おすすめのチェアベルト人気比較ランキング!【リッチェルも】

赤ちゃんと外食をした時に子供用の椅子がなくて困ったことはありませんか。レストランによっては子供用の椅子を置いていないこともあり、事前に確認ができない場合も多いですよね。そんな時におすすめなのが、チェアベルトです。チェアベルトがあれば、赤ちゃんも大人用の椅子を使うことができるので便利ですよ。今回はそんな便利なチェアベルトのおすすめ人気ランキングを紹介します。チェアベルトの選び方も紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

チェアベルトの特徴

椅子に装着して赤ちゃんの姿勢を固定できる

子供と一緒に出かけたレストランで、子供用のハイチェアがなくて困った経験がある人も多いですよね。そんな時に便利なのがチェアベルトです。チェアベルトは椅子に取り付けて使うベルトで、赤ちゃんの姿勢を固定することができますよ。チェアベルトを使えば、赤ちゃんが大人用の椅子でも安全に座ることができるので外食時はもちろん自宅でも便利に使うことができます。

お座りができるようになってから自分で食べられるようになるまで使える

チェアベルトを使い始める時期は、赤ちゃんがママの支えがなくても自分で座れるようになる6か月から7か月頃です。月齢は目安で赤ちゃんの成長には個人差があるので、赤ちゃんが一人でお座りができるようになってから使い始めるようにしましょう。チェアベルトの卒業時期は、赤ちゃんがスプーンやフォークを自分で使えるようになることが目安ですよ。ママが食べさせないで自分で食事ができるようになると、チェアベルトをつけた状態ではテーブルに手が届きにくいので食事の邪魔になってしまいます。チェアベルト自体は2歳頃まで使えるものも多いので、シーンに合わせて使うのがおすすめですね。

色々な椅子に使えるので外食時に役立つ

チェアベルトの魅力は幅広い椅子に取り付けられるところです。背もたれがあればほとんどの椅子に取り付けられるので、子供用のハイチェアでも大人用のダイニングチェアでも使えます。幅広い椅子に使うことができるので、レストランで食事をする時にも便利です。チェアベルトがあれば、赤ちゃんと一緒に色々なお店で外食がしやすくなりますよ。

チェアベルトの種類

ベルト型

コンパクトで持ち運びがしやすい

チェアベルトは大きく4つの種類の形に分けることができます。最もシンプルなタイプがベルト型のチェアベルトです。ベルト型は赤ちゃんを座らせてから椅子に巻き付けるだけで使えるチェアベルトで、取付けが簡単なのでサッと使いやすいのが利点ですよ。

シンプルな作りのベルト型チェアベルトは、使っている布の面積が少ないので折りたたみやすいのも特徴です。コンパクトに折り畳んで収納がしやすいので、持ち運びも楽々。シンプルなベルト型はホールド力が少なめなので、赤ちゃんが安定して座れるようになる10か月以降におすすめの形です。

パンツ型

お尻をしっかり支えてくれる

パンツ型はチェアベルトの中で最も主流の形です。名前の通りパンツのように履いて使うチェアベルトで、股や腰を包み込むように使うのが特徴です。まずチェアベルトを椅子に取り付けてから、チェアベルトの上に赤ちゃんのお尻を座らせて使いますよ。

パンツ型のチェアベルトは赤ちゃんのお尻とお腹をすっぽり包んでくれるので、安定性が高く赤ちゃんが抜け出しにくいのが利点です。ベルト型よりも広い面で赤ちゃんの体を支えるので、赤ちゃんがリラックスして座りやすいですよ。パンツ型のチェアベルトは種類が多いので、自分好みのものを選びやすいのも魅力です。

椅子一体型

背もたれ全体で体を固定できる

ホールド力の高さを求めるなら、おすすめなのが椅子一体型のチェアベルトです。パンツのように履いて使うのはパンツ型と同じですが、椅子への取付け方が違いますよ。パンツ型はベルトを椅子に巻き付けるだけですが、椅子一体型のチェアベルトはさらにカバーを背もたれに被せて取り付けます。

