おしゃれでおすすめの羽ペン人気比較ランキング!【使い方も】

優雅な見た目とクラシカルな雰囲気に、誰もが一度は憧れたことのある羽ペン。しかし、羽ペンを実用的な筆記具として使うのは気が引けてしまったり、そもそもどのように使うのか分からなかったりという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、おすすめの羽ペンをランキング形式でご紹介します。羽ペンの選び方や種類についても詳しくお伝えするので、羽ペンを使ってみたいと考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

羽ペンの仕組み

もともとは本物の鳥の羽を筆記具として使用していた

羽ペンは5~19世紀の中頃まで、主にヨーロッパで使用されていた筆記具です。原始的な羽ペンは大型鳥の羽軸の先に切れ込みを入れ、ペン先をインクに浸して使用していました。羽軸を直接紙に押し付けて筆記するためペン先の摩耗が早く、インクもほとんど含むことができない、大変使い勝手の悪いものでした。18世紀後半には、耐久性に優れる金属製のペン先と木製のペン軸を組み合わせた付けペンが普及。文字を書くにあたって羽部分は必要なくなりましたが、見た目のエレガントさとインテリア性の高さで、現在でも根強い人気があります。

羽ペンの種類 ・使い方

付けペンタイプ

ペン先を差し込んでインクをつけて使用する

ペン軸にペン先を差し込んで使用する筆記具のことを、付けペンといいます。漫画家さんが使用しているイメージが強い付けペンですが、もともとは文字を書くために使用されていました。付けペンはインクとセットで使う必要があり、適度な筆圧をかけながら書き進めていきます。時間が経つごとにペン先に付けたインクが乾いてくるため、その都度柔らかい布やティッシュなどで拭き取り、インクを付け足しながら筆記する必要があります。同じペン先とインクを使用していても、筆圧のかけ方やインクの量、筆記する用紙によって異なる雰囲気を楽しめるのも魅力の一つです。

付けペンタイプはペン先とペン軸にそれぞれ互換性があれば、付属のペン先以外のものでも使用することができます。ペン先に使われる素材や形状によってそれぞれ書き心地が異なるため、自分にぴったりのペン先を探す楽しみも味わえます。カリグラフィー用のペン先を使用すれば、優雅な羽ペンで美しい装飾文字を書くことも可能です。

ボールペンタイプ

書きやすく羽ペンの雰囲気を味わえる

ボールペンタイプの羽ペンは、羽ペン独特の雰囲気を堪能しつつ便利に使うことができます。通常のボールペンと同じように筆記することができるため、文字が書き辛かったり用紙によってインクが滲んだりというトラブルもありません。お手入れ不要でインク切れや詰まりをおこさない限り使い続けることができ、インテリア用品としても人気があります。

ボールペンタイプは替え芯対応かどうかを、購入前にチェックしましょう。羽ペンは海外製のものが多く、インク芯を交換することができないものもあります。インクが切れてしまうとペンとして使用できないため、実用品として羽ペンを使いたいなら替え芯対応のものを選択すると安心です。

羽ペンの選び方

軸の太さで選ぶ

繊細で優雅な書き心地なら細軸

ペン軸が9mm以下の細軸の羽ペンは、太軸と比べて軽量で指や手に負担なく書くことができます。繊細で優雅な線を書くことができるうえ、手に持っている姿が大変エレガントにうつります。細軸はボールペンタイプで多く採用されているため、通常のボールペンの書き心地に慣れている方や、シンプルなデザインの羽ペンを求めている方におすすめです。

太軸ならしっかり握って書くことができる

ペン軸が10mm以上の太軸は筆圧を調節しやすく、しっかり握って書くことができます。特に、付けペンタイプはある程度軸の太さが必要になるため、太軸が多くなる傾向にあります。金属で作られた重厚なものや装飾が施されたものも多いので、デコラティブな羽ペンを求めている方や見た目重視の方にもおすすめです。

セット内容で選ぶ

インクやペン先のセットであればすぐに筆記できる

付けペンタイプの羽ペンは、インクやペン先など筆記に必要なものがあらかじめセットされているのも数多く展開されています。インクやペン先は慣れていないと選択が難しいので、まずはセットになったものから始めると良いでしょう。なかには何種類も異なるペン先が付属されているものもあり、気軽に書き比べすることができます。

