おすすめのバイク用電熱グローブ人気ランキング!【コミネも】

バイクに乗る方なら、ツーリングをする際に冷風に悩まされた経験は誰にでもありますよね。電熱グローブがあれば、寒さを和らげ、手のかじかみによる事故の危険も回避することが出来ますよ。しかし、良質な電熱グローブを選ぶ際には、吟味すべき要素がいくつかあります。この記事では電熱グローブの種類や選び方について詳しく解説していきます。おすすめの電熱グローブも種類別に紹介していくので、この冬電熱グローブを使ってみようと言う方は、参考にしてみてください。

バイク用電熱グローブの特徴

普通のグローブと違って電気を使い内部を温める

電熱グローブは内部の電線を温めることで、強い風にさらされるツーリングでも、手を寒さから保護してくれます。グローブ自体が防風や防寒仕様になっている為、保温効果もあり、繊細な動作が必要なバイクの運転も不安なく行うことができるのです。普通のグローブであれば諦めていたような天候でも、電熱グローブならツーリングに出かけることが出来ることもありますよ。

バイク用だけではなくウィンタースポーツやアウトドアでも使用される

寒さにさらされる活動は、バイクだけには限りません。例えば、スキーやスノーボードでも活躍するでしょうし、薪割りや雪かきなどの屋外での作業にもぴったりです。凍傷の危険性が高い山登りでも、加熱時間と防風性能を吟味すれば、採用することが可能ですよ。

バイク用電熱グローブの種類

車体給電式

安定性が高くシガーソケットを取り付ければ更に便利に

バイクのバッテリーやシガーソケットに接続し、車体から直接電力を得るタイプの電熱グローブです。車体給電型のメリットは、なんといっても安定性です。バイク本体の大容量バッテリーに繋いでいるため、電力供給が安定するのです。また、シガーソケットを採用した場合、電熱グローブを使用していない時でもスマートフォンの充電が可能になるなど、ツーリングでの利便性の幅が大きく広がります。

また、モバイルバッテリーのように電力切れの心配も無いため、長距離での運用に適しています。容量の大きいバッテリーに接続するため、バッテリー消耗の激しい高温度設定も気兼ねなく使用することができますよ。しかし、車体給電を採用する場合、自分で配線を行う必要がありますから、バイクを長年乗っている方におすすめのタイプの電熱グローブになります。

バッテリー給電式

電源を持ち運ぶから運用に制限がない

バッテリー給電式の電熱グローブは、車体給電式に比べてバッテリーの持ちに制限がありますが、配線の必要がありません。その為、事前準備なく簡単に使用し始めることができるのです。また、屋外での雪かき作業やスキーなどの、ウィンタースポーツでも使用することができるため、電熱グローブの幅広い運用を考えている方におすすめです。

また、交換電池式の電熱グローブや、別売りの交換バッテリーも存在します。電気供給源を複数持ち運べば、バッテリーの使用時間制限もクリアすることができます。バッテリーのサイズや容量も自由に選べますから、より柔軟な対応が可能なタイプの電熱グローブと言えるでしょう。

バイク用電熱グローブの選び方

性能で選ぶ

通学などの短時間使用なら着脱が簡単で夜道も安全な反射加工のグローブを

通勤や通学などの短時間での使用を考えているなら、着脱が簡単なマジックテープ式の電熱グローブをおすすめします。通勤や通学に使用するなら、使用頻度はかなり高くなりますので、着脱のしやすさは、グローブ使用感の大きなウェイトを占めることになるのです。また、夜道を走る場合、事故を防ぐために反射性が重要になってきます。電熱グローブの中には反射テープや反射ストリップなどの加工がなされたタイプもあります。夜間での運用も考えている方は、反射加工がされた電熱グローブを選んでみてください。

ツーリングなどの長時間使用なら通気性が良く窮屈でないグローブがおすすめ

電熱グローブは寒期に使用するとはいえ、長時間手袋内部を温め続けると、やはり蒸れてしまいます。手は温度調節に重要な器官であるため、発汗も多くなります。その為、長時間使用をする場合通気性の高い電熱グローブをおすすめします。中には天然皮革を採用している電熱グローブもあり、合成皮革よりも通気性が高くなっていますよ。また、サイズ感があまりに窮屈だと、不快感が生まれ快適なツーリングの邪魔になってしまいます。ある程度の余裕を持った電熱グローブを選ぶと良いでしょう。

