おすすめのHDR対応4Kモニター人気比較ランキング!【ASUSも】

高精度の映像を楽しめるHDR対応4Kモニター。非常に高性能なため、仕事や趣味で利用したいという方も多いでしょう。できることなら、画質・音質ともに最高なものを購入したいですよね。この記事では、HDR対応4Kモニターの特徴や選び方、有名ブランドについて紹介します。おすすめのモニターも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

HDR対応4Kモニターの特徴

陰影がくっきりと分かる

従来の規格であるSDRは、明暗差が曖昧で、明るい部分と暗い部分の表現がいまひとつでした。それに対しHDRは、明暗差を明確に表現するダイナミックレンジが広く、より肉眼に近い形で景色や人を表現できます。朝日をバックにした動画でも、影部分が黒塗りになることはありません。

迫力のある動画コンテンツを楽しめる

今まで画質がよいモニターといえば、「1920×1080ピクセルのフルHD」などが一般的でした。しかしHDR対応4Kモニターは、「3840×2160ピクセル」という超高解像度映像を楽しめます。明暗差の表現度や解像度が向上しているため、映画やアニメなども存分に楽しめるでしょう。

HDR対応4Kモニターの種類

HDR10対応

従来のSDRより明るさの幅が広い

HDR10は、4K対応のUltra HD Blu-rayで採用されている規格です。モニター自身に搭載された機能性ではなく、映像コンテンツの品質を表します。従来のSDRより最大輝度が10~100倍、明暗差が4倍向上しており、視聴体験の質を下げる白飛びや黒つぶれなども発生しません。

モニターの方もHDR10対応にすることで、写真のような解像度で映画やゲームを楽しめるでしょう。最近は対応ディスクも増えてますので、購入の際はぜひ参考にしてください。

DisplayHDR対応

高いほど高品質のHDR映像を楽しめる

DisplayHDRは、コンテンツではなく、モニター側の性能を示す指標です。高いほどコントラスト比が優れており、高品質のHDR映像を楽しめます。モニターの質を決める重要な指標ですが、開発されて間もないため種類はそれほど多くありません。

2020年現在、「1000」「600」「400」という3つの規格が開発・販売されています。お手頃価格で簡単にHDR対応4Kモニターを楽しみたい方はDisplayHDR 600、より高画質のHDR映像を楽しみたい方はDisplayHDR 1000がおすすめです。

HDR対応4Kモニターの選び方

価格で選ぶ

5万円以下でも仕事や趣味に使う分には便利

HDR対応4Kモニターは、価格が上がるほど高性能です。そのため、5万円以下のモニターを避けようとする方もいらっしゃいます。しかし、5万円以下のモニターが性能的に問題があるのかというと、そうでもありません。それどころか、仕事や趣味に使う分には問題ないケースが多いです。

実際、5万円以下のHDR対応4Kモニターは、取り扱い量が多く、ユーザー満足度も高めです。販売数と種類が多いため、メーカーやインチ数などの幅広い視点で製品を選べます。高画質画像でゲームや映画を楽しみたいという方におすすめです。

10万円以上は鮮明さや輝度などを重視する玄人向け

10万円以上のHDR対応4Kモニターは、鮮明さや輝度など、より高画質を求める方に向いています。色域が広いAdobe色空間を表現できるものもあり、愛用するクリエイターも多いです。保証期間が長くなるなど、各種ユーザーサポートも充実しています。より高画質で映像コンテンツを楽しみたいという方におすすめです。

方式で選ぶ

TN方式は応答速度が速い

TN方式は応答速度が速く、ゲーミングモニターに採用されることが多いです。ある程度普及し供給過多になっているため、簡単に搭載モニターが手に入ります。ただし視野角が狭く、斜め方向からの画質が悪いため、複数人での視聴には向きません。斜め方向から見ると、画面が暗くなったり、色が変化したりします。シューティングなどの処理速度が必要なゲームを、個人で楽しみたいときにおすすめです。

VA方式は正面からの画質がよい

VA方式はコントラスト性能に優れており、明暗をきれいに表現できます。映像の遅延が起きにくいため、ゲーミングモニターとしておすすめです。正面からの画質であれば、TN方式しのぐ性能を誇ります。TN方式と同様に視野角が狭いことが問題でしたが、最近では各メーカの努力により、複数人での視聴もできるようになりました。多少の見えにくさはありますが、仕事や趣味で使う分には問題ないでしょう。

