おすすめのステンレス鍋人気ランキング!【フィスラーも】

毎日のお料理を、美味しく楽しくしてくれるような調理鍋が欲しいと思いませんか?そこでおすすめなのが、ステンレス鍋です。一生ものともいえる便利なステンレス鍋が一つあれば、お手入れも簡単で長く愛用できますよ。今回は、おすすめの人気ステンレス鍋をランキング形式でご紹介します。ステンレス鍋は、用途やシーンで選ぶものが変わってきます。ステンレス鍋の種類や選び方なども詳しく解説するので、新しいお鍋を購入検討している方は是非参考にしてみてくださいね。

ステンレス鍋の特徴

保温性が高く煮込み料理に適している

ステンレス鍋の最大の特徴は熱伝導率が低く、保温性や保冷性が高いことです。ビールやコーヒーなどのマグに、よくステンレスが使用されている理由がわかりますね。煮込み料理の際には、弱火でもしっかり加熱できるので省エネにもなります。

IH対応でさびづらく頑丈で一生ものとして使える

ステンレス鍋はほとんどがIH対応型です。電気でお鍋を温めてくれるIHキッチンは今ではかなり普及していますが、それに対応しているお鍋は意外と少ないもの。ステンレス鍋であればほぼ対応しているので、安心して購入できますよ。

ステンレス鍋の種類

両手鍋

カレーなど重さのある料理向きで持ち上げたり運んだりしやすい

大量に作って作り置きなどをする料理であれば、持ち手が二つある両手鍋がおすすめです。テーブルにそのまま出して大勢で取り分けたい場合なども、浅型の両手鍋が最適。パーティをしたり、家族で食事をする際に重宝します。

持ち運びがしやすいので、アウトドアなどでも非常に便利。鍋に入った料理をテーブルにそのまま置いて楽しめて、片付けもしやすいですよ。家でカレーなどを作って余ったら蓋をして冷蔵庫へ一時保存すれば、片手鍋より庫内で邪魔になりません。

片手鍋

少量の料理に向いていて片手で簡単に扱える

片手鍋は片方の手だけで取り扱いができて、手軽で取り扱いやすいのが特徴です。片手で鍋をゆすりながら、もう片方の手で調理道具を持って料理を混ぜたりもできますよ。一人暮らしなどで、自分一人分の食事を作ることが多い方におすすめです。

プリンのカラメルやフルーツソース、ステーキソースなど、少量の液を作る際も便利。大きな鍋でも作れますが、作る過程や後片付けなどを考えると小ぶりな片手鍋のほうが作りやすいですよ。料理やお菓子作りが好きな人であれば、一つは必ず欲しい鍋といえるでしょう。

ステンレス鍋の選び方

家族構成で選ぶ

家族人数が多いなら直径25cm前後の大きめサイズ

4~5人の家族や、パーティなどで人を招くことが多い方には、直径25cm前後あるステンレス鍋がおすすめ。少し余るくらい作っておけますし、十分な量を確保できますね。直径30cmなどのさらに大型サイズもあるので、用途と照らし合わせて検討しましょう。テーブルにそのまま出せるタイプのものは、特にサイズ感が重要なポイントになりますよ。

一人または二人暮らしなら直径16cm程度の小さめサイズ

一人暮らしなどでステンレス鍋を購入するなら、収納面でもコンパクトで小ぶりなものが便利。食事の量が一人から二人分程度で済むのであれば、直径16cm程の小さなサイズがおすすめです。一人分の食事の準備をするのに、大きいお鍋を使うと作りづらく量がわかりづらいですが、小さいサイズであれば適量がわかりやすいです。

形状で選ぶ

食卓にそのまま出したいなら浅型

冬場にお鍋を食卓によくだすという方には、浅型のステンレス鍋がおすすめです。食卓にそのまま置くと具材が良く見えて見栄えがし、食卓を明るくしてくれます。料理を取り分けやすい深さで、食事中もストレスなく楽しめますよ。パーティなどのイベントでも大活躍。大きいサイズの鍋でボリューム満点の料理をテーブルに置いてみましょう。

スープやパスタをよく作るなら深型

朝食やランチには、パスタやスープをよく作るという方もいるでしょう。そんな方には深型のステンレス鍋がおすすめです。パスタを茹でるための深型鍋だと、湯切りが簡単にできるものがあり非常に便利。効率的に調理ができますし、時間も短縮できます。スープをたっぷり作っても保温性があるので、食事中に何度も温かいスープを楽しめますよ。