ペンスタンド付きならペン先を傷めずおしゃれに保管できる

付けペンタイプはもちろんボールペンタイプでも、ペン先が曲がったり傷んだりしてしまうと筆記することができないため、立てて保管するのがおすすめです。また、羽部分には天然の鳥の羽が使用されてため、かなり傷みやすく繊細です。羽ペンを自立させることができるペンスタンド付きなら、羽もペン先も傷めることなく安全に保管することができます。ペンスタンドに差した羽ペンは見た目にも大変美しく、実用性とインテリア性を兼ね備えた優れた製品といえるでしょう。

羽ペンのおすすめブランド・メーカー

スパイス

クラシカルな羽ペンに現代的な個性をプラス

スパイスは、パッと目を引くおしゃれなインテリア用品を数多く扱うブランドです。スパイスの羽ペンは、現代的なエッセンスをプラスしたポップ&カラフルなデザインが特徴。バイカラーや金箔が取り入れられた個性豊かなデザインの羽ペンは、全てボールペンタイプで展開されています。ハードルが高い品と思われがちな羽ペンを、気軽に日常に取り入れることができます。

ダライッティ

シンプルなものからデコラティブなものまで幅広いバリエーションから選択できる

ダライッティは2000年にイタリアで誕生したステーショナリーブランドです。ダライッティの羽ペンは、デコラティブな装飾が施されたものからシンプルなものまで、幅広いバリエーションが魅力。羽ペンには珍しいビビッドカラーも展開され、現代的なインテリアにもしっくり溶け込みます。

ルビナート

ハンドメイドならではの優雅なデザインが魅力

FRANCESCO RUBINATO社は、1950年代に設立されたイタリアのステーショナリーブランド。ルビナートの羽ペンは、クラシカルで優雅なハンドメイドならではの美しさが魅力です。中身はもちろん外箱のデザインにも並々ならぬこだわりが込められているので、大切な人への贈り物としても喜ばれます。

エルバン

羽軸タイプも展開されていて古典的な雰囲気を堪能できる

エルバンは1670年創業のフランスの老舗インクブランドです。エルバンの羽ペンは付けペンタイプのほか羽軸に直接インクを浸すものも展開されていて、より古典的な書き味を楽しむことができます。異なるインクが数種類付属された珍しい羽ペンセットが展開されているのは、インク専門店ならでは。

おすすめ&人気の羽ペンランキング

つけペンタイプでおすすめの羽ペン

エルバン-羽ペンニブ付き (1,980円)

インクの老舗ブランドが展開する羽ペン

グース羽を使用した、本格的な仕様の羽ペン。ペン先を付け替えることができるので、好みのものを合わせて使用可能です。羽も軸もシンプルなデザインで、インテリアやデスクの邪魔をしません。

老舗のインクブランドとして有名なエルバン製ですが、ペン先部分はブラウゼのものを使用。エルバンのインクとセットで使用すれば、なめらかな書き心地を味わうことができます。本格仕様の羽ペンを求める方に、おすすめの高品質です。

LKYJP-羽ペン (4,918円)

6種類の異なるペン先を楽しめるお得なセット

6種類の異なる付けペンがセットになった、あざやかカラーの羽ペン。インクやペンスタンドは付属しませんが、ペン先の違いによる書き心地の差を思う存分堪能することができます。たくさんのペン先を書き比べてみたい方に、おすすめのセット内容です。

オレンジやピンクなどのビビッドカラーに、ゴールドがあしらわれた華やかなデザインです。羽と軸の境目に施されたゴージャスなワンポイントにも要注目。カラー展開も豊富で、好みに合わせて選択できるのも嬉しいポイントです。

ルビナート-羽ペンセット (6,160円)

存在感抜群のハンドメイド製

クラシックな雰囲気を堪能できる、ハンドメイド製の羽ペン。ペン先は取り外し可能で、好みのペン先に取り換えて使用することができます。インクが付属されているので、すぐに筆記を楽しめます。

軸部分にはエレガントな装飾が施され、存在感抜群。ハンドメイドならではの繊細さが目を引きます。羽部分はシックなカラーも揃った5色展開です。

ルビナート-ヴァイオリンケース入り羽根ペン (6,820円)

