おすすめセラミックフライパン人気比較ランキング!【日本製も】

普段料理をしていて、フライパンに食品が焦げ付いてとれなくなった経験はありませんか?焦げ付くと洗いものが一苦労ですよね。セラミックフライパンなら、焦げ付きにくくお手入れが簡単。表面をコーティングすることで丈夫さもあり、長く使えますよ。今回は、おすすめのセラミックフライパンを紹介します。セラミックフライパンの使い方や選ぶポイントもお話しするので、参考にしてみてくださいね。

セラミックフライパンの特徴

セラミックコーティングがされていて丈夫で長持ちする

セラミックフライパンは、アルミニウムなどの金属で作られているフライパンの表面にセラミックコーティングがされています。セラミックは歯に使われることで有名ですが、陶磁器やガラス等の焼き物のこと。フライパンの表面を固く頑丈にできます。テフロン加工やマーブルコート加工など、他のコーティング加工がされたフライパンよりも耐久性に優れていますよ。

焦げ付きにくくお手入れが楽

セラミックフライパンは摩擦に強く、焦げ付きにくいのが特徴です。油をひくことで、食材がフライパンの上で滑りやすくなります。焦げ付かないので、ノンストレスですよ。お皿に料理を移す時はもちろん、洗う時も簡単に行えます。

熱伝導性に優れていて素早く火を通せる

セラミックフライパンは熱を食材に早く伝えられます。火加減が弱くても、素早く火が通ります。1度の食事で何品も料理を作りたい人や料理時間を短縮したい人におすすめ。また、素早く火が通ることで、省エネや節約効果が期待できます。毎月の光熱費を安くしたい人にもおすすめですね。

熱分解を起こしにくく安全に使用できる

セラミックフライパンは耐熱性に優れています。テフロン加工のフライパンの場合、250度以上で劣化し、350度以上で熱分解が起こります。有害物質が発生してしまう恐れがあると言われていて、安全性が気になる人もいるでしょう。セラミックフライパンの劣化が始める温度は、400度。加熱しすぎても有害物質が発生しにくく、安全に使えますよ。

セラミックフライパンの使い方

火加減は弱火~中火で料理をする

熱伝導性が優れているため、強火にすると食品が焦げやすいです。そのため、弱火から中火で調理するのがポイント。火が弱くて心配になるかもしれませんが、優れた熱伝導性によって中まで均一に火が入ります。また、余熱で強火にするのも禁止です。セラミックフライパンは耐熱性に優れていますが、急激に過熱すると表面のコーティングの劣化に繋がります。熱に対して繊細なので注意が必要ですが、弱火から中火で調理できるので光熱費の節約になり家計に優しいです。

油を少量使用する

セラミックフライパンを使用する時は、必ず油を使用しましょう。ノンオイルの場合は、他のフライパンに比べて焦げ付きやすいです。肉眼では見えませんが、セラミックフライパンの表面にはピンホールと呼ばれる小さな穴が開いています。油を使用することでピンホールが活性化し、フライパンから食材が剥がれやすくなります。油は、セラミックフライパンの質を上げる補助的な役割を果たします。そのため、量は少量で良く料理がヘルシーに仕上がりますよ。

セラミックフライパンの種類

アルミニウムタイプ

熱が伝わりやすく素早く調理が出来る

アルミニウム性のフライパンは、熱伝導性が高いです。アルミニウムとセラミックコーディングが合わさることで、更に熱伝導性が高まり、素早く調理ができます。弱火や中火でも、食材に熱が通るのでガス代の節約に繋がりますよ。節約をしたい人や調理時間を短縮したい人におすすめです。

アルミニウムは、軽いのも特徴。煽りやすく、全体にまんべんなく火を通すことができます。パスタにソースを絡める時やチャーハンを作る時などに便利ですよ。手が疲れにくいので、頻繁に料理をする人でも安心。また、アルミニウムタイプのセラミックフライパンは種類が多いです。様々なメーカーから商品化されていて、自分に合ったものを見つけやすいですよ。