機能で選ぶ

短い時間で手早く料理したいなら圧力式

じっくり煮込む料理をよく作るのであれば、時間短縮になる圧力式がおすすめです。ステンレス製は高い圧力をかけることができ保温性が高いので、一旦圧力をかければ後は少しの火力で料理が仕上がります。早めに火を止めてしまい、予熱でじっくり火を通すこともできるので、省エネにもなりますよ。すじ肉の煮込み、タンシチューなど手の込んだ料理に最適です。

美味しさや健康を考えるなら無水調理式

水を加えず野菜の水分だけで煮込んだり蒸したりできる無水鍋は、素材本来の旨味を逃さないので、いつもの料理が格段に美味しくなります。料理が苦手な方でも、手軽に簡単に作れるのが嬉しいですよね。雑誌やテレビなどさまざまなメディアが話題にする無水鍋は、栄養価や健康面からも注目を集めています。フライパン型で、食卓にそのまま出すことができるタイプもあります。

ステンレス鍋のおすすめブランド・メーカー

ZWILLING(ツヴィリング)

調理がしやすい高性能と信頼性

世界で最も古いブランドといわれるZWILLINGは、280年以上の歴史を誇ります。高品質で凡用性の高い調理器具を豊富に展開し、世界中から熱い信頼を集める有名ブランドです。プレゼントとしても最高のクオリティで喜ばれますよ。多彩なバリエーションと使いやすい機能は、ステンレス鍋にも豊富に反映されています。

Fissler(フィスラー)

優れた機能と美しいデザイン

ドイツの高級調理器具ブランド。さまざまなニーズに対応し、厳選した材料のみを使用しています。ステンレス鍋は耐久性に優れ、錆びずにお手入れも簡単。IHはもちろんのこと、どんな熱源の調理にも対応しています。取っ手などは人間工学に基づいた設計で作られており、無水調理ができる鍋もあります。

Vita Craft(ビタクラフト)

一生ものとして愛用したい使い心地

鍋やフライパンを中心に、さまざまな調理器具を展開するアメリカのブランド。健康調理を提唱し、世界最高級の調理器具として世界中から愛されています。ステンレス鍋は熱や水分が逃げづらく無水調理ができ、熱が素早く均一に伝わるので揚げ物などもヘルシーに仕上がります。

宮崎製作所

グッドデザインにも選ばれる安心安全の製品づくり

ケトルや調理鍋を中心に展開し、日本全国の大手百貨店で扱われている信頼性の高いメーカーです。ステンレス鍋ブランドのジオ・プロダクトは、食育の第一人者である服部幸應先生を開発に招き、食育に重きを置いたブランド。美味しくて、安全で、楽に調理ができる究極の鍋を追求しています。

おすすめ&人気のステンレス鍋ランキング

ファミリー用でおすすめのステンレス鍋

クオリティ・オブ・ライフ-プロデンジ寸胴鍋(52,135円)

普段の料理をより美味しくさせ時短にもなる

縦長でドラム缶のような形状の寸胴鍋は、シチュー、カレー、スープなど多めに作っておきたい料理に最適。普通のお鍋より寸胴鍋のほうが熱伝導率が高く保温性があるので、料理が冷めにくいのが利点です。火を止めて置いてもお替りの際に、温かい料理をふるまえますよ。

サイズは縦横と各30cm以上あり、ファミリー向けサイズといえるでしょう。たくさん食べる育ち盛りの子供がいたり、来客の多いご家庭では重宝しますよね。長時間煮込んでも水分が蒸発しづらいので、素材の美味しさをギュッと閉じ込めてくれますよ。

Fissler-スナッキー(8,228円)

無水調理もできる機能性に優れたセット

キャセロール、フライパン、ソースパン、ガラス蓋のセット。小ぶりで小さいサイズのフィスラーセットは使い勝手が良く、プロも愛用する逸品です。フレンチやイタリアンなどを、より美味しく作ってみたい方におすすめですよ。

取っ手は熱くなりにくいので、ミトンは必要はなく料理中のちょっとした手間が省けます。本体のふちは液だれがしづらい設計なので、吹きこぼれたりせず汚れなども防いでくれます。ガラスの蓋は密閉性に優れているので、無水調理も可能ですよ。

TSBBQ-ライトステンレスダッチオーブン(19,800円)

アウトドアでもキッチンでも使える2way仕様

軽くて錆びにくい、お手入れのしやすさにこだわったダッチオーブンです。世界初のステンレスとアルミの三層鋼で、鋳鉄製より30%軽く、オールステンレス製よりも20%軽くなっています。熱源に接している底面しか熱せられないという従来の不満が解消され、熱伝導が良いのが特徴です。

