おすすめのメンズレインブーツ人気ランキング!【クロックスも】

雨の日にズボンの裾や靴下が濡れてしまうと不快な気分になりますよね。特に梅雨の時期で連日の雨だとうんざりするでしょう。しかし、レインブーツがあれば天候に左右されず快適に過ごせます。メンズ用のレインブーツでは私服に合わせられるカジュアルなデザインだけでなく、スーツスタイルに最適なフォーマルなデザインなどがあります。当ページではシーン別のメンズレインブーツの選び方やおすすめのモデルまでを紹介しているので是非参考にしてください。

メンズレインブーツの特徴

雨や雪の日でもズボン裾を濡らさずに済む

男性は丈が長いズボンを履く日が多いため、雨や雪の日は裾を濡らさないよう慎重になるでしょう。しかし、雨や雪の日にレインブーツを着用すればズボンの裾が濡れる心配がありません。また、靴の中に水が入り込んで靴下が濡れてしまうのを防ぐこともできます。

アウトドアや屋外作業での汚れを防ぐ

レインブーツは雨の日だけでなく、晴れの日でもズボンが汚れないために着用するのも良いです。たとえばアウトドアでキャンプを楽しんだり、農作業や庭の手入れをしたりする場合が挙げられます。屋外での作業時は泥や土などでズボンが汚れやすいですが、レインブーツを履いていればカバーの役割を果たしてくれるのです。

メンズレインブーツの種類

ノーマルタイプ

履き口が広く素早く履ける

ノーマルタイプは履き口にチャックやベルトなどがなく、そのままの状態で足を入れられます。履き口が広めになっているので素早く着脱ができるでしょう。ただし履き口が広い分、ダボっとした印象に見えるのが弱点。一方で、厚手のズボンを履いても窮屈にならないのはメリットだと言えます。

ノーマルタイプのレインブーツには履き口に絞りがついている商品もあります。ノーマルタイプは履き口が広いため、地面からはねた水や泥などが履き口からレインブーツの中に入り込んでしまうことがありますが、絞りがあれば履き口をふさぐことができるのです。なお、絞りがついているレインブーツは絞りは巾着のように紐で調整できるので、足の太さに合わせられます。

サイドゴアタイプ

すっきりした見た目で履きやすい

サイドゴアタイプは履き口の側面にゴム布をあしらっているデザインを指します。伸縮性のあるゴム布を使用することで、履き口が狭いレインブーツでも着脱がしやすくなるのです。また、丈が短いレインブーツでも足首にフィットするので履き心地が良いのも魅力。

サイドゴアタイプはノーマルタイプよりも細身のデザインが多いため、ファッションの一部としておしゃれに履きこなすことができます。また、履き口が狭いため雨や泥が侵入しにくいのも嬉しいです。ゴム布のおかげで、しゃがんだ時でも履き口に触れる足の部分が痛くなりにくいのもサイドゴアのメリットと言えます。

レースアップタイプ

デザイン性が高くおしゃれ

レースアップタイプは履き口を紐で締めあげるまたは締めあげたようなデザインになっています。ショート丈でレースアップタイプのレインブーツなら、まるでスニーカーのような見た目で履きこなしやすいです。一方、未ミディアム丈やロング丈ならよりファッション性が高くなります。

レースアップタイプはカジュアルな印象になるので、スーツスタイルやビジネスシーンでは不向きな場合もあります。もしスーツに合わせるなら、ビジネスシューズのようなデザインを選びましょう。外回りが多い職業なら一足は持っておくと便利です。

メンズレインブーツの選び方

丈の長さで選ぶ

スーツに合わせるならショート丈

スーツスタイルにレインブーツを合わせるなら、カジュアルになりすぎないショート丈がおすすめです。ショート丈ならズボンがレインブーツの中に入らないので、ズボン裾がシワになってしまうこともありません。また、履き口が足首にフィットされるので歩きやすく、通勤や外回りの時間が長くても疲れにくいのも魅力と言えます。

カジュアルコーデに合わせるならミディアム丈

普段着に合わせるなら、ショート丈よりも雨や泥などからカバーしてくれる範囲が広いミディアム丈をおすすめします。丈が長すぎないのでアウトドアでも動きやすいです。ミディアム丈のレインブーツにズボンをインすればおしゃれな印象になりますし、ハーフパンツやロールアップパンツと合わせるのもバランスが良いです。

