おすすめのマルチツール人気ランキング!【キャンプ用も】

荷物がかさばりがちなアウトドアやレジャーシーンでは、いかにコンパクトにまとめるかがスッキリと持ち運ぶポイントになってきます。そんな時に便利なのが一つでいくつもの機能を搭載したマルチツールです。しかしマルチツールにも色々なタイプがあり、選ぶのが難しいという方も多いでしょう。そこで今回はマルチツールの種類や選び方について解説していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

マルチツールの特徴

複数のツールが一つになって持ち運べる

マルチツールは十徳ナイフとも呼ばれ、一つに10個前後の機能が搭載されている便利アイテムです。それぞれのツールを別々に持ち運ぶ必要がなく、荷物をスッキリさせるのに最適です。ハサミやブレードといった刃物類がセットになっているものや、栓抜きやコルク抜きといったキッチンツール、プライヤーやドライバーといった工具類がセットになっているものが一般的。価格も数百円程度から数万円まで幅広いのが特徴的です。

防災用品としてもおすすめ

マルチツールは、アウトドアシーンだけでなく防災用品としても人気です。普段持ち歩いているバッグやポーチに一つ入れておくと、いざという時何かと便利ですよ。また、防災バッグを用意している方も多いですよね。防災バッグの中にもマルチツールを入れておくと、避難所でも重宝することでしょう。取り出しやすいよう、防災バッグに入れておく際はサイドポケットに入れておいたり、カラビナでぶら下げておいたりするといいですよ。

マルチツールの種類

十徳ナイフ型

必要なツールを引き出して使用するタイプ

最もスタンダードなのが、必要なツールをその都度引き出して使用する十徳ナイフ型のマルチツールです。そうすることによって、本体部分がグリップとなり、しっかり握れるようになりますよ。十徳ナイフといっても、その機能や数は実に様々。必要最低限の機能が4〜5種類のものもあれば、20種類以上の機能が搭載されているものもあります。

十徳ナイフ型は、スッキリとしたデザインでコンパクトなのが特徴的です。手のひらにスッポリ収まるくらいのサイズが殆どで、バッグにポンと入れておいても邪魔になりません。キーホルダーリングが付いているものも多く、キーホルダーにつけて持ち歩いたり、カラビナを付けてベルトループに引っ掛けて持ち歩いたり出来るようになっています。

プライヤー型

スプリングアクションで使いやすい

プライヤー型は、バタフライナイフのような形が特徴的なマルチツールです。使いたいツールを一つ取り出した後は、本体部分を持ち手として使うことが出来ます。持ち手部分が十徳ナイフ型に比べて大きくなるので、握り心地もよく、手が大きな男性でもしっかりと掴めるようになりますよ。

プライヤー型はスプリングアクションにより、本格的な工具としても使えます。そのため、プライヤーを始めドライバーやレンチ、ノコギリやヤスリといった工具系機能が多く搭載されているものがほとんどです。アウトドアやサイクリングなどを楽しむときにも、一つ用意しておくと大変便利ですよ。

カード型

ポケットや財布に入れて持ち運べる

カード型は、一般的なクレジットカードと同等のサイズと薄さが魅力的なマルチツールです。ポケットや財布に入れておいても邪魔にならず、手軽に持ち運べるという点では最も優れたタイプと言えるでしょう。普段使い用のマルチツールとは別に、サブツールとして備えておくのにも最適ですよ。

カード型は、他のタイプに比べて価格がリーズナブルなのも嬉しいポイントです。中には数百円程度で購入できるものもありますよ。そのため、財布や車内、防災バッグなど、色んな場所に常備しておくのにも最適。基本的にクレジットカードサイズなのは共通ですが、備わっている機能はそれぞれ異なるので色んなタイプから選べますよ。

マルチツールの選び方

使用目的で選ぶ

レジャーやアウトドアに使うならナイフなどが付いているモデルがおすすめ

レジャーやアウトドアシーンでは、ナイフ付きがおすすめです。ちょっとした枝やロープを切るのはもちろん、大型のブレードなら包丁やペティナイフ代わりにも使えますよ。缶切りや栓抜きが付いているとドリンクの開栓も楽ですね。リーマーやドライバー、マルチフックが付いているタイプは、ランプの吊り下げにも使えますし、レジャー用品の修理でも大活躍することでしょう。

日常使いならハサミや爪切りが付いているものがおすすめ

日常的に使う機会が多いハサミは袋を開けたり、タグを切ったりするのに便利ですよね。普段使っているバッグに入れておくのであれば、断然ハサミ付きがおすすめです。また、意外と便利なのが爪切りです。ふと爪を切りたくなったときはもちろんのこと、ささくれを処理したり、プラスチックのバリを取ったりするときにも便利ですよ。

