おすすめの重低音イヤホン人気比較ランキング!【Boseも】

好きな音楽を聞く際には、質の高いイヤホンは欠かせません。しかし、さまざまな種類のイヤホンや音楽のジャンルがあるため、イヤホン選びに困ってしまいますよね。自分が良く聞くジャンルの音楽にはどのタイプのイヤホンがあっているのか悩んだ経験もあるかと思います。そんな方に向けて、今回はクラブミュージックやEDMなどの体の芯に響く低音の音楽にピッタリな重低音イヤホンの選び方を解説します。おすすめのイヤホンも紹介していますよ。重低音イヤホンをお探しの方はぜひご参考にしてみてください。

重低音イヤホンの特徴

EDMなどのアップテンポの曲に強い

重低音イヤホンは、特にクラブミュージックやEDMといったアップテンポの曲との相性が抜群です。中音域から高音域との違いは、音の振動。重低音の音楽は音に重みがあり、体の芯に響く感じがします。一方、中音域や高音域の音楽は音がクリアに聞こえるため軽さを感じます。ズンズンと体の芯に響く低音を重低音イヤホンで聞くと、クラブやライブに参加しているかのような感覚になるため、クラブミュージックやEDMとの相性が良いのです。

多種多様な機能性があり人を選ばない

重低音に特化したイヤホンとはいえ、機能性に優れているイヤホンも多数あります。ノイズキャンセリング機能、ハイレゾ対応、防水機能、有線タイプ、ワイヤレスタイプと機能性に富んでいます。高音質の音楽を楽しみたい方は、ノイズキャンセリング機能付きやハイレゾ対応のイヤホン、スポーツ時に聞くのであれば防水機能付きのイヤホンを選ぶといいでしょう。

重低音イヤホンの種類

有線タイプ

音質を求めるなら有線タイプがおすすめ

音質を求めるなら、有線タイプのイヤホンを選びましょう。有線タイプのイヤホンは、ワイヤレスタイプに比べ音の遅延や音質の劣化といったデメリットがありません。有線タイプの場合は、音を圧縮し飛ばす必要がないため、音源がそのまま耳に伝わり音質が落ちることがありません。そのため、より音質の良い音楽を聞くなら有線タイプがおすすめです。

有線タイプのイヤホンには、もう一つメリットがあります。それは、充電切れがないということです。端末に直接つなぐため、イヤホンのバッテリー容量に関係なく音楽を楽しめます。イヤホンやイヤホンケースの充電をする必要がないため、長時間の音楽再生に強みを持っています。長時間の作業や勉強時に利用したい方におすすめです。

ワイヤレスタイプ

利便性を求めるならワイヤレスタイプがおすすめ

ワイヤレスタイプのイヤホンは断線の心配がなく、またコードが絡まず利用しやすいといったメリットがあります。特に、密集した電車内においてはカバンや腕、洋服に絡まることがないためストレスが軽減し使い勝手が良いです。そのため、移動時や運動時といった外出先で音楽を聞きたい方におすすめです。

ワイヤレスタイプは、ケース付きのことも多く収納に困ることもありません。有線タイプのイヤホンだと、どこに収納しようか困ってしまう場面が多々あるかと思います。しかし、ワイヤレスタイプであれば、使わないときはコンパクトなケースにしまっておけば充電もしてくれるため、収納に困りません。ただ、ケースの充電を忘れてしまうと使えなくなってしまうので、帰宅した際には毎回充電するよう心がけましょう。

重低音イヤホンの選び方

駆動方式で選ぶ

重低音の良さを引き出すダイナミック型

ダイナミック型のイヤホンは、低音域の音質の再現力が高いといった特徴があります。イヤホン内部にあるボイスコイルは音楽信号を流し、振動板を振動させることで音楽を流しています。重低音の音楽は音の情報量が多いですが、ダイナミック型は音を正確にキャッチしてくれるため音の歪みが少なく、広い再生周波数帯域の音楽再生を実現してくれます。そのため、重低音の音楽をよく聞く方はダイナミック型のドライバーユニットを選ぶといいでしょう。

