おすすめのシリコンラップ人気比較ランキング!【蓋型も】

調理用ラップは電子レンジの温めや食材の保存などで大活躍です。しかし使い捨てなので、もったいないと感じることもありますよね。そんな時におすすめしたいのがシリコンラップで、繰り返し使用できるため経済的なキッチングッズです。そこで今回は人気のあるシリコンラップをランキング形式で紹介します。選び方のポイントも解説するので、シリコンラップに興味のある人は是非参考にしてみてくださいね。

シリコンラップのメリット

何度も繰り返し使用可能

通常の食品用ラップは洗うことができないため、一度使うと廃棄します。一方シリコンラップは洗うことによって繰り返し使用可能。使い捨てではないので地球環境にやさしく、買い足す頻度も少なくなるので経済的です。

吸着力が高く食材が日持ちする

素材にシリコンを使っているので、食材にぴったり吸着。空気に触れる面が少なくなるので酸化しにくく、食材が日持ちします。野菜や果物など、使いかけの食材にシリコンラップをかけて、みずみずしさをとじこめましょう。

シリコンラップのデメリット

ゴミは減るが手入れの時間がとられ保管場所も必要

面倒に感じるかもしれませんが手入れを怠ると不衛生なうえ、劣化しやすくなってしまうので、使い終わったら必ず洗浄しましょう。また他の調理機器に紛れ、いざ使おうという時に見つからないことも。そのため専用の保管場所をしっかり用意しておき、常に使いやすくしておくことを心がけてくださいね。

シリコンラップの種類

平型

どんな形の食器や食材にも対応可能

平型とは主にペラペラのシート状のもののことで、コンパクトに折りたたむことが可能です。また丸形やメーカー独自の形など様々なデザインがあり、中には伸ばしやすいようにつまみ部分があるものも。きれいにラップを掛けることができます。

表面はつるつるしておらず、凹凸加工されているものがほとんど。凹凸部分がすべり止めになるので硬い瓶の蓋を開ける時などに便利です。また約2倍に伸縮するので、丸型や角型など、どんな形状の器にもあわせやすいのが魅力です。

立体型

食器の形に合っているので外れにくい

底辺と側面からなっており、やや立体的な設計。食材や器にかぶせるようにして使います。またつまみが付いているので着脱も簡単。手先が不器用なひとでも安心です。さらに立体に固定されているため、平面型のものより手洗いしやすくなっています。

立体型は大きく2つの種類に分類可能。丸型と角型があり、丸型のシリコンラップは丸いお皿に、角型のものはスクエアタイプの器に使います。器と同じ形のラップにすればより密着させることができるので、手持ちの食器にあわせてラップの形状を選ぶようにしましょう。

蓋型

マグカップなどの蓋代わりになる

飲みかけのマグカップを保存する時に、食品用ラップを飲み口に掛けておくこともあります。そんな時におすすめなのが蓋型のシリコンラップです。蓋型のものがあればカップの上にポンと乗せるだけ。食品用ラップを切る、かぶせるよりも簡単です。

デザイン性の高いものが多いのが特徴。スタイリッシュなものから可愛いものまで、様々なデザインがあります。中には取って部分が動物の耳になっている目を引くデザインのものも。会社や学校で使えば、注目の的になるでしょう。

おにぎり型

おにぎりを簡単に作ることができる

三角のおにぎり型をしたシリコンラップで、誰でも簡単に三角型のおにぎりを作ることができます。また作ったおにぎりはシリコンラップに詰めたまま持ち運ぶことが可能。バッグにいれても、シリコンラップが型崩れを防いでくれます。

三角おにぎりにかたどられているので、他のシリコンラップよりも使い道が限定されています。そのため基本的には、おにぎり作る頻度が多い人におすすめのシリコンラップです。しかし電子レンジに対応しているものを選べば他の調理にも応用できるので、使い方を研究してみるのも面白いですよ。

シリコンラップの選び方

対応可能サイズで選ぶ

お皿やボウルに使う時は直径20cm程度を対応できるもの

対応サイズとはシリコンラップを掛けられるおよその大きさのこと。シリコンラップの本体サイズのことではありませんのでご注意ください。尚、取り皿など一般的な皿に使う時は直径20cm程度対応可能なものが基準です。但し、所有する食器の大きさは人それぞれなので、購入する前に手持ちの食器のサイズをしっかり測り、把握しておくと良いでしょう。

