おすすめの腰痛対策マットレス人気比較ランキング!【エアウィーヴも】

朝起きた時に腰が痛くて起き上がれないことがありませんか。起きた時に腰が痛い場合、今使っている寝具が合っていない可能性が高いです。そんな時におすすめなのが、腰痛対策マットレスです。腰痛対策に効果的なマットレスは今腰痛で悩んでいる人にも、腰痛を予防したい人にもおすすめですよ。そこで今回は腰痛対策マットレスのおすすめ人気ランキングを紹介します。今お持ちのベッドマットレスと一緒に使える腰痛対策マットレスも紹介するので、ぜひチェックしてくださいね。

腰痛対策マットレスの特徴

睡眠時の腰にかかる負担を減らす

睡眠は体を休める時間ですが、実は腰に負担がかかりやすい時間でもあります。体の中でも腰のあたりは内蔵が多いので、体重の約半分くらいの重さが腰にかかると言われていますよ。ずっと同じ姿勢で寝ていると腰の同じ場所に長時間負担がかかり続けるので、寝返りで姿勢を変えることがとても大切です。ですが、マットレスによっては寝返りをしにくいものもあり、そのようなマットレスは腰にかなりの負担がかかってしまいます。腰痛に効果的なマットレスは寝返りを打ちやすい作りになっているので、長時間腰の同じ場所に負担がかかることを防いでくれます。

起きる時の腰の痛みも防ぐことができる

マットレスが自分の体に合っていないと、起きた時に腰が痛くて起き上がれないことも。特に腰が反っている人に多いのですが、腰とマットレスの間に隙間ができてしまうとマットレスが腰を支えることができないので腰痛を招きやすいです。また、逆に腰が沈み込んでしまうようなマットレスは腰にかかる負担が大きくなってしまうので、こちらも腰痛につながります。一言で腰痛対策マットレスといってもその人によって適しているものが異なるので、自分の体に合う腰痛対策マットレスで起きた時の腰の痛みを防ぎましょう。

腰痛対策マットレスの種類

ボンネルコイル

弾力があり耐久性が高い

マットレスには様々なクッション材が使われていますが、クッション材によって寝心地がかなり変わります。ボンネルコイルは渦巻き状のバネが鉄線で連結されている形のクッション材です。バネが連結されているため、体を面で支えることができます。

体を面で支えるボンネルコイルはしっかりした弾力があり、よく布団のような寝心地と表現されます。弾力があるのでマットレスとしての耐久性も高いですが、比較的低価格なところも利点です。寝返りによる振動が広範囲に伝わりやすいので、一人で使う場合におすすめですね。

ポケットコイル

点で支えるので2人でも使いやすい

ポケットコイルはひとつひとつのバネを袋で包んでいる形のクッション材です。ひとつひとつのバネが独立していて連結されていないので、体を点で支えることができます。体を点で支えてくれるので、一人一人の体の形にフィットしやすいのが利点ですよ。

体を点で支えることができるポケットコイルは、体にかかる圧を分散できるので腰痛対策マットレスとしても効果的です。寝返りによる振動が自分以外の場所に伝わりにくいので、二人でも使いやすいですよ。バネの密度が高いポケットコイルは耐久性にも優れています。

ウレタン

様々な使い方ができるマットレス

最近人気があるのがウレタン素材の腰痛対策マットレスです。低反発や高反発など反発力の種類が多いのが特徴で、好みの寝心地のマットレスを選びやすいのが特徴です。自分の体に合う反発力のものを選べば、腰痛にも効果的ですよ。

ウレタン素材の腰痛対策マットレスの特徴として、薄いタイプもあることがあげられます。ウレタンマットレスの多くは、現在使っているマットレスや敷布団と重ねて使うことができますよ。今使っているマットレスを買い替えるのが面倒な場合は、手軽に使いやすいウレタンマットレスがおすすめです。

腰痛対策マットレスの選び方

硬さで選ぶ

腰痛に適しているのは硬めの高反発

腰痛に効果的なマットレスを選ぶ時、とても大切なのが硬さです。マットレスには高反発で硬いものと低反発で柔らかいものがありますが、腰痛におすすめなのが硬めの高反発です。高反発のマットレスは体にかかる負担を分散しやすいので、低反発よりも腰にかかる負担が少ないですよ。また反発力が強い方が寝返りをスムーズにできるので、体の同じ場所に負担がかかり続けることを防いでくれます。

