一人暮らし向け間接照明人気比較ランキング!【女子部屋・男部屋に】

一人暮らしで、自分だけのお気に入りの空間を作り出すのに欠かせない間接照明。間接照明を1つ取り入れるだけで、いつもの部屋が何倍もおしゃれな雰囲気に格上げされます。今回は一人暮らし用間接照明のおすすめ商品を人気のブランドを挙げながら紹介します。男部屋と女子部屋それぞれにおすすめの商品や、おすすめのコーディネート例を提案するのでぜひ参考にしてみてくださいね。

一人暮らしに間接照明は必要?

空間をデザインすることで部屋をおしゃれに演出できる

一人暮らしに必需品なものとして照明器具がありますが、天井につけるライトのほかに間接照明があるとなお良いかもしれません。自分好みの家具やファブリックを置くように、間接照明にもこだわってみませんか。間接照明を使って明るさや配光を変えるだけで、部屋の雰囲気は180度変わるのでおすすめ。今の部屋をイメージチェンジさせたい人も、間接照明を1つ取り入れるだけで雰囲気が一新され、ムーディーな雰囲気になるでしょう。

柔らかく反射した光で目に優しくリラックス効果が得られる

間接照明のメリットは、メインの照明よりも柔らかい光で部屋を優しく照らす点です。間接照明から零れる光のグラデーションによる陰影は落ち着いたシックな空間が完成します。また部屋を柔らかい光で包むことで、リラックス効果が高くなるのもポイント。特に夜に明るい光の元で過ごすのと、柔らかい光で過ごすのでは目への負担が大きく違います。就寝前に間接照明の優しい光だけで過ごせば入眠しやすくなり安眠効果も高くなります。

一人暮らし間接照明の選び方

タイプで選ぶ

部屋のテイストに合わせてデザインを選びたいならスタンドタイプ

デザインの種類が多く、豊富なサイズから選べるスタンドタイプ。床に置いて使うタイプなので、移動もしやすく置き場所を選ばずに使用できます。多種多様のデザイン性は、インテリアのテイストに合わせて選びやすいのもポイント。手元のスイッチで操作できるものやリモコンで操作ができるものがあります。スリムな形状ではありますが、台座は15㎝から20㎝ほどの幅があるので置き場所の確保を確認して選びましょう。

お気に入りのインテリアや植物を照らしたいならスポットタイプ

サイズが小さく、テーブルや棚に置いたり壁に取り付けることができるスポットタイプもおすすめ。植物やお気に入りの雑貨やポスターなど、光の演出で強調したいときに便利に使えます。比較的小さい光でスポット的にピンポイントで照らすので、周りは暗くなるのが特徴です。スポットタイプ1つならあまり明るさを感じませんが、複数で様々な方向を照らすように設置すると反射する光で部屋が明るく感じられます。

機能で選ぶ

調光機能搭載だとシーンに応じて明るさを選べる

リモコン付きの間接照明に多く搭載されている機能として調光機能があります。食事をするときの電球色、読書をするときの昼白灯、就寝前のリラックス時に役立つ薄暗い光などシーンごとに部屋の明るさを変えたい人におすすめです。無段階で調節できるものや、調節の段階が多いものは自分好みの明るさを選びやすくなるのでおすすめ。設定した調光を記憶するタイプなら、1度消灯しても再び同じ点灯になり再調光の必要がありません。

タッチ操作のコードレスならインテリアを邪魔しない

おしゃれな間接照明を選ぶときには、コードの形状や充電方法にも注意して選びましょう。おしゃれでムードのある間接照明なのに、コードやスイッチが見えてしまうと生活感が出てしまいおしゃれ度が半減することも。USBで充電できるタイプならコードが不要なので、スッキリと設置できます。タッチで操作ができるものや、足元にスイッチがあるものはかがまず簡単に点灯できるので便利。スマホのアプリで操作できるタイプは、3m以上離れた場所からでも問題なくONとOFFの切り替えができ便利に使えます。

