一人暮らし向けロフトベッド人気比較ランキング!【ニトリやIKEAも】

部屋のスペースを有効に使うことができるロフトベッド。一人暮らしではワンルームなどの限られた空間に家具を配置しなければならないので、ベッドを置くのを諦めてしまうことも。ロフトベッドは一人暮らしの人に人気がある、部屋を広く見せることもできるベッドです。そこで今回は、人気がある一人暮らし向けロフトベッドをランキングでご紹介。タイプ別でもご紹介するので、ご購入の際の参考にしてみてくださいね。

ロフトベッドとは?

寝床を高くしてベッド下に空間を設けたもの

ロフトは「屋根裏」という意味で、ベッド下の空いたスペースを有効活用できる家具です。収納や作業スペースなどにも使えるので、ワンルームなど一人暮らしのコンパクトな部屋におすすめ。部屋を立体的に見せることができ、おしゃれな空間作りにも最適です。

一人暮らしでロフトベッドを置くメリット

ベッド下を作業スペースとして使うことができる

ベッド下にデスクを設置すれば、作業スペースとして活用することができます。部屋が狭くてベッドとデスクの両方を置くスペースがない場合でも、一箇所に設置することができるので理想の部屋作りがしやすくなります。ロフトベッドには、便利なデスク付きのタイプもありますよ。

ベッド下を収納スペースとして使うことができる

ベッド下に収納ボックスやラックなどを置けるロフトベッドは、一人暮らし向けに最適。ワンルームなどは収納スペースが少ない場合が多いので、ベッド下を有効活用することで部屋をすっきりと見せることができます。収納棚が付いているロフトベッドもあるのでチェックしてみてくださいね。

ベッド下も寝るスペースとして使うことができる

ロフトベッドの下にマットレスなどを敷いて寝るスペースを作ることも可能です。来客があった場合にも、即席で寝床を確保できるので便利。高さのあるハイタイプのロフトベッドなら、ソファベッドを設置して普段はソファとして使用し、来客があった場合は簡易ベッドに変形させられますよ。

一人暮らしでロフトベッドを置くデメリット

毎日階段を上り下りする必要がある

ロフトベッドは、階段を上り下りしなければならないため、足を踏み外す危険性も。夜中にトイレなどに目覚めた時やベッドに入ってから物を取りたい時など、その都度上り下りするのは面倒という方には不向きです。安全性を考慮した固定階段付きのものやベッド周りに必要なものを置ける宮棚付きのものなど、不安を解消できるタイプを見つけてみてくださいね。

体を動かすときしみ音がする

ロフトベッドの構造上、柱で支えているためきしみ音がします。特にパイプタイプのロフトベッドは金属素材のため、きしみ音が増す傾向にあります。また、きしみ音だけでなく、体を動かす時に横揺れを感じやすい場合も。定期的にネジの緩みを確認するなど、使用中の対策が必須です。できるだけきしみ音や横揺れを軽減したい場合は、木製タイプのロフトベッドがおすすめですよ。

夏は暑くて寝苦しい

ロフトベッドは寝床が高い位置にあるため、夏は寝苦しいのが難点。温かい空気は天井にたまりやすいので、冬は温かいですが夏は暑さ対策が必要になります。扇風機を利用して空気を循環させるなど、温かい空気が天井にたまらない工夫をしましょう。また、クーラーを使用する場合は、寝床に直接冷たい風が当たらない場所へロフトベッドを設置するのがおすすめです。

一人暮らし向けロフトベッドの選び方

素材で選ぶ

木製はきしみや揺れが少なく安定感がある

木製タイプのロフトベッドは、パイプ製に比べると柱が太く、がっしりとした作りなので安定感があります。本体の面積が大きく感じる場合もありますが、きしみや揺れが少ないため、寝心地重視の方にもおすすめ。また、木製はナチュラルテイストの部屋によく馴染み、木の温かみを感じられるのも魅力ですね。パイプ製より価格が高めですが、すのこタイプは湿気がこもりにくく通気性が抜群で、おすすめですよ。

パイプ製は圧迫感が少なくスタイリッシュ

パイプ製のロフトベッドは、フレームが細くてスマートな印象が魅力。また、低価格帯のものが多いので手に入れやすいのもポイントです。さっと衣類をかけられるハンガーポールやベッド下を隠すことができるカーテンレールがついたものもあり、実用性の高さで人気があります。圧迫感を抑えたい方や無機質な見た目が好みの方にもおすすめですよ。

昇降のタイプで選ぶ

省スペースで設置しやすいはしごタイプ

はしごタイプは取り外しが簡単にできるものが多いので、掃除はもちろんのこと位置の変更も手軽にできて便利です。階段タイプに比べて急斜面な上、ステップが丸いパイプは昇降の際に足が滑りやすいので、平らなステップなど昇降のしやすさを重視すると安心。階段タイプよりもスペースを取ることがなく圧迫感が少ないので、部屋全体をすっきりとした印象にしたい方におすすめですよ。

