おすすめのグランドシート人気ランキング!【コールマンも】

キャンプが終わってテントを撤収したら、地面の色が変わってテントの底が濡れていた。雨が降ってテントの底がドロドロに。キャンプ経験がある方は、テントと水気のトラブルに見舞われたことがあるかもしれません。テントを長く使っていると、フロアの劣化などでも水が染み出しやすくなります。テント内にはインナーマットやシュラフなど、濡れると困るアイテムを使う場所。濡れないように対策を講じておくかどうかで、キャンプを快適に楽しめるかが決まります。テントと水のトラブルに便利なギアと言えばグランドシート。1枚でテントフロアを、水や劣化から守ってくれます。今回は、グランドシートを掘り下げた解説です。是非とも選び方の参考にして、使い方やテントに合ったモデルを見つけて下さい。

グランドシートとは?

テントの下に敷く保護シート

グランドシートの主な役割は、テントフロアを保護することです。テントと地面が接触して起こる、色々なリスクを軽減することができます。また、アウトドアグッズとしても非常に有用。テントフロアの保護以外にも、活躍できる場面が多いアイテムです。

グランドシートの特徴

テントフロアを摩耗と水から守ってくれる

テントフロアの下が地面だと、石や木の根っこに触れやすくなります。圧力が掛かる部分から摩耗していき、キズができて破れてしまうこともあるでしょう。また、雨が降れば地面とテントの間に水が入り、下から浸水する可能性があります。グランドシートを敷いておけば、摩耗や浸水からテントを守ってくれますよ。

湿気から起こる浸水を防止

地面と接するテントフロアは、耐水性に長けた生地で作られています。水気が揮発せず、長時間テントを設営していると地面との温度差で結露が発生。水が溜まってしまいます。グランドシートを敷いておけば、湿気からくる浸水の予防も可能です。

断熱に使えるモデルも

気温が下がると冷たくなるのが地面。テントを地面に直で敷くと、下から上がって来る冷気で底冷えします。厚手のグランドシートを断熱材の代わりに敷くことで、寒さを和らげることが可能です。グランドシートはテントを守ることが目的であり、生地が薄ければ、それほど断熱効果を感じません。しかし、厚手には断熱に効果的なアルミ素材などがあります。

アウトドアグッズの代用にもなる

防水に長けたグランドシートは、敷物としても優れています。テントを撤収する際は荷物置きに。ピクニックなどで使う、レジャーシートの代わりにもなります。ポンチョの代用で羽織ることができ、雨具としても使えるでしょう。テントに併設する、ひさしや雨除けのタープ代わりまでこなします。アウトドアグッズの代用として便利です。

グランドシートの種類

樹脂シート

安価で水を完全にシャットアウトできる

ポリエチレンなどの合成樹脂をシートにしたタイプです。樹脂シートはホームセンターで売られているブルーシートや、ビニールシートと似ているのが特徴でしょう。そのため、グランドシートの代用にブルーシートを選ぶキャンパーもいます。ブルーシートは安い反面、樹脂シートより非常に低性能です。コンパクトにできず耐久度は脆弱。石などで簡単に破れ、コスパは使い方で極端に下がります。どちらを選ぶかは、キャンパー次第です。

シートタイプのメリットは安価なことでしょう。また、布のように織目や縫い目がないため、雨が降っても水を通しません。汚れの染み込みがなく、手入れは非常に簡単です。一方、ガサガサ、ゴワゴワした独特の敷き心地があり、石や地面の凹凸の感触が、よく伝わります。クッション性は少ないと言えるでしょう。

化繊シート

デザイン性があり別の用途に用いやすい

テントフロアの生地や、テントの雨除けに使われているフライシートと同質のタイプです。ナイロンやポリエステルの化学繊維を編んで、作られています。ウレタンコーディングなどで防水性を確保。使い込んでコーディングが剥がれると、耐水性は低くなります。

一方で表面に優れたデザインがあり、アウトドアグッズ代わりに用いやすい種類です。色やデザインがテント生地と似ており、タープにしても違和感が生まれません。味気ない樹脂シートと違い、ピクニックなどでは本格的なレジャーシートの代用にもなります。グランドシートの隅にあるリング、ハトメを持つモデルが樹脂やアルミのシートより豊富。グランドシートを留めるペグ(杭)も、他より打ちやすいでしょう。厚手の生地が多く、敷き心地もワンランク上です。

