おすすめのデッキシューズ人気ランキング!【リーガルやパラブーツも】

おしゃれは足元から、といった言葉もありますが、靴もコーディネートの重要な部分ですよね。スニーカーやビジネスの場面でも履けるような革靴を履いている方も多いと思いますが、今シーズンはデッキシューズに挑戦してみませんか。滑りにくく雨の日も安心ですよ。今回はデッキシューズの種類や選び方、おすすめ商品をご紹介します。おしゃれなコーディネートをしたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

デッキシューズの特徴

濡れた場所でも滑らず歩ける

デッキシューズとは、船の甲板で安全に作業ができるよう作られた靴です。ソール部分は滑りにくいラバーでできており、甲部分は濡れにくいようオイルレザーなどが用いられています。雨の日など、地面が濡れている場所でも滑らず安全に歩くことができますよ。

長時間歩いても疲れにくい

ソールには柔らかいレザーを使用しているので、歩きやすさも実現しています。革靴などはソールも硬いため、足の疲れを感じる方も多いでしょう。デッキシューズはソールが柔らかいラバーなので、足を付いたときや離すときにも硬さを感じることはありませんよ。長時間歩いたときも安定感があり、足の疲れを感じずに過ごすことが可能です。

デッキシューズの種類

レザー素材

高級感を感じさせる

カジュアルな靴として扱われているデッキシューズですが、レザーを使用したものなら高級感を感じさせてくれますよ。レザーは時間が経つにつれて、色あせやシワなどレザーならではの味が出てくるのも特徴的。汚れは拭きとりレザー用のクリームを塗るなど、メンテナンスをしっかり行えば長く履き続けることも可能です。

デッキシューズに使用されるレザーの質感にはランクがあります。低い順からジェニュインレザー、トップグレインレザー、フルグレインレザーなどがあげられますよ。ランクが上がるにつれ値段も上がる傾向にありますが、レザーの魅力を存分に感じることもできるでしょう。おしゃれを極めたい方は、レザーの質感にもこだわるのがおすすめです。

キャンバス素材

素足との相性が抜群

スニーカーに多く使用されているキャンバス素材ですが、デッキシューズにも使用されています。キャンバス素材とは帆布とも呼ばれ、厚手でしっかりとした生地のことです。布地ではありますが、頑丈で水に濡れることも考えられたデッキシューズには持ってこいの素材。濡れても乾きやすく、レザーに慣れていない方も安心して履けますよ。

素足で履くことも多いデッキシューズですが、キャンバス素材のデッキシューズなら、より素足に馴染みやすいとされています。柔らかく肌なじみがいいので、素足で履いても疲れにくいですよ。よりカジュアルさを出したいときには、素足でキャンバス素材のデッキシューズでコーディネートするのがおすすめです。

デッキシューズの選び方

色で選ぶ

メインシーズンの春夏に使用するならアクセントカラーがおすすめ

デッキシューズのメインシーズンは春と夏です。服装も明るいものを多く取り入れる季節なので、デッキシューズも明るい色のものがおすすめです。普段モノトーンの洋服が多いという方も、足元にアクセントカラーとして明るい色を取り入れることで、いつもの自分とは違う一面を見せることも可能。おしゃれの一部として取り入れることができますよ。

オールシーズン使用するなら落ち着いた色を

メインシーズンの春夏だけでなく、オールシーズン使用したいと考えている方もいるでしょう。そういった方には、ブラックやブラウンなど落ち着いた色を選ぶのがおすすめです。秋冬といった肌寒い季節は暗い色の服装が多くなりませんか。秋冬のモノトーンなコーディネートにも、しっかり合わせられますよ。どの洋服にも合わせたい方は、落ち着いた色味のものを選んでみてくださいね。

アッパーのデザインで選ぶ

紐の結び目が見えないものならフォーマルにも合わせられる

カジュアルな靴として扱われているデッキシューズですが、デザイン次第ではフォーマルな場でも履くことが可能です。デッキシューズには紐が付いているものが多くありますが、靴紐の結び目が見えないディスプレイ結びになっているものなら、フォーマルな雰囲気にも合いますよ。また、アッパーと同じ素材でできている靴紐のデッキシューズを選ぶのもおすすめです。落ち着いた色のレザー素材を選べば、よりフォーマルな雰囲気になりますよ。

