おすすめのリビングダイニングテーブル人気比較ランキング!【ニトリも】

お部屋に余裕がなくても、ダイニングテーブルやソファを置きたいという願いをお持ちの方も多いのではないでしょうか。そこでおすすめしたいのが、リビングダイニングテーブルです。今回は、おすすめのリビングダイニングテーブルをランキング形式でご紹介します。リビングダイニングテーブルの種類や選び方についても詳しく解説するので、導入を検討している方は参考にしてみてくださいね。

リビングダイニングテーブルの特徴

一般的なダイニングテーブルよりも低く設計されソファやベンチと組み合わせて使用する

通常のダイニングテーブルは座面高45cm程度のダイニングチェアと組み合わせて使用するため、高さ68から75cmのものが一般的です。それに対して、リビングダイニングテーブルは35cm程度の低い座面のソファやベンチと組み合わせて使用するため、高さ62から70cmと低く設計されています。視界を遮らないため圧迫感が少なく、狭い空間でも天井を高く広々とみせることができます。

ダイニングとリビングをひとつの空間に省スペースでおさめられる

食卓を囲むダイニングスペースとくつろぎのリビングスペースを分けて使うには、想像以上にゆとりのある空間が必要です。リビングダイニングテーブルは、ダイニングとリビングの機能を兼ね備えた一台二役の家具です。ひとつの空間に省スペースでおさめることができるため、特にリビングダイニング合わせて10畳以下のお部屋におすすめです。

リビングダイニングテーブルの種類

1本脚タイプ

スタイリッシュで昇降可能なものも展開される

1本脚タイプは天板を1点で支えるため、すっきりとスタイリッシュな見た目が特徴です。ソファやベンチに座る際にテーブルの脚が邪魔になることもなく、スムーズに出入りできますよ。さらに、1本脚タイプは昇降可能なものも多数ラインナップ。使用するシーンに合わせて自由に高さを調整することができるため、より便利で快適に使用可能です。

1本脚タイプは荷重を支える場所が少ないため、バランスを崩しやすいことがデメリットとして挙げられます。天板に体重をかけ過ぎてしまったり、脚を揺らしたりすると安定感を保ちづらいため、お子様や高齢者が使用する場合には注意が必要です。安全性を重視するなら、なるべく脚数が多く安定感に優れたリビングダイニングテーブルを選択しましょう。よって、1本脚タイプは機能性や使い勝手の良さを重視する方におすすめの形状です。

T字脚タイプ

出入りしやすく向かい合わせで使うのに最適

T字脚タイプは、アルファベットのTを逆向きにしたような独特の形状をしています。天板を2本の脚で支えるため、1本脚に比べるとぐらつきが少なく安定感が格段にアップ。地面への接地面が広いながら圧迫感を感じないデザインで、スッキリとした印象にまとまります。

T字脚タイプの弱点として、テーブルの両端に脚が設置されているため横部分を使用できないことがあげられます。そのぶん4本脚タイプよりも出入りしやすく、向かい合わせで使用するのに最適。脚間に入りきらない大きめソファや回転チェアを合わせることも可能なので、手持ちの家具を合わせたい場合でも比較的柔軟に対応できます。

4本脚タイプ

安定感がありそれぞれの脚間にソファや椅子を設置できる

4本脚タイプは、ダイニングテーブルとしてもっともスタンダードな形状です。脚が対角にあるため安定感に優れ、ぐらつきや揺れの心配がありません。しかし、脚の取り付け位置によっては多少出入りに不便を感じることも。あらかじめ脚の位置や脚間を考慮したうえで、合わせるソファやベンチのサイズを検討すると良いでしょう。

4本脚タイプは片方を壁付けしたり角に寄せて使用したり、どんなスタイルでも設置することができます。脚間が広いものなら、ベンチをすっぽりテーブル下に収納することも可能。それぞれの脚間にソファやベンチ、チェアなどを設置できるため、家族が増えたり急な来客があったりした場合にも安心です。

リビングダイニングテーブルの選び方

高さで選ぶ

圧迫感なくゆったりと過ごしたいなら高さ65cm程度のもの

65cm程度の高さのテーブルは圧迫感が少なく、空間を広く感じることができます。テーブルが低いと、合わせるソファやベンチも必然的に座面が低いものになります。家具の高さが低ければ低いほど天井を高く見せる効果もあるので、広々とした空間を感じながらゆったりと過ごすことができます。