配置場所で選ぶ

リビングには壁や天井に光を当てれば部屋を広く見せる効果も

リビングのメイン照明のほかに、間接照明を取り入れればよりおしゃれな空間が出来上がります。この時に取り入れたいのは、スポットライトタイプ。壁や天井を照らすだけで、自然なグラデーションと奥行きが感じられ部屋を広く見せる効果もあります。ポスターや雑貨にスポットを照らせばギャラリーのようなおしゃれな雰囲気を作ることができるでしょう。

寝室にはリラックス効果の高い暖炉の炎を思わせる柔らかい光を

揺らぐ炎はやすらぎや癒しを与えるのに最適といわれています。間接照明には火の揺らぎを忠実に再現したおしゃれなタイプも販売されています。暖炉型やキャンドルタイプで揺らぐ炎を見ながらゆっくり過ごせば、身も心も癒されて不安やストレスも解消していくことでしょう。揺らぐ光という演出ではないにしても、間接照明から生まれる温かく穏やかな光は大きなリラックス効果があります。特にリラックスタイムを過ごすことの多い寝室には柔らかく温かい光の配色を選びましょう。

一人暮らし女子部屋の間接照明インテリア実例

眩しすぎない光でムードを感じながらまったりタイムを

夜の照明は間接照明だけで充分かもと感じさせるインテリアの実例です。メインの照明を使わなくても、複数の間接照明を照らすだけで部屋は柔らかい光に包まれます。壁や床を間接照明で照らせば、より室内が明るくなるだけでなく部屋に奥行きが生まれて広く見える効果もありますよ。

個性的な間接照明で幻想的な空間を演出

ちょっと変わったデザインのものや、この実例のように植物や自然をモチーフにした間接照明を使うのもおすすめ。間接照明を眺めるだけで癒しの効果もあります。ディスプレイとして電気を点灯していない時も、インテリアの一部として部屋に存在感を与えることができるでしょう。

一人暮らし男部屋の間接照明インテリア実例

ディスプレイと間接照明との調和で自分だけのミュージアムが完成

自分にとってお気に入りのアイテムを飾ったり、洋書やポストカードを並べれば自分だけのミュージアムが完成します。お気に入りのディスプレイにスポットタイプの間接照明を向ければ、陰影効果でよりおしゃれ度がアップします。お気に入りのものに囲まれながら眺めているだけで、心がリラックスすることでしょう。

間接照明を電球色に変えるだけで部屋が一気に暖かい雰囲気に

暖かくリラックスできる光として人気の電球色。間接照明をプラスに加えなくても、もともとある間接照明のライトを電球色に変えるだけでも部屋の雰囲気は一気に変わります。よりムーディー感のある部屋に変えてくれるでしょう。間接照明を複数取り入れるときは、色の組み合わせも考慮するポイントに。空間に統一感が出るように電球の色も統一することで、目に優しくまとまった印象になります。

一人暮らし間接照明のおすすめブランド・メーカー

ニトリ

温かみのあるデザインのフロアライトが豊富

安価なものは2,000円台から販売されているニトリの間接照明。シンプルなフロアライトから、好きな方向にライトの向きが変えられるものまでデザインが豊富なのも嬉しい。ボディーカラーもブラウンやホワイトとどんなインテリアにも調和しやすいデザイン。気軽に取り入れやすい間接照明で、予算をあまりかけられない人にもおすすめです。

LOWYA

インテリア性重視で選ぶならLOWYAがおすすめ

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

天井に取り付けるペンダントタイプやスポットタイプ、インテリアのアクセントにもなるスタンドライトまでおしゃれで機能的な間接照明がそろいます。自宅のプチリフォームにも最適なダクトレールも合わせて販売されているので、合わせて使えば幅広い光のコーディネートも可能です。部屋をおしゃれにランクアップさせるアイテムが揃っています。

モダンデコ

インテリアのテイストごとに選びやすい

自分の部屋のインテリアのテーマやテイストが明確に決まっているならモダンデコがおすすめ。男部屋に人気のインテリア、インダストリアルやヴィンテージテイストの部屋に最適な間接照明が揃います。どこか無機質で武骨なイメージのスタンドライトやペンダントライトは照明がついていなくてもインテリアの一部として存在感を感じられるでしょう。

エアリゾーム

いろんなオプションから選択できる豊富な品揃えが魅力

おすすめ商品!
ジャンル内で売れています!

