おすすめのワイヤーストリッパー人気ランキング!【ベッセルも】

電装や電気工事DIYでは電線の皮剥き作業が付き物ですが、カッターやニッパーでは作業効率も悪く、中の芯線を傷つけてしまいかねません。そこでおすすめしたいのがワイヤーストリッパーです。ワイヤーストリッパーを使用すれば、皮剥き作業に習熟していなくてもプロ顔負けの電線処理を行うことが出来ます。ワイヤーストリッパーにはそれぞれ規格や機能があり、用途に合った性能を押さえておく必要があります。そこで、今回はワイヤーストリッパー種類や選び方のコツを詳しく説明していきます。併せておすすめの人気ワイヤーストリッパーも紹介していくので、ワイヤーストリッパーの購入を考えている方は参考にしてみてください。

ワイヤーストリッパーの特徴

安全かつ正確に皮むき作業を行うことが出来る

一般的に電線の外装を剥く作業はニッパーやカッターで行われていますが、芯線を傷つける可能性も高く、おすすめ出来ません。その点ワイヤーストリッパーなら目掛けた点を正確に裁断することができる上、刃が露出していない為、指を怪我する危険もありませんよ。ナイフによって外装を剥くプロの電子工事士もいるようですが、非常に熟練を必要とするのでワイヤーストリッパーを愛用しているプロも沢山存在します。芯線を傷つけた場合電線を流れる電流が上がる為、加熱や火災の危険性もあります。安全性の観点からもおすすめできる工具なのです。

作業効率が高く短時間で大量に電線を処理できる

皮剥き作業には挟み込みや外装の切込み等いくつかの工程があり、ワイヤーストリッパーはその全ての工程において効率化と正確性に注力された作りになっています。その為、ニッパーやカッターに比べて、手早く大量の電線を処理することができます。また、自動式と呼ばれるタイプのワイヤーストリッパーもあり、ハンドル部分を握るだけで全ての工程を瞬時に行うことが出来るのです。自動調節機能が付いたタイプも存在する為、ストリップする長さを固定し、より大量の電線を短時間で処理することも可能になっています。

ワイヤーストリッパーの種類

手動式

自由に力の制御ができるから繊細な作業に適性がある

一般的にワイヤーストリッパーと呼ばれる製品は、手動式のワイヤーストリッパーを指します。ニッパーのように手動で電線を挟み込み、刃を利用して外装を剥きます。その為、力の微細な操作が可能であり、美しい仕上がりを実現することが出来るのです。

また、自動式や横剥き式のような自動加力ではない為、芯線を傷つけてしまう心配もありません。細線や極細線を加工する場合に適格なタイプのワイヤーストリッパーとなっています。すべてのタイプのワイヤーストリッパーの中で最も安価に入手できる点も嬉しい所ですね。

横剥き式

自動調節機能付きで初心者にも扱いやすい

横剥き式は、ハンドルを握ることによって電線を挟み込み、電線の太さに対応した深さに刃が差し込まれ、外装を切るといった構造になっています。また、自動調節機能がついているタイプがほとんどです。その為手元を確認しなくても、皮剥き作業が行えるという点が大きなメリットとなっています。

また、手動式と比べてハンドルを握るだけで作業が完結してしまう為、力が少なくて済むという点も選ばれている理由になっています。システマチックな自動式と比べて簡単な作りになっているので、安価に手に入れやすい点も嬉しいところですね。電線は季節や気候によって伸び縮みしますが、そういった問題にも柔軟に対応できますよ。

自動式

複数の電線を同時にストリップ出来るから大量の作業に向いている

ストレートタイプとも呼ばれる自動式ワイヤーストリッパーの紹介です。電線を挟み込み、ヘッド部分が分離することによって外装を分断します。その為電線の先端だけでは無く、電線の途中の外装も剥くことができます。また、駆動時に大きな動作をしない為に作業中幅を取りません。狭い空間での作業が前提となる、車の電装におすすめのワイヤーストリッパーとなっています。

また、挟み込む部分の作りが大きなタイプが多く、自動で裁断も行います。その為、一度で何本も同時に外装の裁断が可能というメリットもありますよ。大量の作業を行うことを想定している方に、おすすめのタイプのワイヤーストリッパーとなっています。

