おすすめのローチェア人気比較ランキング!【リビングにも】

ストレスがたまりやすい環境の中、自宅にいる時くらいはゆっくりリラックスしたいですよね。そんな時におすすめなのがローチェアです。通常の椅子よりも座面が低いローチェアは、床に足をつけてゆったり座れるのが魅力です。今回はローチェアのおすすめ人気ランキングを紹介します。ローチェアを選ぶ時のポイントもお話しするので、ぜひ参考にしてくださいね。自宅用のローチェアはもちろん、アウトドア用のローチェアも紹介しますよ。

ローチェアの特徴

体重を椅子に預けてリラックスして座れる

ローチェアは名前の通り、通常の椅子よりも座面が低い位置にあるのが特徴です。座面が低い位置にあることで足を床にしっかりつけて座ることができるので、通常の椅子よりも体を預けてゆったり寄りかかりやすいのが魅力ですよ。ローチェアはリビングでテレビを観る時や休憩する時はもちろん、アウトドアシーンでも活躍する椅子です。

高さがないので部屋が広く見える

ローチェアのもうひとつの魅力は、部屋を広く見せる効果があることです。座面が低いローチェアは全体的に高さがないので、縦の空間にゆとりができます。そのため視界を遮らず、部屋全体を広々と見せることができますよ。部屋の椅子をローチェアで統一すれば、部屋全体を見渡せるような開放感を出すことができます。

ローチェアの種類

ソファ型

分厚い座面でゆったり座れる

ローチェアは大きく3つの種類に分けることができます。よりゆったり座りたい時におすすめなのが、ソファ型のローチェアです。ソファ型のローチェアは座面が分厚くクッション性のある作りになっているので、座り心地が快適なのが魅力です。

ソファ型のローチェアは1人用だけではなく、2人用もあるので家族と一緒に使うこともできます。通常のソファよりも座面が低いので、小さなお子さんがいる場合でも安心して使えます。圧迫感を出さないローチェアは狭い空間でも使いやすいので、一人暮らし用のソファとしてもおすすめですよ。

座椅子型

狭いスペースでもコンパクトに置きやすい

家の中で手軽にローチェアを使いたい時におすすめなのが、座椅子型のローチェアです。座椅子型のローチェアはソファ型よりもサイズがコンパクトなので、場所を取りたくない時に便利ですね。座椅子型のローチェアは持ち運びがしやすいものも多いので、移動しやすいところも利点です。

座椅子型のローチェアはローデスクと一緒に使いやすいので、食事や作業をする場合は座椅子型がおすすめです。家で仕事をする時にも座椅子型のローチェアは活躍してくれますよ。座椅子型のローチェアはこたつで使いやすいところも魅力ですね。

折り畳み型

持ち運びがしやすくアウトドアでも使える

折り畳み型のローチェアは、ローチェアの中で最もコンパクトなのが特徴です。折り畳みができるだけではなく、椅子の全体が薄い作りになっているので持ち運びがしやすいです。キャンプや釣りなどのアウトドアシーンで活躍するローチェアですね。

持ち運ぶことが前提になっている折り畳み式のローチェアは、軽さも大切なので座面や背もたれが布張りになっています。通気性に優れているものや火や水に強いものなど、屋外で使いやすい素材を使っていますよ。アウトドアでも海水浴とキャンプでは適しているローチェアが違うので、シーンに合うものを選ぶのが大切です。

ローチェアの選び方

座面の高さで選ぶ

足を伸ばしてゆったり座れるのは20cm以下

ひとことでローチェアと言っても、座面の高さが17cmくらいのものから40cmくらいのものまで幅があります。座面の高さ20cm以下のかなり低いローチェアの特徴は、床に座る時のように足を伸ばして座れることです。足を伸ばせる上に背もたれに寄りかかれるので、よりリラックスして座ることができますよ。こたつでローチェアを使う場合は、座面の高さが20cm以下のローチェアがおすすめです。

楽に立ち上がりやすいのは30cm以上

椅子は座面が低いほど、立ち上がる時に下半身に負荷がかかる傾向にあります。つまり座面がより低いローチェアは、立ち上がる度に下半身に力を入れる必要がありますよ。そのため席から離れることが多くサッと立ち上がりたい人におすすめなのが、座面の高さ30cm以上のローチェアです。少し高さがあるローチェアは立ち上がる時だけではなく座る時も楽なので、短時間座る時にも使いやすいですね。

