おすすめの収納ベッド&跳ね上げベッドランキング!【人気の無印やikeaも】

このエントリーをはてなブックマークに追加

住まいについて、多くの人が頭を悩ませるのが収納スペースの問題ですよね。一人暮らしの狭い部屋ではいかに上手に収納するかが快適な生活の分かれ道になりますし、家族が増えたら増えたで物も増えるので収納スペースの確保は必須。収納の工夫は様々ありますが、空間の有効活用として、ベッド下の空間を収納に利用するのも効果的な手段です。そこで役立つのが収納付きのベッド。収納付きのベッドを選ぶ際にチェックするポイントは、大きく分けるとその容量と使い勝手です。プラスして湿気対策も重視したいですが、それはベッドの選び方にも関係してきますよ。ニトリ・IKEA・無印良品など主要ブランドの特長を紹介しつつ、ロフトタイプやチェストベッド、跳ね上げ式など、おすすめの商品もピックアップしてお伝えします。どうぞ購入の際の参考にしてくださいね。



収納付きベッドとは?

床板の下の空間を有効利用できるベッド

ベッドは広いスペースを占める家具ですが、その下の空間を利用することで、たっぷりとした収納スペースに変えることができます。ベッド下にそのための空間を確保したものや引き出し・ボックスなどの収納機能を備えたものが、収納ベッドです。

寝心地と収納機能のバランスが大切

ベッド下に収納空間を設けるため、普通のベッドに比べて床板の位置が高めです。寝心地の良いベッドはある程度マットレスに厚みが必要ですが、床板の位置などベッドの構造の関係でぴったり合わないこともあります。収納付きベッドは収納としての容量や出し入れのしやすさに加え、本来のベッドとしての機能の両方のバランスを考慮したいですね。

収納付きベッドの種類

フリースペース型

ベッド下の空間が広く空いていて、自由に使えるタイプのものです。ハイタイプのベッドやロフトベッドなどがこれに当たります。ローチェストや収納ボックスなど他の収納ツールと組み合わせて、収納スペースに変えることができます。例えばシングルベッドだと、標準的な床板のサイズは大体100×150cm、タタミ一畳分くらい。この下のスペースをデッドスペースのままにしておくか収納スペースにするかで、部屋の片付き方は大分変わりそうな気がしませんか?

ハイタイプのベッドなら、一般的な衣装ケースや押し入れ収納ボックスの高さが20~30cmくらいですから、サイズをチェックしてぴったりはまるものを選びたいですね。ロフトベッドはパイプハンガーやカラーボックス、デスクなど組み合わせるものの自由度が高く、ベッド下空間をかなり有効に使えるので、一人暮らしや子ども部屋に特におすすめです。

引き出し付きベッド

ベッド下に引き出しを取り付けた簡単なものと、引き出し部分がボックスとして独立していていわばタンスの上に寝台が載っているような構造のチェストベッドがあります。出し入れが簡単なので日常的に使う物をしまう収納におすすめです。ただし引き出すスペースが必要なので、部屋の広さも考慮して下さいね。

ベッド下に引き出しが2杯付属したタイプのものは、ベッド本来の役割である寝心地に重きを置いていますので、収納に関しては補助的な機能と考えておきましょう。収納目的で購入するなら、チェストベッドがおすすめです。容量もけた違いですし、後で触れますが、ほこりや湿気の防止にも優れています。

跳ね上げ式ベッド

ベッドの下がすべて収納スペースとなっていて、ベッドの床板を上に跳ね上げて物を出し入れするタイプです。収納の容量が抜群で、大容量タイプだと二畳分くらいを占める量の収納ができるものもあります。収納機能を重視するならこちらが最もおすすめ。ボックスを引き出すスペースも不要なので、狭い部屋におすすめです。

ほとんどすべての製品はガス圧ダンパーが装備されていて、力いらずでマットレスごと床板を持ち上げられます。ベッド下の大きなスペースがそのまま収納庫になりますので、大型のものやかさばるもの、長いものなども楽々収納できます。その代わり、細々したものは別途ケースなどで整理しておかないと後で大変。また、頻繁な出し入れには向きません。たまにしか使わないものや季節ものの収納がおすすめです。