食事がしやすいのは高さ67から70cmのもの

食事中は前かがみになりがちなので、ある程度テーブルに高さがないと食べにくさを感じることも。67から70cmの高さがあると、猫背になることなく食事を楽しむことができます。使いやすいテーブル高は身長や合わせるチェアのサイズによって大きく異なるため、実際に座って感覚を確かめてみると良いでしょう。

使い勝手で選ぶ

昇降式ならテーブルの高さを自由に調節できる

リビングダイニングテーブルは昇降式のものも数多く展開されています。特にガス圧昇降式はテーブルの高さを無段階で調節できるので、自分好みの高さに細かく設定できます。ソファやベンチを買い替えて座面高が変わってしまっても、使いやすいように高さを変えられるので大変便利です。

伸長式ならテーブルを必要な時にサイズアップすることができる

利用シーンに合わせてテーブル幅を変えたいなら、伸長式がおすすめです。伸長式は閉じていた天板を開いたり伸ばしたりして、簡単にテーブルをサイズアップすることができます。急に人数が増えた場合や、お料理の品数が増えた場合でも柔軟に対応できるのが魅力。使わない時は天板をコンパクトに畳めるため、空間を有効活用することができます。

こたつにもなるタイプだと冬も温かく使える

こたつヒーターが装備されたものなら、カバーをかけるだけで冬でも暖かく過ごすことができます。一般的なこたつは布団が大きく広がるため、かさばるうえに場所をとります。リビングダイニングテーブルにこたつ機能があると、省スペースで暖を取ることができます。ただし、コンセントが近くにないと使用できないため、事前に設置場所をよく検討しましょう。

組み合わせで選ぶ

くつろぎのスペースとして使うならダイニングソファやベンチソファとの組み合わせがおすすめ

リビングダイニングテーブルはくつろぎのスペースとしても使用するため、チェアよりもダイニングソファやベンチソファと組み合わせるのが基本です。通常のリビングソファは後ろに傾斜しているものが多く、しっかり腰掛けることができないものも。ダイニングソファやベンチソファはリビングソファとは異なり、しっかり腰掛けられるよう座面が平行で、奥行きが浅い作りになっています。長時間座っていても腰に負担がかかり辛く、適度にやわらかい座り心地でゆったりと過ごすことも可能です。

1人掛けチェアと合わせれば作業スペースとしても快適

リビングダイニングテーブルを作業スペースとしても使用するなら、1人がけチェアを設置すると良いでしょう。リビングダイニングテーブル用の1人がけチェアは一般的なダイニングチェアよりも座面が低く、身長が低い方でもしっかり地面に足をつけて座ることができます。自分にぴったり合うチェアは安定した姿勢を保ちやすいため、長時間の作業も快適です。

リビングダイニングテーブルのおすすめブランド・メーカー

ニトリ

珍しいX脚やワイドサイズも展開される

お値段以上の品質と優れたコストパフォーマンスを両立するニトリ。ニトリのリビングダイニングテーブルは、珍しいX脚やトレンドを反映したおしゃれなデザインが特徴です。幅160cm以上のワイドサイズも展開され、家族構成に合わせて選択できます。

greeniche

イージーオーダー可能なオリジナルリビングダイニングテーブルを制作

北欧家具、北欧ビンテージ家具の専門店greeniche。greenicheのリビングダイニングテーブルは、天板に良質な無垢材を使用しています。天板の種類や脚のデザインを選べるうえ、高さオーダーも可能。使う人にぴったりマッチする、長く愛せるリビングダイニングテーブルを手に入れることができます。

シギヤマ家具

どんなインテリアにもマッチするベーシックスタイル

シギヤマ家具は、トレンドを取り入れたデザイン性と機能性、コストパフォーマンスの良さを兼ね備えた商品展開が特徴。なかでもGREENシリーズは、無垢材の素材感を活かしたリビングダイニングのトータル家具として展開されています。GREENシリーズのリビングダイニングテーブルは、メンテナンスフリーに使えるセラウッド塗装を施しどんなインテリアにもマッチするベーシックさが魅力です。

吉桂

低め設計のリビングダイニングテーブルで広々空間を楽しめる

自分らしさを大切にするライフスタイルを提案する吉桂。吉桂のBISシリーズのリビングダイニングテーブルは、ウォールナット材をふんだんに使用した高級感が高く評価されています。一般的なリビングダイニングテーブルよりもあえて低く設計されているので、より圧迫感なく空間を広々感じることができます。