階段タイプは安定感があり小物も置ける

階段タイプは、はしごタイプに比べて昇降がしやすく、さらに強度があって安全に使用できるのが魅力です。階段下に小物を置いたり、収納スペースとして活用できるタイプもあるので、チェックしてみてくださいね。階段スペースを含めるとロフトベッド自体の面積が大きくなりがちです。部屋の間取りや設置スペースをしっかりと確認して選ぶようにしましょう。

高さで選ぶ

布団の上げ下げをラクにできるロータイプ

ロータイプはハイタイプに比べて高さがないため揺れを感じにくく、寝床から天井までの高さがあるので、寝たときの圧迫感も少ないのがメリット。ベッド下にソファやデスクの設置は難しいですが、収納家具を置いて収納専用として活用できます。一人暮らしの狭い部屋でも、ロフトベッド本体の圧迫感がなく、収納したいものを一箇所にまとめてすっきりとした印象を保つことができるので便利です。

ベッド下を収納スペースとして利用しやすいミドルタイプ

ロータイプと同様に、寝床から天井までの高さに余裕があり、頭をぶつけるなどの心配がないミドルタイプ。ベッド下は110cmから120cm程あり、ハンガーをかけたり収納したものを取り出しやすい利点があります。クローゼットのような収納力があるので、衣類のほか不要になった家具なども収納しておくことができます。また、テレビボードを設置すればスペースの節約にもなり、部屋を広く見せることも可能です。

リラックススペースやワークスペースに便利なハイタイプ

一般的なハイタイプは180㎝前後の高さがあり、ベッド下を居住スペースとして活用することができます。ソファを置いてリラックス空間にしたり、デスクを設置して勉強や仕事をするスペースにすることが可能。また、大容量の収納スペースとして活用もできるので、引っ越しなどで部屋の環境が変わっても対応しやすい利点もあります。高さがあるため揺れを感じやすくなりますが、木製であれば横揺れやきしみ音を軽減できるので選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

機能性で選ぶ

コンセントがあるとスマホの充電もできて便利

ベッド周りにコンセントが付いていると、就寝時にスマホの充電ができて便利。また、照明が欲しい場合も、コンセントがあればライトを設置することも可能です。照明があると、夜中にトイレなどで起きた時に手軽に電気をつけることができるので、安全に昇り降りできますよね。ロフトベッドは、自分のライフスタイルに合う付加機能が付いているデザインを選ぶのもポイントの一つですよ。

めざまし時計や小物も置きたいなら宮棚付きを

ロフトベッドに宮棚が付いていると、スマホを置いたり目覚まし時計なども置けるので便利です。必要なものを近くに置いておくことができれば、取りに行くために何度も昇り降りする必要がなくなりますよね。また、写真立てなどの小物を置いて、ベッド周りを好みのインテリアでコーディネートすることもできますよ。

高さ調整ができると部屋の状況に合わせやすい

支柱を付け足して高くしたり、外してロータイプに変えることができるタイプもあります。通常のロフトベッドに比べて強度は劣りますが、引っ越しなどで部屋の大きさや環境が変わっても対応しやすいので、長く愛用することができます。また、ロフトベッドから一般的なシングルベッドに変更できるタイプもあるのでチェックしてみてくださいね。

一人暮らし向けロフトベッドのレイアウト

インテリアの高さやカラーで統一感のある部屋に

ロフトベッドや机など大きな家具のカラーを白で統一。ロフトベッドをロータイプにすることで、さらにすっきりとした圧迫感のない雰囲気になり印象的です。また、黒を基調としたカーテンで、メリハリをつけたスタイリッシュ感もプラス。ベッド下は、散らかりがちなものを収納して整理整頓をしやすい環境になっていますね。

ハイタイプでも圧迫感を感じさせない抜け感が印象的

シンプルかつスタイリッシュな印象のロフトベッドで、明るい雰囲気の部屋に。無機質なパイプ製と温かみを感じさせる木製を融合させたハイタイプなら、圧迫感を抑えた空間を演出できますね。ベッド下にはデスクを設置したり、収納棚を活用して一つの居住空間を作ることで、狭い部屋でも理想のインテリアコーディネートを実現できます。

ハンガー掛けや棚も活用して上手に収納

白を基調にベージュや淡いピンクのカラーをプラスして柔らかな印象。限られたスペースの中でも、ベッド下へデスクや機器類を入れることで、ソファやテーブルなど必要な家具の設置スペースを確保しています。ロフトベッドには収納棚が付いているので、日常的に使うものや香水などを飾っておくこともできますね。