収納付きベッドの選び方

容量で選ぶ

大容量の跳ね上げ式

跳ね上げ式ベッドはベッド下のスペースをすべて収納として使えるので、容量重視なら文句なしにこちらがおすすめです。収納するものの大きさや形を選びませんが、その分ごちゃごちゃしやすいので、適宜小分けのケースやボックスを使って整理しましょう。また、日常使用するものよりはシーズンものやたまに使用するものの収納に向いています。

チェストベッドも大量収納できる

ベッドの下がローチェストになっているチェストベッドも、たっぷり収納できる優れものです。チェストが二段になっているものもありますし、引き出しなので日常使いのものの出し入れも簡単。一人暮らしなら、二段収納のチェストベッドで衣類をほぼすべて収納できるほどの頼もしさです。

メンテナンスのしやすさで選ぶ

湿気を除きやすい跳ね上げ式

湿気やほこりが溜まりやすいベッド下、ケアのしやすさも大事なポイントです。ベッドの湿気が最も溜まる箇所は実はマットレスなので、収納物に湿気を移さないコツはその除湿。跳ね上げ式は、床板を上げることでマットを虫干しし、湿気を発散させることもできます。勿論、ベッド下のスペースが吹き抜けで厚いマットレスを使わないパイプ式のハイベッドなら、湿気が溜まりにくくこまめなメンテナンスも不要となります。

チェストベッドなら湿気もほこりも入りにくい

引き出し付きベッドを使いたいのなら、チェストベッドがおすすめです。チェスト部分が独立していて引き出しの周囲が板で囲われているので、上からの湿気も移りませんし、下や周囲からほこりも入ってきません。下着やタオルなど直接肌に触れるものを収納しても安心です。

使い勝手で選ぶ

頻繁に利用するなら引き出し式

日常的に使用するものなら、引き出し式がおすすめです。ベッドに直接引き出しが付いているタイプなら、本やCD・DVD、子どものおもちゃなど、外に直接置いても大丈夫なものを収納するのがいいでしょう。チェストベッドなら、湿気やほこりから守りたい衣類などにも安心です。

一人暮らしの方のための省スペース

広いスペースが取れず収納の工夫がより必要になる一人暮らしの部屋。収納ボックスを引き出すスペースが要らない跳ね上げ式は、狭い部屋でも出し入れの問題がありません。また特に引き出し数の多いタイプのチェストベッドなら、一人暮らし方の収納量をほぼカバーしてくれます。

収納付きベッドの人気ブランド

ニトリ

リーズナブルな家具の代表ブランド

「お、ねだん以上。」のキャッチフレーズで知られる住まいの総合ブランド、ニトリ。ベッド周りで言えば、ベッドフレームからマットレス、布団などの寝具、カバーなどのファブリックアイテムまで、幅広くニトリで揃えることも可能です。

種類豊富でお求めやすい価格帯

引き出し付きベッドから跳ね上げ式、ロフトタイプなど、収納ベッドの各種類をトータルで取り扱っています。マットレスは別売りのベッドフレーム販売ですが、1万円台から6万円台程度の購入しやすい価格帯で揃っているのが嬉しいポイント。収納ベッドを購入する時、まず検討してみたいブランドです。

IKEA

北欧で生まれた世界のイケアスタイル

1943年にスウェーデンで生まれた家具の専門店・IKEA。その特徴は、企画・製造・販売をトータルで扱うイケアスタイルです。製品もパッケージも徹底的に無駄を省き、世界各国のIKEA店舗から高品質低価格の製品を届けています。

組み立てと組み合わせで多彩なベッド収納を実現

IKEAの収納ベッドは基本的にベッド下に引き出しをプラスするタイプ。ベッドフレームには、ソファ・シングル・ダブル・収納の1台4役を兼ねるものや、収納ボックスやアンダーベッドなど他のモジュールを組み合わせて多彩に展開できるタイプもあります。3万円台が中心なので、リーズナブルに手に入れたい場合はこちらもおすすめ。

無印良品

無駄のないシンプルな良品

無印良品が提供するプロダクトは、合理性を追求した生産プロセスによる、無駄のない良質の製品ばかり。デザインもラインナップもシンプル、機能も必要不可欠なものに絞り、すっきりと使いやすいのが特徴です。

「収納」に焦点を絞った収納ベッド

無印良品の収納ベッドは、収納ボックスそのものでマットレスを支える構造を採用することで、より多くの収納スペースを確保することに成功。手前を引き出し、奥側を上から収納するオープンスペースにすることで、引き出し付きベッドと跳ね上げ式ベッドのメリットを両立させました。価格も3万円台と手頃なので、特に一人暮らしの人におすすめしたいベッドです。

