おすすめのハイチェア人気ランキング!【赤ちゃんの食事に】

離乳食やおやつを食べる時など、赤ちゃんとの生活の色々なシーンでベビーチェアが活躍しますよね。もし自宅の食卓がダイニングテーブルの場合は、赤ちゃんが大人と同じ目線で過ごせるハイチェアがおすすめですよ。ハイチェアには数え切れないほどの種類があるので、どのハイチェアを選べば良いのか迷ってしまう人も多いはずです。そこで今回はハイチェアのおすすめ人気ランキングを紹介します。ハイチェアを選ぶ時の大切なポイントもお話しするので、ぜひ参考にしてください。

ハイチェアとは?

脚が長く座面の位置が高いベビーチェア

赤ちゃんのベビーチェアには「ローチェア」と「ハイチェア」2種類あります。ローチェアは赤ちゃんの足が床に届くくらい背が低いベビーチェアで、食卓がローテーブルの場合におすすめです。一方ハイチェアは脚が長く座面の位置が高いベビーチェアで、ダイニングテーブルで使いやすいです。最近はダイニングテーブルの家が多いので、ハイチェアが多く使われていますよ。ハイチェアは、赤ちゃんの腰が座る生後6ヶ月から5歳頃まで使うのが一般的です。

ハイチェアの特徴

大人と同じ目線で座ることができる

背が高いハイチェアの魅力は、大人と同じ目線で赤ちゃんが座れるところです。大人と同じ高さで座ることができるので、赤ちゃんがパパやママの顔を見ながら食事をすることができます。赤ちゃんがダイニングチェアの高さで座れるので、大人が食事をしながら赤ちゃんに離乳食を食べさせてあげることもできますよ。また、背が高いハイチェアは赤ちゃんが自分で降りることができないので、食事の途中で椅子から離れてしまうことがないのも利点ですね。

転倒の危険が少ない

座面が高いハイチェアは、赤ちゃんの足が床につくローチェアよりも危ないのではと思っている人も多いですよね。実は安全にこだわりたい人にもハイチェアはおすすめですよ。ハイチェアはベルトやテーブルが付いているものが多く、赤ちゃんの姿勢を固定できるので赤ちゃんが椅子から落下してしまう危険は少ないです。また、ローチェアは赤ちゃんが床を蹴って後ろにひっくり返ってしまうことがありますが、足が床に届かないハイチェアは転倒してしまう心配がありません。ハイチェアはローチェアよりも重さがあるので、赤ちゃんが暴れても倒れにくいです。

ハイチェアの種類

木製

しっかり安定して座ることができる

ハイチェアは、大きく木製とプラスチック製の2種類に分けることができます。木製のハイチェアのメリットは、丈夫で耐久性があるので長く使い続けることができるところです。木製のハイチェアは重量があるので、座り心地に安定感があるのも魅力ですね。

ナチュラルで温かみのある木製のハイチェアは自宅のインテリアにも合わせやすい特徴があります。ダイニングテーブルは木製であることが多いので、色味を合わせればきれいに馴染みますよ。木製のハイチェアは安定性が高い分、移動させる時に少し重いのがデメリットです。いつも決まった場所でハイチェアを使う場合は安定感のある木製は使いやすいです。

プラスチック製

軽くて持ち運びがしやすい

プラスチック製のハイチェアは軽いので、移動させる時に片手でサッと持てるところがメリットです。手軽に移動させることができるの、自宅の色々な場所でハイチェアを使いやすいですよ。軽いので子供が成長すれば自分で移動させることもできます。

プラスチック製のハイチェアは食べ物や飲み物をこぼしても、きれいに拭き取りやすいのもメリットです。木製は汚れが染み付いてしまうことがありますが、プラスチック製の場合は汚れが染み付いてしまうことがありません。木製のハイチェアに比べると耐久性が弱いのがデメリットですが、使わなくなった時の処分が簡単です。

