おすすめの骨伝導イヤホン人気ランキング!【AfterShokzも】

イヤホンで音楽を聴くと周囲の音が聞こえず困ったことはありませんか。家事をしながら音楽と家族の声が聞こえたらいいですよね。そんな時におすすめなのが骨伝導イヤホンです。骨伝導イヤホンは耳を塞がずに音が聴けるのでイヤホンをしながら家事をしていても、インターホンの音を聞き逃すことはありません。今回はおすすめの骨伝導イヤホンをランキング形式でご紹介します。家で使うのはもちろん、スポーツシーンや自転車走行時でも使える様々なモデルをご紹介しますので、使う場所に合わせて自分に合ったモデルを見つけてくださいね。

骨伝導イヤホンの特徴

頭蓋骨を振動させることで脳に音を届ける骨導音の技術を採用

現在主流に使われているイヤホンは、空気を振動させて鼓膜を震わせ、その奥にある蝸牛と呼ばれる器官を通して脳に音を届けます。一方、骨伝導イヤホンは骨を振動させることで音を直接蝸牛に届け、脳へと伝えていく骨導音の技術を採用。耳を塞ぐ必要がないので、環境音も聞きながら音楽が聴くことができます。家事のBGMとして使用したり、ランニング時に後ろから車が来てもすぐに気が付くことができたりと様々なシーンで活躍します。また周囲の音を聞けることで安全性が向上したとみなされ、骨伝導イヤホンであれば自転車の走行時にも使用できる地域も。ただし都道府県によってルールが違いますので、自転車で使用する場合は必ずルールを確認しましょう。

耳を塞がないので長時間使用しても疲れにくく難聴になりづらい

長時間耳にイヤホンを付けていると耳が痛くなったり、疲れたりした経験はありませんか。イヤホンやヘッドホンで大きな音を聴き続けることは、騒音性難聴になるリスクがあります。骨伝導イヤホンは骨を振動させて音を聴かせる耳を塞がずに音楽を楽しめるので、長時間しようしても耳が痛くなることはありません。また鼓膜を振動させることがないので、難聴になりづらい特徴も。長距離移動時に音楽を楽しみたい方やランニングでも問題なく使用できるので、おすすめです。鼓膜が原因の難聴の方や聴力に不安がある方でも骨伝導イヤホンなら音を聴きとることができますよ。

骨伝導イヤホンの種類

有線式

音を圧縮変換する必要がないため音飛びや遅延がなく高音質な音楽が楽しめる

有線タイプはケーブルが備わっていることから音楽再生時に音の変換や圧縮をしない分、音飛びや遅延がなく安定した音質で聴くことができます。またワイヤレスに比べ、安価な製品が多いので、骨伝導イヤホンを試してみたい方におすすめ。

また有線タイプはコードの長さも重要です。1mから1.5mが有線タイプの平均的な長さ。1.5m以上であれば、ランニング時にスマートフォンをポケットに入れて使用ができます。鞄に入れても十分使用できるので、通勤通学時でも快適に使えますよ。

ワイヤレス式

コードがないから様々な場面で使えて種類も豊富

ワイヤレスタイプはBluetoothで通信を行うモデルが主流です。コードがないのでどこかに引っかけてしまう心配がありません。煩わしさがなくなり、スポーツや家事に専念できますよ。場所を選ばずにどこでも使用できるのがワイヤレスタイプのいいところ。

有線タイプに比べて種類やデザインが豊富。デザイン重視の方にもおすすめですよ。またワイヤレスタイプは充電の必要があります。連続再生時間は5~30時間と製品によって様々。長時間使いたい方は連続再生時間10時間以上を選びましょう。

骨伝導イヤホンの選び方

音質で選ぶ

Bluetooth対応で遅延を気にせず高音質で楽しみたいなら再生機器に適したコーデックを

音を圧縮する方式のことをコーデックと呼び、主に音質と遅延に関係しています。基本どの骨伝導イヤホンにも採用されているコーデックはSBCです。SBCは、少しの遅延が見られるのが特徴。一方、音質は製品により良い音質からいまいちな音質まで様々です。iPhoneに対応しているコーデックはACCといい、高音質で遅延も少ないのが特徴。Androidに対応しているコーデックはaptXといい、高音質で遅延も少ないのが特徴です。またaptXは、音の圧縮方式がSBCやACCと異なり、SBCとACCは高音域をカットしてデータ圧縮を行うのに対し、aptXは元の音源に近いまま音の圧縮を行うのでより高音質な音の再現を可能に。コーデックの性質を発揮するには、再生機器と同じコーデックに対応している必要があります。どちらかがaptXに対応していても片方がSBCのみ対応だと接続はSBCで行われてしまい、せっかくの高性能が生かせないことも。使用する再生機器ではどのコーデックに対応しているか、事前に確認しましょう。

