おすすめの拘束具人気ランキング!【ソフト・ハードのSMプレイに】

SMを実際にやってみたいと思う方は多いでしょう。そんな方におすすめしたいのが拘束具です。1つ持っているだけでSMを楽しめるようになり、プレイの幅が大きく広がります。そこで今回はおすすめの拘束具を紹介。選び方や種類・ブランド別に解説していくので、SMや拘束プレイに興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

拘束具とは?

よりセックスを刺激的にするための道具

拘束具とは体の一部の自由を奪う道具であり、セックスをより刺激的なものに変えてくれます。拘束具を付けられたM側は抵抗ができなくなり、犯される快感を得ることになるのです。S側は支配している感覚を味わい、思い通り責められるようになります。

拘束具の種類

首輪・口枷・フェイスマスク

顔を拘束して言葉や視覚を奪う

身動きをできなくさせる物ではなく、喋れなくする、視覚を奪う、付けるだけで支配感があるものも拘束具と言えます。その代表が首輪・口枷(ボールギャグ)・フェイスマスクの3つです。付けられた側は体は動かせるものの、自分は相手に支配されている、と強く感じます。

直接的な拘束をするわけではないため一見なくても良いように思えますが、プレイを盛り上げたいなら持っておきたい品です。見た目もエロくなるのはもちろんですが、付けられた側の気持ちの入り方も大きく変わってきます。特に視界を奪われると何をされているか分からないため、責めが良い仕上がりになりますよ。

手錠・足枷

拘束具の基本的なアイテム

拘束具といえば真っ先に思いつくのが手錠・足枷といった体の一部の自由を奪う物でしょう。手錠は手首に装着することで、手を使えなくさせます。体の前で掛けるのと後ろで掛けるのでは自由度は大きく異なるので、プレイによって変えて楽しみましょう。

足枷は足首に装着して歩く自由を奪う拘束具です。片方の足とベッドや柱など固定されている物に付ければ動けなくさせることもできるため、さまざまなプレイで役に立ちます。手錠よりも足枷の方が監禁をしているような仕上がりになるため、拘束フェチの中でも好まれている道具です。

全身拘束キット・ロープ

思うままに自由を奪える

手錠や足枷と違って全身拘束キットやロープは自分が思うままにアレンジして装着ができます。例えば手足をくっつけたり、M字開脚のまま動けなくしたりです。相手は完全に抵抗できなくなるので思うまま責められます。

装着するには練習が必要になりますが、説明書きをしっかりと読めば誰でも思う通りに拘束できるようになります。もちろん自分流でもOKです。しかし無理な使い方をすると怪我に繋がったり、壊れてしまったりするため相手のリアクションや拘束具本体の状態を常にチェックしましょう。

拘束具の選び方

初心者向けに選ぶ

拘束されるのが初めてなら痛くないシリコンやナイロン製

拘束具を使うのが初めてなら、付けても痛くないシリコンやナイロン製の物がおすすめです。素材が柔らかいため拘束をしても痛みや辛さを伴いませんし、本格的な拘束ができるようになっています。また、カップルでソフトSMを拘束する際は痛みがケンカや別れといったトラブルを引き起こすきっかけになるので、優しい素材を選びましょう。

本格的な拘束具を使用するなら金属アレルギーも考慮

ハードなSMプレイがしたいとなれば全身拘束キットといった本格的な物が必要になります。しかし素材は金属など硬い物になるので、アレルギーや肌荒れに注意しましょう。拘束具を付けて体を壊してしまってはせっかくのプレイも盛り上がりませんし、もう付き合ってもらえなくなるため、使い道がなくなってしまいます。

サイズ感で選ぶ

体が大きい人に付けるならサイズの調整ができる物を

拘束具は付ける人の体の大きさも大切になってきます。サイズが合わないとユルユルで意味がありませんし、大きな人を拘束する場合は鉄製の物よりもナイロンや革でサイズの調整ができる製品でなければいけません。また、吊り下げ拘束キットには体重制限があるため、購入前にチェックしておかないと、いざ使ったら壊れてしまい大怪我をすることになります。

