おすすめの照度計人気ランキング!【LED対応タイプも】

自宅から外に出て、学校やオフィスへ。誰しもが日々、色々な明るさの場所を行き来します。疲れ目などから、照明の明るさが気になる方もいるでしょう。照明の造語に適光適所という言葉があり、それぞれの場所には丁度いい明るさがあるものです。目が疲れてしまう方は、自宅の照明を買い替える際に、JISが定めている推奨照度と照らし合わせてみるのも面白いでしょう。思ったより部屋やオフィスが暗かった。疲れ目や視力低下の原因が、身近な照明にあるかもしれません。生活に必要不可欠な明かりですが、あまり知られていないのが測り方。実は市販されている照度計を入手すれば、誰でも測定することができます。今回は人の目から見た明るさが数値で解る、照度計を解説します。是非とも参考にして、役立つモデルを選んで下さい。

照度計とは?

人の目から見た明るさをルクス表示できる計測器

照度計はルクス計とも呼ばれる計測器です。受光部というセンサーが照度(ルクス)を感知。照度の値を数字や針の振れで、本体がディスプレイします。人の目に感度を似せたセンサーを使っているのが特徴。照度計を使うと、人の目から見た明るさを明確な数字で知ることができます。

照度計の特徴

ルクスを用い面の明るさを数値化する

ルクスは照明などに照らされている、面の明るさを表す単位です。例えば車のヘッドライトをガレージの壁に当てると、部分的に明るい場所ができます。そこに照度計をかざすと、ヘッドライトに照らされた部分の明るさを、ルクス単位で数値化できますよ。

自宅の照明を適切にコントロールできる

照度計があれば、照明に照らされているフロアの明るさが解ります。リビングや風呂の明るさ、机上の照度などもルクス単位で知ることができるでしょう。照明を明るい物に変えたり、ランプの位置を調整して照度を確保したりと、自宅の照明を適切にコントロールできます。

動植物を育てるのにも非常に役立つ

照度計は家庭菜園やガーデニング、熱帯魚の育成にも使えます。植物を光合成しやすい場所に配置するなど、環境の見直しが可能です。また、ビニールハウス内の明るさを知り、管理するのにも役立つでしょう。熱帯魚の水槽に使う照明を選んだり、照明の再配置で水草の光合成を助けたりすることもできます。

照度計の種類

アナログ式

消費電力が少ないシンプルな照度計

照度計は大きく分けて2種類あります。1つが昔からあるアナログの照度計。受光部に光を当てると明るさに応じた電気が発生し、針が振れる仕組みです。光度を計るだけのシンプルなタイプで、それほど電力を消費しません。そのため、受光部に太陽電池を併設した電池要らずのモデルもあります。

アナログ式は照度のレンジが狭く、高照度を計れるモデルでも15,000ルクスほどが限界です。そのため、曇天でも25,000ルクス以上ある日中の野外などには向きません。1,000ルクスほどの中照度が多い屋内や、低照度になる夜間の光りを計量するのに向いています。機種によってレンジが違うので、自分が計量する場所の推奨照度を調べて、対応している機種を選んで下さい。照度が高いと故障する例があるので、屋外では慎重に使うのがおすすめです。

デジタル式

多機能で屋外の計量にも使える

液晶ディスプレイで照度を表示するのがデジタル式の照度計です。基本的には受光部と本体が一体化しており、液晶の数字を見ながら手軽に計量できます。マルチタイプは温度や土壌のなど分析機能を搭載。今日ではアナログ式に成り代わり、照度計の主流になっています。

デジタル式の照度計はアナログと違い、ほとんどの機種が幅広い照度のレンジを持っています。そのため、1台あれば色々な場所の照度を計れるのがメリットです。上限が200,000ルクスに達する機種も多く、特殊な場所の照度も計量できますよ。例えば海岸やゲレンデなど、日光の反射で100,000ルクスを上回るような環境にも物怖じしません。