大雨や大雪に備えるならロング丈

大雨や大雪など自然災害の際には、足首やふくらはぎまで水や雪に浸かってしまう場合があるのでロング丈のレインブーツがおすすめです。また、ひざ下までしっかりカバーしてくれるので、草むらを歩く際や農作業の際にも汚れ防止で活躍します。万が一の災害に備えるためにもロング丈は一足持っておくと良いでしょう。

素材で選ぶ

傷や汚れに強いPVC素材

塩化ビニールのPVC素材は高い強度を持っているため、傷がつきにくいのが特徴です。汚れがついても落としやすいので、泥はねが気になるシーンにも最適です。また、PVC素材のレインブーツは軽量で歩きやすいうえ、比較的低価格で販売されているのも魅力。劣化もしにくいので非常にコストパフォーマンスに優れています。

防水性が高いラバー素材

ラバー素材は多くのレインブーツで使用されています。防水性が高いので水が染みてしまう心配もありません。さらに断熱性も高いので、秋冬には防寒対策としても活躍してくれます。足にフィットするため歩きやすく、農作業や外回りなど長時間履くようなシーンでも疲れにくいことでしょう。フィット感が高いゆえ、着脱しにくいことがあるので履き口が大きめに開くデザインがおすすめ。

ファッション性が高い合成皮革

合成皮革はナイロンやポリエステル生地の上にポリウレタンなどの合成樹脂を塗布した素材です。デザイン性も重視しつつ防水性にも優れているのが特徴。デザインによってはレインブーツとは気づきにくいため、晴れた日に履いても違和感がないでしょう。ただし、防水性がやや劣り傷が目立ちやすいのが弱点なので、アウトドアよりも通勤や通学など短時間の利用に適しています。

足の蒸れを防ぎたいならゴアテックス素材

ゴアテックス素材は防水透湿性に優れているため、アウトドアグッズでも幅広く使用されています。ゴアテックス素材は水蒸気を放出することで、蒸れにくさを実現。そのため、ゴアテックス素材をレインブーツに使用することで、足の蒸れを防げるというわけです。特に長時間着用する状況で快適さを求める場合におすすめできます。

メンズレインブーツのおすすめブランド・メーカー

クロックス

シンプルなデザインで合わせやすい

クロックスは数多くの合成樹脂製の靴を製造販売している会社。クロックスのメンズレインブーツはシンプルなデザインです。どんなファッションジャンルでも合わせやすいので、初めてレインブーツを購入する場合にもおすすめ。

ハンター

さまざまなシーンで活躍するデザインが充実

ハンターは英国王室御用達の伝統的ラバーブーツブランドです。ハンターのメンズレインブーツはサイドゴアタイプやベルトの装飾がついているデザインが豊富。シンプルですがどこかおしゃれな印象を持ちます。

ノースフェイス

アウトドアでも活躍するレインブーツが豊富

ノースフェイスは登山用品やキャンプ用品などを製造販売するメーカー。アウトドアブランドとして培ったノウハウを生かすレインブーツが豊富。雪山でも履けるような防寒性を持ち合わせたレインブーツも展開しています。

コールマン

安全性と履きやすさにこだわっている

コールマンはキャンプ用品を中心に製造販売しているメーカー。メンズレインブーツは滑りにくさやクッション性を兼ね備えたモデルが多いです。歩きやすいレインブーツを探しているなら是非チェックしておきたいメーカーです。

おすすめ&人気のメンズレインブーツランキング

ショート丈でおすすめのメンズレインブーツ

レインファブス-サイドゴアレインブーツBARAN (11,000円)

カジュアルスタイルにもスーツスタイルにも最適

シンプルなサイドゴアレインブーツでビジネスからプライベートまで幅広いシーンで活躍します。細部のシワまで忠実に再現することでまるで本革のような見た目です。ソールとアッパーはつなぎ目のない構造なので水が染みる心配もありません。