ベッド拘束なら固定する部分もチェック

4つの枷を使い、ベッドの上で手足を固定して動けなくする拘束具を購入する場合は取り付けるベッドのことを考えて選びましょう。4点取り付けできる場所があれば基本的には大丈夫ですが、拘束すると力が加わるためベッド自体が壊れる、ベルトが外れてしまう可能性があります。一度家にあるズボン用のベルトを縛って引いて強度を確かめ、異常がなければ大丈夫です。

プレイ内容で選ぶ

ソフトSMならマジックテープの手錠やコットン素材のロープを

カップルや初心者がするソフトSMであればマジックテープやモコモコがついた手錠がおすすめです。付けても痛くありませんし、拘束力もしっかりしているので簡単には外れません。ロープも縄ではなくコットンで優しい物なら体に食い込んだり擦れたりしないため痛みなく楽しめますし、きちんと縛れば全然外れないのでしっかりプレイできます。

ハードSMならボールギャグ付きの全身拘束キットがおすすめ

ハードで痛みを伴うSMがしたいのであれば、体の自由を奪うだけではなくボールギャグをつけて喋れなくさせたいところです。全身拘束キットに加えてフェイスマスクや口枷、首輪などを付けましょう。他にも乳首を挟むクリップや痛みや刺激を与える鼻フックや電マといった拘束具も使うと、責めが充実してよりハードなプレイに仕上がります。

拘束具のおすすめブランド・メーカー

SM VIP 

初心者から上級者まで楽しめる品揃え豊富なブランド

SM VIPは初心者でも楽しめる手錠や首輪から、上級者が使う全身拘束キットや金属製の手錠・ポールなどを扱うブランドです。すべての拘束具が揃うとも言えるくらい展開をしており、安価で質が良いのが特徴。誰でもSMを楽しめる、というコンセプトを掲げています。

SMart JOINT(スマートジョイント)

本格的な拘束具を取り扱うブランド

SMart JOINTは本格的な拘束具を揃えているブランドです。金属製のチェーンや鼻フック、全身拘束マット、ムチといった痛みやキツさを伴う拘束具が揃っています。ハードなSMをしたい方や経験者に合っているブランドです。

XR BRANDS(エックスアールブランド)

吊り下げ拘束具も揃う本格派ブランド

XR BRANDSはドイツのアダルトグッズメーカーで、拘束具専門ではありません。しかし全身拘束、吊り下げキットなど本格的な拘束具を扱っています。責めるためのバイブやクリップも販売しているため、痛みのあるハードSMがしたい方におすすめのブランドです。

Lux Fetish(ラックスフェティッシュ)

優しい素材が多いスタイリッシュSMブランド

Lux Fetishは手錠・ロープ・吊り下げキットなど幅広い拘束具を取り扱っていますが、比較的にソフトな生地やコットンなど優しい素材が多いです。金属アレルギーや痛みがない拘束を楽しみたい人に向いているブランドになります。複数の拘束具を組み合わせられるのも特徴です。

おすすめ&人気の拘束具ランキング

初心者におすすめの拘束具

Lux Fetish-ラブ・カフス (1,500円)

優しい素材でガッチリ拘束

ラブ・カフスはソフトな素材でありながら成人男性でも自力では取れないマジックテープを採用した手錠です。長さ調節もできて、手首同士を繋ぐ部分はフック式になっています。さまざまな使い方ができますし、取り付けは簡単です。

拘束力が高いので初心者はもちろん、上級者も持っておきたい一品。使えばセックスが少し過激になりますし、SMもできます。また、パッと見ただけでは拘束具に見えないため、保管もしやすいです。

Lux Fetish-ラックスフェティッシュロープ 3m (800円)

コットン素材で優しくしっかり部位拘束

シンプルな黒色で肌に優しいコットン素材が採用されたロープです。3mなので長すぎないため扱いやすく、手や足など部分拘束をするのに特化しています。耐久性も抜群なので何度も使えますし、ハードな拘束にももってこいです。

縛って体に食い込んでも痛みがないため初心者や拘束されるのが初めての方、カップルで楽しみたい方に合っています。価格もかなり安いですし、SM以外でも使えるので持っていて困りません。拘束ロープの入門編です。

SM VIP-多目的アイマスク ブラック (280円)