衣類の収納もできてスペースをしっかり活用

クールな雰囲気の部屋にぴったりのパイプ製ロフトベッド。ハイタイプでも落ち着いたカラーでコンパクトな印象がポイントです。ベッド下には作業スペースと収納スペースを設けて、空間を有効活用しています。収納ラックなどを設置しなくてもハンガー掛けが付いているので床をすっきりとさせることができ、掃除しやすいのも魅力ですね。

一人暮らし向けロフトベッドおすすめブランド・メーカー

LOWYA(ロウヤ)

優れた機能性と豊富な種類が魅力

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

大型家具からインテリア雑貨まで取り扱う総合通販サイト。コンパクトな部屋にも設置しやすいロフトベッドが豊富に揃っています。デザイン性が高く、おしゃれなロフトベッドを探している方にもおすすめのメーカーです。

IKEA(イケア)

おしゃれなインテリア雑貨も充実

高い機能性と優れたデザインを兼ね備えた製品を低価格で提供するIKEA。無駄のないシンプルなデザインのものが多く、インテリアに馴染みやすいのが魅力です。パイプ製が主流ですが、収納力や機能性の高い木製タイプも人気があります。

ニトリ

コスパが高く使いやすさ重視

生活雑貨や家具の品揃えが豊富で、トータルコーディネートをしやすいニトリ。ロフトベッドは、パイプ製から木製まで数多くの種類を取り扱っていて、部屋に合うものを見つけやすいのが魅力です。手に入れやすい価格帯なのに、値段以上の機能性やデザイン性で人気があります。

ジャストインテリア

様々なテイストから選べて部屋に合わせやすい

モダンテイストやカントリーテイストのものなど、様々なニーズに応えてくれるジャストインテリアは、ネット通販のインテリアショップです。スタイリッシュ感のあるシンプルなデザインのロフトベッドが豊富。お手頃価格の製品が豊富で、使いやすさも人気の秘訣です。

おすすめ&人気の一人暮らし向けロフトベッドランキング

ハイタイプでおすすめの一人暮らし向けロフトベッド

LOWYA-ロフトベッド 本棚付き (79,990円)

狭い部屋でもコンパクトにまとめられる
おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

木製でしっかりとした作りで安定感のあるロフトベッド。すべて天然木を採用した贅沢な仕上がりが魅力です。大容量の本棚とスマートなデスク、ハンガーポールが付いていて、整理整頓がしやすい環境を作ることができます。

本体は組み替えが自由になっているので、間取りに合わせてL字スタイルで配置しても。本棚には、本以外にも小物などの雑貨を飾ったり、自分だけの空間作りを楽しむことができますね。はしごの位置も自由に変えられるため、模様替えの際にも便利です。

ニトリ-ロフトベッド アルルN (30,454円)

角に丸みを持たせた安心安全設計

デスクと衣類をかけておくのに便利な吊り下げバーが付いたロフトベッドです。デスク前には、ファイルや本などを収納できる棚とフックをかけることができるメッシュ板を配置。ワークスペースに必要なものを置いておけるので、効率良く作業ができますね。

ベッドの床板はパイプメッシュになっているので通気性がよく、湿気がこもりにくいのがポイント。いつでも清潔を保ちながら、心地よい睡眠をサポートします。はしご部分はフラットになっているため、滑りにくく上り下りしやすいのも嬉しいですね。

IKEA-SVARTA ロフトベッドフレーム デスクトップ付き (66,779円)

どんな部屋にも合わせやすいシンプルデザイン

シルバーのパイプ製でクールな印象のロフトベッドです。同じシリーズのデスクトップが付いているので、買い足す必要がなくておすすめ。はしごは手前以外に、両方の側面にも設置できるため、部屋の間取りに合わせやすいですよ。

ベッドの床板は金属製すのこになっていて、通気性も抜群。水拭きができるので、清潔を保ちやすいのも魅力です。デスクトップは取り外し可能で、ベッド下にソファを置いてリラックススペースにしたり、収納スペースとして使うこともできます。

LOWYA-ロフトベッド セミダブル (72,990円)

手すりが高めでより安全性を考慮
おすすめ商品!
ジャンル内で売れています!