ワイヤーストリッパーの選び方

ストリップしたい電線の太さで選ぶ

細い電線をストリップするなら0.25sq以下が基準

JIS規格である0.25sq以下の性能を持つワイヤーストリッパーなら、スピーカーなどの電子回路に使用される細いリード線もストリップすることが可能です。また、細い電線のストリップには繊細な力加減が必要な為、かける力の調整が可能な手動式のワイヤーストリッパーがおすすめです。細線用の手動式ワイヤーストリッパーなら、PC周辺機器に用いるラッピングワイヤーのような、かなり細めの単線にも便利に使用することができますよ。

太い電線をストリップするなら3.0sq以上の性能が必要

一般的に電線は、2スケアと呼ばれる2.0sqから太線となっています。しかし、バッテリーから直接電源を取る用途でよく使われる製品は3.0sqとなっている為、3.0sq以上の性能のワイヤーストリッパーを用意するといいでしょう。もちろん、アンプやソーラーパネルのチャージコントローラー等、更に大容量の電力を必要とする太い電線も存在します。必要に応じてsqの合ったワイヤーストリッパーを選んでみてください。

用途で選ぶ

車のアクセサリー追加などの電装なら小ぶりで圧着可能なワイヤーストリッパー

車へ電装を施す際は、狭い箇所に工具を差し込むことになります。その為、ヘッド部分が小さいワイヤーストリッパーがおすすめです。また、電線同士の結束は半田付けが一般的ですが、車の電装では机の上で作業することが出来ません。半田を固定し空中でつなぐ方法もありますが、コツや道具がいる為、やや上級者向けなのです。その点、圧着機能の付いたワイヤーストリッパーなら、端子を用意するだけで電線の結束が可能です。圧着機能の付いたワイヤーストリッパーは多く販売されている為、ニーズに合ったワイヤーストリッパーを簡単に見つけることができますよ。

電気工事士試験やDIY電気工事なら多機能なワイヤーストリッパーを

ワイヤーストリッパーは基本的に外装を剥くための工具ですが、別の機能を搭載したタイプも販売されています。DIYの際に一つの工具で複雑な工程を踏むなら、あらゆる機能が一体化したワイヤーストリッパーがおすすめです。また、電気工事士試験に必ず出題される、所謂のの字曲げを行うには沢山の機能が必要になります。まずは外装を剥くこと、そして任意の長さに電線を切ること。また、長さを測るスケールとしての機能も必要です。その点、多機能を集約したワイヤーストリッパーなら、一本で全工程をこなしてくれるのです。わざわざ別の工具を用意する必要がなくスペースを取らないことに加えて、経済的な理由からもおすすめできます。

補助機能で選ぶ

取っ手側面に規格換算表が記載されているタイプは規格を調べる必要がない

ワイヤーをストリップする場合、規格に沿うワイヤーストリッパーを使用する必要があります。しかし規格にはJIS規格であるsq表記や、UL規格であるawg表記等いくつか種類があり、表記法も電線によって違います。ワイヤーストリッパー自体に換算表が記載されているタイプなら規格同士の対応が一目瞭然で、とても便利に使用することができます。規格に不慣れな方でも、問題無く作業することができるでしょう。

取っ手部分にバネが付いているタイプは連続使用でも疲れにくい

そもそもワイヤーストリッパーは、電線の皮剥きを正確かつ大量に行う為に開発された道具です。ワイヤーストリッパーを使用する際は、基本的に何度も同じ動作を繰り返すことになる為、疲労の溜まりにくさが重要な要素になってきます。その点、取っ手部分にバネが付いたタイプのワイヤーストリッパーなら、バネの弾性によって作業を助けてくれるので、疲労が少ないのです。皮剥き作業をより多く繰り返す用途に使用する場合、バネ加工がされたワイヤーストリッパーをおすすめします。

ワイヤーストリッパー のおすすめブランド・メーカー

ベッセル

高機能かつ安価な製品を販売

ベッセルは非常に愛用者が多く、プロの道具としても多く使用されています。高機能かつ壊れにくい作りになっている上、他メーカーと比べて安価に手に入れることができます。また、シンプルで扱いやすいデザインも、その人気を支えていますよ。その為、ベッセルのワイヤーストリッパーは、初心者からプロまでおすすめできます。