アルミシート

汚れが付きにくく断熱性が高い

樹脂をアルミでラミネート(貼り合わせ)したグランドシートです。表面が日光を反射するため、タープやピクニックシートの代わりには向きません。ハトメがなく、風で飛ぶのを防止できるペグも打てません。厚手で収納袋がないモデルもあり、少々かさばるのもデメリットです。荷物をコンパクトにまとめる登山では、都合によって携帯できないこともあるでしょう。

一方、ハトメパンチを用意して自分で穴を開ければ、デメリットは少なくなります。水を弾くアルミシートの耐水性が抜群。樹脂シートと同じで汚れ落ちが良く、染み込みもありません。分厚さはクッションになり、断熱効果で底冷えを防げるオマケ付き。防災用のマットとしても、非常に優秀です。

グランドシートの選び方

水への強さで選ぶ

耐水圧の値が強さの目安になる

耐水圧は生地1㎝四方が耐えられる、水圧の値です。例として、グランドシートが底になった1㎝四方の水槽があるとします。耐水圧が2,000㎜であれば、2,000㎜(2m)の高さまで水を入れても、底から漏れ出しません。人間が座ったり寝たりしたとき、テントフロアには体重に応じた圧力がかかります。値が高いほど水の侵入を防いでくれるのが特徴。耐水圧の値は耐水性の目安になります。

平地のキャンプサイトでは耐水圧1,500㎜以上がおすすめ

天候が安定している平地では、天気予報通りにキャンプを乗り切れるケースが多いでしょう。また、車や施設が近くにあるため、予報にない過度な雨が降っても、道具を持って逃げ込むことができます。耐水圧は少なめに見積もって、1,500㎜以上を目安にしておけば十分です。平地のキャンプサイトは地面の状態が比較的キレイ。そのため、完全防水を狙って樹脂シートを敷くのも便利です。

本格的な登山では耐水圧を2,000㎜以上に

山は天候が不安定で、予報が外れることも少なくありません。また、凹凸や砂利などで、地面の整備状態が悪いケースも考えられます。なるべく2,000㎜以上の耐水圧を選んでおくといいでしょう。生地に厚みがあるモデルを選べば、いくらかクッション性も稼げます。

なお、テントフロアの耐水圧や体重の重さによっても、必要な耐水圧は変わります。75㎏の人がグランドシートに座ると耐水圧は約2,000㎜。テントフロアのスタンダードも、2,000㎜以上です。体格がいい方や低性能テントを使っている場合は、高めの耐水圧を選ぶのがおすすめでしょう。

付属品か単品かで選ぶ

テントを持っていない方は付属品も便利

単品のグランドシートは自分の好みで選べるメリットがあります。しかし、最初はテントとセットになっているグランドシートも便利です。まず、テントとデザインが同じなので、タープなどに使っても可笑しくありません。付属品なのでサイズの心配も無用です。また、同じテントメーカー製であり、性能にも一定の信頼が置けます。誰が買っても失敗しないのがメリット。テントを持っていない方におすすめです。

単品を買うならテントフロアと同じサイズに

サイズで失敗する可能性がある、単品のグランドシート。テントフロアと同じサイズにするのがおすすめです。グランドシートが大きいと、水はシートとフロアの間に流れ込みます。テントフロアの耐水圧だけで守ることになり、水が染み出てくる可能性は高いでしょう。短くてもグランドシートがない部分から水が入るので、10㎝より短いグランドシートは避けるのがマストです。テントと同メーカーにすれば、サイズの一致するモデルが見つかります。

特殊なモデルを選ぶ

ペグを持ち運ぶのに便利なコーナーポケット付き

ペグを収納できるポケットが四隅にあるモデルです。テントの下にグランドシートを敷く方は、必ずしもペグを打ち込む必要はありません。しかし、設営の際に位置がずれると、その度に修正が必要。風の強い日や、テントを建て慣れない方には打ち込むメリットがあります。また、ピクニックやデイキャンプでは、テントを設営しないこともあるでしょう。ペグをコンパクトに持ち運べるため、荷物の負担を減らせます。