有線式は専用アンプ付きだとより高音質でワイドレンジな再生が可能

専用のアンプが付属しているモデルは、音質が向上し、幅広いレンジの音が再生可能です。音質にこだわるならアンプ搭載モデルを選びましょう。アンプを搭載したモデルは重量がやや重めに。重量が気になる方は、専用アンプにクリップが付いているモデルがおすすめです。服や鞄につけられるので、アンプの重さが気にならなくなりますよ。

装着感で選ぶ

自分の頭にフィットするサイズを

骨伝導イヤホンは、こめかみに挟んで振動させることから、初めて使用する際には違和感を感じることがあります。気になる方は側圧の弱いものを選びましょう。またワイヤレスタイプはヘッドバンド型が多いため、装着に慣れるまでに時間がかかることも。サイズ変更できるアジャスターモデルやバンド部分に形状記憶素材を使用したモデルがおすすめですよ。頭にきちんとフィットしてないと音質や音量に関わってきますので、必ず自分の頭に合ったサイズを選びましょう。

重さ30g前後の軽量タイプならずり落ちる心配がない

ランニングやウォーキングの際に使う場合は、30g前後の軽量タイプがおすすめです。自分に合った重量でないと運動中にずり落ちて音が聴き取れないということになりかねません。煩わしさや違和感の原因にも。重さ30g前後の軽量タイプならどんな方でもフィット感が向上しますよ。また軽量であるほど違和感を感じにくい傾向にあり、特にチタ二ウム素材は軽くて柔軟性もあるのでおすすめです。

形状で選ぶ

メガネ一体型モデルなら併用時の煩わしさから解放

メガネ一体型モデルなら、メガネをかけている方でも安心して使うことができます。ヘッドバンド型の骨伝導イヤホンは、製品によってはメガネとの併用が難しいことがあり、無理に使うと違和感の原因に。一体型モデルなら、メガネの柄の部分に骨伝導イヤホンが内蔵されているので、普段同様、メガネをかけるだけで音楽が聴けます。またサングラスモデルもあるので、スポーツ時にも活躍しますよ。

スポーツや激しい運動時に使用するならヘッドバンド型がおすすめ

ヘッドバンド型なら強めの締め付けで、外れるのを防ぎます。装着性に優れており、しっかりと頭にフィットするので激しく動く運動時におすすめです。更に、バンド部分の素材にもこだわりましょう。チタニウム素材は、柔軟性と耐久性に優れているのでスポーツ時には最適です。また、フィット感を重視するのであれば、ゴム素材がおすすめですよ。

機能で選ぶ

通話をするならマイクにノイズキャンセル機能があるモデルを

マイクが内蔵されているモデルでは、ハンズフリー通話が可能です。通話時に骨伝導イヤホンを使用したい方は、マイクの付加機能に注目しましょう。ノイズキャンセル機能搭載モデルなら騒がしいがしい場所でもクリアな音で会話ができます。外出時の突然の着信に対応ができ、ビジネスシーンで大いに活躍してくれますよ。

防水機能はIPX5以上あれば雨や汗に強い

防水機能が備わっているイヤホンでは、耐水性をIPで表記します。数字は0から8まであり、数字が大きいほど防水性が高いです。目安として、IPX5以上の製品を選びましょう。雨にも耐えることができ、普段使いするには十分です。プールやお風呂で使用したい場合には、さらに高い防水性のあるIPX7以上を選びましょう。価格は上がりますが、浸水による故障の恐れがなくなります。

音漏れ防止構造モデルなら電車やバスでも気にせず使える

骨伝導イヤホンは、音漏れしやすいと聞き敬遠している方もいるでしょう。鼓膜を通すイヤホンとは違い、骨導音は頭蓋骨を通った音が一部外に放射されます。個体を通った音は減少しないため、そのまま周囲に放出してしまい気になる音漏れの原因に。通勤通学時に電車やバスで使用したい方には音漏れ防止構造モデルがおすすめです。周囲を気にせず、環境音を聞きながら安心して使用できますよ。

骨伝導イヤホンのおすすめブランド・メーカー

Panasonic(パナソニック)

骨伝導イヤホンを開発製造する数少ない大手メーカー

Panasonicは、騒音のある工場や建設工事現場などでも活躍できる安定した骨伝導技術を採用。音楽向けのイヤホンでも、その高い技術を体感できます。高い信頼性を誇る大手メーカーなので、安心して使用できるのがいいところ。骨伝導イヤホンの入門として、おすすめのメーカーです。

