おすすめのウエストポーチ人気ランキング!【子供用も】

貴重品やスマホなどを入れて、気軽に持ち運べるウエストポーチ。便利なだけでなくおしゃれなものも多く販売されています。また、大人向けだけでなく子供向けの商品もラインナップされているので、親子で使いこなすことも。ここでは、便利なウエストポーチの選び方や人気のメーカー、多くの人に選ばれている商品など詳しくご紹介します。

ウエストポーチの特徴

コンパクトで少しの荷物を落ち運ぶのに便利

バッグの中でも内容量が少なく、コンパクトなものが多いウエストポーチ。財布やスマホなど必要最低限のものしか持ち歩かないミニマリストに人気のアイテムです。コンビニやスーパーへのちょっとした買い物の時にもさっと持ち運びしやすいので便利に活用できますよ。

持っていても動きやすいので運動時にも活躍

腰にベルトを巻いたり、斜め掛けをしたりと、手に持たずに大切な荷物を持ち運べるウエストポーチ。ベルトの長さを調節し、体にフィットさせれば一体感が高まります。ちょっとしたおでかけのほか、マラソンやウォーキング時にも便利に使えます。

ウエストポーチの使い方

腰に付けるスタイル

基本形で中身を取り出しやすい

ウエストポーチの付け方でスタンダードなのが、腰にベルトを取り付けるスタイル。荷物を入れるバッグ部分が取り出しやすい腰に設置できるため、財布やスマホなど使いたい時にさっとスマートに取り出せます。中見を何度も出し入れする場面で便利に活用できます。

歩きやすい斜め掛けスタイル

スタイリッシュに使いこなせる

ウエストポーチは名称からしてもウエストに巻いて使うことが知られています。しかしそのほかにベルトを斜め掛けにし、ボディバッグのように使う方法も人気です。腰に取り付けると中身がたくさん入っている場合だと歩きにくいですが、斜め掛けなら気になりません。スポーティーでおしゃれな印象を与えます。

ウエストポーチの選び方

素材で選ぶ

軽量でカジュアル使いしやすいナイロン素材

ウエストポーチはさまざまな素材が使われています。素材によって特徴が異なるため、選ぶポイントとして重要です。ナイロン素材は、数ある素材の中でも軽量で、丈夫なため人気があります。カラーラインナップが豊富なので、ファッションに合わせて好みの色を選べるのも魅力です。カジュアルに使いこなしたい人におすすめです。

レザー製はタウンユースにおすすめ

ウエストポーチは、ちょっとした持ち物を持ち歩く時に取っても便利。そのため、アウトドアで使うだけでなく、普段のおでかけの際にも使いたいという人は多いです。しかし、カジュアル過ぎると年齢を重ねた人にとっては、ファッションと合わずに使いにくいと感じることも。レザー製のウエストポーチなら、使いやすいフォルムでありながら上品さも兼ね揃えて、大人のファッションにも合わせやすいですよ。使用期間が長くなるごとに味わい深い風合いを楽しめるので、長く愛用したい人におすすめです。

手軽に高級感出すならフェイクレザー

レザー製の上質感のあるウエストポーチが、好みの人も多いですよね。しかし本革が使われている商品は、値段が高くなりがち。気軽にレザーの質感を楽しめるウエストポーチを探しているなら、フェイクレザー製がおすすめ。本革製に比べてリーズナブルでありながら、本革に似た質感を楽しめます。「短期間でいいからレザー調のウエストポーチが欲しい」という人は要チェックです。

天候を気にせず使いたいならポリエステルオックスなどの防水性が高い素材

外出中に天候が悪くなり、雨が降られることもありますよね。中の財布やスマホが濡れてしまうと、故障や破損の原因にも。防水性の高い素材を使ったウエストポーチなら、安心感が高まります。天候関係なく毎日使う人や、天候が変わりやすい山等のアウトドアで使いたい人におすすめです。ファスナーや、縫い目もシームテープなどで防水加工されているとより安心です。

メッシュ素材なら通気性が良く蒸れにくい

ウエストポーチは、腰や背中など体にフィットさせて使います。そのため、体に触れる部分は体を動かしたり、気温が高いと蒸れたりしがちです。暑い時季やアクティブな時にも、快適にウエストポーチを持ち歩きたいなら、通気性にもこだわりたいものです。ウエストポーチにメッシュ素材が使われていると、通気性が良く、蒸れを抑えてくれますよ。