低音域から高音域も楽しめるハイブリッド型

ハイブリッド型のイヤホンは、低音域に強みがあるダイナミック型と高音域に強みがあるバランスド・アーマチュア型の2種類を組み合わせたドライバーユニットです。重低音から高音域の音楽再生をカバーしてくれるため、重低音の他にもさまざまな音楽を聞く方におすすめです。種類が少なく複数のドライバーユニットを使用しているため、価格が高いものが多いです。音質にこだわりたく、幅広い音楽再生を楽しみたい方におすすめです。

イヤホンの形状で選ぶ

重低音を楽しむなら密閉感の強いカナル型

カナル型のイヤホンは、密閉感が強く低音と細かな音の表現力に強みがあります。密閉感があるため、遮音性が高く音漏れの心配が少ないといったメリットがあります。また、音がダイレクトに伝わるため音の重量感を感じることも出来ます。価格帯も幅広く種類も豊富なため、選びやすいのもメリットです。重低音の音楽を聞く方に最もおすすめのタイプの形状です。

開放感があり臨場感を楽しめるオープン型

オープン型のイヤホンは、遮音性が弱く音漏れの心配があるといったデメリットがあるものの、音がこもりにくいため音の臨場感や音の広がりを感じることができます。そのため、ライブのような臨場感を楽しめる特徴があります。また、オープン型は疲れにくいといったメリットをあるため、長時間の音楽再生に向いている形状となります。

機能性で選ぶ

音楽を楽しみたい方はノイズキャンセリング機能

音楽再生を楽しみたい方や、音楽を聞きながら作業に集中したい方におすすめの機能です。イヤホン内部に内蔵されているマイクが周囲の音を拾い、逆位相の音を出すことで騒音を打ち消し周囲の音を低減してくれます。ただ、イヤーピースが耳にフィットしていないと効果を感じにくい、というデメリットがあります。ノイズキャンセリングの効果を実感したい方は、耳にフィットするイヤーピースを選び調整するといいでしょう。

高音質の音楽再生を実現するハイレゾ対応

ハイレゾ対応のイヤホンは、高音質な音楽再生を楽しみたい方におすすめです。ハイレゾは、CDより多くの情報量を持っています。音質は、サンプリング周波数(kHz)と量子化ビット数(bit)で表すことができます。CDが44.1kHz/16bitに対し、ハイレゾは192kHz/24bitと約6.5倍の情報量を持っています。そのため、音の細かさや繊細さ、奥行きといった音の表現が豊かになります。音質にこだわりたい方は、ハイレゾ対応のイヤホンを選ぶといいでしょう。

スポーツをするなら汗や水に強い防水性能

スポーツ時に音楽を聞きたい方は、汗や水に強い防水性能のイヤホンを選びましょう。防水性能は、IPXに続く数字の大きさで性能表すことができ、数字が大きいほど性能が高くなります。日常生活においてはIPX4~6程度、水泳中や使用後に水洗いをしたい方はIPX7以降を選ぶといいでしょう。スポーツ時に使用するなら、IPX4~6程度でも十分活躍します。

重低音イヤホンのおすすめブランド・メーカー

Bose(ボーズ)

音漏れの少なさに定評がある

Boseのイヤホンは、機能性に優れたものが多くラインナップしています。Boseは音質だけでなくイヤホンの装着感が高いところもポイントです。独自に設計されたStayHear+チップは、耳に柔らかくフィットし遮音性が高いのが特徴です。付け心地が良いため長時間の音楽再生でも疲れないというメリットがあります。遮音性が高く長時間の使用でも疲れにくいイヤホンを求めている方は、Boseのイヤホンから選ぶといいでしょう。

SONY(ソニー)

躍動感あふれるEXTRA BASSシリーズ

ソニーのEXTRA BASSシリーズは、躍動感あふれる重低音の音楽再生に強みを持っているシリーズです。独自開発した12mmの小型ドライバーユニットや従来よりも長いボイスコイルを採用することで、より重低音が響きやすくキレのある音楽再生を実現しています。イヤーピースが小型化したことにより、耳の奥まで装着できるようになり遮音性も向上しているのもポイントです。

audio-technica(オーディオテクニカ)