加熱機能で選ぶ

三段階調節が可能なタイプはバッテリーの持ちや過加熱の問題に対応可能

各メーカーが販売している電熱グローブには、三段階の温度調節機能が搭載されているタイプがあります。温度調節機能の無いグローブは、熱くなりすぎた場合でも、オンとオフのどちらかの選択肢しかありません。しかし温度調節機能があれば、その日の気温や状況によって、丁度良い暖かさに調整することができるのです。また、長時間高い温度で使用し続けると低温火傷の危険もあるので、温度調節機能は電熱グローブの快適な使用に重要になってくるのです。温度調節機能は季節や気温、天候への対応力を高めてくれるため、急な天候の変化の多い、標高が高めの山でのツーリングにもおすすめ出来ます。

加熱待機時間が10秒以下のグローブなら時間が無い朝の通勤にもおすすめ

電熱グローブは電気を使用するため、当然準備時間が存在しますが、忙しい朝にバイクにまたがったまま、温まるのをその場で待ってはいられませんよね。通勤に使用する場合、加熱時間10秒以下の電熱グローブを選ぶと良いでしょう。また、手の中心部分だけではなく指先まで温めてくれるグローブなら、より一層強く寒さから手を保護してくれますよ。

故障することを考慮して対応のし易さで選ぶ

メーカー保証付きなら故障しても安心

電熱グローブは据え置き型の電子機器とは違い、手に装着して頻繁に動かすことになります。金属疲労が溜まり断線を起こしやすいので、メーカーの保証が付いた電熱グローブを選ぶのをおすすめします。また、保証付きの電熱グローブは基本的な性能が高くなっていますから、平時の使用の面からもおすすめできますよ。

シガーソケットから充電するタイプならバッテリー取り換え時に互換性考慮の必要が無い

電熱グローブに限らず、電化製品の新製品が作られるとバッテリー互換性の問題が発生します。世代が変わると電圧が変わり、バッテリーとの互換性が無くなってしまうのです。その点、車体給電を行なうタイプの電熱グローブの場合、バッテリーの互換性を調べる必要がありません。バッテリーの初使用時や取り替え時など、バッテリー選定を間違えてしまうタイミングは沢山あります。機械関係に不案内な方は、車体給電タイプを選んでみてはどうでしょう。

バイク用電熱グローブのおすすめブランド・メーカー

ヒートマスター(旧ヒーテック)

人気が高くレビューが多い為参考にしやすい

ヒートマスターはグローブだけではなく、ジャケットやパンツ等、全身のセットを販売しています。電熱グローブをバイク用に使用する場合、グローブ単体で使うことはあまりありません。全身を電熱製品で揃え、線を通し、暖熱仕様にすることが多いです。その点ヒートマスターの製品は、企業内で全ての製品を制作しているため、線の配置や長さに無駄がなく、非常に快適な電熱グローブの利用が可能になっているのです。初めて電熱グローブを使い始める方は、ヒートマスターから一式揃えてみるのをおすすめします。また、ヒートマスターは愛用者が多く、フィードバックとレビューの充実もおすすめできる点です。

RSタイチ(アールエスタイチ)

プロライダーにも提供する高品質なグローブを販売

モータースポーツシーンに参入している通り、RSタイチのグローブは非常に高性能となっており、とても信頼のおける製品を手に入れることができます。また、電熱グローブにも高い技術が反映されており、グリップ性や耐久性に秀でています。ですから、道が悪く転倒しやすい、オフロードを走る際の防具としてもおすすめできるメーカーです。

コミネ

安全かつ機能の高い製品を販売する国内企業

企業理念に安全性を第一に掲げている通り、非常に耐久性の高い製品を販売しています。また、事故が起きた際の耐久力だけではなく、事故を未然に防ぐための機能も搭載しており、反射材を使用した製品も販売しています。反射材は車のライトを反射し、視認性を高めてくれます。ツーリングの安全性を高めるために、最適なメーカーとなっていますよ。また、全身の製品を販売しており、デザインを統一することができるため、見た目にこだわる方にもおすすめです。

RABBIT ROOM(ラビットルーム)