アウトドアで使う際のツルは着脱式なので、キッチンでも使えてとっても便利。アウトドアを楽しみつつ、家でも大鍋で調理したい方におすすめの構造です。水を使わず調理する無水鍋としても利用でき、健康的で美味しい料理を楽しめますよ。

パシフィック-燕三条 三層鋼土鍋風鍋(5,280円)

軽くて割れづらく使いやすい

鉄をステンレスでサンドした3層鋼土鍋風なべ。熱が均一に伝わり上手に料理が仕上がりますよ。軽くて扱いやすいのが嬉しい特徴で、片付けが楽でノンストレスです。普段の料理も幅広く扱えるので、家族でいろいろな鍋を囲みたいご家庭におすすめです。

ぽってりとした丸みをおびたフォルムは美しく、土鍋よりも軽いので気軽に鍋料理を楽しめます。鍋以外にも麺類やトウモロコシを茹でたり、カレーやシチューを作るなど、幅広く活用可能。一つあると大活躍してくれること間違いなしです。

宮崎製作所-ジオ 両手鍋(12,029円)

鍋でケーキを焼くことも可能

底の角や縁の段差がなく無駄のないシンプルデザインで、お手入れがしやすく掃除がしやすいのが特徴です。片付けを楽にできるステンレス鍋をお探しの方におすすめですよ。ハンドルやつまみが使いやすく、割れたり焦げたりする心配がありません。

鍋自体がオーブンになるので、ケーキまで焼けてしまう優れもの。表面がオールステンレス製なので、鍋をそのままオーブンに入れて使用できます。お料理からスイーツまで作れる、万能鍋として活躍してくれますよ。

一人暮らし用でおすすめのステンレス鍋

Pocket Company-親子鍋(4,000円)

熱伝導と保温性に優れた3層構造

丼ものを作る際に便利な親子鍋です。持ち手の木のぬくもりが心地良く、しっかりとしたグリップで料理がしやすいのが特徴。手早くできる丼ものを手作りしてよく楽しまれる方におすすめです。日本製で高いクオリティも魅力です。

全面3層構造になっており、保温性と熱伝導率が高いのが特徴。スムーズに調理ができて、お料理がすぐに冷めないので余熱で蒸らしたり素材を柔らかくできます。蓋の持ち手もつかみやすく、使い勝手が良いですよ。

ヨシカワ-ステンレス雪平鍋(1,790円)

使いやすい設計のデイリー鍋

キッチンにひとつあると何かと便利なデイリー使いの雪平鍋。両口設計で、キッチンの場所や利き手を気にせず調理できます。器に移し替えやすいので、忙しい合間にサッと調理をしたい方には便利な構造ですよね。

また、目盛り付きなので他の計量アイテムで水の量などを計る必要がありません。レシピを見ながら計量するときなどに非常に便利ですよね。木製の持ち手は手に馴染みやすく、濡れた手でも滑りづらいので調理しやすくノンストレスです。

ヨシカワ-両口ステンレス雪平鍋(5,500円)

調理を快適にする注ぎやすい口形状

口形状の構造が工夫されており、汁物を注ぐ際にこぼれず尻回りなどをせず綺麗に注げます。残ったものをタッパーや瓶などに移し替える際などに便利ですよね。作り置きなどをよく作り保存したい方には重宝する設計です。

別売りの蓋を入手すると、蓋の向きを変えながら独自構造の口形状から蒸気を逃がしたり閉めたりできます。蓋と本体の木製取っ手がつかみやすく、見た目にもおしゃれ。一人暮らしの機能的で見栄えのするキッチンアイテムとしておすすめです。

クレール-片手鍋(1,810円)

鍋の中身が見えるガラス蓋

シンプルで使い勝手の良い片手鍋です。蓋がガラス製なので、調理中に鍋の中をチェックできますよ。煮物を焦がしてしまったり、汁物の吹きこぼれなどを防いでくれます。蓋を開けなくても火加減を調整できるので便利ですよね。

内側はミラー仕上げでお手入れが簡単です。メラミンスポンジなどで力を入れずに洗うと汚れが落ちますよ。調理中もその後の片付けも手間いらずでノンストレス。手際よく一人分の食事を作りたい方におすすめです。

アイリスプラザ-片手鍋 ガラス蓋付き(3,180円)

丈夫で使いやすく美しい

長く愛用したい3層構造の底で、丈夫で機能性の高い鍋です。熱伝導率の高いアルミニウムが中層にあり、保温性に優れ熱ムラがないので上手に料理を仕上げられますよ。食材の旨味を引き出し、いつもの料理がより美味しくなります。