日帰りや海のレジャーに適したグランドシートも

小型のグランドシートは、レジャーシートとも呼ばれています。人を対象にしており、ポケットサイズも選べるのが特徴です。携帯性が高く、テント内に敷くフロアマットとして使うのも非常に有効でしょう。また、折り畳みチェアなどの裏に差し込んで持ち運び、脚の下に敷く超小型グランドシートもあります。脚の汚れを防ぐと共に、砂地や雪の上でチェアの安定性を高められるのが特徴です。海水浴や釣りなどには、非常におすすめでしょう。

オックス生地モデルは頑丈で通気性が高い

210Dナイロンオックスなどと記されている、特殊な生地のグランドシートがあります。オックスは縦糸と横糸を2本揃えて編んだ、通常より通気性の高い生地です。日本では斜子織(ななこおり)と呼ばれていますよ。210Dは糸の太さで、数字が大きいほど太く強靭です。つまり、オックス生地は通気性が高い、厚手の頑丈な生地。テントを地面から守ると同時に、湿気も逃がしてくれます。なお、しっかりしたコーディングがあり、通気性が高くても耐水圧は他に劣りません。

グランドシートのおすすめブランド・メーカー

mont-bell(モンベル)

耐水圧の高いモデルを選べる

モンベルは日本各地に実店舗を展開している、アウトドアの総合ブランドです。訪れたことがある方も、少なからずいるでしょう。同社が扱っているテントに適合した、タフなグランドシートを選べます。非常に高い耐水圧がある厚手の生地は、登山などに魅力的と言えるでしょう。

SNOW PEAK(スノーピーク)

信頼あるアウトドアブランドで機能性が高い

スノーピークは新潟の燕三条にあるアウトドアブランドです。燕三条は世界に通用する職人の町として有名。ブランドアイテムは高品質かつ高性能で、リピーターが少なくありません。グランドシートも例に漏れず、品質、機能、デザインの三拍子が揃っています。

DOD(ディーオーディー)

テントと一緒に買いたい方はおすすめ

自社ブランドのドッペルギャンガーは、おしゃれでスマートなアウトドアブランドとして人気を博しています。機能的なテントを揃えているメーカーであり、グランドシートも高機能です。テントとセットで選びたい方は、要チェックのメーカーでしょう。

Coleman(コールマン)

タープの代用にもおすすめ

アウトドアグッズの王道とも言えるアメリカのメーカーです。日本でも非常に人気があり、どこか懐かしさのあるデザインがファンを魅了しています。グランドシートはテント専用が豊富。ペグを打つためのハトメやゴム輪が必ずあり、タープの代用にしても違和感がありません。

おすすめ&人気のグランドシートランキング

化繊シートでおすすめのグランドシート

モンベル-クロノスドーム2 グラウンドシート (4,263円)

耐水圧7,000㎜でタープとしても使いやすい

モンベルのクロノスシリーズと、サンダードーム2型の専用グランドシートです。サイズは幅122㎝で奥行が222㎝。2人用のテントに適しています。耐水圧は7,000㎜で非常に高い耐水性があり、本格的な登山で使う方におすすめです。クロノスドームのポールを利用することで、自立式のタープに早変わり。長方形の形もタープ向けです。

クロノスドームとサンダードームの2型は、20,000円が相場の購入しやすいテントです。両者とも春から秋にかけての3シーズン使える、2㎏弱の軽量モデル。丈夫で耐水圧が高いデニール生地のナイロンを使っており、エントリー用として非常に選びやすいのが特徴です。テントを持っていない方は、グランドシートとセットで買い揃えるのもおすすめですよ。

スノーピーク-マットシートセット SET-021H (18,480円)

快適性が高いグランドシートとインナーマットのセット

265㎝四方のグランドシートと、260㎝四方のフロアマットがセットになっています。グランドシートは75Dポリエステル生地を使用。ポリウレタンのコーディングが施してあり、耐水圧は1,800㎜です。0.6㎏と計量で収納ケース付き。持ち運びに便利なモデルでしょう。