背もたれにカバーを被せて使う椅子一体型のチェアベルトは、背もたれ全体で赤ちゃんの体を支えるので安定感に優れているのが特徴です。赤ちゃんが暴れても前のめりになりにくいので安心です。使用している生地が多いので4種類の中ではかさばりやすいですが、最近はコンパクトに畳めるものもありますよ。

サロペット型

迷子ひもとしても使える

パンツ型と椅子一体型のチェアベルトが赤ちゃんの下半身を支えるのに対して、サロペット型は上半身を支えるタイプのチェアベルトです。オーバーオールのような形をしていて、腕を通して使いますよ。赤ちゃんの胸を布が包むので、前のめりになりにくいのが特徴です。

サロペット型のチェアベルトの特徴は迷子ひもとしても使いやすいところです。リードがついているものもあり、チェアベルトと迷子ひもの2通りで使うことができますよ。サロペット型のチェアベルトは下半身を支えることができないので、赤ちゃんが安定して座れるようになる10か月以降に使うのがおすすめの形ですね。

チェアベルトの選び方

安全面で選ぶ

子供の手が届かないバックルのチェアベルトが安全

チェアベルトを使っている時に心配なのが、チェアベルトが外れてしまうことです。チェアベルトを安全に使うためには、マジックテープやバックルが子供の手が届かない位置にあるものを選ぶのがおすすめですよ。チェアベルトの多くはマジックテープやバックルを留めて使いますが、これらは外し方がシンプルなので子供が自分で外せてしまうことも多いです。強力に留めてあるものでも、使っているうちに自分で外せるようになることもしばしばです。そのため、マジックテープやバックルが子供の手が届かない位置にあるチェアベルトを選ぶのが安心ですね。

下半身と上半身をダブルで固定できればより安全

下半身を支えるパンツ型のチェアベルトは、赤ちゃんが動いているうちに段々前のめりになってしまうことがあります。特にアクティブに動く赤ちゃんの場合は、布がずれてしまうことが多く前のめりになりやすいので注意が必要ですよ。そこでおすすめなのが、腰ベルトだけではなく肩ベルトもあるチェアベルトです。腰と肩の両方にベルトがあれば、下半身も上半身も固定できるので前のめりになってしまう心配がありません。

使いやすい機能で選ぶ

ベルトのサイズ調節が可能なら外食でも使いやすい

チェアベルトを快適に使うためにベルト調節機能は大切なポイントです。チェアベルトの椅子に留めるベルト部分に調節機能があれば、幅広いサイズの椅子に留められるので外食時にも使いやすいですよ。また、椅子に留めるベルトだけではなく、赤ちゃんの体を留めるベルトも調節が可能なら隙間ができないので前のめりを防げます。赤ちゃんが薄着の時でも厚着の時でも、体にフィットさせて使うことができます。

大人の腰にも装置可能なら膝の上に載せて使える

様々なシーンで活躍するのが、椅子だけではなく大人の腰にも装着できるチェアベルトです。赤ちゃんが一人で座る時に便利なチェアベルトですが、時には一人で座るのを嫌がる場合もありますよね。大人の腰にも装着できるチェアベルトは、赤ちゃんをママやパパの膝に座らせる時にもとても便利に使えます。ベルトが赤ちゃんの体を固定してくれるため両手で赤ちゃんを支える必要がなく、両手を自由に使うことができますよ。

お手入れのしやすさで選ぶ

清潔に使うために洗濯可能なチェアベルトがおすすめ

チェアベルトは食事で使うことが多いので、どうしても食べ物の汚れがつきやすいです。また、チェアベルトに赤ちゃんの汗がつくので、使っているうちに臭いがついてしまうことも。チェアベルトを清潔に使い続けるためには、洗濯や手洗いができるチェアベルトを選ぶのがおすすめです。忙しいママのためには、洗濯機で丸洗いできるチェアベルトがよりおすすめですね。

