おすすめのバスタオルハンガー人気ランキング!【ニトリも】

洗濯物のなかでも、特に大きなものといえばバスタオルではないでしょうか。洗濯物を干すスペースが限られていると、バスタオルをしっかり広げて干すことができず、生乾き臭の原因になることも。省スペースで効率よくバスタオルを乾かすためには、バスタオルハンガーを使用するのがおすすめです。バスタオルハンガーはスタンドタイプやハンガータイプなど多種多様に展開され、洗濯物量やライフスタイルに合わせて選択することができます。今回は、バスタオルハンガーの特徴や種類を中心にお伝えし、使い勝手の良いおすすめ商品を幅広くご紹介します。

バスタオルハンガーの特徴

バスタオルをしっかり広げて干せる

バスタオルは広げるとかなりの大きさになるため、洗濯物を干す空間が限られているとスペースの確保が難しいことも。バスタオルハンガーを使えば、幅を取りがちなバスタオルも省スペースに効率よく干すことができます。バスタオルハンガーはスタンドタイプやハンガータイプなど様々な形状で展開され、設置するスペースや目的に合わせて選択可能。省スペースで場所を取らず、サイズによっては大判バスタオルもしっかり広げて干すことができます。

通気性に優れバスタオルを短時間で乾かすことができる

洗濯物は生乾き臭やカビの発生を防ぐためにも、なるべく早く乾かしたいもの。バスタオルハンガーは乾きにくいバスタオルを短時間で効率よく乾かせるよう、デザインや形状に工夫が施されています。バー同士の間隔を広く取ったものや、タオル同士が重ならないよう設計されたものを使用すれば、通気性が格段にアップ。風通しの悪いベランダや室内干しでも、しっかり乾かすことができます。

バスタオルハンガーの種類

スタンドタイプ

自立するのでバスタオル以外の洗濯物も干せる

スタンドタイプは自立するため、ランドリースペースにあるファブリック類を1台でまとめることができます。バスタオルだけでなくフェイスタオルやバスマットなども干すことができるので、省スペースかつ利便性が高いのが特徴です。出しっぱなしで使っても空間の雰囲気になじむような、おしゃれなデザインのものも数多く展開されています。

水分を含んだバスタオルはかなりの重量があるため、急に倒れたりガタついたりしないよう、安定感に優れたものを選ぶのがポイントです。また、高さによってはバスタオルの端が床についてしまうことも。いつも使用しているタオルの長さを考慮したうえで、余裕をもってかけられるサイズのものを選択しましょう。

ハンガータイプ

移動が簡単で設置場所を選ばない

ハンガータイプは、通常のハンガーと同じように物干し竿や鴨居などに引っかけて使用します。移動が簡単で場所を選ばず干せるので、スペースが限られていても気軽に取り入れられますよ。衣類用ハンガーよりも横幅が長く作られているため、バスタオルをしっかり広げて干すことができます。さらに、伸縮タイプなら衣服から大判バスタオルまで干せるうえ、使わない時はコンパクトに収納できて大変便利。

ハンガータイプのバスタオルハンガーは、製品の素材にも要注目。プラスチック製は比較的お手頃価格で手に入るため、複数揃えたい場合におすすめです。ステンレス製は耐久性に優れているため、外干しでも安心して長く使用することができます。使用頻度や使用場所に合わせて、選択すると良いでしょう。

取り付けタイプ

マグネットや吸盤で簡単に固定できる

マグネットや吸盤で固定して使用する取り付けタイプは、洗濯機や壁面などのデッドスペースを有効活用することができます。マグネットタイプは、洗濯機や浴室の壁など磁石が付く場所なら、特別な道具なども必要なく気軽に取り付け可能。取り付け箇所を傷付けず、微調整も簡単なことが最大のメリットです。しかし、磁力によって耐荷重が異なるため強力マグネットが使用されたものや、マグネット部分が広いものを選択すると安心です。

吸盤タイプは、つるつるとした壁やタイルなどに取り付けることができます。壁を傷めることなく手軽に設置できるのが魅力ですが、荷重がかかりすぎると落下する恐れがあります。耐荷重によっては複数枚干すことが難しいため、あらかじめ何枚バスタオルを干すのかを考慮したうえで、検討すると良いでしょう。

バスタオルハンガーの選び方

サイズで選ぶ

伸縮性のあるものなら干すものに合わせてサイズを変えられる

洗濯物を干す場所のスペースが限られていたり、洗濯物の量が日々変わる場合は、伸縮機能を持ったバスタオルハンガーがおすすめです。洗濯物が多い時はしっかり伸ばしてたくさん干すことができ、少ない時は省スペースで済ませることができます。量や干すものに合わせてサイズを変えられるため、状況に応じて便利に使用できますよ。

