おすすめの振動スピーカー人気比較ランキング!【屋内用も】

昨今は仕事や勉強、プライベートの中に、いつでも音楽を取り入れることができます。毎日リピートしていると、曲に飽きることも多いですよね。そこでおすすめしたいのが、今回ランキング形式で紹介している振動スピーカーです。面白いシステムが話題になっており、置くところによって音質が様々に変わります。聴き慣れたはずの曲も新鮮な感覚に。飽きがこないスピーカーですよ。一方、少しマニアックで、存在自体を知らなくても不思議ではありません。種類や選び方、機能面も、まだまだベールに包まれています。解りにくい部分や性能を詳しく掘り下げますので、是非、選び方の参考にして下さい。

振動スピーカーの原理とは?

他の物で音を出すのが原理

普通のスピーカーは、内蔵している振動板というパーツを電気信号で動かし、自身の振動で音を作っています。一方、主な振動スピーカーは、他の物を使って音を鳴らすのが原理です。机や車体、窓ガラスなどの接地している部分に、振動素子というパーツで振動を与え、音を作っていますよ。

骨伝導テクノロジーのスピーカーも仲間

近年、骨伝導テクノロジーを使ったスピーカーが一般化しています。名前の通り、骨に振動を伝えて音を鳴らす技術です。振動素子で人間の骨を震わせるのが原理。骨伝導テクノロジーを使ったモデルも振動スピーカーの一種です。メジャーな振動スピーカーの1つであるSound-αのように、デスクやラックに置いて音を鳴らすモデルも台頭していますよ。

振動スピーカーのメリット

小型が多く置き場所を限定しない

振動スピーカーは、普通のスピーカーよりも内蔵パーツが少なくて済み、小型化しやすいのが特徴です。スピーカー機能だけに限定しているモデルは、とにかく軽量でコンパクト。置くだけでなく、壁や窓ガラスに貼り付けるモデルもあります。普通のスピーカーだと置くことができない場所も、守備範囲にできるのがメリットです。

アウトドア用のスピーカーにできる

小型モデルが多い振動スピーカーは、軽量で持ち運びが簡単です。また、普通のスピーカーと同じように、スマホなどのポータブルプレイヤーと連動させ、音楽を再生することができます。ほとんどは持ち運びが楽なので、水に対応できるモデルをアウトドア用にしても便利ですよ。

コミュニケーションツールとしても活躍

スマホと連動する振動スピーカーは、通話などにも使われています。また、骨伝導テクノロジーは、会話を補助してくれる福祉技術の1つです。骨からダイレクトに音が伝わるので、耳が不自由な高齢者も安心。健康面に被害がないことは研究から解っており、コミュニケーションツールとして活躍してくれます。

自作感が味わえるモデルもある

振動スピーカーは他の物から音を出すので、普通のスピーカーよりパーツ類が少なくて済みます。理科の授業で習う程度の作業なので、自作は簡単です。一方、長い銅線など、特殊な道具類を揃えるのは少し面倒。自作を考えている方に便利なのが、振動を与えるスピーカーユニットのみで売られているモデルです。取り付け簡単ですが、パーツが剥き出しなので自作感も味わえますよ。

振動スピーカーのデメリット

置く物によってガラッと音質が変わる

物体は大きさや重さによって震え方が違います。全く同じ仕事用のデスクに振動スピーカーを置いても、中身が違うと音も少し変化するでしょう。木材か金属かなど、設置場所の材質でも音がガラッと変わります。一定の高音質が好きな方より、音の変化で曲を楽しみたい方におすすめですよ。

ハイレゾなどの再生には向いていない

配信サイトで目にする機会が多い、ハイレゾなどの特殊なコンテンツ。リアルさを求めている超高音質の楽曲です。超高音質を上手く再現するためには、振動板などのパーツ類にも相応のレベルが求められます。また、音質も常に、高いレベルで安定するのが望ましいでしょう。振動スピーカーの性質はハイレゾなどの特殊な音源に向いておらず、超高音質モデルが貴重です。

