2020スリムな冷蔵庫のおすすめ人気比較ランキング!【薄型でも大容量】

手狭になりがちなキッチンスペースを有効活用できるスリム冷蔵庫。近年各メーカーから一人暮らしの方から家族向けのスリム冷蔵庫が豊富にラインナップされています。一口にスリム冷蔵庫と言ってもその機能や特性は様々。高額な商品なだけになかなか決められずに頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、スリム冷蔵庫を選ぶメリットやデメリット、さらに容量別のランキングまでご紹介いたします。スリム冷蔵庫の購入を検討されている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

スリム冷蔵庫とは?

幅が60cm以下の冷蔵庫を指す

スリム冷蔵庫とは200L程度までの容量で横幅が50mm、400L程度までの容量で横幅が60cm以下のモデルの冷蔵庫を指します。一般的な冷蔵庫と比べて設置スペースを取らない事が特徴です。限られた台所をなるべくシンプルにまとめたい方に向いた製品と言えるでしょう。

一人暮らしから大家族までシーンに合わせた展開

スリム冷蔵庫は一人暮らし用のミニマムな印象がありますが、ファミリー向けの大容量製品のラインアップもあります。小さな容量の冷蔵庫は2ドア、大きな容量の冷蔵庫は5ドアと容量によって仕様が変化します。注意点はコンパクト性を重視しすぎてしまうと収納力が足りないケースも。居住人数、用途、ライフスタイルに合わせたスリム冷蔵庫を選ぶようにしましょう。

スリム冷蔵庫のメリット

狭いキッチンスペースを有効活用できる

スリム冷蔵庫の一番のメリットはコンパクトに設置できる点。アパートやマンション等の小さなキッチンスペースを有効に活用できるのがポイントです。普段自炊をしない一人暮らしの方は、電子レンジを上に置ける耐熱トップテーブ仕様のスリム冷蔵庫を選ぶのも良いでしょう。積み重ねた事でさらにキッチンスペースに余裕が生まれます。

注意点として400L以上の大容量スリム冷蔵庫の場合、奥行きや高さが出てしまうので、キッチンに圧迫感が出てしまうことも。特に奥行きは冷蔵庫の背中に放熱板が組み込まれているケースが多いので、壁から10cm程度余裕を持たせた設置が必要です。設置スペースをメジャーで正確に計測し、キッチンが狭くならないかどうかを十分に検討しましょう。

一般的なサイズの冷蔵庫に比べて搬入がしやすい

スリム冷蔵庫を購入する時は搬入について考慮するのも大切です。一般的な冷蔵庫よりも幅が狭いスリム冷蔵庫は、マンションやアパートなどでも搬入がしやすいのが特徴ですが見落としがちな注意点も。それは玄関の入り口や、階段の幅、エレベータースペース内の上下左右の幅の余裕を、購入前に確認するようにしましょう。

搬入経路はスリム冷蔵庫の幅や高さにプラス10cmの余裕を持たせる事が必須です。ギリギリのサイズを選んでしまうと、搬入中に家の壁やエレベーター内などを傷つけてしまう事も。そういったアクシデントを未然に防ぐためにも搬入経路に心配がある場合は、業者や販売店に一度確認を取るのが良いでしょう。

スリム冷蔵庫のデメリット

内容量が少ないため収納スペースが限られる

スマートさが特徴のスリム冷蔵庫ですが、横幅が狭い分内容量が少なくなりがち。また2ドアタイプは野菜室と冷蔵室が同室の為、それぞれの収納スペースが小さく冷蔵室内の収納には工夫が必要になります。頻繁に自炊する方は、冷蔵室の棚の高さが変えられるモデルや、食品の冷凍保存がしやすい大容量冷蔵室のスリム冷蔵庫がおすすめです。

食品をまとめ買いする方は、しっかり容量を確保できる奥行き65cm程度のスリム冷蔵庫がおすすめです。また背の高いモデルは小柄な女性の場合、冷蔵庫内の上段の食品が取り出しづらくなるため注意が必要です。自分の背丈に見合って取り出しやすい仕様のスリム冷蔵庫を選ぶと良いでしょう。

機能が簡素化されているモデルが多い

スリム冷蔵庫はスマートさを重視した製品ですので、一般的な冷蔵庫の機能と比べて簡素化されているものが多いです。例えば自動製氷機能や、急速冷凍機能などが同じメーカーであってもスリム冷蔵庫の場合だと搭載していないケースも。そのため購入の際に欲しい機能が付属しているかを確認する事が大切です。