おすすめ&人気のリビングダイニングテーブルランキング

昇降式でおすすめのリビングダイニングテーブル

Hello funiture-昇降テーブル (24,800円)

どんな空間にもおしゃれになじむ北欧風デザイン

北欧風のナチュラルなデザインのリビングダイニングテーブル。優しい色合いでくつろぎのスペースにぴったりです。シンプルでスッキリとしたフォルムは圧迫感を感じさせず、広さがないお部屋でも取り入れやすいです。

天板の高さは23から72cmまで無段階調節可能。椅子やソファに合わせるのはもちろん、床に座る日本スタイルでもローテーブルとして幅広く対応できます。マルチに活躍するリビングダイニングテーブルをお求めの方にとって、これ以上のものはないでしょう。

インテリアオフィスワン-昇降式テーブル ダブルス (59,800円)

天板が広がる伸長式昇降テーブル

シーンに合わせて高さも天板サイズも変更できる、便利なリビングダイニングテーブルです。幅110cm、横60cmの天板を90度回転させて開けば2倍の広さに。昇降操作は天板下のレバーで誰でも簡単に行えます。

天板にはほどよい光沢があり、汚れても簡単に拭き取ることができます。脚部にはキャスターも装備され、移動もスムーズ。据え置きでテーブルを使用しない方にもおすすめです。

Lorraine-リフティングテーブル (39,800円)

圧迫感のないスタイリッシュなデザイン

スタイリッシュさが魅力の圧迫感のないデザイン。無段階調節対応のガス圧式で、シーンに合わせて気軽に高さを変えることができます。ペダルを踏むだけの簡単操作なのも嬉しいポイントです。

縦120cm、横80cmの天板は広々として使い勝手がよく、角部分に丸みがあるので圧迫感も控えめ。シンプルでスタイリッシュなリビングダイニングテーブルをお求めの方に最適です。鏡面仕上げが美しいホワイトと、木目が美しいブラウンの2色展開です。

STYLE INTERIOR-ガス圧昇降式テーブル (19,900円)

スリムに畳めてワイドに使えるリビングダイニングテーブル

幅120cm、横80cmの広々天板でダイニングとしてもデスクとしても大活躍。さらに、天板は4cmの厚みがありしっかりとした安定感と高級感があります。天板は3色から選択できるため、幅広いバリエーションから選びたい方にもおすすめです。

脚部はマットな質感のブラックアイアンで天板との相性抜群。移動に便利なキャスターはストッパーも装備され、使用中テーブルが動いたりガタついたりすることを防止。完全に畳むと10cmの厚みになるので、メイン使用はもちろん臨時テーブルとしても使用できます。

家具の産直工房-昇降式テーブル (54,560円)

異素材コンビで格好よく使える

ガス圧式の昇降テーブル。フットペダルを踏むだけで56.5から71cmの間で無段階調節が可能です。ソファにもイスにも合わせられる、使い勝手の良さが魅力です。

木材とアイアンの異素材コンビがスタイリッシュな印象を与えます。幅135cm、奥行き80cmと広めの天板で、お皿をたくさん並べられますよ。重厚感のある格好良い昇降式テーブルをお求めの方におすすめです。

T字脚タイプでおすすめのリビングダイニングテーブル

吉桂-BIS ダイニングテーブル 119 (52,800円)

低めの設計で空間を広く見せる

高級感のあるウォールナット材のリビングダイニングテーブル。高さ64cmと低めのなので、なるべくお部屋を広く感じたい方におすすめです。天板下にはちょっとした棚板が装備され、リモコンやティッシュのちょい置きに便利です。

テーブルの脚が少し内側についているので、スムーズに出入り可能。天板の角が丸いので小さなお子様がいるご家庭でも安心です。ずっしりと重みがあり、床との接地面も広いため安定感があります。

ニトリ-ダイニングテーブル(マラック) (38,093円)

ワイドなファミリーサイズで安定感も抜群

天板幅は165cmのファミリーサイズ。余裕のある使い心地で、たくさんお料理を並べても安心です。脚間127.5cmとワイドなので、大きめソファでもバランスよく置くことができます。

T字脚は安定感に優れる2本仕立て。接地面がワイドなのでガタつきが少ないのも嬉しいポイントです。ナチュラルな風合いで大きめサイズのリビングダイニングテーブルをお求めの方に最適です。

greeniche-カフェテーブル (80,850円)

