結婚相談所と婚活アプリどっちがいい?違いを徹底比較!メリットデメリットまとめ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

婚活をするにあたって、どうやってするかは重要な問題ですよね。近年スマホが浸透するにつれて主要な婚活手段として出てきたのが婚活アプリ。婚活アプリ(マッチングアプリ)は2018年になり日本国内だけで1千万人以上が使っていると言われ、利用者がどんどん増えていっています。スマホで手軽にできるのがウリで、婚活を考える方の大事な手段でもあります。婚活アプリとしばしば比較されるのが結婚相談所です。カウンターで相談しながら進めていく結婚相談所とアプリだけで進める婚活アプリは一緒に扱われがちですが、実は性質が大きく異なるのです。今回はそんな婚活アプリと結婚相談所を比較していきます。気になる料金やサービス内容等で比較しそれぞれ利用する方に合ったおすすめをご紹介していきます。

婚活アプリの特徴

スマホですぐに始められる手軽さ

婚活アプリとは、結婚や恋人を求める男女を探すアプリです。自分の年齢、性別、地域、趣味等を登録し自分に合う人を探します。代表的なサービスでは2013年に開始したペアーズやomiaiが人気です。登録会員数はサービスに異なりますが、omiaiで約300万人、ペアーズで約700万人(全世界)と言われています。ペアーズとomiaiを足すと1千万人と日本人口の約8%程までいく会員数の多さです。それだけ婚活アプリが世の中に浸透していると言えますね。

一定期間無料や女性無料など安さも魅力

婚活アプリが世の中に浸透した背景として手軽さの他に料金の安さが挙げられます。ペアーズやomiaiは女性利用無料なのでスマホがあれば実質無料で婚活ができるほどの安さです。一方、男性は有料ですが月々数千円程と負担にならない金額です。

婚活アプリと結婚相談所の違いを徹底比較!

料金の違いで比較

婚活アプリは初期費用がなく安い

婚活アプリで初期費用が発生するものは殆どなく、無料になっています。月額費用も数千円と安く初めて使う方でも気軽に始めることができます。

結婚相談所は初期費用が高いのがネックか

一方で結婚相談所の初期費用は一番安いエン婚活でも2万円からと婚活アプリに比べると少し割高に感じます。月額費用も倍以上しますね。結婚相談所大手のIBJでは30万円と婚活アプリとはかなり開きがあるのが実情です。初期費用を抑えてまずは気軽に安く始めたい方には婚活アプリがおすすめです。

お相手の探し方の違いで比較

結婚相談所ではコンシェルジュが探してくれる

婚活アプリ、結婚相談所共にサイトから自分で探すことができます。ですが、結婚相手を探すといっても自分だけで探すのは骨が折れる作業です。職業、年齢、地域等は絞り込めるものの、趣味やどんな人かは一人一人プロフィールを見る必要があり膨大な時間がかかってしまいます。その点で言うと、結婚相談所では担当のコンシェルジュが探し紹介してくれるので時間がない方でも安心です。またいつまでに結婚する必要があるなど時間が限られている人もコンシェルジュからの紹介と自分で探すことにより短期間で婚活を終えることが可能です。より短い期間で集中的に、また楽に婚活がしたい方は結婚相談所がおすすめ。長く気楽に婚活したい方には婚活アプリがおすすめです。

お相手とのやり取りの違いで比較

婚活アプリは全て自分で行う必要あり

婚活アプリではお相手を探し実際に会うまで全て自分で行う必要があります。探して、興味があることを通知し、直接メッセージをやり取りし、デート日程を決め、やっと会えるのです。自分で行える自由さがあるものの、実際にやってみるとかなり大変な作業であることがわかります。

婚活アプリは恋愛上級者におすすめ

また、普段異性と話さない方にとっては難しい場面も出てきます。例えばどのようにメッセージを送ればいいかわからなかったり、メッセージ上では自然にやりとりしていても実際にどうやって誘うかわからないなど。全て自分で考えて行わなければならない婚活アプリを恋愛初心者が使うと一筋縄ではいかない場面が出てくるのです。一方で恋愛上級者で自分でのやり取りに自信がある方にとって自由が利く婚活アプリは結婚相談所よりもおすすめです。