幅100cmあれば大判バスタオルでもしっかり広げて干せる

一般的なバスタオルの横幅は、60~70cm程度。大判バスタオルはさらに大きく、横幅80~100cm程になります。バスタオルハンガーを選ぶ際は、普段使用しているバスタオルの幅に合うものを選ぶことが重要です。シワが寄ったり端を折って干したりすると、部分的に乾きが悪くなったり生地が傷んだりする原因に。横幅100cmあれば、大判バスタオルでもしっかり広げて干すことができますよ。バスタオルの劣化を防ぐためにも、いつも使っているバスタオルのサイズに合わせて選択しましょう。

通気性の良さで選ぶ

早く乾かしたいなら1枚ずつ干せるもの

バスタオルをなるべく短時間で乾かしたいなら、1枚ずつ干せるものがおすすめです。早く乾かすためには洗濯物同士がくっつかないよう間隔をあけて設置し、通気性を確保することが大切。また、バスタオルハンガーにかけて干すとタオルが二つ折りの状態になるため、内部にしっかり空間があるとより通気性が良くなります。タオル同士が重ならないよう考慮されたデザインのものや、バーが太いものを選択することで、さらに効率よく乾かすことができます。

一度に干すなら2~3枚程度が目安

生乾き臭の原因のひとつに、濡れた状態が長時間続いて雑菌が繁殖してしまうことがあげられます。1台のバスタオルハンガーに複数枚のタオルを同時に干すと、1枚ずつ干すよりもどうしても通気性が悪くなってしまいます。よって、複数枚同時に掛けるなら、2~3枚程度が通気性を確保できる目安と考えて良いでしょう。タオルを掛けるバーの間隔が広いものや、バー同士が重ならないよう段差が付いているものなら、より短時間で効率よく乾かすことができます。

使い勝手の良さで選ぶ

折りたたみタイプならコンパクトに収納できる

バスタオルハンガーを出しっぱなしにしたくない場合や、日常的に使用しないなら、折りたたみタイプが便利です。使わない時はコンパクトに畳むことができるので、収納場所にも困りません。さらに、干すものに合わせて自由にサイズを変えられるものなら、バスタオル以外のものを干すときでも1台でまかなうことができます。

スリムタイプなら出しっぱなしでも邪魔にならない

スタンドタイプや取り付けタイプは、基本的に出しっぱなしで使用します。そのため、バスタオルハンガーを設置するためのスペースが必要になります。スペースにあまり余裕がないなら、奥行きが狭いスリムタイプがおすすめ。複数枚のバスタオルを掛けることはできませんが、出しっぱなしでも邪魔にならず省スペースで使用することができます。

バスタオルハンガーのおすすめブランド・メーカー

山崎実業

towerシリーズを筆頭にした魅せる収納用品を展開

創業60年以上のインテリア雑貨専門メーカーである山崎実業。シンプルで機能性に富んだtowerシリーズをはじめ、暮らしにとけこむ使い勝手の良い製品を多数取り扱っています。山崎実業のバスタオルハンガーは、狭いスペースを有効活用でき、どこに置いてもサマになるスタイリッシュさが魅力。無駄をそぎ落とした魅せる収納用品として、幅広く支持されています。

アイリスオーヤマ

抜群の信頼度を誇るコストパフォーマンスに優れた製品

アイリスオーヤマは、家庭用用プラスチック業界における国内最大手メーカーです。ユーザー目線で開発され世に生み出される製品は、数多くのリピーターを有します。アイリスオーヤマのバスタオルハンガーは、主にスタンドタイプで展開。設置スペースや洗濯物量に合わせて、豊富なラインナップから選ぶことができます。

レック

ユーザーの生の声を反映した製品を多数展開

掃除用品の激落ちくんシリーズを筆頭に、洗濯用品や日用品を多数製造販売。ユーザーからの生の声を反映した使い勝手の良さと耐久性、安全性を兼ね備えた製品を展開しています。レックのバスタオルハンガーは使用時は大きく広く、収納時にはコンパクトになる優れた伸縮性を備えています。衣服からバスタオルまで幅広く活躍する、多機能性が特徴です。

エカンズ

ストレスフリーに干せる考え抜かれた設計

エカンズは生活用品と物干しの総合メーカーです。特に、物干しのラインナップが豊富で、定番の形からオリジナル製品まで幅広く取り扱っています。エカンズのバスタオルハンガーは、幅広いラインナップが魅力のスタンドタイプで展開。干しにくい洗濯物もストレスフリーに干せるよう設計され、優れた機能性と耐久性を備えています。