履き口とゴアの切り替え部分に靴擦れ軽減ガードを採用しているため、靴擦れが起こりにくくなっています。さらに、内側全体にインナークッションを施しているため足が疲れにくいのも魅力。雨の日はもちろん、晴れの日でもブーツとしておしゃれに履きこなすことができます。

ccilu -スニーカーレインシューズ (7,980円)

耐久性に優れた独自開発素材を使用

スニーカーデザインでカジュアルなコーディネイトにぴったり。他のEVA素材よりも耐久性や衝撃吸収性に優れた独自開発のccilucell(チルセル)という素材を使用しています。抗菌、防臭機能もあるので、足の臭いが気になる場合にも安心です。

インナーにはウエットスーツにも使われる素材を使用し、水が染みるのを防ぐとともに防寒対策にもなります。また、クッションとしての役割も果たすため靴擦れを軽減してくれるのも嬉しいです。グリップ力に優れた靴底を使用しているため、濡れた地面でも滑りにくくて安全。

レインファブス-チャッカ型レインブーツPLUBO (11,000円)

デザイン性と機能性を併せ持っている

スーツスタイルやジャケットスタイルにもおすすめのレインブーツ。まるでビジネスシューズのような見た目は高級感も漂います。アッパーとソールはつなぎ目の無い一体成型ですが、フェイクでステッチを入れるほどデザインへのこだわりも追及。

職人の手作業による加工が施されているため、履き慣れた革靴のような重厚感もあります。ハイカットデザインですが、履き口にはガードを搭載しているため靴擦れを防いでくれるでしょう。インナーには歩行の衝撃を和らげてくれるクッション性の高いインソールを採用しているため、足への負担を軽減してくれます。

リベルトエドウィン-防水スニーカーブーツ (4,500円)

コストパフォーマンスが高いおしゃれなモデル

デニムやハーフパンツなどのカジュアルスタイルにぴったりのデザイン。おしゃれな見た目はレインブーツだと気付かれにくいでしょう。雨の日はもちろん、寒い時期には防寒のために着用できるので非常にコスパも高いです。

履き口部分はハイカットでも折り返しても着用できる3WAY仕様なので、ファッションに合わせて楽しめます。なお、静水4センチに4時間浸漬を基準に製造されているため防水性もしっかりあります。靴底には防滑機能を持つラバーグリップソールを使用しているため安全性も高いです。

フォックスアンブレラ-スリッポンレインシューズ (15,400円)

老舗レインブランドがこだわったクオリティの高さが魅力

英国皇室御用達で世界トップレベルの老舗レインブランドが製造しているレインシューズです。品格あるクオリティとデザインは各国の皇室や王室でも愛されるほど。シンプルなデザインはどんなコーディネイトにも合わせやすいです。

スリッポンタイプなので着脱のしやすさも魅力です。また、手で曲げられるほど柔らかい靴底で歩きやすいうえ、グリップ力も備えているため防滑性もあります。パーツのつなぎ目もしっかり密着されているので水が染みる心配もありません。

ミディアム丈でおすすめのメンズレインブーツ

ハンター-メンズ オリジナル ショートブーツ (18,150円)

28もの部品を3日間かけて組み立てているこだわりのモデル

ふくらはぎ丈のレインブーツで、さまざまなズボンに合わせやすいです。ハンターのロゴとサイドのベルトによってシンプルながらもおしゃれな印象になります。3日間かけて手作りで組み立てられているのが特徴です。

マット仕上げの天然加硫ゴムを使用しているため、高級感も持ち合わせています。靴底にはハンターオリジナルのトレッドパターンを採用し、防滑性を高めています。年齢問わず履けるデザインなので長く愛用できるでしょう。

クロックス-オールキャスト レイン ブーツ (5,000円)

初めてのレインブーツにもおすすめの合わせやすいデザイン

シンプルなデザインなので初めてレインブーツを買う方にもおすすめです。程よい丈の長さでどんなパンツにも合わせやすいでしょう。ラバーを配合したクロスライト素材を使用しているため柔軟性に優れています。

つなぎ目のない一体成型のレインブーツで防水性が高いのも魅力。 軽い履き心地と高いクッション性によって長時間の着用でも負担がかかりません。また、滑りにくいアウトソールを搭載しているので濡れた地面でも安全。

