おすすめのマイク付きイヤホン人気ランキング!【ワイヤレスも】

スマートフォンを手元に出さずに通話している人をよく見かけませんか。マイク付きイヤホンを使用することで、スマートフォンを持たずに通話することができるようになりますよ。もちろん音楽を聴いたりゲームをすることも可能。今回は、とても便利なマイク付きイヤホンの選び方やおすすめ商品をご紹介します。イヤホンを新調したいと考えている方は、参考にしてみてくださいね。

マイク付きイヤホンの特徴

手を使わずに通話可能

マイク付きイヤホンとは、スマートフォンを耳に当てなくても通話をすることができるイヤホンのことです。イヤホンにマイクが付いているので、手を使わずに通話をすることが可能になります。イヤホンをしていれば室内で作業しているときはもちろん、外出時もスマートフォンを取り出す必要がなくなりますよ。

音楽の再生や停止もイヤホンだけでできる

マイク付きイヤホンには、マイクと一緒にリモコンが付いているものが多数出ています。このリモコンを操作することで、音楽の再生や停止はもちろん、スマートフォンを操作しなくても通話することが可能です。イヤホン装着後は一切スマートフォンを触らなくてよくなり、ほかの作業をするときにも煩わしい思いをすることがなくなりますよ。

マイク付きイヤホンの種類

Bluetooth接続

ケーブルを気にせず使用可能

デジタル機器用の無線通信技術であるBluetooth機能を用いて接続するワイヤレスタイプ。無線で繋ぐので、ケーブルは両耳を繋ぐもののみとなります。スマートフォンと繋ぐためのケーブルがないので、ケーブルを邪魔に感じることはありません。

Bluetooth接続のマイク付きイヤホンは、使用するときに充電を必要とします。電池残量が気になるところですが、スマートフォンで確認することが可能です。定期的に充電しておけば、外出先でも充電切れになってしまうことはないでしょう。

USB Type-C接続

音の劣化が少なく高音質

新しい機種のスマートフォンやタブレットにはイヤホンジャックがないものがあり、USB Type-Cコネクタが搭載されているものも出てきています。そういった機種には、USB Type-C接続コネクタにケーブルを挿して使用することが可能です。ケーブルで接続するので、通信状況に影響されることもありませんよ。

ケーブルで直接繋ぐので、音の劣化が少ないのもUSB Type-C接続の特徴です。通話時はもちろん、音楽を聴くときも綺麗な音質で楽しむことができますよ。USB Type-Cコネクタ搭載のスマートフォンやタブレットを使用しており、クリアで高音質を楽しみたいという方におすすめです。

Lightning接続

アップル社製品に接続するならLightningコネクタを

アップル社が製造、販売するiPhoneやiPadに使用できるLightning接続。アップル社独自の規格となります。イヤホンジャックを廃止しているiPhone7以降の機種の場合、直接ケーブルで繋ぐにはLightningコネクタで接続する必要がありますよ。

アップル社製品に関連する商品は多数出ていますが、より安心して使用したいならMFi認証を取得しているものがおすすめです。アップルの性能基準を満たしている証拠となり、IOSのアップデート後にも安心して使用できますよ。認証を取得している商品には認証マークが付いているので、気になる方は確認してみてくださいね。

3.5mm端子接続

もっとも多いイヤホンの接続端子

イヤホンの接続端子として、もっともポピュラーといえるであろう3.5mm接続端子。昔からよく見る形で、性能は様々。リーズナブルなものも多く、こだわりのある人はもちろん、初心者にも手が出しやすいマ性能や価格帯のものも多数ありますよ。

最近では3.5mm接続端子用のイヤホンジャックがないスマートフォンやタブレットもあります。そういった機種の場合は、変換ケーブルがあれば使用することができますよ。パソコンなどに繋ぐのにも便利なので、色々なデバイスに繋ぎたいと考える方にもおすすめです。

マイク付きイヤホンの選び方

装着方法で選ぶ

耳にフィットして聞き取りやすいのがカナル型

イヤホンのスピーカー部分を耳の中に入れて使用するのがカナル型です。耳栓のような形状をしており、耳にしっかりとフィットしてくれます。音が直接耳に届くので、重低音などもクリアに聴くことが可能となり、高音質で音楽を楽しみたいという方におすすめですよ。また、周囲の雑音を気にせず聴けるというメリットがあり、集中したいときや勉強にもおすすめです。

