おすすめの充電池人気比較ランキング【パナソニックのエネループも】

ただ充電するだけで繰り返し使うことができる充電池。何個か持っておけば、ちょっとした電池切れにも店に買いに行く必要がありません。ただ、それぞれの機器に適した充電池があり、どれでもいいわけではないのが注意点です。そこで、今回はおすすめの充電池について、ランキング形式で詳しく解説していきます。おすすめのブランド・メーカーも合わせて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

充電池とは

充電するだけで繰り返し使える電池

充電池とは、専用の充電器を使って充電することにより、繰り返し使える電池です。何個か持っておけば、わざわざ電池を買いに行ったり、ストックしたりする必要がなくなります。頻繁に使う単3や単4は持っておくととても便利ですよ。

ゴミが出なくてコスパに優れている

充電池は繰り返し使うことができるので、電池が切れるたびに捨てる必要がありません。そのため、すぐにゴミにならないので、エコなアイテムとしても注目されています。また、コストパフォーマンスにも優れていますよ。

充電池の種類

ニッケル水素電池

家庭用としては最も一般的な電池

リモコンなどの普段使いの家庭用機器に使いたいのであれば、ニッケル水素電池から選ぶのが良いでしょう。現在充電池の多くがニッケル水素電池であり、さまざまな機器に使うことができます。大量に電力を使う機器でない限り、ニッケル水素電池で十分でしょう。

リチウムイオン電池と比べ、リーズナブルな価格で購入することができ、4本で1000円から2000円程度で購入することができます。まずはニッケル水素電池からチェックすることをおすすめします。リモコン以外にも、ヘッドホンやシェーバー、ノートパソコンなどに使えますよ。

リチウムイオン電池

大容量・大電流で使うことができる

ニッケル水素電池と比べ、リチウムイオン電池は約3倍もの電圧があるのが特徴です。その分価格も約2倍から3倍ほど高くなってしまいますが、ニッケル水素電池よりも性能に優れています。大きな電力を持っていながらも非常に軽いというのも魅力です。

また、リチウムイオン電池は電池を使い切らずに充電しても悪影響を及ぼさないという特徴もあります。一般的にはメモリー効果という最大容量が小さく記憶されてしまうケースが多いですが、リチウムイオン電池なら問題ありません。デジタルカメラなどにおすすめです。

充電池の選び方

形状・サイズで選ぶ

大手メーカーのサイズが最も一般的で安心

特殊な機器を除き、充電池を選ぶ際は大手メーカーから選んでおくと、安心です。パナソニックなどの大手メーカーは、しっかりとサイズも守られて作られています。ちなみに、単3形のサイズは直径14.5mm、高さ50.5mmで、単4形は直径10.5mm、高さ44.5mmです。初めての人は大手メーカーから購入するのがおすすめです。

稀に長かったり、太かったりするケースも

ごく稀にですが、充電池が長かったり太かったりするケースもあります。単3形対応の機器にもかかわらず、単3形の電池が入らなかったということも。その場合は、機器のサイズによる不具合に加え、充電池のサイズが表記と違っていることがあります。大手メーカーから選んでおけば、その点は安心といえるでしょう。

バッテリー容量で選ぶ

消費電力が少ない機器に使うならスタンダードタイプ

スタンダードタイプは消費電力が少ない機器に使うのにおすすめです。ハイエンドタイプと比べ、充電容量は小さくなっていますが、消費電力が少なければ問題ありません。消費電力が少ない機器にはリモコンや目覚まし時計などが挙げられます。充電容量でいうと、単3形で1000mAhから2000mAh、単4形で700mAhほどがスタンダードタイプです。

ハイエンドタイプは消費電力の大きい機器にも対応できる

ラジコンやデジカメ、電子辞書などの消費電力が大きい機器に使う場合は、ハイエンドタイプがおすすめです。ハイエンドタイプは充電容量が2100mAhを超えているものが多く、常に電力を消費したり、瞬発的にパワーが必要だったりする機器にも十分使えます。スタンダードタイプと比べ、電池を交換する頻度も格段に減らすことができますよ。

充電回数で選ぶ

単3は1000mAh、単4は750mAh以上を目安に

充電池には、それぞれに最小容量が記載されています。最小容量が大きけば大きいほど、電池が長持ちして充電頻度を減らすことができます。最小容量が小さいタイプは安く手に入れることができてお得に感じやすいですが、何度も充電しなくてはいけません。多少高くなってしまったとしても、単3の場合は1000mAh以上、単4の場合は750mAh以上から選ぶのがおすすめです。

同じ容量の場合は充電可能回数が多い電池を

もし電池の容量が同じなら、充電可能な回数をチェックするようにしましょう。充電池は繰り返し充電して使えるのが特徴ですが、寿命は充電を繰り返していくうちに縮まってしまいます。単3の場合、約1000mAhは3500回から5000回、約2000mAhは1800回から2000回、2000mAh以上は300回から500回が充電可能回数の目安になります。