座り心地で選ぶ

首や肩が疲れにくいのは背もたれが高いハイバックタイプのローチェア

ローチェアを毎日の生活の中に取り入れる場合は座り心地が大切ですよね。よりリラックスして座りたい人におすすめなのが、背もたれが高いハイバックタイプのローチェアです。ハイバックタイプのローチェアは背中全体を背もたれに預けることができるので、長時間座っていても体が疲れにくいですよ。ハイバックタイプなら首や肩に負担がかかりにくいので、肩こりに悩まされている人にもおすすめですね。

リクライニング付きは好きな姿勢で座れる

ローチェアを幅広い用途で使いたいなら、背もたれの角度を調節できるリクライニング機能付きがおすすめです。たとえば本を読む時や食事をする時は直角に近い角度の背もたれが使いやすいですが、ゆっくりリラックスしたい時は緩やかな角度の背もたれで座りたいですよね。ローチェアにリクライニング機能が付いていれば、それぞれのシーンに合う快適な座り心地を叶えることができますよ。

素材で選ぶ

幅広い部屋で使いやすいのはファブリック素材

ローチェアを選ぶ時は、シートに使われている素材もチェックしましょう。ローチェアを自宅で使う場合はインテリアに合うかどうかが大切なポイントですよね。幅広いインテリアに合わせやすいのは、ファブリック素材のローチェアです。ナチュラルな雰囲気があるファブリック素材のローチェアは、どんなインテリアにも馴染みやすい特徴があります。ファブリック素材でも深みのあるグレーやブラウンなら、洋室だけではなく和室でも使いやすいですよ。

アウトドアには通気性に優れたメッシュ地

アウトドアシーンで使いやすいのが、通気性の良いメッシュ地を使用しているローチェアです。アウトドア用のローチェアはキャンプや海水浴など、汗をかきやすい季節に活躍することが多いので汗で蒸れにくいメッシュ地が使いやすいですよ。アウトドア用のローチェアは汚れやすいので、ナイロンなどの汚れを拭き取りやすい素材を選ぶと便利です。また、バーベキューや焚火など火の近くでローチェアを使うことが多い場合は、火の粉に強い素材のローチェアを選ぶようにしましょう。

ローチェアのおすすめブランド・メーカー

LOWYA(ロウヤ)

ナチュラルなデザインでインテリアに合わせやすい

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

ロウヤのローチェアの魅力はインテリアのポイントとしても使えるデザイン性の高さです。シンプルさの中におしゃれが光るロウヤのローチェアは、どんなインテリアにも馴染みやすいのが魅力ですよ。ロウヤのローチェアはおしゃれなだけではなくリクライニングなどの機能性にも優れているので、日常生活の中で使いやすいです。

ニトリ

豊富な種類から好きなローチェアを選べる

ニトリのローチェアの特徴は種類がとても豊富なところです。リビングのメインとなるようなソファ型から、狭い部屋でもコンパクトに使いやすい座椅子型まで幅広く揃っていますよ。値段の幅も広くデザインの種類も多いので、自分の生活に合うローチェアを選ぶことができるのが利点ですね。

BILLABONG(ビラボン)

様々な形から選べるアウトドアローチェア

サーファー用のファッションブランドであるビラボンのローチェアは、アウトドア用です。長時間座っていても疲れにくく安定した座り心地のローチェアなので、様々なアウトドアシーンで活躍してくれますよ。椅子の形が数種類あるので、より使いやすい形のアウトドアチェアを選ぶことができます。

ぼん家具

様々なシーンで使える回転式ローチェア

ぼん家具のおすすめローチェアは、便利な回転式です。座面が360度回転するローチェアなので、ローデスクの前で使いやすいのが利点ですよ。オフィスで使うデスクチェアから脚を取り除いたような形をしているのが特徴的で、自宅勤務でも使いやすいローチェアです。

おすすめ&人気のローチェアランキング

リビングにおすすめのゆったり座れるローチェア

LOWYA(ロウヤ)-1人掛け リクライニングソファ(14,990円)

細かい調整ができる42段階リクライニング
おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

ソファのリラックスした座り心地と座椅子の便利さを兼ね備えているローチェアです。リクライニング機能付きで42段階の細かい調節ができるので、座る人の体格やシーンに適した背もたれの角度を作ることができますよ。背もたれの角度を調節する時に最初に180度倒す必要がないので、後ろのスペースが狭くても調節ができるのが便利です。

シートにはウレタンとポリエステル綿がたっぷり詰められているので、体に優しくフィットしてゆったり座ることができます。横幅が広いローチェアなので、大人の男性でも余裕を持って座れますよ。座面の高さを立ち上がりやすいように設計しているので、家事の合間にちょっと座る時にも使いやすいです。

LOWYA(ロウヤ)-リクライニングチェア(14,990円)

体に合わせて高さ調節ができるローチェア
おすすめ商品!
ジャンル内で売れています!