インナーイヤー型なら付け外しが簡単

インナーイヤー型のイヤホンは、スピーカーの一部を耳に引っ掛けて使用します。耳の奥まで入らないため耳とイヤホンに隙間ができますが、外部の音が聞こえるので、イヤホン使用時の事故防止にもなりますよ。引っ掛けるだけなので、付け外しも簡単。イヤホン装着時の違和感や耳への負担も少なく、長時間使用しても疲れにくいでしょう。

イヤホンの形状で選ぶ

完全ワイヤレスイヤホンならケーブルを一切気にしなくていい

左右のイヤホンを繋ぐケーブルがなく、それぞれのイヤホンが独立している完全ワイヤレスイヤホン。デバイスに繋ぐケーブルはもちろん、顔周りにもケーブルがないので、洋服やマフラーに引っ掛かるといったこともありません。Bluetooth接続になるため充電が必要になりますが、保管ケースが充電器の役割を担ってくれるので、ケースに戻すだけで充電されますよ。

周囲の音も気にしながら使用するなら片耳モデルがおすすめ

片方の耳にだけ取り付けるタイプが、片耳モデルのマイク付きイヤホンです。通常、両方の耳に取り付けますが片方の耳だけなので周囲の音もしっかり聞こえます。周囲の人から話しかけられたり、その場の状況を把握することも可能。外出先でも音が聞こえるので、事故防止にも繋がりますよ。ランニングやサイクリングなど、運動時にも役立つでしょう。

付属機能で選ぶ

ノイズキャンセリング機能搭載なら周囲の騒音が気にならない

ノイズキャンセリング機能とは、周囲の騒音を消し、イヤホンから流れる音をより高音質で聴かせてくれる機能です。洋服との摩擦や、Bluetooth接続の場合は通信状況が不安定なことによるノイズなど、イヤホンを使用するうえで必ず起こりうる問題と言えるでしょう。これらの騒音を気にせず使用できるので、音楽再生時にも役立ちますよ。また、CVCと記されたものなら通話時の騒音を低減してくれます。通話時の環境音が気になる方は、CVCの表記があるものを選ぶのがおすすめです。

マイクが口元に近い位置なら通話時にノイズが入りにくい

マイク付きイヤホンは通話時にも多く使用するため、マイクの位置が重要になります。口元から遠い位置にマイクがある場合、声が通りにくかったり、環境音が相手に聞こえてしまうことがあります。口元の近くにマイクが付いていれば、これらの問題をクリアすることが可能になりますよ。また、イヤホン本体にマイクが付いているものなら、コードが揺れることによって起こる騒音も起きません。通話品質を大切にした方は、マイクの位置も確認するようにしてくださいね。

マイク付きイヤホンのおすすめブランド・メーカー

オーディオテクニカ

音響メーカーならではの高機能なものも

オーディオテクニカは日本の音響機器メーカーです。オーディオテクニカのマイク付きイヤホンは、音響メーカーならではのハイスペックなものが多数揃っていますよ。通話はもちろん、重厚感のある高音質で音楽を聴くことが可能です。

SONY(ソニー)

初心者にも使いやすいモデルから高機能モデルまで種類が豊富

SONYのマイク付きイヤホンは初心者にも扱いやすいものから、高機能なものまで幅広いラインナップとなっています。ハイレゾ音源対応から、最低限必要な機能のみを搭載したものまで揃っていますよ。使う人の好みに合わせて選ぶことが可能です。

Anker(アンカー)

低価格で使いやすいマイク付きイヤホンを多数扱う

リーズナブルな価格で購入できる商品を多数扱うAnker。手を出しやすい価格帯ですが、ハイレゾ音源対応のものや防水機能など高機能なものもありますよ。コスパのいいマイク付きイヤホンが欲しいという方におすすめのメーカーです。

JVC(ビクター)

音質にこだわる人も満足できるマイク付きイヤホンが豊富

JVCのマイク付きイヤホンは、重低音をより響かせるものやハイレゾ音源対応など、音質にこだわる人におすすめのイヤホンを多く扱っています。通話、音楽再生ともにクリアな音で聴くことが可能。種類も豊富なので、好みに合ったものを見つけることができますよ。

おすすめ&人気のマイク付きイヤホンランキング

Bluetooth接続でおすすめのマイク付きイヤホン

Anker(アンカー)-SoundBuds Slim(2,999円)

