してみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。そこでおすすめなのが、コーヒー焙煎器です。コーヒー焙煎器を使えば新鮮な風味と味わいを閉じ込めた、本格的な自家焙煎コーヒーをいつでも楽しむことができますよ。今回はコーヒー焙煎機の種類や特徴について、詳しくご紹介します。

コーヒー焙煎機の特徴

自宅で手軽にコーヒー生豆を焙煎できる

生豆の状態から自分好みの煎り具合にコーヒー豆を焙煎する器具のことを、コーヒー焙煎機といいます。コーヒー焙煎機を使えば好みの産地のコーヒー豆を、自分好みに焙煎して楽しむことができます。コーヒー焙煎機は手で振って行う手動式のアナログなものから、スイッチ一つで理想的な焙煎を叶える完全自動式のものまで多種多様に展開されています。

好きな時に焙煎できるのでもっとも美味しい状態でコーヒーを楽しめる

焙煎後のコーヒー豆は生豆に比べて鮮度が落ちやすく、時間が経つにつれて酸化が進むため、良好な状態を長く保つことができません。焙煎直後の新鮮な状態から、味も風味もどんどん失われてしまいます。コーヒー焙煎器を使って必要な時に必要な量だけ生豆を焙煎すれば、いつでの新鮮な味わいの風味豊かなコーヒーを楽しむことができますよ。もっとも美味しい状態で楽しめる自分好みのコーヒーは、一度口にすると忘れられない味わいです。

コーヒー焙煎機の種類

ガス式

自分好みに焙煎できる

Amazon

ガス式コーヒー焙煎器のメリットは、自分で火力や煎り具合を自由にコントロールできることです。自家焙煎の醍醐味を最大限味わえるうえ、自分好みの焙煎をとことん追求することができます。ただし、火加減や熱源までの距離によって煎りムラができやすく、慣れるまでは安定した焙煎を行うのが大変難しい方法といえます。また、安全装置付きの家庭用ガスコンロでは使用できないため、カセットガスコンロやガストーチ、アルコールランプなどを使う必要があります。

ガス式は焙煎中に煙やチャフが出やすいため、室内よりもアウトドアでの焙煎が理想的です。使用する熱源や焙煎を行う環境によって仕上がりが大きく変化するため、コーヒーの味や風味の違いを思う存分楽しむことができますよ。自分好みの究極のコーヒーを極めたい方や、好奇心旺盛なコーヒー好きの方にぴったりの焙煎器です。

電気式

安定した焙煎が可能

電気式は煎り時間を設定してスイッチを入れるだけで、機械が自動的に焙煎を行います。初心者でも難しさを感じることなく、安定した焙煎具合に仕上がりますよ。熱を加えて焙煎するだけのシンプルな仕組みのものからハイテク機能が搭載されたものまで、幅広い展開が魅力。機能や仕様によって価格が大きく異なるため、予算が限られている場合は注意が必要です。

電気式は手軽に焙煎できるぶん、自分で豆の煎り具合を確認したり作動中に火加減を調整したりすることができません。そのためオール手作業による焙煎と比べると、自家焙煎の醍醐味はだいぶ薄れてしまいます。また、日本製のものよりも海外製のものが多いので、説明書の言語や電源の違いなどを購入前によく確認しましょう。

ガス式+電気式

ガス式と電気式の良いとこどり

ガスコンロの上にコーヒー焙煎機を設置して電気で豆を回転させる、ガス式と電気式の良いとこを合わせた仕様のものが、ガス式+電気式です。コーヒー豆を自動回転させるため煎りムラなく仕上がるうえ、手への負担も最小限で済みますよ。火加減は自分好みに調節できるので、手軽さと自家焙煎の醍醐味の両方を叶えることができます。