ノースフェイス-ベースキャンプブーティライト2 (15,400円)

防水性と着脱のしやすさを兼ね備えたデザイン

履き口にスカートと呼ばれる絞りを搭載することで、水の侵入を防いでくれるレインブーツ。ファスナーによって開閉できるので着脱がしやすいのも嬉しいです。筒部分を丸めてコンパクトにできるので旅行や出張などに持ち歩くのも良いでしょう。

アッパー部分と絞り部分は一枚生地で作られているため、つなぎ目からの浸水も心配ありません。靴底にはグリップ力が高いラグパターンを採用しているため安全性も高いです。さらに軽量なので足への負担も軽減してくれます。

ミツウマ-キープ長タフ5 (4,990円)

オールシーズン快適に履ける低価格なモデル

ゴム長靴のトップメーカーが製造したレインブーツ。絞りカバーがついているため、跳ね返りなどによる履き口からの水や泥の侵入を防いでくれます。独自のタフ配合により同社従来品より強度が40%もアップしているのも特徴。

オールシーズン対応のダブルラッセル裏布と中敷で夏は涼しく、冬は暖かいを実現しました。見た目は重厚感がありますが、従来品に比べ25%軽量な設計になっています。低価格で機能性が高いレインブーツと言えます。

ノースフェイス-ヌプシダウンブーティー (9,856円)

雪の日でも安心の保湿性とグリップ力

国内産の高品質なクリーンダウンを封入したレインブーツで、とにかく保湿性が高いのが特徴。寒冷地の除雪作業でも活躍するでしょう。日本人の足に合う形状で仕上げられているため、フィットしやすいのも嬉しいです。

足首ホールドシステムを内蔵しているため、足への負担も軽減されます。ソールにはセラミック粒子を練りこんだノースフェイスオリジナルのビブラムアイストレックを採用し、雪上や氷上でもグリップ力が高いです。また、雪が詰まりにくい形状なのも魅力。

ロング丈でおすすめのメンズレインブーツ

コールマン-メンズ レインブーツ (6,490円)

快適さと手入れのしやすさを重視

細身のデザインなのでスタイリッシュな印象になるレインブーツ。履き口のサイド部分にはベルトが搭載されているため着脱しやすいです。長めの丈なので水や泥が浸入しにくく、農作業やアウトドアにも活躍します。

靴底はでこぼことした滑りにくい設計なので濡れた地面でも安全に歩けます。さらに屈曲性のある構造なので、長時間の歩行でも快適に感じます。また、中敷は取り外し可能なので手入れがしやすいのも嬉しいです。

ハイテック-ラバーブーツ KAGEROW (4,400円)

薄めの靴底が足の動きにフィット

イギリス発祥のアウトドアブランドのレインブーツ。タイトなデザインなので、泥や沼地のようなぬかるみでも脱げにくいのが特徴です。履き口部分には絞りがついているため、水や泥がはねても中に侵入する心配はありません。

くるくると丸めてコンパクトにできるため収納時も邪魔になりません。さらに収納バッグが付属しているので持ち運びも可能。また、靴底は薄くてしなやかなので、足の動きを妨げず履き心地が良いのも魅力と言えます。

ミツウマ-ロングサイズ農業長靴 (7,180円)

農作業に最適なひざ上丈

ひざ上丈の超ロングサイズの長靴で、田んぼなどのぬかるみでの農作業もズボンが汚れる心配がありません。裏布は滑りが良いので、着脱も楽にできます。また、つま先部分は補強されているので、耐久性にも優れているのが特徴です。

足首を固定するゴムベルト付属しているため、しっかり足にフィットし作業効率もアップするでしょう。靴底は泥を落としやすい形状になっているので手入れも簡単です。また、中敷きも無料でついてくるのもお得です。

まとめ

利用するシーンに合うメンズレインブーツがおすすめ

レインブーツは雨の日に履く印象が強いですが、アウトドアや農作業などでも活躍します。また、デザイン性の高いモデルならば、晴れている日でもおしゃれの一部として取り入れることができるのです。ビジネスや普段の日常など、どういったシーンで履くかによってレインブーツを選ぶのがおすすめです。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*