おすすめの一人暮らし向け食洗機人気比較ランキング!【パナソニックも】

食器や調理道具の後片付けは何かと面倒。特に一人暮らしの場合、誰も手伝ってくれませんよね。そんな時におすすめしたいのが一人暮らし向け食洗機です。一人暮らし向け食洗機があれば自分の代わりに食器洗いをしてくれるので、疲れた時に非常に助かりますよ。そこで今回は一人暮らし向け食洗機をランキング形式で紹介します。家事を時短して少しでも楽をしたい一人暮らしの人は、是非参考にしてみてくださいね。

一人暮らしに食洗機は必要?

家事にかける時間を短縮できる

一人暮らしをしていると家事は全て一人でこなさなければなりません。しかし食洗機があれば面倒な食器の後片付けを代わりにやってくれます。そのため少しでも家事の負担を和らげ、家でゆっくり休みたい一人暮らしの人には食洗機がおすすめです。

一人暮らしに最適なコンパクトタイプがある

食洗機と聞くと家族が使うもの、サイズが大きいといったイメージがありますよね。しかし最近はコンパクトサイズが増え、一人暮らしのキッチンのような省スペースにも置ける機種もあります。通常の食洗機ではスペースがなくて置けない場合は、一人暮らし用のモデルをチェックしてみてくださいね。

一人暮らし向け食洗機の選び方

取付け方で選ぶ

タンク式は工事不要で設置可能

タンク式とは食洗機内に装備されているタンクに水を手動で一定量入れて使用するタイプです。分岐水洗式のような工事の必要がなく手軽さが魅力です。またタンク内に入れた水で食器を洗浄するので、水道蛇口の近くに置かなくても使用可能。一人暮らしのキッチンなど、食洗機を置けるスペースがない時は、キッチン以外の別の場所に置くことも可能です。

分岐水洗式は水を自動で吸水できる

分岐水栓式とは蛇口から直接水を吸水するタイプです。水は運転時に自動的に吸入され、水を手動で入れる手間がかからないことも魅力です。しかし取り付けには工事を伴うため、本体価格以外にも工事費用と分岐水洗代が代金に上乗せされるのが一般的。引っ越しの際には取り外す費用も負担しなければなりません。そのため引っ越しの頻度が少ない人など、一度取り付けたら長い間取り外す予定のない人におすすめです。

省エネ性で選ぶ

節電仕様なら月の電気代を抑えることができる

食洗機は電気を使用するので、月の電気代が心配ですよね。そんな時におすすめなのが節電仕様のものです。乾燥時にヒーターを使わないモデルなら、1か月あたりの電気代を約800円に抑えることができます。また電気代が気になる時は消費電力をチェック。消費電力が少ない方が電気代は安くすみ、中には消費電力約500Wと、電気をあまり使わないモデルもありますよ。

節水モデルは1回あたりの水使用量5~7L程度が目安

手洗い時に水道から出る水の量は一般的には毎秒200cc程度。1分間では約12Lの水を消費していることになります。つまり洗いとすすぎに各2分費やすとなると、合計約50Lもの大量の水を使用している計算になります。しかし食洗機なら半分以下の水量で洗浄可能。中には水使用量5Lの節水モデルもあります。水使用量が大幅に減れば水道代も大きく減るので、電気代が増えた分を考慮してもトータル的に光熱費を安く抑えることが可能です。

設置場所で選ぶ

実際に置いた時をあらかじめイメージしておくのが重要

本体の大きさをしっかり確認しておかないと、想像していたよりも大きすぎた、食洗機が調理台を圧迫するといった問題が生じてしまいます。そこで購入する前には必ず本体サイズと設置可能サイズの両方を確認してください。また調理台など、設置する予定の場所に実際に設置した時のことをイメージしておくのも重要。調理台がどれだけ圧迫されるか、シンクから洗い物を入れる時の動線はスムーズかなど、色々とチェックしておくと良いでしょう。

前開きタイプなら上に吊戸棚があっても気にならない

食洗機の扉が上に見開くタイプで、扉部分がガバっと開口するので食器の出し入れがしやすいのが特徴です。しかし扉を開けた時に上の吊戸棚にあたってしまうことも。食洗機自体はおけるのに扉が開かないこともあります。その点、前開きタイプは扉が手前側に開くだけなので、あまり高さのないところにも設置可能です。

容量で選ぶ

一人暮らしなら1度に15点洗浄できるもの

一人暮らし向けの食洗機としては皿やグラスなど、食器を計15点程度洗えるものがおすすめです。茶碗やカップ、小皿など1度の食事で5点の食器を使うと仮定すれば、一人暮らしが1日で使う食器は約15点。15点洗えるモデルなら一人暮らしが1日で使う食器を1回の運転で洗うことができます。また洗いもの予備軍は食洗機の中に入れてしまえば、シンクもすっきり。食洗機が満杯になった時点でまとめ洗いすればOKですよ。

