おすすめのドライビンググローブ人気比較ランキング!【半指も】

ドライビンググローブは運転中に着ける手袋です。汗を吸収してハンドルが滑りるのを防ぐので、特に長時間運転することが多いドライバーから支持されています。そこで、今回はドライビンググローブの人気おすすめ商品について詳しく紹介していきます。おすすめのブランド・メーカーも合わせて解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ドライビンググローブの特徴

手汗を吸収してハンドルを滑りにくくする

ドライビンググローブはただ単にカッコいいというだけでなく、手汗を吸収するという役割があります。長時間運転していると、どうしても汗をかいてしまい、ハンドル操作がしにくくなります。スムーズなハンドル操作をするためにも、ドライビンググローブを使うことをおすすめします。

紫外線をカットする

ドライビンググローブの中には、腕まで覆うタイプもあります。運転中は意外と日差しを浴びるので、紫外線カットという点からもおすすめです。男性や女性にかかわらず、運転中の日焼けが気になる方は着けたほうがいいでしょう。

ドライビンググローブの種類

手の甲のみを覆うタイプ

種類が豊富で手に馴染みやすい

最も一般的なドライビンググローブで、多くのドライバーから人気を集めているタイプです。さまざまなデザインや質感のグローブがあり、自分の好きなグローブが比較的見つかりやすいです。指先まで覆うフルカバーと指先が出ている半指タイプに分けられます。

また、手の甲のみを覆うタイプは手に馴染みやすいという特徴もあります。手の甲だけを覆っているので動きを制限されることもなく、ドライバーの動きに合わせてくれます。特に本革製は使えば使うほどに馴染んでいき、経年劣化も楽しむことができるでしょう。

腕まで覆うタイプ

二の腕などの日焼け対策になる

ドライビンググローブには、腕まで覆ってくれるタイプもあります。車内にいるとはいえ、運転中は指先から二の腕辺りまで日差しを浴びることが多く、長時間になればなるほどに紫外線の影響を受けることになります。日焼け対策をしたい人におすすめです。

女性はもちろんのこと、男性も紫外線の影響を受け続けるのは気になりますよね。特に長時間運転する機会が多い人は持っておいたほうがいいでしょう。夏などは少し暑く感じるかもしれませんが、最近は通気性に優れたタイプもあります。手の甲のみを覆うタイプと合わせて購入するのもおすすめです。

ドライビンググローブの選び方

指が出るかどうかで選ぶ

しっかりと手汗を吸収したいならフルカバータイプ

運転中の手汗が気になっている人は、しっかりと指先まで覆うフルカバータイプがおすすめです。手の平はもちろんのこと、指先の汗も吸収してくれるので、ハンドルを滑らせる心配を解消することができるでしょう。特に長時間運転し続ける人や汗かきなドライバーにおすすめすることができ、安全運転という点からも効果的です。

スマホなどの操作もしたいなら半指タイプ

半指タイプは、指先だけが覆われていないタイプです。タッチパネルの操作をしようとするたびにグローブを外す必要がなく、車内でスマホなどを操作する機会が多い人におすすめ。グローブを着けたままで操作することができ、そうした手軽さから多くのドライバーから支持されています。初めてグローブを買う人にもおすすめです。

素材や生地で選ぶ

本革製は長く愛用することができる

本革製のドライビンググローブは使えば使うほどに手に馴染んでいきます。最初は少し硬く感じるかもしれませんが、しばらく使い続けていれば気になることはないでしょう。経年劣化も楽しむことができる素材なので、同じグローブを長く使い続けたいという人におすすめです。長い目で見れば、コストパフォーマンスに優れているともいえるでしょう。

車の運転で使うなら薄い生地

薄い生地のドライビンググローブは、自分の肌に近い感覚で着けることができるのが魅力です。車の運転はハンドルやレバーなどの操作が必要ですが、薄い生地のグローブなら肌感覚のまま操作でき、汗も吸収してくれるので、より操作がしやすくなるでしょう。長時間運転するドライバーにとっては圧迫感が少ないというのも特徴です。

