おすすめの子供用ベッド人気比較ランキング!【折りたたみ式も】

いつもお布団で寝ている子は、布団の上げ下ろしが毎日大変ですよね。そんなときにおすすめしたいのが子供用ベッドです。子供用ベッドがあれば布団の上げ下ろしもなく、ベッドメイキングをすれば毎日綺麗ですよ。今回は、おすすめの人気子供用ベッドをランキング形式でご紹介します。子供用ベッドは子供の身長や成長過程に考慮したものがさまざまあり、選ぶのにコツが必要です。安全性や耐久性に関する解説もあるので、何を重要視して選ぶべきか迷われている方は是非参考にしてみてくださいね。

子供用ベッドの特徴

子供の背丈に合わせたサイズと仕様

子供用ベッドには、子供の背丈に準じたサイズがあります。例えば幼児であれば長さ約120cmから140cm程度、小学生くらいになると長さ約160cm程度のジュニアサイズなどがあります。小学生高学年になると体も大きくなり成長期に差し掛かるので、大人と同様のシングルサイズが最適。成長期とはいえまだ小柄な子に向いている、幅約75cm程度のセミシングルタイプもおすすめですよ。脚部の高さ調節ができるタイプもあります。

危険を回避できる安心安全構造

子供が使うベッドには、事故や破損などのリスクを回避するための工夫がされています。落下事故を防止するためのベッドガード付きや、角を丸くして怪我を防止するもの、床板構造を工夫し強度を高めたものなどがそれにあたります。材料に有害物質を含まないものもあり、子供の健康面に配慮したタイプもありますよ。

子供用ベッドの種類

ロフトベッド

ベッド下の空間を目的に応じて自由に使える

ロフトベッドは、ベッドが上にあり下の空間は収納やデスクを置くなど、目的に応じて自由に使用することができます。ベッドが上にあることで、その分部屋を広く使えるのが最大のメリット。狭い子供部屋には非常に便利なタイプといえるでしょう。

ロフトベッドは、他のベッドと違い子供にとって自分の世界が作れる遊び場のような雰囲気もあります。下の空間を自由に使い、梯子や階段を上った先に寝床があるのは、ちょっとした基地のようですよね。大人の胸あたりの高さにベッドの位置がくるミドルタイプであれば、すぐに寝顔を確認でき安心ですよ。

システムベッド

学習机や収納などがセットされている

システムベッドは、机や椅子、チェストなどが一緒にセットされているベッド。学習机などをまとめて買えるうえに、使い追わったら収納して部屋を広く使える便利なベッドです。子供のインテリアをまとめて入手し、統一感のあるものにしたい方におすすめです。

机などベッド以外のアイテムは、ベッドと一体型になっているものと、ひとつひとつを分離できるものがあります。デザインは統一されていて、レイアウトは自由にできるのも嬉しいポイント。ベッド、机、収納がコンパクトにまとまっているので収まりが良く、年齢に応じてレイアウトを変えて使用するのも良いでしょう。

ローベッド

落下によるケガを防ぐ

寝床が部屋の床に非常に近い高さのローベッドは、寝相の良くない子供の落下事故を回避してくれます。たとえ落ちてしまったとしても非常に低いので、怪我をすることは少ないでしょう。一般的なベッドより安定感があり、きしみが少ないのが特徴です。

ベッドの下に収納を置いたりはできませんが、一般的なベッドを置くより寝床が低い分開放感がありますよ。部屋が広く見えて圧迫感が少ないのが特徴です。他のインテリアも低めの設定にすると、部屋が広々としおしゃれな雰囲気になりますよ。

子供用ベッドの選び方

サイズで選ぶ

長く使用したいなら大人用と同じサイズのシングルサイズ

子供にベッドを購入し、できるだけ長く使わせたいと考えるのであれば、大人と同様のシングルサイズを選んではいかがでしょうか。子ども部屋の大きさにもよりますが、特にこれから成長著しい小学校高学年あたりの子供には、大人と同じサイズがおすすめですよ。少しだけコンパクトにしたいのであれば、セミシングルもおすすめです。