シモンズ

睡眠科学で追求する最上の眠り

1870年アメリカ・ウィスコンシン州で歴史をスタートさせたシモンズは、世界で初めてスプリング入りのマットレスを開発した企業です。以来140年以上の長きにわたり、最先端の睡眠科学を商品開発に取り入れ、高品質のベッドを提供し続けています。

寝心地を損なわない高品質収納ベッド

シモンズの収納付きベッドフレームは、引き出し式と跳ね上げ式の2タイプ。どれもがベッドとしての睡眠の質を優先させたしっかりとした造りで、マットレスセットでの購入をおすすめしたいです。一生使える高品質のベッドを購入したい人は、是非こちらを。

ベルメゾン

女性のための総合通販ブランド

女性の様々な生活シーンやライフステージに合わせて、商品やサービスを幅広く展開している大手通販会社・千趣会が運営する通販ブランドがベルメゾン。ファッションやコスメ、キッチン用品から生活雑貨まで、幅広い商品の取り扱いと厚いサポートが特徴です。

大容量のチェストベッドが豊富

ベルメゾンでは引き出し付きから跳ね上げ式まで幅広く取り扱っていますが、中でもチェストベッドの種類が豊富です。
引き出しの深さがあるものや二段式など引き出しの数の多いものがたくさん。大容量のチェストベッドを探す時は、こちらのブランドもチェックしてみてください。

大容量でおすすめの収納付きベッド

CSP-コンセント付きチェストベッド ファーブル マットレス付き セミダブル(74,300円)

たっぷりの収納が可能なチェストベッド。収納する物の種類に合わせた3つのタイプの収納が一台に備わった多用途向けです。布団やラグ、スーツケースなど大型アイテムは長物収納に。かさばるバッグやおもちゃは深型収納、衣類やリネン類はすっきり納まる浅型収納と、2タイプの引き出しを使い分けることができます。

一台で多彩な収納ができ、デザインも可愛いので、子ども部屋や女性の一人暮らしにおすすめ。その上サイズはシングルからダブルまでの3サイズから、フレームのみとマットレス付きのどちらにするかも選べます。使う人のボディサイズや部屋の大きさ、予算などに合わせてぴったりのものが見つかりますね。

岩附-チェストベッド スパシアン フレームのみ セミダブル(62,424円)

こちらのチェストベッドも先ほどご紹介したファーブルと同様、3タイプの収納を一台に備えた多用途タイプです。特徴は、浅型引き出しが横に長いワイドサイズで大容量であること。Tシャツやフェイスタオルなら、70枚もの収納が可能です。

もうひとつの特徴は、引き出しが周囲を板で囲われているボックス構造であることです。ほこりや湿気が入り込みにくく、強度もアップ。サイドフレームが不要なので、収納効率も上がります。シンプルなデザインなので人を選ばずどなたにも、多機能大容量の収納付きベッドとしておすすめできます。

岩附-チェストベッド ふーとん フレームのみ ダブル(83,484円)

こちらのチェストベッド、長物収納と引き出しの組み合わせであることは前のふたつと同じなのですが、一番の特徴は足元側に設置された大型引き出しです。布団を収納するだけの容量があり、圧縮袋を使用すれば予備の1セットを仕舞っておけるのです。

引き出しなので出し入れしやすく、ボックス構造で湿気やほこり対策もばっちり。その押し入れ並みの収納力は、一人暮らしの部屋にも一般の家庭にもおすすめしたい大容量収納ベッドです。

クオリアル-ガス式跳ね上げベッド ネオ・グランスタ マットレス付き シングル(81,864円)

引き出しのためのスペースが必要ない跳ね上げ式、オーソドックスなタイプとしてまずこちらをご紹介します。床板の開く方向で縦開き・横開きが選べ、プラスして収納の深さ、ベッドサイズ、カラーとマットレスが選択可能。324通りのまるでセミオーダーのような組み合わせが実現します。

デッドスペースをなくせるので、ワンルームの部屋に最適です。また、ヘッドボードに仕切りがないので2台ぴったり並べて設置でき、その場合でも開閉に支障のない構造。夫婦の寝室に置くのにもぴったりです。