安全性の高さで選ぶ

刃物部分に安全ロックが掛かるかチェック

刃物を使うにあたり、気をつけておきたいのが刃の安全性ですよね。ブレードを引き出した後でしっかりロックが掛かるタイプなら、刃がグラつくこともありません。カットする際、刃に力を入れても急に引っ込むことがないので安心して使えます。思わぬ怪我を予防するためにも、ナイフやノコギリにはロック機構が備わっているものを選ぶようにしましょう。

一つ一つのツールがスムーズに出し入れできると使いやすい

あまりにも簡単にツールが飛び出すのも危険ですが、固くて取り出せないのも困りものですよね。爪が割れたり怪我をしたりする可能性があります。購入したてのときには少し固めでも、使い続けていく内に徐々にスムーズに出し入れ出来るようになることもありますよ。逆に長く使っているとサビや油汚れにより出し入れしにくくなることもありますので、定期的にきちんと手入れをすることも大切です。

マルチツールのおすすめブランド・メーカー

VICTORINOX(ビクトリノックス)

マルチツールの種類が圧倒的に多く高性能なのが魅力的

マルチツールと言えば、ビクトリノックスを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。非常に種類が豊富で用途に合わせて選べるのも魅力的ですよね。小さくてもその性能はお墨付き。抜群の使い心地から人気のブランドです。

GERBER(ガーバー)

タフでアウトドア用マルチツールを探している方におすすめ

ガーバーはアメリカのナイフメーカーです。ナイフだけでなくマルチツールも豊富に取り扱っていますよ。特にナイフやノコギリ、レンチ類が搭載されたアウトドア向けのマルチツールが人気です。価格がリーズナブルなのも嬉しいですね。

LEATHERMAN(レザーマン)

プライヤー型マルチツールが有名なメーカー

レザーマンのマルチツールは、非常に高性能で有名です。物を挟むツールに力を入れており、プライヤー型のマルチツールは抜群の知名度と人気を誇ります。アウトドアシーンだけでなく、本格的なサバイバルにも使えるツールを探している方におすすめですよ。

中林製作所

リーズナブルな価格帯のマルチツールが豊富

中林製作所では十徳ナイフ型マルチツールも、プライヤー型マルチツールも取り揃えています。商品数はそれほど豊富とは言えませんが、他にはないホイッスル機能が搭載されていますし、耐久性にも優れているので、防災用品にもおすすめですよ。

おすすめ&人気のマルチツールランキング

日常使い用でおすすめのマルチツール

ビクトリノックス-アーミーナイフ (3,256円)

ネイルクリップ付きで軽量かつコンパクト

こちらは必要最低限のツールだけを絞ったモデルで、爪切りに爪やすり、ブレードにはさみ、ピンセットやツースピックがコンパクトに収められています。ナイフもハサミも切れ味は抜群。キーリングがついているので、キーホルダーに取り付けて持ち歩けるようになっていますよ。

長さは約65mmほどしかなく、非常にコンパクト。重量もたった37gしかないので持ち運びも楽です。持っていることを忘れてしまうほど。マットカラータイプも人気ですが、本体の中がうっすら透けているスケルトンボディのモデルも同じく人気ですよ。

ガーバー-マルチツール DIME (3,498円)

普段よく使う工具やはさみなどが一つになったモデル

こちらのマルチツールはプライヤーにワイヤーカッター、ナイフにパッケージオープナー、ボトルオープナーにマイナスドライバーなどがセットになっているタイプです。左右のグリップを開くとプライヤーとして使えます。ボルトを締めたり熱くなった金網を掴んだりするのに便利ですね。

赤いグリップには爪がかけられるところがあり、そこを引っ張ればピンセットが出てきます。トゲを抜いたり、怪我の消毒をしたりする時に役立ちますよ。少し大きめで約70gの重さとなっています。工具箱にも入れておきたいマルチツールですね。

WORLD MARKET-8機能 EDCツール (890円)

鍵サイズに8機能を搭載したコンパクトなマルチツール

一見普通の鍵に見えますが、実はこれもマルチツールです。鍵と同等の厚みとサイズでありながら、ピンセットにマイナスドライバー、カッター、ボトルオープナーやネイルクリーナーといったツールが8種類も搭載されています。

小型ながらチタン製ですので軽いのに非常に丈夫。また、ツール部分にしっかり用途が刻印されていますので、どの部分がどのツールとして使えるのかも一目瞭然ですよ。キーカバー機能も付いており、日常的に鍵と一緒に持ち運ぶのに最適なマルチツールと言えます。