コストを抑えたいならジュニアサイズ

ベッドは大物家具ですので、費用負担も大きいですよね。コストを抑えたベッドが欲しいのであれば、小型なジュニアサイズがおすすめです。ジュニアサイズは長さが約160cm前後のベッドなので、平均身長が115cm程度の6歳くらいまでの子供用になります。幼児期から小学校低学年で購入を考えているのであれば、ジュニアサイズはおすすめですよ。

安全性で選ぶ

転落が心配なら柵付き

ジュニアサイズやロフトベッドなどは特に、転落防止のための柵やベッドガードが付いているものがあります。まだ小柄で寝返りが激しい小学校低学年くらまでは、柵付きだと安心ですよ。伸縮式など成長に合わせてサイズを変えられるベッドだと、ベッドガードの位置も自由に変えられて、最終的に無くすこともできるタイプもあり便利です。

幼児の怪我を防止したいなら角が丸い安全仕様

小さな子供にベッドを使わせるには、細かい仕様の安全性にも目を向けることが大切です。まだ転んだり、怪我をしたりすることが多い年頃の子供にベッドを与えるなら、角の処理がきちんと丸く加工されたものがおすすめ。職人さんがひとつひとつ丁寧に加工を行っているタイプは、仕上りが素晴らしいですよ。構造や機能などに注目しがちですが、外観の仕上がりにも気を付けるようにしましょう。

耐久性で選ぶ

大人になっても使用したいなら120kg以上の耐荷重が安心

ベッドを大人になるまで使用させたい場合、耐荷重が120kg以上あると安心です。100kgでも安心ですが、子供の将来的な体重やベッドに置くものなどを考慮して、耐荷重は少し多めに見積もると安心ですよ。中には500kgなどかなり大きな耐荷重が自慢のベッドもあり、子供の安全を考えるなら耐荷重が大きければ大きいほど安心感があります。

長く使いたいのであれば太さ50~70mmの柱や床板強度のある頑丈な設計が安心

子供の安全安心を考えると、ベッドは頑丈で破損などが起こりづらい作りであることが重要です。ベッド全体を支える4本の柱は50mmから70mm角あればかなり太く、見た目にもしっかりとしていて安心です。さらに床板は厚みと強度があるものが理想で、床板をのせている受け桟の幅が広く設定されていると、破損やゆがみがでづらくなります。メッシュタイプであれば、補強する柱が多いものが良いでしょう。

素材で選ぶ

通気性の良さを重視するならすのこ

湿気で布団がジメっとするのを防ぎたい場合は、床板を通気性の良いすのこタイプにするのがおすすめです。カビやダニなどが発生しやすい梅雨の時期などは特に快適ですよ。折りたたみタイプであれば、布団干しなどにも利用でき便利です。木の香りでリラックス効果もあり、質感や木目の感じが優しい雰囲気で子ども部屋にぴったりです。

通気性が良く夏場も蒸れにくいのはメッシュ

床板がフレームの格子状になっているメッシュも、通気性が良くおすすめです。木製のすのこも通気性が良いですが、フレーム仕様なのでメッシュのほうが費用が低く抑えられるのがポイント。手頃なお値段で快適な寝心地を求めるなら、メッシュが最適でしょう。一点集中の圧力に弱いので、強度を高めたい場合はメッシュをサポートする柱が多いものを選ぶと良いですよ。

機能性で選ぶ

子供の成長に合わせて使いたいなら伸縮式

子供ベッドの中でも非常に利便性が高いのは、伸縮式です。成長に合わせてベッドサイズを変えられるので、部屋のスペースを有効に活用しながら長い間使えますよ。ベッドの縦サイズが伸縮するだけでなく、脚部の長さを変えられるタイプもあり、成長に応じた仕様に変更できます。大人になっても使用できるので、一生ものとして利用できるのが嬉しい特徴です。

限られたスペースを有効活用したいならコンパクトな折りたたみ式

ベッドに部屋のスペースをとられたくない場合は、使う時だけ広げて利用できる折りたたみ式がおすすめです。折りたたむとコンパクトになり部屋の隅などに収納できるので、部屋のスペースを維持できますよ。折りたたんだ状態で布団を干せるタイプもあり、使い勝手が良いのが嬉しいポイント。子供でも折りたためて、手を挟むなどの怪我を防止する構造があります。

