おすすめの144hzのモニター人気比較ランキング!【BenQも】

ゲームは持っている周辺機器の能力差でも、プレイに違いが出ます。他のプレイヤーより有利な環境で遊びたい。少しでも勝てるバトルを増やしたい。ゲーム好きなら負けたときなどに、少しは考えてしまいますよね。そこでおすすめなのが、一気にゲーム環境をグレードアップできる144hz(ヘルツ)のモニターです。しかし、一概に144hzのモニターと言っても、さまざまな性能や機能、値段があります。効果が解らないという方もいるでしょう。そこで、今回は種類や選び方を解説しつつ、ランキング形式で人気モデルも紹介していきます。安い価格帯のモデルも分析しますので、探している方は是非とも参考にして下さい。

144hzのモニターとは?

映像が滑らかに動くリフレッシュレートの高いモニター

144hzはリフレッシュレートと言われている数字です。モニターが1秒間に表示できる、画像の数を表しています。アニメやパラパラ漫画のコマ数をイメージするといいでしょう。60hzなら60回。144hzなら144回ページをめくることができます。数値が高いと1つの動きを細かく刻めるので、低いリフレッシュレートよりも画面を滑らかに動かせるという具合です。

リフレッシュレートとフレームレートは少し違う

モニターの性能や機能を調べていると、しばしばfpsという数値が出てきます。fpsはフレームレートの値で、リフレッシュレートと同じパラパラ漫画のイメージです。ただし、ハードウェア側のコマ数を表した値なので、間違えないように気を付けて下さい。リフレッシュレートがモニターなど、映す側の性能。fpsはパソコンやPS4など、モニターに映像を送る側の性能です。ソフトとハードで数値が違う場合は、低い方の映像に落ち着きます。

144hzのモニターのメリット

普通のモニターより少し先のシーンが観えている

例えば10秒かかった100m走を1hzで映すと、9コマ分割で1コマに10m進みます。レートを挙げて5hzにすると、細かく分割できるので1コマに進むのは2mです。1hzの1コマで選手が止まっている間も、5hzでは動き続けるという面白い現象が発生。つまり、ハイリフレッシュレートのモニターは、普通のモニターより少し先の動きが常に観えています。

FPSなどのゲームで存分にテクニックを発揮できる

普通のモニターより少し先の絵が映ると、見ている人も少し速く反応できます。銃を撃ち合うFPSやTPSの対戦型アクションゲームでは、他のプレイヤーより速く反応できる方が優位です。また、滑らかさと細かさでゲーム映像の質が向上。敵の動きを認識しやすくなるのもメリットです。存分にテクニックを発揮できる環境で遊べます。

60fpsによる動画視聴ができる

配信サイトのゲーム実況動画などで、60fpsの視聴ができます、という触れ込みを見たことがあるかもしれません。通常のモニターを使っていると、性能が下回り60fpsで視聴できないことがあります。一方、144hzのモニターなら安心。主流の動画で一番ヌルヌル動く、60fpsのコンテンツを観ることができます。

144hzのモニターのデメリット

接続する機材によっては映像が劣化する

144hzのモニターは非常に高性能です。美しいままで映像を観るためには、パソコンなどの接続しているハードウェア側にも、高水準なパフォーマンスが要求されます。パフォーマンスが低いと映像が大きく劣化してしまうことも。症状がひどいときは、接続しているケーブルやハードウェアを、ハイスペックなものに変更する必要があります。

ハードウェア側のスペック把握が必須

144hzのモニターは、同サイズなら普通のモニターより高額になるのが基本です。多機能なプロ級のモデルになると、倍以上することも少なくありません。選ぶときは失敗しないために、ハードウェア側が144hzの映像に対応しているかどうかを調べて下さい。PS4などは144hzのコンテンツに対応しておらず、ゲーム向けブランドのパソコンがハードウェア側の主流です。

メジャーメーカーから選ぶのが基本

近年ではノーブランドや、あまり知られていないメーカーも超格安で144hzのモニターを扱っています。価格的には魅力ですが、性能差が激しいというデメリットも存在。画面のスクロールで残像が起きるなど、目に悪いトラブルが起こることも少なくありません。基本はおすすめで紹介しているような、メジャーメーカーから選んで下さい。

144hzのモニターの種類

TNパネル

ゲーミングモニターの主流でコスパがよく応答速度も速い

TNパネルは昔から製造されている主流の液晶画面です。デスクトップのディスプレイをはじめ、日常生活の中に広く普及しています。すでに大量生産の方法が確立されており、比較的リーズナブルなのが特徴。気軽にハイグレードモデルを入手できますよ。