ステンレスタイプ

保温性に優れていて熱を保てるので煮込み料理におすすめ

ステンレス性のセラミックフライパンは、保温性に優れているのが特徴。熱するとフライパンの内部が冷めにくいです。余熱調理や煮込み料理など、ゆっくりと火を通したい時におすすめですね。余熱調理をする時には、ガス代の節約にも繋がりますよ。

ステンレス素材が重たいため、煽る時には腕が疲れやすいです。そのため、力が少ない人は煮込み料理や余熱調理用として使用するのがおすすめ。料理によって、他のフライパンと使い分けると良いでしょう。また、ステンレス性のフライパンは焦げ付きやすさがデメリット。しかし、セラミックコーティングがされることで解消されています。ステンレス性のフライパンを使いなれているけれど、焦げ付きが気になる人は買い替えを検討しても良いでしょう。

複層タイプ

1つのフライパンで色々な調理をしたい人におすすめ

複層タイプは、ステンレスやアルミニウムなど、複数の素材をベースに使用しているセラミックフライパン。それぞれの素材の良さを組み合わさっています。ステンレスとアルミニウムの複層タイプなら重すぎません。また、保温性があるので、炒め物から煮物まで色々な料理ができますよ。

また、チタンが使用された複層タイプもあります。チタンは軽さと保温性の高さが特徴。中まで食材にふっくらと火を通すこともできるので、美味しく料理が仕上がりますよ。複層タイプは、フライパンによって内部構造が異なります。アルミニウムタイプかステンレスタイプか迷った時には、バランスの良い複層タイプを検討すると良いでしょう。

セラミックフライパンの選び方

使いやすさで選ぶ

重さが1000g以下のものなら手が疲れにくい

セラミックフライパンはサイズによっても異なりますが、重さが500gから1,000gと幅広いです。比較的重たいものが多く、フライパンを片手で持って調理するのは疲れて大変です。煽って調理をする機会が多いなら、重さが1,000g以下のものがおすすめ。疲れやすさは使いにくさに繋がるので、是非軽いものを探してみてくださいね。

フチが高いものならフライパンと鍋の2つの役割を果たす

セラミックフライパンは、それぞれフチの高さが異なります。スタンダードなフライパンはフチが低いです。炒め料理や焼き料理をする時に使えます。フチが8cmほどと高めなら、煮込み料理や揚げ料理をすることもできます。フライパンと鍋の2つの役割を果たすので、色々な料理が出来て便利。フチが高いものは、深型と表記されていることが多いですよ。

コンロの種類で選ぶ

IHを使用している家庭ならIH対応のものを

フライパンは、利用するコンロの種類によって使用できるものが異なります。ガスコンロを使用しているなら、ガス用のフライパンもIH用のフライパンも使えるので便利。しかし、IHコンロの場合はIH用のフライパンしか使えません。IHコンロは、電磁誘導加熱によって温める仕組み。磁力を利用してフライパンに熱を伝えているため、フライパンの底に磁性が必要です。IHコンロを普段使用しているなら、IH対応のフライパンかどうか確認しましょう。

マルチ熱源対応なら色々なコンロに対応できて便利

賃貸暮らしなどで引っ越す機会が度々ある場合には、引っ越し先によってコンロの種類が変わることがあります。せっかく持っているフライパンが使えなくなると勿体ないですよね。セラミックフライパンの中には、マルチ熱源対応のものがあります。ガスコンロやIHコンロだけではなく、ハロゲンヒーターやラジエントヒーター、シーズヒーターなど、色々なコンロに対応できて便利ですよ。

サイズで選ぶ

1~2人分の料理を作るなら22cm以下でも十分

フライパン選びでは、サイズ選びも大切。料理を作る量に見合ったサイズを選ぶと、料理をしやすくなります。24cmから26cmのフライパンは一般的に普段使いしやすいサイズ。種類も豊富なので選べる幅が広がります。しかし、1人か2人分の料理を作るには少し大きめ。少量の料理を作るなら、22cm以下で十分間に合いますよ。小ぶりで使いやすいので、3人家族や4人家族でも副菜作り用に購入するのも良いですね。

