おすすめのヘルメットスピーカー人気ランキング!【デイトナも】

バイクの運転中も車と同じようにお気に入りの音楽を聞きたいですよね。そんな時におすすめなのがヘルメットスピーカーです。ヘルメットスピーカーがあればバイク運転中も音楽を聞けるため、より快適なツーリングを楽しめますよ。ヘルメットスピーカーには様々な種類がありますので、選び方のコツを抑えておくことがおすすめ。そこで今回はヘルメットスピーカーを選ぶときのコツや種類について詳しく解説します。おすすめのヘルメットスピーカーもお教えしますので、この記事を参考に使い勝手の良いスピーカーを見つけてくださいね。

ヘルメットスピーカーの特徴

バイク運転時に好きな音楽を聞ける

ヘルメットスピーカーを装着することでバイク運転時に好きな音楽を聞けるようになります。バイクにスピーカーをつけることも可能ですが、それだと周囲に音楽が丸聞こえになるためうるさく思われてしまうかもしれません。ヘルメットスピーカーなら自分にしか音楽が聞こえないので安心ですよ。

運転をしていなくてもヘルメットをつければいつでも音楽が聞ける

ヘルメットスピーカーは運転中しか使えないという訳ではありません。ヘルメットを装着して音楽を流せばいつでもどこでも音楽が聞けますよ。ツーリング中の休憩のときも好きな音楽を聞きながらゆったりくつろげます。

ヘルメットスピーカーの種類

有線タイプ

低コストで安定した接続を確保

有線タイプのスピーカーは充電不要、スマートフォンに接続するだけで音楽を聞けます。ヘルメット部分からコードを伸ばし、スマートフォンなどに接続する必要があるので長めのコードを選んでおくことがおすすめ。そうすればどこにスマートフォンを入れていてもきちんとつなげますよ。

有線タイプは機器とスピーカーをコードでつないでいるため、接続性が安定しているという特徴があります。音飛びなどがしにくいので、長時間クリアな音で音楽を聞けるでしょう。コストが優れているというメリットもありますよ。

無線タイプ

コードがないから快適に音楽が聞ける

無線タイプはBluetoothなどを使って機器とスピーカーを接続させます。こちらはコードがないため、どこにスマートフォンや音楽プレイヤーを身に着けていてもOK。コードを気にせずに済むので快適性も上々でしょう。

有線と比べると接続性が安定していないため、音飛びなどのトラブルがあるかもしれません。しかし最近の無線タイプは性能が上がってきているため、気になるほどのトラブルを感じることはないでしょう。クリアな音を長時間キープしたい人は接続性に自信のあるスピーカーを選んでみてくださいね。

ヘルメットスピーカーの選び方

機能性で選ぶ

重低音をしっかり出せる音質の優れたものがおすすめ

音質にこだわりたいなら重低音をしっかり出せる高音質のものを選びましょう。スピーカーによって音質の良し悪しは異なります。悪いものを選ぶと雑音が入ってくる恐れもあるため、口コミなどを参考に高音質スピーカーを見つけることがおすすめです。

ハンズフリー機能が付いていると通話もできてさらに便利

ヘルメットスピーカーの中にはハンズフリー機能が備わっているものがあります。ハンズフリーが付いていればバイク運転中に通話もできて便利ですよ。またハンズフリー機能を使った通話は違法にならないため、警察対策としても有効です。

装着感で選ぶ

ヘルメット装着時の空間でスピーカーの薄さを決める

スピーカーは両耳に装着し、その上からヘルメットをかぶることとなります。そのためヘルメットをかぶった時の空間に合わせてスピーカーの薄さを選ぶことが大切です。スピーカーが大きいものは耳や頭が痛くなる恐れがあるため、できるだけ薄めのものを選ぶと良いでしょう。

柔らかすぎず固すぎないクッションなら耳が痛くなりにくい

スピーカーにはクッションが付属していますが、クッションの固さは普通程度のものを選びましょう。柔らかすぎるもの、または固すぎるものは長時間の装着に適していません。耳が痛くなる可能性が高いため、長くツーリングを楽しむならクッションの固さにもこだわってみてくださいね。