結婚相談所ではコンシェルジュがサポート

異性とのやり取りが苦手な場合は結婚相談所がおすすめ

一方で結婚相談所では自分でやり取りする必要がなく、全て担当コンシェルジュがアサインしてくれます。自分の良さを分かってくれているコンシェルジュが自分に代わって異性とやり取りしてくれるのです。また中々話しベタな方でも事前にコンシェルジュと打ち合わせをしどのように話せばいいか相談ができるのも魅力です。恋愛初心者にとってコンシェルジュは心強い味方になるはずです。恋愛初心者で異性とのやり取りに慣れない人であれば結婚相談所がおすすめです。

登録者の質の違いで比較

登録情報の信憑性

結婚相談所では登録・入会時に本人確認が必ず行われる

結婚相談所では登録者の本人情報の信憑性を確かめるために、入会時に必ず個人情報を証明する書類の提出が求められます。
下記はその一例になります。

必要書類提出目的
免許証などの身分証明書個人を証明するために必要
収入証明書年収などの収入を証明するために必要
社員証勤務先を証明するために必要
卒業証明書学歴を証明するために必要

上記のように登録者一人一人の個人情報を隅々まで確認している為、虚偽の情報で登録している方は殆どいないと言えるでしょう。さすが一生を共にする相手を探す結婚相談所。登録者を守り健全に運営する体制が整っていますね。登録者も安心して利用できるよう登録者の精査はしっかり行われている印象です。

婚活アプリでは本当かわからない情報も

一方、婚活アプリでは厳しい書類の提出等はありません。あるといっても免許証を画像でアップロードするぐらいで簡易的なものです。お相手とメッセージをする際には免許証を登録する必要があり、サクラや業者を撲滅する措置は取られている印象です。omiaiやペアーズなど大手ではそういった体制は取られているものの、規模感が小さいアプリではまだまだサクラはいるので注意したいところです。婚活アプリは手軽さを重視しているが故に、情報の信憑性という部分で結婚相談所と比べるとまだまだな部分があります。

結婚に対する真剣さ

婚活アプリは恋人探しの要素が強い

婚活をするにあたって大事なのが相手の結婚への温度感。より効率的に婚活をする上で相手が結婚を考えているかいないかはとても重要なことです。その点では、婚活アプリはどちらかと言うと恋人探しの度合いが強い印象です。年齢も20代が多く、結婚はゆくゆく・・・と考えている方が多いようです。逆に恋愛をしたい、恋人探しであれば婚活アプリで十分と言えますね。

結婚相手を探すなら結婚相談所がおすすめ

一方で結婚相談所は結婚を相談する場所ということもあり、ほとんどの方が結婚を前提に異性を探しています。異性に求めるものも、恋人として求めるというよりも結婚相手として求める要素が強いですね。恋人であればルックスが良ければ後は・・と考えがちですが、結婚相手となると年収や職業、家族構成、子供の有無など・・求めることがよりシビアで明確になってきます。それだけ求めるものが異なる為、しっかり結婚を考えている方に絞ってアプローチすることが大事です。より腰を据えて真剣に結婚相手を探すのであれば、婚活アプリよりも結婚相談所がおすすめです。

比較結果における対象者別おすすめ

婚活アプリがおすすめなのはこんな人

・まずは婚活がしたい!
・月の予算は5000円以内、初期費用はあまりかけたくない
・相手はサイトから空いた時間で探したい
・まずは恋人として付き合ってみていつか結婚できればいい
・いつまでに結婚したいとかは決まっていない(結婚の具体的な予定は決めていない)

結婚相談所がおすすめなのはこんな人

・婚活をしているが合コンや婚活アプリは軽すぎて他の手段を探している
・初期費用や月額費用を少し掛けてでも結婚相手探しをしたい
・自分で探す+自分を理解してくれる人に手伝ってほしい
・次に付き合う人とは結婚したい
・いつまでにどんな人と結婚したいか決まっている

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを残す

*