魅力的なヴァイオリンケース入り

小さなヴァイオリンケースに入った、魅力的な羽ペン。軸にもト音記号があしらわれ、デザイン性に優れています。音楽好きな方への、特別なギフトに大変おすすめです。

見た目のデザイン性はもちろん、実用品としてもしっかり機能します。インクが付属されるのですぐに筆記することができ、通常の羽ペンと同じように使用可能です。文字を書くのはもちろん、カリグラフィーペンとしても使うことができます。

ボールペンタイプでおすすめの羽ペン

スパイス-羽根ペン&ペンスタンドセット (972円)

10種類の異なるデザインから選択できる

ペンスタンドもセットになった、インテリア性に優れたボールペンタイプ。使わない時はペンスタンドに立てておくことができるので、すぐに手に取ることができます。自分用としてはもちろん、ウエディングの演出や来客用にも最適です。

10種類の豊富なデザインの羽から選択できます。付属される軸やペンスタンドのデザインも、羽に合わせて異なるのも注目ポイント。孔雀の羽が使われたものやゴールドがあしらわれたものも展開され、プレゼントとしても喜ばれます。

HUNT9-シレーヌ (1,400円)

シックなバイカラーで現代的な雰囲気もプラス

シックなバイカラーが目を引く羽ペン。ペンスタンドとセットで、繊細な羽を傷めることなく保管することができます。ペン軸とペンスタンドは、先端の羽の色と同色でとってもおしゃれ。

全長約33cmのロングタイプで、書いている姿が大変優雅です。繰り出し式ボールペンなので、ペン先が潰れたり傷んだりする心配もありません。個性的な4色展開で、インテリアや好みに合わせて選択できます。

Wild Lily-フェザーボールペン (440円)

何本でも揃えたくなるリーズナブルで豊富なカラーバリエーションが魅力

お手頃価格で手に入り、気軽に使える羽ペンです。インクカラーは羽の色に関わらず、すべてブラックの使い切りタイプ。なめらかな書き心地で、特別な日の演出としてはもちろん普段使いにもおすすめです。

全14色の豊富なカラー展開が魅力で、ちょっとした贈り物にも最適。ビビッドカラーからパステルカラーまでラインナップされ、色違いで揃えたくなってしまいます。リーズナブルですが全長30~40cmとしっかり長さがあり、優雅な羽ペンの雰囲気を味わうことができます。

Zerodis-フェザーサインペン (709円)

結婚式のウエルカムサインペンにもおすすめの存在感

全長約37.5cmの超ロングタイプ。羽部分が軽くしなやかなのでふんわり曲がり、よりエレガントに筆記することができます。書き心地もなめらかで、インテリア性と実用性を兼ね備えています。

付属のペンスタンドは可動式で、好みの角度で使うことができます。しっかり深さがあるので安定感に優れ、高級感のある雰囲気を醸し出します。結婚式のウエルカムサインペンとしても最適な存在感です。

ユーカンパニー-羽根ペン (748円)

お手頃価格で手に入る現代的なデザインが魅力

本物のガチョウの羽を美しく染め上げ、繊細なグラデーションが施されています。ダブルラインやドットなど、現代的な要素をふんだんに盛り込んだデザインが魅力。豊富なバリエーションの中から選択できるため、お気に入りものもがきっと見つかりますよ。

横にひねるとペン先が出てくる繰り出し式で、使わない時は机や紙面を汚さず保管できます。そのまま置いておくだけでもサマになり、ペンスタンドをプラスすれば素敵なインテリア用品として活躍します。羽ペンとしては比較的お手頃価格で手に入るため、気軽に取り入れられるのも嬉しいポイント。

セットタイプでおすすめの羽ペン

GU Quill-アンティークフェザーライティングクイルペン JP37 (3,999円)

必要なものがすべてセットされたギフトにもおすすめの羽ペン

アンティークな雰囲気をたっぷり堪能できる羽ペンセット。羽ペン本体、ペンスタンド、ペン先、インク、シーリングワックスと必要なものがすべてセットされています。おしゃれなボックス入りで、ギフトにも最適。

6種類の異なるペン先が付属され、書きたい文字デザインによって使い分けることができます。ペン先の違いによる異なる書き心地を試してみたい方に、最適のセット内容です。デザイン性も高いので、インテリア用品としてもおすすめです。

Mugast-羽ペン (4,089円)

