おすすめの横向き枕人気ランキング!いびき対策に【西川やニトリも】

最近、横向き寝の良さを耳にする機会が増えてきました。横向きで寝ることで、いびきや腰痛の改善が期待できるという専門家の意見もあるようです。また、妊婦さんは大きなお腹のために横向き寝の方が快適に眠れます。しかし、普通の枕で横向きに寝ようとするとうまく寝られないという方も多いのではないでしょうか。そこで今、注目されているのが横向き寝に着目した横向き枕。さまざまな形や素材が研究されています。今回は、横向き寝のメリットとデメリットを紹介し、それぞれの悩みに適したおすすめの横向き寝枕もピックアップ。ご自分の悩みや体型にあった横向き寝枕と出会って、元気な毎日を過ごしてみませんか。

横向きで寝るメリット

気道が確保されることにより、いびきを掻きにくくなる

いびきの原因はさまざまありますが、その多くは気道が塞がれて狭くなっていることで引き起こされます。悪い姿勢で寝た時に喉の奥にある舌根という部分が、喉の奥に落ちこんでしまいます。それによって、通常よりも狭くなった気道を空気が通るときにいびきが起こるのです。横向きに寝ることで、この舌根の喉への落ちこみが起こりにくくなり、いびきが軽減される可能性があります。

腰痛持ちの方は腰に負担が掛からないので楽

仰向きに寝る姿勢は本来、腰に負担は掛かりにくいものです。しかし、既に腰痛に悩む方は腰を伸ばす姿勢が腰の筋肉の緊張となり、さらに痛みを増してしまうこともあるそうですね。また、猫背の方や仰向け寝では腰が反ってしまう方にも仰向け寝が負担になります。横向き寝をすることで、腰の筋肉の緊張が緩みリラックスして睡眠の質があがる可能性があります。

妊娠中の方も楽な姿勢を維持できる

そして、横向き寝がおすすめなのが妊娠中の方。特に後期に向かうにつれ、お腹は大きくなってきますので仰向きに寝るとお腹が体を圧迫してしまいます。それが、寝苦しさにつながるだけではなく、血流が阻害されてしまい、妊娠中に好ましくない状況を生むこともあるようです。横向きに眠ることで、妊婦さんの理想的な寝姿勢とされるシムスの姿勢に近づきます。妊婦の方もお腹の赤ちゃんも楽に眠れる工夫ができればうれしいですね。

横向きで寝るデメリット

肩や腕に負荷が掛かりやすく肩こりや首こりの原因に

横向き寝のデメリットもあります。それは、通常の枕が横向き用に設計されていないことによって引き起こされます。横向きに寝たときに肩が圧迫され、首や腕に負担が掛かることがあるのです。しかし、その悩みを解消し、横向きで寝ても肩や首などの負担を軽減する枕なども販売されています。自分にあった、横向きに適した枕を選ぶことでデメリットも解消することが可能ですね。

横向き枕の選び方

枕の形状で選ぶ

横向き時に肩の負担を減らすハートやウイング型

枕の選び方の一つとして、枕の形状で選ぶという方法があります。横向き寝のデメリットである肩や腕への負担を解消するために、生み出されたのがハート形やウイング型。頭をのせる中央部分よりも、両側が肩の方向に突出している形状です。肩や首に優しくフィットして、負担を軽くしてくれます。

寝返りが打ちやすいL字やU字型は血流を良くして快眠を導く

また、抱き枕としても使えるのがL字やU字の枕です。頭の枕と抱き枕が一体となったようなL字型枕は、抱き枕だけでは補えない首の負担軽減の役割も果たしてくれます。さらに進んだU字型は、どちらに寝返りを打っても楽なように考えられています。寝返りも健康的な睡眠の大事な要素。枕は四角いというイメージを覆すその形状で、横向き寝や寝返りを楽にしてくれるのがうれしいですね。

理想の寝姿勢を保てる枕の高さを選ぶ

仰向きと横向き共に背骨がまっすぐになる枕の高さが理想

枕にとって重要なのは、自分の体格に合うこと。特に、寝ている時も頚椎が理想的なS字を保てるように枕を選ぶことが大切です。横に向いたときには、床に対して背骨がまっすぐ平行になるように高さを選んでください。その際は、布団の沈み込む深さも考慮することが必要ですので、ご自身の睡眠環境に合わせて調整できるのが理想ですね。