IPS方式は視野角が広い

IPS方式は、視野角が広く、どこからみても色や明るさが変わりません。色彩を鮮やかに表現できるため、クリエイター向けのモニターにおすすめです。もちろん、複数人での映像コンテンツの視聴も問題ありません。ただし鮮やかな黒を表現するのが困難なため、明暗差が激しいコンテンツの視聴には不向きです。音楽制作や動画編集などを中心に行いたいという方は検討してみましょう。

サイズで選ぶ

30型までは持ち運びしやすく汎用的に使える

30型までのモニターは、持ち運びがしやすく汎用的に使えます。寝室やリビングなど、家の好きな場所でお気に入りのコンテンツを視聴できるでしょう。自宅や出張先で、同一のモニターを使いたいという方におすすめです。

30型以上のモニターは、高さと重さが増すため、持ち運ぶのが困難です。絶対に無理というわけではありませんが、無理に持ち運ぼうとすると、破損や故障のリスクが増えます。持ち運ぶ際は、十分注意しましょう。

4.5畳くらいの部屋なら30型以上が便利

4.5畳くらいの部屋は、十分な視聴距離がとれるため、30型以上のモニターでも問題ありません。ただし、モニターは高さによって最適な視聴距離が変わるため、棚や部屋の大きさに合わせて、丁度よいサイズを選びましょう。

最適な視聴距離は、モニターの高さから約1.5倍と言われています。たとえば、高さ約51cmの41型モニターであれば、およそ76.5cmです。ひとつの場所で映像コンテンツを楽しみたいという方は、ぜひご検討ください。

HDR対応4Kモニターのおすすめブランド・メーカー

ASUS

リーズナブルな価格のモニターが多い

ASUSは、5万円以下で購入できるHDR対応4Kモニターが多いです。趣味に使えるゲーム専用モデルや、仕事に使えるプロフェッショナルモデルまで、幅広いモニターを取り扱っています。コストパフォーマンスを重視する方におすすめです。

BenQ

20インチ代のモニターが多い

BenQは、持ち運びに便利な30型以下のHDR対応4Kモニターが多いです。ゲームや映画鑑賞、デザイナー、動画クリエイター向けなど、幅広いモニターを取り扱っています。場所にとらわれず、HDR対応4Kモニターを楽しみたい方におすすめです。

LG

処理能力に優れ、スタイリッシュなデザインが多い

LGは、描画速度に優れたHDR対応4Kモニターが多いです。スタイリッシュなデザインを基調としており、リビングや仕事部屋など、さまざまな場所で利用できます。迫力ある映像美でゲームを楽しみたい、という方におすすめです。

DELL

法人での導入率が高い

DELLは、企業向けのHDR対応4Kモニターが多いです。特にスタンド機能が優秀で、上下左右どの方向でもスムーズに動かせます。もちろんコントラストや明暗差の表現など、HDR対応4Kモニターとしての性能も問題ありません。仕事用にモニターをお探しの方はご検討ください。

おすすめ&人気のHDR対応4Kモニターランキング

10万円以下でおすすめのHDR対応4Kモニター

BenQ-ゲーミングモニター ディスプレイ EL2870U(38,181円)

毛穴までくっきり見える高精度の明るさ

細部の質感まで表現できる高精度モニターです。明暗差の表示レベルが高く、非常に高解像度の4k映像を楽しめます。ゲーミングモニターとしてだけでなく、月額動画サービスやyoutubeの視聴にも活用できるでしょう。

また、UIが使いやすく、初心者でも簡単にコントラスト比などを設定できます。室内の明るさや視聴距離などからモニター環境を調節したい、という方におすすめです。うまく調整できれば、価格以上の効果を実感できるでしょう。

BenQ-モニター ディスプレイ EW3270U(50,971円)

その場にいるかと錯覚する視聴体験

10億5000万色以上の色彩表現に加え、コンストラクト比に定評のあるモニターです。視野角が広く、45cm以上離れれば、角度による画質の劣化も抑えられます。黒をきれいに表現できるため、映画やアニメの視聴用としておすすめです。