ビクトリノックス-スイスカードライト (3,697円)

LEDライトやルーペなどあると便利な機能を13種類搭載したモデル

カード型のマルチツールというと、ある程度搭載される機能が制限される中、こちらは全部で13種類の機能を備えたマルチツールになっています。必要なツールを左右から引き抜いて使用するようになっています。

ハサミや小型ナイフ、ルーペに各種ドライバー、スケールにピン、ボールペンやピンセットも付いています。更に白色LEDも搭載。暗闇で探しものをしたり、鍵穴に鍵を差し込んだりする時にLEDライトがあると便利ですよ。

TRUE UTILITY-ネイルクリップキット (1,776円)

爪切りにナイフやハサミがついたマルチツール

こちらは一見普通の爪切りに見えますが、サイドから様々なツールを引き出すことが出来るユニークな形状のマルチツールです。マルチツールに付いてくる爪切りは小さいものがほとんどですよね。しかし、こちらは十分な大きさがありますので爪が大きな男性にもつかえますよ。

もちろん、爪を切った後、整えるのに便利な爪やすりも付いてきます。他にもドライバーやハサミ、小型ナイフなど、普段使う機会が多いツールが揃っています。救急箱に入れておくのもいいですし、机の引き出しに一つ入れておいても便利ですね。

アウトドアやレジャー用でおすすめのマルチツール

中林製作所-7徳スプーン・フォーク付ナイフ (1,438円)

栓抜きやコルク抜きがついてスプーンやフォークは離して使える

レジャーで食事をする時は、スプーンやフォークといったカトラリーを用意しますよね。こちらのマルチツールはスプーンとフォークがセットになっているタイプです。食事をするときにはスプーンとフォークはそれぞれ離して使えるので、食事がしにくいということもありません。

コルク抜きに栓抜き、缶切りも付いているので缶詰や瓶のドリンクの開封時にも便利ですよ。ナイフと小刀も搭載されており、果物の皮を剥いたりカットしたりすることも出来ます。リーズナブルなので人数分用意するのもいいでしょう。

ガーバー-Armbar Cork (4,840円)

ブレードにコルク抜きやボトルオープナーが付いたマルチツール

折りたたんだ状態ではわずか8.7cmと非常にコンパクトで、持ち運びも楽ちん。スッキリしたシルエットで、バッグに入れても邪魔になりません。ランヤードホールが付いているので、お好みのランヤードやキーリングを付ければ、更に持ち運びがしやすくなりますよ。

ブレード、ハサミ、コルク抜き、ボトルオープナー、フォイルカッターといった、ワインを開けるのに便利な機能が一つになっています。普段、ワインを飲む機会が多い方は、キッチンに一つ置いておけばこれ一つで全てまかなえますよ。もちろん、ナイフ部分にはロック機構が搭載されています。

ビクトリノックス-フィッシャーマン (4,840円)

鱗落としや針外しも付いているので釣りにも最適

普段、釣りを趣味としている方や、キャンプやレジャーで釣りを楽しみたいという方におすすめなのがこちらのマルチツールです。鱗落としと針外しが付いており、釣った魚の処理が簡単に行えるようになっています。リーマーとマルチフックを使えば網の修理や吊り下げも可能ですよ。

もちろん、缶切りや栓抜き、ドライバー類も付いています。ブレードは大小2サイズが付属。大きい方のブレードはペティナイフ代わりにもなりますよ。ハサミやブレードは文句なしの切れ味で、安全ロック機構が備わっているので安心して使えます。

ロゴス-マルチツール14 (1,100円)

アウトドアやトレッキングに最適な14機能が搭載

こちらのマルチツールは全部で14種類の機能が搭載されているタイプです。釣り針外しもついているため、釣りを楽しむ際にも役立つことでしょう。ネイルクリーナーやあま皮とりも付いており、外出先でも手軽に爪の手入れができるのも嬉しいですね。

ノコギリは細刃と粗刃の2本が付いています。トレッキング時に邪魔になりがちな小枝や蔓の処理も簡単。畳んだ状態では長さ約9cm、重量は120gと非常にコンパクトで軽量です。普段遣いからレジャーまで幅広く使えるマルチツールとしておすすめです。

レザーマン-スケルツールCX (15,787円)

ハードワイヤーカッターや直刃ナイフを備えたプライヤー型モデル

レザーマンの中でも軽量なモデルですが、それぞれのツールは強固で長く使い続けられます。一般的なプライヤーに、ワイヤーカッターとハードカッターが付いており、頑丈なワイヤーもカット可能。プライヤー部分は口が大きく開くので、バーベキューなどで熱くなった金網を掴むのにも使えます。