枕中央のくぼみや両脇の高さなどもチェック

枕は、一般的には真ん中が高くなるものです。しかし、いびきや肩こりなどの解消を考えた枕では、中央がくぼんでいるものも多くあります。それらは、首と布団との隙間を埋めて気道を確保しS字の頚椎を保ってくれます。そして、横向きになったときに肩や腕に負担が掛からないように、高さや反発力があるかをしっかりと確認すると良いですよ。

使用されている中材で選ぶ

パイプ素材だと洗えるタイプが多く高さ調整もしやすい

形状とともに大切なのが、中の素材。多くの素材が枕に使用されていますが、匂いが気になったり耐久性がなかったりするものもあります。清潔さという点も重要で、パイプ素材などは枕本体を洗えるものがあるのでうれしいですね。また、枕の中身の量を調整しやすく、高さを自分の体格に合わせやすいというメリットもあります。

頭が沈み込み過ぎないように異素材の組み合わせもおすすめ

どんなに良い素材でも、一長一短があるものです。特に柔らかい素材で、頭が沈み込みすぎると理想の姿勢が崩れてしまいますね。そこで、羽根とパイプや、ウレタンと綿などの異素材を組み合わせることで、課題を解決した枕が作られています。横向き寝といっても、必ず仰向けになる瞬間があります。その意味では、どんな姿勢でも自然な姿勢を保てる枕を選ぶには、異素材の組み合わせも検討すると良いですね。

横向き枕のおすすめブランド・メーカー

ムーンムーン(moon moon)

創業者自ら眠りで悩む人を救う研究者としてTV出演も

ムーンムーンは、眠りの悩みの解決のために力を注いでいます。創業者自身が、睡眠の悩みを目覚まし時計や寝具で解決した経験を経て、自ら商品開発に携わっています。そのこだわりは、有名なTV番組に識者として招かれるほど。徹底して良質な眠りにこだわっています。

西川産業

老舗高級寝具メーカーが横向き寝を研究

高級寝具ブランドの老舗である西川産業。多くの企業やブランドを抱え、その商品開発力と品質の良さは国内でもトップレベルです。医者が考えた枕のシリーズなども生み出し、今もなお睡眠の研究に余念がありません。

フランスベッド(France Bed)

日本人のために眠りと向き合い続けた老舗寝具メーカー

フランスベッドと聞けば、海外ブランドと思われるかもしれませんが、フランスベッドは純粋な日本の企業。日本人の体格や眠りに徹底してこだわり、そのサイズや日本の文化的な要素までも研究しています。一貫して日本人の眠りにこだわり続けた、その良質な商品力には定評がありますね。

ニトリ

お値段以上の価値ある家具の品揃えが豊富

家具だけではなく生活必需品に至るまで、お値段以上の価値を提供し続けるニトリ。その寝具の品質も、多くの人が認めています。リーズナブルな価格で、使い勝手の良い良質な寝具や商品を開発し続けています。

おすすめ&人気の横向き枕ランキング

いびきにおすすめの横向き枕

ムーンムーン株式会社-YOKONE3 (19,440円)

横向き寝を研究し抜き寝返りを促す横向き寝専用枕

ムーンムーンのYOKONE3は、横向き寝に必要な機能をしっかりと備えた専用枕です。でこぼことした首マッサージ機能も備える斬新な横向き寝専用枕を販売し続け、3代目となるこの枕。それだけに、いびきに悩む使用者の声がしっかりと反映されています。

頭と首と肩と腕の4点を支える、特許申請中の技術で作られた枕は、結果的にいびきが改善された例を多く出しています。頭の重さを分散する、寝心地の良いリラックスウレタンを使用。それが横向き寝の際に絶妙な高さとなり、背骨から首の骨までを正しい位置に保ってくれます。また、高さが調整できるシートも備え、老若男女の体型に合わせられるのがうれしいですね。

株式会社ロウダン-村長がくれた首狩り族のネックピロー (5,980円)

首刈り族の枕を参考にした首を支える枕

人間の頭部には神聖な力があると信じる首刈り族。その枕の形状を研究して作られたのが、首刈り族のいびき枕EXです。首を支える部分が、大きなアーチを描いているのが旧型からの特徴ですが、いびきの改善のためにそのアーチを2倍にしています。

この高いアーチが、首をしっかりと伸ばしていびきの軽減につながります。そして、横向き寝の際にも十分な高さがあるために肩や腕に負担をかけにくくなっています。ストレートネックでお悩みの方にも、おすすめできる枕です。