機能で選ぶ

止水ジッパーを使用しているなら雨でも中身を守れる

ウエストポーチを天候関係なく使いたい人の多くは、メインに使われている素材が防水かどうかを確認する人は多いでしょう。しかし、記事が防水であってもファスナーが一般的なものを使っていると、縫い目やファスナーの隙間から水が入り込んでしまうことも。水の侵入を避けたい人は、止水ジッパーを使ったウエストポーチを選びましょう。

ペットボトルホルダー付きなら飲み物を便利に持ち歩ける

ウエストポーチは、コンパクトに必要な荷物を持ち歩くのに便利に使えます。中には普段多くのものは入れて持ち歩かないけど、ペットボトルは水分補給でいつも持ち歩くという人もいることでしょう。距離が長めの散歩やウォーキングには、ペットボトルの飲料を持ち歩きたい人も多いです。そんな時には、ペットボトルホルダー付きのウエストポーチが便利。ジッパーの開け閉めをせずにさっとペットボトルを取り出せるので、スムーズな水分補給が可能です。

小物を豊富に入れるなら多数のポケット付きが使いやすい

でかける時に鍵やリップ、ガムなど細かいものを入れる人もいますよね。大きな収納スペースにさまざまなものを入れて持ち運ぶと、いざ取り出したい時になかなか見つからないほか、ウエストポーチの中が散乱する原因にもなります。細かいものを持ち歩く人なら、ポケットが多数あり仕分けができるウエストポーチを選ぶと、使いやすさを実感できるでしょう。

裏側にポケットがあれば貴重品を安全に収納可能

ウエストポーチは、背中に斜め掛けすると邪魔にならずに使えます。しかし、満員電車などでは背中側の見えない位置に貴重品を収納するのは心配ですよね。そんな時に便利なのが、裏側ポケット。背中やウエストに密着する位置にある裏側ポケットに貴重品を入れておけば、盗難の心配を減らし、安心して財布などを持ち運べますよ。

ウエストポーチのおすすめブランド・メーカー

THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)

アウトドアからタウンユースまで使える機能性とデザインの良さ

アウトドア用品やウェアなどを販売している、アメリカのメーカー。シンプルな中に、おしゃれなロゴがアクセントになっています。コンパクトなものから収納力のあるものまで、ニーズに合わせたウエストバッグがラインナップされています。

Patagonia(パタゴニア)

ミニマリストに好まれるコンパクト設計

クライミングやサーフィンなど、さまざまなアウトドアウェアやギアを販売しているメーカー。どんな状況でも使いやすい軽量さ、耐久性の高さを持つウエストポーチが魅力的。コンパクトなものなら、サブバッグとしても活躍します。

MYSTERY RANCH(ミステリーランチ)

飾らないシンプルデザインが性別関係なく人気

アメリカのバックパックメーカー。米軍の特殊部隊にも採用されています。ミリタリーテイストの無骨なデザインが男性はもちろん、女性にも受け入れられているウエストポーチを販売。背面にメッシュ素材が使われているなど、背負いやすさにもこだわっています。

GREGORY(グレゴリー)

ユーザーのニーズに細かく対応

カリフォルニアのバックパックブランド。コンパクトで体にフィットする運動時に適したものや、止水ファスナーで悪天候にも安心なものなど、シーンに合わせたウエストポーチを取り揃えています。メインバッグとして、コンビニなどのちょっとした外出用など、ウエストポーチの用途に的確に応えてくれるラインナップです。

おすすめ&人気のウエストポーチランキング

コンパクトでおすすめのウエストポーチ

パタゴニア-ウルトラライト・ブラック・ホール・ミニ・ヒップ・パック(4,180円)

持ち運びもコンパクトに収納

最小限の荷物を持ち運ぶのに便利なパタゴニアのミニ・ヒップ・パック。重量100gと軽量で、コンパクトサイズのため、アクティブに動きたいキャンパーにもおすすめ。ベルトはソフト仕様なので、ウエストに巻いて使うほか、斜め掛けにも快適に使えます。

本体は、メインの収納部分のほか、フロントにもジッパー付きのポケットを搭載。かさばるものや細かなものを仕分けできるため、取り出す際も探しやすく便利です。収納時には、内側ポケットに丸めて収納可能。かさばりがちなベルトが邪魔にならずに、省スペースの持ち運びが実現。リュックに入れて、サブバッグとして持ち歩く時にも重宝します。

グレゴリー-ウエストバッグ テールランナー(3,740円)