低価格で使いやすいコスパのいいマイク付きイヤホン

低価格でコスパがいいという点が特徴のマイク付きイヤホンです。防水機能や10時間の長時間再生が可能でありながら、購入しやすい価格になっています。コスパのいいマイク付きイヤホンを探している方や、初めて購入する方にもおすすめですよ。

こちらのマイク付きイヤホンは、Bluetooth5.0対応です。接続が安定しており、常に音飛びせず音楽を楽しむことができますよ。通話の際も、イヤホンの接続不良による通話の途切れはないでしょう。

JVC(ビクター)-HA-FX37BT(3,565円)

1回の充電で約14時間の連続再生が可能

こちらはネックバンドスタイルを採用し、首に掛けやすいという特徴を持っています。首にしっかりと引っ掛けることができるので、イヤホンがどちらかにずれてしまうといったことはありません。イヤホンを外した時も首に掛け続けることができ、落としてしまう心配もありませんよ。

1回の充電で最長約14時間の使用が可能です。外出中に、途中で電池切れになってしまう心配はありません。耳に装着するイヤーピースもフィット感がるので、長時間使用しても違和感を感じることはないでしょう。

anbie(アンビー)-wireless earcuffs(13,200円)

耳に入れずに引っ掛けるタイプのマイク付きイヤホン

アクセサリーのイヤーカフのような形が特徴的なマイク付きイヤホンです。耳の中に入れる形状が多いマイク付きイヤホンですが、こちらは耳のふちに引っ掛けて使用します。耳が塞がれないので、周囲の音を逃したくない外出時のの使用がおすすめですよ。

耳を完全に塞がないので、逆にノイズが耳に入りにくいという特徴もありますよ。洋服に擦れた音など、音楽再生時や通話時に気になるノイズも入りにくくなっています。他のマイク付きイヤホンとは一味違うものを選びたい方は、こちらもチェックしてみてくださいね。

SONY(ソニー)-WI-310(4,148円)

マグネットで留まるので携帯にも便利

このマイク付きイヤホンは音漏れしにくく、周囲の人にも配慮されています。イヤホンを使うとき、周囲に音が漏れていないか心配になることもありますよね。こちらは空気孔が小さくなっており、音漏れしにくくなっていますよ。外出先や室内での作業中も、音漏れによる迷惑がかかることはありません。

こちらのマイク付きイヤホンは、左右のイヤホンにマグネットを搭載してあります。これによりイヤホン同士がくっつき、首に掛けた状態で持ち運ぶことができますよ。落として紛失ということもなく、安心した携帯することができますよ。

Panasonic(パナソニック)-RP-BTS55(7,110円)

激しい動きにも耐えられるので運動時におすすめ

フレキシブルイヤークリップを搭載したマイク付きイヤホンです。耳に掛けて使用するので、通常のイヤホンよりも安定感がありますよ。激しい動きにも耐えるので、運動時に使用したい方におすすめです。

IPX0からIPX8までで評価される防水規格がありますが、こちらのマイク付きイヤホンはIPX5相当を持ちます。汗はもちろん、雨にも耐えられるレベルですよ。雨の中でランニングをする場合も、安心して使用できますね。

完全ワイヤレスでおすすめのマイク付きイヤホン

APPLE(アップル)-AirPods Pro(31,600円)

アクティブノイズキャンセリング搭載により静寂の中で音を楽しめる

APPLEの人気完全ワイヤレスイヤホン。消音スピーカーにより環境音を遮断し、音をよく聞かせてくれるアクティブノイズキャンセリングを搭載しています。とても静かな中で通話や音楽再生を楽しむことができますよ。

周囲の騒音を消してくれる機能を持っていますが、外部音取り込みモードも持つこちらのマイク付きイヤホン。街中で使用するときなど周囲の音が聞こえないと危険な場合は、外部音取り込みモードに切り替えて使用することができます。必要に合わせて切り替えることで、より使い勝手がよくなりますよ。

オーディオテクニカ-ATH-CK3TW(13,860円)

タッチセンサーによりスムーズなリモコン操作が可能

正確なリモコン操作が可能なタッチセンサーを搭載しています。イヤホン本体にリモコンが付いており、凹凸状のハウジングデザインになっています。これにより、指が自然とそのポイントに行き、見えていなくても正確な操作が可能になりますよ。

一度ペアリングしておけば、ケースから取り出しただけで電源が入るようになります。また、音楽再生時に耳から外すと、自動的に音楽も一時停止されますよ。使用時のボタン操作が少なく、快適に使用することが可能です。