程よく上品に見えるのはモカシンタイプ

フォーマルまで行かなくても上品に仕上げたいという方もいるでしょう。そういった場合はモカシンタイプのデッキシューズがおすすめです。モカシンとは靴の甲であるアッパー部分がU字に縫われている靴を指します。縫い目のステッチがアクセントとなり、上品さを感じさせてくれますよ。また、スエード素材のものや、ボトムスと色を合わせることで、より上品に見せてくれるでしょう。

コーディネートで選ぶ

爽やかに仕上げるなら靴下なしで履けるものを

涼し気でカジュアルな雰囲気のあるデッキシューズですが、より爽やかに見せたいなら靴下なしで履けるものを選ぶのがおすすめです。もともと水に濡れることを考え、靴下なしで履けるものが多いデッキシューズですが、硬めのレザーなどしっかりした素材の場合、靴下を合わせたくなることもあるでしょう。やわらかいインソールを使用しているものや、靴本体が柔らかい素材でできているものを選ぶことで、より快適に過ごすことができますよ。

足元にアクセントを持たせるなら靴下と合わせたデザインがおすすめ

あえて靴下を見せて、ファッションのアクセントとするのもおすすめです。鮮やかなカラーや柄物の靴下を覗かせるファッションも流行っていますよね。靴下を見せるコーディネートをしたい場合は、靴下に合わせたデッキシューズを合わせるのがおすすめです。鮮やかな靴下に合わせるなら落ち着いた色や、白のデッキシューズがおすすめ。靴下と合わせてファッションを楽しんでくださいね。

デッキシューズのおすすめブランド・メーカー

ティンバーランド

完全防水で雨の日も安心

ティンバーランドと言えば登山靴をモチーフとしたイエローブーツを想像する方も多いかと思いますが、デッキシューズも扱っています。ティンバーランドのデッキシューズは水に強いものが多く、完全防水のものもありますよ。雨の日も地面を気にすることなく、安心して履くことができますよ。

REGAL(リーガル)

高品質で手が出しやすい価格が魅力

靴メーカーとして人気のREGAL(リーガル)。革靴を使用している方も多いのではないでしょうか。REGALのデッキシューズは、ほかのシューズと同じく高品質で手が出しやすい価格になっています。飽きが来なく、長く履き続けることができますよ。

スペリートップサイダー

世界で初めてデッキシューズを開発した元祖デッキシューズブランド

デッキシューズの生みの親であるスペリートップサイダー。スペリーソールと呼ばれる溝の入ったソールは、滑りやすい地面でも安心して歩くことが可能です。デッキシューズの元祖なだけあり、種類も豊富。お気に入りの1足を見つけることができますよ。

Paraboot(パラブーツ)

丸みのある独特な形状が特徴的

フランス生まれのシューズブランドであるParaboot(パラブーツ)。Parabootはラバーソールを自社製造しており、ブランド独自のデッキシューズになっていますよ。また、形は丸みのある上品なデザインになっています。フランス軍も使用すると言われている滑りにくいラバーソールを、ぜひ体感してみてくださいね。

おすすめ&人気のデッキシューズランキング

レザー素材でおすすめのデッキシューズ

ティンバーランド-HERITAGE 3EYE CLASSIC LUG 3003(16,800円)

高級感を感じる360度革素材

上質なプレミアムフルグレインレザーを使用した、ティンバーランドのデッキシューズ。もっとも高級で丈夫な革と言われているフルグレインレザーを360度に使用していますよ。カジュアルと高級感の両方を兼ね備えたデッキシューズです。

こちらはかかとの浅いデザインになっていますが、360度に縫われたレースにより履きやすさを実現しています。歩いているときに脱げてしまうといったこともないでしょう。フィット感を感じながら履くことができますよ。

Paraboot(パラブーツ)-BARTH Cuir Lisse Brillant(29,700円)

上品なデザインなのでフォーマルにも使用できる

上品なデザインに仕上げられているParaboot(パラブーツ)のBARTH Cuir Lisse。光沢のある革なので、より高級感を演出してくれていますよ。シンプルなデザインなので、どんなコーディネートにも合わせられますよ。服装を問わず使用できるデッキシューズを選びたい方におすすめです。

