おすすめのドットサイト人気ランキング!【ブースター付きも】

サバゲーや競技シーンにおいて照準の速さはパフォーマンスの高さに直結しますが、重いスコープを載せてしまうと取り回しが悪くなってしまいます。そこでおすすめしたいのがドットサイトです。ドットサイトは非常に軽量で素早いエイムが可能なうえに、安価に導入することが出来ますよ。今回はおすすめの人気ドットサイトをランキング形式でご紹介します。選択に迷いやすいドットサイトですが、レプリカや実銃対応等それぞれの特徴やメリットを、選び方も併せて詳しく解説していきます。用途や環境に合ったドットサイトは銃自体のポテンシャルを大きく引き出してくれるので、ドットサイトの導入を考えている方は是非参考にしてみてください。

ドットサイトとは?

エアガンに装着する照準器

ドットサイトとは、エアガンの使用時にターゲットを正確に照準する目的を持つ光学照準器です。照準の素早さや正確さを向上させる為、サバゲーや競技シーンにおいて最重要とされているカスタムパーツです。凸ガラスに内部の光源から出た光を投影し、赤色や緑色の照準を作り出します。銃器に標準搭載されているアイアンサイトは、銃口部の照星と銃床部の照門、そして標的の三点を同一線上に置かなければなりません。その点ドットサイトは光の照準と標的を重ねるだけで射撃が可能な為、素早く正確な狙撃を行うことが出来るのです。

ドットサイトの特徴

ホログラフィックサイトと比べて小型で取り回しが良い

ホログラフィックサイトは、構造上レンズを2枚必要としますが、ドットサイトは一枚で済むので比較的小型になっています。その為重量感や圧迫感が無く、ハンドガンにも搭載することが出来ます。また、バッテリーの持ちも良い為、連続使用が可能となっていますよ。取り回しの良さが重要になってくるサバゲーでも大活躍している照準器です。

近距離向けの性能で暗闇でも視認性が高い

ドットサイトはホロサイトと比べてやや視界が狭くなりますが、それだけ近距離での打ち合いに適しています。標的を確認してから打ち始めるまでの間が非常に短くなっているのが特徴です。明るい場所でも見えやすい照準も、その利点を支えています。また、ドットサイトが得意とする環境は、明るい昼間だけではありません。レーザー光を使用している為、視認性が悪い夜間でも標的を確認し、正確に打ち抜くことが出来るのです。

ドットサイトの種類

チューブ型

レンズが保護されているから悪環境に強い

チューブ型のドットサイトは、筒型のケースの両端にレンズがついた形をしています。その為、被弾時にレンズが割れてしまう危険も少なく、高価な製品でも安心して実戦で使うことが出来ますよ。泥や雨を被りやすいサバゲーで有効なタイプとなっています。

また、チューブによるレンズの保護は自然光の反射も防いでくれます。基本的に太陽光のある屋外で行うサバゲーにおいて、遮光性は非常に重要になってきます。その点チューブ型のドットサイトは、環境に左右されにくい性能を持っている為、環境の悪い屋外でも運用が可能となっているのです。

オープン型

軽量で視界が広いから競技シーンで選ばれている

オープン型ドットサイトの特徴は、チューブ型と比べて軽量である点にあります。レンズが一枚で剥き出しになっている為、非常に軽量で構えも素早く行えるのです。その為、0.01秒の差が勝敗を分ける、スピード系シューティングマッチなどの競技シーンで大活躍しますよ。

もちろん、その広い視野を利用してサバゲーで運用することも可能です。小ぶりである為、ハンドガンに装着しやすく、ハンドガン自体の利点を損なわずに照準性を向上させることが出来ます。レンズが破損しやすいというデメリットにも、プロテクターや保護フィルムを採用することで十分に対策をすることが出来ますよ。

ドットサイトの選び方

仕様で選ぶ

レプリカのドットサイトは安価で見た目が格好良い

実銃対応のドットサイトは、エアガン自体の価格を上回るタイプもある程高価になっていますが、レプリカは性能が限定されているので、より安価になっています。また、レプリカ版のドットサイトは、機能性よりも見た目に重きが置かれています。その為、ミリタリズムを感じさせる刻印や装飾が施されているのです。サバゲーを楽しむ場合、実際の軍隊に近い装備にしてみたいですよね。機能性より見た目の格好良さを優先するならレプリカがおすすめですよ。