バイクに乗る際に使用し風や雨からの抵抗を防ぐなら厚い生地

バイクを運転していると、どうしても風や雨などの影響を受けやすくなります。風や雨から手を守ることができるかという点も重要で、厚い生地から選べば、風などの抵抗を受けにくくなります。また、冬なら寒さからも守ってくれますよ。ただ、夏は少し暑く感じるかもしれませんので、季節によって使い分けるのもおすすめです。

こまめに洗濯をしたいならナイロン製

ドライビンググローブを使う以上は、やはり清潔に使いたいという人も多いでしょう。清潔さを保つためには洗濯が必要になりますが、ナイロン製は比較的洗濯しても型崩れしないという特徴があります。こまめに洗濯して清潔に使いたいという人はナイロン製から選ぶのも良いでしょう。本革製と合わせて購入するのもおすすめです。

サイズで選ぶ

本革製なら自分の手よりも少し小さめのサイズ

本革製のドライビンググローブを購入する際は、自分の手よりも少し小さめのサイズを選ぶのがおすすめです。ぴったりのサイズを選ぶと、グローブを使い続けるうちにフィット感が弱くなってしまうことも。少し小さめを選ぶことで、長い間使い続けたとしてもフィット感を失わずに愛用することができます。特に、半指タイプはフィット感が重要ですよ。

長時間使い続けるなら自分の手よりも少し大きめのサイズ

長時間グローブを着け続けていると、人によっては圧迫感が気になってくることも。フィット感よりも圧迫感が気になる人は、自分の手よりも少し大きめのサイズを選んだほうがいいでしょう。多少余裕があったとしても手汗を吸収してくれるタイプも多く、長時間着け続けても違和感なく快適にハンドル操作をすることができます。

ドライビンググローブのおすすめブランド・メーカー

DENTS(デンツ)

シークレットフィットともいわれるほどのフィット感

デンツはイギリスの老舗メーカーで、高級なグローブを扱っています。何といっても高いフィット感が魅力で、多くの有名人からも支持されています。非常に肌に近い感覚で使うことができ、着け心地は群を抜いています。

CACAZAN(カカザン)

職人が丁寧に手作りしている日本製

美しさと機能性を追求したカカザンのドライビンググローブは、職人が一つ一つ丁寧に手作りしているのが特徴です。革選びにもこだわっていて、裁縫技術も非常に高レベル。オーダーメイドをすることもできますよ。

MEROLA(メローラ)

ハリウッド映画でも使用されるほどの高品質

メローラはイタリアのネクタイや手袋のメーカーで、各国の要人や有名人が使っていることでも知られています。高いフィット感に加え、エレガントな見た目も魅力です。女性にもおすすめすることができますね。

Vintage lovers(ヴィンテージラバーズ)

ヴィンテージ・カーファンからの熱烈な支持

ヴィンテージラバーズは、ヴィンテージ・カーが好きな人におすすめです。他のブランドやメーカーと比べ、ヴィンテージ感が強いのはもちろんのこと、個性的なデザインが豊富。デザインにこだわりたい人は、是非チェックしてくださいね。

おすすめ&人気のドライビンググローブランキング

本革製でおすすめのドライビンググローブ

デンツ-ドライビンググローブ(12,018円)

圧倒的なフィット感

抜群のフィット感を誇るデンツのドライビンググローブです。素材には最高級羊皮を使っていて、着け心地は軽くてフィット感が強いです。厳選された革を使用しているため、もちろん長く愛用し続けることもできるようになっています。

デザインは非常にシンプルに仕上げていますが、高級感溢れる上品さが漂っています。カラーは品のあるネイビーで、男性向けのグローブになっています。大切な人へのプレゼントやギフトとしてもおすすめですよ。

カカザン-ドライビンググローブ(27,500円)