体の芯に響き重低音に強みがあるSOLID BASSシリーズ

SOLID BASSシリーズは、オーディオテクニカの重低音の音楽再生に特化したシリーズとなっています。上位モデルに採用させているSOLID BASS HDドライバーは、解像度が高く重低音の音楽再生はもちろんのこと、高音域の音楽再生にも対応しています。重低音を主に聞くけど、他にも多様なジャンルの音楽を聞く方にもおすすめです。

JVCケンウッド

迫力のある重低音とタフなXXシリーズ

JVCケンウッドのXXシリーズは、迫力のあるパワフルな重低音サウンドとストリート系のデザインが特徴です。イヤーピースは、外部からの衝撃を抑え不要な振動を低減するアルミ切削ボディを採用しています。そのため、アウトドアでの激しい運動といったタフなシーンでも活躍します。XXシリーズは、ストリート系のデザインとなっているため、ファッションの一部としても取り入れることができますよ。

おすすめ&人気の重低音イヤホンランキング

有線タイプでおすすめの重低音イヤホン

ソニー-MDR-XB55 (4,543円)

コスパが高く初めての重低音イヤホンにおすすめ

独自開発した12mmの小型ドライバーユニットにより、耳に収まりやすくドライバーユニットから鼓膜までの気密を高めているため、重低音のグルーブ感を感じやすくなっています。イヤホン内部に内蔵されているボイスコイルも従来よりも長くすることで、小型でありながら高感度で歪みの少ない高音質の音楽再生を実現しています。

ドライバーが小型化になったことにより、イヤーピースが耳の奥までしっかり装着できるため、遮音性が高まっているのも特徴です。5色のカラーバリエーションとなっているため、ファッションを選ばず使用できるのもポイントです。重低音のイヤホンを試してみたい方にピッタリです。

Bose-QuietComfort 20 Acoustic Noise Canselling headphones (29,700円)

耳に優しくフィットし遮音性効果が高い

Boseが独自に開発したStayHear+チップは、耳に馴染む円錐形のデザインとなっています。耳に押し込む必要がなく柔らかくフィットするため、ストレスのない快適な付け心地となっています。インイヤータイプのイヤホンとは思えないほどの、迫力のある重低音サウンドを楽しめます。

ノイズキャンセリング機能が付いているため、周囲の音を遮断してライブのような臨場感を楽しめます。ノイズキャンセリングはボタン一つで切り替えが出来るため、周囲の音をすぐに聞き取ることも可能です。長時間の重低音の音楽でも疲れないといった特徴があります。快適な付け心地で長時間音楽を楽しみたい方におすすめです。

JVCケンウッド-HA-FX99X-B (8,458円)

XXシリーズ初のハイレゾ対応によるキレのある重低音サウンド

クリアなサウンドとキレと深みのある重低音サウンドが特徴です。イヤーピース内部に反射音を抑える「スパイラルドットイヤーピース」を採用。これによりクリアなサウンドを実現しているため、高音域の音楽にも対応しています。また、ハウジング内部にはダクトをトルネード上に配置することで、重低音にキレと深みが増しています。

イヤホンの外面は、外部からの衝撃に強い強靭なアルミ切削ボディを採用しています。タフな素材に加え、XXシリーズのストリートスタイルの世界観とメタリックなデザインにより高級感があるのもポイントです。ハイレゾ音源に対応しているため、重低音の他にも中音域や高音域と幅広く音楽を楽しみたい方におすすめです。

SHURE-SE215SPE-A (12,980円)

プロ向けに開発された高遮音性と高音質

プロ向けに開発されたイヤホンのため、体の芯に響く低音域から透明感のあるクリアな高音域までをカバーしているのが特徴です。音質が高く、遮音性も高いため、街中でも本格的な音楽再生を体感できます。コードの耐久性も高く断線のリスクも低いです。iphoneとandroidの両方に対応できるようにと2種類のケーブルが付属されているのも魅力です。

カラーは透明感のあるクリアとブラックの2種類です。耳に引っ掛けるタイプで、最適化されたノズルの角度により外れにくく快適な付け心地です。イヤーピースはフォームタイプの低反発パッドを採用しているため、耳が痛くならず長時間の音楽再生を楽しめます。本格的なイヤホンで音楽を楽しみたい方におすすめです。

オーディオテクニカ-ATH-CKS1100X (21,780円)