色の立ち上がりが速く、画面の切り替わりがスムーズなのもTNパネルのメリットです。スピードは㎳という応答速度の値を調べると解りますが、144hzのモニターなら、TNパネルは大体が高速と言えます。市販では最高クラスの1㎳も豊富で、残像のないスムーズな画質がゲーム向き。ゲーミングモニターの主流になっているパネルです。

VAパネル

コントラストがハッキリした美しい映像になる

VAパネルはTNパネルの後に登場した液晶画面です。先輩であるTNパネルの弱点を補うシステムを採用しています。TNパネルは全体的に淡い色で、低コントラストになるのがネック。VAパネルは逆にコントラストが高く、白黒などの対比がハッキリした画質です。美しいグラフィックは映画などの、動画コンテンツ用にも人気ですよ。

VAパネルはTNパネルより少し応答速度が遅く、モデルの数も少なめです。しかし、ハイグレードクラスのVAパネルには1㎳があります。FPSやTPSのようなマルチ対戦のゲームで使う方は、なるべく応答速度が速いモデルにして下さい。画面の切り替わりがスムーズだと、アクション系ゲームで素早く反応できますよ。

IPSパネル

色の再現性が高く広い角度で観ることができる

以前、IPSパネルは高級なシステムでした。しかし、今ではスマホなどの身近なアイテムがIPSパネルを搭載しています。TNパネルとVAパネルは、見る角度によって画質に違いが出るのも特徴。1人で画面正面に座って観るのがマストです。一方、IPSパネルは色々な角度から見ても、色の再現性や映像の質が変わりません。2人以上でも見やすい種類です。そのため、複数人が観る仕事用や、映像鑑賞用にも人気があります。

IPSパネルは構造上、応答速度をあまり速くできないシステムです。FPS推奨は1㎳と言われており、IPSパネルからは少し選びにくいでしょう。しかし、144hzモニターの用途は主にゲーム。応答速度が遅すぎてもニーズから外れます。そのため、その他のゲームなら問題ないと言われている、5㎳以下のモデルがおすすめです。

144hzのモニターの選び方

特殊なコンテンツに合う解像度で選ぶ

4Kコンテンツには3,840×2,160の解像度を

モニターの画面を拡大すると、1つ1つに色が付く区画に分かれています。区画をドットと言い、ドットの量を表した数字が解像度です。数が多いほど多くの色を表現でき、映像が美しくなりますよ。普通のゲームやコンテンツを楽しむだけなら、フルHDと呼ばれる1,920×1,080でも十分。しかし、4Kには対応していません。4Kゲームなどを遊ぶ方は、解像度が3,840×2,160の4K対応モデルを選んで下さい。

ウルトラワイド対応のコンテンツもある

パソコンのゲームには、ウルトラワイドという解像度に対応したタイトルもあります。横幅がフルHDより広くて高精細。映画館の画面と似ていて大迫力です。DVD鑑賞などにもピッタリで、少し特殊な解像度を採用しています。大きく分けて2タイプあり、リーズナブルなのが2,560×1,080。少し高価ですが、4Kの次に映像が美しい3,440×1,440の解像度もあります。ウルトラワイドのコンテンツを遊ぶときは、どちらかを選んで下さい。

インチの違いで選ぶ

狭いスペースには23インチ台がおすすめ

デスクにパソコン周辺機器をまとめているなど、省スペースに置く方は標準より小さなモニターがおすすめです。144hzのモニターは24インチ以下が少なく、23インチ台が最小クラスと言えます。大体のサイズは横が50㎝弱。高さが30㎝くらいです。新聞紙を1回り大きくしたイメージのサイズ感。コンパクトなので、省スペースに設置しやすくなります。

デスク環境には24.5から27インチまでがおすすめ

デスクワークでパソコンを使うと、テレビを観るときに比べて、短い距離でモニターを目視しています。大体のユーザーが40㎝から75㎝くらいの距離。デスク環境でゲームをするときも似たような距離になります。この距離で画面全体を視界に捉えやすいのは、27インチくらいまで。それ以上になると画面端への視点移動が増え、少し疲れやすくなりますよ。144hzを含むモニターは24.5インチ付近が主力。2つの間を目安にすると選択肢が多くなります。

迫力を求めるなら27インチ以上に

27インチ以上の画面はテレビと同じように、設置スペースから少し離れたところで観るのがマストです。また、大画面は最小の27インチでも横が60㎝くらい。高さも34㎝ほどになるので、設置には広いスペースが必要になります。一方で迫力満点の映像を楽しめるのはメリット。特に29インチ以上はハイグレードのゲーミングモニターが豊富で、144hzのモニターも選びやすくなりますよ。