ハイチェアの選び方

安全性で選ぶ

テーブルが体にフィットすれば抜け出しを防げる

ハイチェア選びで最も大切なのが、安全に使えるかどうかです。ハイチェアを使っている時に注意したいのが、抜け出しや立ち上がりによる落下です。テーブル付きのハイチェアは抜け出しや立ち上がりを防ぎやすいですが、その中でも赤ちゃんのお腹とテーブルの間に隙間ができないものがおすすめです。隙間がなければ赤ちゃんの姿勢を固定することができるので、より安全に使えますよ。背もたれとテーブルの距離が短いものや、テーブルの位置を調整できるハイチェアは隙間ができにくいです。余計な隙間がなく赤ちゃんの姿勢を固定できるハイチェアは、赤ちゃんがリラックスできるので食事に集中しやすいのも利点です。

より安全なのは腰ベルト付きのハイチェア

安全性にこだわるなら、やはりおすすめなのが安全ベルトが付いているハイチェアです。赤ちゃんがテーブルの下からすり抜けるのを防ぐ股ベルトが付いているハイチェアは多いですが、股ベルトは立ち上がりを防ぐことができません。赤ちゃんの抜け出しも立ち上がりも防ぎたいなら、股ベルトだけではなく腰ベルトも付いているハイチェアがおすすめですよ。腰ベルトがあれば、赤ちゃんが自由に動けないので落下の危険をより回避できます。

便利な機能で選ぶ

成長に合わせて高さ調節が可能なら長い期間使える

せっかくハイチェアを買ったなら出来るだけ長く使いたいですよね。ハイチェアは大きいので、子供が使えなくなったら家の中で邪魔になりやすいです。そこでおすすめなのが、座面と足場の高さ調節ができるハイチェアです。細かい高さ調節ができるハイチェアなら、子供の成長に合わせて長く使いやすいですよ。小学校低学年まで使えるハイチェアも多いです。ハイチェアを長く使うことを考えているなら、耐荷重もしっかり確認しましょう。中には大人でも座れる耐荷重が90kgくらいのハイチェアもあります。

折り畳みが可能なら使わない時は収納できる

自宅にスペースがあまりない場合は、おすすめなのが折り畳みができるハイチェアです。折り畳みができればハイチェアを使わない時は、家具などの隙間に収納ができるので便利です。重量がある木製のハイチェアでも折り畳みができれば持ち運びもしやすいですよ。また、折り畳み式のハイチェアは折り畳まれた状態で箱に入っているので、面倒な組み立ての必要がないのも魅力です。

お手入れのしやすさで選ぶ

サッと汚れを拭き取れる防水加工がおすすめ

毎日使うハイチェアはお手入れのしやすさも大切なポイントですよね。赤ちゃんは大人と違って上手に食事ができないので、ハイチェアはどうしても汚れます。汚れが付いてもサッと拭き取ることができるハイチェアはお手入れが簡単なので、ダイニングテーブルを拭く時に一緒に掃除しやすいですよ。防水加工が施されているハイチェアはジュースをこぼしても汚れを拭き取りやすく、汚れが染み付いてしまうこともないので清潔に使いやすいです。

汚れやすいテーブルはカバー付きが便利

ハイチェアの中でも最も汚れることが多いテーブルは、いつも清潔に使いたいパーツです。テーブルの取り外しができるハイチェアが多いですが、安全のために簡単にテーブルを取り外すことはできないので食事の度に外すのは面倒ですよね。そこで便利なのが、テーブルカバー付きのハイチェアです。ハイチェアの中にはプラスチック製にテーブルカバーが付いているものがあり、装着も取り外しも簡単にできるので毎日きれいに洗うことができますよ。

ハイチェアのおすすめブランド・メーカー

LOWYA(ロウヤ)

成長に合わせて形を変えて使えるハイチェア

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

ロウヤのハイチェアはデザイン性と機能性に優れているのが魅力です。成長に合わせて形を変えられるのが特徴で、一人座りできるようになった生後6ヵ月の赤ちゃんから大人まで使うことができますよ。シンプルなデザインでインテリアにきれいに馴染むので、長く使いやすいハイチェアです。

大和屋

カラフルで可愛いハイチェア

大和屋には3つのシリーズのオリジナルハイチェアがありますが、なかでも人気が高いのがアッフルチェアです。アッフルチェアはマカロンのような可愛いパステルカラーのハイチェアで、食卓を明るく彩ってくれますよ。股ベルトと赤ちゃんの体にフィットしやすい安全バーが付いているので、安全性にも優れているハイチェアです。