防水仕様なら食事汚れが染み付きにくい

トマトソースなどの生地に染み込みやすい汚れは洗濯をしても落ちないことがありますよね。食べ物のしつこい汚れ対策には、防水加工が施してあるチェアベルトがおすすめです。防水仕様なら、食べ物や飲み物の汚れがついてしまってもサッと拭き取ればきれいになるので便利ですよ。防水タイプのチェアベルトでも洗濯ができるものもあるので、より清潔に使いたい人におすすめです。

チェアベルトのおすすめブランド・メーカー

日本エイテックス

ワイドな布が体をしっかり支えるチェアベルト

日本エイテックスのチェアベルトの特徴は、布地が大きいところです。大きな布地が赤ちゃんの体を支えるので、赤ちゃんがリラックスして座りやすいですよ。前面は赤ちゃんの胸まで布があるので、前のめりもしにくいです。

リッチェル

3つの形から選べるチェアベルト

リッチェルのチェアベルトは可愛いスヌーピー柄のデザインが特徴です。ベルト型、パンツ型、サロペット型の3タイプのチェアベルトがあるので、好きな形を選べます。畳めばポーチの形になるので持ち運びもしやすいチェアベルトですね。

フィセル

おしゃれなデザインで汚れにくいチェアベルト

フィセルのチェアベルトは、インテリアにもなるようなおしゃれなデザインが魅力です。フランスの伝統的な生地ブランドのデザインを使用したチェアベルトは、大人目線でも可愛いですよ。腰と肩にベルトがついているので、安全性も高いです。

hugpapa(ハグパパ)

ダイヤル調節でしっかりフィットするチェアベルト

ハグパパのチェアベルトはダイヤルを回して調節をするのが特徴的です。赤ちゃんにベルトを装着した後にダイヤルを回すだけで、調節ができるので簡単に扱えます。赤ちゃんの体によりフィットさせやすいので、安全に使えるチェアベルトですね。

おすすめ&人気のチェアベルトランキング

持ち運びにおすすめのコンパクトに畳めるチェアベルト

日本エイテックス-キャリフリーチェアベルト(1,769円)

大きな布で体をしっかり包む

日本エイテックスのチェアベルトは布地が大きいのが特徴です。布地の広い面で下半身を支えるので、赤ちゃんが安定して座りやすいですよ。他のパンツ型のチェアベルトに比べて、赤ちゃんの体を深く包み込むので前のめりを防ぎやすいのが魅力です。

豊富な種類のデザインから選べるところも魅力です。シンプルで使いやすい無地だけではなく、ポップな星柄など様々なデザインがあるので好みのデザインがきっと見つかりますよ。軽量でコンパクトに畳めるチェアベルトなので、外食時にも使いやすいです。

リッチェル-2WAYチェアベルト(2,099円)

2通りの使い方ができるチェアベルト

上半身をしっかり支えてくれるサロペット型のチェアベルトです。安定して座れるようになる10か月以降におすすめのチェアベルトですね。肩ベルトと胸の布で上半身を固定するので、前に倒れることがないのが利点ですよ。可愛いスヌーピー柄のデザインもおすすめポイントです。

リッチェルの2WAYチェアベルトはチェアベルトとしてだけではなく、迷子ひもとしても使えるのが特徴的です。チェアベルトの後ろ側にリードを取り付ける場所があるので、迷子防止に使うこともできます。ポーチ型に畳むことができ、食事で汚れてもその面がバッグにつかないところも便利ですね。

日本エイテックス-キャリフリーチェアベルト(3,520円)

より使いやすく進化したチェアベルト

ユーザーの声を元に進化した、日本エイテックスのチェアベルトのバージョンアップ版です。特徴的なのはセーフティベルトがついているところで、赤ちゃんが急に立ち上がろうとしても防いでくれますよ。また、エコバッグのように畳んでポケットに収納ができるので、よりコンパクトに持ち運びやすいです。