使用しているレザーは、Parabootのために開発されたヴォイルレザーを使用しています。濡れた後に乾いたときも、革がひび割れてしまうことはありません。雨はもちろん、海水に濡れても大丈夫。海での使用もおすすめですよ。

REGAL(リーガル)-61VR(19,800円)

素足でも快適なインソールを使用

他にはない風合いのレザーがおしゃれなREGAL(リーガル)の61VR。2色の革を使用しているので、一見地味に見えますが、おしゃれさを出してくれますよ。カジュアルにレザーを履きこなしたい方におすすめです。

使用しているレザーは山羊皮。柔らかい素材なので、肌なじみもいいですよ。また、インソールはクッション性が高く、素足で履いても疲れることはありません。暑い夏でも、素足で涼し気に見せることが可能です。

SEBAGO(セバゴ)-PORTLAND(19,800円)

足全体を包み込むモカシン製法

アメリカのシューズブランドであるSEBAGO(セバゴ)のPORTLANDは、職人の手作業で作られたデッキシューズです。ハンドメイドにこだわるブランドで、それはデッキシューズも同じ。丁寧に作られており、こだわりの1足になりますよ。

こちらのデッキシューズはモカシン製法で作られています。頑丈に作られているので、足全体をしっかり包み込んでくれますよ。1枚皮で作られており、靴下を履いているような、気持ちいいフィット感を得られるでしょう。

ROCKPORT(ロックポート)-Ports of Call Perth(18,063円)

落ち着きを感じさせるスエード素材

ROCKPORT(ロックポート)のデッキシューズは、スエード素材でできています。カジュアルになりすぎず、上品さと落ち着きを感じさせてくれます。カジュアルはもちろん、きれいめなコーディネートにも合いますよ。

アウトソールのラバーは耐久性とグリップ力があり、長時間歩いても疲れにくくできていますよ。トゥ部分は職人の手縫いで作られていて丈夫。靴全体の作りが丈夫にできているので、長く愛用することができますよ。

キャンバス素材でおすすめのデッキシューズ

スペリートップサイダー-シーメイト(7,480円)

ネイビーとホワイトの組み合わせが爽やかに見せてくれる

スペリートップサイダーのシーメイトは、ブランドの顔とも言えるシリーズです。デッキシューズの代表的な形になっており、流行にとらわれずに使用することができますよ。最初のデッキシューズに選ぶのもおすすめです。

カジュアルで爽やかなイメージのあるデッキシューズですが、こちらはそれを体現するようなカラー。ネイビーのボディにホワイトのシューレースの組み合わせが、より爽やかさや涼しさを演出してくれますよ。マリンコーディネートにも合わせやすいでしょう。

ラルフローレン-Trun Boat(16,980円)

ネイビーと赤のさりげないラインがおしゃれ

真っ白なキャンバス素材が爽やかなラルフローレンのTrun Boat。暑い日にも涼し気に見せてくれるホワイトに、ネイビーと赤のラインがさりげなく入っているデザインになっています。このトリコロールカラーがおしゃれに見せてくれますよ。

こちらのデッキシューズは大きなサイズもありますよ。日本サイズで30cmほどまで扱っています。普段靴のサイズがなくて困っている方も、合うサイズを見つけることができるでしょう。足のサイズが大きな方にもおすすめです。

A-FACTORY(エーファクトリー)-デッキシューズ(980円)

普段使いにおすすめな低価格のデッキシューズ

A-FACTORY(エーファクトリー)のデッキシューズはとてもリーズナブルな価格設定になっています。価格が高い物は普段使いしにくいと感じる方もいるのではないでしょうか。こちらは低価格で購入できるので、毎日使用しやすいと言えるでしょう。

靴の底はフラットになっているので、足にもしっかり馴染んでくれますよ。また、柔らかいので疲れにくいでしょう。溝も全体に入っているので、滑りにくく、地面が濡れているときも滑りを気にせず使用できますよ。

ティンバーランド- UNION WHARF Boat Oxford(6,900円)

すっきりと見せてくれるバルカナイズ製法

これぞデッキシューズと言える定番の形をしているティンバーランドのUNION WHARF Boat Oxford。シンプルなデザインなので、どのコーディネートにも合わせやすいですよ。履き続けてくたっとした状態も、味として楽しむことができます。

ソールはバルカナイズ製法という作り方をされています。バルカナイズ製法とは、違う素材のものを密着させるために硫黄を用いて熱と圧力をかける製法で、スニーカーによく使われている技術です。この技術により、足元がすっきりとして見えますよ。