ガス式+電気式のデメリットは、電気式と同じく日本製の製品が圧倒的に少ないことです。電源プラグが日本のものに対応していなければ、別途変圧器が必要になることも。また説明書が日本語対応になっていなかったり、トラブル時の補償に対応していないことも多いので注意が必要です。事前に販売サイトや口コミサイトなどをよく確認して、購入を決めるようにしましょう。

コーヒー焙煎機の選び方

焙煎方法で選ぶ

手動式は手持ちタイプと据え置きタイプがある

手動式のコーヒー焙煎機は、主に2つのタイプで展開されています。1つは火の上で手で焙煎機を振ってローストする手持ちタイプ。もう一つは、ドラム型チャンバーを手動で回転させながらローストする、据え置きタイプです。手持ちタイプは火との距離が安定しなかったり、振るタイミングを間違えたりすると煎りムラができてしまうことも。慣れないうちは思い通りの焙煎が叶わないため、初心者には少しハードルが高い器具といえるでしょう。据え置きタイプは、火との距離をほぼ一定に保つことができるので、煎りムラを最小限に留めることができます。見た目もレトロでおしゃれなものが多いので、使っていない間はインテリアとしても楽しめますよ。

電動式なら手間いらずで豆の変化の見極めに集中できる

電動式のコーヒー焙煎機は、熱源の上に生豆の入った容器をセットしてスイッチを押せば、一定の速度でドラム式チャンバーが回転します。手で振ったり回転させたりしなくても、自動でローストできるため手間いらず。コーヒー豆の色の変化や焙煎具合を確認することだけに集中できるので、火力調整や煎り時間をより的確に調整することができますよ。

本格的な焙煎を手軽に楽しむなら自動式

自動式のコーヒー焙煎機はスイッチ一つで機械が自動調整して焙煎してくれるので、セットから後片付けまでもっとも手間がかかりません。全自動なので失敗がなく、いつでも安定した仕上がりの美味しい自家焙煎コーヒーを楽しむことができますよ。チャフの処理機能や消煙機能、冷却機能など多機能に搭載されているモデルも多く、そのぶん価格設定は高くなる傾向にあります。

付加機能で選ぶ

アフターバーナー付きなら煙やにおいを気にせず焙煎できる

家庭で行うコーヒー焙煎時に困ることといえば、煙の問題ですよね。特に煙探知機などが装備されていると、室内で焙煎を行うこと自体が難しくなります。焙煎時に生じる煙を抑えるアフターバーナー機能が搭載されているモデルなら、悩ましい煙をカットし、快適な焙煎を叶えてくれますよ。

チャフトレー付きならカスが出ても安心

焙煎が進むにつれて、チャフと呼ばれる生豆のカスが出てきます。チャフは飛び散りやすいので、焙煎後の後片付けが大変です。チャフトレーやチャフコンテナがあらかじめ搭載されているモデルや、チャフが飛散しにくいよう設計されているモデルなら、チャフの処理に悩まされることなく後片付けも楽。焙煎機のお手入れも簡単に済ませられるので、考慮に入れると良いでしょう。

焙煎量で選ぶ

150g以下の少量タイプなら焙煎ムラが少ない

家庭用コーヒー焙煎機は、生豆の状態で約50~500g程度を一度に焙煎することができます。平均して200gを上限としているモデルが多いですが、最大焙煎量の50~80%程度で焙煎する方が、より煎りムラなく安定した仕上がりになりますよ。あまりにも少量でしか焙煎できないと、頻繁に焙煎しなければならないため手間がかかります。1日に消費する量や焙煎後どの程度保存するのかによって、焙煎量を検討すると良いでしょう。

一度に200g以上焙煎できるものなら焙煎回数を少なくできる

一度に200g以上焙煎できるモデルなら、焙煎回数を少なくすることができるうえ、焙煎機のお手入れの手間も省くことができます。さらに連続焙煎できるモデルだと、より多くのコーヒー豆を時間を置かず立て続けに焙煎することが可能。たくさんのコーヒー豆を焙煎したいなら、焙煎量や連続焙煎の有無に注目して選ぶと良いでしょう。