拘束はもちろん寝る時にも使えるデザイン

サイズ19㎝・幅9㎝のナイロン製で肌に優しく視覚を奪える拘束具です。生地が3枚重ねになっているため付けると光が入らない暗闇を体験します。責められる際のドキドキがアップするので、よりプレイが盛り上がりますね。

また、目だけを覆うため拘束初心者に合っています。ソフトな拘束をする際に使えますが、シンプルなデザインなので寝る時に付けるのもOKです。光を遮ってグッスリ寝られるため、持っておいて損はしません。

SM VIP-簡単M字開脚足枷ベルト アイマスク付 (2,880円)

誰でも簡単に本格的な拘束ができる

両足を開いた状態で拘束する道具です。首の後ろ、両足の3点だけで相手の自由をしっかりと奪えるため、プレイの幅が広がりますし、挿入もしやすい体勢になります。素材は合皮・ウレタンでサイズ調整もできるため多くの人にマッチすることでしょう。

初心者に向いている理由は拘束部分にクッションがついていることです。体に食い込んでも痛くありません。ですが拘束力は高く身動きできませんし、アイマスクが付属しているため購入後はすぐに本格的なプレイができます。

SMart JOINT-口枷 JOINT_003 (980円)

言葉を封じ唾液を垂れ流しにさせる

赤いボールギャグタイプの口枷です。付けた人は喋れなくなるだけではなく、唾液を垂れ流しにするしかない羞恥を味わいます。もちろん自分だけで取るのは難しく、長時間付けていると顎が痛くなるので立派は拘束具です。

見た目がよくあるボールギャグなので使うだけで一気にSMプレイが本格的になりますが、ベルトの内側はベロア生地になっているため肌に優しくなっています。耐久性も抜群なので、扱うのが初めての方にもおすすめです。もちろん上級者も納得できる仕上がりになります。

上級者におすすめの拘束具

Lux Fetish-ラブ・スウィング (4,190円)

自宅で吊り下げプレイができる

ドアにフックを掛けることで吊り下げが楽しめる拘束具です。自宅でもラブホテルでも扉さえあれば使えて、吊された側は一切抵抗ができなくなります。手首と太ももで体を支えますが、クッションがついているため痛みはありません。

ラブ・スウィングは手軽に吊り下げができるので上級者に向いています。サイズや吊り下げる高さの調節もできるので、思い通りに拘束できるのが良いポイントです。しかしプレイ中にドアを開けると落ちてしまうため気を付けてください。

SMart JOINT-鼻フック JOINT_010 (1,280円)

金属フックで痛みと恥辱を与える

金属製フックが特徴で、付けられた相手は恥ずかしい顔になります。首輪と合わせると付けたままにすることができるため、合わせて使いましょう。フックを引っ掛けた状態で後ろから引っ張ると痛みを与えられます。

フックは金属製ではありますが、中は球状になっているため突き刺さりはしません。本格的で少しの痛みこそ感じますが、出血の心配もなく安全に楽しめます。相手を鼻フックで責めて辱めを与えたい上級者におすすめです。

XR BRANDS-4点拘束セット (5,970円)

さまざなプレイに使える両手足拘束グッズ

両手足の自由を奪える拘束具です。ベッド拘束をするのにも使えますし、柱と足を繋いで動けなくしたりムチのようにして相手を責めたりできます。拘束部分はベルト穴になっているのでサイズ調整が簡単で、体格に合わせて取り付けることが可能です。

さまざまな使い方ができますが、ベッドに相手を縛り付けて責めたい人におすすめ。股を開いた恥辱的な体勢のまま放置もできます。ただし取り付ける練習が必要なので、自宅のベッドで使えるか試しておくとスムーズです。

XR BRANDS-豆つまみ・ブラック (760円)

乳首を挟んで痛みを与える

豆つまみ・ブラックは乳首を挟むクリップです。相手の自由を奪う物ではありませんが、他の拘束具と合わせると継続的に痛みと辱めを与え続けられます。カラーが落ち着いた黒色なので付けてもSMの雰囲気が壊れません。

豆つまみ・ブラックは痛みのあるプレイをしたい上級者に向いています。ですがプラスチック製でSM以外でも役立つので持っていて損はしない一品。1パック5個入りなので、乳首以外の場所に付けるのもおすすめです。