セットのフロアマットは、テント内に敷きます。中材に発砲ウレタンを採用しているのが特徴でしょう。グランドシートは少し薄手ですが、フロアマットのクッション性が地面の感触を緩和してくれます。また、フロアマットにもコーディングがあり、防水面を助けてくれるでしょう。快適性が高いシートセットと言え、同サイズのテントを使っている方は要チェックです。

ディーオーディー-グランドシート (6,550円)

初心者が設営しやすいワンポールテント用のグランドシート

ネイティブアメリカンが使っていた住居のような、ティピー型テントの専用グランドシートです。ティピー型テントはワンポールテントに属しており、支柱1本でテントを支えるシンプルな構造。エントリー向けで、初心者も手軽に設営できるのが魅力です。

210Dポリエステルを採用した厚手のグランドシートで、耐水圧が5,000㎜と非常に優秀です。テントの底を小石や木の根から守ってくれる、強固なガードにもなるでしょう。しなやかな感触の生地で、ブルーシートよりも明らかに快適性は増します。

コールマン-マルチグランドシート (6,590円)

丈夫で携帯性が高いグランドシート

280㎝四方のグランドシートです。1から3人用のテントに最適な大きさでしょう。収納時は幅35㎝、奥行25㎝まで縮小し、収納袋に収まります。1.1㎏でテントと一緒に持ち運んでも、かさばることがないサイズでしょう。

テントフロアは地面と接するため、耐久度と耐水圧が高い生地で作られています。マルチグランドシートもテントフロアに類似しており、210Dオックスで厚手になっているのが特徴です。耐久度の信頼性は高いでしょう。耐水圧は登山に使える目安の2,000㎜。丈夫で携帯しやすいモデルです。

フィールドア-折り畳みクッショングランドシート (3,300円)

ピクニックや運動会のお供にも

おしゃれでリーズナブルなアウトドアグッズが評価を受けているフィールドア。野山や水辺で使えるアイテムを数多く扱っています。寝袋やハンモックなどのアウトドア寝具は、ユーザー目線の機能性や、心地よい生地の感触が好評です。グランドシートも生地を使ったアイテムであり、得意な分野と言えるでしょう。

140㎝四方のグランドシートで、サンシェード用の小型テントや1人用のテントにマッチしたサイズです。帽子やスマホなど、小物などを入れる収納ポケットがコーナーに付いています。ピクニックや運動会のお供としても選べるでしょう。収納ポケットは折り畳んだマットを留めるカバーになり、持ち運びを助けてくれるのが特徴です。

樹脂シートでおすすめのグランドシート

コールマン-グランドシート 2ルームハウス用テントシートセット (8,483円)

テントに付属するシートセットとしても選べる

コールマンのシートセットです。テント内に敷くインナー用のシートは、4㎜のスポンジが柔らかいタフタ生地を採用。ブルーシートと材質が似ているグランドシートの敷き心地や、地面の感触を緩和してくれます。タフタはサラリとした心地いい生地で、テント内に敷くシートとしては最適です。

コールマンの4から5人用テント、2ルームハウス専用のセットです。テントを持っていない方は、テント本体の付属品として両シートを買うこともできます。独特なサイズなので、なるべくテントに付属している方を選ぶといいでしょう。2ルームハウスは1人でも設営できるアシスト機能が付いた、家族層向けの扱いやすいテントです。機能性が高く風に強いので、エントリー用に選ぶと長く付き合えます。

コールマン-テントシートセット/300 (10,126円)

3mクラスのテントにマッチしたシートセット

280㎝四方のグランドシートと、295㎝四方のインナーシートがセットになっています。専用のグランドシートではなく、300㎝クラスの正方形フロアであれば、汎用的に使えるでしょう。グランドシートはポリエチレン製で、ブルーシートやピクニックシートに使われている素材です。

ブルーシートに比べると高額ですが、耐久度はコールマンのようなメジャーメーカー製が有利です。ポリウレタンのスポンジを使ったインナーシートが、グランドシートの敷き心地や肌触りを心地よく変えてくれます。ロングスパンで見れば、品質の良さがコストパフォーマンスを上げてくれるでしょう。

キャプテンスタッグ-UA-4525 テントグランドシート270 (6,110円)