料理好きなら1度に40点洗えて鍋も入る大きいタイプもおすすめ

1度に40点以上洗えるモデルは洗浄可能な食器の点数が多いことさることながら、容量の大きさにも注目。大容量モデルなら大きな鍋など、かさばるものも食洗機に入れることが可能です。そのため料理好きな一人暮らしの人には大容量タイプの方がマッチする場合もあります。特にお菓子作りは調理器具を沢山使うので、一人暮らしであっても大容量タイプの方がおすすめです。

付随コースで選ぶ

乾燥コースがあれば皿を拭く手間が省けて後片付けも楽々

洗浄後でも食器に水滴が残っている場合、そのままでは食器棚に片付けるわけにはいきません。乾いた布巾で水滴を拭き取るか、もしくは食洗機の庫内に入れたまま水が切れるのを待つかのどちらかです。しかし乾燥機能が付いていれば布巾で拭き取る手間もなく、水が切れるのを待つよりもよりスピーディーに食器を乾かすことができます。 

低温コースなら熱に弱い食器も洗うことができる

食洗機は一般的に高温のお湯で洗浄します。そのためプラスチック製品など、熱に弱い食器は食洗機で洗うことはできません。しかし低温コースがあれば通常モードよりも低い設定温度のお湯で洗浄。熱に弱く通常コースでは洗えない食器も、低温コースを活用することによって洗浄可能です。そのためプラスチック製の食器を多く持っている人は、低温コース付きのモデルをチェックしておきましょう。

付加機能で選ぶ

動作音55dB以下なら周りに迷惑がかかりにくい

騒音のレベルはデシベルで表し、大きければ大きいほどうるさい音となります。また住宅街において騒音に感じない一般的なレベルは昼間が55dB以下、夜間は45dB以下です。つまり食洗機の動作音55dB以下なら、昼間のうちは周りの家に迷惑がかかりにくいということになります。中には動作音45dB以下の静音モデルもあり、夜間に使っても安心ですよ。

洗う時間を調整したい時はタイマー機能付きのもの

洗い物を食洗機の庫内にセットしたまま、運転開始時間だけずらしたい時もあります。たとえば深夜など、動作音が気になりますよね。しかし昼間に開始タイマーをセットしておけば安心。食洗機の運転音が近所迷惑になることも少なくなります。また電気料金が安い時間帯に運転開始時間をセットしておくことで、光熱費を抑えることもできますよ。

一人暮らし向け食洗機のおすすめブランド・メーカー

アイリスオーヤマ

気軽に購入できコスパが高い

一人暮らし向けのモデルは付随機能が物足りないと感じている人におすすめ。アイリスオーオーヤマ製のものは念入りコースやお急ぎコースなど、コースが充実しています。また99.9%除菌と乾燥もでき、コスパが高いのも魅力です。

パナソニック 

種類が豊富なので好みの機種を見つけやすい

パナソニックは以前から食洗機を製造しており、他のメーカーよりも種類が豊富。分岐水洗式のものがメインとなります。またエコナビ機能を搭載しており、水温と室温に合わせて最大約7%も節電することが可能です。

AINX

工事がいらないのですぐに使える

本体の上にある注入口から水を入れることにより給水完了。設置工事不要なので、業者に工事の予約をする手間がかかりません。またダブルノズル高温洗浄方式を取り入れており、コンパクトですが食器の洗いあがりは抜群ですよ。

エスケイジャパン 

フロントオープン式なので置き場所に困らない

本体の高さ約422mmとコンパクであるのに加え、フロントオープン式を採用。吊戸棚の下など、高さのない所にも設置することが可能です。また乾燥のみのコースや洗い時間を半分にできるスピーディーコースなど、便利なコースが5つ搭載されています。

おすすめ&人気の一人暮らし向け食洗機ランキング

乾燥機能付きでおすすめの一人暮らし向け食洗機

アイリスオーヤマ-KISHT-5000(54,780円)

上下にノズルがあるので360度から洗浄できる

上から水を注げば準備完了。付属の給水カップで楽に給水できるうえ、漏斗も付いてくるので水がこぼれにくくなっています。また庫内にある上下のノズルは回転式で、食器に付いた汚れをしっかり落とすことが可能です。

温水洗浄でしっかり洗い、風乾燥で庫内の再結露を抑制。食器の99.9%除菌と乾燥を実現しています。またコースは4つから選択でき洗い物に合わせて最適な洗い方で汚れを落とすことできるので、食器の傷つきも軽減可能です。そのため食器を大切にしている人におすすめですよ。

シロカ-食器洗い乾燥機 AR1747(49,800円)