細身のデザインがスタイリッシュ

バックパックで有名なグレゴリーのウエストパック テールランナー。スリムでポケットなどが表面に搭載されていないシンプルなデザインなので、性別関係なく多くの人に選ばれています。荷物を普段あまり持ち歩かないミニマリストにおすすめです。

トップにジッパーの開口部があるので、中身を確認しやすく使いやすさ抜群。内側にはスリーブが搭載されているので、仕分けにも便利です。また、ジッパーは両開きタイプなので、斜め掛けの向き関係なく左右どちらからでも開閉ができるのも嬉しいですね。

レインボーブリッジ-ウエストポーチ(570円)

体にフィットして動きの邪魔をしない

フィット感を重視したい人におすすめなのが、こちらのウエストポーチ。高弾性ベルトを搭載し、ウエストに密着。ランニングやウォーキング時にも、揺れが気にならずに運動を妨げません。接続部分はバックルなので、使用中に外れる心配がなく外したい時には簡単に外せます。

スマホを入れるのに最適なメイン収納には、イヤホンケーブルを通す穴を搭載。音楽を聴きながらのトレーニングにもおすすめです。さらに表面には反射素材を付けているため、暗い夜道でのランニングでも、車やバイク等に存在を知らせることができ安心です。

ポケット豊富でおすすめのウエストポーチ

吉田カバン-ポーター フォース 2way ウエストバッグ(20,350円)

シーンに合わせた豊富な使い方が魅力

ビジネスからカジュアルまで、さまざまなニーズに応える日本のバッグメーカー『吉田カバン』のウエストバッグ。強力糸で織られたナイロンオックス生地を染めることで、あえて独特の光沢感や縦筋を出し、ミリタリーテイストを演出。

メイン収納部分にはスマホや財布、鍵などを収納できる大きさ。さらに着脱可能なポケットも付いているので、小分けしたい時には取り付けて、大きめのものを入れる時には取り外してなど用途に合わせて便利に使えます。ボディバッグやウエストバッグとしてのほか、付属のストラップを使えば、ショルダーバッグとしても使用可能です。

ウォーターモード-ウエストポーチ(2,530円)

たっぷり荷物をまとめて収納

収納力の高さで人気の、ウエストポーチ。フロントには、ファスナー突きのポケットがふたつ。マジックテープポケットがひとつ搭載されています。さらに両サイドにはメッシュポケット、背面にもファスナーポケットがあるので、仕分けに重宝します。

メイン収納には、お弁当やメイクポーチなどもすっきり入る大きさ。マザーズバッグやハイキング用にも活躍しそう。普段細かな荷物を持ち歩くことが多く、使いたいものがなかなか見つからないと悩んでいる人には使いやすいウエストポーチです。

カジュアルでおすすめのウエストポーチ

コールマン-ウエストバッグウォーカーポーチ(3,780円)

ちょっとしたおでかけに最適なサイズ感

アウトドアブランドで有名な、コールマンから発売されているウエストバッグ。ウエストポーチとしてのほか、ボディバッグ、ショルダーバッグなど3通りに使い方ができます。ショルダーバッグ使用の時に不要なウエストベルトは収納できるので、邪魔になりません。

メイン収納には500mlのペットボトルも入れられる便利なサイズ。フロント部分にはファスナーポケットがふたつ、背面にもひとつ搭載。背面のファスナーは背中当たりが気にならないよう、小さいファスナーを使用するなど、ユーザーの使いやすさにもこだわっています。

hasky-アウトドアウエストポーチ(3,480円)

カラフルなカラーラインナップが新鮮

アウトドアで便利に使える、haskyのウエストポーチ。サイドにはメッシュ素材のペットボトルホルダーを搭載。出し入れしやすい場所に飲み物を収納できるので、登山やハイキングにおすすめです。ベルトの両サイドには、ジッパー付きのポケットがあるので、さっと取り出したいカードなどを入れるのに最適。

体に触れる裏面には、通気性の良いメッシュ生地を採用。さらにスポンジ素材により、蒸れを防いで快適な使い心地を実現しました。ショルダーバッグ用のベルトもセットになっているので、シーンに合わせて、快適な使い方ができて便利です。

タウンユースでおすすめのウエストポーチ

グルーバーレザー-ウエストポーチ/ショルダーバッグ(20,350円)

上質な素材とトップクラスの技法を駆使した国内生産

良いものを長く使いたい本物志向の人におすすめなのが、グルーバーレザーのウエストポーチ。素材には牛革のシュリンクレザーを使用。特有のシボ感とツヤがあり、キズが目立たないなどの使用する上でのメリットも。使い込むごとに味わい深い風合いを楽しめます。

