おすすめのソロキャンプ道具人気ランキング!【テントも】

ソロキャンプに行くための道具をお探しではありませんか。揃えておくべき道具を知ることでソロキャンプを快適に楽しめるようになるでしょう。そこで今回はおすすめのソロキャンプ道具人気ランキングをご紹介します。またソロキャンプ道具は選ぶときに見ておきたいポイントもありますので、見るべきポイントについてもお教えしましょう。ソロキャンプ初心者の方、ソロキャンプ道具選びに困っている方はぜひ参考にしてくださいね。

ソロキャンプ道具の特徴

一式を揃えれば自然の中で気楽に過ごせる

ソロキャンプ道具というとテントやテーブルなどが思い浮かぶかと思います。しかしシュラフやランタンなど必要になる道具は他にもたくさんあるため、一式をそろえることが大切ですよ。キャンプに必要な道具一式が揃っていれば自然の中で気楽に、快適に過ごすことができるでしょう。

一人用だから一式揃えても大荷物にならない

大人数でキャンプをするとなると道具も多くなりますが、ソロキャンプであれば一式を揃えても大荷物になりません。できるだけコンパクトに収納できるものを揃えればキャンプ場までの移動も楽ですよ。選ぶときに収納したときのサイズもチェックしておくと良いでしょう。

ソロキャンプ道具の種類

テント

キャンプに欠かせない必須アイテム

キャンプに欠かせない道具の一つであるテント。テントがないとくつろぐスペースも眠るスペースも確保できませんので、テントは必須ですよ。テントはサイズ感が幅広いため、自分自身の身長に合わせて選ぶことも大切です。

ソロキャンプは一泊するケースも多いため、ゆっくり眠るにはテント幅が自身の身長分なければいけません。身長分の幅があるものを選べば足を伸ばしてゆったり眠れるでしょう。大きめのテントはくつろぎやすさも抜群ですよ。

シュラフ

快適に眠るための必要なアイテム

キャンプ時に一泊する場合はシュラフ(寝袋)が必須です。シュラフに入って眠ることで保温性がアップするため、暖かくして眠れます。夏場はシュラフに包まれていることで就寝時の虫刺されを予防することもできますよ。

シュラフも様々なサイズがありますので、購入時はサイズをきちんとチェックしておきましょう。自身の身長に合わせることも大事ですが、幅も要チェック。体格ががっしりしている方は幅が広めのものを選ぶことで、シュラフ内が窮屈にならずに済みます。

テーブル&チェア

ご飯のときにもリラックスタイムにも使える

ソロキャンプの一つの楽しみの中にご飯があります。ご飯を食べるとき、テント内で地べたに置くこともできますが、できればテーブルの上に置きたいですよね。テーブルと椅子を用意しておけば食事も快適に行えるでしょう。

キャンプ時に疲れたら椅子に座ってくつろぐこともできます。座り心地抜群の椅子を選んでおけばリラックス効果も得られるでしょう。コーヒーなどの飲み物を持ってきていれば、テーブルにコーヒーを置き、椅子にゆったり座って優雅な一時を過ごせます。

ランタン

夜間時の明かりに使える

キャンプ場は街灯がなく暗い場所がほとんどです。街灯がない自然が溢れる場所は街中と比べても真っ暗になりますので、夜になると手元がほとんど見えなくなります。そんな時に役立ってくれるのがランタンです。

ランタンにはLEDタイプや灯油タイプなど様々なものがあります。いずれも夜の明かりとして使えますし、タイプによってはそれ以外の特徴を持つものもあります。自分にとって便利だと思える機能があるものを選びましょう。

クッキングツール

多彩なツールがあればご飯作りも楽しくなる

ソロキャンプでご飯作りを楽しむならクッキングツールも持って行きましょう。クッキングツールには鍋やまな板、小さめのナイフなどがあります。フライパンもあれば様々な料理にチャレンジすることができますよ。

料理が苦手であればガスバーナーと鍋だけを持って行けばOK。それだけ持って行けばカップラーメンを作れます。多彩なキャンプ飯に挑戦したい方は作るレシピに必要な道具を揃えて行きましょう。