実銃対応のドットサイトなら頑丈で性能が高く信頼性がある

実銃対応のドットサイトは、実際の戦闘にも耐えられるよう、耐久性や強度が高くなっています。また性能も高く、具体的には上下左右の調整幅が広い点や、強い太陽光の下でも容易に視認できる照準が挙げられます。また、実銃対応のドットサイトは光学機器に精通したメーカーが作っている為、品質にばらつきが無く安心して購入できるメリットもあります。性能と価格のバランスを考えて購入すれば、コストパフォーマンスにも繋がってくるため、経済的な面からもおすすめ出来ます。

輝度調節機能で選ぶ

10段階以上の輝度調整が可能なタイプは対応力が高い

ドットサイトの使用状況が、あまりにも明るい、又は暗い場合、照準が確認しづらくなってしまいます。その際に輝度調整が行われるのですが、10段階以上の輝度調整機能がついているタイプなら、環境に合わせて丁度良い輝度に合わせることが出来ます。サバゲーは屋外で行う為、天候や時間帯によって環境の明度が大きく変わります。その点、輝度の多段調整が出来る柔軟性を持ったドットサイトなら、銃のポテンシャルやパフォーマンスを最大まで引き出してくれるでしょう。

輝度を自動調整するオートモード搭載タイプもある

ドットサイトの中には、環境の明度に応じて、光感知センサーによる輝度の調整を自動で行ってくれるタイプもあります。明度が変わるたびに調節ネジを触れる必要がない為、戦闘に集中することが出来ます。また、輝度の調節に慣れていない初心者の方にもおすすめですよ。

カスタム性で選ぶ

ブースター付きドットサイトなら望遠機能により銃の射程が伸びる

ブースターは、マグニファイアやコンバーターと呼ばれる拡大鏡を指します。ドットサイトは基本的には等倍なので、ブースターを付けることによって射程を伸ばし、ライフル等の性能を一気に引き上げることが可能です。また、ブースターを取り付けることによって、銃の外観がより実際の軍装備に近いものになる為、扮装の楽しみをより一層増してくれますよ。

汎用性の高い20mmマウントベース対応タイプがおすすめ

ドットサイトを購入する場合、20mmレールに対応した規格を持つタイプがおすすめです。ドットサイトは購入すればそのまま銃に取り付けられるわけではありません。ドットサイト側のマウントと、銃側のマウントベースという中間具を必要とするのです。基本的に、電動エアガンにおいては20mmレールが主流となっています。20mm対応タイプなら互換性が高く、一つのドットサイトを多くの銃に付け替えることが出来ますよ。

ドットサイトのおすすめブランド・メーカー

Aimpoint(エイムポイント)

軍用や警察用の最高級ドットサイトを扱うメーカー

1975年から、高性能なドットサイトを提供してきたスェーデンの光学機器メーカーです。実際の軍隊にも採用されている、最高機種のドットサイトを扱っており、価格性能ともに、業界最高峰の製品となっています。サバゲーにおいてはスペックの高さが過剰な点は見られますが、極めて耐久性が高くなっています。その為、過酷な環境で使用する場合においては、コストパフォーマンスの面でも優位性がある場合もあるでしょう。また、その極めて高い性能を利用して、鹿や猪等の狩猟に用いるハンティングスコープとしての運用もおすすめです。

ノーベルアームズ

ソフトエアガン用のサイトを主に販売

国内では非常に著名なソフトエアガン用ドットサイトメーカーです。スコープからドットサイトまで広く種類を取り揃えており、カスタムやアクセサリーまでノーベルアームズで全て揃えることも可能です。中でも有名なSURE HITシリーズは、米国の厳格なミルスペックをクリアしていることもあり、性能の高さにも定評があります。カラーや形状も幅広く取り揃えている為、自分の銃にあったドットサイトを見つけることが出来るでしょう。

sutekus(ステカス)

ノーブランドの安価なドットサイトを展開

sutekusは、高性能なレプリカ製品を広く取り扱うメーカーです。非常に安価な製品が多く、初めてドットサイトを導入する方におすすめです。全ての製品に1年保証がついているのもおすすめポイントの一つ。また、レンズ拭き用の布やカスタマイズ工具である六角レンチ、取扱説明書が付属しています。その為、初めての導入でも、カスタマイズやメンテナンスに戸惑うこともありませんよ。

