おすすめの断熱シート人気ランキング!窓ガラスに【壁や床にも】

外の空気を遮断してくれる断熱シートは、手軽に省エネ効果を得ることができる画期的なツールです。一方、各々の断熱シートによって、効果や特徴は異なるもの。そのため、活用するシーンにマッチした断熱シートを、しっかり厳選する必要があります。そこで、今回は人気の断熱シートランキングを、用途に合わせてピックアップしてみました。また、特徴や選び方も紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

断熱シートの特徴

部屋や車の温度を快適に保ってくれる優れもの

断熱シートとは、外気温と屋内の温度を断熱することで、屋内の温度を快適に保ってくれるものです。そのため断熱シートは、温度の高低差が激しい窓のガラス面に使用されます。冬の暖房効率を高めるためや、結露防止として用いられることが一般的です。

外からの紫外線や視線をカットする効果も

断熱シートの中には、夏用やオールシーズン用など季節にあわせたタイプも販売されています。夏用の断熱シートは、窓からの紫外線をカットする効果や冷房効果を高めてくれる効果が期待できます。また、オールシーズン用の断熱シートは、各々の季節に適した効果が期待できる汎用性の高さが魅力です。さらに、断熱シートには目隠し効果がプラスされているタイプであれば、外からの視線をカットする効果も期待できますよ。

断熱シートの種類

夏用

冷房効果を高めUVカット効果も期待できる

夏用の断熱シートは、屋内の冷気を外に逃がさず、冷房効果を高めてくれる効果が期待できます。そのため、暑い夏の手軽な節電対策としておすすめ。特に昨今の夏は、真夏日や猛暑日が増加傾向にあり、夏用の断熱シートに注目が集まっています。

夏用の断熱シートには、紫外線カット効果も期待できます。実は屋内にいても、紫外線は窓ガラスを通して侵入してきます。しかし、紫外線カット効果のある断熱シートを活用すると、窓ガラスから侵入する紫外線をカットすることも可能。断熱シートは、女性の肌の大敵といわれる紫外線対策にも、効果を発揮してくれる優れものですよ。

冬用

保温性能にすぐれ結露防止などにもなる

冬用の断熱シートは、屋外の寒気の侵入を防ぎ、屋内の保温効果を高めてくれる効果が期待できます。特に、冬場の断熱シートは、他のタイプよりも種類が豊富。そのため自身の住宅環境に合わせて、保温効果を調整することも可能です。

冬用の断熱シートは、窓の結露の発生を防ぐ効果も期待できます。そのため、結露によるカビ対策としてはもちろん、サッシの汚れ対策としてもおすすめ。日々の面倒な結露対策の時間を、大幅に減らすことも可能になりますよ。

断熱シートの選び方

厚みで選ぶ

夏用なら2~4mmで冬用なら7mm程度のものがベスト

断熱シートの厚さは、種類や用途によって様々です。一般的に断熱シートは、厚みがあるほど断熱性が高まります。そのため、寒い冬には厚さが7mm程度のものを選ぶのがおすすめ。一方、夏の暑さ対策のためには、2~4mm程度の薄さのものを選びましょう。効果に合わせて適切な厚みを選ぶことで、より効率的に断熱シートの効果を取り入れることができますよ。

窓の景色を変えたくないなら1mm以下の極薄タイプ

断熱シートの厚さを選ぶ際に注意したいのが、窓の視界の見え方です。厚さのある断熱シートは、窓からの光を通さないため、従来の景観よりも視界が暗くなる傾向があります。そのため、窓の景色を変えず、クリアな視界をキープしたい場合には厚さ1mm程度の断熱シートを選ぶよう心がけましょう。一方、目隠し効果をプラスしたい場合には、厚みが2mm以上の断熱シートがおすすめですよ。

貼り付けやすさで選ぶ

初心者におすすめの水貼りタイプ

断熱シートは、タイプによって窓への接着方法が異なります。中でも初心者におすすめなのが、水貼りタイプの断熱シートです。水貼りタイプの断熱シートは、窓のガラス面を霧吹きで濡らし、シートを貼りつけるというもの。シートを剥がした後も跡が残らないため、張り直しも手軽に行えます。また、夏や冬だけ断熱シートを使用したいという方にも、とてもおすすめですよ。

