木製の椅子おすすめ人気比較ランキング!【折り畳み式も】

椅子は、一日の中で使用する時間が長い家庭用家具です。そのため、椅子が身体に馴染んでいないと身体の疲れは取れないですし、見た目が悪いとインテリアを損なってしまいますよね。そんな時におすすめしたいのが木製椅子です。木製椅子は椅子としての役割はもちろん、おしゃれなものが多いのでおしゃれな部屋を作ることができます。そこで今回は人気の木製椅子をランキング形式で紹介します。自宅の椅子買い替えを考えている人は、是非参考にしてみて下さいね。

木製椅子の特徴

高級感があり部屋がおしゃれにきまる

木製のものは重厚な印象があり高級感が溢れています。そのため、部屋に木製の家具があるだけで部屋がおしゃれに。特に椅子は家具の中でも存在感が高く目立つので、椅子を木製のものにするだけで部屋がひきしまる印象になります。

耐久力が高く長く使い続けられる

木は水に弱く、もろい印象を持つ人もいるかもしれません。しかし木材は意外にも耐久力があるので、木製家具は長持ちします。そのため一度購入したら同じものを長く使い続けたい人などには木製の椅子が最適となるのです。

木製椅子の種類

完成品

作る手間がなく購入したらすぐにセッティングできる

椅子には完成品と自分で組み立てる必要のある要組み立て品の2種類があります。完成品は言わずもがな、既に組み立てられているのですぐに使用可能。少しでも手間をなくしたい人や、DIYに自信がない人におすすめです。

唯一のデメリットとしては既に組み立てられているため、運ぶ時に苦労する可能性があること。たとえば2階の部屋に運ぶ時など、椅子が大きすぎてしまうと階段の様な狭い通路は通れないことも考えられます。そのため椅子のサイズと搬入経路はしっかり確認しておきましょう。

要組み立て品

組み立て作業が必要なので手先が器用な人におすすめ

既に組み立てられている完成品に対し、要組み立て品は自分で組み立てて作り上げる椅子のこと。そのため作業が面倒に感じる場合や、すぐに使用したい場合は不向きです。とはいえネジで固定するなど簡単な工程ばかりなので、普段はDIYしない人もチャレンジしてみてくださいね。

組み立てる手間はあるものの、組み立てる前はコンパクトにまとまっているので持ち運びが簡単。部品を分ければ狭い通路も通れます。また総重量が重い椅子も部品を分散して運ぶことができれば、力の弱い女性や年配の人でも安心です。

木製椅子の選び方

座面の素材で選ぶ

木製なら木の自然な木目を存分に楽しむことができる

木製の醍醐味は何と言っても木ならではの自然な質感。木目が美しい点にあります。特に座面は椅子の中でも面積が広い部分なので、座面が木製のものは木目の美しさを十分に堪能することが可能です。また木製の座面は安定感があり、座った時に下に沈みにくいのも特徴になります。そのため座面が柔らかいと身体が沈みすぎて腰や脚が疲れるといった人におすすめです。

合成皮革製ならさっと水拭き可能

合成皮革の座面は中にクッション材が入っており、やわらかな座り心地があります。また水が染み込みにくいので水拭き可能。汚れも簡単に取り除くことができるので、清潔に保つことができます。食べ物や飲み物で汚れることの多いダイニング用の椅子を探している人や、何かと汚してしまう小さな子供用の椅子としておすすめです。

布製は肌触りが良くクッションがいらない

布ならではの肌触りが快適。ほどよく吸湿性もあり、長時間座っていてもべたつきません。そのためシートクッションなどを椅子の上に敷く必要はありません。但し汚れがついた時は、合成皮革のように拭き取ることはできません。そのため食事中によく食べ物をこぼし汚してしまうことの多い小さな子供に使わせるのは避け、大人用として購入する方が良いでしょう。

木材で選ぶ

広葉樹なら硬くて頑丈

オークやブナ、ウォールナットなどの広葉樹は耐久性が高いので、高級家具などにもよく使われていますよ。そのため広葉樹を素材にしている椅子は強度が高く安定感があり、椅子の素材としては最適です。尚、色味は木によって若干異なり、明るいものから暗いものまで様々。たとえばオークは深みのあるライトベージュの様な、温かみのある色をしています。

明るくカジュアルな雰囲気なら針葉樹

針葉樹は広葉樹に比べて明るい色味で、部屋の雰囲気を明るくしてくれます。よく使われるものとして、パインやヒノキなどが挙げられますね。部屋の雰囲気を重くさせたくない人や、カジュアルで元気なインテリアにしたい人は、針葉樹を素材に使っているものをチェックしておきましょう。また針葉樹は広葉樹よりも軽い素材なので、椅子を部屋から部屋へ運ぶことが多い人にもおすすめです。