4人分以上の料理を作るなら28cm以上あると良い

4人以上の家族やパーティーをする時には、一度にたくさんの料理を作りますよね。何度もフライパンを洗って料理を作るのは手間。そこで、一度にたくさんの料理をしたい場合には、28cm以上のフライパンがおすすめ。メイン料理を作る時にぴったりですよ。ただ28cm以上のフライパンの場合、必然的に他のサイズのフライパンよりも重たく取り扱いにくいです。そのため、できるだけ軽いものを選ぶと良いですよ。

セラミックフライパンのおすすめブランド・メーカー

カインズ

軽くて使いやすいナチュラルな雰囲気のフライパン

カインズのセラミックフライパンは軽くて使いやすいです。サイズが28cmの場合でも、重さが1,000g以下。片手でフライパンを持つことができます。炒め物やチャーハンを作る機会が多い人におすすめです。また、デザインが温かみのある北欧風です。白いフライパンに、木目の取っ手が付いています。おしゃれなので、キッチングッズにこだわりたい人にもおすすめですね。

ニトリ

セラミックとフッ素のW加工でこびりつきにくく快適な使い心地

ニトリのセラミックフライパンは、セラミック加工とフッ素樹脂加工の両方が施されているのが特徴。熱伝導性が良い上に、食材がこびり付きにくいです。食材に焼き目を付けてこんがりと仕上げたい時におすすめですね。ガスコンロとIHコンロの両方で使えます。賃貸暮らしの場合、コンロの種類を気にしなくて良いですよ。

GREEN PAN(グリーンパン)

有毒ガスを発生しない安心安全なフライパン

GREEN PANのセラミックフライパンは、身体や環境に優しいのが特徴。約450度まで耐えられる耐熱性があり、有毒ガスを発生しません。PFASやPFOAなどの身体に支障をきたす化学物質を使用していないので、安全ですよ。またIH対応のセラミックフライパンには、独自のマグニート加工が施されています。これは、フライパンの底に熱伝導に優れている銅を使用する技術。熱の入りが良くなり、料理がムラなく美味しく仕上がりますよ。

アイリスオーヤマ

カラフルでおしゃれなフライパンをセット買いできる

アイリスオーヤマのセラミックフライパンはカラフルさが魅力的。外側の色が、ピンク、水色、オレンジなど7種類から選べます。キッチンの雰囲気に合わせて選べるので、キッチンに統一感を出したい人におすすめ。また、セット売りしているので、一度で色々なサイズのフライパンを手に入れられます。取り外し可能な取っ手やフタなどがセットになっているものもあります。これからキッチン用品を揃えたい人にもおすすめですね。

おすすめ&人気のセラミックフライパンランキング

軽量でおすすめのセラミックフライパン

京セラ-セラフォート 20cm (3,850円)

セラミック加工にフッ素加工が合わさりお手入れがしやすい

セラミック加工とフッ素加工の両方が施されているフライパン。熱が食材に通りやすい上に焦げ付きません。焼き色をしっかりとつけたい時でも、安心して料理できます。焦げ付かないので、お手入れが楽。ゴシゴシと洗わなくても汚れが取れるのが嬉しいポイントです。

表面が頑丈なので、金属製のヘラを使用することができます。キッチンツールを買い直す必要がありませんよ。サイズは20cmで1人から2人用。重さは550gと軽いので、手が疲れませんね。マルチ熱源対応で、ガスコンロとIHコンロの両方で使えます。

IFUDO-セラミックフライパン26cm (1,980円)

安くて軽いので初心者におすすめ

アルミニウムタイプのセラミックフライパンです。中火以下でも熱がしっかり入ります。値段が2,000円以下と安いのも魅力的。セラミックフライパンを試しに使ってみたい人でも買いやすいですね。色が黄緑色で可愛く、キッチンが明るく見えますよ。

サイズは26cmで、2人から3人用の料理を作る時に使いやすいサイズ。フチの高さが3.8cmと低いので、炒め料理や焼き料理に向いています。重さは約591gで軽いです。煽る時も腕が疲れず、料理しやすいですよ。

深めでおすすめのセラミックフライパン

パール金属-ブルーダイヤモンドセラミックIH対応深型フライパン24cm (2,541円)