本格的なセット内容で映画やドラマの世界を再現できる

羽ペンのほかシーリングスタンプセットも付属された、アンティーク調の本格的なセット内容。羽ペンで文字を書き、ワックスを溶かして封をするという中世の雰囲気を思う存分堪能できます。映画やドラマの世界をそのまま再現してみたい方に最適。

インク壺とペンスタンドが一体になっているので、省スペースで使用できます。書きたい時にすぐにインクに浸けることができ、大変便利。羽ペンの軸には豪華な彫刻が施され、インテリア性も抜群です。

ルビナート-羽ペン+9㏄インク+スタンドセット (4,070円)

羽ペンの魅力を堪能できるシンプルさが魅力

軸とペン先が一体になった、スリムな羽ペンです。ペン先を変えることはできませんが、そのぶん軽量でスマートに筆記することができます。約18cmのショートタイプで、デスクの邪魔になりません。

デコラティブな装飾は施されておらず、シンプルな羽ペンの魅力を堪能することができます。木製のペンスタンドはナチュラルな雰囲気満載で、優しくペン先を保護します。シンプルな羽ペンをお探しの方に、おすすめの品です。

エルバン-ヴィンテージウッドコフレ 羽ペン (6,380円)

古典的な羽ペンと3種のインクが付属された充実のセット内容

羽ペン、3種のインク、A6サイズのノートパッドがセットされています。羽ペンは軸に直接インクを浸す古典的なタイプで、中世の雰囲気満点。古典的な羽ペンの書き心地を試すことができます。

インクが3種も付属されるセットは珍しく、老舗インクブランドであるエルバンならではの心遣いを感じられます。ブラック以外のインクを試してみたい方にも、おすすめのセット内容です。インクごとに異なる色味や書き心地の違いを、心行くまで堪能することができます。

Eboxer-羽ペンセット (2,529円)

革表紙のノートも付属されるお得なセット

羽ペン、インク壺、ペンスタンド、ノートの4点セット。羽ペンには、あらかじめ付けペンが1個付属されています。インク壺は空の状態なので、好みのインクを注いで使用できます。

羽ペン本体もペンスタンドも比較的シンプルなデザインなので、初心者さんにもおすすめです。羽ペンセットには珍しく革表紙のノートも付属され、特別な筆記に最適。羽の色はホワイトとブラックの2色から選択できます。

VBESTLIFE-フェザーペン (1,959円)

カラーバリエーション豊富でインテリアや好みに合わせて選択できる

羽ペン本体、ペン先、インク壺、ペンスタンドのおしゃれなセット。羽ペン本体に付属されているものの他、5種類の異なるペン先がセットされています。大切なペン先を保護するキャップが搭載されているのも嬉しいポイント。

5色の豊富なカラーバリエーションで、インテリアや好みに合わせて選択できます。青や赤などあざやかなカラーの羽ペンは意外と少ないので要注目。珍しいカラーの羽ペンを探している方におすすめです。

羽ペンのお手入れ方法

筆のように水で洗い手軽に管理できる

付けペンタイプの羽ペンはボールペンタイプとは異なり、ペン先のお手入れが必要になります。適当な容器に水を張り、筆を洗うように水の中でペン先を振ってインクを洗い流します。その後、柔らかい布かティッシュで水気をしっかり拭き取れば、次回使うときもペン先が固まることなくスムーズに使用することができます。インクの色を変えたり、書き終えたりした際は必ず行わなければならない作業なので、覚えておくと安心です。

ペン先のお手入れを怠るとインクが先端で固まってしまったり、錆が出て使用できなくなることもあります。また、長時間使用しない場合は、ペン軸からペン先を外して保管するのがおすすめです。ペン先を差したままにしておくとペン軸から外れなくなってしまったり、ペンスタンドを使用していても先端が変形してしまうことも。ひと手間加えるだけで、お気に入りのペン先を長く使うことができますよ。

まとめ

実用性と見た目の美しさを兼ね備えた羽ペンがおすすめ

羽ペンは実用性と見た目の美しさを兼ね備えた、稀有な品です。付けペンタイプはクラシカルな雰囲気を存分に味わうことができ、ペン先やインクによって異なる書き心地を楽しめます。ボールペンタイプは現代の感覚に合わせて気軽に筆記でき、インテリア用品としても人気があります。今回はおすすめの羽ペンをランキング形式でご紹介しました。ぜひ自分にぴったりの羽ペンを手に入れて、優雅な雰囲気を堪能してくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*