AfterShokz (アフターショックス)

特許を取得した骨伝導技術で進化し続けるパイオニア

業界で圧倒的シェアを誇る骨伝導イヤホンのブランドです。特許を取得した独自の骨伝導技術を採用し、ユーザーの声を反映させた新商品を次々に開発しています。そのため音質や装着性においても顧客満足度がとても高いです。アスリート向けに開発された製品が多く、数々のスポーツシーンで活躍してくれますよ。スポーツ時に使いたい方におすすめのメーカーです。

ゴールデンダンス

安心安全の品質を誇医療や介護の骨伝導製品も手掛ける

医療機器としての骨伝導製品を製造する骨伝導専門メーカー。実際に介護の現場でも使用されており、安心安全の高品質です。小さい子からお年寄りまで使うことができます。耳の負担を軽減させる製品が多いので、小さい子にイヤホンを使わせるのに抵抗のある方や耳の聞こえに不安がある方におすすめのメーカーです。

BoCo(ボコ)

耳たぶに挟むモデルが有名な骨伝導専門メーカー

耳たぶにクリップで挟むモデルが有名な骨伝導専門メーカーであるBoCoは、2017年にクラウドファンディングサービスにて販売を開始。資金1億円以上集めて誕生しました。日本の匠の技術を使った骨伝導イヤホンを製造しています。ハイクオリティな骨伝導イヤホンを求めている方におすすめ。

おすすめ&人気の骨伝導イヤホンランキング

ワイヤレス式でおすすめの骨伝導イヤホン

BoCo-PEACE TW-1 (19,800円)

T字型のイヤカフ構造で世界初の完全ワイヤレスを実現

完全ワイヤレスタイプの最新骨伝導イヤホンです。片耳9gとかなり軽くコンパクト設計なので、装着性にも優れています。世界最小クラスの振動で、装着時の違和感を感じることがありません。鼓膜を通して聴くワイヤレスイヤホンと同じような装着性で骨伝導イヤホンを使いたいという方におすすめ。

また視覚神経に最も近い場所で装着することにより、音漏れを50%軽減に成功。図書館などの静かな場所でも使用できますよ。骨伝導イヤホンは音漏れしやすいという従来のイメージを変える最新モデルです。

Aftershokz-AEROPEX  (18,180円)

30度の傾斜設計と小さな振動で音漏れを50%カット

前作のAirよりも音漏れ50%カットに成功したAftershokzの最新作。傾斜をつけて肌に触れる場所を少なくし、振動も小さいので違和感を感じにくい設計です。チタンフレームでフィット感も抜群。26gとかなり軽量なので、1日中つけていても快適に過ごせます。

防水防塵性能IP67なので、雨や汗にも難なく対応可能。また汗が充電ポートにたまっていたらアラームでお知らせしてくれます。最長8時間バッテリーが持つので、長時間のサイクリングやランニングにおすすめですよ。

Aftershokz-AIR (15,266円)

30gの軽量チタニウムバンド設計で汗や雨に強いIP55の防水機能搭載モデル

アスリートが存分にパフォーマンスを発揮できるようにと製造されたAIRは、IP55の発汗や雨に耐えられる防汗設計。スポーツ時に汗をかいても故障する心配はありません。また突然の悪天候時でもパフォーマンスを落とすことなく使用できます。

重量わずか30gの軽量モデル。1日中装着しても痛くなりません。チタンフレームで耐久性と柔軟性にも優れています。イヤホンを装着したその上からメガネや帽子を装着しても違和感がありません。日課のウォーキングのお供に最適ですよ。

日本コンピュータ・ダイナミクス-CODEO (13,200円)

最大2台のマルチポイント機能搭載で同時待ち受けが可能

最大のポイントはマルチペアリング機能とマルチポイント機能が実装されているところ。親機を最大で8台登録できるので、用途に合わせてスマートフォンで音楽を聴いたり、パソコンでのテレワーク時に使えたりと様々なシーンで活躍します。またマルチポイント機能により、2台同時に待受けが可能。マルチに使いたい方におすすめです。

自転車に乗りながら安全に音楽を楽しめるツールとしても特化しています。自転車での移動時に使うのはもちろん、バッテリー持ちがよいので長時間のサイクリングにも最適ですよ。IP4の防水性を搭載しているので、突然の雨にも対応可能です。

HORIZON- Alien 5 骨伝導メガネ (10,800円)