設定した時間に運転開始可能

約65~70℃の高温洗浄を実現。手洗いでは落としにくい肉の汚れもすっきり洗い落とすことができます。またパワフルな水圧が庫内の隅々まで届きノズルも360度回転するので、食器に付いた洗い残しも少なくすみます。

食器の菌を99.9%以上除去してくれるので、梅雨や夏場など菌が繁殖しやすい季節でも安心です。また標準コース以外にもコースが3つ。中でも念入りコースは食後から時間が経過して汚れが落としにくくなってしまった食器を洗う時に便利です。ついつい食器の後片付けを後回しにしてしまう人はチェックしてみてくださいね。

東芝-食洗機(44,780円)

立体吸水トレイ付きで注いだ水がこぼれにくい

高さ約435mmと、吊戸棚があって高い高さを確保できない時でも設置可能。奥行と幅のどちらも435mm程度なので、調理場を圧迫することもありません。また上部の水の注ぎ口には付属のトレイを装着すれば水入れも簡単なので、タンク式のものは水入れが面倒と感じている人におすすめですよ。

コンパクトではありますが庫内は意外に広く、直径約23cmの大皿も入ります。またカトラリーを入れられる小物ポケットも付いており、箸やスプーンなどを洗う時に便利です。さらに約75度の高温加圧洗浄で汚れ落ちも抜群ですよ。

SOUYI-食器洗い乾燥機(43,780円)

タッチパネル式でスマートに操作できる

給水方法は2パターン。工事不要なタンク式と分岐水洗の2通りに対応しています。また庫内は上段と下段に分かれており、下段には皿や茶わんなどの標準食器を、上段にはカトラリーなど小物を置くことが可能です。

上部にあるタッチパネルで操作可能。ボタン配置がシンプルで、誰でも簡単に操作できます。また洗剤を使わずに水だけで洗うこともでき、付属のカゴを使えば果物を洗うことも可能です。さらにパーツを外すことができるので、お手入れの手軽さを重要視している人は要チェックですよ。

シロカ-食器洗い乾燥機 SS-M151(54,780円)

手洗いよりも約30L節水できる

分岐水洗にも対応可能。タンク式と分岐水洗式、生活スタイルに合わせることができます。そのためタンク式と分岐水洗式のどちらのタイプが良いか、決めかねている人におすすめです。また360度の放射状の洗浄水が食器をすみずみまで洗い流すことができます。ハンバーグを調理したボウルなど、落ちにくい汚れもしっかり落とせますよ。

高温で洗浄するので、99.0%除菌可能。手洗いよりも約30Lも節水でき、水道代をぐっと抑えることができます。またタイマー機能が付いており、好きな時間に自動洗浄させることが可能です。さらに4つのコースが搭載され、中でもおいそぎコースは約39分で洗浄を終わらせることができます。

コンパクトでおすすめの一人暮らし向け食洗機

versos-食洗機(34,800円)

ボタン一つで簡単に操作可能

水をタンクに入れる時に便利な給水カップが付属。専用ホースも付いてくるので、バケツなど、シンク以外に排水する時に便利です。カウンターテーブルなど、シンクが近くにない場所に設置したい人はチェックしておきましょう。また360度回転するノズルで、庫内にある食器をムラなく洗浄することができます。

最大約28点の食器の洗浄可能。上段と下段の2段式になっており、下段には皿や茶わんなどが収まります。また上段はカトラリーケースになっているので、箸やスプーンなどを置くことが可能です。さらに乾燥コースのみの運転にも対応しており、手洗いした食器を跡片付けにも活用できます。

アイリスオーヤマ- ISHT-5000(29,800円)

箸やスプーンも入れられる小物入れ付き

上下に360度回転するノズルが付いているので、汚れをしっかり洗浄。温水洗浄で油汚れもすっきり洗い流すことができます。また洗いものに合わせて選べるコースが4つ搭載しており、プラスチック製品は洗浄温度の低いソフトコースを使用することで洗うことが可能です。

スプーンやフォークなど、洗いカゴの隙間から下に落ちてしまうものを小物入れに収納することが可能です。また洗いカゴの下部にはローラーが付いており、食器が満杯で重くても手前に引き出しやすくなっています。女性や年配の人など、力の少ない人におすすめです。

ラクア-タンク式食器洗い乾燥機(29,800円)

洗いカゴにローラーが付いているので引き出しやすい

タンク式ではありますが通常の食洗機のように蛇口からの給水可能。生活スタイルに合わせて好みの方式を選択できます。また上下にノズルが付いており食器を囲うように洗浄するので、食器についた汚れをきれいに落とすことが可能です。