体重に合わせてN値を参考に細かい反発力を選ぶのがおすすめ

いくら高反発のマットレスがおすすめといっても、硬すぎるマットレスは腰痛にかえって逆効果です。また、体重によって適している硬さも異なるので、自分の体重に合う硬さのマットレスを選びましょう。マットレスの硬さはN(ニュートン)値という単位で表し、100N未満が低反発、100N以上が高反発と覚えておくと良いですね。体重が50kgから80kgの場合は150N位のマットレスが適していると言われています。体重が100kg以上ある場合は200N位のかなり高反発のマットレスが、体重が50kg以下の場合は100N位のマットレスがおすすめですよ。

マットレスの使い方で選ぶ

マットレスの上に載せるマットレストッパーなら今のマットレスと一緒に使える

腰痛対策マットレスの使い方で選ぶのもポイントです。もし今使っているマットレスを活かして使いたいなら、マットレスの上に敷くマットレストッパーがおすすめですよ。ベッドマットレスを買い替えるのは少しハードルが高いですが、マットレストッパーなら今あるマットレスの処分の必要もないので気軽に購入しやすいですよね。中には持ち運びができるマットレストッパーもあるので、旅行の時にも便利です。

敷布団として使うなら畳みやすい三つ折りが便利

腰痛対策マットレスをベッドではなく、敷布団として使いたい場合もありますよね。敷布団として腰痛対策マットレスを使うなら、三つ折りタイプが使いやすいです。三つ折りができる腰痛対策マットレスは持ちやすく押し入れにも収納しやすいので、出し入れが楽ですよ。腰痛対策マットレスを敷布団として使う場合は、畳みやすさや出し入れのしやすさを重視するのも大切なポイントです。

衛生面で選ぶ

カバー付きのマットレスは清潔に使いやすい

マットレスを洗濯することはできませんが、寝ている時はたくさん汗をかくのでどうしても汚れやすいです。清潔に長くマットレスを使うために、カバー付きの腰痛対策マットレスを選ぶのがおすすめです。カバーが付いていればこまめに洗濯することができるので、清潔に使える上にマットレス自体が汚れるのを防ぐこともできますよ。マットレスカバーは単体で販売されていますが、同じメーカーのマットレスカバーを使う方がサイズがフィットしやすいのでより快適に使いやすいです。

ファイバー素材のマットレスなら洗うことができる

より清潔にこだわりたい人におすすめなのが、ファイバー素材の腰痛対策マットレスです。ファイバー素材のマットレスはポリエチレン樹脂が繊維状に編まれているもので、通気性にとても優れているのが特徴です。ファイバー素材の腰痛対策マットレスの最大の特徴は水洗いができるところです。汚れが気になったら、浴室のシャワーなどを使って洗い流すことができますよ。水洗いをしてもマットレスとしての性能が落ちることもありません。水洗いできる上に通気性が良いのでカビやダニが発する心配がなく、アレルギーがある人にでも安心して使うことができます。

腰痛対策マットレスのおすすめブランド・メーカー

東京西川

一流アスリートも愛用しているマットレス

寝具の老舗ブランドといえば西川が思い浮かぶ人が多いですよね。東京西川で人気があるマットレスといえば「エアー」シリーズです。独自の凹凸構造が特徴的なエアーのマットレスは体圧分散性に優れ、自然な寝姿勢をキープしやすいのが魅力です。メジャーリーガーやプロサッカー選手など、有名アスリートに愛用されている腰痛対策マットレスですね。

air weave(エアウィーヴ)

通気性が良く水洗いできるマットレス

エアウィーヴは錦織圭さんや浅田真央さんなどのトップアスリートが愛用していることで知られる寝具ブランドですね。エアウィーヴ独自のエアファイバーのマットレスは体をしっかり支えてくれ、体の一部に負担が集中してしまうことがありません。ファイバー素材のマットレスなので、水洗いできるところも魅力ですね。

イッティ

雲の上に寝ているようなマットレス

ユニークなアイテムをたくさん生み出しているイッティのマットレスは、雲のやすらぎという名前が付いています。13層構造で27cmの分厚さがある極厚マットレスなのが特徴です。13層それぞれの素材が体にかかる圧を効率よく分散させるため、長時間使っても雲の上にいるかのように体が快適ですよ。