SOLID BASSシリーズの最上位モデル

SOLID BASSシリーズの最上位モデルは、ハイレゾ音源に対応しているため、重低音の他にもクリアな高音域の音楽再生にも対応しているのが特徴です。最上位モデルに採用されているSOLID BASS HDドライバーは、ドライバーの駆動力と制動力を高めているため、正確な音を捉えた重低音の音楽再生に非常に優れています。

再生周波数帯域は5~45,000Hzと帯域が広いため、どのジャンルの音楽でも音にムレがなく音量を上げても音質が落ちることもありません。重低音に強みがある最上位モデルですが、中音域や高音域の音楽再生でも高音質の音楽再生を楽しめます。

ワイヤレスタイプでおすすめの重低音イヤホン

ソニー-WF-XB700 (12,931円)

迫力のある重低音とクリアな高音

WF-XB700は左右のイヤホンから同時にBluetooth信号を伝送することで、音の遅延を低減している点が特徴です。これにより、動画視聴時の遅延も改善されます。本体のみで9時間の音楽再生が可能なため、一日中使用できるのも魅力です。

また、耳の3点でイヤホンを支える人間工学に基づいた「エルゴノミック・トライホールド・ストラクチャー」を採用しています。イヤホンが耳にしっかりとフィットし、スポーツ時でも外れにくく安定した装着感が可能です。IPX4相当の防水性能も持っているため、スポーツ時に重低音の音楽を聞きたい方におすすめです。

JVCケンウッド-HA-XC50T (13,545円)

ポップなデザインと優れた機能性

XXシリーズのイメージカラーであるブラックとレッドに加え、ストリートファッションに合わせやすいブルーとグレーが加わった4色のカラー展開となっています。ポップでカワイイデザインとは裏腹に、衝撃に強いタフなボディとIP55相当の防水・防塵機能も備えているのが特徴です。

Bluetooth規格はver.5.0、power class1に対応しているため、安定したワイヤレス接続を実現しています。また、タフであるものの耳にすっぽりと収まるコンパクトなサイズと形状なため、快適で安定した装着感があります。防水、防塵機能がありタフなボディであるため、アウトドアでのアクティブなシーンで活躍します。

オーディオテクニカ-ATH-CKS5TW (17,380円)

音の厚みとインパクトのある重低音サウンド

振動板に高度の異なる素材を組み合わせることで、低音の厚みと中音域のクリアなサウンドが特徴です。小型でありながらも解像度が高く、低音のサウンドには厚みが生まれ、インパクトや迫力のある重低音の音楽再生を実現しています。まるでライブ会場にいるかのような感覚になります。

イヤーピースは、薄く柔軟なシリコン素材を採用し、放射形状にデザインすることで遮音性を高めています。専用のイヤーピースと3Dサポートにより耳の内側にしっかりとホールドされます。そのため、安定した装着感があります。イヤーピースの先端は伸びのある高音域の音楽再生を実現するために、放射形状となっているのもポイントです。重低音に特化した完全ワイヤレスイヤホンを求めている方におすすめです。

Bose-SoundSport Free wireless headphone (24,800円)

スポーツ時に便利な防水機能と安定したフィット感

本体の重量が18gと軽量で、StayHear+チップを採用していることで運動時における上下運動でも安定したフィット感や装着感を実現しているのが特徴です。IPX4相当の防滴仕様となっているため、雨や汗に強く撥水性があるメッシュ素材をオープンポートに採用しています。これにより、内部への水の侵入を防いでくれます。

Bose初の完全ワイヤレスイヤホンとはいえ、完成度が高くクリアでパワフルな重低音サウンドを実現しています。カラーはブラック、ブルー、オレンジ、バイオレットの4色展開。ファッションに合わせてカラーを選べるのも強みです。軽量で防水機能もあり、運動時の激しい動きでも安定したフィット感を実現しているため、ランニングなどをする方におすすめです。

パイオニア-SW-C8 truly wireless  (11,220円)

6mmの超小型ドライバーによる迫力のある重低音

独自に設計した6mmの超小型ドライバーにより、耳の奥にしっかりと収まるため、イヤホンから耳へダイレクトに迫力のある低音が響くのが特徴です。AACコーデックに対応しているため、高音質の音楽再生が可能です。高音質で重低音の音楽再生を求めている方におすすめです。