内側にはナイロン生地が全面に内張りされています。そのため、型崩れしにくく耐久性の高さが実現。ポケットなどがないシンプルデザインの薄型なので、フィット感抜群。年齢を重ねた大人のカジュアルスタイルにおすすめです。

ミステリーランチ-フォーリッジャーヒップサック(8,580円)

コンパクトなミリタリーテイストで女性にも使いやすい

米軍の特殊部隊でも使われるバックパックを制作している、ミステリーランチのウエストポーチ。薄型のコンパクト設計で、タウンユースとしてもおしゃれに取り入れられます。フィット感も良いので、ランニングやバイクライド時にもおすすめです。

素材は500デニールコーデュラナイロンを採用。表面には、撥水や防汚性に優れたテフロン加工を、裏面には耐摩擦性に優れたポリウレタンコーティング加工が施されています。さらに背面はクッション性の高いメッシュ素材を使用しているので、通気性にもこだわっています。

ザ ノース フェイス-グラニュール ウエストバック(4,070円)

シンプルで無駄のないセンスの良さが魅力

人気アウトドアブランド、ザノースフェイスのウエストバッグ。コンパクトでスリムなフォルムと、スタイリッシュなデザインで、男女関係なく選ばれる人気商品です。表のロゴがアクセントになっています。スマホや鍵、財布などを入れるのにちょうどよく、ちょっとした外出にもおすすめです。

メイン収納部分を開閉するジッパーは大きく開くので、中身を取り出しやすくなっています。内部にはポケットやキークリップ。背面にはジッパー付きのポケットなど、コンパクトながらも便利な機能が搭載されています。

カンゴール-ウエストバッグ(4,290円)

かわいいデザインで使いやすいサイズ感

カラフルなロゴが目を引くカンゴールのウエストポーチ。ショルダーベルトの長さを調整すれば、ウエストーチやボディバッグとシーンに合わせて2通りの使い方ができます。ジップ部分にはストラップが付いているので、開閉しやすく、デザインのアクセントにもなっています。

メイン収納部分のジッパーは大きく開閉します。中見を取り出しやすく、たくさん収納したときにも使いやすさを発揮。荷物の量は関係なく、いつでも便利に使えます。フェスや旅行のサブバッグとしてもあると、便利に活躍するウエストポーチです。

子ども用でおすすめのウエストポーチ

MEI-キッズウエストポーチ(3,132円)

子供に使いやすい工夫が豊富

アメリカのメーカー、MEIの子供向けウエストポーチ。表面にブランドロゴが描かれていておしゃれなデザインです。ベルトはカチッと止めるバックルなので、子供にも扱いやすくなっています。両手が開くので、子供の移動時にも安心です。

メイン収納部分の内側には、ネームタグが付いているので、紛失防止にも役立ちます。さらに鍵を固定するキーフックも付いており、大切な鍵を落としてなくすことも防げます。子供の習い事や、遊びに行くバッグとしてもおすすめです。

グリ-サコッシュウエストポーチ(9,680円)

大人顔負けのスタイリッシュデザイン

子供服ブランド、グリのウエストポーチ。コットンとナイロンを使った優しい素材感が特徴的です。丸みを帯びたフォルムと落ち着いた色合いで、優しい印象を与えます。飽きの来ないデザインなので、成長しても長く愛用できますよ。

表面にはブランドロゴが本体と同じ色で刺繍されています。強調し過ぎずちょっとしたアクセントとなり、嫌みのないおしゃれなデザインです。前に斜め掛けすれば、センスが良いだけでなく、防犯的にも安心感が高まります。

NEWBALANCE- ウエストバッグ(3,190円)

スポーティーに使いこなせるデザイン

スニーカーで人気があるNEWBALANCEのウエストバッグ。ベルト部分にロゴが刻まれているのがアクセントになっています。ウエストにベルトを巻いてウエストポーチのほか、ボディバッグとしても便利に使えます。

収納部分のジッパーは大きく開く両開きタイプを採用。内部はポケットが付いているので、中の荷物を取り出しやすく、子供にも使いやすいのが魅了的です。遊びや習い事に行く際に、自分の荷物を管理させたい親御さんにもおすすめです。

まとめ

荷物の量に合ったウエストポーチがおすすめ

男女関係なく幅広い世代に使いやすいウエストポーチ。大きさは豊富にラインナップされているので、普段持ち歩く荷物に合わせて選ぶと快適に使えますよ。ちょっとした散歩やアウトドア、スポーツなどさまざまなシーンでぜひ活用してくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*