ホーザン

低疲労で女性にも扱いやすい製品を取り扱う

ホーザンは70年以上の歴史を持つ工具メーカーです。ワイヤーストリッパー製作において、小型化や薄型化による扱いやすさを打ち出しており、他メーカーと比べて低疲労で高効率なワイヤーストリッパーを提供しています。作業量が多い、規模の大きな電装DIYでおすすめです。また、工具の一式販売を行っており、ワイヤーストリッパーに加えてドライバーや圧着工具などをお得にまとめて購入することもできますよ。

エンジニア

プロ仕様の工具を販売するメーカー

エンジニアの手動式には全ての製品に換算表が記載されており、作業の手間を取らせません。また、高炭素鋼を採用することによって高い耐久性も実現し、結果としてコストパフォーマンスの高さにもつながっています。長く使える工具を探している方は、エンジニアから探してみると良いでしょう。他メーカーと比べてやや高価な製品となっていますが、それだけ品質の高いワイヤーストリッパーと言えます。

マーベル

安全性と電化製品保護に注力した製品を販売

マーベルは、製品の基本的品質だけではなく、取っ手部分のバネや安全装置のストッパー等、補助的な機能も網羅した製品を販売しています。また、ブレード部分を真円にすることで、ストリップを正確かつ芯線を傷つけることなく行うことができるのです。ブレードにこだわることで、車や電化製品の品質保護という観点からも品質の高さを示しています。作業時の安全性に配慮したい方に、おすすめのメーカーです。

KNIPEX(クニペックス)

価格性能共に最高級の製品を販売する高級ブランド

KNIPEXは、プライヤーを主として取り扱うドイツの企業です。プライヤーに注力してはいますが、いわゆる握り物工具の研究の中でワイヤーストリッパーも同時開発しており、高い性能のワイヤーストリッパーを手に入れることができます。KNIPEXの製品の特徴として、他メーカーと比べて高価であることが挙げられます。それだけに性能も非常に高く、最新式の製造技術や高品質の材料を用いた、最高品質のワイヤーストリッパーとなっているのです。プロの現場をはじめとした、難しい作業を行う際にも、どんな要求にも応える製品を取り扱っています。性能の高さを追求するなら、KNIPEXの製品を選ぶのがおすすめです。

おすすめ&人気のワイヤーストリッパーランキング

手動式でおすすめのワイヤーストリッパー

ベッセル-ワイヤーストリッパー 単線・より線用(1,419円)

安価で規格換算表も付いた初心者にもおすすめのワイヤーストリッパー

ベッセルの手動式ワイヤーストリッパーの紹介です。とても安価な割に、規格換算表や高精度な刃部分により、正確なストリップが可能である点が非常に好評な製品です。ワイヤーストリッパーを使い始めるなら、まずこの製品から入るのがおすすめです。

全長155mmで重量100gと非常にコンパクトなサイズにまとめられています。ポケットに入れて持ち運ぶこともできる為、DIYに高い恩恵をもたらしてくれますよ。安価でありながら耐久性も高く、コストパフォーマンスの面からもおすすめできます。

エンジニア-ワイヤーストリッパー PA-14(2,595円)

ストラップ穴で紛失しにくく扱いやすい手動式

エンジニアのワイヤーストリッパーPA-14は、本体に高炭素鋼を使用した耐久性の高い製品となっています。精密な研磨により真円に近付けられた刃は外装にしっかりとフィットし、芯線の破損を防ぎます。安全性の高さが際立った製品といえるでしょう。

また極細線用となっており、手動式本来の役割である細線の処理を高い精度で行うことができます。またストラップ穴がついており、スプリングホルダーでベルトに接続して、落下を防止することもできますよ。作業性の高さも加えて、連続使用の多いDIYにおすすめできる製品です。

ホーザン-VVFストリッパー(3,750円)

電気工事士試験にも選ばれる精密な操作が可能なワイヤーストリッパー

ホーザンのVVFストリッパーの特徴は、先端部のプライヤー仕様にあります。プライヤー機能を搭載することで、可能な加工や作業の幅を広げています。また、ケーブルの長さを測るスケール機能付いており、非常に多機能なワイヤーストリッパーとなっています。

その多機能さを象徴する作業として、のの字曲げがあります。電子工事士試験でも必ず出題されるのの字曲げですが、短時間で行う制約の為に、何本も工具を持ち変える暇がないのです。こうした理由から、多機能なVVFストリッパーが選ばれているというわけです。電子工事士試験を受験予定の方や、作業効率を求める方にも、おすすめのワイヤーストリッパーです。

ストレート-ワイヤーストリッパー(980円)