取り付け方法で選ぶ

初心者にはマジックテープ式がおすすめ

ヘルメットスピーカーを初めて使う人にはマジックテープ式のものがおすすめです。マジックテープ式は難しい設置方法を実践せずに済みますので、初心者でも簡単に取り付けられるでしょう。初心者ではないけれど、配線などが苦手という方にも最適です。

上級者はヘルメット内装を外してセットするものがおすすめ

ヘルメットスピーカーをこれまでに何度も使ったことがあるという上級者には配線が必要な種類のものがおすすめです。ヘルメットの内装を外して配線を繋ぐという難しい設置方法ですが、手順さえ理解しておけばスムーズに行えます。スピーカーの位置が安定する、音質が安定するなどのメリットもありますよ。

ヘルメットスピーカーのおすすめブランド・メーカー

SYGN HOUSE(サインハウス)

高品質なB+COMシリーズを展開するメーカー

バイク用品を専門的に取り扱うメーカーです。最高音質の音を届けるだけでなく、通話機能も搭載したB+COMシリーズを展開。スピーカーの外観を変えられる着せ替えオプションもあるため、自分だけのスピーカーを作ることができますよ。

WINS(ウインズ)

好みの音質を選べるサウンドテック2シリーズを展開

上質な音、パワフルな音、安定した音など好みの音質別にスピーカーを展開しているメーカーです。スピーカーの展開数も多いため、幅広い選択肢の中から選べるでしょう。初心者向けのイージーテックは低価格で購入できるのでお得ですよ。

DAYTONA(デイトナ)

音質の良さを追求した高品質スピーカーを販売するメーカー

バイク用品を幅広く展開する知名度の高いメーカーです。高品質な音を届けるスピーカーを多数展開。薄めのスピーカーが多いため、コンパクトで使い勝手の良い高機能スピーカーをお探しの方におすすめです。

STILO(スティーロ)

スピーカー+マイク内蔵のヘルメットを展開するメーカー

ヘルメットスピーカーやヘルメットなどのバイク用品を取り扱うメーカーです。ヘルメットスピーカーのみもありますが、スピーカーとマイクが内蔵されたヘルメットも展開。内蔵タイプなら配線の必要もありませんので、購入してからすぐに使えるでしょう。

おすすめ&人気のヘルメットスピーカーランキング

有線タイプでおすすめのヘルメットスピーカー

DAYTONA-ヘルメットスピーカー (1,650円)

片耳だけだから運転に支障が出にくい

こちらはシングルタイプのスピーカーです。片耳だけしか塞ぎませんので、運転に支障が出にくく、外の音もしっかり拾えます。音楽は聞きたいけれど両耳をふさがれるのは不安という方におすすめです。

コードの長さが0.2mと短いため、ヘルメットに近い位置にスマホや音楽プレイヤーを置いておきましょう。必要であれば延長ケーブルの購入もおすすめです。低価格なシングルスピーカーをお探しの方に最適ですよ。

SYGN HOUSE-HELMET SPEAKER NEO. (4,400円)

直径40mmのコンパクトスピーカー

ヘルメットの内装に接着シートで取り付けるだけのスピーカーです。難しい設置方法ではありませんので、初心者の方にもおすすめですよ。直径4センチと非常に小さいため、ヘルメット装着時に耳との間の空間が狭めの人にも最適です。

B+COMシリーズなので最高品質の音を聞くことが可能。重低音をしっかり出せるクリアな音質なので好きな音楽をより良い状態で聞けるでしょう。高品質なコンパクトスピーカーをお探しの方におすすめです。

Happy Smiles-ヘルメットスピーカー (940円)

取付簡単、コストに優れたスピーカー

付属の両面テープを使って簡単にヘルメットに取り付けられます。配線関係が苦手な方、ヘルメットスピーカー初心者の方でもすぐに設置できるでしょう。サイズが小さいのでコンパクトな商品をお探しの方にも最適ですよ。