新しいダイナミックレンジに対応したモデルで選ぶ

通常のコンテンツはSDRを使っている

人間の目には見えている明るさの幅があります。明るさを数字にしたのがダイナミックレンジ。ダイナミックレンジは、144hzを含むモニター類にも設定されています。旧来からあるモニターや映像のコンテンツは、SDR(スタンダードダイナミックレンジ)を採用しているのが特徴です。ダイナミックレンジが大きい映像ほど、肉眼に近い明るさを持っていますよ。

新しいコンテンツはHDRに対応している

配信されている新しいゲームには、HDR(ハイダイナミックレンジ)に対応したコンテンツもあります。HDRはSDRの100倍ほど肉眼に近く、優れた明るさの幅を持っている規格です。近年ではNetflixなど、メジャーな動画配信サービスも、HDRコンテンツに参入。一般的な映像になったと言えるでしょう。新しいコンテンツを楽しむ方は、HDR対応の144hzモニターがおすすめです。

モニターの形で選ぶ

平面モニターは安くてサイズが素直

平面モニターは平型とも呼ばれており、デスクトップを購入するとセットになっているディスプレイです。同サイズなら湾曲しているモニターよりも、低い価格帯で入手できます。また、直線的でサイズが素直なのもメリット。すでに持っているデスクやラックの上に置きやすい形です。スペースを測り間違えなければ、難なく設置することができますよ。

没入感があって目も疲れにくい曲面モニター

曲面モニターは、湾曲型とも呼ばれている曲がった形のディスプレイです。昔は一部のメーカーだけ扱っていました。しかし、近年では色々なメーカーが参入。低価格化が進んでいます。同サイズなら平面モニターより少し高い価格帯。両端に向かってカーブしているので、置くときに少し奥行きを確保する必要があります。よくあるモニターサイズとは少し違うので、ラックやデスクに置けない方は、新しい設置スペースが必要です。

曲面モニターは、観ている人を包み込むイメージで、映像が展開します。没入感があることから、ゲームや映像鑑賞に人気です。画面端への視点移動も楽で、大画面をエンジョイできるのがメリット。平面より目が疲れにくいモニターですよ。

ゲームに役立つ機能で選ぶ

目の疲れを軽減するブルーライトカットとフリッカーレス

ブルーライトはテレビやスマホの画面から出ている光りで、長いあいだ観ていると目が疲れます。メガネのレンズにはブルーライトカットを付加することができ、モニターにも似たような効果を持つモデルがあります。

液晶画面は目で追えないくらいの速さで明滅しており、チラつきをフリッカーと呼びます。フリッカーレスは文字通り、液晶のチラつき抑えてくれる機能。長く観ていると目が疲れるので、長時間ゲームをプレイする方には必須ですよ。

黒色をコントロールできるとゲームの視認性が向上

ゲームや映画を楽しんでいるとき、暗い部分が見えにくいという現象を経験したかもしれません。例えば実況動画では、リスナー側から見た暗い部分を、しばしば配信者が気にしていたりします。ゲーミングモニターには暗いシーンをコントロールできるモデルがあり、好きな値にして視認性を高めることも可能。ブラックスタビライザーなど、メーカーごとの呼び名があります。

ハードウェアに応じた端子で選ぶ

HDMIがあるとゲーム機を接続しやすい

HDMIは色々な家電に付属しているコードで、例えばPS4とテレビを接続しています。Nintendo Switchなど、メジャーなゲーム機には純正コードが存在。身近にある端子の規格です。144hzのモニターに家庭用ゲーム機から入力すると、60fpsなどの低いレベルに落ち着きます。そのため、機能の無駄遣いという意見も少なくありません。しかし、逆説ならハードウェア側の最高レベルで、必ずプレイできる利点があります。HDMIが複数あるモニターは色々なハードウェアを接続でき、最高レベルで楽しめるのが特徴です。

映像コンテンツにはDisplayPortもおすすめ

DisplayPortはHDMIより少し小型で、端子が四角形の規格です。例えば、セットトップボックスという、動画配信サービスやデジタル放送の受信機が、DisplayPortを持っています。高解像度のコンテンツ同士を接続するのに向いた性能。144hzのモニターは高解像度と言えます。映像コンテンツはHDMIでも視聴可能。しかし、DisplayPortも視野に入れると接続できる機器が増えます。

144hzのモニターのおすすめブランド・メーカー

MSI(エムエスアイ)