同ブランドのテントに便利だが汎用性もある

キャプテンスタッグは比較的リーズナブルな価格で、質が良いグッズを扱っているアウトドアの総合ブランドです。UA-4525は同ブランドのテント、6種類のフロアサイズに適しています。樹脂シートの主流、ポリエチレン製で、雨を通さないのが特徴でしょう。

270㎝四方のフロアを持つテントは、キャプテンスタッグ以外も取り扱いがあります。そのため、他メーカーのテントにも、サイズが合えば使えるでしょう。オーソドックスで汎用性は高めです。テントを持っていない方は、適応しているテントのM-3102プレーナドームテントなどがおすすめですよ。通販を使うと10,000円ほどの頑丈なテントで、グランドシートとバラバラでも手軽に購入できます。

ベアーズロック-グランドシート 290×260cm (2,780円)

ワンタッチテントに適合するエントリー向けのシート

白熊をモチーフにしたマークが印象的なベアーズロック。製品の仕入れから仕上げまで、全てを1つの工場にまとめています。グランドシート、テント、寝袋などの生地は、品質差がなく丁寧な仕上がりです。少し特殊な加工、PEラミネートを採用しているのが特徴でしょう。ポリエチレンを貼り合わせる方法です。シートに防水性や防湿性を付加するためのバリアを貼ると言えば、解りやすいかもしれません。

ベアーズロックのワンタッチテントに適したサイズで、テントはエントリー向けとして非常におすすめです。ワンタッチテントは折り畳み傘の骨が反対になったような構造で、だれでも簡単に、1分ほどで設営することができます。ファミリー向けのサイズであり、エントリー用として、テントと合わせて用意するのがおすすめでしょう。

小川キャンパル-PVCマルチシート (6,270円)

メーカーの信頼度と高い耐水圧が魅力的

大型テントが有名な小川キャンパル。過去に自衛隊の正式装備を手掛けている、実績と信頼度が非常に高いブランドです。丈夫な生地は軽量かつ高機能と言え、日本製という点も安心できます。テントを持っていない方は、グランドシートと合わせてチェックするといいでしょう。長く付き合えるモデルが豊富ですよ。

車やバイクのカバーと同じ、シルバーコートのビニールシートです。水を弾く生地で耐水圧は10,000㎜。テントへの浸水を、ほぼ完璧にシャットアウトできます。小川キャンパルのテントに適合していますが、サイズは非常に豊富。210㎝四方など、他メーカーのテントに見られる大きさもあります。気になった方は、サイズ表をチェックするといいでしょう。

アルミシートでおすすめのグランドシート

モデル-両面銀仕様アルミシート (2,480円)

両面アルミで手入れが非常に楽

195㎝四方のオーソドックスなアルミシートです。厚さが3㎜あり、クッション性も有しています。全体重量は非常に軽い200g。収納袋が付いており、軽いレジャーに携帯できるのも嬉しいポイントです。防災用として、1枚持っておいて損はありません。

両面がアルミで汚れが付きにくい構造。水洗いで汚れが落ちるので、手入れは非常に楽でししょう。また、グランドシートになるマットとしては、比較的リーズナブルなのもメリットです。一方、両面アルミで日光を反射してしまうのが弱点。ピクニックシートとしては不便で、グランドシートや屋内用のシートに向いています。

ゴリラ-アルミグランドシート (1,600円)

車で行くアウトドアに適したリーズナブルなシート

幅180㎝で奥行が240㎝のグランドシートです。シートのみのタイプで付属品がないため、同サイズのグランドシートと比べても、非常にリーズナブルと言える価格です。アルミの特徴である扱いやすさがあり、選ぶ価値は十分にあります。

折り畳んだ後も少しかさばる大きさなので、荷物制限が少ない車に乗せるのがおすすめです。積んでおけば車中泊のシートとしても、有効に使えるでしょう。車の底から上がって来る底冷えを抑える、断熱材の役割を果たしてくれます。

まとめ

用途に合った大きさのグランドシートがおすすめ

グランドシートを選ぶときは、まず、自分の用途に合わせて大きさを選んで下さい。テントの下に敷くならテントと同じサイズを目安に。短い場合は10㎝以内を目安にするといいでしょう。テントを持っていない方は、付属品のグランドシートを選ぶのも手です。携帯性重視ならポケット付きなど、用途をイメージしてモデルを決めると便利に使えます。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*