クオリアル-ガス式跳ね上げベッド プロストル マットレス付き セミダブル(89,424円)

跳ね上げ式のベッドをもうひとつご紹介します。こちらも同じく大容量、最も大きいグランドタイプなら830リットルの収納が可能です。季節家電や造り付けのクローゼットに入らないものにも対応できます。

もうひとつの特徴は通気性。すのこ構造を生地で包んだ通気性床板を採用し、湿気とほこりを同時に対策。また、マットレスではなく干しやすい敷布団を使うこともできるので、清潔に保ちやすいです。忙しい一人暮らしに特におすすめです。

価格でおすすめの収納付きベッド

岩附-のびのびベッド(28,130円)

リーズナブルな価格でおすすめなのが、パイプ式のハイタイプベッドです。ベッド下のスペースを、手持ちのローチェストを納めたり収納ボックスを追加購入したりして、収納場所として活用することができます。

こちらのパイプベッドは、ベッドの床板の長さと高さの調節が可能です。ベッド下の有効スペースは、低い設定で24cm、高い設定で38cm。一般的な衣装ケースなどの高さは20~30cm程度ですので、使いたいボックスに合わせて調節が利きますね。成長に合わせた調節もできるので子ども部屋にもおすすめです。

丸一家具-カジュアルロフトベッド(33,420円)

ハイベッドよりさらに高さのある、ロフトベッドです。ベッド下の空間をより自由に使うことができます。チェストやスタッキングして使う収納ボックスが置けるほか、パイプハンガーを納めることも可能。季節家電など大きなものも、ベッド下に納めて布をかけておくなどするだけで大分すっきり見えますよ。

空間の有効利用ができるので、一人暮らしのアパートやマンションにおすすめです。収納ベッドを使いたいけれどもチェストベッドや跳ね上げ式では予算オーバーしてしまうような場合、ロフトベッドを考えてみてはいかがでしょうか。

友澤木工-ベッド下収納引き出し2杯付フラップテーブルベッド(32,550円)

2杯の引き出しと細々したものの収納に向くヘッドボードの付いたベッドです。収納できる容量はあまり多くなく構造も単純ですが、その分価格はリーズナブルです。

収納家具として容量や使い勝手などの機能をそれほど重視しないのなら、このくらいの価格に抑えられます。眼鏡やスマホ、目覚まし時計などの細々としたアイテムが収納できれば十分、引き出しがついていればなお良し、と割り切れば、十分検討の余地はあるのではないでしょうか。

クオリアル-ガス式跳ね上げベッド エルクリップス シングル(66,744円)

予算を抑えつつ跳ね上げ式のベッドを購入したい人には、こちらのリーズナブルモデルをご紹介します。マットレスと床板を一体型構造にし無駄を省くことで、軽量化と低価格化を実現した製品です。

その上、ヘッドボードを省いたコンパクトなデザインで、狭い部屋や凹凸のある間取りにもすっきりと収まります。収納の容量は、他の跳ね上げ式ベッドに遜色ありません。跳ね上げ式の購入に予算面で躊躇するなら、こちらを検討してみては。

寝心地でおすすめの収納付きベッド

CSP-ブラックレザーフロアベッド ヴァンザード ダブル(114,260円)

寝心地や上質感を重視したベッドで収納も兼ね備えるものをご紹介します。こちらのベッドは重厚で上品な高級感のあるレザーベッドで、かつレザーベッドには珍しい引き出し付き。引き出し部分もレザー仕上げで、雰囲気を損ないません。

ヘッドボードはウレタン仕様でふっくらとボリュームがあり、くつろぎの時間を演出してくれます。寝心地を決定するマットレスは、高品質のフランスベッド社製も含め8種類から選択可能。自分のこだわりにぴったりのものを探してみてください。上質な寝心地を追求したい人におすすめです。

CSP-コンセント付き収納ベッド シリー ダブル(113,610円)

小物を置ける棚付きのヘッドボードと、ベッド下に2杯の引き出し収納を設けた、シンプルな構造の収納ベッドです。スペースを目一杯収納に生かすというより、ベッド周りや寝室をすっきり片付けておきたい人向け。

寝心地を左右するマットレスは4種類から選べます。フレームのみでも購入できますが、寝心地を重視したいならマットレス付き、それも高品質のポケットコイルマットレスがおすすめ。より上質の眠りを求めるなら、プラスしてラテックス入りをおすすめします。