モニターの性能はプロも太鼓判を押す

エムエスアイはグラフィックに関係する回路など、コンピューター関連のパーツを製造している世界的な企業です。eスポーツと呼ばれる競技ゲームのジャンルでは非常に有名。モニターの応答速度やリフレッシュレートは、競技に参加するプロゲーマーが太鼓判を押す高性能です。

LG(エルジー)

ゲームに嬉しい様々な機能を搭載

LGは日本でも非常に有名な、韓国の家電メーカーです。主力のモニター類は日本でも色々な場所で販売されており、ゲーミングモニターも人気になっています。力を入れている144hzのモニターは、なんと言っても多機能さが魅力。ゲームプレイに嬉しい、さまざまな機能を搭載しています。

Acre(エイサー)

IPSパネルを採用した144hzのモニターが話題に

エイサーはパソコンおよびタブレット周辺機器の世界的メーカーです。日本にも拠点があり、主要なゲーミングブランドの1つとして名前が挙がります。IPSパネルを採用した144hzのモニターが話題。ハイスピードな応答速度を合わせ持つのが特徴です。解りやすい日本語の説明書も魅力と言えます。

BenQ(ベンキュー)

性能だけでなく安さにも定評がある

元々は大企業のディスプレイ製造部門だったベンキュー。市場規模は世界的で日本にも拠点があります。色々なモニターを扱っていますが、ゲーミングは全体的に高性能。240hzなど、144hzを上回る超ハイレートのモデルまで扱っています。比較的リーズナブルと言える価格も、性能と一緒に評価されている部分です。

おすすめ&人気の144hzのモニターランキング

平面モニターでおすすめの144hzのモニター

エルジー- 27GL650F (38,280円)

HDMIが2口ある1㎳のIPSパネル

HDRに対応している144hzのモニターです。ウルトラギアと呼ばれているハイエンドシリーズの1つで、非常に美しいグラフィックを映します。HDRの優れたコントラストに加え、色鮮やかなIPSパネルを採用。応答速度が1㎳なのも、映像の美しさに貢献していますよ。

メーカーがハイエンドに指定する機種だけあり、機能面も充実しています。暗い部分が補正されるブラックスタビライザーを搭載。FPSなど、アクションゲームに向けたシステムもあります。映像用の端子も充実しているので、色々なコンテンツを楽しめるでしょう。

エイサー-KG271Ebmidpx (34,480円)

グラフィックをユーザー好みにコントロール

ゲーミングに特化したTNパネルの1つで、1㎳を上回る0.8㎳の超スピードを持っています。プレイするゲームのジャンルに適した画質を、8種のモードから選択。暗い部分を11段階で調整するブラックブーストも搭載しており、グラフィックをユーザー好みに調整できますよ。

パネルは非光沢で、モデルによってはノングレアと書かれることもあります。画面が光の反射を起こさないようにする、目に優しい加工です。スピーカー付属なので、ヘッドホンやイヤホンを使わない方にもおすすめ。家庭用ゲーム機を繋げても、スピーカーから音が聴けます。

ベンキュー-ゲーミングモニター 24インチ (34,800円)

省スペースにもおすすめできる優秀なTNパネル

応答速度が1㎳の144hzモニターです。TNパネルを採用しています。色のコントラストが20段階あり、精細にコントロールできるタイプ。暗い部分の視認性もコントロールすることができます。フリッカーとブルーライトを抑えてくれるので、長時間プレイも可能です。

ピッタリ24インチの画面です。既存のデスクやラックに置きやすい、幅57㎝ほどの平面モニター。省スペースにも難なく設置できるでしょう。eスポーツに選ばれている優秀なモニターなので、小型を探している方も是非、検討してみて下さい。

イーヤマ-G-MASTER GB2760QSU-1C (63,580円)

ウルトラワイドに対応した国内メーカーのモニター

27インチの144hzモニターで、2,560×1,440の解像度に対応しています。ウルトラワイドのコンテンツをプレイする方に、おすすめできるモニターです。応答速度は1㎳と申し分なし。ノングレアのTNパネルを採用しています。

イーヤマは、マウスコンピューターというメーカーのモニターブランドです。マウスコンピューターはゲーミングPCを扱っており、イーヤマ製モニターを使ったG-Tuneが人気を博しています。日本製でサポート面が素早く、ユーザーの評価も上々。聞きなれない名前ですが、ブランド的にもおすすめですよ。

曲面モニターでおすすめの144hzのモニター

エムエスアイ-Optix G32C4  (38,600円)