ママの体のことも考えているところも特徴的です。大人の体や椅子に巻き付けるサポートテープが従来のチェアベルトよりも太い作りになっているので、腰への食い込みを防いで負担がかかりにくいですよ。無地だけではなく、星柄やレオパード柄などデザインの種類が多いのも魅力ですね。

handmade mamiri(ハンドメイドマミリ)-ベビーチェアベルト レギュラー(3,300円)

便利機能がたくさんついているチェアベルト

シンプルな形で使いやすいベルト型のチェアベルトです。シンプルなベルト型ですが、パンツ型のように足を通して下半身を支えることができますよ。マジックテープの位置が後ろにあるので、子供が自分で外してしまうことがなく安心です。赤ちゃんの胸を包むくらい布があるので前のめりしにくい上に、中に綿が入っていることでお腹を圧迫しないのが魅力です。

ネットを使えば洗濯ができるので、汚れてもすぐに洗えるところも利点です。今回紹介したレギュラーサイズの他に、ベルトがさらに長いロングサイズとスーパーロングがあるので椅子のサイズに合わせて選ぶことができますよ。持ち運び用の巾着袋もついているので、チェアベルトの汚れがバッグについてしまうことがありません。

体をしっかり固定するおすすめのチェアベルト

hugpapa(ハグパパ)-ベビーチェアブースター(6,480円)

子供の体型に合わせられるチェアベルト

赤ちゃんの体によりフィットさせて使えるチェアベルトです。他のチェアベルトのようにベルトで調節するのではなく、中央についているダイヤルを回すだけで素早く簡単に調節ができますよ。赤ちゃんの体型にぴったり合わせやすいので、安定して座ることができます。

腰ベルトだけではなく肩ベルトもついていて、前のめりや立ち上がりを防ぐので安心して使えます。対象年齢が3か月からで、他のチェアベルトよりも早く使い始めることができるのも特徴です。形を変えて迷子ひもとしても使えるので、長く使い続けられるチェアベルトですね。汚れたら洗濯できるので、長く清潔に使えますよ。

ファムベリー-収納ポケット付きチェアベルト(3,190円)

腰に隙間ができないチェアベルト

腰と肩のベルトが赤ちゃんの体をしっかり固定してくれるチェアベルトです。腰ベルトが赤ちゃんの腰にフィットして隙間ができないので、抜け出してしまう心配がありません。肩ベルトが上半身をしっかり固定するので、前のめりも防いでくれますよ。

肩ベルトがあるチェアベルトは、赤ちゃんの体型や動きによって肩ベルトがずり落ちることがありますが、その場合は背中のベルトをクロスさせることで改善できますよ。洗濯をしても乾きやすくシワができにくい素材を使用しているので、日常の中で便利に使えます。エコバッグのように丸めてポケットに収納できるので、持ち運びもしやすいです。

my little seat(マイリトルシート)-マイリトルシート(4,043円)

カナダのママが考案した安全チェアベルト

有能デザイナーだった当時1歳児のママが作ったチェアベルトです。彼女の母親がタオルを使って赤ちゃんを椅子に固定していたのを思い出したことから、ひらめきを得て生まれました。背もたれにカバーを被せて使う椅子一体型で、安定性が高いですよ。

背もたれカバーはアジャスターを引っ張って背もたれに固定する形なので、背もたれがあればほとんどの椅子にフィットします。脚付きの椅子だけではなく、座椅子にも使用できますよ。肩ベルトもついているので赤ちゃんの体をしっかり固定でき、前のめりや立ち上がりを防いで安全性も高いです。デザインの種類が多く、どれもおしゃれで可愛いのも魅力ですね。

Herasa(ヘラサ)-ベビーチェアベルト(1,925円)

取り付けが簡単な椅子一体型チェアベルト

背もたれにカバーを被せて使う椅子一体型のチェアベルトです。椅子一体型のチェアベルトの中では、取り付けが簡単なので外出先でも使いやすいですよ。肩ベルトもついているので前のめりや立ち上がりの心配もなく、安心して使うことができますよ。