モットン

日本人の体型に合わせて作られたマットレス

モットンのマットレスは腰痛を徹底研究して作り出された、まさに腰痛対策マットレスですね。腰が気になる人を対象にアンケートを取ったところ、約94パーセントの人が腰の負担が気にならなくなったと回答していますよ。欧米人よりも筋力が弱い日本人の体に合うように作られているところもおすすめポイントですね。

おすすめ&人気の腰痛対策マットレスランキング

マットレストッパーとしておすすめの腰痛対策マットレス

air weave(エアウィーヴ)-エアウィーヴ シングル(66,000円)

自然な寝返りが楽にできるマットレス

ファイバー素材が人気のエアウィーヴのスタンダードモデルのマットレスです。エアウィーヴの独自技術で作られたエアファイバーによりあらゆる方向から体を支えることができるので、一部に負担が集中してしまうことがありません。肩の部分が柔らかめになっていることで、肩が楽な上に腰が支えられている感覚を味わえます。

エアウィーヴ独自のエアファイバーのマットレスは適度な反発力があり楽に寝返りができるので、腰痛予防に効果的です。自分の体の動きに合わせた自然な寝返りができるので、寝返りで起きてしまうこともありませんよ。樹脂製素材のマットレスなので、40度以下のお湯で水洗いができるのも魅力ですね。

東京西川-エアーレイヤー オーバーレイ シングル(77,000円)

98パーセントが空気の腰痛対策マットレス

東京西川の人気ブランドであるエアーシリーズのマットレストッパーは、98パーセントが空気層になっている点が特徴的です。波型ループ形状のポリエステル生地が4層構造になっていて、波型ループ構造のスプリング効果により体圧を分散します。硬めのマットレスで寝返りもしやすいですよ。

波型ループ構造のマットレスは空気の換気ができるので、内側に湿気がたまることがなく爽やかな寝心地を実現できます。空気層部分が多いマットレスなので、軽量で持ち運びがしやすいですよ。カバーだけではなく芯材も洗濯ができるので、お手入れがとてもしやすい腰痛対策マットレスですね。

air weave(エアウィーヴ)-エアウィーヴ S-LINE シングル(101,200円)

より腰に効果的なエアウィーヴ

エアウィーヴの中でも、腰部分へのサポートを強化している機能性モデルです。エアウィーヴのスタンダードモデルは、肩の部分が柔らかめで他の部分は標準の硬さになっています。それに対してS-LINEは、肩の部分が柔らかめで脚の部分は標準の硬さ、そして腰の部分はより硬めの作りになっていますよ。

肩の部分を柔らかめ、腰の部分を硬めにすることで、背骨のS字カーブを保つことができます。立っている時のようなS字カーブを保った姿勢で寝ることができるので、睡眠時にかかる腰への負担が減ります。肩の部分が柔らかめなので寝返りが楽にできるため、腰が気になる人でも快適な寝心地を実現できますよ。

ニトリ-低反発マットレス トッパー プレミアフィット2 シングル(15,176円)

吸い込まれるような優しい寝心地

低反発の沈み込むような感覚が好きな人におすすめの腰痛対策マットレスです。腰痛対策には高反発のマットレスがおすすめですが、低反発ならではの柔らかさが好きな人もいますよね。ニトリのプレミアフィットは、中央に硬質ウレタンを挟んだ3層構造になっているのが特徴です。

低反発ウレタンだけではなく硬質ウレタンも使用することで、体が沈み込み過ぎるのを防ぐことができますよ。低反発ウレタンが体との隙間を埋めてくれるので、反り腰の人でも快適な寝心地を実現できます。特に腰が反りやすい女性におすすめの腰痛対策マットレスですね。

エコラテ-エリート6cmトッパー シングル(9,990円)

オーダーメイドのような感覚で眠れる

部位によって凹凸の形が違うのが特徴的な腰痛対策マットレスです。頭、首肩、腰、臀部、膝、下肢部、踵の7つのゾーンで凹凸の作りが違うのが特徴的です。それぞれの部位に合う形状になっているので、体にかかる圧をしっかり分散したオーダーメイドのような感覚の寝心地を実現できますよ。