165hzを出せる31.5インチのド迫力モニター

31.5インチのVAパネルを採用した、ド迫力の曲面モニターです。応答速度は1㎳で、リフレッシュレートはマックス165hzに達しています。非常にスピーディーで、コントラストが美しいモデルと言えるでしょう。アクション系のゲームにおすすめです。

パネルの外枠を細くした、スリムベゼルという方法でデザインされています。メリットはモニター同士を横に並べやすいこと。画面の切れ目が目立ちにくくなります。2台から3台を並べてマルチモニターでゲームする方も、選びやすいタイプですよ。

LG-34GL750-B 34型 (77,704円)

2,560×1,080の解像度を採用した大型IPSパネル

2,560×1,080の解像度を採用した144hzのモニターです。湾曲した34インチの大型IPSパネルを搭載。HDRに対応しており、中央から画面端まで美しいグラフィックを観ることができます。DisplayPort付きなので、映像コンテンツにもおすすめですよ。

応答速度は5㎳。ゲーミングブランドのハイエンドだけあり、プレイの際に視認性をアップしてくれる機能が充実。ブルーライトカットやフリッカーレスなど、目に優しい効果も忘れてはいません。HDRに対応しており、グラフィック系RPGなどにおすすめでしょう。

プリンストン-ULTRA PLUS 27インチ曲面ゲーミング液晶ディスプレイ (35,904円)

グラフィック系RPGにおすすめのVAパネル

ウルトラプラスは国産メーカーのプリンストンが扱う、オリジナルゲーミングブランドです。優れたコントラスト比を持つVAパネルを採用しており、応答速度は最大6㎳。グラフィックを重視したRPGなど、まったり系のゲームに向いています。

DisplayPortが1口ある曲面モニターなので、映画などのコンテンツを見るのもおすすめでしょう。迫力ある映像を観ることができます。ブルーライトカットやフリッカーレス、オンラインゲーム向きの機能も搭載しており、長時間プレイする方も安心ですよ。

安さでおすすめの144hzのモニター

エムエスアイ-OPTIX-MAG241CV ゲーミングモニター OPTIX (26,470円)

VAパネルで映像コンテンツにも便利

23.6インチの曲面モニターです。ゲーミングモニター全般で捉えても、価格帯はリーズナブルと言えます。値段を抑えつつ、性能と機能を落としていないのがメリット。画面サイズを抑えることでコストダウンし、できる限り安くしている感じです。

安いモニターには少ないVAパネルを採用。長時間のゲームプレイに優しい、ノングレア加工とブルーライトカットを搭載しています。また、パネルの画質に加えてDisplayPortを1口設けており、映像コンテンツも楽しめるでしょう。最小クラスの23インチ台で、デスク環境や省スペース設置におすすめですよ。

エイサー-KG241QAbiip (21,980円)

省スペースにおすすめのマックス0.6㎳に達したモニター

平面モニターで紹介している、KG271Ebmidpxと同系統のモニターです。KG271Ebmidpxは27インチですが、画面を23.6インチまで小型化しています。また、スピーカーも省くことで価格帯を削ることに成功。モニター自体の性能は落としていません。

同系統なので機能面は同じですが、価格と逆に応答速度はアップグレードしています。マックス0.6㎳の超高速を出せるのが特徴。映像コントロールと目に優しい機能も充実しています。総合力は高いので、省スペース向けモニターが欲しい方は要チェックです。

エーオーシー-27型ワイド144hz対応ゲーミング曲面液晶ディスプレイ (27,181円)

豊富なモードが色々なゲームに対応する

応答速度が1㎳の曲面モニターです。VAパネルを採用しており、ゲームジャンルごとに最適化したモードを、プリセットから設定することができます。また、カスタマイズした画面を3つ保存することもでき、色々なゲームに対応できるのがメリットですよ。

AOCはゲーミングモニターの老舗で、多くのゲーム競技を主催するスポンサー企業でもあります。プロなどの上級者層も選ぶため、フリマなどで売却する際の知名度は心配ありません。小さい画面が多いリーズナブルなモデルですが、しっかり27インチを確保しているのは魅力でしょう。価格重視の選び方には嬉しいモデルと言えます。

まとめ

遊び方に合った性能の144hzのモニターがおすすめ

144hzのモニターはゲーミングブランドが主体で、メジャーメーカー製なら基本的に高性能です。そのため、自分が楽しむコンテンツに合わせて、性能と機能を決めるがおすすめと言えます。FPSやTPSのゲームジャンルであれば、1㎳でスピーディーなモデルを中心にするなど、最適なモデルを選んで下さいね。目に優しい機能、コンテンツに合った端子も忘れずに確認しておくと、さらにモデルが絞りやすくなります。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*