料理がフライパンにこびり付かずスムーズにお皿に移せる

アルミニウムタイプで熱伝導に優れています。底が厚くなっていて、熱を食材に均一に伝えることができます。ムラなく仕上がるので、美味しくなりますよ。少量の油を使用することで、フライパンからお皿に料理をスムーズに移せます。

フライパンの外側にもセラミックコーティングがされているので、丈夫でお手入れしやすいです。IHコンロなど、色々なコンロで使用できるマルチ熱源対応。フチの高さは約7mmで、煮物をしやすいです。サイズは24cmで、1人から2人分の料理を作る時にぴったりですよ。

コージークック-セラミックパン 深型28cm (2,526円)

保温性に優れていて煮込みも炒め物も弱火で作れる

ステンレスタイプのセラミックフライパン。保温性に優れているので、弱火や中火での調理で十分火が通ります。セラミックコーディングは全体に施されていて、お手入れが簡単。汚れを落としやすく、洗いものの手間を減らせますよ。

フチが9mmと高さがあり、重量は1,004gと重ため。煮込み料理など、フライパンを煽る必要がない料理をメインに作るなら、重さは気になりませんよ。またフチが高いので炒め物をする時に、食材がフライパンから零れる心配がありませんね。サイズは28cmで4人分以上の料理を作りたい人におすすめです。

TOKUTOKU-TuRu Cera (1,380円)

軽くて腕が疲れにくく料理しやすい

重さが586gで、とても軽いセラミックフライパンです。煽りやすいので、炒飯や炒め物などの料理がしやすいです。サイズは、1人から2人分の料理を作る時にぴったりの24cm。フチの高さが約5.5cmで、煮物をする時や少し多めに料理したい時にも使えます。

アルミニウムタイプで、熱伝導に優れています。外側の色がイエローで、明るい色味がおしゃれですね。キッチンの雰囲気が明るくなるので、料理を楽しく行えますよ。IHコンロとカズコンロの両方に対応。値段が1,000円台で、コストパフォーマンスも良いですね。

GREEN PAN-メイフラワーウォックパン 28cm (7,700円)

大人数の料理にぴったりな耐久性に優れたセラミックフライパン

ダイヤモンドを配合したセラミックコーティングがされていて、耐久性が高いです。食材の滑りが良く、お手入れしやすいですよ。熱効率の良いGREEN PAN独自のマグニート加工がされています、食材にムラなく火を通してくれるので、美味しく仕上がりますよ。

IHコンロでも使用が可能なのも嬉しいポイント。ハンドルは木製で、ナチュラルな風合いがおしゃれですね。サイズは28cmで大人数の料理を作る時にぴったり。フチが7.4cmと高いので、料理を混ぜる時にフライパンから食材が零れにくいですよ。

IH対応でおすすめのセラミックフライパン

暮らし楽市-ヒスイフライパン 20cm (4,950円)

遠赤外線効果で中まで火を通して美味しい料理を作れる

7層構造になっている複層タイプのセラミックフライパン。ヒスイを使用していて、遠赤外線効果で中まで素早く火が通り、美味しい料理に仕上がります。アルミニウムがベースになっており、重さが429gと軽いです。片手で楽に調理ができますよ。

外側にもセラミックコーティングが施されているので、汚れがつきにくく洗う時も楽です。フライパンが頑丈なのも魅力的。硬度が9Hで、長く使えます。サイズは20cmで、1人暮らしの人におすすめ。またファミリーでも副菜を作りたい時に役立ちますよ。

セラミックブライト-IH対応フライパン 26cm (1,518円)

金属ヘラも使用できる丈夫なセラミックフライパン

丈夫なセラミックコーティングがされていて、金属ヘラを使用することができます。傷つきにくいので、安心ですよ。マルチ熱源対応で、IHコンロでの使用が可能です。サイズは26cmで使い勝手が良いです。2人暮らしの人におすすめ。2人から3人分の料理を作ることができますよ。

フチの高さは約9.5cmで高め。炒め物だけでなく煮物などを作ることができます。1つのフライパンで色々な料理ができるので、1つ持っておくと便利ですよ。値段が安いのも魅力的。試しにセラミックフライパンを使ってみたいという人にもおすすめですね。