長時間座っていても体が疲れにくいローチェアです。特徴的なのが座面の高さを4段階で調節でき、自分の身長に座面を合わせられるところです。首が背もたれで隠れるくらいのハイバックタイプなので、背中をゆったり預けて座ることができますよ。可動のサポートクッションが付いているのも特徴で、首や腰などの好きな部分にクッションを使うことができます。

厚さ約10cmの分厚い座面の中央には低反発ウレタンシートを使用していて、体圧を分散して長時間座っていても体が疲れにくいですよ。5段階のリクライニング機能が付いているので、リラックスしたい角度を選ぶことができます。背もたれを手前に倒すことができるので、ローチェアを移動させる時も便利です。

ニトリ-1人用ソファ アカツキ(40,639円)

木目デザインがおしゃれなローチェア

部屋に温かみのある雰囲気を出してくれる天然木を使用したローチェアです。木目がきれいな天然木突板とファブリック素材を組み合わせたローチェアは、ナチュラルで幅広いインテリアに合わせやすいです。天然木突板の色をナチュラルとダークブラウンから選べるので、他の家具の色味に合わせることができますよ。

肘置きの幅が約15cmで広いので、ちょっとした机として飲み物やリモコンを置くことができます。女性があぐらをかけるくらい座面にゆとりがあるので、ゆったり座れますよ。シートのカバーは取り外してドライクリーニングできるので、清潔に使えるのも利点ですね。

Armonia(アルモニア)- Bellacurva 1人掛けソファ(49,990円)

高級感が漂うレザー調ローチェア

部屋に上品な印象を与えてくれるレザー調のローチェアです。素材のPUレザーはポリウレタンを使用した合成皮革で、傷や汚れにとても強いのが利点です。強度テストでタワシを強く擦り付けてもきれいな表面を保つほど、耐久性に優れていますよ。撥水性にも優れているので、飲み物をこぼしてもさっときれいに拭き取ることができます。

座面に高密度の高級ウレタンを使用しているのが特徴的で、体圧をしっかり分散して快適な座り心地を実現します。背面にはクッション材として適している木綿を使用していて、体のラインにフィットして余計な負荷がかかりません。デザインが7種類あり、インテリアのアクセントとして取り入れるならバイカラータイプがおすすめですよ。

家具350-ラタンチェア(37,330円)

アジアンリゾートのようにくつろげるローチェア

アジアンリゾートのような南国空間を作りたい時におすすめのローチェアです。フレームに使われているラタンは軽量ですが、耐荷重強度が木材の約4倍と言われていてとても丈夫なのが魅力です。ラタンは塗装後も呼吸を続けているので、部屋の湿度を調節してくれ一年中快適に使うことができますよ。

椅子の脚を取り外してそのまま床に置いて使うこともできるので、好みの座り方に合わせて選ぶことができます。折り返しデザインになっている背もたれが体をしっかり支えてくれるので、長時間座っていても体が疲れにくいですよ。片側に肘置きが付いているので、本を読みながらリラックスして座ることができます。

リアルスタイル-カンナローチェア(89,100円)

旅館や料亭にも馴染むローチェア

洋室だけではなく、和室でも使いやすいローチェアです。木製フレームは角を取って丁寧に丸く仕上げられているので、畳に置いても傷付けません。肘置きが背中まで繋がっている形が特徴的で、あぐらをかいても膝があたらずリラックスして座れますよ。

サイズ感はコンパクトですが、男性でもあぐらをかいて座れるローチェアです。今回紹介するのは座面の高さが24cmのタイプですが、38cmタイプもあるので好みの座り心地で選ぶことができます。別売りのオットマンを合わせて購入すれば、足を伸ばしてよりリラックスして座れますよ。

一人暮らしにもおすすめのコンパクトなローチェア

LOWYA(ロウヤ)-ポケットコイル座椅子(16,990円)

全身を預けてゆったり座れる座椅子ローチェア
おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

よりリラックスして座れる座椅子型のローチェアが欲しい人におすすめです。頭までゆったり寄りかかれるハイバックタイプで、背中全体が包み込まれるような座り心地ですよ。首の動きや頭の位置に合わせて細かい調節ができるヘッドレストが付いているので、首が疲れやすい人でもゆったり座ることができます。

足も乗せることができるロング座面で14段階のフット可動付きなので、自分に合う自然な姿勢でリラックスできますよ。座面には上質なソファでお馴染みのポケットコイルを贅沢に36個使用しているので、ソファのような座り心地を実現しています。他の家具と調和しやすいように設計されているので、ローテーブルの下にもすっぽりおさまります。

モダンデコ-1人掛けコーデュロイソファ(21,999円)

ファッションでも人気のコーデュロイのローチェア
おすすめ商品!
ジャンル内で売れています!