アメイズプラス-スージーAS快眠枕 (5,880円)

呼吸が楽になる横向き枕

スージーAS快眠枕は、睡眠時の呼吸を徹底的に解析して作られています。枕の使用時と未使用時の脳波や血中の酸素濃度に、眼球運動などを測定。結果的に、睡眠時の呼吸が楽になり、快適な睡眠が得られているという成果が出ているそうです。

睡眠時の呼吸を妨げない、横向き寝でいびきを軽減することにこだわったこの枕。航空機の設計技術を応用した、独自の立体形状がその特徴です。両はしは、さまざまな角度からの力でも動かない安定性を確保。真ん中部分は首の自然なカーブを支えて、コリや気道の圧迫をケアできる構造となっています。ムレを防ぐなど、細やかに気遣いのある枕です。

AYSHTR-肩こり対策健康快眠枕 (3,999円)

人間工学に基づいた健康安眠枕

人間工学に基づいて、頭と頚椎と肩の3点をしっかりと支えるこの枕。低反発のメモリフォーム素材が、自然で楽な姿勢をキープしてくれます。また、仰向き時も横向き時も、中央のくぼみが気道を塞がず、いびきを軽減するように考えられています。

枕も高さも10cmと6cmの2種類を用意。ご自身の体型にあった枕を選択し、快適に使用することが可能です。高品質のフランネル生地が柔らかな寝心地を保証。通気性も保たれた快眠のための枕です。

健康睡眠研究所-いびき専用枕Deep Rest (8,618円)

いびき改善の専門家が結集して作った枕

健康睡眠研究所は、いびきや快眠を研究する専門家が集まりその成果を製品に生かしています。このいびき専用枕ディープレストの素材は、新素材のGELと低反発ウレタンを混合して使用。人間工学に基づき考えられた、絶妙な硬さとなっています。

首元のカーブと硬めのウレタンの芯の部分が、気道を確保していびきの軽減にもつながります。横向きに寝た時にも、理想的な高さで肩などの負担を軽減する形状となっているんですね。計測の結果でも、鼻呼吸の改善がみられており、いびきに悩む方におすすめできる枕です。

肩こりにおすすめの横向き枕

株式会社ロウダン-ブルーブラッド3D体感ピロー (6,980円)

重力から解放されたような新素材の寝心地

使う人に合わせて、最適な高さや硬さを提供するブルーブラッド。その新素材を使用し、まるで重力から解放されたような快適な寝心地を実現したのがブルーブラッド3D体感ピローです。柔軟性と復元力がこの枕の特徴です。

その新素材がどのような寝方でも体をしっかりと支え、肩こりなどを楽にしてくれます。枕を覆う生地には、テンセルを使用。肌触りも良く、汗の吸収力と速乾性に優れています。人体に有害なものを使用していないという世界基準の証明も取得した、安心の枕です。

フランスベッド-スリープバンテージ (3,480円)

ユニークな形状で横向き寝を促進

日本人の眠りに向き合ってきたフランスベッドが開発した、ユニークな枕。ひらがなのしの文字を逆さにしたようなその形状は、横向き寝をしやすいように作られています。その特殊形状が、首や肩と頭と背中をしっかりと支え、肩こりを改善してくれます。

耳の当たる場所にはくぼみがあり、長時間の使用でも耳に負担を掛けません。長い方を抱えることによって、抱き枕としても使用が可能。半うつぶせ寝という理想的な寝姿に導いてくれます。カバーは洗って使用できるのも、うれしい工夫です。

ニトリ-横向き寝がラクな枕ナチュラルフィット (3,990円)

真ん中の出っ張りがどんな姿勢も楽になる工夫

お値段以上の家具や寝具などを販売しているニトリ。そのニトリが研究し話題を呼んでいるのが、その名も横向き寝がラクな枕ナチュラルフィットです。首の方に枕の中央部が飛び出した、独特な形状が安眠の秘密です。

仰向きの時は、中央部分が頚椎をしっかりと支えてくれます。そして、横向きの時は、高さのある両はしの部分が肩こりを軽減してくれますね。カバーのみ洗うこともでき、清潔に使用できるのも安心の一つです。

アメイズプラス-RAKUNA整体枕 (6,980円)