剥がれにくさ重視ならシールタイプ

窓にしっかりと断熱シートを貼りつけたい方には、接着力の強いシールタイプの断熱シートがおすすめです。また、シールタイプの断熱シートは、霧吹き等の道具が必要ないため、手軽に貼り付けられるのもメリットでしょう。一方で、何度も貼り直しを行うと、どんどん接着力が落ちてしまう可能性も。また、夏や冬だけ断熱シートを使用する場合には、シールの跡が残りづらいタイプを選ぶのがおすすめですよ。

機能で選ぶ

日焼けが気になるなら紫外線カット機能付き

紫外線対策といえば屋外での対策を想像しがちですが、実は屋内にいても紫外線は1年中降り注いでいます。窓からの紫外線対策には、紫外線カット機能がある断熱シートがおすすめです。紫外線は肌はもちろん、目にも見えないダメージを蓄積しているもの。屋内でもしっかりと紫外線対策を取り入れたい方は、断熱シートの紫外線カット率にも注目してみましょう。

災害時に助かる飛散防止機能付き

断熱シートには、飛散防止機能がプラスされたタイプも販売されています。飛散防止機能は、ガラスが割れた際に破片が飛び散るのを抑えてくれる効果が期待できるというもの。そのため、手軽な防災アイテムとしても取り入れることができます。特に小さなお子さんがいる家庭では、いざという時のためにぜひ取り入れていきましょう。

断熱シートのおすすめブランド・メーカー

ニトムズ

豊富なラインナップから選びたいあなたにおすすめ

ニトムズは、優れた粘着技術や塗装技術を用いて、暮らしをサポートする雑貨を多く販売しているブランドです。ニトムズの断熱シートは、ラインナップがとても豊富。水貼りやシールタイプなど、好みの貼り方を自由にセレクトできるのも魅力です。また、暖房効果や結露防止などに特化した断熱シートをラインナップしているため、各々のニーズにマッチした断熱シートが見つかりますよ。

DUOFIRE(ディフォーネ)

デザインも重視したいあなたにおすすめ

DUOFIREは、デザイン豊富な幅広いインテリア雑貨をラインアップしているブランドです。DUOFIREの断熱シートは、幅広いデザインが魅力。シンプルなタイプから個性的なタイプまで、自宅のインテリアに合わせてセレクトできます。そのため、他のブランドにはない、個性的な断熱シートを探している方に特におすすめのブランドですよ。

KTJ(ケーティージェイ)

断熱以外の効果にも期待したいあなたにおすすめ

集じんフィルターや虫よけカーテンなど、暮らしに役立つ生活雑貨を販売しているKTJ。KTJの断熱シートは、リーズナブルな価格帯が魅力。また、断熱効果以外の効果も、しっかりとプラスされています。低価格ながら汎用性の高い断熱シートを求める方に、とてもおすすめのブランドですよ。

サンゲツ

断熱以外にもUVカットや飛散防止や防虫忌避と多機能

サンゲツは、カーテンや壁紙をはじめとする、幅広い内装材をデザインしているブランドです。サンゲツの断熱シートは、断熱以外の多機能な効果が魅力。紫外線カット効果や飛散防止効果はもちろん、害虫を寄せ付けない防虫忌避効果などをプラスした断熱シートもラインナップしています。価格は少々高価ですが、実用的な断熱シートを探している方におすすめのブランドです。

Rabbitgoo(ラビットグー)

手軽さとおしゃれさを両立したデザイン性の高さが魅力

モダンで実用的なペット用品や壁紙を、ラインナップしているRabbitgoo。Rabbitgooの断熱シートは、洗練されたおしゃれさとリーズナブルさが魅力。また、目隠し効果や紫外線カット効果もプラスされているため、幅広い用途で活用できます。程よく華やかなデザインは、幅広いインテリアに絶妙に溶け込んでくれますよ。