スリム冷蔵庫は一般的な冷蔵庫と比較して、リーズナブルな価格でのラインナップなのも特徴です。それにより必要最低限の機能に絞ったスリム冷蔵庫も多く販売されています。しかしファミリータイプの大容量スリム冷蔵庫の場合は、調理や収納に便利な機能を搭載した製品も並んでいます。

スリム冷蔵庫の選び方

容量で選ぶ

一人暮らしなら150から200Lの容量がおすすめ

一人暮らしで自炊をほとんどしない方は150L程度、料理好きな方は200L程度の容量のスリム冷蔵庫が向いています。150Lまでのスリム冷蔵庫は必要最低限の機能のものが多く、中には横幅が50cmを切るコンパクトサイズも。料理のストックや作り置き食材で収納力が必要な場合は冷蔵室、冷凍室の容量のバランスが取れたスリム冷蔵庫を選ぶと良いでしょう。

3から4人家族なら400から500Lの容量がおすすめ

頻繁に冷蔵庫を使用するファミリー層は、400Lから500Lの大容量スリム冷蔵庫がおすすめ。お弁当のおかず用のストック、子供のおやつのアイスクリームや大人のビールなどを日常的に保管するため容量が必要です。食品の冷凍保存や冷凍食品が多い家庭は、引き出し式で誰が見ても一目で分かりやすい冷凍室を搭載したスリム冷蔵庫を選ぶと、調理もスムーズに。また、子供がいる家庭ではドアの閉め忘れ防止のブザー付きを選ぶと安心です。

機能で選ぶ

氷を頻繁に使用するなら自動製氷機能付き

ジュースやお酒を出す時にいつでも氷を使える、便利な自動製氷機能搭載のスリム冷蔵庫。製氷トレイを使って氷を作るより、効率良く自動的に氷を作り出せる優れものです。これならうっかり氷が切れてしまうという事態も防止できますよ。使い方もいたってシンプルで、専用のタンクに水を注ぐだけ。日常的に水筒を使う子供や社会人がいる家庭におすすめの機能です。

耐熱天板なら電子レンジを上に置ける

電子レンジを上に置ける耐熱天板付きのスリム冷蔵庫は、キッチンスペースの有効活用のほか、食品の解凍や温めをスピーディーにできるので使い勝手抜群。ただし背が高い冷蔵庫の天板に置くと使い勝手が悪く危険。一人暮らし用の高さ1m程度のスリム冷蔵庫だと安心して電子レンジの設置ができますよ。また電子レンジのほか、電気ケトルのスペースとして利用するのも良いでしょう。

ドアの開閉で選ぶ

スペースを節約したいなら片開きタイプのものを

片開きタイプのドアは左から右に開く右開きと、右から左に開く左開きに分かれています。これにより部屋の間取りに合わせて右開き、左開きを選ぶことができるのがメリット。ドアが開かない方に収納棚などを備え付けられ、キッチンスペースを無駄なく使えるのが特徴です。またスリム冷蔵庫のほとんどのモデルは片開きですので豊富なラインナップの中から好みの機能が付いたモデルを選びやすいのも嬉しいですね。

両開きならシーンに合わせて開閉できる

両開きのドアは左右どちらのドアからでも開閉できるのが特徴です。来客時に冷蔵庫を開ける際の大変便利な機能として注目されています。左右好きな方から開けられるので、冷蔵庫内の中が見えないように目的のものをスムーズに出し入れできると大好評。さらに引っ越しで住まいが変わった時に、キッチンの間取りを気にせずに設置できるのもポイントです。そのため転勤が多い方におすすめのスリム冷蔵庫と言えるでしょう。

スリム冷蔵庫のおすすめブランド・メーカー

SHARP(シャープ)

プラズマクラスター搭載だから冷蔵庫内の臭いをクリーンに

薄型テレビなどの家電ブラントとしておなじみのSHARP。スリム冷蔵庫の特徴は、冷蔵庫内をクリーンにキープできるプラズマクラスター機能です。プラズマクラスターイオンが庫内を除菌した空気が循環することで、保存している食品を衛生的に保ちます。また左右どちらからも開く、どっちでもドアはSHARPオリジナルの技術で高い人気を集めています。

Panasonic (パナソニック)