照度計の選び方

一体型かセパレート型かで選ぶ

影が測定の邪魔にならないセパレート型

セパレートは本体と受光部を切り離せる機能です。初めから別々になっている機種と、一体型にして使える2WAYの機種があります。セパレート機能は体が入らない場所でも計測できるなど、小回りの利くところが便利。また、計測者の影や物影から、受光部を遠ざけられるのもメリットです。影が邪魔になる場所で、測定の精度を高めてくれます。

汎用性が高い一体型は初心者向け

受光部と本体が一体になっているタイプです。セパレート型と違い片手で照度を測定できるため、ノートなどを持ちながら操作することができます。移動しながら照度を測りたい場合は、取り回しの良さが役立つでしょう。また、照度計を光源に向けるだけで測定できるため、操作が非常に簡単です。スタンダードなタイプと言え、初心者でも手軽に扱えます。

対象に合わせた計測上限を選ぶ

一般家庭に必要な目安は0から2,000ルクスほど

住宅などに必要な照度の基準は、JISの照度基準(JISZ9110)を見ると解ります。例えば読書や勉強であれば750ルクス。居間で手芸などの細かい作業をする際は、1,000ルクスほどが必要な照明基準です。リビングでの団らんは200ルクスほどが必要。高照度のレンジに対応していない照度計でも、上限2,000ルクスの範囲で十分に計測できます。市販されている照度計の大半が、住宅内に必要なレンジをカバーしていますよ。

外で使うなら100,000ルクスを目安に

農業で照度を計るなど、照度計を外で使う場合は100,000ルクスが求められる計測上限になります。快晴の真昼では、屋外の照度が100,000ルクスに達するからです。日光が反射する特殊な環境にも、計測上限の高い機種がおすすめでしょう。海岸や雪上が例に挙げられます。高照度のレンジはデジタル式の十八番。外で使う方はデジタル式から選ぶと安心です。

仕事に使うなら100,000ルクス以上がおすすめの目安

手術台などの特殊な道具を計測したり、スタジアムの建設に使ったりと、照度計は仕事にも使うアイテムです。研究や開発などで照度計を使う方は、100,000ルクス以上の計測上限がおすすめでしょう。デジタル式は200,000ルクスが計測上限になることも少なくありません。なるべくレンジが広い機種を選んでおくと、色々な場所の計測ができます。

精度の高さで選ぶ

精度が高い照度計はJIS規格に適合している

照度は色々な要因で変化します。使う人の肌や衣服の反射でも変わってしまう、意外とナイーブな値です。照度計で測るときも誤差が生じてしまいがち。そのため、精度を求める選び方は、かなり有効です。JISで定められている等級が、精度の目安になりますよ。ガスメーターや水道メーターのような公の数値を計量する機器は、法定計量器と呼ばれています。照度計も法定計量器の1つ。仕事などで使う方は、JIS規格の信頼性が必須になるでしょう。

一般用にはA級でも十分な精度

JIS規格のグレードは4つです。研究などに必要な高精度の精密級、特殊型照度測定器は市販されていません。そのため、2つから選ぶことになります。一般型A級はデータを実用的に使える精度。色々な要因で起こる誤差の限界値が少なく、誰が使っても信憑性を持つ測定ができます。自宅の照度を測るなら、A級で十分と言えるでしょう。

公の計測にはAA級の精度を

学校、会社などに提出する資料や証明書の照度を計る方は、型式承認済みの記載がある、一般型AA級準拠がおすすめです。照度の適正を評価できる精度で、取引証明や公的文書にデータを記入して構いません。誤差が非常に少ないため信頼性があります。なお、2,006年の法改正により廃止されたグレードですが、やや誤差がある一般型B級も市場に残っています。A級やB級は、公の測定に使わないのがマストでしょう。