クオリアル-ガス式跳ね上げベッド クリテリア シングルラージ(109,944円)

収納として優秀な大容量の跳ね上げ式ベッドからも、選べるマットレスで寝心地を追求できるこちらのタイプをご紹介します。勿論、機能や容量に他の跳ね上げ式との違いはありません。

マットレスは、フランスベッド社製の高品質マットレスを含め5種類から選択。薄型も含まれているので、寝心地の硬さや見た目の圧迫感を考慮して、好みのものを選べます。質の良いマットレスは、理想の寝姿勢を支えてくれますよ。収納と寝心地を両立させたい人に。

クオリアル-ガス式跳ね上げベッド ルナライト セミシングルグランド(90,504円)

寝心地に、照明という違った観点からのアプローチを加えたのが、こちらの製品です。跳ね上げ式ですので、収納の機能や容量は折り紙付きです。

ヘッドボードの機能が充実しており、枕元のモダンライトが寝室をほのかに照らしてくれます。オレンジ色の灯りはリラックス効果も高く、気持ちよい眠りに誘ってくれる働きも。マットレスのラインナップはクリテリアと同様です。安眠を大事にしたい人はこちらを検討してみては。

一人暮らしでおすすめの収納付きベッド

CSP- 3段可動デスク&コンセント宮棚付きロフトベッド ステューディオ(48,920円)

一人暮らしの人におすすめしたい、ベッド周りの空間をプライベート空間として活用できる多機能なロフトベッドをご紹介します。コンセントや小物棚を備えた宮棚付きのロフトベッドとデスクを組み合わせたセットです。

デスクは三段階で高さが調節でき、フロアに座るスタイルにしてもデスク下に収納ボックスを置ける高さ。また、デスクの天板を手前側にセットすると、デスク奥のスペースも収納に活用できます。狭いスペースを徹底的に有効利用したい人におすすめです。

クオリアル-ガス式跳ね上げベッド オルマー セミシングル(78,624円)

狭い部屋や収納スペースの足りない部屋など、一人暮らしにありがちな悩み。その解消におすすめしたいのは、跳ね上げ式のベッドです。こちらのタイプのおすすめポイントは、ヘッドボードを省いたシンプル構造で、狭い部屋やワンルームによくある凹凸のある間取りにも対応できること。

さらに天板の開閉がスライド式なので開けた時に壁につっかえることがなく、ぴったりと寄せて設置することができます。デザインも落ち着いたシンプルなものなので、どんな部屋にもおすすめできます。

クオリアル-ガス式跳ね上げベッド プリペール セミシングル(78,624円)

使い勝手の観点から、ヘッドボードが欲しいという人もいるでしょう。そういう場合は、スリムな省スペース設計のヘッドボードを備えたこちらの跳ね上げ式ベッドはいかがでしょうか。

一般的なベッドの半分以下、10cmのすっきりした厚みのヘッドボードは、眼鏡や目覚まし時計を置けるだけでなくスマホやタブレットの充電にも対応。収納の容量やスライド式の天板の開閉なども、一人暮らしの部屋への設置に問題なくフィットします。

岩附-チェストベッド アクシリム シングル(49,464円)

一人暮らしの大量収納に、引き出しを出し入れするスペースが確保できるなら、チェストベッドもおすすめです。総容量は畳約二畳分にもなるたっぷり収納。長物収納と浅型のワイド引き出し、深型の引き出しの組み合わせで、様々な大きさと形の収納物に一台で対応します。

ヘッドボードも厚さ9cmとスリム設計で、便利さと省スペースを同時に叶えます。シンプルな構造とベーシックなカラーバリエーションなので、男性女性問わずどんな一人暮らしの部屋でも、自分好みのテイストにアレンジできると思いますよ。

まとめ

ベッド下のスペースを生かした収納を、ベッドのタイプ別にご紹介しました。収納ベッドは、フリースペース型のハイタイプ、引き出しを備えたチェストベッド、跳ね上げ式の3タイプに大きく分かれ、それぞれに特長や向いている収納の仕方・部屋の広さなどがあります。ご自分の部屋にはどのベッドが合いそうでしたか?収納するものの量や種類、使用シーンや使い勝手を考慮して、ぴったりくる収納ベッドを選んでみてくださいね。収納の悩みをベッドのチョイスで解決しましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加