血行不良や関節炎などに対応した製品を販売

RABBIT ROOMは、電熱靴下や電熱グローブに始まり、様々な加熱製品を開発販売しています。RABBIT ROOMの大きな特徴は、単なる寒さ対策だけではなく、血行不良や冷え性等、健康問題の解決策としての製品を提示している点にあります。ですから、手の指や足の指など末端の部分にまで十分に熱が回るよう配慮された作りとなっているのです。もし冷え性や血行不良に悩み、その解決策としての電熱製品を探している方は、RABBIT ROOMから選んでみてください。

TWIN TRADE(ツイントレード)

アウターグローブもセットで購入できる

TWIN TRADEの販売する防寒用品は、インナータイプとなっています。バイクグローブやジャケットの下に着込み、体を温める形で使われます。ですから、元々お気に入りのバイクグローブを持っている場合、二重にすることで、デザインをそのままに電熱効果を得られるのです。各メーカーが販売する電熱グローブから、気に入ったデザインが見つけられない方におすすめの電熱グローブとなっています。また、インナーグローブとアウターグローブがセットになった商品も取り扱っています。グローブにこだわらない方は、TWIN TRADEから一式揃えるのも良い選択です。

おすすめ&人気のバイク用電熱グローブランキング

車体給電式でおすすめの電熱グローブ

ヒーテック-12v ヒートカーボンスポーツグローブ(36,080円)

ガントレットタイプだから手を広くカバーしてくれて操作性も高い

12vヒートカーボンスポーツグローブは、山羊の本革で作られた高級電熱グローブです。車体給電によって使用するタイプであるため、安定性が高くバッテリーによる重さもないので、操作性が高い電熱グローブと言えます。スマホタッチも可能ですから、ツーリングの最中にも、スマホを使用する機会のある方におすすめです。

加熱機能も充実しており、三段階温度調節機能を搭載。ヒートパネルが手の甲と指周辺に配置されているため、効率よく満遍なく、グローブ内を温めてくれるのです。価格だけではなく、デザインもシックでシンプルなグローブとなっています。その為、機能だけではなくデザイン性にもこだわる方に、おすすめの電熱グローブです。

コミネ-GK804 エレクトリックヒートグローブ カシウス(13,790円)

使用環境を選ばないからコスパもいい

GK804 エレクトリックヒートグローブカシウスは、ヒーターに熱伝導率の高いマイクロカーボンファイバーを使用しており、より少ない電力で、より長い保温を可能にしています。拳部分にはプロテクターが入っており、手の甲全体をカバー。安全性も高いグローブとなっています。車両給電式とバッテリー式を選択できる点も嬉しいところ。

また、電源をオフにした状態でも高い保温性を持っている為、春先や秋など、電源を入れるほどでもないような気温の際にも活躍します。夏以外の全てのシーズンで役に立ってくれるというわけです。寒期だけではなく、幅広い気候や季節で使用するグローブを探している方におすすめです。

コミネ-EK204 ヒートインナーグローブ(8,240円)

人気ブランドコミネの提供するインナータイプのグローブ

EK204ヒートインナーグローブは、車体給電式の高性能インナーグローブです。電源用接続ハーネスも付属しており、配線用の器具を別途買い足す必要もありません。温度も三段階で調節でき、使用状況によって柔軟に対応することが可能です。

インナーグローブなので、外につけるグローブは自由というメリットもあります。自分の好きなデザインのグローブを採用しながら、EK204ヒートインナーグローブの保温性能の高さを利用できるというわけです。また、インナーパンツやインナージャケットもセットで販売されていますので、配線のしやすさやデザインの統一性においても利点がありますよ。

ORIGINCOM-「realtime」12v簡単接続バイク保温手袋(1,680円)

安価でありながら保温性の高い電熱グローブ

「realtime」12v簡単接続バイク保温手袋はシンプルで価格も安く、フリーサイズである為人を選ばない電熱グローブとなっています。また車体給電式となっており、長距離のツーリングに適しています。内側はフリース素材によって作られている為、肌触りと保温性に長け、快適なツーリングを支えてくれます。

寒冷地において本領を発揮するには、別売のハンドカバーや、インナーグローブが必要になってくることがあります。しかし、そこまで温度の下がらない地域をツーリングする場合、最もコストパフォーマンスが高いグローブと言えます。グローブ自体も厚く、事故を起こした際、防具の役目もきちんと果たしてくれます。安価な車体給電式グローブを探している方は、「realtime」12v簡単接続バイク保温手袋を選んでみてはいかがでしょうか。