コンパクトなホッチキス型の手動式ワイヤーストリッパー

ストレートのワイヤーストリッパーはホッチキス型となっている為、手に馴染み、扱いやすさに定評があります。本体に樹脂を採用し全長115mmと、軽量化とコンパクト化に成功しています。携帯性という点では、他のワイヤーストリッパーと比べものになりません。

小型でありながら、5.2sqと太い電線のストリップも可能です。その為とても汎用性の高いワイヤーストリッパーとなっています。広範な電気工事作業を行う方におすすめのワイヤーストリッパーです。ツールボックスに入れて持ち運ぶ際にも、細長いコンパクトな形状である為に、簡単に収納することが出来ます。

東京アイデアル-リフレックスプレミアムT型ストリッパー(3,923円)

特殊な形状を持つ操作性に注力したワイヤーストリッパー

東京アイデアルのリフレックスプレミアムT型ストリッパーは、同じ方向にグリップ部分が湾曲しており、疲れにくく安定した作業を可能にしています。フックホールもついており、携帯性も抜群。グリップ部分の凹凸により、滑り止め効果も高くなっています。

細い電線を大量にストリップする場合に、大活躍するワイヤーストリッパーです。また、アイデアルのT型ストリッパーシリーズには、使用環境に合わせた機能を持った多くの製品が存在します。自分の用途や環境において、最適な製品を選択することが出来ますよ。

横剥き式でおすすめのワイヤーストリッパー

KNIPEX-自動ワイヤーストリッパー(5,973円)

優れた自動調節機能で連続使用も楽に行える

KNIPEXの自動ワイヤーストリッパーは、リーズナブルな横剥き式のワイヤーストリッパーです。0.2〜6.0sqをカバーし、電線の太さを選びません。また、ヘッド部分が小型で、狭い場所の作業も行うことができます。151gと軽量な点もおすすめ出来る点の一つ。

KNIPEX自動ワイヤーストリッパーの大きな特徴は調整ストッパーの存在です。一度ストリップした電線の太さにストリップ機能を固定し、連続して使用することもできるのです。幅の広いストリップ機能を利用して、電装や電気工事などあらゆる局面で役に立ってくれます。万能型の高機能ワイヤーストリッパーを探している方は、選んでみてはどうでしょうか。

エンジニア-ワイヤーストリッパー PA-30(2,218円)

安価な横剥き式ワイヤーストリッパー

高価な製品が目立つ横剥き式の中で、比較的安価なワイヤーストリッパーです。安価ではありながら性能は高く、ヘッド部分に付いている調節ネジによって電線の挟み込みの強度を調整することが出来ます。電線の太さや柔らかさに柔軟に対応し、芯線を傷つける心配もありません。

バネ加工もなされており、連続使用も低疲労で行えます。ワンアクションで電線の処理が出来る為、ストリップ処理の多い作業でも多く採用されています。安価な横剥き式をお探しの方におすすめのワイヤーストリッパーとなっています。

weidmuller-ワイヤーストリッパー STRIPAX(6,597円)

対応規格の幅が広く汎用性が高い

ワイドミュラーのワイヤーストリッパーの特徴は、最小で0.08sqにまで対応出来る汎用性の高さです。極細線と呼ばれる電線にも対応可能ですので、精密機器内の電線もストリップすることができます。最大も6.0sqとなっており、かなり太めの電線もストリップすることが出来ますよ。

また、自動調節機能とストッパー機能も搭載しています。芯線を傷つけないようストリップすることが可能ですし、ストリップする長さの調整も可能です。他の横剥き式では難しい、精密機器にも使用する方におすすめですよ。

フェニックスコンタント-WIREFOX-E4(14,740円)

替刃もついて長く使える高級ワイヤーストリッパー

フェニックスコンタントのWIREFOX-E4は、他メーカーと比べてやや高価ではありますが、その分耐久性と性能が高くなっています。人間工学に基づいた設計により、取っ手の形状は低疲労に作られており、幅広い電線の径に対応可能な自動調節機能もついています。また、ヘッド部分の先端がプライヤー加工になっており、電線を自由に折り曲げることもできますよ。

購入時点でブレードの替刃が付属しており、経年劣化にも対応しています。横剥き式の構造上、過剰な負荷をかけることが少ない為、工具としての寿命も長くなっています。一つの優れた工具を長く使い続けたい方におすすめのワイヤーストリッパーとなっていますよ。