背もたれの有無で選ぶ

長時間座る時は背もたれ付きのものがおすすめ

背もたれがあればよりリラックスすることができます。そのため食事や読書など、長時間椅子に座ることの多い人には背もたれ付きがおすすめです。また背もたれと一口に言っても種類は様々。背もたれの高さが腰部分までのデザイン性が高いものや、ゆったりともたれかかることができる背もたれが高いものなどがあります。自分の好みに合わせて、是非選んでみてくださいね。

背もたれがないものは圧迫感がなくインテリアを損なわない

背もたれがない分高さがないので、部屋に設置しても圧迫感を感じにくいのが背もたれ無しのものです。そのため椅子を置くことで部屋が狭く感じてしまうのを避けたい人におすすめです。また背もたれ無しのものはサイズが小さいので、たとえ個性的なものを選んでもインテリアを壊さず、部屋の中でワンポイント的な役割となりますよ。

付加機能で選ぶ

ゆったりリラックスするならアームレスト付き

腕の置き場がないと、腕だけではなく首や肩も次第に疲れてきますよね。しかしアームレストが付いていれば腕を休ませることができます。腕が休まれば首や肩への負担も軽減され、長時間快適に座ることが可能です。特に読書する時は本を持ったまま腕を固定する必要があるので、アームレスト付きの椅子がおすすめ。本好きの人は是非チェックしておきましょう。

キャスター付きなら掃除も楽にできる

椅子の置き場所を変えたい場合、床に傷をつけたくないとなると椅子を持ち上げる必要があります。しかしキャスター付きのものは手で押したり引いたりするだけで動かすことが可能です。そのため床の掃除時などで椅子を動かす作業を楽にしたい場合は、キャスター付きの椅子が便利です。またキャスターが付いていれば座ったまま移動することもできるので、立ち上がる回数を減らすこともできますよ。

高さ調節付きなら自分のサイズに合わせられる

身長は高い人や低い人、人それぞれです。そのため既製品の椅子は自分の身体のサイズに合っているとは限りません。また椅子と合わせる家具との組み合わせによって、椅子の丁度良い高さも変わってきます。そこでおすすめしたいのが高さ調節できるものです。座面の高さが変えられれば身長に合わせてジャストな位置で調節可能。特に子供は成長し身長も変わるので、高さ調節できるものがおすすめです。

折り畳み式ならスペースを選ばず使用できる

椅子は出したままではスペースを取ってしまうもの。特に使用していない時は邪魔になってしまいます。しかし折り畳み式のものの場合、使わない時はコンパクトに収納することが可能。一人暮らしなど、部屋に十分なスペースがない人に最適です。また来客用など、使う頻度の少ない椅子をコンパクトに収納できる折り畳み式にするのもおすすめですよ。

木製椅子のおすすめブランド・メーカー

LOWYA(ロウヤ)

用途に合ったおしゃれチェアが多数揃う

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

北欧風のデザインなど、カフェのようなおしゃれなラインナップが魅力的なブランドです。木製椅子はクッション入り、回転椅子、ローチェアなど用途に合わせて多くのバリエーションが揃っています。デザイン性が高く、いつものインテリアをワンランク上げてくれますよ。

ストッケ

成長に合わせて高さ調節可能

足のせ板と座面の位置を変えることにより高さ調節可能です。赤ちゃんから大人まで同じ椅子を使い続けることもできます。また高さを調節できれば自然と正しい姿勢に。姿勢が正しければ学習効率も上がりますよ。

ニトリ

ご自宅や介護用など様々なニーズに対応できる

自宅用だけではなく介護に便利な椅子など、種類が豊富なのが魅力です。またデザインがシンプルなので、どんな部屋にもマッチしやすく、部屋に上手く溶け込みます。さらに座面高も海外ブランドのものより低く、日本人にとっては座りやすい設計です。

コミコミ家具

ダイニングコタツ専用の椅子を取り扱う

コタツが取り付けられたダイニングテーブル用の椅子を取り扱ってます。コタツの熱が逃げにくい構造になっているので、ダイニングコタツを使用している人はコミコミ家具を要チェック。また座面が回転したりキャスターが付いたりなど付加機能が多いので、通常のダイニングテーブル用として使用するのもおすすめです。

KAG-Deli

女性に人気のカントリー調

KAG-Deliではカントリー調で丸みを帯びた優しいデザインを扱っています。カントリー調のものは部屋を優しい雰囲気にしてくれます。部屋の雰囲気がカントリー調の人、もしくはこれからカントリー調にしたい人におすすめです。