自動節電機能から微冷凍機能まで幅広いラインナップが特徴

Panasonicのおすすめ機能の一つが、微冷凍機能です。肉や魚などのチルド食品を-3℃で冷凍することで、冷蔵状態よりも日持ちがし、取り出してすぐに包丁が入る固さでの保存が可能に。社会人同士のカップルや、共働き世帯におすすめの優れた機能です。さらにポイントが高いのは独自の省エネ機能。冷蔵庫内をLEDで収納量を感知して、自動的に適切な温度で管理するエコナビシステムは見逃せません。

日立

まるごとチルド機能で肉や魚を凍らせずに美味しく保存

日立は洗濯機や掃除機やエアコンなど日常生活に密着した製品を展開するメーカーです。スリム冷蔵庫の注目機能は冷蔵庫内の温度を2℃、湿度は約80%に保ってまるごとチルドにできる、食品鮮度キープに特化したアイデア。これにより大容量のチルドルームが生まれますので、作り置き食材の収納やサラダもラップ要らずで保存が可能に。さらに真空チルド室で、ハムやベーコンの加工食品の鮮度を保ち長持ちする嬉しい機能も。

東芝

切り替え冷凍室機能で様々な食品のストックがしやすい

東芝は冷凍室を用途に合わせて切り替えられる機能が人気です。例えば温かいご飯を冷めるのを待たずに保存できる、一気冷凍機能。急激な温度低下で一気に冷凍するため、ご飯はもちろん、肉や魚の鮮度を保ちながら美味しくキープできるのがポイント。さらに野菜はゆっくり時間をかけて冷凍することで、形や色味を崩すことなく、そのまま使えるので日常的に調理をする方におすすめの機能です。

おすすめ&人気のスリム冷蔵庫ランキング

100から200Lの容量でおすすめのスリム冷蔵庫

Hisense-冷蔵庫 小型 150L (27,025円)

2段式冷凍室だから冷凍食品の収納に困らない

シンプルなデザインのスリム冷蔵庫はハイセンスの製品です。幅480mm、高さ1,225mm、奥行き595mmの右開きスリム冷蔵庫。容量は150L(冷蔵室104L 冷凍室46L)で一人暮らし向けのおすすめのサイズです。コンパクトな見た目ですが、冷蔵室には奥行きがあるのでホールケーキや、お惣菜などたっぷり収納できます。

さらに注目は冷凍ストックを活用する方に嬉しい、引き出し式の2段式冷凍室です。これにより冷凍食品を見やすく仕整理、取り出しやすく使い勝手が抜群ですよ。上段にはアイスクリームや、冷凍ご飯、下段には冷凍食品を並べて収納できる便利な仕様です。

東芝-冷蔵庫 BSシリーズ 150L (39,699円)

省エネ性能5つ星のスリム冷蔵庫

東芝のスタイリッシュなデザインのスリム冷蔵庫。幅479mm、高さ1,269mm、奥行き582mmの右開きタイプです。容量は150L(冷蔵容量110L、冷凍容量43L)と一人暮らし向きのモデル。その特徴は何といっても高い省エネ性能。統一省エネルギーラベルでの評価は最高ランクである5の評価です。

さらに耐熱100℃のトップテーブルなので、電子レンジを上に置くことも可能です。一人暮らしのコンパクトなキッチンスペースを有効に活用することができますよ。ドアポケットが3段なので、ドレッシングやペットボトルドリンクの収納力も高いのが良いですね。

maxzen-冷蔵庫 小型2ドア 138L (21,800円)

8段階の温度調整機能で使いやすい

ガンメタリックでシャープな印象のmaxzenの右開きタイプのスリム冷蔵庫。幅474mm、高さ1,282mm、奥行き498mmのミニマム設計タイプです。容量は138L(冷蔵室98L、冷凍室40L)で一人暮らしはもちろん、セカンド冷蔵庫としてベッドルームに設置するのも向いています。

8段階の温度調節機能付きなので、冷蔵庫内の量に合わせて温度を調節できるのがポイントです。庫内に食品が少ない時は温度を控えめの省エネ設定にもできます。また、音が気になりにくい静音設計なので就寝中に音が気になる事もありません。ワンルームにお住いの方にもおすすめですよ。

200から300Lの容量でおすすめのスリム冷蔵庫

SHARP-プラズマクラスター冷蔵庫  280L (76,197円)