振動スピーカーは超高度な音質より、携帯性やコミュニケーションサポートなどの、利便性を重視している存在です。様々に変化する音は楽しくて良好ですが、非常にハイレベルな音質を求めている方は、ハイレゾ対応などの超高音質スピーカーが便利ですよ。

振動スピーカーの種類

設置タイプ

色々な機能を搭載している高音質モデルもある

設置タイプは、一般的なポータブルスピーカーと見た目が似ています。1㎏を切るような小型で、円筒型に近いボディのモデルが大半。設置スペースに接着しない限りは、携帯して移動もできます。大型のモデルは音質を追求したモードなども搭載。多機能なモデルがあります。

スピーカーは重量アップすると、いい音が響きやすい機材です。音を重視している家電や映画館、ライブ会場は、超大型のスピーカーを使っていますよね。つまり、大型モデルは音がいい傾向で、設置場所ごとの音質変化も感じやすくなります。持ち出すときに少しかさばりますが、屋内中心の方は、特に据え置きタイプから選ぶのがおすすめです。

ウェアラブルタイプ

スポーツや仕事に便利

ウェアラブルタイプは、体や衣服に取り付けて使う振動スピーカーです。ヘルメットに取り付けできるタイプや、メガネと一体化したモデルが存在。こめかみ付近に触れて骨伝導を利用する、携帯電話のようなモデルもあります。全体重量は200g前後が主流。小さくて持ち運びやすいのが特徴です。

イヤホンやヘッドホンのような超小型スピーカーは、使うときに耳を塞ぎます。スポーツ中や仕事中は危険を感じるエンジン音など、周囲の音もカットしてしまうのがネックです。一方、振動スピーカーなら耳を塞ぐ必要がありません。ウェアラブルタイプはスポーツ中の音楽鑑賞や、仕事中のコミュニケーションツールに便利ですよ。

振動スピーカーの選び方

給電方法の違いで選ぶ

ランニングコストが安いバッテリータイプ

バッテリータイプはスピーカーの駆動時間に制限があります。乾電池のように入れ替えることができず、外出先で切れたときは再充電まで使えません。一方、寿命まで再充電できるため、乾電池よりランニングコストは軽微です。自由に持ち出せるのでアウトドアシーンにも便利。なお、モデルによって駆動時間が大きく異なります。必ずスペックを確認して、外出時間に合わせた長さを選んで下さい。

屋外でも駆動時間を延長できる乾電池タイプ

振動スピーカーには乾電池を入れるタイプもあります。駆動時間はバッテリーと同じで限定的。電池の入れ替えも少し面倒です。しかし、替えの乾電池があれば、外出先でも時間を延長できます。乾電池は色々なところで売られており、不意に電池切れしても問題ありません。電池代が負担になり、よく持ち歩く方は、ランニングコストが安い充電池を使うといいでしょう。

屋内用は有線タイプがおすすめ

コンセントやUSBから有線で電気をもらい、駆動する振動スピーカーです。ケーブルがあるので、設置スペースがプレイヤー類の近くに限定されます。必ず電源が要るので、他の給電方法よりアウトドアシーンは苦手です。しかし、バッテリーや乾電池と違い、電源さえあれば駆動時間に制限はありません。屋外よりも簡単に給電場所を探せる、屋内用に選ぶのがおすすめです。

通信方法の違いで選ぶ

3.5㎜ジャックが使えるプラグ通信

主に3.5㎜のプラグを差し込む有線の通信方法です。3.5㎜ジャックと呼ばれているスピーカー用の穴にケーブルを接続します。ワイヤレスよりも安定した通信になるのがメリット。遅延も起こりません。3.5㎜ジャックはTVやパソコンなど、色々な家電に搭載されています。しかし、スマホなどは持っていないモデルも一般的です。プレイヤー側がプラグ通信できるかどうかは、必ず確かめて下さい。間違って買ってしまいスマホなどとUSB接続したい方は、変換機が市販されています。