おすすめ&人気の木製椅子ランキング

背もたれ付きでおすすめの木製椅子

LOWYA(ロウヤ)-ダイニングチェア 北欧デザイン (15,990円)

座り心地の良いチェアが2脚セットでお買い得
おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

座面と背もたれにファブリックを使用した木製チェアです。ファブリック素材はサラリとした触り心地が特徴で、肌に張り付いたり蒸れたりしにくい素材。一年中快適に使えます。背もたれにもたれてゆったりと座る木製椅子をお探しの方におすすめです。

対荷重は80kgとしっかりとした作りなので安心感があります。ねじ止めを隠す工夫や、背もたれの角度にこだわるなど作り方も丁寧。丁寧に作られた椅子が2脚セットなのはお得感がありますよ。耐久性とデザインのバランスを重視する方にもおすすめの木製椅子です。

Bkyukyu-木製ダイニングチェア(30,024円)

北欧テイストで落ち着きのある

背もたれや座面など、全てのパーツが木材で作られており、温かみのあるデザインが特徴。ナチュラルテイストのインテリアに合う椅子を探している人におすすめ。自然が生み出す美しい木目が部屋をおしゃれにしてくれますよ。

座面には緩やかなカーブがあり快適な座り心地です。背もたれの曲線が身体をやさしく包み込んでくれます。また背もたれの曲線部分とは対照的に脚部分は直線。曲線と直線とが上手く調和され、デザイン性の高い椅子になっています。

ニトリ-ダイニングチェア(17,499円)

テーブルに引っ掛けることができる

しなやかなカーブの背もたれが特徴で、身体を包みこむような設計です。また背もたれはアームレストと兼用。無駄のないデザインになっています。さらに座面のカバーは取り外して洗うことができるのでお手入れも簡単です。

背もたれ部分にはクッションが付いており、テーブルに椅子を引っ掛けることが可能。椅子を床から浮かすことができるので、椅子の下の掃除が簡単です。そのため掃除中に椅子をどかす手間を省きたい人などにおすすめですよ。

インテリアオフィスワン-木製スタッキングチェア(7,191円)

持ち運びしやすい持ち手付き

背もたれ部分の開口部が持ち手になり、持ち運びが容易にできる椅子。椅子を運ぶ時や座る時に椅子を手前に引く時に便利です。また椅子はスタッキングすることもでき、持ち手を使えば椅子を上に持ち上げ重ねる時も楽々ですよ。

座面と背もたれ部分にPVCレザーを使用。PVCレザーは水拭きできるので食卓用の椅子として最適です。また背もたれの高さは79.5cmと大人の肩甲骨あたりまで届き、疲れにくい設計になっています。そのため読書などで長時間椅子に座っても疲れにくい椅子を探している人にもおすすめです。

背もたれ無しでおすすめの木製椅子

ルフト-ハイスツール(13,320円)

工業製品のようなアンティーク調のデザイン

座面には天然木のパイン材を使用。パイン材は大きな節と美しい木目が特徴です。また座面の木部には木そのものの質感を感じられるように、表面が滑らかになり柔らかい光沢を長く楽しむことができるラッカー塗装を施しています。

脚部分は粉体塗装を施したスチール素材を使用。強度が高く、水や傷に強いのが特徴です。またスチールの無骨さと、木材の温かさが良いバランスで融合しているのも魅力となっています。そのためインダストリアル家具が好きな人は是非チェックしておきましょう。

Teria-木製折りたたみ椅子(7,800円)

折りたためば隙間スペースに収納可能

鍋の煮込み時間を待つ時や家事中の休憩など、ちょっと座りたい時に便利なコンパクトチェア。使わない時は折りたたむことができるので置き場所に困りません。また座面には持ち手が付いているので、持ち運びやすくなっています。

椅子全体はコンパクトではありますが座面は約32cm四方と、ゆったりとした座り心地です。また重さは約2kgなので、女性や年配の人でも扱いが簡単。使用時の折り畳みを防止するロック機能も備わっており、使用時も安心です。

ギギliving-オーク鞍型スツール45(17,380円)

座面が立体的なので安定感がある

オーク無垢材をメインに使用しており、どの角度からでも木目を楽しむことができます。またデザインは鞍型を採用。非常に特徴あるデザインで、存在感を放っています。そのため他の人が持っていないような椅子や、デザイン性の高い椅子が欲しい人におすすめです。

座面中央に盛り上がり部分があり、使用時は盛り上がり部分を挟み込むようにして座ります。そのため背もたれはなくても非常に安定感があり、疲れにくい設計です。また重量は約3kgと軽量なので、片手で簡単に持ち上げることもできますよ。