コーヒー焙煎機のおすすめブランド・メーカー

ハリオ

高品質な日本製耐熱ガラス

コーヒーに関する製品を数多く手がけている、国産ブランドです。特に耐熱ガラスメーカーとして有名で、ハリオの耐熱ガラスはすべて日本で唯一の耐熱ガラス工場で生産される国産品。コーヒー焙煎機にも自慢の耐熱ガラスが採用され、軽量で透明度が高い、高品質製品として高く評価されています。

ライソン

ジェネリック家電製品大賞に輝いた実力派

誰でも手軽に簡単に、暮らしを豊かにする製品を展開。ライソンのコーヒー焙煎機は、そのまま飾ってもサマになるおしゃれなデザインが特徴です。さらに高い性能と使い勝手の良さで、ジェネリック家電製品大賞に輝いた実力派。スイッチ一つでハイクオリティな仕上がりの焙煎を叶えます。

カルディ

コーヒー専門店が展開するすぐに始められる焙煎キット

コーヒーと輸入食材で有名なカルディは、コーヒー関連器具もたくさん取り扱っています。ラインナップされているコーヒー焙煎機はキットになっているので、本格的な焙煎をすぐに楽しむことができますよ。日本語に対応した説明書や取り扱い動画も紹介されているので、初心者でも安心してコーヒー焙煎を始められます。

発明工房

考えられた形状の手振りタイプの焙煎機

自分好みの焙煎を楽しめる、手煎り焙煎機を展開。シンプルで軽量な独特の形状で、使い勝手の良さが高く評価されています。オンラインサイトでは生豆と焙煎機とのセット販売もされており、すぐに焙煎を始めたい方や、コーヒー好きな方へのギフトにも最適。

おすすめ&人気のコーヒー焙煎機ランキング

手動式でおすすめのコーヒー焙煎機

発明工房-コーヒー豆焙煎器 煎り上手 (5,720円)

考え抜かれた形状で手軽に快適な焙煎を楽しめる

底面に突起があり、左右に振るだけで生豆を回転させ、煎りムラのない焙煎が楽しめます。また絶妙に配置された空気穴が、焙煎器内部を最適な温度に保ちます。火の上で3~5分振るだけで、手軽に本格的な焙煎を楽しめますよ。

シンプルな構造で丸洗いできるため、お手入れしやすいのも高評価ポイント。チャフが飛び散らない設計で、ガスコンロを汚すことなく快適に使用できます。本体重量240gとかなり軽量なので手への負担が少なく、女性にもおすすめです。

ハリオ-コーヒーロースター レトロ RCR-50 (22,198円)

少量ずつ焙煎する特別な時間

アルコールランプで焙煎する、レトロさが魅力。生豆の状態で約50g焙煎することができます。ロースター部分が耐熱ガラスでできているため、煎り加減を目で確認しながら焙煎できますよ。

レトロという商品名の通り、レトロでおしゃれなビジュアル。多くの生豆を一度に焙煎することはできませんが、その分本体サイズも小さく場所を取りません。ゆったりとコーヒーを焙煎する、特別な時間を楽しむことができますよ。

コッタ-コーヒーロースター (10,800円)

機能性とデザイン性両方を兼ね備えたコーヒーロースター

直火タイプのコーヒー焙煎機です。ロースターを設置する器具の向きを変えるだけで、火への近さを2段階で調節することが可能。ロースターの中にはフィンガ内蔵されているので、生豆をまんべんなく回転させ火を通すことができますよ。

焙煎後は色ムラや焼きムラが少なく、ほぼ均一に仕上げることができます。初心者から焙煎にこだわりのある方まで、自分好みの理想的な焙煎を楽しむことができますよ。出しっぱなしにしておいても見栄えするデザインで、インテリアにも映えますね。

高儀-カフェパン (837円)