おすすめ&人気のドットサイトランキング

チューブ型でおすすめのドットサイト

Pinty-ドットサイトスコープ(2,099円)

着脱時の再調整が要らない使いやすいドットサイト

Pintyのドットサイトスコープは、レンズの性能に注力した、安価なレプリカドットサイトです。マルチコーティングが施されたレンズは、電子機器の大敵である塵や砂埃、霧から、幅広く製品を保護してくれます。また、レフレックスレンズを採用している為、チューブの小型化に成功しており、長さ38mmと取り回しが良いのも嬉しい所。

アイレリーフと呼ばれる瞳とレンズの距離に制約が無く、付け直した時の調整は必要ありません。ハンドガンからライフルに付け替えた時などに、すぐに使用できる快適さがありますよ。レプリカの中でも最安価となっている為、予備のサイトとしても優秀ですよ。

ノーベルアームズ-COMBAT-T1 DOTSIGHT(20,350円)

チューブ型の高性能な高級レプリカ

ノーベルアームズのCOMBAT-T1 DOTSIGHTは、ライフルを始めとした大型の銃から、小型のハンドガンまで幅広く搭載出来る高性能ドットサイトです。11段階の輝度調整機能がついており、昼夜を問わず高い精度を誇ります。また、HIGHモードとLOWモードを選択することが出来、近場を素早く掃射する場合と、遠い標的をじっくり狙撃する場合とで使い分けることも可能です。

加えて、付属品がとても充実しています。レンズを保護するレンズガードや、相手からドットの光が見えにくくなるフラッシュキルが付属しているのです。より細かなニーズにも対応できる為、本格的なサバゲーを楽しむことが出来ますよ。

vector optics-Maverick 1×22 マイクロドットサイト(6,499円)

実銃対応における最安価クラスのドットサイト

Maverick 1×22 マイクロドットサイトは、実銃対応のドットサイトの中で、最も手が出しやすい価格になっています。その為、初めて実銃対応のドットサイト導入を検討されている方におすすめです。ウォーターレジスタンス仕様や、11段階の輝度調整など、安価ながら、実銃対応ならではの性能を持っていますよ。

レンズの透明度が高く、視界は非常にクリア。森などの見通しの悪い環境でも正確に標的を捕らえることが出来ます。低予算で実銃対応のドットサイトを探している方は、vector opticsのMaverick 1×22 マイクロドットサイトで決まりです。

HOLOSUN-HS403b t1ドットサイト(27,200円)

安価なタイプの実銃対応ドットサイト

HS403b t1ドットサイトは、実銃対応であるにもかかわらず安価に手に入れることが出来ます。低価格でありながら性能は実銃対応らしい非常に高いものとなっており、完全防塵及び完全耐水を実現し、輝度調整も12段階となっています。レール規格も20mmに対応しており、多くの銃器に互換性がありますよ。

またゼロイン調整と呼ばれる照準を調節する機能も高く、しっかりと標的を狙撃することが可能。更に生涯保証がついている為、安心して買い求めることが出来ますよ。耐久性も高くなっている為、長く愛用するドットサイトとして最適です。

Aimpoint Micro T-2(157,000円)

実銃対応のドットサイト最高級機種

米国警察や米軍など、公的機関のオペレーションに使用されている、実戦向けに調整がなされた最高クラスのドットサイトです。輝度や調整能力、射撃時の精度に至るまで、全ての要素において抜群の性能を誇ります。性能の高さだけで判断すれば、Micro T-2で間違いありません。

ただ、実用性は最高クラスのドットサイトですが、サバゲーではややオーバースペックとなるので、コレクションやミリタリズム好きの方におすすめしたい製品です。その機能性を利用して、狩猟などの正確な射撃が必要な場面で使用することもできますよ。耐久性も極めて高い為、使用頻度によっては、コストパフォーマンスの面で他のドットサイトに対し優位になり得るでしょう。

オープン型でおすすめのドットサイト

Sutekus-マルチドット(2,380円)

業界最安価クラスのオープン型ドットサイト

低予算でドットサイトを求めるならSutekusのマルチドットをおすすめします。レプリカ版の中でも最安価を誇り、初めてドットサイトを使い始めるのにもぴったりです。米国警察等の公的機関の実銃ドットサイトを模した形状になっており、安くサバゲーの装備の再現性を向上させることが出来ます。