おすすめ&人気のバスタオルハンガーランキング

ハンガータイプでおすすめのバスタオルハンガー

リビングート-伸縮バスタオルハンガー (598円)

衣類からバスタオルまで干せる伸縮アーム

アームが最大60cmまで伸びるので、衣類からバスタオルまで幅広く使用できます。さらに、アーム部分を回転させれば壁から浮かせられる、考えられたデザイン。室内干しでも、壁紙の傷みや汚れを気にせず干すことができます。

竿にしっかり固定できるグリップと、直径38mmまでの太竿にも対応。通常グリップの他に鴨居掛けできるフックも付いた、嬉しい仕様です。干す場所を省スペース化でき、急に洗濯物が増えた時でも安心です。

谷口金属工業-NEWステンレス バスタオルハンガー (2,980円)

オールステンレス製の機能性に優れたバスタオルハンガー

スラックスハンガーのような形状で片側が開いているので、タオルをスライドさせて出し入れできます。幅70cmと大きめのバスタオルもしっかり広げて干すことができ、幅広アームで風通しも抜群。あらかじめピンチも付属されているので、タオルがずれ落ちたり風で飛ばされたりする心配もありません。

オールステンレス製で耐久性に優れ、プラスチックのように割れないので外干しでも長く使用できます。フック部分にはロックが搭載され、竿から外れる心配もありません。シンプルなバスタオルハンガーをお探しの方や、ランドリー用品の買い替え頻度を少なくしたい方に最適の品です。

アイセン-物干しラック LK-485  (1,645円)

一つあれば重宝する便利な物干しラック

物干し竿にはもちろん、ベランダ壁や窓枠等に引っかけて使用することができます。幅41~75cmに伸縮するので、たっぷり干せてコンパクトに収納可能。最大幅だとバスタオルなら5枚、フェイスタオルなら10枚を一度に干すことができます。

奥行き35cmとしっかり幅があり、枕や靴などを置いて干すことも可能。通気性が良く、安定性に優れているので、室内外問わず便利に使用できます。設置も収納も手軽に行えるので、ランドリー用品を出しっぱなしにしたくない方にもおすすめです。

大木製作所-折りたたみバスタオルハンガー (1,171円)

オールステンレスのおしゃれなバスタオルハンガー

オールステンレス製のハンガーに、関節機能を搭載。広げると約70cmになり、大きめバスタオルも干すことができます。折りたたみ時は約18cmのコンパクト設計で、収納にも困りません。

ワンタッチで曲げ伸ばしでき、ストレスフリーに使用できます。スリム設計で見た目にもおしゃれ。ランドリー用品をステンレスで統一している方にもおすすめです。

レック-「5つ干し」ダブル W-425 (673円)

使い勝手抜群の考えられた機能性

ダブルアーム仕様で最大70cmまで伸び、これ一つで大判バスタオルを2枚同時に干すことができます。また、ダブルアーム部分を回転させれば内部に空間が生まれ、風通しも抜群。厚手の衣類やマットなども、ダブルアームに渡して干せば素早く乾かすことができます。

アームを伸ばしてバスタオル用、縮めて衣類用と1本で幅広く使用できます。ダブルアーム部分には滑り止めストッパーが搭載され、洗濯バサミいらず。使い勝手の良い機能が詰まった、コストパフォーマンスに優れた製品です。

スタンドタイプでおすすめのバスタオルハンガー

アイリスプラザ-タオルハンガー Lサイズ ホワイト THP-650 (3,066円)

風が通りやすく乾きやすい10cmピッチ

幅約21.5cmのスリム設計で場所を取らず、大きめのバスタオルを3枚掛けられます。どんな場所にもしっくり馴染む、シンプルなオールホワイト。スペースに限りがある空間にも、気兼ねなく設置できます。

サイドパーツが無いなだらかなデザインで、横からでも上からでも出し入れしやすくストレスフリー。引っ掛かりがないので、幅広タオルもしっかり広げて干すことができます。各バーは約10cm間隔で開いているため、通気性も抜群。

山崎実業-バスタオルハンガー タワー 7465 (4,180円)

単身者や少人数家族に使いやすいサイズ感

奥行き15cmのコンパクトさですが、横幅65cmとワイド設計。最大4枚のバスタオルを広げて干すことができます。特に、単身者や少人数家族に使いやすいサイズ感です。

中央のバーには、小さめのタオルやバスマットを掛けられて便利。タオル同士の間が狭いのが難点ですが、その分場所を取りません。ホワイトとブラックの2色展開で、好みやインテリアに合わせて選べるのも嬉しいポイント。

エカンズ-ステンレススリムタオルハンガー THW-20 (2,780円)