腰のくびれにぴったりフィットして隙間を作らないように適度に沈み込むので、腰に負担がかかりにくく快適に眠れます。多孔構造で通気性に優れているので、蒸れにくく爽やかな寝心地です。アレルギーがある人や敏感肌の人でも安心して使いやすい素材を使用しているところも魅力ですね。

air weave(エアウィーヴ)-エアウィーヴ スマート 025 シングル(27,500円)

気軽に試すことができるエアウィーヴ

エアウィーヴのマットレスの中でも、気軽に購入しやすい低価格モデルです。高品質の腰痛対策マットレスを試しに使ってみたい人におすすめのマットレストッパーですね。エアウィーヴのスタンダードモデルやS-LINEモデルは場所によって硬さが違いますが、スマートモデルは全て同じ硬さになっています。

エアウィーヴの中では低価格モデルですが、マットレスとしての品質は高いです。エアウィーヴ独自のエアファイバーは体圧分散性に優れているので、腰にかかる負担を軽減します。寝返りも楽にできる素材なので、お手持ちのマットレスに重ねれば寝心地がきっと快適ですよ。薄型で丸めることができるので、持ち運びにも便利です。

ベッドマットレスでおすすめの腰痛対策マットレス

東京西川-エアー ベーシックタイプ ベッドマットレス シングル(66,000円)

特殊な凹凸構造が体をしっかり支える

アスリートも愛用する東京西川のエアーシリーズの腰痛対策マットレスです。エアーシリーズのマットレスの特徴は特殊立体波形凹凸構造です。マットレス表面の数えきれない凹凸が体にかかる圧を分散し、凹凸部分の下にあるベース部が体をしっかり支えてくれます。

肩部分に格子状にクロスホールを4か所配置することで肩部のクッション性が高まって、より体にフィットしてくれます。通気性にも優れているマットレスで汗などの湿気が内にこもることがなく、汗でべたつくようなことがありません。今回紹介したのはベーシックタイプですが、より硬さがあるハードタイプもあるので体重に合わせて選べますよ。

イッティ-雲のやすらぎプレミアム シングル(39,800円)

雲の上にいるような快適な寝心地を実現

浮いているような寝心地と評判の腰痛対策マットレスです。腰や背中への負担を徹底研究していて、独自の体圧分散製法を採用しているのが特徴的です。5層構造のマットレスのうち中央のクッション材3層は、高反発スプリングマットを凹凸のあるアルファマットが上下で挟む構造になっています。

中央の高反発スプリングマットは、体を持ち上げるように支えて快適な姿勢を保つ役割を担います。スプリングマットの上の凹凸アルファマットは点で支える役割、下のアルファマットは点で逃がす役割を担っていますよ。3層のマットのそれぞれが役割を果たすことで、筋肉をリラックス状態にした理想の寝姿勢を実現しています。

東京ベッド-スーパーフィット(330,000円)

心地良い寝心地を追及したベッドマットレス

引越しなどでベッドを新調する場合、せっかくなら上質なベッドマットレスが欲しいですよね。上質な腰痛対策マットレスが欲しい人におすすめなのが、東京ベッドのスーパーフィットです。腰痛には柔らかいマットレスは不向きですが、体が包み込まれるような柔らかさは心地良いですよね。東京ベッドのスーパーフィットは心地良い柔らかさも実現しているマットレスです。

東京ベッドのスーパーフィットは体の重量バランスを考えて、重心がかかりやすい臀部や腰部を硬めに設定しています。そのため、臀部や腰が沈み込み過ぎることがなく理想のS字ラインを作ることができます。そしてマットレスの表層はピロートップで仕上げているので、体を包み込むような柔らかい寝心地を実現しています。心地よい柔らかさと理想的な寝姿勢の両方を実現できるマットレスですよ。

タンスのゲン-純高反発マットレス(4,999円)

低価格で購入できる腰痛対策マットレス

約5千円で購入ができるリーズナブルなベッドマットレスです。値段は安いですが、体に負担がかからないようにこだわって作られている腰痛対策マットレスです。準高反発という名前が付いているのが特徴的で、優れたクッション性と復元性を兼ね備えていますよ。