ZAPATOS CLUB(サパトスクラブ)-キャンバスデッキシューズ(2,195円)

初めての人も手が出しやすい低価格なデッキシューズ

JOZE(ジョゼ)のキャンバスデッキシューズは、とてもシンプルな形と色になっています。1色で仕上げられたものからコンビカラーになったものまでありますよ。好みや服装に合わせて色を選ぶことが可能です。

高めな価格設定になっているものが多いですが、こちらはリーズナブルな価格設定になっています。初めてデッキシューズを購入するという方にも、手が出しやすいデッキシューズと言えますよ。初めて購入する方は、こちらもチェックしてみてくださいね。

レディースでおすすめのデッキシューズ

ミネトンカ-ボートモック(9,045円)

レザー素材のボディと 紐が上品さを演出

モカシンシューズでお馴染みのミネトンカのボートモック。カジュアルに見えがちなデッキシューズですが、こちらはレザーを使用しており上品さを演出してくれます。靴紐にも牛革を使用しているので、高級感も感じさせてくれますよ。

使用しているレザーはとても柔らかいので、素足で履いても違和感を感じることはありません。硬さを感じないので歩きやすいですよ。また、履き続けることで革の変化も感じられ、レザーシューズの良さを味わうことが可能です。

スペリートップサイダー-CREST BOAT(7,500円)

シンプルでコーディネートを選ばない

スペリートップサイダーのCREST BOATは、シンプルなデザインのデッキシューズです。1色仕上げなので、シンプルな服装はもちろん派手目な服装にもマッチしてくれますよ。素材は粗めのキャンバスなのでカジュアル感をより出してくれます。カジュアルな服装が多い方におすすめです。

ソールはスペリートップサイダーのオリジナルカットを施してあるので、滑りにくく安定感がありますよ。また、インソールには形状記憶効果を持つメモリーフォームインソールを使用。安定感があり快適に履くことができますよ。

HAWKINS(ホーキンス)-JOYCE( 4,389円)

履き口が丁度いい深さで履きやすい

HAWKINS(ホーキンス)のデッキシューズは合成皮革素材でできています。本革だとお手入れが大変と感じる方も、合成皮革なら扱いやすいですよ。レザー素材でお手入れが簡単なデッキシューズを選びたい方におすすめです。

脚の幅が広い方でも履きやすいよう、ゆったりした設計になっています。足に合った靴を選ぶことが大切ですが、足幅が広く、靴選びに困ることがある方にもおすすめですよ。クッション性のあるインソールと合わせて、歩きやすいでしょう。

Lee(リー)- FIONA(5,390円)

超軽量で履いていないような感覚を味わえる

Lee(リー)のデッキシューズは、明るくかわいらしい色に仕上げてあります。縦に赤い糸、横に白い糸を使用したシャンブレー素材になっているので、主張しすぎず、優しい雰囲気を演出してくれますよ。明るく優しい雰囲気を持つデッキシューズを選びたい方におすすめです。

インソールは低反発性のあるものを使用しています。歩いているときの衝撃を吸収してくれ、足への負担を減らしてくれますよ。また、片足160gと軽量なので、疲れにくいでしょう。長時間履くときにもおすすめのデッキシューズです。

DANASSA(ダナッサ)-デッキシューズ(12,100円)

男女お揃いが可能なユニセックスサイズ

すべて真っ白な色でデザインされたDANASSA(ダナッサ)のデッキシューズ。ボディはもちろん、シューレースやソールもすべて白でできています。真っ白なシューズがコーディネートのアクセントにもなり、おすすめです。

こちらは女性サイズはもちろん、男性向けの大きいサイズもあります。洋服は難しくても、足元ならお揃いにしやすいと考える方も多いでしょう。こちらのデッキシューズなら、カップルでお揃いの靴を楽しむこともできますよ。

まとめ

私服のテイストに合わせたデッキシューズがおすすめ

デッキシューズを選ぶ際に大切なのが、私服のテイストに合わせたデザインや素材のものを選ぶことです。おしゃれは足元まで気にする必要がありますよね。ファッションのテイストに合わせることで、よりおしゃれを楽しむことができますよ。ぜひ、お気に入りの1足を見つけてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*