対応可能サイズが直径10cm以下のものは使いかけの食材の保存に便利

使いかけの食材を保存する際には断面をカバーできる、直径10cm以下のもの。食材を一度に使い切らずに、別の日に余った食材を使うことが多い人におすすめです。またマグカップやグラスなどの蓋代わりにもなり、汎用性があります。尚、食材は包丁で切った部分から痛みやすいため、断面部分をしっかりカバーできるものを選んでくださいね。

耐熱・耐冷性で選ぶ

調理にも使用したいなら電子レンジ対応のもの

電子レンジに対応していれば、シリコンラップをかけたまま温めることができます。わざわざ他の調理器具を使う手間を削減。作業工程がスムーズになります。また洗いものも減るので一石二鳥です。電子レンジで調理することが多い人や、夕食のあまりにラップをかけて次の日に温め直して食べることの多い人などは、シリコンラップが電子レンジに対応しているかチェックしてみてくださいね。

オーブン対応なら料理の幅も広がる

耐熱温度が高ければオーブンでも使用可能。オーブンは電子レンジと熱の入れ方が違うので、電子レンジとは一味違う料理を作ることができます。電子レンジは蒸し料理が得意なのに対し、オーブンは焼きがメインです。たとえばグラタンや焼き料理など、焼き色が美味しさの決め手になるような料理を作りたい場合はオーブン対応のものがおすすめですよ。

食材を長期保存したい時は冷凍可能なもの

耐冷性が高いシリコンラップなら冷凍庫でも使うことができます。冷凍保存された食材は冷蔵庫で保存したものよりも日持ちするので、すぐに使い切る予定がない食材に対しては冷凍可能なシリコンラップがおすすめです。尚、家庭用冷凍庫の一般的な設定温度は-18度となっているので、-20度ほどあるものを選んでおけば良いでしょう。

形で選ぶ

食器や食材と同じ形状のものが基本

シリコンラップは食器や食材などに合わせて伸ばすことができますが、被せる側のラップと覆われる側である食器や食材の形状が同じならより伸ばしやすくなります。つまり円いものには丸型のラップ、四角いものには角型のラップのうように使うのが基本です。そのためどういった形状のものに使うのか、実際にシリコンラップを使う場面を想像しておくことが大切です。

食器は丸型でタッパーは角型なのが一般的

これから新生活を始める場合など、まだ食器を買い揃えていない人は、何を基準にしてシリコンラップの形を決めれば良いか分かりませんよね。またシリコンラップをプレゼントにする場合、相手方が持っている食器の形状まで把握できていない場合もあります。そこで普段食卓で使う茶わんや皿は丸い形が多いので丸型のシリコンラップ。一方食品を保存するタッパー角型が一般的であるというのを基準にすると選びやすいですよ。

シリコンラップのおすすめブランド・メーカー

山崎実業 

スタイリッシュで見た目がおしゃれ

直線的なフォルムが印象的なtowerシリーズ。男女問わず人気があり、使う人を選びません。またシンプルなデザインはどんなキッチンにも合いやすく元のインテリアを壊さないので、贈り物にしやすいのも魅力です。

スケーター 

どんな形状の器にも使いやすい

平型のものを扱っています。シンプルなデザインで、どんな器にも合いやすいのがポイント。仮に器を買い替えても、シリコンラップはそのまま使用可能です。また大小2枚セットになっており、小さな皿から大きな皿までカバーできるのも魅力となります。

ププリエ 

密閉性が高く食品を新鮮なまま保存できる

可愛らしい笑顔のマークが中央にデザイン。見ているだけでハッピーな気分になれます。またサイズの異なる立体型のシリコンラップが6枚セットになっており、つまみやすい取っ手も付いているのでラップの着脱も簡単です。

ル クエ 

デザイン性が高くプレゼントにも最適

デザインがおしゃれで、主婦からは絶大なる人気があり、プレゼントにも喜ばれます。またメーカー独自の素材であるプラチナシリコンを使用。匂いが移りにくく、柔らかいうえに丈夫です。さらに水はじきが良いので、お手入れが簡単です。