ソロキャンプ道具の選び方

防水性で選ぶ

ダブルウォールテントなら高い防風・防水効果が得られる

テントの種類の中にダブルウォールテントというものがあります。ダブルウォールテントはインナーテントの上にフライシートというものが重なった二重構造のテントのこと。全面的に二重構造となっているため、防水仕様がより高くなっています。また壁が二重になっていることで防風効果も期待できます。キャンプ時に突然天候が悪くなっても、ダブルウォールテントならある程度は防げるでしょう。

アルミ製のテーブルやチェアなら雨天時も安心

テーブルやチェアを選ぶときはアルミ製のものを選んでおくことがおすすめです。アルミ製のものは水を吸い込むことがありませんので、突然雨が降っても安心。また飲み物をこぼしてしまってもシミになりませんので、サッと拭き取るだけで汚れが綺麗になります。その他にもアルミ製のものは収納サイズがコンパクト、軽量といったメリットがありますよ。

防寒性で選ぶ

ダウン素材のシュラフと防水透湿性のシュラフカバーの併用が最適

冬場のキャンプに行くときはダウン素材のシュラフに加え、防水透湿性のシュラフカバーを選びましょう。ダウン素材のものは保温性に優れているため、シュラフに包まれることで体全体が温まります。ただ冬は結露が発生しやすいため、結露によってシュラフが濡れて体が冷たくなる恐れも。防水透湿性素材のシュラフカバーを重ねることで結露からシュラフを守り、体の保温性も維持できますよ。

暖房代わりにも使える灯油ランタン

オールシーズンソロキャンプに行くのであれば灯油ランタンがおすすめです。灯油ランタンは非常に明るいため、暗闇の中でも周囲を明るく照らしてくれます。冬は簡易的な暖房代わりにもなりますので、明かりと暖房の二つの使い方ができます。灯油ランタンは八分目ほどまでに灯油を入れておけば約7時間は持つため、計算して使えば新しい灯油を持って行かずに済みますよ。

サイズで選ぶ

テントは自分の身長幅がありくつろげるスペースがあるもの

テントを選ぶときは幅と奥行きのサイズを確認しておきましょう。キャンプ内でゆったり眠るには足を伸ばして寝転がれるスペースがあることが大切。幅、または奥行きが自分の身長分あるかをチェックしてみてください。テントは眠ることがメインであればどちらかが身長分あればOK。しかしテント内でくつろぐ時間も重視するなら幅と奥行きのどちらか一方ではなく、どちらも十分な広さを確保できるサイズのものを選ぶことがおすすめです。

シュラフは長さだけでなく幅も確認しておこう

シュラフを選ぶときもテント同様、サイズをきちんと確認しておくことが大切です。まずシュラフの長さですが、自身の身長より大きめサイズのものを選びましょう。身長にぴったりのものを選ぶと窮屈さを感じ、快適に眠れないかもしれません。中には200センチ以上の長さのものもありますので、余裕をもって選ぶと良いですよ。次に幅ですが、幅のサイズは70センチ前後のものが多くなっています。成人男性の肩幅平均が43センチとなっていますので、70センチのものを選んでおけばシュラフ内で自由に動けるでしょう。

テーブルとチェアはコンパクトに収納できるサイズがおすすめ

ソロキャンプ時に使うテーブルとチェアはコンパクトに収納できるものがおすすめです。広げたときはある程度大きくなるものの、収納時は30センチ前後にまでまとめられるというものが多くなっていますよ。30センチはA4サイズのノートと同じサイズなので、小さくまとめられますね。チェアに関しても同様に収納時のサイズを重視すべきですが、背もたれがあるかどうか、座り心地が良いかどうかなども確認しておくことがおすすめです。

ソロキャンプ道具のおすすめブランド・メーカー

コールマン

ソロキャンプ道具一式をまとめて揃えられる大手メーカー

コールマンはテントやシュラフ、クッキングツールまで幅広く展開しているメーカーです。暑い時期も快適にテント内で過ごせる機能性に優れたキャンプや、コンパクトに収納できるアイテムも用意しています。同じブランドでまとめて揃えたいという方におすすめですよ。

スノーピーク

小さくまとめられる前室付きテントを展開するメーカー

ソロキャンプをより快適にしてくれる前室付きテントを展開しています。サイズは大きめですが収納時はとてもコンパクトになるため、持ち運びも楽々行えますよ。座り心地に優れたアルミ製のチェアや使い勝手の良いクッキングツールも揃っています。