ベビービョルン

テーブルがお腹にしっかりフィットするハイチェア

ベビービョルンのハイチェアは安全性にこだわっているのが特徴です。ベビービョルンのハイチェアはテーブルを前後にスライドすることができるので、赤ちゃんのお腹にフィットさせることができます。テーブルとの間に余計な隙間ができないので、立ち上がりを防ぐことができますよ。

KATOJI(カトージ)

豊富な種類から自宅に合うハイチェアを選べる

カトージはハイチェアの種類が多く、デザインも機能も自宅に合わせて選ぶことができますよ。中でもおすすめなのが、テーブルから簡単に取り外せるトレイが付いているハイチェアです。食事で汚れてしまってもすぐに洗えるので、毎日清潔にハイチェアを使うことができますよ。

ニトリ

シンプルデザインが食卓で使いやすいハイチェア

ニトリのハイチェアは木製でダイニングテーブルに合わせやすいデザインなので、食卓にきれいに馴染みます。折り畳みができるハイチェアと細かい高さ調節ができるハイチェアの2つのタイプがありますよ。高さ調節ができるハイチェアは、デザインがとてもシンプルなのでインテリアとしても使いやすいです。

IKEA

持ち運びと組み立てが簡単にできるハイチェア

イケアのハイチェアは持ち運びがしやすいのが特徴です。プラスチック製のチェアとスチール製の脚でとても軽く、ハイチェアの中では部品の数が少ないです。部品数が少ないため組み立てもとても簡単ですよ。安全ベルトが付いているハイチェアなので、安全性にも優れています。

西松屋

ポップなデザインが可愛いハイチェア

子供が喜びそうなカラフルでポップなデザインが特徴的なハイチェアです。テーブルの位置を調節することができるので、赤ちゃんとの間に余計な隙間を作りにくいのが利点です。使わない時はコンパクトに畳むことができる上に、汚れがついたらサッと拭き取りやすいハイチェアです。

おすすめ&人気のハイチェアランキング

おしゃれでおすすめのハイチェア

LOWYA(ロウヤ)-ベビーチェアセット ハイタイプ(46,980円)

様々な形で使うことができるハイチェア
おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

ナチュラルなデザインがおしゃれで可愛いハイチェアです。ベビーチェアとキッズチェアがセットになっていて、生後6ヶ月から2歳頃まではキッズチェアにベビーチェアを取り付けて使います。2歳を過ぎてベビーチェアが必要なくなったら、取り外してキッズチェア単体で長く使うことができますよ。

座面と足場の高さの調節ができるので、子供の成長に合わせて使いやすいです。耐荷重が100kgなので大人も座ることができますよ。ロウヤのハイチェアの面白いところが椅子としてだけではなく、木馬としても使えるところです。耐荷重が100kgあるので大人も一緒に木馬を楽しめます。木材の表面を樹脂で覆っているので、汚れが染み付きにくいのも利点ですね。

大和屋-アッフルチェア(19,800円)

食卓が明るく華やぐパステルカラーのハイチェア

ミルクを混ぜたようなパステルカラーのデザインで人気が高いハイチェアです。ナチュラルな木目デザインとパステルカラー5色の計6つのデザインから選ぶことができますよ。優しい色味なので、どのデザインもインテリアに合わせやすいです。アッフルチェアの魅力はもちろん色が可愛いだけではありません。

ハイチェアの保護バーが赤ちゃんのお腹にフィットしやすいデザインになっているので、立ち上がりや抜け出しを防ぎます。座面と足場の高さ調節が細かくできるので、いつも足をしっかりつけて食事をすることができます。耐荷重が70kgなのでキッズチェアとしてはもちろん、大人用の椅子としても使えますよ。

ストッケ-トリップトラップ(30,250円)

新生児から大人まで使えるハイチェア

北欧生まれの子供家具ブランドであるストッケのハイチェアです。シンプルな形のハイチェアですが、別売りのアクセサリーを一緒に使うことで様々な使い方をすることができますよ。生後6ヶ月頃から3歳くらいまでは、お座りをしっかり支えてくれるベビーセットとハーネスを一緒に購入するのがおすすめです。