子供用ベッドのおすすめブランド・メーカー

LOWYA(ロウヤ)

おしゃれと実用性を両立する優しいデザイン

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

ポップなデザインと両親から見た使いやすさにもこだわったベッドが豊富です。おもちゃなど色とりどりの雑貨にぴったりな雰囲気で、ぐらつかない梯子など機能面も心強い設計。子供用2段ベッドはシングルベッドを2つに分解できるなど、子供の成長に合わせて組み替えられます。おしゃれで長く使える子供用ベッドをお探しの方におすすめです。

neruco(ネルコ)

眠りのお手伝いをしてくれるベッドコンシェルジュ

ベッドとその周辺アイテムを専門に取り扱う、ネット随一のショッピングサイト。子供に合うサイズのおすすめのベッドが多数あり、細かい希望が叶う豊富なラインナップです。機能や仕様を妥協したくない方におすすめのショップですよ。

HOPPL(ホップル)

北欧調の魅力的なデザインと成長を長く見守る柔軟な構造

北欧スタイルの美しいデザインと、天然木のぬくもりが魅力のキッズベッドブランド。成長に合わせて高さや長さを変えられて、拡張パーツはデスクなどにも使える柔軟な構造です。プレゼントや贈り物にぴったりのブランドですよ。

ニトリ

シンプルなデザインがどんな部屋にも合う

家具、インテリア用品量販店のニトリは、シンプルでどんな部屋にも調和するデザインが魅力です。折りたたみベッドは固定ピン付きの安全設計で、すのこ仕様で通気性抜群。コストパフォーマンスが良く、シンプルなデザインが良い方におすすめです。

IKEA(イケア)

おしゃれな北欧デザインが人気

スウェーデン発祥の人気家具大型量販店。北欧ならではの独特のデザインが人気で、子供ベッドも多数ラインナップされています。成長に合わせてサイズを変えられる伸縮式など嬉しい機能があり、おしゃれでコストパフォーマンスが良く、便利なベッドとしておすすめです。

おすすめ&人気の子供用ベッドランキング

システムベッドタイプでおすすめの子供用ベッド

LOWYA(ロウヤ)-ロフトベッド ロータイプ(69,990円)

収納性抜群で布団の上げ下げがしやすい
おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

安定感のある階段を上るタイプのシステムベッドです。階段部分、デスクの右半分、キャスター付きワゴンには奥行きたっぷりの引き出しが組み込まれています。金属レールを採用した引き出しは滑らかで力要らず、引っかかりのないカーブ状の取っ手でお子様に安心の設計です。子供用の収納をベッドとまとめたい方におすすめのシステムベッドです。

ロフトになっているベッド部分は高さが115cmと、大人が前に立ったときにお子様の顔を見守れる高さです。また、布団の上げ下げがしやすい高さなので、両親にも使いやすい設計になっています。子供用布団は汚れて洗うことが多いので嬉しい高さですね。寝具を清潔に保ちたい方にもおすすめの子供用ベッドです。

エディス-システムベッド(48,900円)

アイアンフレームがクールで大人になってからも使える

木材とアイアンフレームの組み合わせたクールな印象のシステムベッドです。アイアンフレームと背面の補強フレームにより、しっかりとした安定感があります。デスクの他にオープンラックが付属しており、教科書など書籍もたっぷり収納可能。強度のあるおしゃれな子供用ベッドをお探しの方におすすめです。

デスクはキャスター付きで簡単に移動できます。金属製の持ち手もついており、取り回しやすいのも特徴的。デスクを取り出してベッドの下に収納ボックスを置けば収納スペースを拡大できます。大人になってからも使える子供用ベッドが欲しい方にもおすすめのシステムベッドです。

折りたたみ式でおすすめの子供用ベッド

ニトリ-折りたたみすのこベッド(12,120円)

キャスター付きで通気性の良いすのこ床板

すのこ床板で通気性が良く、布団を乗せたまま折りたためばそのまま布団干しにもなるベッド。湿気の多い梅雨時などは特に、布団がジメっとせずに快適ですよ。キャスター付きなので移動がしやすく、布団を干す際は日当たりの良い位置に楽に移動できます。