おすすめ&人気のシリコンラップランキング

平型でおすすめのシリコンラップ

スケーター-エコな丸型シリコンラップ 2枚入(1,180円)

中身が見える透明タイプで使いやすい

直径15cmと直径22cmの大小2枚セット。小さいほうは直径18cm以下の器や食材を、大きい方は直径18~30cm以下のものに対応しています。そのため普段使いする小皿はもちろん、料理の下ごしらえで使う大きなボウルまでカバーできるので、料理好きの人におすすめです。

透明なシリコンを使用しているので、カバーをしたまま中身を確認することができます。また-40度から230度までの使用可能。食材の冷凍保存や電子レンジにも使うことができます。さらに熱を加えても硬くなりにくく、煮沸消毒でお手入れすることも可能です。

インテリアオフィスワン-シリコンラップ (1,925円)

使い分けできる3色セット

異なる3色がセットになっているので何かと便利。ブルーでラップしたものは生食用、ピンクでラップしたものは加熱調理用など、色で中の食材を判別することができます。また電子レンジにも対応しているので、そのまま加熱調理することも可能です。

表面に凸があり、裏表の判別に役立ちます。またフチは緩やかなカーブになっているので、ラップをひっぱりやすくなっているのも魅力です。さらにラップを貼り付けることができる保管シート付き。シリコンラップの収納方法に困っている人におすすめです。

スケーター-シリコンラップ 角型2P(990円)

電子レンジや冷凍庫でも使用可能

約2倍に伸縮可能。大小2枚セットになっており、器の大きさによって使い分けることができます。またシリコンは透明になっているので、ラップしても中身を確認することが可能です。さらに洗っても粘着力はそのまま。何度も使用することができます。

-40度までの耐冷と、230度までの耐熱が付いています。そのため冷凍保存はもちろんのこと、電子レンジで使用可能です。また食洗機で手軽に洗うこともできるので、お手入れの手間を軽減したい人におすすめですよ。

立体型でおすすめのシリコンラップ

ププリエ-シリコーンラップ 6枚セット(1,102円)

食洗機が使えてお手入れも楽々

大小様々な異なるサイズが6枚セットになっており、1番小さいものは直径6.5cmと、マグカップのような小さな器に対応可能。一方最大サイズのものになると直径が約20cmもあり、鍋やボウルの蓋として使うこともできます。

円い立体型をしており、器にぴったりフィット。つまみ部分が付いており、取り外す時も楽々です。また電子レンジが使えるので、ラップごと温めることができます。さらにすべり止めにもなり、硬い蓋を開ける時にも役立ちますよ。そのためシリコンラップを色々な用途に使いまわしたい人におすすめです。

ルクエ-ストレッチトップ 26cm(3,850円)

スイカも保存できるビッグサイズ

側面部分がくびれており、少しユニークなデザインをしています。トップ部分にはプラチナシリコンと呼ばれるメーカー独自の素材を使用。匂い移りに強く耐久性も高いのが特徴です。そのため同じシリコンラップを長く使い続けたい人におすすめですよ。

柔らかくよく伸びるので、器に被せやすくなっています。また安全性が高く、食品を扱う調理グッズとして最適。食品そのものに直接ラップをすることもできます。またデザイン性もあるので、プレゼントにするのもおすすめです。

Food Huggers-シリコンラップ 5枚セット(2,200円)

カラフルなデザインがキッチンを明るくする

ラップに向かって野菜の断面をやさしく押しこむだけ。フチが食材をしっかり抑え込み、ラップと食材がしっかり固定します。また密着度が高いので、食材の旨味を外に逃しません。そのため切った食材の美味しさもキープ可能です。

もちろん切った食材以外にも使用可能。コップや缶にも使うことができます。また匂いを防ぐ機能もあるので、そのまま冷蔵庫に入れても食材の匂いが充満しにくいのもポイントです。また取り付けた時の見た目が可愛いので、調理中のテンションを上げたい人は、是非チェックしてみてくださいね。

Ricco-シリコンラップ S(770円)

保存した日が分かる日付ダイヤル付き

伸縮性に優れており、丸型ではありますが、四角いタッパーなど様々な容器に使うことができます。そのため使う容器が1つの形に定まらない時や、まだ食器を買い揃えていない時。または誰かへのプレゼントにする時におすすめです。