ストッケのトリップトラップの特徴的なところが、別売りのニューボーンセットを取り付ければ新生児から使えることです。大人も座ることができるので、新生児から大人になるまで長く使い続けることができますね。成長に合わせて座面と足場の奥行きを調節できる形なので、正しい姿勢でリラックスして座ることができるハイチェアです。

KATOJI(カトージ)-プレミアムベビーチェア マミー(10,860円)

高さ調節が5秒でできるハイチェア

座面と足場の高さ調節が工具不要で簡単にできるハイチェアです。クリップを押しながら板を手前に引いて、カチッと音がするまで差し込むだけで簡単に高さ調節ができますよ。座面が3段階、足場が5段階の高さ調節が可能なので成長に合わせて手軽に調節ができます。

高さ調節が簡単ですが、クリップが溝にしっかり固定されていてずれないので安心して使えます。赤ちゃんのお腹にフィットしやすい保護バーもついています。テーブルには簡単に取り外せるカバーもついているので、食事で汚れてもすぐに洗うことができますよ。ハイチェアの脚にプラ素材の安定盤がついていて、床が傷つきにくいのも利点です。

ストッケ-ストッケクリック(21,780円)

忙しいママを楽にしてくれるハイチェア

1分で組み立てができるハイチェアです。工具を使わずにパーツをカチッと音がするまで差し込むだけで組み立てられるので、女性でも簡単にできます。重さが約3.7kgで軽いので、床掃除の時やハイチェアを移動させる時も片手で持ち上げられますよ。

お手入れも簡単にできるハイチェアです。接続部分が少なく表面がスムーズなので、ハイチェア全体を拭き取りやすいです。赤ちゃんの安全を守ってくれるハーネスは取り外しが簡単にできて、洗濯機で洗うことができますよ。取り外しができるテーブルは食洗機に対応しているので、清潔に使いやすいです。

ニトリ-フリーチェア(10,175円)

ダイニングテーブルのデザインに合わせやすい

天然木のシンプルなデザインが特徴的なハイチェアです。ハイチェア全体がダイニングテーブルによく使われるような色味なので、自宅のインテリアに合わせやすいです。大人まで使うことができるハイチェアなので、飽きにくいシンプルなデザインは魅力ですね。

シンプルなデザインのハイチェアですが、落下防止ガードと足場がちゃんとついているので安定して座ることができます。座面と足場の高さ調節を細かくできるので、身長に合わせて細かい調整ができますよ。なめらかな手触りの天然木は汚れを拭き取りやすく、お手入れもしやすいです。

折りたたみでおすすめのハイチェア

ベビービョルン-ハイチェア(33,000円)

隙間を作らずぴったり座れるハイチェア

ハイチェアによる事故の9割は立ち上がりが原因で発生しますが、ベビービョルンのハイチェアは立ち上がりを防ぎます。ベビービョルンのハイチェアはテーブルが安全バーとしての役割も果たしくれます。テーブルが前後にスライドすることで、赤ちゃんのお腹にフィットして余計な隙間を作りません。

座面も余計な隙間ができない作りになっているので、立ち上がりや抜け出しの心配がありません。姿勢を固定してくれますが、赤ちゃんが楽に座れる作りになっているハイチェアなので食事に集中するようになったという声が多いです。テーブルには食洗機で洗えるカバーが付いているので、お手入れも簡単ですよ。

KATOJI(カトージ)-木製ワイドハイチェア(8,739円)

クッション付きで柔らかい座り心地

赤ちゃんが心地よく座ることができるクッション付きのハイチェアです。最初からクッションが付いているので買い足す必要がありません。座面のクッションは汚れが付いたらサッと拭き取るだけなので、外して洗うような手間もありませんよ。

足場の高さ調節が4段階でできるので、足をしっかりつけて集中して食事ができます。股ベルトだけではなく腰ベルトもついているので、立ち上がりや抜け出しをしっかり防げます。35cmのワイド幅で安定感もあるハイチェアなので、5歳くらいの幼児も座りやすいです。

大和屋-たためるベビーハイチェア(9,900円)