折りたたんだ際には、固定ピンでしっかりロックされるので安心。突然開いてしまったりする心配がありません。両サイドには手すりがあり、布団のズレを防止し寝起きをサポートしてくれます。寝相が悪く、朝が弱いお子さんにおすすめですよ。

Seta Kagu-折りたたみベッド Mallow(25,520円)

女の子向けで安心安全設計のコンパクトサイズ

セミシングルサイズとしてもかなりコンパクトなサイズで、これから成長していく子供に最適な折りたたみベッド。一般的なセミシングルサイズを置くよりも、部屋が広く使えます。女性の肩幅や身長にフィットするサイズ感なので、女の子におすすめです。

ベッド裏にある強力な4本のバネが、折りたたみのアクションをしっかりサポート。少しの力で広げたり折りたたんだりできるので、子供でも操作できますよ。折りたたんだ際にフレームの間に隙間ができるので、指を挟んだりする心配がなく安心です。

タンスのゲン-パイプ式折りたたみベッド(8,999円)

通気性の良いメッシュ構造でコンパクトな四つ折りタイプ

簡単にたためる四つ折りタイプの折りたたみベッド。マットレスのずれを防止するフットガード付きで、ぴったりとマットレスがフィットします。下に収納カゴなどを入れられるスペースがあり、ベッドを展開した際に収納を隠せて便利ですよ。

寝台は通気性の良いメッシュ構造なので、梅雨時の湿気対策に最適。マットレスのカビやダニを防ぎ、寝床を清潔に保ってくれます。静止耐荷重が約120kgあるので、大人になるまで利用させたい場合におすすめですよ。

neruco-コンパクト折りたたみベッド(22,480円)

手狭な部屋でもすっきり収まるセミシングルサイズ

折りたためばコンパクトになるけれど、広げたときに大きいのは嫌という方は、セミシングルサイズの折りたたみがおすすめ。女の子など小柄なお子さんに丁度良いサイズですよ。手狭な部屋に置きやすく、コンパクトに収まり大人になっても使えます。

14段階のリクライニング機能があり、本を読むときなどに快適です。マットレスはキルト加工で、厚さ10cmとたっぷりとした厚みがあり寝心地が良いですよ。ベッド下には薄型の収納が入る空間があり、収納スペースが少ないお部屋にもおすすめです。

伸縮式でおすすめの子供用ベッド

アフィリエイト-のびのびベッド Scelta(39,180円)

自分の身長にぴったりの長さに合わせられる

10cm単位で7段階の長さ調節ができ、その時の身長に一番最適なサイズにできるベッドです。150cmから210cmまで伸びるので、大人になっても使用できますよ。大き過ぎず小さ過ぎず、快適な長さを常に維持したい場合におすすめです。

伸縮の自由度が大きく、部屋のサイズにジャストフィットさせやすいのも嬉しい特徴です。未使用の床板は、ベッド裏にある収納ラックにしまえるので探す手間が省け、コンパクトに収納可能。布製ポケット付きで、本や眼鏡などを側に置いておけますよ。

インテリアネットC-5-のびのびベッドフレーム(29,800円)

共に成長し物を大切にする気持ちを育てる

10cm単位で7段階の長さ調整が可能で、サイドフレーム内側に1cm単位のメモリが付いた便利な仕様。長さ調節をしたいときの目安として役立ちます。150cmから210cmまで伸ばせるので、身長が高くなりそうなお子さんでも十分余裕がありますよ。

高さは2段階調節ができ、38cmの高さであれば下にたっぷり収納が入れられます。24cmの低い設定は、落下などの心配のある年頃に最適。また、フレームベッドは耐久性が気になりますが、丈夫な鋼管性で作られており非常に安心ですよ。

IKEA-スンドヴィーク 伸長式ベッドフレーム(30,784円)

北欧テイストがおしゃれなホワイトカラーベッド

どんな部屋にもマッチする、爽やかなホワイトカラーの伸縮式ベッド。独特のデザインが北欧テイストで魅力的ですよね。子供の成長に合わせて長さを変えることができ、レンチひとつで簡単にサイズ変更できますよ。

白いベッドなので、布団や枕カバーがどんなものでも必ず調和するのも嬉しいポイント。キッズ用のキュートな柄物も、おしゃれに演出してくれます。ベッドベースはすのこタイプで通気性が良く、ジメジメとする湿度の高い夏場も快適ですよ。