USBはノートパソコンなどに接続しやすい

Type-A、Type-Cなどと呼ばれているUSB端子で、プレイヤーに接続する通信方法です。プラグと同じ有線接続なので、安定した通信になります。USBは色々な家電が搭載している端子。スマホのような小型プレイヤーだけでなく、パソコンやコンポなどの大型プレイヤーとも通信できる可能性があります。大きなプレイヤーを使っている方は、チェックするといいでしょう。

ワイヤレスで自由度が高いBluetooth

Bluetoothを搭載しているスマホやコンポと、ワイヤレス通信できる振動スピーカーです。ケーブル不要なので、色々なところに置くことができます。近年、ジャックがないスマホも一般的ですが、ほとんどはBluetoothなら通信が可能。プレイヤーとの互換性にも自由度があります。Bluetoothは近距離無線の代表格。機器同士が離れすぎると遅延を起こすので、遮蔽物があるときは10mくらいを目安に設置して下さい。

あると便利な機能で選ぶ

ハンズフリー通話に便利なマイク機能

振動スピーカーの中には通話用のマイクを搭載したモデルがあります。通話や音量のボタンも同時に搭載しているので、スマホをポケットから出す必要はありません。ほとんどは振動スピーカーの操作だけで、ハンズフリー通話できます。マイク付きの骨伝導スピーカーは、耳が不自由な方の通話におすすめでしょう。コミュニケーションツールに選ばれている理由の1つですよ。

普通のスピーカーとしても使える2WAY機能

振動スピーカーの中には、普通のスピーカーとして機能する2WAYモデルがあります。保険を掛けられるのがメリット。気に入った場所がないときなどに、一定の音質を確保できます。また、振動素子とスピーカーを併用できるモデルも便利。設置している物とスピーカー本体から音が広がりますよ。サラウンドのように、立体的な音を楽しめるのがメリットです。

防水機能はアウトドアシーンや浴室に

小型の振動スピーカーは屋外で使う可能性があります。そのため、防水機能を有していると便利です。目安になるのがIP規格。IP44以上に準拠しているモデルがおすすめで、塵と水に耐性があります。IPXという防水規格も、同じく4等級以上がおすすめ。塵や砂に対して耐性はありませんが、水には強いデザインです。防水の振動スピーカーは、浴室などの水場にも設置できますよ。

何かに吸着できると設置スペースを増やせる

振動スピーカーは、壁面や車体に付けてオンリーワンの音質が楽しめます。着ける方法は吸着ジェルなどでピッタリ貼り付けてしまうか、吸盤で吸着するかの2つです。接着してしまうと剥がすのが面倒。あまりアウトドア向けではありませんよね。しかし、吸盤なら誰でも簡単に脱着できます。例えば、車のガラスやボディに引っ付けても大丈夫。利用できる場所が多くなりますよ。

振動スピーカーのおすすめブランド・メーカー

BoCo(ボコ)

振動スピーカーの代表的なモデルを扱う

ボコは骨伝導技術を主軸にアイテムを開発しているメーカーです。コミュニケーションツール用のイヤホンなども開発しており、SONYで活躍したエンジニアが参加しています。どこでもスピーカーというモデルは注目。骨伝導テクノロジーを使用した、振動スピーカーを代表する1台です。

FunSounds(ファンサウンズ)

迫力ある振動スピーカーが魅力

ファンサウンズは、高級オーディオやホームシアターを取り扱うショップのブランドです。オーディオ類を専門にしているだけあり、ラインアップしている機材は高音質なのが特徴。振動スピーカーも例に漏れません。ウーファーとして紹介されるほどの迫力があります。

VIBRA(ヴィブラ)

ファッションに音を盛り込める

音を身につけるがコンセプトのシリーズを展開しています。サングラスに骨伝導テクノロジーのスピーカーを仕込んでいるのが特徴です。見た目は普通のサングラスなので、ファッションに盛り込みやすいのがメリット。レンズの種類も複数ありますよ。

NDS(日本電話施設)

通信環境に精通しているのでBluetoothも安心

古くから振動スピーカーを扱っているメーカーです。また、大手のNTT通信工事業者でもあります。色々な通信に精通しており、Bluetoothも安定するのがメリット。仕事向けの機能を持った振動スピーカーが、ロングセラーになっていますよ。