整体師が考えた横向きにも適した枕

真ん中が大きく窪んだ、独特の形状をしたこの枕。整体師が自ら開発した、快適な睡眠のための枕です。真ん中のくぼみと首元の高さは、理想的なS字の頚椎と首までのラインを維持してくれます。ストレートネックの方にもおすすめできる枕です。

横を向いたときには、両はしの高さが活躍します。高さも調整できるため、肩のこりを軽減してくれるのに役立ちそうですね。枕がずれずに、安定して使用できる構造も安心感のある眠りにつながります。どんな寝姿勢も支える、機能的な枕です。

西川産業-もっと肩楽寝プレミアム (4,320円)

医師がすすめる肩のリラックスを追求した枕

老舗寝具メーカーである西川産業が、医師の意見を参考に開発したシリーズがこの医師がすすめる健康枕シリーズ。その中でも、肩口の楽さを考えたのがもっと肩楽寝プレミアムです。肩と首と後頭部を絶妙なバランスで保つ、三点支持理論を唱える医師の意見を採用して体の負担を軽減しています。

中身には、パイプと綿を適切に配置。中央はくぼんでおり、肩口をしっかりと支えるアーチにも肩の負担を軽減する工夫がなされています。高めで幅広の構造が、横向き寝の時にも肩や首をしっかりとサポートしてくれます。

洗えるおすすめの横向き枕

株式会社プレジール-抱かれ枕アーチピローFUN (10,152円)

優れた体圧分散を実現した斬新な枕

枕というイメージを大きく覆したこの枕。抱かれ枕という名前の通り、すっぽりと体全体を包み込んでくれるのが特徴です。一般的な枕と抱き枕の良いところを一つにし、腕の重さの軽減までも考慮しています。

うれしいのは、浮き輪のような浮遊感のある寝心地だけではありません。汗を吸いやすく速乾性のある、心地の良い素材はずっとくっついていたくなる触り心地。フェザータッチの中綿と、首元にはパイプを採用しています。そして、本体カバーは洗濯機で、本体も手洗いで丸洗いが可能です。

Beech-王様の抱き枕 (8,800円)

柔らかく体圧分散に優れた抱き枕

王様の枕シリーズで有名なビーチの開発した抱き枕。その特徴の一つは、むにゅむにゅとした柔らかな感触です。柔軟性と復元力の双方を実現した素材によって、快適な寝心地をサポートしてくれます。

その感触は、中材の極小ビーズによるものです。その柔軟性が腰や肩にフィットしてくれることによって、楽な横向き寝を実現しています。カバーは洗濯機で丸洗いが可能で、本体も汚れた部分は手洗いすることができるので、清潔に使用できるのがうれしいですね。

サンデシカ-妊婦さんのための洗える抱き枕 (3,980円)

妊婦のための嬉しい工夫がいっぱい

妊婦は大きなお腹を抱え、どうしても睡眠時に寝苦しさを感じてしまうものです。そして、妊婦本人にもお腹の赤ちゃんにも負担を掛けにくいのがシムスの姿勢と言われています。この妊婦さんのための抱き枕は、横向き寝でシムスの姿勢を取りやすい構造になっています。

そして、出産後には先端のボタン同士をとめれば授乳クッションとしても使用が可能。赤ちゃんを真ん中に置いて、Cカーブの背中を保ったりおすわりのクッションがわりに使ったりと長く使えるのもうれしいですね。本体も洗濯機で丸洗いが可能で、乾きやすいのも特徴です。

西川産業-もっと横楽寝 (5,400円)

高さ調整が可能で丸洗いもできる横向き寝枕

老舗寝具メーカーの西川産業が、医師とともに開発したシリーズの横向き寝に特化した枕です。その秘密は、独立した丸型独立のキルトが両はしに配置され、横向き時の姿勢をしっかりとサポートしてくれます。

肩口のアーチが体に負担を掛けず、理想的な寝姿を実現。シートによる高さ調整ができることも、ご自身の体型にあった眠りを実現できます。中材はパイプを使用しており、本体ごと洗濯機で丸洗いが可能です。

まとめ

正しい姿勢を維持して寝返りがしやすい横向き枕がおすすめ

さまざまな素材や形状で作られた、横向き寝を支える枕。その特徴は、首や肩と背中などの正しい姿勢を維持してくれる工夫が満載です。また、快適な睡眠の必須条件である寝返りがしやすいように、形状が工夫されています。いびきや肩こりなどにお悩みの方は、一度横向き寝用の枕を試してみられてはいかがでしょうか。

コメントを残す

*