自動式でおすすめのワイヤーストリッパー

ベッセル-ワイヤーストリッパーA型(2,163円)

プロにも選ばれている人気自動式ワイヤーストリッパー

ベッセルのワイヤーストリッパーA型は、テレビや電信機器の電気工事から、自動車の電装まで幅広く利用できる優秀なワイヤーストリッパーです。DIYにおいて、加工する電線の量が多い場合検討してみると良いでしょう。ヘッド部分が小型になっており、狭い場所での作業も可能となっていますよ。

また、ストリップする長さを調節する自動調節機能が搭載されています。その為、自動式の難点である繊細な加工も可能となっています。単線の0.5sq〜2.0sqと、対応規格はやや狭めとなっていますが、加工する電線をきちんと把握していれば、その優秀な性能を十分に利用することができますよ。

フジ矢-オートマルチストリッパ(1,993円)

圧着作業も可能な多機能ワイヤーストリッパー

フジ矢のオートマルチストリッパは、0.13sq〜6.0sqまで広い範囲をカバーした自動式ストリッパーです。多くの種類の電線を自動でストリップしてくれる為、大幅な作業時間の短縮が得られます。安全かつ短時間での皮剥き作業にうってつけのワイヤーストリッパーです。

また簡易圧着にはなりますが、付属された圧着機能によって、かしめ作業も行うことができます。簡易圧着も可能な点から、工具の種類を減らすことができますよ。低予算でDIYをしたい方におすすめのワイヤーストリッパーです。

KNIPEX-ワイヤーストリッパー(9,695円)

高級自動式ワイヤーストリッパーの定番

KNIPEXのワイヤーストリッパーは、高価な分高い性能を誇ります。精密研磨された刃は、正確なストリップと芯線の保護に効果を発揮します。また、精密な挟み込みにより、極細のより線もストリップすることが可能となっています。

長さ調整ストッパーを利用すれば、ストリップ長を揃えることが出来る為、連続作業に向いています。安価なワイヤーストリッパーでは期待できない、加工する電化製品の保護も可能となっているのです。DIYに慣れていない方でも、安心して作業することが出来ますよ。

マーベル-ワイヤーストリッパー MWS-C(IV用)(3,498円)

透明なストッパーで視認性が高く的確なストリップが可能

マーベルのワイヤーストリッパーは、電線の長さを調節するストッパーが透明になっており、正確にストリップを行うことができます。視認性の高さは、作業効率はもとより、芯線の保護にも役立ちますよ。高価な電子機器の加工をする場合におすすめのワイヤーストリッパーです。

また、作業性を高める取手部分のバネ加工もなされています。加工可能な電線は、最大で8.0sqとかなり大きな径の電線もストリップすることができます。その為、大きな電流が必要なソーラーチャージャー周辺機器にも利用することが出来るのです。

ノーブランド-ワイヤーストリッパー(1,340円)

シンプルで扱いやすい自動式ワイヤーストリッパー

安価で使い勝手も良いと評判のワイヤーストリッパーです。綺麗に皮剥き作業を行える性能の秘密は、刃押さえ板にあります。刃押さえ板で刃部分をカバーすることで、滑らかかつ正確なストリップが可能です。

また、大型になりやすい自動式の中では軽量の100g。グリップ部分もゴム製になっており、手を滑らせる危険を抑え、作業性を高めます。ヘッド部分も造りが小さく、目的箇所以外の部分に触れてしまうこともありません。工具の取り回しが重要なDIYで活躍するワイヤーストリッパーです。

まとめ

扱いやすく作業性も高い自動式ワイヤーストリッパーがおすすめ

ワイヤーストリッパーを選ぶなら、最も汎用性の高い自動式をおすすめします。自動式は極端な細線でない限り、電装に必要な径は確保しているタイプが多くなっているのです。横剥き式と違い、切りっぱなしの電線のみの加工という縛りもありません。また、多数の電線を同時に処理できる自動式ならではの性能は、電気工事に効率と処理後の電線の統一感をもたらします。対応した径の幅が広く、ヘッド部分の小さな自動式ワイヤーストリッパーを選ぶようにするとより良いDIYが楽しめることでしょう。今回はおすすめのワイヤーストリッパーをランキング形式で紹介しました。ぜひ規格と用途に合った便利なワイヤーストリッパーを手に入れ、電装やDIYをより安全かつ楽しいものにしてみてください。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*