度付きレンズと交換すれば普段使いも可能

最新の骨伝導技術で他の骨伝導メガネ製品と比べて音漏れが約85%減少。度付きメガネとのレンズ交換も可能なので、普段からメガネを付けている方でも使用できます。標準のレンズでは85%のUVカット仕様なので、紫外線が気になる方にもおすすめですよ。またレンズを変更でサングラスとしても使用可能。ランニングに最適です。

パソコンにも対応しているので、ビジネスシーンでも大いに活躍してくれますよ。高性能充電式リチウム電池使用でバッテリー持ちに優れており、音楽連続再生時間は最大4時間可能で通話は最大5時間使用が可能。長時間通話が必要なテレワークにおすすめです。

有線式でおすすめの骨伝導イヤホン

BoCo-earsopen WR-3 CL1001 B ブラック WR3CL1001B (8,646円)

骨伝導でハイレゾ級の音楽が楽しめる

骨伝導イヤホンは音質が劣るというイメージを覆した画期的なモデルです。4Hzから40kHzのワイドレンジな再生帯域を実現し、ハイレゾ級の音質が楽しめます。また大きな音から耳を守る聴覚補助機能も搭載し、耳への負担を最小限に抑えることが可能。安心して高音質な音楽が楽しめますよ。

汗や小雨に耐えられる生活防水仕様で、毎日のウォーキングでも活躍します。また会話用スイッチをオンにすれば内蔵ラインマイクによるハンズフリー通話が可能。高い実用性で日常使いしたい方におすすめです。

Aftershokz-Sportz Titanium AS451XB (14,288円)

ヘッドバンド部分に反射板がついているので夜間のウォーキングやランニング時でも安心

チタンバンドは優れた柔軟性で持ち運びにも便利。ヘッドバンドの部分に反射板がついており、夜間のウォーキングやランニングのサポートをしてくれます。コードが1.2mとポケットに入れて使用しても問題ない長さ。有線タイプでありながら煩わしさを感じません。

専用アンプが付属しているので、ワイヤレスタイプよりもさらに高音質な音楽が楽しめます。PremiumPitch Plusの技術でワイドレンジで豊かな低音の再現に成功。骨伝導イヤホンの難点であった音質問題を改善しました。またケーブルで接続するので、音の遅延やズレを気にせず音楽に集中できますよ。音質にこだわりたい方におすすめです。

ゴールデンダンス-SOUNDBONE  (9,900円)

耳に軽くひっかけて使うダイナミック型骨伝導イヤホン

ダイナミック型なので、インナーイヤー型イヤホン同様に使用できます。ヘッドバンド型が苦手という方におすすめです。耳穴の小さい方でも使える仕様になっているため、小さい子でも装着が可能ですよ。

音漏れが少ない構造なので、電車やバスでも安心して使えます。またコードは、スマートフォンを鞄やポケットに入れて使える1.2mの十分な長さ。ワイヤレス接続に慣れていない方には、おすすめの骨伝導イヤホンです。

Panasonic-RP-HGS10-P オープンイヤー骨伝導ヘッドフォン (7,980円)

難聴の方でも安心して使える国産モデル

ビビットピンクが映えるおしゃれなデザインの有線タイプ。適度な音量と安定の音質で、アンプなしでも十分使用が可能です。Panasonicの高い骨伝導技術により、鼓膜が原因の難聴の方でも音が聞き取りやすいと人気を集めています。

機能面はもちろん、ファッション性もあるのでおしゃれなアクセサリー感覚で使用できます。安定のPanasonic製品が1万円以下で購入できるのも魅力的。骨伝導イヤホンを初めて使用する方やおしゃれにこだわりたい方にもおすすめですよ。

Docooler骨伝導ヘッドセット 有線イヤホン (3,699円)

マルチ機能リモコンボックス搭載で快適な操作性を実現

マルチ機能搭載のリモコンボックスには、電源スイッチをはじめ音量調節やLEDが搭載。操作はすべてこのリモコンボックスで完結しています。また裏側にクリップが付いてるので鞄にひっかけての使用が可能。持ち運びにも便利です。

リモコンボックスに300mAhの高性能リチウムイオン電池を採用し、連続10時間稼働を可能に。煩わしい充電待ちをなくす急速充電サポートも実装しています。難しい設定はなく、ケーブルをイヤホンジャックに挿し、電源をオンにすればすぐに使うことが可能。ワイヤレスの接続設定が苦手な人におすすめですよ。

安価でおすすめの骨伝導イヤホン

KOTUDENYE-骨伝導イヤホン (3,980円)