様々なインテリアに合わせやすいハイチェア

ナチュラルでシンプルな木目デザインがどんな部屋でも合わせやすいハイチェアです。ライトブラウンとダークブラウンとナチュラルの3種類があり、部屋の雰囲気に合わせて選べます。そのなかでも木目デザインが分かりやすいナチュラルは、白を基調としたインテリアに合わせやすいです。

簡単な操作で折り畳むことができるので、必要な時だけハイチェアを使いやすいです。折り畳んだ時の厚みが約25cmで、家具などの隙間に収納することもできます。ベルトを外せばテーブルを後ろに回転させることができるので、シーンに合わせて使いやすいですよ。

ニトリ-ハイチェア ハローダイアリーST5(9,156円)

場所がなくても使いやすいスリムなハイチェア

落ち着いた色味が特徴の天然木のハイチェアです。色の種類がライトブラウンとダークブラウンとミドルブラウンの3つあり、自宅のダイニングテーブルの色に合わせやすいのが利点です。ぬくもりのある木目デザインを楽しめるハイチェアですよ。

お腹と股の位置に転落防止用のベルトがついているので、立ち上がりや抜け出しを防ぐことができます。比較的スリムなデザインのハイチェアなので、スペースがあまりなくても使いやすいです。面倒な組み立ての必要がなく、テーブルをつけるだけで使えるので購入したらすぐに使えますよ。

低価格でおすすめのハイチェア

Kidzoo(キッズー)-ハイチェア(4,990円)

正しい姿勢をサポートするハイチェア

ハイチェアを小学生になるまで使うことを前提にしている人におすすめです。強度と耐久性に優れているハイチェアで、しっかりとした安定感があるので小学校低学年くらいまで使うことができます。長時間座っていても疲れにくいハイチェアなので、小学生のリビング学習にも使いやすいですよ。

子供の体型や身長に合わせて座面と足場の高さを調節できるので、正しい姿勢を無理なく習慣づけることができます。座面の向きを前後逆にすることができるのが特徴的で、子供の身長によりフィットさせて使うことができますよ。別売りで綿100%の北欧デザインの可愛いカバーがあるので、一緒に使えば汚れを防ぐことができます。

IKEA(イケア)-アンティロープ(4,169円)

洗練されたシンプルなデザインでおしゃれに使える

シンプルでスタイリッシュなデザインが人気のイケアのハイチェアです。インテリアに生活感を出したくない人におすすめですよ。プラスチック製のハイチェアでかなり軽いので、持ち運びがすごく楽です。シンプルな作りでパーツが少ないので、組み立ても簡単です。

テーブルも座面もプラスチック製なので、食べ物で汚れてもサッと拭き取ることができます。テーブルの縁が少し高くなっているので、ジュースをこぼしても床にこぼれにくいです。安全ベルトが付いている上に、足場がないハイチェアなので立ち上がりの心配がありません。

西松屋-スマートエンジェル ハイチェア(4,068円)

子供が喜ぶカラフルデザインが可愛い

カラフルな水玉デザインがポップで可愛いハイチェアです。水玉の他にブルーのサファリパーク柄もあるので、性別に合わせて選べます。チェア部分がポリ塩化ビニル製なので、汚れてもきれいに拭き取ることができますよ。約4kgで軽いので、持ち運びもしやすいです。

テーブルの位置を変えることができるので、赤ちゃんの体型に合わせてフィットさせやすいのが利点ですよ。股ベルトを外せばテーブルを後ろに回すことができます。ハイチェアを使わない時はコンパクトに折り畳めるので収納もしやすいです。

まとめ

姿勢を固定できるハイチェアがおすすめ

ハイチェア選びで最も重視したいのが、安全性です。テーブルや保護バーが赤ちゃんの体にフィットして余計な隙間ができないハイチェアは、姿勢を固定できるので安全に使えますよ。同時に、姿勢を固定できると赤ちゃんが快適に座れるので食事に集中しやすいメリットもあります。今回はハイチェアのおすすめ人気ランキングとハイチェアを選ぶ時のポイントについて紹介しました。ぜひ安心して使えるハイチェアを手に入れて、赤ちゃんと一緒に食事を楽しみましょう。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*