おすすめ&人気の振動スピーカーランキング

屋内用でおすすめの振動スピーカー

ファンサウンズ- HeartShakerコンプリートパッケージ (20,130円)

3方向に音が出る振動ウーファー

3.5㎜ジャックとBluetooth通信が選べる振動スピーカーです。2WAYのモデルで、上部に2つのスピーカーを搭載しています。振動とスピーカーの両方を使うモードが高音質。立体的で重低音の効いた、ウーファー並みに迫力があるサウンドを実現しています。

アクセサリーに人工大理石の専用振動板が付属。使い方や設置場所が不安な方も、とりあえず下に敷いておけば安定した音質を確保できます。振動スピーカーの中でも扱いやすいところは大きな長所でしょう。バッテリーを搭載しており、フル充電で3時間ほど駆動してくれます。500gと少しだけ重いですが、必要であればアウトドアにも便利です。

タフオン-伝振動スピーカーステレオプラグアンプBOX (8,723円)

2つの振動スピーカーが迫力ある音を作る

四角いボックスの中に、振動スピーカーが2つ入ったモデルです。USBと3.5㎜ジャックで通信します。音を聴く機能のみに徹した音楽用のモデル。少ない電力で大きな音を作り出すタイプのスピーカーで、小さいながら迫力ある音になります。

水洗いで再利用できるジェルが付属しており、ボックスのサイズは比較的コンパクト。色々なところに貼り付けることができます。屋内であれば、ほとんどの場所がスピーカーに。省スペースの部屋でも設置に困ることはないでしょう。

タフオン-伝振動スピーカー2個&ステレオプラグアンプのセット (9,873円)

振動スピーカーを自作したい方におすすめ

スピーカーユニットだけのモデルで、スマホなどのプレイヤーに接続するコードは付属品です。配線を自分で行うため、電気的な知識が少し必要になります。自作したいなど、趣味としてスピーカーを親しんでいる方におすすめでしょう。

音を出すための基礎的なパーツは一通りセットになっています。パーツが足りないなど、突発的なトラブルの心配はありません。作業は簡単。左右のコード同士を接続して、感電防止のためにゴムテープで保護するくらいです。後はUSBと3.5㎜ジャックをプレイヤーに差し込むだけ。危険な要素はないので、作業経験が全くなくても問題なく取り組めますよ。

スクープス-振動スピーカー Boo Spee (10,780円)

子ブタをモチーフにした小物系の振動スピーカー

コンセントから給電して駆動する振動スピーカーです。屋外では給電場所が限定されるため、屋内メインがいいでしょう。一方、直径8㎝で高さが6㎝と本体はコンパクト。ポータブル電源や発電機を所有するなど、アウトドアで発電できる環境がある方は、外にも持ち出せます。

眠っている子ブタをモチーフにしており、おしゃぶりを差し込むと電源がオンになります。振動スピーカーのフォルムは実用的で、地味なデザインが多い傾向です。普通のスピーカーと違ってカワイイ系は貴重で、部屋の小物としても使いやすいでしょう。

アウトドア用でおすすめの振動スピーカー

ボコ-docodemoSPEAKER SP-1 (23,280円)

防水カプセル付きでバスタブすらスピーカーになる

骨伝導テクノロジーを応用したスピーカーです。通常は別売りされている、専用防水カプセルがセットになっています。Bluetoothと3.5㎜ジャックの2つが使え、バッテリー駆動するタイプ。パワフルな音を作り出せる振動スピーカーで、スマホの曲を聴くには最適でしょう。

専用防水カプセルは雨を物ともせず、バスタブすらスピーカーにできます。全体重量は360g。ポーチも付属するので持ち運びに苦労しません。アウトドア用には最適なモデルでしょう。もちろん、パワーがある重低音サウンドは、風呂場やリビングなどの屋内用にもおすすめです。

日本コンピューター-CODEO 骨伝導スピーカー (13,200円)