とりあえずいろんな間接照明を見てみて、インスピレーションを感じた間接照明を選びたいという人には品揃えが豊富なエアリゾームがおすすめ。ほとんどの間接照明がLED対応なので定期的のメンテナンスが不要なのは嬉しい。調光・調色を好みに応じて変えられるLED電球リモコンもおすすめ。リモコン機能のない間接照明も電球を変えるだけで、シーンに応じて電球のカラーを変えることができます。

おすすめ&人気の一人暮らし間接照明ランキング

女子部屋におすすめの一人暮らし間接照明

LOWYA-スタンドライト(6,990円)

空間に柔らかに溶け込むモダンなデザイン
おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

緩やかな波を思わせるウェーブスタイルが特徴のスタンドライトです。余計な装飾は一切ないにしても、ウェーブの陰影がムードを演出。シンプルで美しいラインと柔らかい光は洋室でも和室でも美しく寄り添います。表面の陰影はフラワー柄も選ぶことができるのもポイント。

フェミニンで繊細な花柄が、優しく幻想的な光を表現。部屋を優しい印象に演出します。幅は約20cmとスリム。場所を取らずに部屋の中をムードな印象に変えてくれるでしょう。電源はフットスイッチになっているので、立ったままスイッチを足でオンにできるのも便利です。

CROIX ONLINE-スポットライト カピス貝(14,300円)

女性らしいエレガントなデザインで天井への光の陰影が美しい

天然のカピス貝を1つ1つ手作業でシェードに仕上げた、エレガントなスポットライト。ゴールドの縁とカピス貝の透け感のある光沢、オリエンタルの模様がとてもおしゃれな印象になっています。女性らしい華やかさと上品なエレガントさをあわせ持ったライトになっています。

電気を入れてみると、カピス貝を透過する柔らかい光がとてもロマンチック。光の陰影と、ゴールドのシルエットが上手く調和して雰囲気があります。シーリング用のソケットが天井にあれば、女性でも簡単に取り付けられるのも嬉しい。

Dots on the Dish-フロアスタンドライト(8,140円)

北欧デザインの間接照明でワンラックアップのおしゃれルームが完成

楕円形が交互に敷き詰められたデザインは、隙間から漏れる柔らかな光と影が美しいのが特徴です。点灯していなくても、デザインの陰影がおしゃれで北欧風の雰囲気を演出しています。グラデーションのような光の波が発生しているので、眺めているだけでもうっとりすることでしょう。

ホワイトのシェードは部屋をスッキリ清潔に見せる効果があるのもポイント。ブラックのアイアン調のスタンドは細く長くつくられているので、シャープな印象で部屋をスッキリ見せてくれるでしょう。圧迫感を感じることなく部屋に馴染みます。

ネクストスタイル-テーブルランプ(8,446円)

独創的で優美なフォルムがテーブルや棚に置くことで部屋をおしゃれに演出

生命力あふれる蕾をイメージしたシェードは、エレガントさとゴージャスさを兼ねそろえています。優美なデザインですが、ホワイトとシルバーの組み合わせでどんな部屋にも合いやすいデザインになっています。テーブルや窓辺に置いたり、床に直置きしたり置き場所を選ばないサイズが魅力。

光を灯せば、暗闇の中で幻想的な陰影がムードをアップ。ベッドに横になりながらその陰影を眺めるだけでも癒されることでしょう。波打つカーブから漏れる光がまるで春の訪れのような生命力を感じさせます。蕾が空中に釣り下がったように見える幻想的な雰囲気も味わえるでしょう。

Lapin- しずくLEDライト(3,080円)

不思議な化学変化や現象を表現した幻想的なスタンドライト

シンプルな形状ですが、部屋のどこに置いても不思議な存在感を放つしずく型のLEDライトです。ベース部分は、安定性の高さと温もりを表現する木材を使用。ガラスと木材の異素材が組み合わさり、インテリア性をアップさせています。

エレガントさと温かさが組み合わさったライトなので、エレガントなインテリアはもちろん北欧風のナチュラルなインテリアにもおすすめです。ガラスの中の透明コードから表現される柔らかい光が空間をおしゃれな雰囲気に演出します。