4段引き出し型フリーザーだから安心してストックできる

こちらのSHARPの右開きスリム冷蔵庫は、幅560mm、高さ1,568mm、奥行き665mmで容量は280L(冷蔵室155L、冷凍室125L)で二人暮らし向きサイズ。特徴は大容量の冷凍室が4段仕様になっているので、冷凍食品がたくさん収納できます。ご飯やアイスクリームなどの食材を種類別に分けて見やすく整理整頓できるのが良いですね。

さらにSHARPならではのプラズマクラスター搭載で、冷蔵庫内の除菌も可能に。みずみずしさをキープするシャキッと野菜室も備え付けですので、食品の鮮度を守って長持ちする嬉しいスリム冷蔵庫です。野菜や肉類などの生鮮食品を多く保管する方に向いているモデルですよ。

日立-ライトブラウン冷蔵庫 265L(106,010円)

野菜好きな方におすすめのまんなか野菜室

優しいライトブラウンカラーで落ち着いた印象の日立のスリム冷蔵庫。幅540mm、高さ1520mm、奥行き655mmの右開きでやや細身のタイプ。容量は265L(冷蔵室136L、野菜室63L、冷凍室66L)と、野菜室の容量が大きい設計が魅力です。

注目は真ん中の段に野菜室がある点。冷蔵庫の野菜室は下部に設計されている事が多いので、調理中に野菜を取り出す際にかがむ必要があります。しかしこちらのスリム冷蔵庫の場合は、真ん中に野菜室が設計されているので立った状態で野菜の取り出しができます。料理を日常的に行う方におすすめのスリム冷蔵庫です。

Panasonic-冷蔵庫 248L (66,980円)

シンプル機能でコストパフォーマンスが高いスリム冷蔵庫

シルバーグレーカラーがスタイリッシュなスリム冷蔵庫をご紹介します。幅555mm、高さ1,636mm、奥行き632mmのやや背が高い右開きタイプ。容量は248L(冷蔵室186L、冷凍室62L)で冷蔵室の容量が大きめのシンプルなミニマム設計がポイントです。

4段式のドアポケットでペットボトル飲料や、卵などの食品が楽々に収納できるのスペースが使い勝手抜群。インバーター搭載できめ細やかな電力設定を自動でするため省エネに特化しているのも特徴。落ち着いたデザインなので男性の一人暮らしにもおすすめです。

ハイアール-冷蔵庫 2ドア 218L (43,454円)

区分けされた冷凍室で食品ストックの収納力が高い

落ち着いたマットゴールドカラーと凹凸の無いドアデザインが美しいこちらのモデル。幅565mm、高さ1,630mm、奥行き640mmの右開きスリム冷蔵庫です。容量は218L(冷蔵室137L、冷凍室81L)と自炊をする一人暮らしから二人暮らし向けのサイズです。

特徴は冷凍庫内の区切り棚。収納力は抜群で一目で何がどこにあるのか見やすいと好評です。そして冷蔵室の棚は硬化ガラストレイを採用している為、重たい缶詰や瓶詰を収納してもたわみにくいのも良いですね。電子レンジが載せられる耐熱版付きなので、家電の収納スペースをまとめたい方におすすめ。

アイリスオーヤマ-冷蔵庫 231L (59,800円)

2way仕様の野菜室で使い勝手抜群のスリム冷蔵庫

アイリスオーヤマのスリム冷蔵庫は整理整頓に優れた機能が盛りだくさん。幅545mm、高さ1,700mm、奥行き591mmの右開きで背が高いモデル。容量は231L(冷蔵室161L、冷凍庫70L)と冷蔵室の容量が大き目な一人暮らしから二人暮らし向きのスリム冷蔵庫です。

こちらのポイントは2way仕様の野菜室です。レバーを左右に動かすだけで簡単に湿度と温度を調節し、野菜室と冷蔵室の切り替えが可能に。また、冷凍室は3段式の引き出し式ですので、目的の食品が見つけやすくドアの開閉の時間短縮にもつながります。まとめ買いが多い方におすすめですよ。

300から400Lの容量でおすすめのスリム冷蔵庫

SHARP -350L 3ドア冷蔵庫 (78,155円)

両開きのどっちでもドアで使い勝手抜群

幅600mm×奥行665mm×高さ1690mmのやや背丈が高いSHARPのスリム冷蔵庫です。内容量350L(冷蔵室183L、冷凍室99L、野菜室68L)で冷凍室の容量が大きいのもポイントです。
特徴はどちらからでも開く両開きのどっちでもドア。これにより狭いスペースでもドアの開閉に困らずスムーズに食品を出し入れ可能。