指を動かしやすい絶妙なフィット感

手の平や指が着用時もストレスなく動かせるカカザンのドライビンググローブです。マニュアルシフトへの耐久性を向上させたモデルで、ハンドル操作が非常にしやすいです。素材はレザーのカシミヤともいわれる鹿革です。

裏面にも高級な繊維をラミネートしていて、滑らかな着け心地に仕上げています。汗などで汚れた場合は、市販の皮革用洗剤で洗うことも可能。長く使い続けることができ、多くのドライバーから人気を集めています。

メローラレザーグローブ(22,990円)

フィット感と通気性にこだわったグローブ

完全ハンドメイドで作り上げているメローラのドライビンググローブです。あえて裏地をつけないことで、フィット感が高くなるように仕上げています。しっかりとハンドルを握ることもでき、非常に滑りにくく作られています。

デザインの一部のように開けられたパンチングは、実は汗を放出するように計算されたもの。各国の政治家にも愛用されるほどの高い品質を誇ります。流行に左右されないエレガントな雰囲気が漂う高級グローブです。

ホーンワークス-ドライビンググローブ(2,981円)

きめ細かな質感が魅力

軽さとタフさにこだわったドライビンググローブです。素材には牛革を採用していて、しなやかな風合いに仕上げています。グローブを使えば使うほどに馴染んでいき、きめ細かな質感も経年劣化とともに楽しむことができるでしょう。

伸縮性もあるので、着用時の圧迫感や窮屈さはほとんど気になりません。長時間のドライブでも快適に安全に楽しむことができますよ。シンプルで上品なデザインは、どんな乗り物でも相性がよく、使い勝手のいいアイテムといえるでしょう。

フルカバータイプでおすすめのドライビンググローブ

ヴィンテージラヴァーズドライビンググローブ(25,300円)

羊皮を使ったヴィンテージグローブ

個性的なデザインのヴィンテージラヴァーズのドライビンググローブです。素材には羊革を使っていて、触り心地も非常に優れています。しっかりと汗を吸収しつつも、長時間着けても快適なままの着け心地ですよ。

カラーにはイエローとブラウンを採用していて、ヴィンテージ感の強いデザインになっています。他のグローブに比べて個性的といえるデザインで、派手めのデザインが好きな人にもおすすめです。高級感溢れる渋い雰囲気も魅力ですね。

ペンギンエース-ドライビンググローブ(2,302円)

通気性に優れたグローブ

もともとは警察官向けに開発された、スエード調のドライビンググローブです。天然皮革を使ったような質感に仕上げていて、コストパフォーマンスにも優れています。ソフトな感触を残しつつも、高いフィット感を実現しています。

抜群のグリップ力と強靭性に誇るので、ハンドル操作もストレスなくできるでしょう。天然皮革と比べ、倍以上の通気性と透湿性があるので、非常に蒸れにくいですよ。水に濡れても色落ちしにくいというのも魅力です。

BMWドライビンググローブ(11,033円)

希少価値の高い限定商品

天然羊革を使ったドライビンググローブです。触り心地は柔らかく、窮屈さを感じることはないでしょう。指の内側や手の甲部分にはゴム素材を採用し、伸縮性にも優れているため、高いフィット感を実現しています。

内側にはジッパー機能を採用していて、閉めることでドライブ中もまったくズレない装着感。ちょうどいい厚さとサイズ感であるため、一年中快適に着けることができます。プレゼントにもおすすめですよ。

ペンギンエース-ドライビンググローブ(2,811円)

洗濯もできる高い耐久性

指先までフィットするドライビンググローブです。素材には丈夫でグリップ力のあるノンスリップライナーを使っています。リーズナブルな価格で購入することができるにもかかわらず、非常に高い耐久性を誇っているのが魅力。

天然皮革のような質感や風合いにもこだわっていて、値段の割に安っぽい雰囲気になっていないのが特徴です。洗濯することも可能で、すばやく乾いてくれるのも嬉しいポイント。ドライビンググローブを初めて使う人にもおすすめですよ。