男部屋におすすめの一人暮らし間接照明

BeauBelle-LEDA THEATERライト(2,280円)

空間をアレンジするコンパクトさで部屋中どこでも設置しやすい

幅12.5cm、高さ23cmとコンパクトなサイズ。ワンルームなど部屋の空間が狭い間取りでも設置しやすいのがポイントです。テレビの横に並べて壁に向かってスポットを当てれば、シアターライトとして使用もできます。部屋を暗くしてムードある空間で映像を楽しむことができるでしょう。

テレビのスポットとして使えば、テレビ画面と壁との明度差が少なくなり目に負担をかけない効果も。長時間部屋を暗くしていても目が疲れにくくなるのでおすすめです。目線から低い位置から照らして空間を立体的に映し出すこともできるでしょう。コンパクトなので、アレンジが効いて使いやすくいなっています。

ONEOO-LunaPrimal(3,300円)

月面のリアルな表現でパワーを感じる間接照明

NASA衛星図のデータを忠実に使用し、月面のクレーターや隆起を美しく表現したリアルな月のデザインが魅力です。隆起から漏れる光はまるで本物の月のミニチュアが部屋に浮かんでいるような錯覚さえ覚えます。月からの無限のパワーと癒しを受けながら過ごすことができるでしょう。

直径8㎝から22㎝の豊富な6種類のサイズ展開もポイント。部屋の大きさや、おきたい場所に合わせて最適なサイズを選択できます。充電式の点灯方式になっているので、現実に引き戻すようなコードやスイッチがないのも嬉しい。繋ぎ目のない美しいデザインになっています。

モダンデコ-スタンドライト(5,999円)

直線的なデザインのシェードがモダンやヴィンテージテイストの部屋にピッタリ

円と直線のラインが美しく、インダストリアルな雰囲気を作り出すランプシェードです。ホワイトとブラックのマットな質感が作り出す無機質なデザインは、カッコいデザインを求める男の部屋にピッタリ。味わい深いモダンな雰囲気を演出します。

シェードの連結部分は自由に角度調節ができるのもポイント。照明の位置を狙い通りに設定できるのでスポットライトとしても使用できます。昼はインテリアを引き立てるオブジェとして、夜は柔らかな明かりでリラックス空間を作り出します。

モダンデコ-GRACEコンパクトスタンドライト(1,999円)

視覚でも楽しめるインテリア性の高いデザインが魅力

シンプルかつスタイリッシュなシェードで、日中でもおしゃれなインテリアとして部屋に寄り添います。シェードの向きは縦45度、横回転315度と自由な角度調節が可能なのも魅力。スポットライトのように使用したり、ソファやベッドのそばで柔らかく照らしたりと自由に演出できます。

台座はシルバーでスタイリッシュ。ホワイトとブラックの2種類からシェードのカラーを選択できるので、モダンなインテリアにクールに決まります。手元で電源のONとOFFができる中間スイッチと、電気の調光が叶うリモコンタイプの2種類から選べるのも嬉しい。

アスコムインテリア-ライティングレール用スポットライト(5,995円)

撮影機材のような本格的なデザインでかっこいいもの好きな男部屋にピッタリ

異国情緒あふれる街で生まれたブランドが生み出した、インダストリアルな雰囲気の間接照明です。まるで本物の撮影機材のようなスポットライトで、部屋をおしゃれに演出します。1つだけ設置してスポットライトのように使用したり、複数購入して好みの方向で照らすことも可能。

天井のダクトレールに設置するタイプなので事前に確認が必要ですが、特徴的なデザインで存在感が大きく一気におしゃれ度が高まります。内部の電球の色をオレンジ系にすれば、ヴィンテージな雰囲気にも。部屋の印象に合わせて雰囲気を変えられるでしょう。

リモコン付きでおすすめの一人暮らし間接照明

快適ホームズ-FLOOR LIGHT LAMBAR(26,800円)

天然木を使用したボディはウッド調の家具と相性ばっちり

1つ1つ表情の違う温かみのある天然木を使用。点灯していない時も家具やインテリアの一部として穏やかにさせてくれます。また、この間接照明の魅力は縦置きも横置きもできること。専用の台座を変形させることで、向きを自由自在に変えることができます。