コードにはボリュームを調整できるリモコンが付属されています。手軽に音量調整ができるため、走る場所に合わせて音の大きさを変えましょう。低価格なのでできるだけ安くスピーカーを手に入れたいという方におすすめです。

WINS-SOUND TECH Evolution (6,722円)

ハイレゾ音源を楽しめる高クオリティな一品

クオリティの高いハイレゾ音源で聞けるスピーカーです。従来のスピーカーに比べて音質がとてもクリアになっているため、音質にこだわりたい方にぴったり。好きな音楽を最高級の音質で聞くことができるでしょう。

別売りのマイクを購入すればハンズフリー通話も可能です。ツーリング中に通話も楽しみたいのであればWINSから販売されているマイクを購入しましょう。スピーカーに加え延長コードが付属されていますので、コードの長さが足りないからといって別途購入する必要もありません。

DAYTONA-HDS10 (3,035円)

パワフルな音を楽しめる高音質スピーカー

20mmの強磁力マグネットを採用することで躍動感のある音を再現。迫力のある重低音も出してくれるためパワフルな音を楽しめるでしょう。外の雑音に邪魔されず、好きな音楽を聞きながら運転できますよ。

スピーカーサイズは直径40mmで厚さは10mmと少し厚め。ヘルメットと耳の間にあまり空間がない人には向きませんが、10mmほど隙間があれば問題なく設置できるでしょう。高音質を低価格で楽しみたい方におすすめです。

無線タイプでおすすめのヘルメットスピーカー

DAYTONA-DT-01 (45,890円)

通話用マイクのついた高機能スピーカー

スピーカーにマイクが付属しているため、別売りのマイクを買う必要はありません。付属されているアイテムだけで音楽も通話も楽しめますよ。付属パーツが非常に多いため、取り扱い説明書を見ながら順を追って取り付けていきましょう。

音楽を聞く、通話をするだけでなくナビ機能やグループトークも行えます。本体をタッチするだけでいくつかの動作を行えますので、スマホを取り出す必要もありません。機能性に優れたスピーカーをお探しの方におすすめですよ。

WINS-STF-02 (2,717円)

ジャンルを問わず音楽の良さを引き出すスピーカー

サウンドテック2シリーズは種類によって適した音楽ジャンルが異なります。こちらのスタンダードはどんなジャンルの音楽にも対応。ロックの良さもクラシックの良さも引き出してくれる万能タイプです。

スピーカー自体はそこまでコンパクトではありませんが、厚さが8mmと少し薄め。薄いスピーカーをお探しの方にも最適です。マジックテープ式なので取り付けも手軽に行えるでしょう。

フェニックス-ヘルメットスピーカー (1,895円)

音量コントローラー付きの低コスト商品

スピーカーには音量調整ができるコントローラーが付いているため、運転中でも手軽に音の大きさを変えられます。マジックテープで簡単に取り付けが可能。位置の変更もすぐに行えるため、ヘルメットスピーカー初心者にもおすすめです。

スピーカーの大きさは直径45mm、厚さ15mmと大きめです。ヘルメットと耳の間に余裕がある人にはぴったりでしょう。無線のスピーカーは高価格なものが多いですが、こちらはとてもリーズナブル。低コストで抑えたいのであればこちらを検討してみてくださいね。

STILO-スピーカー付イヤーマフラー STILO Integrated Plugs System用 (19,800円)

バイク用品をメインに取り扱うメーカーが展開する高性能スピーカー

こちらはイヤーマフラーとなっていますが、中にスピーカーが内蔵されています。耳に装着することで音楽を聞くことができますよ。外の雑音が入りにくいため、クリアな音質を楽しめるでしょう。

スティーロからはヘルメットも展開されているので、ヘルメットをお探しの方にもおすすめ。同じブランドで揃えることでより快適に装着できます。スピーカーは良いものにこだわりたいという方におすすめです。

Bb TALKIN-ヘルメットパッドヘッドセット (5,184円)