また、最先端のUSB-C規格を搭載しており、映像や音声信号、大容量データの転送まで、ひとつのケーブルで対応できます。Display Port 1.4端子もあるため、医療分野やCADなどで使われる超高解像度コンテンツの再生も可能です。

Dell-4Kモニター 27インチ U2720QM(59,423円)

高い収納性でケーブルが邪魔にならない

広い色域をカバーする描写能力に加え、収納性にも優れたモニターです。ケーブルを一か所にまとめられるため、スッキリとしたオフィス環境を維持できます。コード類で不快な思いをしたくない、という方におすすめです。

また、IPS液晶なため、複数人での視聴にも耐えられます。特に白の発色がよく、小説でも文字化けなしで描画できるでしょう。音楽制作などのクリエイター現場や、モニターを長時間使用する事務作業などにお使いください。

ASUS-プロ向けディスプレイPB27UQ(63,974円)

仕事にも趣味にも使える汎用性

独自機能が豊富で、4K UHDの映像入力を最大4画面まで表示できます。用途に合わせて自動でディスプレイ設定が最適化されるため、初めて4Kモニターを利用する方でも安心です。とても薄く、仕事にも趣味にも使える汎用性があります。

またブルーライトカットやフリッカー防止など、健康面に配慮した機能も豊富です。ASUS Eye Careテクノロジーにより、長時間の視聴にも耐えられます。眼精疲労や肩こりが不安な方は、ぜひご検討ください。

LG-モニター ディスプレイ 24UD58-B (32,595円)

目に優しく長時間作業も可能

ちらつき防止機能により、目や脳への負担が少ないモニターです。ブルーライトの低減モードを使えば、角膜や網膜への刺激も抑えられます。超解像技術により画質が向上するため、低解像度のコンテンツでもストレスなく視聴できるでしょう。

また、AMDのAPUまたはGPUと併用することで、各種機能も利用できます。明暗差をはっきりさせるBlack Stabilizerや、表示遅延を抑えるDASモードなどです。映画視聴やゲームなどを、長時間楽しみたい方はご検討ください。

DisplayHDRの性能でおすすめのHDR対応4Kモニター

ASUS-ゲーミングモニター 27インチ ROG SWIFT PG27UQ(210,103円)

スムーズな描画による快適なゲーム体験

DisplayHDR 1,000、通常時の輝度600cd㎡のHDR対応4Kモニターです。特に黒の表現度が高く、10万円以下のモニターと比べると、色の鮮明さが格段に向上しています。文字や風景をしっかりと確認したい方におすすめです。

また、Game Visual機能により、FPSやRPGなど、ジャンルに合わせたディスプレイ設定を行えます。ゲーミングとして利用する際は、6つのプリセットからお好みの表示モードを選択しましょう。

ASUS-ROG Swift PG35VQ (373,732円)

35型ウルトラワイドの湾曲大画面

DisplayHDR 1,000、通常時の輝度500cd㎡のHDR対応4Kモニターです。リフレッシュレート200Hz、応答速度2msという高スペックモニターで、処理速度が必要なゲームにも難なく対応します。FPSをストレスなくプレイしたいという方におすすめです。

また、数千単位の高輝度LEDを用い、複雑なシーンも光と陰で正確に表現可能です。冷却ファンの回転速度を自動コントロールすることで、余分な熱やノイズも発生させません。モニター内部を適度な温度に設定し、熱暴走などの故障要因をなくします。

Dell 4Kモニター 27インチ UP2718Q(214,247円)

色の劣化が起きにくい安定性

安定した色彩表現が売りの、DisplayHDR 1,000対応モニターです。色の再現度が高く、目や脳への負担を最大限抑えられます。Adobeの色空間を表現できるため、クリエイター作業におすすめです。

また、キャリブレーション機能を使えば、白色温度と明るさの経年変化を解消できます。白色温度と明るさを自分で設定するのが困難という方は、ぜひお試しください。だいたい200時間に1回の頻度で行うのがよいとされています。

ASUS ProArt PA32UCX(306,628円)

輝度調整の精度が飛躍的に向上

最高の色合いを実現する、DisplayHDR 1,000対応モニターです。ミニLEDバックライトを搭載することで、輝度調整の精度が格段に向上しています。さまざまなデバイスに応じた色設定を行うため、用途を問わず活躍するでしょう。