ノイズキャンセル機能搭載の骨伝導イヤホンが5,000円以下で楽しめる

ノイズキャンセル機能搭載で、骨伝導イヤホンでありながらも音楽に集中できます。またマイクにもDSP通話騒音抑制機能が搭載されており、外出先でも周りを気にせず快適に通話が可能。充実した機能が5,000円以内で手に入ることから人気の高いモデルです。

1度の充電で音楽と通話共に連続6時間楽しむことができます。防水機能は搭載されていませんが、汗に強い防汗構造なので軽い運動時でもパフォーマンスを発揮してくれますよ。手軽に質の高い骨伝導イヤホンを求めている方におすすめ。

NOSTRESS-骨伝導イヤホン ブラック (2,280円)

内蔵マイクにCVC6.0のノイズキャンセル機能搭載でテレワークに最適

ブルーのコードが映える有線タイプの骨伝導イヤホンです。内蔵マイクがCVC6.0のノイズキャンセル機能搭載で、クリアなハンズフリー通話を可能にしています。プライベートでの通話はもちろんのこと、テレワークでも活躍してくれますよ。

ヘッドバンドにはゴムを使用しており、自分の頭のサイズに調整が可能。軽量で付け心地もよく、長時間装着していても痛くなりにくい構造です。装着性が高いので、違和感を感じません。仕事で長時間装着する方におすすめ。

SUTOMO-骨伝導イヤホン E9 (5,999円)

Hi-Fi高音質でBuletooth5.0が搭載の実用性に優れた骨伝導イヤホン

ワイヤレスタイプの骨伝導イヤホンです。Bluetooth5.0を採用しており、高速で安定した通信が行えます。端末を設定しておけば、2回目からは自動でペアリングしてくれるので簡単に接続が可能。またボタン長押しでSiriが起動します。iPhoneユーザーにはうれしい機能ですね。

3Dステレオサウンドで、実際の音源に近い音質で聴くことができます。マイクが内蔵されているので、ハンズフリー通話が可能。本体にあるボタンで着信に対応できるので、操作も簡単に行えます。高音質で音楽が楽しめて、簡単な操作で様々な機能が使えるのでかなり実用的。低価格で機能が充実している骨伝導イヤホンを求めている方におすすめですよ。

Sumeber-骨伝導イヤホン (2,399円)

ケーブルが3.5mのロングサイズだからスマートフォンをポケットに入れたままでも使える

後頭部から耳にかけるネックバンド型の有線骨伝導イヤホンです。コードが3.5mのロングサイズなので、自転車に乗る際にポケットにスマートフォンを入れても問題なく使用できます。またコードが長いので動画視聴の際にも画面との距離を保つことができますよ。

バンド部分はゴムを使用。自分の頭に合わせて調節が可能です。汗と小雨に耐えられる防水性能で、軽いジョギングやサイクリングで問題なく使用できます。日頃軽い運動をする時のBGMとして最適。有線タイプの骨伝導イヤホンを試してみたい方にもおすすめですよ。

GOOSERA-ブルートゥースイヤホン骨伝導 E3 (5,399円)

安価でも機能が充実した満足度の高い骨伝導イヤホン

5,000円台で購入できるワイヤレスタイプの骨伝導イヤホンです。一度設定すれば、2回目以降は自動ペアリングが可能。付属の説明書に設定方法が記載されているので、ワイヤレスタイプが苦手な方でも簡単に操作できます。再生機器は、iPhoneやAndroidのスマートフォン端末での使用が可能。またiPadのタブレット端末でも使用ができますよ。安価でありながらも機能はかなり充実したモデルです。

イヤホン部分にノイズキャンセル機能搭載されており、音楽もクリアに聴くことができます。Hi-Fi音質で重低音も聴けるほどの高音質。騒音抑制技術により、周囲の騒音を減少させ、より臨場感のある音を再現しています。CVC6.0のノイズキャンセルマイクが内蔵しているので、快適なハンズフレー通話も可能です。安くても音質にこだわりたい方におすすめ。

まとめ

使う場所に合わせた骨伝導イヤホンがおすすめ

骨伝導イヤホンは、価格やモデルによって搭載されている機能が異なります。そのため、使う場所に合わせて選びましょう。通勤通学時に公共機関で使うなら、音漏れ防止構造モデル。スポーツ時に使うなら耐水性の高い軽量モデル。仕事とプライベートで併用するなら、マイク内蔵モデルがおすすめですよ。自分にあった骨伝導イヤホンで、耳に優しい快適な音楽ライフを楽しんでくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*