通話も可能な無線スピーカー

ヘルメットに装着することで音楽も聞け、さらに通話も楽しめるスピーカーです。スピーカーは防水性能付きなので雨の日の使用も可能。ツーリングだけでなく、ヘルメットが必要なマリンスポーツの際にも活用できるでしょう。

ノイズカット機能が搭載されているのでクリアな音質をキープ。運転中も相手方の音声がクリアに届けられるので、会話に支障が出ることもありません。機能が多く付属している優秀なスピーカーです。

ヘッドセットタイプでおすすめのヘルメットスピーカー

V8-オートバイヘルメットイヤホン (2,349円)

周囲の雑音が入りにくいから会話がスムーズに進む

ノイズキャンセル機能が搭載されたスピーカーです。外の雑音をカットしてくれるので、相手の声がクリアに聞こえますよ。騒がしい場所での通話にも役立つでしょう。

小型のヘッドセットなので持ち運びも簡単。防水仕様で耐久性も上々なので一度買えば長く使えるという魅力があります。スピーカー+マイク付きでお手頃価格となっているため、価格重視の方におすすめです。

ニコマク-ヘッドセット (4,937円)

薄型スピーカーだから邪魔になりにくい

スピーカーの厚みは1センチほどのものが多いですがこちらは0.7センチととても薄型。ヘルメットを装着しても邪魔になりませんので、着け心地の良さを実感できるでしょう。音質にも優れているので長時間快適に音楽を聞けますよ。

フル充電で10時間程連続稼働が可能となりますので、長いツーリングにも対応。ノイズキャンセル機能を搭載しているため会話もスムーズに行えます。付け心地の良さとスムーズな会話を楽しみたい方におすすめです。

G G-WEI-ヘルメットイヤホン (4,141円)

シンプル設計の高機能イヤホン

とてもシンプルなイヤホンですが、マイク部分には様々な機能が搭載されています。電源ボタン、音量調整ボタン、前後の曲再生ボタンなどがあるため、マイク部分でメイン動作が行えますよ。スマホを取り出す必要がないので安全運転にもつながるでしょう。

スマートフォンと接続させておけば、10秒以上のコールが鳴った際に自動的に電話に出られる機能も搭載。どこか押さずとも会話が始められるのでとても便利です。運転中に通話をすることが多い方におすすめですよ。

FODSPORTSヘッドセット (5,088円)

Bluetooth 5.0を搭載、素早いデータ通信で高音質を届ける

Bluetooth 5.0を搭載することで品質の高い音を実現します。スピーカーは大音量となっているため、周囲の音が気になる高速道路でもクリアな音を楽しめますよ。もちろん会話も問題なく行えます。

スマートフォンに着信が入ったら、10秒で自動着信に切り替わり会話ができます。運転中で手が離せなくても通話を開始してくれるので、違反となる可能性をぐっと減らせるでしょう。両面テープで簡単に取り付けられることもポイントです。

TOMOI-ヘルメット用 ヘッドセット (3,280円)

ボタンが大きいから誤動作をしにくい

マイク部分には音量調整ボタンと通話ボタンが付属されています。いずれも大きめのボタンだから押しやすく、間違えにくいですよ。自動応答機能にも対応していますので、運転中でボタンが押せない時でも安心です。

イヤホンの厚さは0.7センチと薄型。ヘルメットと一体化してくれますので、イヤホンが邪魔に感じることもないでしょう。高音質で薄型、機能性にも優れているのに低価格という魅力満載のヘッドセットです。

まとめ

長時間装着できる最高音質のヘルメットスピーカーがおすすめ

お気に入りのヘルメットスピーカーを見つけたいなら、長時間装着できてクオリティの高い音を届けてくれるものを見つけましょう。ヘルメット装着時に耳が痛くなるスピーカーは長くは使えません。スピーカーの厚さやクッションの固さにこだわってみてくださいね。またバイクは車と違って騒音が入りやすいため、音質の良さやノイズキャンセル機能をチェックすることも大切ですよ。今回はおすすめのヘルメットスピーカーをご紹介しました。自分にとって使いやすいスピーカーを見つけ、快適なツーリングを楽しめるようにしてくださいね。

コメントを残す

*