50度を超える高温のお湯で洗うので、手洗いでは落としにくい油汚れもすっきり洗浄できます。またローラー付きのカゴで、出し入れがラクラク。約17点分の食器を収めることが可能です。さらにパッチパネルを採用しており見た目もスタイリッシュなので、食洗機もインテリアの一部と考えている人におすすめですよ。

エスケイジャパン-食器洗い乾燥機 Jaime(35,800円)

コンパクトなのに機能が充実

扉は前に倒れるフロントオープン式を採用。高さのない所にも設置しやすくなっています。自宅のキッチンに吊戸棚がある場合など、高さを確保できない時はチェックしておきましょう。また背面に装備されている給水用のタンクは取り外すこともできるので便利です。さらに幅412mmとコンパクトなので、調理スペースを圧迫しませんよ。

洗浄コースは4つから選択できます。標準コースは約90 分かかりますが、スピーディーコースを選択すれば約45分で洗浄可能。急いでいる時や、食器をさっと洗いたい時に活用しましょう。また洗いなしで食器を乾かしたい時は乾燥コースが便利です。

AINX-食器洗い乾燥機 AX-S3W(49,280円)

上トレイに細かいものを入れられる

洗浄カゴは2段式になっており、食器の種類によって置く場所が異なります。たとえば茶わんや取り皿など、体積の大きい食器は下段。箸などのカトラリーは上段に置けるようになっています。上手に配置して、効率的に洗浄してみてくださいね。

洗浄モードを選びスタートボタンを押すだけの簡単ステップ。機械の扱いに慣れていない人でも簡単に操作可能です。また消費電力は310~480Wと省エネ性が高く、水も1度に5Lしか使わないので、手洗いよりも節水できます。そのため食洗機はお金が掛かるので導入しにくいと感じている人におすすめです。

大容量でおすすめの一人暮らし向け食洗機

AQUA-食器洗い乾燥機(47,510円)

お手入れがしやすいガラストップ仕様

庫内にはステンレス素材を採用。耐久性に優れ、汚れも付きにくくなっています。また扉をガラストップ仕様にすることで洗浄状態を目で確認することが可能でき、お手入れもしやすいので清潔に保つことが可能です。

低騒音約36dBで運転できるナイトモード搭載。遅い時間に食洗機を稼働したい人におすすめです。また普段の洗浄に使う標準はもちろんのこと、洗浄時間を短縮できるお急ぎコースや低温コース、しっかり洗いたい時に便利な念入りコースも搭載されています。

パナソニック-食器洗い乾燥機NP-TCR4(49,280円)

水筒やどんぶり鉢も入れやすい

ワイヤーカゴはフラット構造。左右に長いピンが設置され、どんぶりなどのかさばる食器が入れやすくなっています。また低温ソフトコースを選ぶことで、プラスチックなど耐熱温度60度以上の熱に弱い食器を洗うことが可能です。

バイオパワー除菌機能を搭載しており、約50度の洗剤液を食器に直接噴射。洗剤中の酵素が活性化し汚れを素早く分解することができます。また扉が前に倒れるので高さのない所や、奥行きも300mmとコンパクトなので省スペースにも設置可能です。食洗機は置きたいけれど作業スペースは確保したい人などにおすすめですよ。

パナソニック-食器洗い乾燥機 NP-TA3(75,800円)

食器を1度に40点洗浄可能

食器点数40点も一度に洗える大容量タイプ。大きな鍋やパーティー皿など、コンパクトモデルでは入りきらなかった食器や調理器具も洗うことができます。そのため人を招くのが好きな人や、料理好きな人におすすめモデルです。

洗浄力はピカイチ。酵素を活性化させながら洗浄液を食器に噴射することで、汚れを素早く分解。高圧の水流できれいに洗い流します。また残さいフィルターは取り出して2つに分けられるので、洗いやすくお手入れが簡単です。

パナソニック-食器洗い乾燥機 NP-TZ200(84,500円)

洗浄後も食器を清潔に保管できるナノイー X搭載

パナソニック独自のナノイーX技術を搭載。庫内の残りがちな嫌な臭いを抑制と除菌し、洗浄後も食器を清潔に保つことができます。また汚れのレベルに応じて洗浄行程を調節できるので、汚れをしっかり落としきることが可能です。

上カゴにちょこっとホルダーを装備。シリコンカップなど、小さくて軽いものを洗うのに便利です。またお弁当箱も固定することができるので、職場に弁当を持参している人におすすめです。さらに自動ドアオープン機能が搭載されているので、両手がふさがっている時に便利ですよ。

まとめ

タンク型の一人暮らし向け食洗機がおすすめ

タンク型なら工事不要で取り付け可能。工事費用や分岐水洗代がかからず、手軽に食洗機を導入することができます。今回は一人暮らし向け食洗機のランキング形式で紹介してきました。是非食洗機を導入して、家事の負担を軽減しましょう。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*