おすすめ&人気の断熱シートランキング

夏用でおすすめの断熱シート

KTJ-窓用フィルム (5,800円)

ガラス飛散防止効果も嬉しいマジックミラーフィルム

幅広い機能を搭載した、オールシーズンタイプの断熱シートです。室内の温度を快適に保つことで、冷暖房効果をしっかりとキープ。また、赤外線と紫外線カット効果をプラスし、肌へのダメージや家具の日焼けも防ぐことが可能ですよ。

目隠し効果が期待できるというのもポイント。日光を室内に取り入れながらも、プライベートはしっかりとキープできるため、快適な屋内環境を演出できます。カラーバリエーションも豊富なため、部屋のインテリアに合わせて幅広く活用できますよ。

DUTISON -断熱シート (1,980円)

水だけで接着可能な手軽さが特徴

断熱性や遮光性に特化した、マジックミラータイプの断熱シートです。太陽熱を85パーセント反射吸収することで、効率的に熱を遮断し、室内の温度差を軽減。夏の冷房効果を高めてくれるため、省エネ効果が期待できますよ。

初心者におすすめの水貼りタイプなため、剥がしても跡が残りません。そのため、賃貸住宅にもおすすめです。また、マジックミラー効果で、外からの視線もシャットアウトが可能。飛散防止効果も期待できるため、手軽な防災対策としても活用できますよ。

リンテックコマース-凸凹ガラス用遮熱シート (2,420円)

平面ガラス以外にも使用できる汎用性の高さが特徴

凸凹ガラス等にも対応した、日差しカット効果の高い断熱シートです。凸凹ガラスや透明板ガラス、また一部のすりガラス等、幅広いガラスに接着が可能。そのため、バスルームやキッチンなど、自宅のさまざまな窓ガラスに活用が可能ですよ。

不透明なシートは、目隠しフィルムとしても優れた効果を発揮。また、水を使用せずに貼ることが可能なので、道具の準備が必要ありません。さらに、張り直しが何度もできるのもポイント。不器用さんにもチャレンジしやすい、貼りやすさも魅力の断熱シートですよ。

サンゲツ-ガラスフィルム (10cmあたり323円)

防虫や飛散防止効果も期待できる切売りタイプのガラスフィルム

特殊樹脂加工を施した、切り売りタイプの断熱シートです。優れた遮熱効果とUVカット機能を両立。赤外線を効率的にカットすることで、冷房効果を高めてくれます。さらに、99パーセント以上の紫外線カット効果と、防虫忌避効果も期待できますよ。

オーダーカットで購入が可能なため、自宅の窓の長さに合わせて必要な長さを購入が可能。一方、貼り付けにはスクイージーや霧吹き、定規等が必須となるため、少々手間がかかることも。しかし、他の断熱シートとは一線を画す多機能さが魅力。一般家庭にはもちろん、店舗用の断熱シートとしても高い人気を誇る逸品ですよ。

KTJ-窓用フィルム 小モザイク (990円)

装飾ガラスのようなモチーフが涼しさを誘う手軽な窓用フィルム

リーズナブルな価格帯で購入できる、3D立体表面の断熱シートです。低価格ながら、赤外線と紫外線カット効果を両立。目隠し効果もあるため、自宅のプライバシー保護にも活用できます。また、災害時に役立つ、飛散防止効果もプラスしていますよ。

美しい装飾ガラスデザインも、人気の理由の一つ。3D立体仕様のデザインは、柄を美しく際立たせてくれます。さらに、張り直しが手軽な水貼りタイプなため、初心者にもおすすめ。シンプルな5種類のデザインバリエーションで、自宅のインテリアに合わせて選ぶことができますよ。

冬用でおすすめの断熱シート

ニトムズ-窓ガラス断熱シート (1,255円)

リーズナブルな価格で保温性に優れたコスパの高さが魅力

優れたコストパフォーマンスが魅力の、冬用の断熱シートです。窓ガラスとシートの間に空気の層を作る構造で、暖房効果をアップ。屋内の熱を屋外に逃さず、冬の寒さをやわらげてくれます。価格もリーズナブルなため、冬の手軽な省エネ対策におすすめですよ。