またフォーマットとして、HDR10だけでなく、Dolby VisionやHLGにも対応しています。Dolby Visionは、HDR10より明暗差の表現精度が4倍も優れた規格です。対応コンテンツを再生すれば、視聴体験の質がさらに向上します。HLGは、スカパー!4Kなどに利用される放送用の規格です。

PHILIPS モニター ディスプレイ 328P6VUBREB/11(63,511円)

写真と見間違うほど鮮明な画像を描写

Display HDR 600対応のモニターです。色の表示域が広く、より本物に近い映像を描写できます。映画やアニメ、ライブ映像など、ジャンルに関係なく、臨場感のある映像を楽しみたいときにおすすめです。

また、人間工学の観点から製作しているだけあって、スタンドの機能が優秀です。上下左右あらゆる方向に、画面位置や角度を調節できます。好きな姿勢で映像コンテンツを楽しめるため、長時間の使用も問題ありません。

30型以上でおすすめのHDR対応4Kモニター

BenQ-32インチ4K高画質&高音質モニター EW3280U(80,545円)

独自技術を施した高音質サウンドを楽しめる

高音から重低音まで、迫力あるサウンドを楽しめるモニターです。true sundと呼ばれる独自技術により、録音や圧縮で劣化した音質を改善できます。5つのサウンドモードを使い分けることで、エネルギッシュで情熱的なサウンドを楽しめるでしょう。

画面端の縁取りが狭くフラットな造りになっているため、デザイン性も抜群です。メタリックグレーとブラウンのスタイリッシュなカラーが、格調高い家具と合います。リビングに配置し、映画観賞用として活用するのがおすすめです。

iiyama-マウスコンピューター iiyama 4K モニター ディスプレイ XB3288UHSU-B1(62,800円)

多機能スタンドによる汎用性

31.5型のHDR対応4Kモニターです。画面の向きを左右90度、画面の傾きを25度、スタンドの昇降を120mmまで調節できます。デスク用としてはもちろんこと、プレゼンや会議用モニターとしても使用可能です。

オーバードライブ機能により、応答速度を最大3msまで改善できます。スピード感のある動画でも、残像感なく鮮やかに描写できるでしょう。FPSなどのスピード感のいるゲーミングモニターとしてもおすすめです。

LG モニター ディスプレイ 34WL75C-B(74,690円)

曲面型画面により広い作業領域を獲得

34インチの曲面型大画面モニターです。横長の広い作業領域をもつため、複数のタスクを同時並行で行いたいときに役立ちます。音楽制作や動画編集、株式やFXのチャート分析など、さまざまな分野で活躍するでしょう。

ブラック スタビライザーにより、暗い部分の視認性も問題ありません。オンライン対戦ゲームなどでは、暗い部分に隠れている敵を見つけやすくなるでしょう。広大な敷地を移動する、オープンワールド系の箱庭ゲームにもおすすめです。

Dell 4K 大型モニター 42.51インチ U4320Q(100,728円)

ちらつき防止で快適な視聴空間を実現

4画面のマルチディスプレイ表示も可能な、大画面モニターです。複数のアプリケーションを任意の場所にスナップできるため、マルチタスク化した作業も行えます。FXや株式投資のチャート分析など、並列作業が必要な現場におすすめです。

また、入力の切り替えも容易に行えます。ユーザーは各入力に任意の名前を付け、お好きなデバイスにいつでもアクセス可能です。ショートカットキーで切り替えを高速化できるため、プログラマーやゲーマーにも役立ちます。

Acer-4K モニター ディスプレイ OmegaLine (71,239円)

大画面で迫力の高精細映像を楽しめる

31.5インチHDR対応4Kモニターです。非光沢で映り込みが少なく、被写体のよさをそのまま表現できます。約10億7,000万色の高い色再現性に加え、メニュー画面でカラー調節することも可能です。

30インチ以上の大型モニターですが、重量が5.62Kgしかないため、家の中を自由に持ち運べます。自室に置く趣味用モニター、プログラミング用の作業ディスプレイなど、さまざまな用途に活用できるでしょう。

まとめ

コスパがよく用途に合ったHDR対応4Kモニターがおすすめ

HDR対応4Kモニターは、メーカーによって性能や価格がさまざまです。5万円以下のモニターでも、10万円のモニターに匹敵する場合もあります。それぞれの特徴を押さえて、自分に合った製品を選んでください。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*