経年変化を楽しめるオイルフィニッシュ仕上げ

高級感のある無垢材を天板に使用。オイルフィニッシュ仕上げで、経年変化を存分に楽しむことができます。スッキリとしたデザインで、組み合わせるチェアやソファを選びません。

天板も脚もそれぞれ3種類から選択可能。組み合わせによって、異なる雰囲気を味わえますよ。シンプルで飽きの来ないデザインのリビングダイニングテーブルをお探しの方におすすめです。

シギヤマ家具-GREEN ダイニングテーブル (115,297円)

セラウッド塗装仕上げの優れた耐久性とナチュラルな存在感が魅力

岩倉榮利デザインのリビングダイニングテーブル。天板は紫外線や汚れに強いセラウッド塗装仕上げ。木の表情やぬくもりを損なわず、優れた耐久性を叶えます。小さなお子様がいるご家庭でも、シミや汚れを気にせず長く愛用できますよ。

T字脚部分は幅26.6cmとしっかり厚みがあるうえ、接地面も65cmとどっしりとした安定感があります。木をふんだんに使用しているため、木目の美しさや温かみを感じられます。メンテナンスフリーで使用したい方や、シミや汚れを気にしたくない方におすすめです。

ポタ・フルール-LDテーブルGTパイン古材140 (55,000円)

パイン古材で作られた唯一無二の存在感

パイン古材でできた、アンティークな雰囲気のリビングダイニングテーブル。古材はそれぞれ表情が異なるため、唯一無二の存在感を堪能できます。140cmとしっかり幅があり、余裕をもってお食事を楽しむことができます。

アイアン脚はスタイリッシュで、圧迫感を感じさせない空間使いが魅力。天板下には同じくアイアンの棚も装備され、ちょっとした収納に便利です。カフェ風インテリアや男前インテリアを目指している方にもおすすめのデザインです。

4本脚タイプでおすすめのリビングダイニングテーブル

ニトリ-リビングダイニングテーブル(リラックス160) (30,494円)

おしゃれで目を引くクロス脚

クロスしたおしゃれな脚が目を引くデザインです。天然木のラバー素材を使用し、ナチュラルな雰囲気満点。ナチュラルとミドルブラウンの2色展開で、インテリアや好みに合わせて選択できます。

幅160cmの大きめ天板で家族全員で食卓を囲めます。天板の角は丸みがある優しいフォルム。小さなお子様にも安心です。同じシリーズでチェアソファも展開されているので、テーブルとの雰囲気を合わせたい方にもおすすめです。

インテリアバザール-こたつダイニングテーブル (32,384円)

こたつ機能付きで寒い季節もポカポカ

天板下にこたつヒーターが装備されているテーブルです。薄型ヒーターで邪魔にならず、寒い季節も暖かく過ごすことができます。リビングダイニングテーブルにこたつ機能をお求めの方に最適。

テーブルの高さは45から70cmまで6段階で調節可能。手持ちのソファやベンチの座面高に合わせることができます。合わせるこたつ布団によって雰囲気が変わるので、手軽に模様替えを楽しむこともできますよ。

インテリアMORE-ダイニングこたつテーブルセット (35,800円)

1年中おしゃれに使えるこたつテーブル

おしゃれな天板のこたつタイプ。掛け布団とセットなので、すぐに使用することができます。掛け布団を外せば通常のリビングダイニングテーブルとして、1年中大活躍します。

こたつとして使わないシーズンは、電源コードやコントローラーを本体内部にすっきり収納できます。2個の継脚を組み替えることで、4段階に高さ調節可能なのも嬉しいポイント。こたつにみえないおしゃれなデザインのテーブルをお求めの方におすすめです。

まとめ

空間を有効活用できるリビングダイニングテーブルがおすすめ

リビングダイニングテーブルを余すところなく使いたいなら、4本脚タイプがおすすめです。4本脚タイプはそれぞれの脚間にソファやベンチ、チェアを設置することができるうえ、安定感にも優れています。シーンに合わせて高さを変えたいなら昇降式が最適。T字脚タイプはスタイリッシュで、体の出し入れをスムーズに行えます。今回はおすすめのリビングダイニングテーブルをランキング形式でご紹介しました。ぜひご自宅にぴったりのリビングダイニングテーブルを手に入れて、限られた空間を有効活用してくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*