水貼りタイプの断熱シートなので、張り直しも簡単。さらに、クリアタイプなので、窓の視界を遮ることもありません。レギュラーと幅広、また長尺とサイズ展開も豊富なため、自宅の窓の大きさに合わせて購入が可能ですよ。

まどエコ-結露防止シート (1,100円)

結露防止効果も期待できる3層シート構造

優れた結露防止効果が期待できる、3層構造の断熱シートです。空気層と3層のポリエチレン特殊シートを採用し、窓ガラスに伝わる熱をしっかりと抑制。サッシの汚れやカビの原因となる、結露の発生を抑えてくれるのが嬉しいですね。

厚さ7mmのシートは、優れた暖房アップ効果も期待できます。一方で、プチプチタイプの独特なデザインは、好みが分かれる可能性も。とはいえ、冬に特化した機能性はとても魅力的です。剥がしても跡が残らない水貼りタイプなので、冬シーズン限定の省エネ対策としてもおすすめですよ。

コモライフ-窓にピタッとシート (3,094円)

空気層が冷気をカットする粘着タイプの断熱シート

断熱効果の高い、プチプチ加工の断熱シートです。空気層が屋外の冷気をしっかりとカット。外との温度差をなくすことで、結露の発生も防いでくれます。また、水も接着糊も使用せずに貼り付け可能。裏面粘着可能で、サッと貼り付けられますよ。

窓ガラス以外にも使える、汎用性の高さも魅力。結露が起きやすい水道管や、引っ越し時の養生テープとしても活用が可能です。また、小さなお子さんいる家庭の家具の保護シートとしてもおすすめ。糊残りがしないため、さまざまな場所に使用しやすいのも魅力ですね。

ニトムズ-断熱フィルム 簡易二重窓 (2,253円)

二重窓構造の原理を利用した保温性が魅力

二重窓構造の原理を用いた、シールタイプの断熱シートです。フィルムに空気層を作ることで、保温性の高い二重ガラス構造を実現し、優れた断熱性を発揮。さらに、空気層と窓ガラスの間にシリカゲルを加えることで、結露もしっかりと防ぎます。窓枠にシートを貼りつけるため、ガラス面にはシール跡が残ることもありませんよ。

透明度の高いフィルターは、視線を遮ることなく使用が可能。まるで、何も貼っていないかのような透明度で、部屋が暗くなることもありません。また、一般的には断熱シートが使用できない、網入りガラスや二重窓にも対応。貼り方に少々コツは必要ですが、結露対策にとてもおすすめの断熱シートです。

アール-断熱マドピタシート (3,850円)

4mmの厚さの空気層が冷気をしっかりカット

不器用な方にも貼り付けしやすい、3層構造の断熱シートです。空気層をプラスした3層構造のシートは、外気の侵入をしっかりと遮断。ガラス面の温度差を軽減することで、結露もしっかりと抑制します。また、UVカット効果もあるため、窓からの紫外線対策にもおすすめですよ。

全面貼り付けタイプのシートは、不器用な方や女性でも簡単に貼り付けが可能。日本製の糊が使用されているため、剥がす際にも糊残りがしません。さらに、厚さ4mmのシートは、しわになりづらいため、重ね貼りやつなぎ貼りも簡単。ドアや壁など窓ガラス以外に使用できる、汎用性の高さも魅力ですよ。

おしゃれでおすすめの断熱シート

DUOFIRE-窓用フィルム すりガラス調 (1,980円)

低価格ながらおしゃれなすりガラス調の断熱シート

すりガラス調のデザインが美しい、目隠し効果のある断熱シートです。自宅の窓ガラスを、手軽にすりガラスへデザインチェンジ。室内の光をしっかりと取り入れながら、外からの視線を遮ることが可能。UVカット効果があるため、部屋の明るさはキープしながら、紫外線対策も行えますよ。