GERBING-12v 電熱グローブG4(32,560円)

人間工学に基づいた低疲労高機能なグローブ

GERBINGの電熱グローブは、車体給電により温めるタイプのグローブです。デザインはシンプルで、車種を選びませんし、付属品の3wayプラグによって、単体使用も可能になります。180日間の保証もついているため、電熱グローブユーザーのあらゆるニーズを満たしたグローブと言えるでしょう。

またマイクロワイヤーテクノロジーという、髪の毛四分の一の太さの高弾性ステンレス鋼を纏め、電熱に使用する技術を用いています。その為伝熱性や柔軟性が高く、加熱時間も着け心地もとても高い一品になっています。長時間のツーリングを始め、激しい動きのあるウィンタースポーツまで、幅広い用途におすすめできる電熱グローブとなっていますよ。

バッテリー給電式でおすすめの電熱グローブ

TWINTRADE-めちゃヒート(9,980円)

バッテリー給電式の高性能インナーグローブ

めちゃヒートはバッテリー式電熱グローブで、低温設定で使用し続けた場合、約6.5時間もの長時間機能してくれます。また、三段階の温度調節機能があり、バッテリーの持ちを調整することも可能です。ヒーターは手首から指先まできちんと配置されており、最高で65℃まで温度を上げることが出来ます。

また、めちゃヒートはインナーグローブですから、アウターグローブをつけてしまえば隠れてしまいます。バイク用グローブ特有の重厚な見た目が苦手だという方でも、外見を気にせず使用することができますよ。また、バッテリー給電式で使い始めが簡単であることも加味して、普段の買い物や通学での利用をおすすめします。

RABBIT ROOM-電熱手袋(2,500円)

単三電池さえあればすぐに使い始められる

RABBIT ROOMの電熱手袋は使い勝手の良さに定評があり、約10秒という初期加熱時間の短さや、電池で使用可能な点がその評価を支えています。また、掌には滑り止め加工が施されています。高いグリップ性は、事故を防止し、作業効率を上げてくれるのです。

初期加熱時間が短いことや、運用が簡単な特徴から、寒冷地での屋外家事におすすめできます。サイズもフリーサイズとなっており、男女を選びません。関節炎や冷え性などの慢性疾患にも配慮されている為、毎日繰り返す家事の負担を軽減してくれるでしょう。

ノーブランド-ヒートグローブ(6,800円)

バッテリー給電式最大クラスの3500m ahバッテリー付き

ヒートグローブの最大の特徴は、なんといっても8時間ものバッテリーの持ち時間です。一日中グローブをつけていることも多い、スキーやスノーボードで使用すると良いでしょう。グローブを付けたままスマホを操作できる点もウィンタースポーツにおすすめ出来る点ですね。

また、表面には撥水加工が施されており、グローブ内がびしょびしょになる不快感を防いでくれます。スキーウェアに相性の良いブラックカラーもヒートグローブを選ぶメリットの一つ。ヒーターがついたウィンタースポーツグローブとしては、非常にお得な製品となっています。

yaostmart-電熱グローブ(3,200円)

天然皮革で通気性と保温性を両立した電熱グローブ

yaostmartの電熱グローブは、手全体を網羅した電線の配置によって血液循環を促進します。例えば凍傷をする場合、単に寒さのみによって組織が破壊されるわけではありません。寒さによって血管が収縮し、血流が悪くなることによっても組織の壊死は起こりうるのです。その点yaostmartの電熱グローブは、血流促進と加熱両方の面から手を保護してくれます。

また、天然皮革を使用しているため通気性も良く、防水力も高いグローブとなっています。加熱待機時間も10秒と短く、ストレスなく使用することができますよ。環境の温度によりますが、3〜5時間の加熱時間があるため、寒期での釣りに適しています。長時間手を動かさず、血流が滞りがちな釣りでも、yaostmartの電熱グローブを使用すれば安心してゆったりとした時間を過ごせるでしょう。

kemimoto-電熱グローブ(13,880円)

反射加工が施され夜道も安全な電熱グローブ

3秒という非常に短い初期加熱時間を持ち、撥水加工がなされた電熱グローブです。ツーリングにおいて雨は天敵ですが、走っている最中に降り始めることもあるでしょう。指先が濡れることは、直接事故のリスクを高めます。その点kemimotoの電熱グローブは高い撥水加工によって、グリップ力を守ってくれるのです。安全性に配慮された電熱グローブとなっています。