便利な機能で選ぶ

初心者にも優しいオートレンジ機能

測定できるレンジが広い照度計は、照度に応じてモードを切り替える必要があります。一方、オートレンジ機能があれば、場所の照度に目安を付ける必要がありません。オートボタンを押しておけば照度が変わったときに、自動でモードを変えてくれます。移動しながら計量する場合などは、非常に重宝するでしょう。また、まだ目安が分らない初心者にも優しい機能です。

照明器具の比較にはルーメン表示機能が便利

照度(ルクス)は面の明るさを表した単位です。対して蛍光灯など、光源の明るさを表している単位は光束(ルーメン)と言います。照度計はルクスを表す計量器。一方、機種によってはルーメンを表示できるモデルもあります。ルーメン表示ができれば照明の比較が簡単です。インテリアの蛍光灯を比較して、より良い明るさを選ぶことができるでしょう。熱帯魚用の水草を育成するなど、趣味にも便利です。

エクセルなどのデータ収集にはホールド機能や記録機能を

照度のデータを取る方には、ホールド機能や記録機能がおすすめです。ホールド機能は照度を固定表示してくれるのがメリット。手ブレや移動で数値が変わりません。記録機能はボタンを押すと、SDカードなどに数値を保存していける機能です。いちいちメモを取る手間が省け、まとめて記録を編集できます。専用ソフトやエクセルで編集できる照度計などもあり、データ化には非常に便利な機能でしょう。

LED照明を測るならLED対応機種に

受光部のセンサーは、人の目をシミュレートした設計になっています。裸眼と同じように、緑の感度を高くしているのが特徴です。対してLEDは青色のチップを利用した光源。そのため、普通の照度計では、LEDの照度を低く見積もってしまうことがあります。LED照明を測る方は、特有の色調を感知できるLED対応機種を選んで下さい。

ガーデニングや農業に便利な分析機能

酸度や水分など、土壌を分析する機能や、温度計を搭載した照度計もあります。ガーデニングや家庭菜園を日課にしている方は、1台持っておくと非常に便利です。色々な場所の環境を、1台で把握することができるでしょう。ビニールハウス内や土の温度を測ることができ、時間による照度の変化も調べられます。水槽の温度管理にも向いており、熱帯魚を育てている方にもおすすめです。

照度計のおすすめブランド・メーカー

コニカミノルタ

光学の分野に精通したメジャーメーカー

日本でも著名な電気機器メーカーです。カメラやデジカメで有名だった、コニカとミノルタが統合した企業で、光学も主力分野に含まれています。2,006年3月に写真関連をソニーに引き継ぎましたが、計測器などの技術力は健在。照度計の高い精度は魅力と言えるでしょう。

シンワ測定

動植物を育てている方は要チェック

測定器のメジャーメーカー、シンワ測定。学校やカルチャースクール、職場などで、何らかの測定器を使ったことがあるかもしれません。実験用のはかり、L字の曲尺、工業工具など、身近に使われている測定器は多岐に渡ります。農業に用いられる環境分析用の測定器も有名。様々な測定機能の中に、照度計が含まれています。動植物を育てている方は、要チェックでしょう。

CEM(シーイーエム)

非常に広いレンジの照度計がある

アメリカのグローバル企業であるシーイーエムは、実験研究の分野において外すことができない企業です。非常に豊富な分析器を扱っており、色々な研究のフィールドに選ばれています。国際標準に準拠している高感度のセンサーが魅力。非常に広いレンジがあり、正確に照度を計測できます。

イチネンTASCO(イチネンタスコ)

照明環境に便利な照度計がある

イチネンタスコは空調や配管のスペシャリストです。DIYで使う一般的な工具類や照明器具、水平器などの分析器類も扱っています。その1つである照度計は非常に便利。照明専用のレンジも選べ、自宅や公共施設、工場などの照明を快適に調査できます。

おすすめ&人気の照度計ランキング

一体型でおすすめの照度計

シンワ測定-デジタル土壌酸度計72716 (2,890円)