性能の方も5段階の調光が可能で、対応できる環境が広くなっています。また、重量が155gと非常に軽量である為、サイドアームとしてハンドガンに取り付けるのもおすすめですよ。レンズ拭きや収納時のレンズカバーも付属しているので、購入後すぐに使い始めることが出来ます。

WF optical-ドットサイト(2,970円)

4種類の照準を状況に応じて使い分けられる

WF opticalのドットサイトは赤色と緑色の2色と、異なる形状の照準4種の中から、好きな照準を選択することが出来ます。遠くを狙撃する際は十字型、近距離へ射撃する場合は丸型、などといった使い分けが可能となっています。照準の種類の多さによって、サバゲーでの銃の運用の幅が広がりますよ。

製品全体が非常に耐久性の高いアルミ製となっており、長く使い続けることも可能です。また、一年間の保証が付いているのも嬉しいところ。対応力の高いドットサイトを探している方におすすめしたいドットサイトです。

sutekus-ドットサイト(3,280円)

価格に対する性能が最高クラスのドットサイト

sutekusのドットサイトは、低価格帯のドットサイトの中では最も高い性能を誇ります。155gと軽量で、銃の機動性を失わせません。また、明るさ調整は旋回式の無段階調整となっており、理想的な輝度を、感覚的な操作により実現できます。

またオープン型のドットサイトではありますが、形状がやや特殊でチューブ型のようなカバーがついています。その為、取り回しがしやすい上にレンズの破損が少ないという、良いとこ取りのドットサイトとなっています。取り敢えず安価なドットサイトが欲しいという方は、sutekusのドットサイトを選んでおけば間違い無いでしょう。

東京マルイ-マイクロプロサイト(5,590円)

割れにくいレンズだから安心して撃ち合える

東京マルイのマイクロプロサイトは、ドットサイトの弱点である被弾時の破損を、頑丈なレンズによって克服したドットサイトです。最新技術のルビーコート樹脂レンズを採用しており、頑丈さと高い透過率を実現しています。激しい撃ち合いを想定しており、ドットサイトの破損が気になる方は是非検討してみてください。

輝度調整もわかりやすい2段階調整。マウントベースが付属しており、購入後すぐに使用することが出来ますよ。ドットサイト全体を保護する専用の樹脂カバーも付属している為、更にサイトの耐久性を上げることが可能です。

ノーベルアームズ-SURE HIT MRS(20,441円)

実銃対応の高性能小型ドットサイト

60gと非常に小型でありながら、8段階の輝度調整機能やナイトビジョンモードを搭載した、高性能ドットサイトです。輝度を最低光度にまで下げて使用した場合、電池寿命は約680,000時間を数え、耐衝撃性は600Gを誇ります。ドットは非常に視認性が高く、強烈な直射日光の中でも、標的を見逃しません。

また完全防水となっており、雨天やぬかるんだ地面でも安心して運用可能。自動シャットオフ機能が搭載しており、電源の切り忘れの心配もありません。実銃対応に相応しい、非常に高性能なドットサイトとなっています。小ぶりな形状を生かしハンドガンに搭載すれば、その高い性能を存分に発揮してくれますよ。

東京スコープ-XT-6(39,000円)

国際水準を満たした実戦にも使える国産ドットサイト

XT-6は、国内有名光学機器メーカーである東京スコープが提供する高機能なドットサイトです。重さ67gで全長51mmという小ぶりな作りながら、雨天時の防水機能やレンズ透過率が97%とほとんど裸眼と変わらない視認性の高さを持っています。耐衝撃性も1000Gを誇り、動きの激しいサバゲーでも壊れにくい点もポイントの一つ。

また、輝度調整はボタン式となっており操作が簡単になっています。10段階の調整が可能な為、屋内外や昼夜を問わず正確な照準を行うことが出来ますよ。また、高級器らしくオートパワーオフ機能がついているので電源の切り忘れもありません。精密さと素早さが同時に要求されるブルズアイ競技でも活躍するでしょう。

ブースター付きでおすすめのドットサイト

ANS optical-ドットサイト G33-STS 3倍ブースター(17,524円)