リーズナブルな価格ながら、優れた耐久性や防水性も魅力。また、防カビ性能も兼ね備えているため、キッチンはもちろん、浴室や洗面所など湿気の多い場所でも使用が可能です。さらに、何度でも貼って剥がせる再利用可能仕様の断熱シートという、コストパフォーマンスの高さも魅力ですよ。

Rabbitgoo -めかくしステンドグラス  (2,180円)

水で何度も貼りなおせる手軽な断熱シート

優れたUVカット効果を持つ、ガラスデザインが美しい断熱シートです。UVBを99パーセント以上、UVAを84パーセント以上カットし、1年中降り注ぐ紫外線から家具をしっかりと保護してくれます。さらに、可視光線だけを室内に取り入れることで、日光の眩しさを軽減し、勉強や仕事の効率も上げてくれますよ。

マス目状のガラスデザインは、部屋の雰囲気の格上げにも最適。光を乱反射する仕様なため、光が強い時には虹色に輝く効果も期待できます。曲面にも使用が可能なフィルムは、汎用性も抜群。撥水かつ防カビ効果も兼ね備えているので、キッチンや洗面所にも使用できますよ。

DUOFIRE-ステンドグラス断熱シート (1,980円)

レトロ調のデザインを用いたステンドグラス風断熱シート

自宅の窓を一気にステンドグラスに変えてくれる、デザイン性の高い断熱シートです。レトロなステンドグラスデザインは、目隠し効果も抜群。爽やかなブルーな色合いは、幅広いインテリアとの相性も抜群です。さらに、日光が当たることで、キラキラとした光を演出し、部屋の印象を一気に明るくしてくれますよ。

再利用が可能な断熱シートは、耐久性も抜群。素材に高級PVCを採用しているため、変色が起こりにくいのも魅力です。また、耐久性や防カビ性もあるため、自宅の幅広い場所に使用が可能。貼り直しも手軽にできるので、マンションやアパートなどの賃貸暮らしの方も安心してお使いいただけますよ。

Rabbitgoo-モザイクタイルステンドグラス (980円)

リーズナブルな価格と汎用性の高いデザインが魅力

さりげない目隠し効果が期待できる、モザイクデザインの断熱シートです。立体感のあるモザイクデザインは、シンプルで使いやすさ抜群。一方で、光の当たり方で異なる表情を楽しめるのも、モザイクデザインの魅力です。さらに、ほのかな目隠し効果も期待できるため、プライバシー保護にも活用できますよ。

飛散防止効果プラスされているため、手軽な防災グッズとしても活用が可能。また、光を拡散反射してくれるため、光集まる虫をよけてくれる効果も期待できます。家具や小物に活用が可能なため、用途が幅広いのも魅力。DIYやリメイクにも活用できる、汎用性の高い断熱シートですよ。

Rabbitgoo-ブラインド模様フィルム (1,199円)

目隠し効果も期待できるシンプルなデザインが魅力

明るさをキープしながらプライバシーを保護できる、ブラインドデザインの断熱シートです。ホワイトのブラインドデザインは、目隠し効果が抜群。日光の光を取り入れながら目隠しできるため、部屋の明るさもしっかりとキープできます。また、撥水効果のあるシートは、キッチンや浴室、洗面所にもおすすめですよ。

夏も冬も使用できるオールシーズンタイプなため、電気代の節約にもおすすめ。優れたUVカット効果は、家具や壁紙の日焼け対策としても威力を発揮します。シンプルでモダンなデザインは、部屋のインテリアを邪魔することなく使用が可能。目隠し効果のある断熱シートを求めている方に、特におすすめのリーズナブルな断熱シートです。

まとめ

自分にマッチした機能性の断熱シートがおすすめ

手軽なエコ対策として、昨今注目を集めている断熱シート。種類が豊富で、タイプによって機能性が異なります。そのため、購入の際には、自分が取り入れたい効果をしっかりと厳選するよう心がけましょう。特に、結露防止効果や夏の省エネ対策など、譲れない条件が決まっている場合には、各々の機能に特化した断熱シートを選ぶよう心がけて下さい。今回の記事を参考に、ぜひ自分の目的にマッチした断熱シートを取り入れて下さいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*