家庭菜園などにピッタリのモデル

デジタル土壌酸度計に照度測定の機能が付いたモデルです。照度と土壌酸度の他にも、水分や温度を計測できます。簡易分析であり、本格的な農業などには向かないでしょう。一方、多機能でリーズナブルなのは魅力です。ガーデニングや家庭菜園など、趣味の領域には非常に使いやすくなっています。

測定レンジは9段階に分けられており、屋内であれば500ルクス未満のLOW-か、500から3,000ルクスのLOWを選ぶことになります。屋外には60,000ルクス以上が計れる、HIGH+を使うことになるでしょう。計測棒を地面に刺して固定できるので、影や手ブレの影響を避け、時間をかけて照度計測できます。初心者も扱いやすいモデルです。

シンワ測定-照度計 アイヘルス 78604 (2,717円)

適性照度が解る屋内向けの照度計

自宅の照度管理に特化したアナログの照度計です。アイヘルスの意味は、その名の通り目の健康を守ること。読書や勉強、ゲームなど、目を使うことが多いプライベート空間。視力に影響を及ぼす自宅内のルクスを1目で判断でき、改善していけるのがメリットです。

屋内の適正照度を記した早見表がディスプレイ上にあり、針の動きを見るだけで照度が適性かどうかを判断できます。太陽電池とセットになった受光部をかざすだけで、操作性は簡単。電池交換の必要もありません。誰でも便利に扱える、価格帯とランニングコストの両方がリーズナブルなモデルです。

イチネンタスコ-TA415LG デジタル照度計 (14,438円)

シンプルで信頼性が高い照度計

非常にシンプルな一体型のデジタル照度計です。複雑なボタン配置がなく、ホールドやレンジ切り替えに迷うことはありません。照度計測のみに特化した操作性が高いモデルです。測定範囲は0から39,900ルクス。主に屋内で活用することになります。

測定精度はプラスマイナス3%で、計測器のメジャーメーカー製です。はじき出した数値の信頼度は高いと言えるでしょう。公共施設など、来客がある場所の簡単な分析を任せることができます。店舗などの照明分析にも使う価値はあるでしょう。信頼できるリーズナブルなモデルと言えます。

サンワダイレクト-小型ライトメーター (5,080円)

ピンポイント測定や照明の比較を手軽にできる

初心者向けのシンプルなデジタル照度計で、レンジは0から200,000ルクスです。屋内と屋外の好きな場所で、照度を計測することができます。ユーザー目線の設計が便利で、誰でも安定した計測を行えるのがメリットでしょう。

カメラ用の三脚に据え付けることができ、人影やセンサーの位置を気にせずに設置できます。位置決めして置いておけば、長時間、同じ条件で照度を計測することも可能でしょう。屋外のピンポイント測定に最適なモデルです。LEDにも対応しており、照明の比較に使うのもおすすめですよ。

セパレート型でおすすめの照度計

シンワ測定-デジタル照度計 セパレート式 78747 (5,601円)

半屋外や仕事場の簡単な照度分析におすすめ

測定レンジが0から40,000ルクスの照度計です。直射日光下では使えないため、屋外の測定には向きません。屋内、または半屋外の照度測定におすすめでしょう。半屋外の例として、玄関やテラス、ベランダなどが挙げられます。

測定精度は安定しています。低価格帯には精度を記さないモデルもありますが、しっかり明記しているのはシンワ測定の良いところ。資料用には使えませんが信憑性はあり、ビニールハウス内やオフィスなど、作業場の簡単な照度分析に使えます。身近な照明環境の管理には便利な値段と性能でしょう。

カスタム-データロガー照度計 LX-2000SD (32,548円)

広い場所の照度を漏らさずデータ化できる

0から100,000ルクスまでの測定レンジを持つ、高い精度の照度計です。照度のデータ化を目的としている方におすすめと言えます。SDカードに測定結果を記録可能。エクセルにデータを読み込んで、一括管理することができます。