機能で選ぶ

安全性を重視するなら液漏れ防止設計

乾電池が内部で液漏れすることがあるのと同様、充電池も液漏れしてしまう可能性があります。内部で液漏れすると、電池の寿命が縮まってしまうことも。液漏れ防止設計になっている充電池の方が、より安心して使うことができますね。また、液漏れを防ぐためにも、火気の近くや湿度の高い場所に置くのは避けましょう。

長く使い続けたいなら自然放電を抑えているタイプ

充電池は使っていなかったとしても、時間の経過とともに自然に放電されてしまいます。最小限に自然放電を抑えているタイプは、長く使い続けることができます。何年後でも、これぐらいの容量がキープできると記載されている充電池も多いので、長く使い続けたいならチェックするようにしましょう。保存用で頻繁に使わないという人にもおすすめすることができます。

充電池のおすすめブランド・メーカー

エネボルト

大容量タイプが圧倒的な人気を集めている

エネボルトはコストパフォーマンスに優れた高品質な充電池を販売しています。特に大容量タイプは多くの人から支持されていて、充電池においては圧倒的な人気を集めています。初めて購入する人にもおすすめです。

パナソニック

高品質で安全性の高いエネループが人気

パナソニックは言わずと知れた大手メーカーで、特にエネループという充電池が人気です。自然放電も最小限に抑えているため、10年近く使い続けることもできるでしょう。大手メーカーならではの高い安全性も魅力です。

ロワジャパン

バッテリー専門ならではの高機能

ロワジャパンの充電池はメモリー効果が少ない作りになっていて、長く使い続けることができます。たとえ充電を繰り返したとしても劣化が少ないのが特徴です。アフターサポートが充実しているのも魅力です。

日本トラストテクノロジー

エネロングやプールが高性能で魅力的

日本トラストテクノロジーは、約1000回も使えるというエネロングが人気です。最近はエネロングの後継モデルとして登場したプールも、合わせて高い人気を誇っています。リーズナブルな価格で購入することができますよ。

おすすめ&人気の充電池ランキング

ニッケル水素電池でおすすめの充電池

エネボルト-充電池 単3 8本セット(1,580円)

2150mAhという大容量

累計販売数54万本も突破しているエネボルトの充電池です。およそ1000回も繰り返し使うことができ、1回当たりの使用料は0.185円です。財布にも、環境にも優しい電池になっていて、多くの人におすすめすることができます。

電池容量は2100mAhという大容量タイプで、旧モデルの2000mAhよりもパワーアップ。デザインもスタイリッシュに仕上がっています。使用開始日を記入できる場所があるのも嬉しいポイント。

日本トラストテクノロジー-プール充電池 単3形 8本セット(1,580円)

ストックが少なくても済む大容量

約1000回も繰り返し使うことができる日本トラストテクノロジーの充電池です。1回の充電にかかる電気代も約0.2円になっていて、非常に経済的といえるでしょう。ストックを少なく抑えた人におすすめですよ。

すぐにゴミにもならないため、環境に優しいですね。おもちゃや電動歯ブラシ、マウスなどに使用することができます。カラーはホワイトをはじめ、ターコイズやクリムゾン、モスグリーンなどが用意されていますよ。

エネボルト-充電池 単3 8本セット(2,690円)

3000mAhという圧倒的な容量が魅力

3000mAhという圧倒的な容量を誇るエネボルトの充電池です。約1000回も繰り返し使うことができ、累計販売数は16万本を突破しています。1回使用当たりの電気代は0.298円という安さも魅力です。

デジカメやストロボ、シェーバー、ワイヤレスマウスなどさまざまな機器に使うことができます。一般的な充電池と比べ、圧倒的な容量が嬉しいですね。自然放電も少なくなっているので、初めての人にもおすすめです。

パナソニック-EVOLTA単3形充電池 4本パック(915円)

繰り返し使用可能回数が約4000回

繰り返し使用できる回数が約4000回というパナソニックの充電池です。電池容量は1000mAhで、どちらかというとお手軽なモデルです。充電しておけば、およそ1年後でもすぐに使うことができるのも嬉しいですね。

家庭で使う機器の多くに対応、特に消費電力が少ない機器におすすめすることができます。液漏れ防止製法も採用していて安心なこともポイント。マイナス20度でも使うことができるので、寒い地方の屋外での撮影などにも使えますね。

日本トラストテクノロジーエネロング
9V角型ニッケル水素充電池 2本パック
(1,762円)

自然放電が少なく、パワーが長持ち

自然放電が少ない日本トラストテクノロジーのニッケル水素充電池です。時間の経過とともに放電してしまうことが多い中で、半年後で約85パーセント、1年後でも約80パーセントという高いキープ力を誇ります。長期間保管しておきたい人にもおすすめです。

また、メモリー効果が少なくなるように作られているため、継ぎ足し充電も可能。約500回繰り返し使うことができますよ。使い捨てタイプよりもはるかに経済的で、地球にも優しい充電池といえるでしょう。

スタンダードタイプでおすすめの充電池

富士通-ニッケル水素電池単3形 4個パック(892円)

手軽に使えるスタンダードモデル

大手メーカーの富士通から出ているニッケル水素の充電池です。4個入りで900円を切っていて、リーズナブルな価格で購入することができます。お手頃価格で入手できるので、初めて充電池を購入する人にもおすすめできます。