ラップの中央に目盛りが付いたダイヤル付き。調理した日や、冷蔵した時間などの目印にすることができます。またつまみがついているので、引っ張る時に便利です。さらに電子レンジにも対応しているので、余分な調理器具を使う必要もありません。

蓋型でおすすめのシリコンラップ

山崎実業-シリコンカップカバー(550円)

スタイリッシュなデザインが人気のtowerシリーズ

トップ部分に小さな突起付きの、どこか可愛らしいデザイン。突起は蓋を持ち上げる時の持ち手にもなります。またトップとは別にサイドにも持ち手が付いており、カップの中に湯気が充満している時の蓋の取り外しに便利です。

サイドの持ち手は輪っか状になっており、フックなどに掛けることができます。そのため洗った後は掛けて干しておくことも可能。目立つ場所に掛けておけば、いざ使う時探す手間もありません。また見た目もシンプルなので、空間に溶け込みやすいのも魅力です。特にtowerシリーズでキッチン用品を揃えている人は是非チェックしてみてくださいね。

スワイライフ-アニマルカップカバー(605円)

動物の耳が付いた可愛いカップカバー

蓋の部分に動物の耳もモチーフがあしらわれており、その場の雰囲気も明るくします。尚、動物は全4種類。色違いを含めると6パターンから選択することができます。たくさん並べれば見た目も華やかになるので、キッチンをがらりと模様替えしたい人は、是非全種類揃えてみてくださいね。

カップに被せておけば飲み物をホコリから守ることができます。また冷蔵保存もできるので、飲み物を冷たく冷やすことが可能。電子レンジにも使用でき、蓋を置いたまま飲み物を温め直すことができます。さらに紅茶の蒸らし作業など、工夫次第で色々と活用可能です。

カナケン-カップカバー フラワー(810円)

蝶々のツマミがアクセントになっている

花びらが重なりあっているエレガントなデザイン。優雅なティータイムを楽しみたい女性向けの蓋型シリコンラップです。またクリア素材でできた蝶々のツマミが、さらにデザイン性を高め、飾っておくだけでも絵になります。

カラーは4種類から選択可能。ピンクは可愛らしいものが好きな人に、イエローは元気を出したい人におすすめです。またパープルは落ち着きがあり、いつもお世話になっている年上の人へのちょっとした贈り物にも最適ですよ。

おにぎり型でおすすめのシリコンラップ

カラフルBOX-おにぎりラップ 2個組(748円)

おにぎりを作って携帯できる

手を汚さずにおにぎりを作れる、三角おにぎり型のラップです。作り方は簡単で、容器にご飯を詰め、ご飯全体を包んだらフラップを止めラップごと軽く握るだけ。あっという間に三角おにぎりの完成です。おにぎり作りが劇的に簡単ですよ。

作ったおにぎりはフラップを外せば食べることができます。また容器ごと携帯可能。型崩れ防止になるうえ、別の容器に移す必要がなく一石二鳥です。さらに電子レンジでもつかえるので、中のご飯が硬くなっても安心。職場でもふっくら温かいおにぎりを食べたい人におすすめです。

発明屋-にぎってケロ(1,551円)

カエル型でおにぎりを作るのが楽しくなる

カエルがモチーフのおにぎり型で、三角おにぎりを簡単に作ることができます。一番の特徴は見た目の可愛さ。カエルらしいグリーン以外に、女の子に人気のピンクと元気カラーのイエローがあります。子供ウケがばっちりなので、是非親子で一緒におにぎり作りを楽しんでみてくださいね。

200度の耐熱性があり、熱々ご飯でも難無く作れます。またお寿司のシャリや小さい俵型のおにぎりが作れるベルトが付属しており、三角おにぎり以外も調理可能。寿司ネタを用意したら、家庭でも手軽に寿司パーティーを開くことができますよ。

まとめ

耐熱・耐冷温度の幅が広いシリコンラップがおすすめ

耐熱温度が高ければオーブンや電子レンジなどでも使用することができます。また耐冷性も高いものは冷凍保存でき、食材を長期保存可能です。今回は人気のあるシリコンラップをランキング形式で紹介してきました。シリコンラップの活用方法を考えながら、自分にぴったりのものを見つけてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*