背もたれ付きの椅子ならほとんどの椅子に使用できるので、外食時にも重宝しますよ。収納用の巾着袋がついているので、バッグに入れてコンパクトに持ち運ぶことができますよ。濃いブルーで汚れが目立ちにくいところも使いやすいポイント。

汚れに強くておすすめのチェアベルト

フィセル-チェアベルト(4,180円)

フランスの伝統的デザインのチェアベルト

上品なデザインがおしゃれなチェアベルトです。南フランスの伝統的な生地ブランドであるソレイアードのデザインを使用した小花柄のチェアベルトには上品な印象があります。ソレイアードのデザインの他に、モノトーンデザインがおしゃれなクマイラストのタイプもありますよ。

もちろん魅力的なのはデザインだけではありません。表地は生地にPVC加工が施されているので、汚れを落としやすく水の侵入を防ぎます。腰ベルトだけではなく肩ベルトもついているので、体をしっかり固定して前のめりや立ち上がりの心配がありません。

日本エイテックス-キャリフリーチェアベルト REシリーズ(2,530円)

撥水加工で汚れにくいチェアベルト

人気チェアベルトでお馴染みの日本エイテックスの汚れに強いバージョンです。チェアベルトの生地に撥水効果があるナイロンを使用しているので、ジュースやソースをこぼしてもサッと拭き取れます。光沢感のあるナイロン生地は汚れに強いだけではなく、高級感がありますよ。

チェアベルトの生地が大きく、下半身から赤ちゃんの胸のあたりまで広く包み込むので前のめりしにくいのが特徴です。表側は無地ですが裏側が星柄やレオパード柄になって、柄がチラッと見えるところが可愛いです。収納用のビニールポーチがついているので、チェアベルトが汚れても安心して持ち帰ることができますよ。

COLORFUL CANDY STYLE(カラフルキャンディスタイル)-チェアベルト(5,275円)

女の子らしいデザインが可愛いチェアベルト

キュートでガーリーなデザインが可愛いチェアベルトです。今回紹介するのはリボン柄ですが、ウサギ柄やドット柄のデザインも可愛いですよ。同じデザインの食事エプロンやよだれかけもあるので、揃えて使うのもおすすめです。

チェアベルトの表側にはラミネート生地、裏側には撥水素材を使用しているので料理の汚れがついてもサッと拭き取ればきれいになりますよ。腰ベルトだけではなく肩ベルトもついているので、前のめりや立ち上がりを防いでしっかり体を固定します。畳んでケースにコンパクトに収納できるので、バッグに入れて持ち運びしやすいです。

ラッキー工業-よちよちチェアベルト(3,850円)

ナチュラルな北欧デザインが可愛いチェアベルト

イケアやポールスミスにもデザインを提供している北欧デザインデュオ、エドホルム・ウレニウスのデザインを使用したチェアベルトです。北欧デザインならではのシンプルでナチュラルな印象があるボタニカル柄は、インテリアとしてもおしゃれですよ。ラミネート加工が施されているので、料理で汚れてもサッと拭き取ることができます。

シンプルな作りのチェアベルトですが、足を通して使えるので下半身をしっかり支えます。肩ベルトはありませんが、赤ちゃんの胸全体を布が支える作りなので前のめりしにくくお腹への圧迫感が少ないです。チェアベルトとしてだけではなく、迷子ひもとして使うこともできますよ。

まとめ

隙間ができないチェアベルトがおすすめ

チェアベルトを選ぶ時に大切にしたいポイントは、隙間ができないことです。赤ちゃんの体とベルトの間に隙間ができてしまうと、前のめりや抜け出しが起こりやすくなってしまいます。サイズ調整ができ、赤ちゃんの体によりフィットするチェアベルトなら前のめりや抜け出しを防げるので安心ですよ。今回はチェアベルトのおすすめ人気ランキングを紹介しました。ぜひ使いやすいチェアベルトを手に入れて、赤ちゃんと楽しく食事をしましょう。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*