スリムながらたくさん干せる

バスタオルを一度に5枚干すことができ、家族が多くてもしっかり対応できます。奥行き21cmで場所を取らず、狭い隙間にも設置可能。スリムでなるべくたくさん干せるバスタオルハンガーをお探しの方に最適です。

錆に強いステンレス製なので、ベランダにも安心して設置できます。約1.2㎏の軽量さで、移動もらくらく。プラスチック箇所がほとんどないため劣化し辛く、長く使用できますよ。

平安伸銅工業-バスタオルハンガー STH-20 (1,643円)

室内干しも外干しも対応できる抜群のコストパフォーマンス

段差の付いたスロープ状で、干しやすく乾きやすいデザイン。フェイスタオルなら10枚、バスタオルなら5枚干すことができます。横幅76cmとワイド設計なので、大きめのバスタオルもしっかり広げられます。

シンプルなデザイン性でインテリアの邪魔をせず、外干しにも室内干しにも対応します。約860gの軽量設計で、ベランダからの出し入れも簡単。2000円以内で手に入る、コストパフォーマンスに優れたバスタオルハンガーです。

山崎実業-横から掛けられるバスタオルハンガー 4979 (5,940円)

横からスライドさせて干せるストレスフリー仕様

奥行き14cmの超スリム設計です。各バーとのピッチは約4cmあり、スリムながら風通しの良さが魅力。横から引っ掛かりなくタオルを出し入れできるので、お子様にも使いやすいです。

スリム&コンパクト仕様ながら、横幅70cmと大きめバスタオルにも対応。重量3.4㎏と安定感のある重さで、ぐらつきなく使用できます。下段のバーにはバスマットなども干せるので、洗面所のファブリック類をすっきりまとめられます。

天馬-PORISH バスタオルハンガー PS-06 (2,861円)

いろいろ干せる使い勝手の良さが魅力

バスタオルを一度に最大8枚干すことができます。タオルバーや脚を折りたたむことができるので、使わない時はコンパクトに収納可能。半分だけ折りたたむこともでき、用途に合わせて使用できます。

ゆったり設計で風通しが良く、大判バスタオルもしっかり干せます。広めのタオルバーは、衣服などの平干しにも大活躍。バスタオル干しとしてだけではなく、あらゆる形状の洗濯物を便利に干せる使い勝手の良い仕様です。

大容量タイプでおすすめのバスタオルハンガー

エカンズ-ステンレス伸縮タオルハンガー OT-60S (2,680円)

洗濯物量に合わせて変えられる伸縮式

洗濯物の量に合わせて、横幅45~77cmに調整できる伸縮式。干す量やスペースに合わせて自由に変えられ、限られたスペースを有効活用できます。最大サイズではバスタオル4枚、フェイスタオル6枚を一度に干せる大容量タイプです。

使わない時は薄さ9cmと、コンパクトに収納可能。重量約1.5㎏で持ち運びやすく、洗濯物を干したままでも気軽に移動させることができます。錆びにくく耐久性に優れたステンレス製で、お手入れも簡単。

アイリスオーヤマ-タオルハンガー STH86KWR (5,280円)

高さがあり奥行きスリムな2段タイプ

バスタオル5枚、フェイスタオル6枚とたっぷり干すことができます。高さ137cmの上下2段タイプで、しっかり日光や風に当てられますよ。省スペースでたくさん干したい方に最適。

ドライバー不要で、差し込むだけで簡単に組み立て可能。すぐに使用したい方や、組み立てが苦手な方でも安心です。高さのある大きめサイズですが、たたむとコンパクトになり収納場所に困りません。

エカンズ-大型バスタオルハンガー JHB-90 (2,780円)

設置場所さえ確保できれば使い勝手抜群

横幅95cm×高さ90cm×奥行き73cmと大型タイプで、大判バスタオルなら一度に6枚干すことができます。また、タオルケットやベビーマットなどのサイズが大きな洗濯物でも、端までしっかり広げられストレスフリー。ハンガーにかけたシャツやズボンなども床につくことなく干せるので、1台あれば大変便利です。

丈夫なステンレス製で外干しにも対応し、長く使うことができます。1.4㎏と超軽量で折りたたみ時は厚さ8cmになり、すっきり収納可能。設置場所さえ確保できればオールシーズン大活躍する、使い勝手の良いバスタオルハンガーです。

まとめ

省スペースでしっかり乾くバスタオルハンガーがおすすめ

バスタオルハンガーを生活に取り入れれば、省スペースでしっかりバスタオルを乾かすことができます。生乾き臭やカビの原因まで取り除くことができるので、洗濯の一連の作業がストレスフリーに完了します。物干しスペースにお悩みの方や、バスタオルの乾き具合に不満を感じているなら、ぜひバスタオルハンガーを使ってみてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*