QCY(キューシーワイ)-T1(3,980円)

高音質を楽しめるリーズナブルなマイク付きイヤホン

リーズナブルでありながら高音質の音楽を聴くことができ、コスパのがいいという特徴を持ちます。Hi-Fiオーディオとして使用でき、雑味のないクリアな音質で音楽を楽しめますよ。音にこだわりたいという方も満足できるでしょう。

こちらのマイク付きイヤホンは、片耳と両耳のどちらでも通話することが可能です。ノイズキャンセリングの効果により、ステレオモードで高音質通話が可能なHD通話をすることができますよ。片耳ずつ単独の2台として、2人で使用することも可能です。

SONY(ソニー)-WF-1000XM3(25,310円)

ハイレゾ相当の高音質を楽しめる

ワイヤレスでありながらハイレゾ級の音質で音楽を楽しむことが可能です。CDや圧縮音源にハイレゾ音源並みの臨場感をもたらすDSEE HXを搭載しています。デバイスを選ばず、常に高音質を楽しむことができますよ。

こちらは業界最高クラスのノイズキャンセリングを搭載。どんな環境でも、ノイズを気にせず使用することができますよ。騒音が激しい電車の中でも、音楽に没頭することができるでしょう。音楽が好きな方におすすめです。

低価格でおすすめのマイク付きイヤホン

iKara-ワイヤレスイヤホン(1,980円)

カラフルでかわいいマイク付きイヤホン

パステルカラーがかわいいiKaraのマイク付きイヤホン。黒や白といったスタイリッシュなカラーやデザインが多いマイク付きイヤホンですが、こちらはかわいらしいカラーで仕上げられています。かわいいデザインが好きな方におすすめですよ。

こちらはケーブルのない完全ワイヤレスイヤホンです。リーズナブルですが、Bluetooth5.0を完備しており、デバイスから15~25mほどの範囲で使用可能ですよ。使い勝手がよく、コスパのいいマイク付きイヤホンを探している方におすすめです。

ELECOM(エレコム)-S-EHP-CSG3510PN6(528円)

不要な振動を抑える切削アルミボディ採用

パステルピンクを纏ったかわいらしいマイク付きイヤホンです。ボディには切削アルミを採用しており、不要な振動を抑えてくれる効果を持っていますよ。振動を抑えることによりノイズも軽減され、不快感なく使用することが可能です。

こちらは3.5mm端子で接続するタイプです。通信状況に左右されることなく、安定して通話や音楽を楽しむことが可能ですよ。パソコンなど、スマートフォン以外のデバイスに使用したい方にもおすすめです。

HOMMALAB(ホンマラボ)-ワイヤレスコンパクトイヤホン(1,690円)

スタイリッシュな片耳用イヤホン

HOMMALABのマイク付きイヤホンは片耳モデルです。耳に収まるコンパクトなサイズなので、サイズに違和感を感じることはないでしょう。付属のイヤホンを繋げれば両耳で使用することも可能です。好みに応じて使い方を変えることができますよ。

こちらのマイク付きイヤホンは、CVC6.0を搭載しています。通話時に入る風の音や周囲の騒音を軽減してくれますよ。通話時の環境音が気になる方や、周囲の音を聞き取りながらイヤホンを使用したいという方におすすめです。

JBL(ジェイビーエル)-T110BT(2,400円)

70年の歴史を持つJBLサウンドを低価格で楽しめる

70年の歴史を持つスピーカーメーカーのJBL。こちらのマイク付きイヤホンは、70年の間に作られてきたJBL独自のサウンドを低価格で聴くことができます。パワフルで深みのある重低音を楽しむことができ、音楽が好きな方も満足できますよ。

こちらはMicro USBで充電することが可能。2時間の充電で、約6時間使用することができますよ。フル充電しておけば、外出中に電池がなくなることはないでしょう。心配な方は、別売りになりますがモバイルバッテリーを搭載したイヤホンケースを使用すれば、電池切れの心配をせずに済みますよ。

まとめ

Bluetooth接続可能なマイク付きイヤホンがおすすめ

接続方法が数種類あるマイク付きイヤホンですが、より使い勝手がよく、おすすめなのがBluetoothで接続するタイプです。デバイスと繋ぐケーブルに左右されず、自由度が高くなりますよ。ぜひ、お気に入りのマイク付きイヤホンで音楽と通話の両方を楽しんでくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*