データの記録方法は手動か自動かを選択できます。計測ポイントが少なければ、手動記録も役立つでしょう。ホールド機能と計測中の最大値、最小値を表示できる機能があり、移動しながらの計測に重宝します。店舗のフロア、体育館、作業現場など、広い場所の細かい分析におすすめです。

LED対応でおすすめの照度計

コニカミノルタ-デジタル照度計 T-10MA (129,921円)

型式承認済みのAA級で非常に高精度のモデル

JIS規格に適合している、一般型AA級準拠の照度計です。照度の測定レンジは0.01から299,900ルクス。非常に幅広いため、日光の反射が厳しい屋外環境でも使うことができます。研究や調査用なので信頼性は抜群。精度を求めている方は要チェックでしょう。

普段は一体型ですが、取り外した受光部はLANケーブルで本体と接続できます。セパレート型にもなる2WAYの照度計です。パルス幅変調調光に対応しており、LEDやプロジェクターの照度も計測可能。オプションソフトを使い複数ポイントの測定ができるので、オフィスや広い場所の照度も分析できます。

シーイーエム-デジタル照度計DT-1308 (13,200円)

色々な照明を計測したい方におすすめのモデル

セパレート型のデジタル照度計です。非常に幅広い0から400,000ルクスのレンジを持っています。光源の違いを自動補正してくれる機能が優秀。パルス幅変調調光を出すLED蛍光灯に限らず、多彩な照明のルクスを計測できます。

DT-1308が想定している照明には、水銀灯やナトリウム灯も含まれています。例えば古い倉庫や体育館、工場などに用いられている明るい照明です。心当たりがある場所を測定する方には、非常におすすめと言えるでしょう。データ取りに使えるメモリー機能とホールド機能を搭載。広いレンジ幅が持つ高い汎用性で、色々な場所を計測してくれます。

テンマース-TM-201L (9,800円)

リーズナブルな白色LEDライト対応モデル

テンマースは台湾の計測器メーカーです。環境計測器を総合的に扱っており、信頼できる精度があります。温度計や照度計はプロ向けですが、一般人も手軽に購入できる価格帯です。TM-201Lも例に漏れず、価格以上の機能と言えるでしょう。

LED対応の機種はハイグレードなモデルが多く、高額になるケースが少なくありません。TM-201Lは白色LEDライトを計測できる、比較的リーズナブルなモデルです。0から200,000ルクスに対応しているレンジも十分。ホールド機能があり、屋内外を問わず照度を計測することができます。

日置電気-FT3425 (68,740円)

Bluetoothでスマホアプリと連動するハイテクモデル

日置電機は1,935年から続く、由緒ある測定器メーカーです。測定器の品質、精度をハイレベルに保つため、開発や生産、修理などを1つの敷地に集約しています。拠点外での製造は行っていません。思想に裏打ちされた照度計の精度は、目を見張ります。TM-201LはLEDに対応した一般型AA級準拠のモデル。型式承認があり、測定結果には高い信頼性があります。

Bluetooth接続でスマホとペアリング。各ストアでダウンロードできるスマホアプリ、GENNECT Crossを利用したデータ化が可能です。通常の照度計に比べて、仕事などの作業時間が大幅に短縮。記入ミスも格段に減らせるのがメリットでしょう。優れた作業効率が高評価され、グッドデザイン賞を取得しています。品質と精度の信頼性において、非常におすすめのモデルです。

まとめ

使い方に合ったレンジとグレードの照度計がおすすめ

照度は測定する人や環境によって、繊細に変化する値です。そのため、使う場面によって適切なグレード選びをするのが肝要です。資料作りなどではAA級以上。自宅の照明などをコントロールするだけであれば、A級でも十分な精度でしょう。加えて、屋内か屋外かで測定できるレンジを選定。グレードとレンジを間違えなければ、自分が測定したい場所に合わせて、正確な照度を記録できます。

コメントを残す

*