京セラ-セラブリッドフライパン 26cm (4,054円)

軽くて丁度良いサイズなので使いやすい

アルミニウムタイプのセラミックフライパン。熱伝導が良く、遠赤外線効果で食材が中までふっくらとした仕上がりになります。火の通りにムラがないので、美味しくなりますよ。重さは856gなので、片手で持つことも可能です。

マルチ熱源対応で、ガスやIH、ヒーターなど色々なコンロが使えます。自宅のコンロの種類を確認する必要がありません。サイズは26cmで、3人分位の料理を作りたい時にぴったり。使いやすいサイズなので、初めてフライパンを購入する人にもおすすめ。

コージークック-セラミックフライパン 28cm (2,954円)

保温性と高い熱伝導性があり省エネ

アルミニウムとステンレスを合わせた複層タイプ。熱伝導の良さに保温性が加わり、煮物料理がしやすいです。全面にセラミックコーティングがされているので、汚れがつきにくいです。洗いやすく、毎日の洗い物が楽になりますよ。

マルチ熱源対応で、ガスやIHなど色々なコンロで使用できます。サイズは28cmで、重さは1,006g。ステンレスを使用しているため、少々重ためです。しかし、保温性が高い分、加熱時間を抑えられるので省エネ効果が期待できますよ。

セットでおすすめのセラミックフライパン

京セラ-セラブリッドフライパン2点&セラミック包丁2点&キッチンツール2点 (12,500円)

これから料理を始める人におすすめの6点セット

セラミックフライパンに包丁とキッチンツールが付いてくるお得なセット。フライパンの大きさは26cmと20cmで、使いやすいサイズ感です。これから一人暮らしを始める人や料理を始めたい人におすすめですよ。

セラミックフライパンは、アルミニウムタイプ。軽さと熱伝導の良さを持ち合わせていて、使いやすいです。ムラなく焼けるので、料理が美味しく仕上がりますよ。マルチ熱源対応で、IHコンロにも利用できます。フライパンの重さはどちらも1,000g以下なので、片手で料理しやすいですよ。

KEVNHAUN-ツイストハンドル フライパン5点セット (12,650円)

フチが高いフライパンが3サイズセットで色々な料理ができる

20cmと24cm、28cmのセラミックフライパンがセットになっています。サイズが異なるフライパンが揃っているので、作りたい料理の量によって使い分けられます。メイン料理は28cmを使用し、副菜は20cmを使用すると良いですね。

フライパンのフチが9cm以上と高いので揚げものが可能。蓋が2つ付いてくるので、煮物料理もしやすいですね。また、フライパンのハンドルが高めの位置になっています。そのため、ハンドルを握った時に火から距離があるので、やけどをする心配がありません。

アイリスオーヤマ-フライパン9点セット (8,980円)

フライパンや鍋などのキッチン用品が一度に揃う

セラミックフライパンと鍋など9点がセットになっていて、コストパフォーマンスの良いです。フライパンは26cmと20cmの2種類で、使い勝手が良いです。フチが高く、炒め物以外に煮物や揚げ物の調理が可能。アルミニウムタイプで熱が伝わりやすく、均一に火が通りますよ。マルチ熱源対応なので、コンロの種類を気にせずに使えます。

フライパンと鍋は外側の色を7種類から選ぶことができます。キッチンの雰囲気に合わせられるので、キッチン全体に統一感を出せますよ。マルチハンドルもついていて、フライパンや鍋に付け替えることが可能。ハンドルを外してそのまま食卓に並べたり、冷蔵庫に保管したりできて便利ですよ。

まとめ

深型のセラミックフライパンがおすすめ

セラミックフライパンは、焦げ付かなさとお手入れのしやすさが人気を集めています。フライパンには多様な形と種類がありますが、中でも深型のセラミックフライパンがおすすめ。1つあれば、炒め物から煮物まで色々な料理が可能。1つ持っていれば、料理の幅が広がります。セラミックフライパンを何種類も購入しなくても済むので、値段を抑えることもできますよ。今回は、セラミックフライパンのおすすめ商品を紹介しました。是非、お気に入りのセラミックフライパンを手に入れて、料理を楽しみましょう。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*