手で強く押してもすぐに形が戻る復元力により、寝返りを楽に行うことができます。体が沈み込み過ぎることがなく、背中のS字カーブにマットレスがフィットして理想的な姿勢で寝ることができますよ。たっぷりとした厚みがあるのでベッドにそのまま置くのはもちろん、床に敷いて使うこともできます。

敷布団としておすすめの腰痛対策マットレス

東京西川-ウェーブコンフォート シングル(27,999円)

波型の凹凸が体を支える

姿勢が崩れている現代人のために作られた東京西川の腰痛対策マットレスです。波型の凹凸が体にかかる圧をバランス良く分散して、睡眠時の血行障害を緩和します。睡眠時の血行障害を緩和することで、自然な姿勢でリラックスして寝ることができますよ。

波型凹凸のマットレスは体圧分散層と寝姿勢保持層に分かれているのが特徴で、重さを分散させて体全体をバランス良く支えることができますよ。お尻の沈み込みを約10%軽減できるので、腰に負担がかかりにくいです。天日干しの必要がなく、風通しの良い場所に立てかけるだけなのでお手入れが簡単なのも利点ですね。

air weave(エアウィーヴ)-四季布団 和匠(143,000円)

フローリングの上でも清潔に使える

フローリングで使いたい人におすすめの腰痛対策マットレスです。フローリングの上にマットレスを敷くとカビが生えやすいのが難点ですが、エアウィーヴのエアファイバーはフローリングの上で使ってもカビが生えません。外側のカバーを清潔に保っていれば、中の芯材も長く清潔に使えますよ。もしエアファイバーが汚れても水洗いができるので安心です。

エアウィーヴの四季布団には数種類ありますが、今回紹介する和匠は肩は柔らかめに腰は硬めに作られています。腰の部分を硬めにすることで、沈み込みを防いで理想的なS字姿勢で寝ることができますよ。カバーを入れた全体の厚みが約8cmで薄いので、三つ折りして収納がしやすいです。カバーが両面仕様で夏は涼しく、冬は暖かく使えるのも魅力ですね。

モットン-シングルマットレス(39,800円)

日本人の腰対策のために作られた腰痛対策マットレス

日本人の体型に合わせて設計された腰痛対策マットレスです。欧米人と日本人は体格が異なる上に、四季がある日本は欧米と気候も異なります。そのため海外製の腰痛対策マットレスが日本人には合わない場合もありますよ。モットンのマットレスは日本の気候や日本人の体型を徹底研究して作っているので、日本人が使いやすいのが特徴です。

マットレスに使用している次世代高反発ウレタンフォーム「ナノスリー」は少ないエネルギーで寝返りができるため、筋力が衰えている場合でも自然な寝返りが可能です。体圧分散性にも優れ体を均等に支えるので、歪みのない理想的な姿勢で寝ることができますよ。体重や好みに合わせて3つの硬さから選べるところも魅力ですね。

テイジン-アクフィット シングル(6,480円)

三層構造でふかふかの寝心地を実現

固綿を巻き綿で挟んだボリューム感のある三層構造の腰痛対策マットレスです。三層構造の中央には東洋紡のハードマーブルという固綿を使用しています。ハードマーブルは東洋紡が開発した繊維で、体の沈み込みが少なく寝返りがしやすい高反発素材です。

固綿を挟んでいる巻き綿は2つの素材を混ぜた抗菌綿で、抗菌防臭と吸汗速乾に優れているのが特徴です。外側は肌に優しいピュアコットン100%なので、敏感肌の人でも安心して使うことができますよ。敷布団としてはもちろん、ベッドマットレスとしても使うことができます。

まとめ

場所によって硬さが違う腰痛対策マットレスがおすすめ

腰痛対策マットレスでよりおすすめなのが、体の部位によって硬さが異なるマットレスです。寝ている時の圧のかかり方は体の部位によって異なるため、硬さを変えることで体の沈み込みを防ぐことができますよ。腰の部分がより硬めに作られている腰痛対策マットレスは、腰の沈み込みを防いで理想の寝姿勢をキープしやすく、腰痛対策にとてもおすすめです。今回は腰痛対策マットレスのおすすめ人気ランキングを紹介しました。ぜひ自分の体に合う腰痛対策マットレスを手に入れて、睡眠時間をさらに快適にしましょう。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*