HOPPL -キッズベッド(26,180円)

10年の成長を見守れるベッド

ひとり寝デビューから、10年位の間は使えるベッド。その間に仕様を変化させ、安心安全を確保してくれます。脚部は成長に合わせて5cmから15cmまで3段階の高さ調節ができ、長さは120cmから160cmまで20cm刻みで長くできますよ。ベッドガードは工具を使わず簡単に付け替えが可能で、フットガードやサイドガードになり転落事故を防ぎます。

北欧調の優しいカラーもおすすめポイント。子供部屋にぴったりのカラーリングで、天然木のぬくもりある質感が素敵です。延長ベッドは机や収納ラックとしても使え、子供が大きくなったらベッド拡張に利用できます。非常におしゃれな外観で、お祝いやプレゼントとしておすすめです。

リコメン堂 家具館-のびのびロフトベッド(54,699円)

部屋のスペースを有効活用できる伸縮式ロフトベッド

150cmから210cmまで7段階の長さ調節ができるロフトベッドです。ベッドの後ろ脚部分を伸縮させることで、簡単に長さを変えられますよ。フレームの内側にはメモリがあるので、今何センチなのかを確認できて便利です。

ロフトベッドなので、ベッド下の空間を自由に使えるのが嬉しいですよね。子供の頃は勉強机など、大人になったらソファなどを置いて楽しむこともできます。部屋のスペースを有効活用しながら、長く使えるものをお探しの方におすすめですよ。

ジュニアサイズでおすすめの子供用ベッド

INTEX-キッズトラベルエアーベッド(12,980円)

空気を入れるだけで屋外でも使える

室内のみならず、アウトドアなど屋外でも使用できるエアーベッド。専用のポンプで空気を入れれば、簡単にベッドができますよ。折りたたみタイプもコンパクトですが、エアーベッドも空気を抜けばさらにコンパクトに収納できて便利です。

表面生地はフロック加工で肌触りが良く、丈夫で耐久性にも優れています。旅先などに持っていくにも軽量で便利。フレームが高いのでベッドからはみ出してしまうことがなく安心ですよ。ふかふかのプールのような感じで、旅行やアウトドアによく行くファミリーにおすすめです。

KIDS MIO-キッズベッド(146,605円)

乳幼児から使える屋根があるベッド

赤ちゃんのバンパーベッドからソファに変化させることができる、身長が約135cmまでの子供にぴったりのキッズベッド。子供の成長と共に少しずつ作りを変えられますよ。お布団や枕などが付いた6点セットで、全てのアイテムがそろう豪華セットです。

最大の魅力は屋根付きのファンシーな世界観。こんな素敵なベッドなら、ひとり寝デビューも楽しくできそうですよね。子供自身が装飾などを楽しみやすいデザインです。付属のゴムハンマーで、簡単に組み立てられるのも嬉しいポイントです。

TAYO-キッズベッド(99,000円)

プレイルームにもなる子供が喜ぶバス型ベッド

子供が大喜びしそうなバス型のベッドです。プレイルームや秘密基地のようにして遊ぶことができ、夜になったらベッドに変身。ひとり寝デビューもちびっこバスの中なら、楽しく眠りにつけそうですよね。

オーガニックコットン素材のマットレスは、ふわふわの心地良さ。アレルギー体質のお子さんでも安心して利用できますよ。脚が付いていて、通気性に優れているのも嬉しい特徴。マットレスまでの高さは約30cmなので、小さい子供でも楽に昇り降り可能です。

まとめ

子供の成長過程と安心安全を考慮した子供用ベッドがおすすめ

子供用ベッドは現在の身長や、その後の成長を考慮してサイズや仕様を決めましょう。子供の成長は非常に早く、あっという間に全てがサイズアップしていきます。お財布と相談しながら、安全安心が確保された適切なサイズを選ぶようにしましょう。大人になるまで使用させたいのであれば、サイズが変えられる伸縮式がおすすめですよ。今回はおすすめの子供用ベッドをランキング形式でご紹介しました。是非素敵な子供ベッドを入手して、子供の成長を楽しんでくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*