Lux Fetish-口開きストレッチフード (1,380円)

口以外すべてを覆う伸縮性抜群のフード

口開きストレッチフードは伸縮性のあるスパンデックスという素材のフェイスマスクです。装着すると口だけが出た状態になるため、視覚を奪いつつキスや前戯ができます。口枷と合わせて言葉の自由も奪うのも楽しいですよ。

しかし付けると相手の顔全体が見えなくなってしまいます。上級者やプレイに慣れていないと興奮が保てなくなり萎えてしまいがちです。付けるのは男女共に簡単ですが、経験者向けのアイテムとなっております。

完全に固定できるおすすめの拘束具

Lux Fetish-両手足拘束セット (1,850円)

両手足をくっつけて自由を奪える

4つの枷が付いており、両手足を拘束できます。チェーンが付いていないため装着すると可動域がかなり狭く、まったく手足が使えません。お尻のところで拘束すれば一切の抵抗ができなくなるので、責め放題になりますよ。

また、4つの枷はフック式になっているため取り外しも簡単です。誰でも手軽に相手の自由を奪って責められるようになれるのが嬉しいところですよね。抵抗できなくして思う存分SMプレイがしたい方におすすめします。

SMart JOINT-SMart(スマート) 拘束マット (18,800円)

持っていればどこでも本格的な拘束が可能に

18個のフックが付いており、持っている手錠や足枷と合わせて使う本格的な拘束具です。マットにはり付け拘束ができます。サイズは縦が123㎝で幅が60㎝と中々のボリュームになっているので、成人男性が乗っても問題ありません。

素材は合皮になっているので汚れてもサッと拭き取ってキレイにできますし、7.85㎏ありますがバックのように折り畳んで持ち運べます。ホテルや自宅などどこでも拘束プレイが楽しめるようになるのは嬉しいですが、手錠や足枷をすでに持っていないといけないので経験者向けです。

SMart JOINT-全身枷 JOINT_007 (2,580円)

誰でも亀甲縛りが楽しめる

全身枷は付けるだけで亀甲縛りのような拘束が可能です。手は後ろで縛られている抵抗はできなくなりますし、棒枷やボールギャグと合わせて使うとより本格的に拘束できます。複数のパーツをフックで組み立てるだけなので誰でも付けられるのが特徴です。

素材は合皮でサイズ調整ができるのも嬉しい点です。男女共に装着することができるので、体格によるズレの心配もありません。経験者はもちろんですが、亀甲縛りや全身拘束が見たい初心者にもおすすめです。

SM VIP-絶対服従 完全閉塞全頭拘束マスク (4,180円)

顔全体を覆って完全支配できる

絶対服従完全閉塞全頭拘束マスクは、顔を全体を覆う拘束具です。目はもちろん口も鼻も出ていないため、わずかな呼吸穴からしか酸素を吸えないキツさがあります。音も遮断するので付けた人は自分が何をされているか分かりません。

さらにベルトと南京錠で固定できるため、付けられた人は自分の意志では脱げないのがポイント。視覚・嗅覚・聴覚を奪って支配できます。拘束キットと合わせればすべての自由を奪えますが、顔が見えないのと酸欠などトラブル時にすぐ外す手際の良さが必要なので経験者向けです。

SM VIP-手枷足枷拘束棒 (4,680円)

手足をガッチリ拘束して自由を奪える

手枷足枷拘束棒は4つの枷が付いたポール状の拘束具です。装着すると手足の自由がなくなり、さらに棒のおかげで上手く立ち上がることも難しくなります。M字開脚など恥ずかしい体勢から動けなくさせられるのがエロいポイントです。

本格的な拘束具ですが枷にはクッションが入っており、付けても痛みはありません。さらにポールはステンレス製で分解も可能。持ち運びも楽ですし、頑丈で曲がりにくいので付けた人が多少暴れても問題ありません。

まとめ

自由を奪えて使いやすい「拘束具」がおすすめ

拘束具を買うのであれば、きちんと拘束ができて使いやすい物がおすすめです。付けても自由があったら意味がありませんし、難しくて使えないのもプレイには不向きでしょう。ブランドやメーカーがサイズ調整や素材にこだわって作り、説明書きもしている拘束具を選ぶようにしましょう。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*