木のぬくもりで落ち着いた雰囲気を演出した階段付きのロフトベッドです。階段は側面に設置されているので、その分スペースが必要となりますが、階段下も収納スペースとして活用できるので便利。ベッド上にはスマホなどを置ける宮棚もついています。

フレームには鉄製サポートバーが付いていて、外側への広がりを防止。また、安全性の高い北欧産パイン材を使用し7㎝と太めの柱になっているため、頑丈さが魅力です。女性はもちろんのこと、男性でもゆったりと横になれるセミダブルサイズも嬉しいですね。

ロータイプでおすすめの一人暮らし向けロフトベッド

ニトリ-ミドルベッド セパタPW (18,231円)

無駄のないデザインでコスパも高い

シンプルな見た目で、圧迫感の少ないロフトベッドです。床板は、メッシュタイプになっていて、湿気がこもるのを防止。いつも快適な睡眠をサポートします。ベッド下のスペースは高さが90㎝あり、収納スペースとして使いやすいのもポイントです。

はしごは、踏み板が奥行き6㎝のフラットになっているため、上り下りがしやすく、滑り止めの溝も付いていて安心。左右どちらにも配置可能なので、部屋のレイアウトに合わせて変更できます。また、布団のずれ落ちや転倒防止にストッパーも付いていて安全設計なのも魅力ですね。

ジャストインテリア-パイプロフトベッド シングルサイズ (27,900円)

圧迫感を抑えた自分だけの空間作りに

パイプと古木を再現した強化シートのコンビネーションで、ブルックリンスタイルを実現したロフトベッドです。高さは125㎝あり、天井が低めの部屋でも安心。約180㎏の荷重に耐えることができるしっかりとしたフレームで、長く愛用できる強度も魅力です。

ベッド下にはラックなどの収納家具を設置したり、テレビを置くなどスペースを有効活用して、広く見せることができますよ。ヴィンテージ感も漂うシンプルでおしゃれなのに手に入れやすい価格なのも嬉しいですね。スタイリッシュな雰囲気が好みの方にもおすすめですよ。

LOWYA-ロータイプ ロフトベッド デスク付き (69,900円)

自由なレイアウトを楽しめて収納力も抜群
おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

ベッドとデスク、階段収納、ワゴンがセットになった画期的なロフトベッドです。階段収納は、ボックスになっていて中身が見えないため、見た目もすっきり。デスクとワゴンにはキャスターも付いているので、ラクに移動させることができます。

ダメージ加工風のリアルな木目調で、高級感もプラス。どんな部屋にも馴染みやすく、デスクやワゴンの引き出し収納で、整理整頓しやすいのも嬉しいですね。階段がしっかりしているので、ロフトベッドの上り下りが不安という方にもおすすめです。

階段付きでおすすめの一人暮らし向けロフトベッド

LOWYA-ロフトベッド 階段付き (39,990円)

キシミ低減マットで安定感も抜群
おすすめ商品!
ジャンル内で売れています!

横揺れに強い太めのパイプで安心のハイタイプのロフトベッドです。パイプ製でも階段タイプなので、上り下りがしやすいのもポイント。本体には、コの字型サポートバーに加え補強クロスバーもプラスされ、ダブル補強で横揺れを軽減します。

階段は左右どちらにも設置可能なので、部屋のレイアウトに合わせることができて便利。階段の棚板は収納スペースとして活用することもできますよ。ベッド下は収納スペースはもちろんのこと、テレビやソファなど大きな家具も設置可能です。

ジャストインテリア-ロフトベッド シングルサイズ (49,800円)

森林浴と同じ効果のあるパイン材でリラックス

軸になる4本の柱は、分割ではなく1本になっている仕様で、横揺れしにくい耐震設計のロフトベッドです。ベッド周りにはガードも付いていて安心ですね。床板のスノコは何層も板を重ねることで、防腐や調湿、防虫効果を高め、優れた通気性を発揮します。

ベッド下は、幅195㎝奥行き105㎝高さ143㎝とゆとりのある空間になっていて、部屋のレイアウトを自由に楽しめます。また、ボックスケースが階段の棚板に付属しているのもポイント。散らかりがちな小物やベッド周りに必要なものを収納しておくのに便利ですよ。

LOWYA-ロフトベッド ハイタイプ (69,990円)

贅沢ポイントをたくさん詰めた便利さが魅力
おすすめ商品!
ジャンル内で売れています!

使いやすさを追求したハイタイプのロフトベッドです。宮棚には2口コンセントを装備し、スマホの充電はもちろんのことライトを設置したい場合にも便利。また、前面にはワイドな本棚があり、本以外にも雑貨やお気に入りのDVDなども収納できますよ。

階段の棚板はすっきりとしたデザインになっていて、収納ボックスを用いて整理整頓に役立てたり、ディスプレイを楽しむのもいいですね。本体はオール天然木で、高級感と温かみを演出。頑丈で長く愛用できるのも魅力です。

まとめ

自分の要望を叶えてくれる一人暮らし向けロフトベッドがおすすめ

一人暮らし向けロフトベッドは、限られた部屋でもスペースを有効活用できる便利な家具です。部屋をすっきりさせることで、整理整頓はもちろんのこと、お掃除もラクに。ロフトベッドの高さや機能性など、自分の理想の空間作りに合うものを見つけてみてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*