小型タイプの焙煎機は持ち運びもラクラク

本体重量131gと超軽量で、少量での焙煎に最適。蓋付きで豆の飛び出しを防いでくれるほか、チャフ落ちも気にせず焙煎できますよ。蓋は網目になっているので、煎り具合を常に確認しながら焙煎できます。

食洗機対応で、お手入れもラクラク。小型で軽量なので、アウトドアに持って行く際も負担になりません。少量ずつ楽しみながら焙煎したい方におすすめの品です。

遠藤商事-丸型ギンナン煎り (2,444円)

アウトドアでも楽しめるシンプルな形状

生豆を約200g焙煎することができます。常に手で振りながら火に当てるので、本体重量270gと比較的軽量なのも嬉しいポイント。コーヒー豆以外にも、ギンナンはもちろん殻付きナッツなどもローストすることができますよ。

長い取っ手は木材でできているため、熱が伝わりにくく火の上でも安心して焙煎できますよ。チャフが網目から出てくるので、ガスコンロの上などで焙煎する場合は注意が必要です。アウトドアのお楽しみとして、炭火の上で焙煎しても面白い仕上がりになるでしょう。

電動式でおすすめのコーヒー焙煎機

ボボ-コーヒーロースター (7,888円)

初めて電動式を取り入れる方におすすめのスペック

熱源はガス火、ドラムの回転は電動で行うタイプの焙煎機です。生豆を入れるドラムはステンレス製なので、耐久性に優れ長く使用できますよ。チャフトレイが付属されるので、焙煎時に出てくるチャフの処理や後片付けも簡単。小型でシンプルな設計なので、キッチンにあまり余裕がない方でも気軽に設置できますよ。

最大200gの生豆を一度に焙煎することができます。電動でドラムが回転するため、手動式に比べて煎りムラなく均一な焙煎が可能。ドラムに取り付けられた小窓から豆の様子を確認できるのも、嬉しいポイントです。

カルディ-コーヒーロースター 電動フールセット (48,760円)

静音設計で時間を気にせず焙煎を楽しめる

一度に焙煎できる最大量は250g。温度計、ホッパー、サンプラー、チャフコレクターと焙煎に必要なものがすべてキットになっているので、すぐに自家焙煎を始めることができますよ。日本語マニュアルも付属され、使用方法は動画でも確認できます。

ドラム部分には耐久性に優れたステンレスを採用し、斜めに傾けて設計されています。初心者でも煎りムラが少なく均一に焙煎できますよ。また、焙煎時に生じる騒音を物理的に軽減する静音設計。賃貸で騒音が気になる場合や夜中の焙煎も、音を気にすることなく安心して行うことができます。

カルディ-コーヒーロースター ミニサイズ (39,500円)

コンパクトでシンプルな使い勝手の良さが魅力

電動フルールセットを簡略化したコンパクトタイプです。チャフコレクター以外の温度計、サンプラー、ホッパーが搭載され、不足なく自家焙煎を楽しめますよ。コンパクトながら生豆を一度に250g焙煎することができます。場所を取らずコストパフォーマンスに優れた製品です。

火加減にさえ注意していれば、本格的な焙煎を手軽に楽しむことができます。シンプルながら焙煎に必要な機能はすべて搭載され、初心者から焙煎にこだわりのある方まで便利に使用できますよ。手動式からのステップアップとしてもおすすめです。

自動式でおすすめのコーヒー焙煎機

ダイニチ-コーヒー豆焙煎機 (85,800円)

日本製のハイスペック仕様

貴重な日本製のコーヒー焙煎機です。1回の焙煎量は120gですが、連続焙煎可能なのでたくさん焙煎したい時も安心。丁寧に書かれた説明書と簡単操作、ハイレベルな仕上がりと、日本製らしいハイスペック仕様です。海外製品が苦手な方や、アフターサービスが充実している焙煎機を求めている方におすすめです。