エムエスアール

便利なクッキングツールを展開するメーカー

まな板やナイフ、お玉やフライ返しなどの11点がセットになったクッキングツールを展開。これ一つで様々な料理が作れますので、ソロキャンプ飯を楽しみたい方におすすめのメーカーです。ソロキャンプにぴったりのサイズのテントや広々と使える大きめのテントも用意していますよ。

プリムス

本格的なキャンプ飯を楽しみたい方におすすめのメーカー

プリムスは高所でも安定して青い炎を出せるバーナーなどを展開する火器メーカーです。品質が非常に良いため、ガスバーナーを購入するならプリムスがおすすめですよ。ソロキャンプに最適なコンパクトな鍋&フライパンセットだけでなく、お米を炊ける便利アイテムも販売しています。

おすすめ&人気のソロキャンプ道具ランキング

テント&シュラフでおすすめのソロキャンプ道具

コールマンワンポールテント (29,958円)

前室付きの広々としたテント

テントに前室がついたタイプです。前室があることで雨のときはテント内への雨の侵入を防ぐことが可能。晴れの日は前室の下でくつろげますよ。紫外線を防げるので外でも快適に過ごせるでしょう。

325センチ×230センチの広々としたサイズで3~4人用となっています。テント内がとても広いため、ソロならゆったりと過ごせるでしょう。収納時は約16×60センチとコンパクトになりますので、大きめテントでも持ち運びに苦労することはないでしょう。

エムエスアール-MSR HUBBA NX 2019 (58,300円)

防風効果の高いソロキャンプ用テント

テント設置に使うポールにサイクロンポールを採用。弾力性が非常に強いポールなので、強風で煽られてもポールは元の形状にすぐに戻ります。突然の悪天候にも問題なく耐えてくれるでしょう。

奥行きはさほど広くありませんが、幅は2メートル以上あるのでほとんどの方がゆったり眠れるでしょう。コンパクトに収納できるので小さくまとめることが可能。軽量なので持ち運びにも便利です。

バンドック-BDK-08 (11,000円)

雨からテント内を守るダブルウォールテント

インナーテントとフライシートがセットになっているダブルウォールテントです。インナーテントはメッシュ素材なので通気性に優れ、快適に過ごせます。フライシートは高い防水効果がありますので、雨天時に活躍してくれますよ。

テント内の天井にはランタンを吊るせるフックが付属しています。ランタンを吊るすことでテント内が明るくなりますので、夜でもテント内でゆったり過ごせるでしょう。一人用にぴったりのサイズなのでソロキャンプに最適です。

スノーピーク-セパレートシュラフ (21,780円)

布団と変わらない寝心地を確保できるシュラフ

敷布団と掛け布団がセットになったような形のシュラフです。自宅で使う布団と変わらない寝心地なので、ソロキャンプ初心者にもおすすめ。夏の暑い時期は足元のチャックを開けておくことで涼しくなりますよ。

長さは200センチ以上、幅は105センチ以上とゆったりとしたサイズ感です。大人二人でも眠れるサイズなので、ソロキャンプ以外でも活用できますよ。高機能な保温材を中綿に採用しているため、冬場でも暖かく眠れます。

ナンガ-マミー型シュラフ (42,900円)

高い蓄熱・保温効果を持つシュラフ

シュラフの作りをボックスキルト構造にすることで快適な眠りを叶えるシュラフです。蓄熱・保温性がとても高いため、秋・冬・春の3シーズンで使えますよ。寒い時期にキャンプに行くことが多い方におすすめのシュラフです。

レッド・ターコイズ・ブラウンの3色を展開しているので、男女問わず使えます。小さくまとめることができますので持ち運びも楽々。重量が865gととても軽いため、軽量にも優れています。

テーブル&チェアでおすすめのソロキャンプ道具

スノーピーク-オゼン ライト SLV-171 (5,335円)

携帯性に優れたアルミテーブル

コンパクトに収納できるアルミ製のテーブルです。使用時はA4サイズほどの大きさになるためソロキャンプ時に最適。収納時は29.7センチ×12センチとなるので持ち運びやすいサイズになりますよ。