冷蔵庫内の気になる臭いや雑菌、カビを防止するナノ低温脱臭触媒機能が食品を守り、庫内は清潔で快適に。さらに女性の背丈に合わせたローウェスト設計なので、重たい飲料ペットボトルや食品の取り出しも容易になりました。また省エネ機能で電気の無駄を最大7%削減する節電モードで家計にも優しいスリム冷蔵庫と言えます。

アクア-冷蔵庫 355L (74,364円)

全幅フレッシュルーム完備で生鮮食品がたっぷり入る

アクアの4ドアタイプの左開きスリム冷蔵庫をご紹介します。幅600mm、高さ1,729mm、奥行き662mmと3人から4人家族向けのファミリーサイズ。容量は355L(冷蔵室197L、冷凍室89L、野菜室69L)で、真ん中は上下2段の冷凍庫仕様です。

注目は圧倒的な存在感の全幅480mmのフレッシュルームです。肉や魚をたくさん保存したい時におすすめです。また、グリップハンドルドアなので掴みやすく調理中に簡単に扉を開けるのも良いですね。ホームパーティーを頻繁に開く方におすすめのスリム冷蔵庫と言えるでしょう。

東芝-3ドア冷蔵庫 363L (128,000円)

速鮮チルド&解凍モード搭載で時短調理の味方に

東芝の右開き3ドア式の清潔感が漂うスリム冷蔵庫です。幅600mm、高さ1,734mm、奥行き672mmの3人から4人ファミリー向けのモデル。容量は363L(冷蔵室197L、冷凍室84L、野菜室84L)で大容量の野菜室がポイントの大型タイプです。

こちらのスリム冷蔵庫は、調理に便利な速鮮チルド&解凍モードを搭載しているのが特徴です。仕事帰りで冷凍した肉類等の解凍時間を短縮したい時に大活躍間違い無し。さらにうるおいラップ機能で、野菜を新鮮な状態に保ちます。共働きの家庭におすすめのスリム冷蔵庫です。

三菱-3ドア冷蔵庫 335L (93,800円)

フリーアクセスドアだからドアの開閉がスムーズに

こちらは三菱のパールホワイトの右開き3ドア式スリム冷蔵庫。幅600mm、高さ1,678mm、奥行き656mmの背が低めのモデルです。容量は335L(冷蔵室182L、冷凍室81L、野菜室72L)で冷凍室の容量が大きめなのがポイントです。

また、フリーアクセスタイプのドアを採用していますので、横や下からつかんでも開閉しやすいのも良いですね。また冷蔵室はガラスシェルフで、汚れを布でさっと落としやすいので掃除が楽々です。大容量ですが背が低い設計なので小柄な女性にも向いているスリム冷蔵庫ですよ。

ハイアール-2ドア冷蔵庫 340L (65,461円)

洗練されたスマートデザインのスリム冷蔵庫

無駄をそぎ落としたスマートデザインの右開きのスリム冷蔵庫です。幅595mm、高さ1,775mm、奥行き672mmでマンションやアパートにもおすすめのサイズです。容量は340L(冷蔵室221L、冷凍室119L)ですのでまとめ買いでも安心です。

4段式の冷凍室なので、仕分けがしやすく冷凍食品や食品の冷凍ストックの収納に大活躍しますよ。また冷凍室だけを稼働する機能も搭載していますので、長期出張や旅行、帰省の時にも便利です。実用性とデザイン性が融合したスリム冷蔵庫をお探しの方に向いています。

まとめ

省エネで大容量フリーザーのスリム冷蔵庫がおすすめ

スリム冷蔵庫は、電気代金が抑えられる省エネタイプで、冷凍庫内の容量が大きなモデルを選ぶのがおすすめ。庫内の状況に合わせて温度調整ができない冷蔵庫は、効率が悪く余計な費用が掛かってしまいます。また自炊をしない方でも冷凍食品のストックはいざという時にも大変便利です。そのため収納力が高い大容量で、2から3段程度の引き出し式冷凍庫を選べば、庫内が見やすく整理できますのでおすすめですよ。用途やライフスタイルに合わせてぴったりのスリム冷蔵庫をぜひ探してみてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*