インテリアココ-MAINY(6480円)

長時間使用しても疲れにくい

座面にウレタンを使用し、クッション性が高いのが特徴的なファブリック張りのスツールです。幅48.5cmと背もたれ付きのダイニングチェアと同じくらいの大きさで、男性でも余裕を持って使用できます。長時間座っても疲れにくい木製椅子をお探しの方におすすめです。

北欧風の丸みを帯びたフォルムがおしゃれで、布地の色と木製脚の色を選べます。お手持ちのダイニングテーブルやデスクに色を合わせると統一感が出ますよ。おしゃれなデザインで、インテリアに映える北欧風のスツールが欲しい方にもぴったりの木製椅子です。

アームレスト付きでおすすめの木製椅子

c-style-ダイニングチェア(21,800円)

座面が硬めなので疲れにくい

座面に対し背もたれ位置は少し奥側に配置。深くもたれ掛かることができるので、椅子でゆっくり休みたい人におすすめです。また背もたれは緩やかなカーブを描いており、身体のラインとも上手くマッチしますよ。

座面には弾力性のある糸で編まれたウェービングベルトと呼ばれる帯布を採用。座った時の衝撃吸収材の役割になります。また座面の中材にウレタンフォームを使用することでやや硬めの構造になり、疲れにくい座り心地です。さらに表面は布地で覆われ、肌触りも良いですよ。

ニトリ-木製チェア UD(10,989円)

アームレストが付いているので立ち上がりが楽

アームレストがしっかりしており、立ち上がり時の助けになります。足腰の悪い人などが使用するなど、介護用の椅子として最適です。またアームレストはしっかり握れる太さで、座位も保持しやすいといったメリットもあります。

レザー部分には特殊なフッ素処理がされている高機能PVCを使用。防汚機能が備わっており、汚れ自体が付きにくくなっています。また万一汚れても簡単に拭き取ることができ、お手入れの手間を軽減させることができます。

家具の杜-ダイニングチェア(24,800円)

緩やかなデザインが身体にフィットする

背もたれとアームレストは一体構造型。アームレストは座面の手前部分までしっかり届いています。そのため今までの椅子ではアームレストの長さが物足りないと感じている人は是非チェックしてみてくださいね。

座面は立体的な凹凸加工されており、座った時にしっくりきます。また後2本の脚がやや外側に開いているので、椅子としての安定性は抜群。デザインと機能性の高さの両方を兼ね備えている椅子を探している人におすすめです。

可動できるおすすめの木製椅子

ストッケ-トリップトラップ(30,250円)

奥行調節できるので正しい姿勢で座れる

2枚の板を動かすことで、身体に合ったサイズに調節可能。赤ちゃんから大人まで、幅広く使用できます。1台の椅子を長く使いたい人や、椅子を買い替える手間を省きたい人はチェックしておきましょう。

人間工学に基づき、正しい座り方をサポートするデザイン。見た目はシンプルなので、既存のインテリを損なわず飽きがこないのも魅力となっています。またビーチ材を使用しており、耐久力が高く傷も付きにくいです。

KAG-Deli-回転椅子(6,880円)

座面が回転するので立ち座りがスムーズ

座面部分がぐるりと360度回転します。そのため座ったまま向きを変えることの多い人におすすめ。座面が回転すると椅子を引かずに椅子の立ち座りをすることができるので、椅子を省スペースに設置する時にも便利です。

ラバーウッドの木材を使用しており、木目が温かみを演出してくれます。また全体的に丸みがあり、カントリー系の家具と良く合います。シンプルなデザインで、自分らしさを出しやすいのも魅力です。

コミコミ家具-キャスター付回転式チェアー(11,412円)

コタツ用で足元から熱が逃げにくい

脚部分が箱状になっており、前から来る熱が逃げにくい構造。主な役割はコタツ機能付きダイニングテーブル用の椅子です。普通の椅子ではコタツの熱気が逃げてしまい温かさを感じることができず困っている人は要チェックですよ。

座面は360度回転でき、椅子を引かずに立ち座りが簡単に行えます。また重量は12.4kgと重いですが、キャスターが4か所に付いているので力の弱い人でも椅子を動かすことができます。さらに座面から背もたれにかけてPVCレザーを採用しており高級感もありますよ。

まとめ

背もたれの有る木製チェアがおすすめ

背もたれがあれば深く腰掛けることができ、身体を休ませることができます。またアームレストがついていれば、よりリラックスできますよ。今回は人気の木製椅子をランキング形式で紹介してきました。自分の好みと照らし合わせて、是非納得のいく椅子を見つけてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*