コーヒー豆の内側も外側もムラなく均一に焙煎できるよう、熱を上下から加えるダブル焙煎方式を採用。豆の温度をセンサーで監視し、バラつきがない均一な仕上がりを実現します。自動冷却機能搭載で余分な熱が入らず、豆にしっかり風味を封じ込めた仕上がりに。12段階で焙煎加減を設定できるので、浅煎りから深入りまでコーヒー豆に適した本格的な焙煎を楽しめますよ。

ライソン-コーヒー焙煎機 KLRT-001B (19,780円)

全自動で本格焙煎を楽しめるハイスペックモデル

温度と風量を自動で調節してくれるので、煎りムラのない高精度な仕上がりを叶えます。さらに中煎り、深入りの2種類の焙煎モードが搭載され、豆の種類や好みに合わせて選択できますよ。一度に焙煎できる量は40~60gと少なめなので、鮮度を重視したい方や少量ずつ焙煎したい方におすすめ。

焙煎が完了すると、熱が入りすぎないよう自動冷却機能まで搭載されたハイスペック仕様。技術や経験がまったくなくても、プロが焙煎したような本格的な仕上がりを満喫できますよ。スイッチ一つで、手軽に本格的なコーヒー焙煎を楽しむことができます。

アイコーヒー-コーヒーロースター (64,270円)

アフターバーナー機能搭載のレトロなビジュアル

9段階の焙煎ダイヤルを搭載し、誰でも簡単にお好みの焙煎具合に仕上げられます。最大150gの生豆を一度に焙煎可能。また焙煎中に生じる煙を80~90%カットする、アフターバーナー機能を搭載。焙煎中の煙にお悩みの方に、かなりおすすめのモデルです。

ドーム型のガラス蓋から焙煎状態を確認できるので、視覚でも焙煎を楽しめますよ。稼働中は蓋にロックがかかるので、安全面の配慮も抜群。レトロな木目調のビジュアルで、稼働させていない時もインテリアとして映えるデザインです。

ジェネカフェ-自動焙煎機 CBR-101A (81,270円)

完成度の高い焙煎を楽しめる家庭用焙煎機

回転式ドラムは最先端の3D回転方式を採用し、煎りムラなく完成度の高い焙煎を実現。焙煎ドラムが耐熱ガラスでできているので、コーヒー豆の状態を確認しやすい仕様です。ドラム部分は取り外し可能なうえ、チャフコレクターも付属しているのでお手入れも簡単。一度に焙煎できる量は250gです。

内蔵ヒーターの温度調整、風量、ドラムの回転スピードのすべてがコンピューター管理されています。生豆をセットするだけでコーヒーの深い味わいと、芳醇な香りを自動で最大限引き出してくれますよ。美味しい自家焙煎コーヒーを手軽にとことん楽しみたい方に、ぜひ検討していただきたいモデルです。

YZHDQ-電動焙煎機 (10,599円)

コストパフォーマンスに優れたお手頃価格のコーヒー焙煎機

ホットプレートのような形状ですが、プレート部分にコーヒー豆を攪拌させるレバーがついています。豆に均一に熱を入れ、ムラのない仕上がりに。コンパクトな見た目ですが一度に焙煎できる量は500gと、かなり大量に焙煎できますよ。

蓋付なのでチャフが舞い上がらず、お手入れも簡単。コーヒーの他にもナッツをローストしたり、ポップコーンを作ったりすることもできますよ。自動式のコーヒー焙煎機としてはかなりお手頃価格で手に入るため、コストパフォーマンスに優れた製品を求めている方におすすめです。

まとめ

いつでも新鮮な味わいを楽しめるコーヒー焙煎機がおすすめ

コーヒー焙煎機を使えば新鮮な味と風味を感じられる、自分好みのコーヒーをいつでも気軽に楽しむことができます。焙煎に不慣れな方でも、スイッチ一つで理想的な仕上がりになる全自動モデルも展開されています。ぜひ自分にぴったりのコーヒー焙煎機を使って、自家焙煎を楽しんでくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*