直刃ナイフは、枝葉の処理や調理に使えます。154cmと大きめですので扱いやすいのも魅力的ですね。他にもドライバーや栓抜きなど、日常的に使えるツールが揃っています。25年という長期保証付きなので、切れ味が悪くなったり、折れたりしても無償で修理してもらえますよ。

防災用でおすすめのマルチツール

中林製作所-LED&ホイッスル付多機能ツールS (1,647円)

緊急時にあると便利なホイッスル付きのマルチツール

緊急時に、自分の居場所を知らせるのに役立つのがホイッスルですよね。大声を出すと体力を消耗しますが、ホイッスルであれば体力を温存しながら遠くまで音を響かせることが出来ます。こちらはそんなホイッスルが搭載されたマルチツールです。

更にLEDライトも搭載されているため、暗い場所での作業も可能になります。夜、足元を照らしたり鍵穴を見つけたりする際に重宝しますよ。缶切りや千枚通し、ナイフやハサミも揃っており、避難生活などで必要なツールが一通り搭載されています。

ビクトリノックス-レスキューツール (11,440円)

車内に閉じ込められてもガラスを割ったりシートベルトを切ったり出来る

災害はいつ起こるか分かりませんよね。車に乗っている時に起こることも想定しておきたいものです。こちらのマルチツールは、万が一車中に閉じ込められてしまった時に役立つアイテムです。サイドウィンドウやフロントガラスを割ったり切ったりすることが出来ますよ。

シートベルトカッターも付いており、頑丈で普通のカッターではなかなか切れないシートベルトも簡単に切断可能。自分が車中に閉じ込められた時だけでなく、事故車から救出する際にも役立ちます。更にドライバーや栓抜きといった日常ツールも充実していますよ。

SOL-フェニックスマルチツール (4,620円)

ホイッスルや着火剤が一つになっているサバイバルモデル

災害時には電気が使えなくなることも多いですよね。ガスもない状態で火を起こすには着火剤が役立ちます。こちらのマルチツールは、ファイアースターターと着火剤も付いているタイプで、これ一つあれば手軽に火を起こすことが出来ますよ。

他にはナイフにホイッスル、LEDライトも搭載されています。ハイキングや登山などで道に迷ったり怪我をして動けなくなったりした時にも、自分の位置を知らせるのに役立つことでしょう。寒さから身を守るためにも火が起こせると便利ですよね。

KIKKERLAND-ウッドハンマーマルチツール (2,970円)

ハンマーにノコギリやナイフなどが備わった緊急脱出ツール

こちらは小型のハンマーが付いているタイプです。小型ですが、いざという時に窓ガラスを割ったり釘を打ったりするのには十分な大きさ。事故や災害の時でも車から脱出させることが可能です。プライヤー機能もあるので、割れたガラスを挟んで出口を広げることも出来ますよ。

プラスマイナスドライバーにボトルオープナー、ヤスリやノコギリなどのツールも充実しています。車に積んで置くのもいいですし、工具ツールとして工具箱に入れておくのもいいでしょう。これ一つで、ちょっとしたDIYも楽しめますよ。

レザーマン-シグナル (21,483円)

各種カッターやナイフにホイッスルやファイアースターター付きモデル

レザーマンのマルチツールの中でも、特に過酷なシーンで使えるのがこちら。ニードルノーズプライヤーにレギュラープライヤー、ワイヤーカッターも154cm取替式で、普通のワイヤーカッターと別にハードワイヤーカッターも搭載されています。ノコギリやハンマーも付いており、本格的なDIYにも使えますよ。

豊富な機能に加え、救難ホイッスルにファイヤースターターも付いていますので、遭難や事故に遭った時に安全を確保するのに役立ちます。もちろん、ナイフや栓抜き、缶切りといった日常ツールも搭載されています。想定外の事態にも対応出来るマルチツールを探している方におすすめですよ。

まとめ

耐久性にも優れたマルチツールがおすすめ

価格の幅が広いマルチツールは、当然その質も値段に左右されます。安価なマルチツールの中には安全ロックが付いていないものや、切れ味が悪くて使えないもの、すぐに壊れてしまうものも少なくありません。ある程度高価でも耐久性に優れ、長く使えるものを選ぶ方が確実ですよ。今回はマルチツールについておすすめ商品を挙げながら詳しく解説してきました。ぜひ、自分にピッタリの一本を見つけてみてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*