非常に評価の高い信頼性のあるブースター付きドットサイト

実際の軍装備の刻印を再現した、見た目にもこだわったブースター付き高性能ドットサイトです。ブースターは上下左右の調節ねじが付いており、精密な調整が可能です。20mmレールに対応した汎用性の高いモデルとなっているので、載せることの出来るエアガンの制限も少なくなっていますよ。

ドットサイト自体も性能が高く、19段階の輝度調整が可能。カラーもレッドとブラックの2種類から選ぶことが出来るので、所持している銃器に合わせたドットサイトを選ぶことが出来ますよ。専用のハードケースまでついて、非常にお得なセットとなっていますから、ブースターを使用する予定のある方は是非検討してみてください。

VORTEX-SPARCタイプ ダットサイト ブースター付き(9,981円)

等倍ドットサイトと2倍ブースター取り付け時の2way仕様

VORTEXのSPARCタイプ ダットサイトは、2倍のブースターが付属した、金属製の頑丈なドットサイトです。ライザーマウントも入っており、別でマウントを買い足す必要もありません。ドットサイトは特殊な形状のチューブ型で、レンズの破損も防いでくれます。

また、実戦でも使用されるAimpoint社のT-1を模した外見をしている為、見た目の格好良さもメリットの一つ。ブースターも付けて、軍事用装備の感覚を味わえます。ブースターはドットサイトに直接取り付けるタイプである為、ドットサイトとブースターのズレも生じにくく、扱いやすいサイトとなっています。ブースターを導入したい初心者の方にもおすすめのドットサイトですよ。

REALCERA-552タイプ ホロサイト ドットサイト(7,590円)

ホロサイト柄ドットサイトで特殊部隊の装備を再現

REALCERAの552タイプドットサイトは、外見上はホロサイトのような形状をしており、米国軍の装備により近い見た目になっています。性能面も申し分無く、5段階調整の広い範囲の輝度を持ち、30分の無操作で自動的にパワーオフする機能も搭載。材質も金属製となっており、耐衝撃性が高く故障しにくい作りになっています。

ブースターは3倍の倍率を持ち、中距離での着弾性を大きく高めます。アサルトライフルを使用する方に適任なブースター付きドットサイトです。ホロサイト型の外見や素材から、耐久性に大きな利点があるドットサイトなので、修理や交換が苦手な方にもおすすめ出来ますよ。

AERITH-BLACK-UH-1 with VMX 3T マウントスペーサー付き(9,980円)

等倍と3倍の素早い切り替えで近中距離を即座に対応出来る

UH-1 with VMX 3T マウントスペーサー付きの最大の特徴は、ワンタッチで切り替えられるマウントの構造にあります。ドットサイトの後ろに取り付けたブースターを、取り外すことなく横倒しにできる為、簡単かつ短時間で等倍と3倍率を切り替えることが出来るのです。中距離を狙撃している最中に、いきなり近い場所に標的が現れた際も、すぐに対応することが出来ますよ。

また、micro USBケーブルを使用することが出来る為、モバイルバッテリー等から現地でも追加充電を行うことが出来ます。ドットサイトは370gと大型で、重量外観共に非常に重厚なモデルとなっています。アサルトライフルに搭載すれば、近中距離をカバーするメインウェポンとして活躍させることが出来ますよ。

まとめ

サバゲーで使用するならチューブ型のレプリカドットサイトがおすすめ

実銃対応タイプは性能が非常に高く水や埃にも強い為、実用性は高いのですが、一般的なサバゲーではそこまでの性能を発揮する機会は少なくなっています。その点レプリカは模造品ではあるのですが、光学機器メーカーが販売している場合もあり、サバゲーでも十分に役割を果たしてくれます。実際、ドットサイトは実戦よりも、競技シーンでの展開が先行している為、レプリカの性能も十分に高いのです。価格と性能のバランスで考えた場合、レプリカドットサイトに軍配が上がることが多いでしょう。また、中でもチューブ型のドットサイトはライフルやカービンにも搭載可能なので、汎用性が高くなっている為おすすめです。オープン型より高価ではありますが、損傷が少ない為、結果としてコストの面でも優位にあります。もちろん、軽快な立ち回りが要求されるフラッグ戦等でハンドガンを採用する場合、軽量なオープン型ドットサイトを選択するのも良いでしょう。今回は、おすすめのドットサイトを種類別にランキング形式で紹介してきました。それぞれのドットサイトの特徴を参考にして、是非自分だけの一台を手に入れてみてください。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*