アントニオ・ムローロ-ドライビンググローブ(12,430円)

イタリアンナッパ革を使ったグローブ

シンプルでクールなデザインのドライビンググローブです。イタリアンナッパ革を使っていて、きめ細かな質感に仕上げています。熟練の職人が一つ一つ丁寧に作っていて、細かな部分にこだわっているのも嬉しいポイント。

ドライブにはもちろんのこと、普段着のファッションアイテムとしても使うことができます。フィット感が高くて引き締まったような気分にしてくれるのも魅力です。カラーはベーシックなブラックのほかに、モカもありますよ。

半指タイプでおすすめのドライビンググローブ

カカザン-ドライビンググローブ(18,700円)

ディアスキン(鹿革)を使った高級アイテム

長時間のドライブでも快適に使い続けられるカカザンのドライビンググローブです。素材にはレザーのカシミヤともいわれる鹿革を使っていて、着け心地も滑らか。初めてグローブを買う人にもおすすめすることができます。

吸湿性が高くなっているため、手に馴染みやすいのも特徴です。スナップに書かれたカカザンのデザインは、さりげないおしゃれが好きな人は魅力的に感じるでしょう。バイクに乗る機会が多い人にもおすすめすることができますよ。

レザックスドライビンググローブ(1,480円)

ハンドルが滑りにくくなる

羊革スエードを使ったドライブグローブです。ハンドルが滑りにくくなると人気を集めていて、リーズナブルな価格で購入することができますよ。値段の割に素材が優れているため、1個は持っておきたいアイテムです。

手の甲は開いたデザインになっていて、グローブ内の蒸れを最小限に抑えています。非常にシンプルなデザインになっているので、さまざまなシーンで活躍してくれるでしょう。初めて購入する人にもおすすめすることができます。

アントニオ・ムローロ-ドライビンググローブ(12,430円)

熟練の職人が一つ一つ手作り

イタリアンレザーを使ったドライビンググローブです。最初はきつく感じるかもしれませんが、徐々に手に馴染んでいきます。ドライビンググローブにもかかわらず、普段着にも使えそうなデザインに仕上げているのが特徴ですよ。

きめ細かな質感も魅力で、非常に柔らかな手触りになっています。裏生地をつけないことで、高いフィット感を実現しています。カラーはブラックをはじめ、モカやキャメルなどが用意されています。職人の手作りという点も魅力ですね。

レザックスドライビンググローブ(1,580円)

滑り止め加工を施している

合成皮革を使ったドライビンググローブです。手の平部分には滑り止め加工が施されていて、ハンドル操作がしやすくなっています。長時間着けていても蒸れにくいので、快適なドライブを楽しむことができるでしょう。

指先が出ているので、何度も取り外したりする必要がないのも魅力ですね。タッチパネル操作をする機会が多い人には、特に便利でしょう。リーズナブルな価格で購入することができるので、初めてのグローブとしてもおすすめです。

ダマスカス-ドライビンググローブ(1,760円)

革本来の美しさを活かしている

細かい作業も簡単にできるドライビンググローブです。アニリン仕上げが施された牛革を使っていて、革本来の美しさを活かすように仕上げています。甲の部分に通気口をつけることで、汗などの蒸れも防止してくれますよ。

デザインシンプルになっているため、どんな乗り物とも相性がよくなっています。手首はベルクロによってフィットさせることが可能。リーズナブルな価格で購入することができるので、他のグローブと合わせて使うのもおすすめです。

まとめ

自分の目的に合った本革製ドライビンググローブがおすすめ

ドライビンググローブの選び方とおすすめ人気ランキングを紹介しました。どんな場面で使うのかをイメージし、長く愛用したいなら本革製から選ぶのがおすすめです。ぜひ自分に合ったドライビンググローブを見つけ、快適なドライブを楽しんでください。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*