270gととても軽いことも大きなメリットです。軽いものは持ち運びが楽なので、持ち歩くことが多い方に特におすすめ。組み立ても簡単なので女性でもスムーズに組み立てられるでしょう。

ヘリノックス-BLBCK 1822221 (11,550円)

3つのサイズを用意しているくつろぎチェア

ミニ~Lまでの3サイズを展開しているチェアです。大きさが異なりますので、自身の体格に合わせて選ぶことができますよ。背もたれもあるのでゆったりと座ってくつろげるでしょう。

コンパクトに収納できるので持ち運びも楽々行えます。背面にメッシュ素材を採用することで通気性を良くしていますので、長時間座っても蒸れることもないでしょう。夏場の使用にも最適ですよ。

スノーピーク-ローチェア30 (17,600円)

サイズ感よりくつろぎやすさを重視する方に

高さ86センチ、幅56センチ、奥行き57センチの大きめサイズのチェアです。サイズが大きい分体をチェアに預けられるため、くつろぎたい時に最適でしょう。ゆったり座れるようアームレストも付属しています。

3.6kgと多少重いですが、16センチ×18センチサイズにまとめることが可能。まとめたチェアは袋に入れておけるため、持ち運び時に苦労することもないでしょう。手触りの良い素材を採用しているので座り心地も抜群ですよ。

YOKAPANEL CHAIR I’m Doraemon (19,800円)

チェアデザインを重視したい方におすすめ

木製のチェアにドラえもんがプリントされているチェアです。ドラえもんやドラえもんが持つ秘密道具がたくさんプリントされているため、ドラえもんが好きな方に最適。可愛らしいチェアが欲しいという方にもおすすめです。

木の板をはめ込んでいくことで完成するチェアで組み立て方も簡単。現地についてからすぐに作ることができます。分解することで5枚の板となりますので、リュックや袋に収納しておけば手軽に持ち運べますよ。

ランタン&クッキングツールでおすすめのソロキャンプ道具

キャプテンスタッグ-オイルランタン (2,470円)

ブロンズカラーのおしゃれランタン

レトロな雰囲気を持つブロンズカラーのランタンです。コンパクトサイズなので持ち運びやすいですよ。燃料には白灯油かランタン用パラフィンオイルを使用します。

柔らかい炎の明かりが灯るので暗闇の中でも眩しさを感じることはありません。就寝時のリラックス空間を作り上げてくれるので、つけたままでゆっくり眠れるでしょう。サイズは小・中・大がありますので、好みの大きさを選んでくださいね。

プリムス-イージークックミニキット (3,080円)

使い勝手抜群のポットセット

普通サイズのポットとミニサイズのポットのセットです。お湯を沸かすだけでも使えますが、本格的な料理も楽しめます。ふたを使えばお米も炊けるので、無洗米を持って行けば手軽にご飯が食べられます。

どちらもアルミ製なので軽く、持ち運びも便利。メッシュ素材の収納袋が付属しているのでまとめて入れておけばコンパクトになります。プリムス製のバーナーも一緒に付属できるので、こちらのセットを購入するならバーナーもプリムスで揃えることがおすすめです。

forMUSEバーベキューコンロ (3,971円)

炭火焼も楽しめるバーベキューセット

20.5センチ×15.5センチサイズのコンパクトなバーベキューセットです。大きめの食材が焼ける網と小さめの食材が焼ける網がセットになっています。食べたいもののサイズに合わせて網を変えましょう。

バーナーを使って焼くことも可能ですが、炭火焼も可能。炭入れや風除けも付属しているので、天気が多少荒れていてもキャンプ飯を楽しめます。全て分解すればコンパクトになるので、持ち運びにも便利ですよ。

まとめ

自然の中で快適に過ごせるソロキャンプ道具がおすすめ

使い勝手の良いソロキャンプ道具を探すなら、自分自身が快適に過ごせるソロキャンプ道具を探すことがおすすめです。人によって快適だと思えるポイントは異なります。使い勝手がいいもの、ゆったりくつろげるものなどのポイントから自分自身が本当に良いと思えるものを探しましょう。今回はおすすめのソロキャンプ道具をランキング形式でご紹介しました。ぜひ使いやすいと思えるソロキャンプ道具を見つけて、快適なキャンプを楽しんでくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*