スマホセンサーも付いている為操作感も申し分なく、ワンタッチでの温度調節ができる点も特徴の一つ。また、手の甲の側面に反射材が入っています。その為、夜間の運転でも安心して使用することができますよ。

ノーブランド-ヒーターグローブ(2,650円)

シンプルで安価だから買い物や散歩にぴったり

ヒーターグローブはデザインもシンプルで、内蔵したソケットに乾電池を入れるだけで使用することが出来ます。配線も無く、足や道具を引っかける危険性もありません。そのため、買い物などの手軽な用途におすすめです。電源スイッチも単純なオンとオフのみですので、複雑な操作は必要ありません。

また、両手袋を一つにできるフックがついており、収納のしやすさや携帯性も高めてくれます。もちろん、ツーリングやウィンタースポーツなどの本格的な使用も可能です。グローブ全体の厚めの作りが、レジャーに安全性と保温性を保証してくれますよ。

保証期間の長さでおすすめの電熱グローブ

RSタイチ-RST640 e-HEAT(15,400円)

2年間の保証が付いた最新式グローブ

RST640 e-HEATは、給電方式を選ぶことができ、持ち運び型のリチウムイオン電池か、バイクと直結する12v車両電源のどちらかを使用することになります。つまり、使用用途にあった給電方法を選択することが出来るため、対応力の高い電熱グローブとなっているのです。また、車両電源を選んだ場合、温度調節機能のターボモードが利用できます。厳冬期や寒冷地での使用で、高い性能を発揮するでしょう。

RST640 e-HEATは、カーボンファイバーを組み込んだ電線を使用しています。その為柔軟性も高くなっており、より繊細で緻密なクラッチやブレーキなどの操作が可能です。また、拳部分にプロテクターが入っており、安全性も高いグローブとなっていますよ。運転に不安の残るバイクに慣れきっていない方にもおすすめの電熱グローブです。

sealche-ヒーターグローブ充電式(13,780円)

自動電源オフ機能で付けっぱなしの危険がない

カーボンファイバーを用いた最新式の電熱グローブです。三段階の温度調節機能も付いていて対応力の高い電熱グローブとなっています。その上一年間の保証もついています。その為初心者の方にも手が出し易くなっていますよ。

また、ヒーターグローブ充電式の最大の特徴は自動電源オフ機能にあります。使用中に異常な温度を感知した場合、電源が切れるようになっているのです。過加熱による火傷を防ぐことや、電源の切り忘れによる火事も防ぐことができます。

snowdeer-電熱手袋(16,888円)

優れた電熱技術で6.5時間の連続使用も可能

snowdeerの電熱手袋は、2200mahリチウムイオン電池による充電式となっており、長時間での使用に向いています。また、指先にはタッチセンサーを搭載しており、スマートフォンやタブレット端末を使用することも出来ます。炭素繊維による高い耐破断性も相まって、ツーリングに適した電熱グローブとなっています。

グローブ内側には綿を、指と掌部分には羊革を用いている為、非常に通気性の良い製品に仕上がっています。クリーニングの回数を抑えられるため、形の崩れや断線のリスクも低くなっていますよ。一年間の保証もついていますから、非常に信頼のおける電熱グローブと言えます。

まとめ

バッテリー給電式で通気性の高いバイク用電熱グローブがおすすめ

長時間のツーリング限定で電熱グローブの購入を考えている方は、その限りではありませんが、基本的に用途の幅の広いバッテリー給電式をおすすめします。用途の幅の広さは、コストパフォーマンスにも繋がってきます。また、電熱グローブは一応電化製品ではあるのですが、接続部分の防水をしっかりと施せば、手洗いすることも可能なのです。しかし繰り返し洗濯をしていくと、やはり断線の可能性も高まる為、出来る限り洗濯は避けたいですよね。その点通気性が高いグローブなら汚れにくく、洗濯の回数も少なくなるでしょう。通気性は快適性だけではなく、グローブ自体の持ちにも関係しているのです。今回はおすすめの電熱グローブをランキング形式でご紹介しました。ぜひ用途と使用状況に合った電熱グローブを購入して、快適なツーリングやレジャーを楽しんでみてください。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*