汗をかくシーンでも不快感がない

左右に骨伝導スピーカーを搭載したワイヤレスモデルです。こめかみ付近の骨を振動させて音を作ります。イヤホンに似ていますが、耳に入れるわけではありません。耳を覆うヘッドホンとも違い、全く新しい感覚で使えるのが特徴です。

スポーツ中とアウトドアシーンは耳にも汗をかきます。イヤホンやヘッドホンをしていると耳が蒸れやすく、わずらわしさを感じる方もいるでしょう。一方、耳がフリーになるコデオなら、不快感はありません。Bluetooth通信で新しいAndroidやiOSと連携。GalaxyにAiphoneなど、代表的なスマホと接続したい方も要チェックです。

多摩電子工業-骨伝導サングラス TBS58K (14,080円)

技術的にもおすすめできるスマートサングラス

メーカーがホームページで発表している正式な製品名は、骨伝導Bluetoothスピーカー付きサングラスです。いわゆるスマートサングラスの1つ。骨伝導スピーカーの他に、通話用マイクも内蔵しています。主要な情報端末とペアリングできる性能があり、最大13時間の音楽や通話を楽しむことができますよ。

多摩電子工業はハイレゾ対応の超高音質タイプなど、強力なスピーカー類を手掛けています。また、ハンズフリー通話できる音響機器にも、優秀なモデルが豊富です。技術的な部分も奨励できる振動スピーカーで、IPX4にも適合。汗が心配なスポーツ中、雨の恐れがあるアウトドアを物ともしません。

コミュニケーション用でおすすめの振動スピーカー

ヴィブラ-骨伝導スマートサングラス (27,500円)

運転中やプライベートに便利な振動スピーカー

スマホなどの情報端末と通信する能力があるサングラスは、スマートサングラスという総称で呼ばれています。スマートメガネも同じ。ウェアラブル機器として話題ですよね。スピーカーをファッションの一部に昇華しており、プライベートの外出で活躍します。

耳にかける棒のパーツをテンプルと言いますが、そこに骨伝導スピーカーなどの機能を内蔵しているのが特徴。ボリュームやオンオフなど、主要なコントロールもテンプルをタップします。マイク内蔵でハンズフリー通話が可能。しっかり日除けもできて、運転中のコミュニケーションツールに便利です。

日本電話施設-OmniBeat (19,602円)

長い通話時間とスマートなデザインがビジネス向け

オムニビートは日本電話施設のロングセラーモデルで、振動スピーカーを代表する1台になっています。2,009年に、ビジネス向け多機能スピーカーとして登場。新しいモデルが参入する中で、まだまだ現役バリバリという驚異のベテラン機ですよ。

ACアダプターをコンセントに繋ぐか、単4電池4本で駆動。手の平サイズかつ160gの軽量ボディで、携帯しやすいモデルです。Bluetoothを使い、色々な場所で色々な情報端末と連携。マイクを使うときは、電池環境でも最大10時間の通話ができます。非常にスマートな外見で、オフィスや部屋の雰囲気も壊しません。コミュニケーション用に申し分ないモデルです。

伊吹電子-骨伝導クリアーボイス (13,360円)

高齢者の会話を骨伝導テクノロジーがサポート

携帯電話のように持って使う振動スピーカーです。有名なテレビ番組がコミュニケーションツールとして紹介したことで、知名度が爆発的に高まりました。骨伝導テクノロジーを採用しており、耳の付近に当てるだけで音を聴けます。

周りの音を拾い、増幅してスピーカーから聴く仕組みです。簡易的な補聴器をイメージすると、システムは解りやすいでしょう。福祉に選ばれているモデルで、耳が遠くなったなど、緊急性が少ないケースに便利。高齢者との会話をサポートしてくれます。

まとめ

設置するスペースに合った形の振動スピーカーがおすすめ

振動スピーカーは音楽を聴くだけでなく、電話などのコミュニケーションツールとしても活躍する音響機材です。物だけでなく人体も設置スペースにできますよ。プライベートな活動なら身に着けやすいウェアラブルにするなど、使い方に合った形を選んで下さい。アウトドア用なら、雨や汗を防御できるIPX準拠にするなど、置き場所に合わせた機能から選ぶのも便利ですよ。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*