イヤホンは、左右独立型の完全ワイヤレスイヤホンとなっています。そのため、コードから解放されストレスのない音楽再生が可能です。イヤホンの外観は高級感のあるメタリック調と凸凹しているオシャレなデザインとなっています。USB Type-Cに対応しているため、急速充電にも対応しています。

機能性が優れているおすすめの重低音イヤホン

パイオニア-SE-QL2T-G(1,958円)

小型ドライバーによる重低音再生とハンズフリーの電話対応

わずか10mmの小型ドライバーを採用することで、高音質で迫力のある重低音再生を可能にしています。ハウジングには剛性の高い金属素材を採用することで、振動を抑制し安定したクリアな音楽再生を実現しています。小型のデザインとなっているため、スタイリッシュに装着したい方におすすめです。

外観はアルミニウム素材を生かした質感の良いハウジングにスピン加工とアルマイト処理を施し、高級感のあるオシャレな外観となっています。また、コードにはマイクが付いているため、ボタンを操作すればハンズフリーでの通話も可能です。外出中の急な電話にも対応できるため、柔軟性に富んでいます。

Anker-Soundcore Liberty Neo (5,499円)

コスパが高く重低音に強い完全ワイヤレスイヤホン

新しく生み出したグラフェンドライバーを採用しています。これは、鉄より100倍硬く、従来のドライバーの振動板より35%軽量化しています。このドライバーにより、振動板の振れ幅を抑え広い周波数帯域での音楽再生を楽しむことができるのが特徴です。

独自のGripFitテクノロジーにより、イヤホンを挿入し軽くひねるだけで誰でも簡単に安定した装着を出来るのが魅力です。イヤホンはわずが5gでありながらIPX7の防水性能を備えているため、運動時におすすめの完全ワイヤレスイヤホンです。また、最大20時間の長時間再生が可能なため、一日中使用したい方におすすめです。

Jabra-Elite Active 65t (11,920円)

スポーツや音楽や通話といったあらゆる場面で活躍

6mmの高性能スピーカーを搭載することにより、周囲のノイズがかき消され自然に近いサウンドを体験できます。また、通話のパフォーマンスが非常に優れているのが特徴です。ノイズが除去され、クリアな通話が可能となっています。そのため、よく通話をされるビジネスマン向けのイヤホンとなります。

Bluetoothは5.0の規格なため、音楽の遅延や音質の劣化を低減しているのも特徴の一つです。IP55の防水・防塵機能を備えており、もし壊れても2年間の保証付きなため、安心して利用できるのもポイントが高いです。最大で15時間の音楽再生が可能なため、主に外出先で使用される方にとっては使い勝手が良いでしょう。

QCY-T1 ワイヤレスイヤホン (3,980円)

自動ペアリングと自動電源オフの快適な使い心地

イヤホンを取り出すと自動でペアリングがされ、外したときには自動で電源がオフになるのが特徴です。自動で接続されるためすぐに音楽再生ができ、自動で電源がオフになるため、バッテリーを無駄に消耗することなく長時間の使用が可能です。バッテリー自体も20時間の使用が出来るため、バッテリーを気にすることなく使用できるのが強みです。

他のイヤホンの通話機能は片耳から音声が流れますが、QCY-T1は両耳から音声が流れます。そのため、クリアな通話が可能となります。Bluetooth規格も5.0となっているため、ノイズが除去され会話が聞き取りやすく遅延も少ないです。気になる音質も6mmのダイナミックドライバーを搭載しているため、透明感のある高音質サウンドを楽しめます。お手頃な価格なため、通話を頻繁に行うビジネスマンにおすすめです。

まとめ

音質にこだわるならカナル型の重低音イヤホンがおすすめ

重低音に特化したイヤホンを選ぶなら、カナルタイプでダイナミック型のドライバーを基準に選ぶと体の芯に響くような重低音サウンドを楽しめます。今回は、さまざまなイヤホンがある中で、重低音に特化したイヤホンの選び方や商品をご紹介しました。ライフスタイルやファッションに合ったイヤホンを選ぶと、生活面も向上し楽しい音楽ライフを過ごせますよ。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*