ソファの下やベッドの足元にあると、部屋が一気におしゃれな雰囲気に。縦置きとはまた違ったムードを感じられます。無線式のリモコンはコントロール範囲が広く、約30mくらいまで操作が可能。モードスイッチもついており、勉強中やリラックスタイム用と明るさの調光調節できるのもポイントです。

ニトリ-LEDシーリングライト(13,139円)

4つの電球それぞれを好みの方向に向けて空間を演出できる

天井にシーリングライト用のソケットがあれば簡単にセットができます。4つのシェードはそれぞれ角度を調節することができるので、好みの部屋の雰囲気を演出することが可能です。寝室はもちろん、ムードのあるメインルームにも使うことができるでしょう。

シーンによって好きな調光を10段階で選べるのも嬉しい。リモコンには30%、50%、100%とワンタッチで明るさを選択できるボタンがついています。1度設定すれば、消してまた点灯させたときに明るさを記憶するので、再設定が不要なのも嬉しいポイントです。

エアリゾーム-LEDキャンドルライト(1,950円)

蝋から透ける柔らかい光が部屋の雰囲気を高める
おすすめ商品!
ジャンル内で売れています!

本物の蝋を使ったキャンドルで、かすかに蝋の香りを感じながら揺らぐ光を楽しむことができます。LEDが表現するキャンドルは、まるで本物の炎のようなリアルな揺らめきがポイント。気持ちを落ち着かせリラックスさせるといわれる炎の揺らぎで一層ムードを高めてくれるでしょう。

中の電球には長く使っていただけるようにあらかじめLED電球が使用されているのも嬉しいポイント。触れても熱くなく、万が一ペットが倒しても安心です。リビングのテーブルに置いたり、インテリア雑貨と組み合わせて周りを照らしたりと好みの配置が選べるのも嬉しい。

Manolla-LED FLOOR LIGHT(25,580円)

携帯アプリからもライトの調光調節が叶う螺旋状フロアライト

照明の魅力を感じさせる螺旋状のフロアライト。美しく流れるような螺旋が幻想的な光の陰影を表します。156㎝の存在感のある高さは、部屋の中で存在感を放ちながら部屋を美しく彩ってくれるでしょう。無段階で明るさや色温度を調整できるのもポイントです。

手元でリモコン操作ができるだけでなく、専用アプリを使えばBluetooth経由で操作も可能。電球の色の切り替え、電球色の調整、スリープモードなど幅広い機能で部屋の雰囲気を自在に変えることができます。スタイリッシュでおしゃれな間接照明が欲しい人におすすめです。

一人暮らし間接照明の電気代はどのくらい?

LEDタイプなら1時間の電気代は1.29円ほど

間接照明も電力を消費するものなので、電気代がどのくらいかかるかを事前に考慮して選ぶようにしましょう。特に複数の間接照明を使うなら、照明の数だけ消費電力が必要なので電気代も高くなります。一般的に間接照明に使われる電球の消費電力は60W程度。たとえば間接照明を5時間点灯すると1日約8.1円ほどになります。

電気料金を安く抑えたいならLED電球がおすすめ。LEDタイプの電球は、47W程度の消費電力なので5時間点灯すると6.3円ほどと少し安くなります。LED電球は初期費用は普通の電球よりも掛かりますが、交換がほとんど不要なのと毎日の消費電力の節約でお得に使うことができます。調光機能などが付いているものもあり機能的に使えるでしょう。

まとめ

暖かい電球色でリラックスできる空間を作りを

大型家具を買い替えなくても間接照明を取り入れれば、部屋の雰囲気がガラッと変わってよりおしゃれな空間へと格上げすることができます。間接照明を取り入れるなら、部屋の中で陰影や奥行きを感じさせるスポットタイプがおすすめ。壁に向かって照らせば間接照明だけの光で過ごしやすくなります。今回は、一人暮らしにおすすめの間接照明について人気のブランドを挙げながらおすすめ商品をご紹介しました。是非みなさんも自宅をより快適なリラックス空間にする間接照明を選んでくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*