価格と性能が非常にバランスのいい充電池です。安全性や機能性においても使い勝手がいいですよ。安定性や使いやすさに優れていて、長く使い続けたいという人にもおすすめです。

エネボルト-単3×8本 充電器セット(3,690円)

すべてが揃ったお得なスターターセット

充電器もセットになったお得なエネボルトの充電池です。容量は2150mAhという高さを誇る単3形に、充電器をセット。シリーズ累計147万本を突破している人気シリーズで、満足度が高いですよ。

自然放電も非常に少なく、たとえ3年後であっても約80パーセントという高いキープ力を誇ります。後で充電器を買い足す必要もないので、初めて購入する人におすすめすることができます。別々で買うよりもお得感がありますね。

R-MART-単3形ニッケル水素充電池 8本セット(1,120円)

放電が少なく、残量が長時間維持される

2000mAhという高容量タイプの充電池です。約1000回も繰り返し使うことができ、自然放電が少なくなっているのも特徴です。1年後で85パーセント、3年後でも75パーセントの残量を維持します。長く使い続けたい人にもおすすめできますね。

リーズナブルな価格で購入することができるのも魅力。1本当たり約140円という破格の安さになっています。充電池を使用したいときにすぐに使えるタイプとしては非常に安いといえるでしょう。安全性が高いのも魅力です。

ロワジャパン-単3形充電池(979円)

1本から購入可能な大容量

1本から購入することができるロワジャパンの充電池です。容量は1900mAhもあある大容量タイプで、約1200回繰り返し使うことができます。多くの商品がセット売りの中で、1本から購入できるのも大きな魅力といえるでしょう。

低自己放電を採用することにより、1年経過したとしても80パーセント以上の容量を維持することが可能に。メモリー効果も少なくなっているので、安心して継ぎ足し充電もできます。充電状況を示すディスプレイがついているのも魅力ですよ。

単4タイプでおすすめの充電池

エネボルト-充電池 単4 8本セット(1,180円)

約1000回も繰り返し使うことが可能

高い販売数を誇るエネボルトの充電池です。旧モデルよりもシンプルでスタイリッシュなデザインになっていて、おしゃれに使うことができます。容量は950mAhもありながらも、1本当たり170円という破格さです。

約1000回も繰り返し使うことができ、地球や環境にも配慮した充電池になっています。1回当たりの使用料は0.125円なので、使い捨てタイプよりも経済的ですね。デジカメや電動歯ブラシ、ゲームリモコンなどに使う方におすすめですよ。

パナソニック-エネループ充電池単4形8本(2,900円)

10年後でもすぐに使えるタイプ

自然放電を最低限に抑えているパナソニックの充電池です。自然放電を徹底的に抑制しているため、1年後でも約90パーセントという高い残量を誇ります。10年後でもすぐに使えるほどに抑えているので、保管用としてもおすすめです。

低温特性にも優れていて、マイナス20度という過酷な場所でも使うことができます。持ち運びに便利なケースがついているのも嬉しいポイント。長く使い続けたい人にも、初めて充電池を購入する人にもおすすめすることができます。

iieco-充電池 単4 8本セット(1,050円)

収納ケース付きのエコな充電池

充電器もセットになった充電池です。1000mAhという高い容量を誇っているのが特徴で、約500回も繰り返し使うことができます。非常に使い勝手のいい充電池で、地球や環境にも配慮していて、エコな電池といえるでしょう。

充電池はゴミにもならず、何度も使えるのが魅力です。ストックとしても旅行などに持って行く携帯用としても良いでしょう。ラジカセやおもちゃ、デジカメなど、頻繁に使う機器にも使いやすいですね。

Yoijimu-ニッケル水素充電池単4形(1,595円)

1年後でも85パーセントの貯留率

自然放電が少ない充電池で、1年後でも85パーセントという高い貯留率を誇るのが特徴です。長く使い続けたい人におすすめすることができるタイプです。約1000回も繰り返し使うことができ、非常に経済的といえる充電池です。

充電器もセットになっているので、手にした日から使いはじめることができます。単3形と単4形を同時に充電することができるのも嬉しいポイント。充電完了を知らせる機能もついていて、非常に使いやすいですよ。

富士通-単4形充電池4本(1,239円)

マイナス20度の低温でも使うことができる

大手メーカーである富士通から出ているパワフルな高容量タイプの充電池です。デジカメやシェーバー、懐中時計などの幅広い機器に使えるのが特徴です。家庭用に充電池がほしい人におすすめで、保管用としても問題ありません。

スタンダードなタイプと比べ、約1.3倍も長持ちするので、電池を交換する手間を省くことができます。プロのカメラマンでも十分使うことができるでしょう。マイナス20度でも問題なく使えるほどに高品質な充電池です。

まとめ

長く使えて安全性の高い充電池がおすすめ

充電池の選び方とおすすめを紹介しました。せっかく充電池を買うのなら、長く使い続けられるタイプが良いですね。また、液漏れなどの安全性も忘れずにチェックするようにしましょう。ぜひ自分に合った充電池を見つけてください。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*