一般的な鍋の底は厚さ2mm程ですが、こちらの鍋は5mm以上。熱による変形がしにくいので、長く使用できます。ガラス蓋と美しい外観も魅力的。目盛りもついて機能性が高く、長く使える良質なものをお探しの方におすすめです。

プレゼント用でおすすめのステンレス鍋

ZWILLING-ツインスペシャルパスタ&ベジタブルクッカー(9,240円)

調理を簡単にしてくれる高機能

茹でる調理を簡単にする、TWIN Specialsシリーズ。使いやすいデザインと効率の良い構造が、料理の幅を広げてくれます。パスタや野菜などを手軽にストレスなく茹でられるので、イタリアンなどをよく作る方へのプレゼントとして最適かもしれません。

ステンレス製のインサートにパスタなどを入れて、茹で上がったらインサートだけを持ち上げれば湯切りが完了。インサートのフックを鍋にかけて使用すれば、野菜の固い部分などを先に茹でられて上手に調理できますよ。高品質で高機能なZWILLINGのブランドはプレゼントにぴったりです。

KEVNHAUN-両手鍋(7,560円)

有害物質を含まないエココーティングが嬉しい

北欧デザインのルーツともいわれる、デンマークデザインをモチーフにしたヘブンハウンディースタイル。パーティなどのイベントを華やかに演出してくれる、洗練されたデザインです。スタイリッシュなデザインの調理器具を贈り物にしたい方におすすめですよ。

持ち手は女性でも持ちやすい平らなデザイン。ガラス蓋の取っ手にはカラープレートが挟まれており、取っ手に水が入らず衛生的です。厚底3層構造で熱回りが良く、保温性も高いので美味しく調理ができますよ。フッ素樹脂製品でよく使われる、化学物質を含まないエココーティングが嬉しい特徴です。

Vita Craft-コロラド(15,400円)

使い勝手が良く省エネできるコロラドシリーズ

全面多層構造で熱回りが非常に良く、底から鍋全体に熱がすぐに伝わります。中火で沸騰したら弱火にするのが基本で、独自の熱保温性で料理の時間が短縮できます。時間のかかる料理や手の込んだ料理をする方には省エネになり、非常に嬉しいですよね。

ビタクラフトは、蓋と本体がぴったり合うように手作りされています。料理中に出た水蒸気が蓋と本体の間に膜をつくり、鍋内部が調理に最適な状態を作り出すのです。このビタクラフト独自の効果が、素材の美味しさを引き出す無水調理を可能にしています。

Fissler-ラッキーバッグヴィエナ 3点セット(10,800円)

新生活や料理初心者におすすめの便利なセット

両手鍋のシチューポット、片手鍋のソースパン、スチームプレートの3点セット。中の素材が見やすいガラス蓋で、料理初心者の方におすすめのセットです。独自の3層カプセル構造は保温性と熱伝導に優れ、水や油の量を最小限に抑えて素材の旨味を引き立ててくれます。

鍋の縁は液だれしない設計で、汚れを未然に防ぎお手入れ楽ちん。さまざまな料理に対応できるので、新生活のプレゼントに最適です。高機能でシンプルな美しいデザインで、誰もが喜んでくれるブランドですよ。

ステンレス鍋の手入れ方法

重曹を溶かして沸騰させスポンジで洗う

ステンレス鍋の焦げ付きを落とす際はクレンザーで磨く方法もありますが、効率的でおすすめなのは重曹を使用することです。焦げ付きがある部分まで水を入れたら、大さじ1~2杯程度の重曹を投入し沸騰させます。15分程加熱していると、沸騰した泡と共に焦げ付きがどんどん落ちていきます。泡が収まり火を止めたら、水でサッとすすいでスポンジで軽く洗いましょう。鍋を傷つけることなく、簡単に汚れを落とすことができますよ。

まとめ

ライフスタイルに合った使い勝手の良いステンレス鍋がおすすめ

ステンレス鍋は非常に使い勝手が良く便利な鍋ですが、自分のライフスタイルに合ったサイズや仕様を選ぶことが重要です。家族で使用したいなら大きな両手鍋タイプ、一人暮らし向けであれば小ぶりな片手鍋が使いやすく便利。プレゼントする場合も相手のライフスタイルと合ったものにすると喜ばれますよ。今回はおすすめのステンレス鍋をランキング形式でご紹介しました。これから新しい鍋の購入を考えている方は、是非参考にしてみてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*