他にはないおしゃれなローチェアが欲しい人におすすめです。洋服の素材としても人気が高いコーデュロイ素材のローチェアには温かみのある雰囲気があり、手触りが優しいです。クールな雰囲気があるブラックのスチールフレームと組み合わせることで、ヴィンテージ家具のような味わい深さを醸し出していますよ。

ウレタン素材の固すぎず柔らかすぎない座面が適度な弾力で体を支えてくれます。奥行が約50cmで深めなので、ゆったり寄りかかれるのはもちろん、あぐらをかいて座ることもできますよ。背もたれもボリューム感のある作りなので、体をゆったり預けて座れるのが魅力ですね。

ぼん家具-コンパクト回転座椅子(7,980円)

360度回転する座椅子型ローチェア

自宅で仕事をする時にもおすすめの回転式のローチェアです。座面が360度回転するので、机から椅子を引き出さずに立ち上がることができますよ。オフィス用のデスクチェアを思わせるデザインなので、オンラインミーティングの時にも様になります。

中材には程よい反発力があるウレタンフォームを使用していて、適度な固さで腰をサポートしてくれるので仕事している時も体に優しくフィットしますよ。肘置き付きでゆったり座ることもできるので、テレビを観ている時などのリラックスタイムにもおすすめです。デザインが8種類でファブリックとレザー調があるので、部屋の雰囲気に合わせやすいのも魅力ですね。

350家具-1人掛けリクライニングソファ(22,630円)

思わず寝てしまうようなフカフカの気持ち良さ

狭い空間にもコンパクトに置ける上にリラックスした座り心地も実現してくれるローチェアです。フォルムがスッキリしているローチェアなので、ワンルームなどのスペースがない部屋にも置きやすいですよ。優しい色味のベージュとグレーのナチュラルデザインで、どんなインテリアにも合わせやすいのも魅力です。

弾力性に優れたフカフカのクッションのローチェアで、体が深く沈み込み過ぎることなくリラックスして座れます。背もたれだけではなく頭部のリクライニングもできるので、首が疲れやすい人にもおすすめですよ。椅子の脚が体重をしっかり支える作りになっているので、リクライニングで背もたれを深く倒しても椅子が後ろに倒れることがありません。

ニトリ-座り心地を重視したポケットコイル仕様の座イス(6,589円)

使わない時はコンパクトに収納できるローチェア

リーズナブルだけど座り心地にも優れているローチェアが欲しい人におすすめです。1万円以下で購入できる低価格の座椅子型ローチェアですが、座面にはポケットコイルを使用しているのでソファのような座り心地ですよ。座面厚が約19cmでボリュームがあるので、底付き感がなくリラックスして座れます。

背もたれを手前に倒せる折り畳み式なので、ローチェアを使わない時はコンパクトに収納することができます。リクライニングは背中6段階、頭部14段階で可能なので、自分が好きな角度を見つけて座ることができます。姿勢が悪くなりにくいローチェアなので、読書やゲームをする時にもおすすめですよ。

アウトドアシーンでおすすめのローチェア

BILLABONG(ビラボン)-ローチェア(7,744円)

長く座っていても疲れにくい

人気サーフブランドであるビラボンのアウトドア用ローチェアです。ビラボンのローチェアはアウトドアシーンをさらに盛り上げるようなおしゃれなデザインが魅力ですね。ビラボンのローチェアはおしゃれなだけではなく、座り心地にも優れているのでキャンプやフェスなど様々なアウトドアシーンで活躍しますよ。

ビラボンのアウトドア用ローチェアは、長時間座っていても体が疲れにくいのが魅力です。男性の背中が隠れるくらいのハイバック仕様で、ゆったり寄りかかって座ることができますよ。木製の肘置きが付いているので、アウトドアでもゆったりとリラックスした時間を過ごすことができます。

mosco(モスコ)-アルミチェア(3,960円)

軽量で持ち運びがしやすいローチェア

女性でも楽に持ち運びができるアウトドア用ローチェアです。アウトドア用チェアは重さが2kgから3kgくらいのものが多いですが、モスコのアルミチェアはわずか930gでとても軽いです。折り畳むと片手で持てるくらいコンパクトな大きさになるので持ち運びがしやすいのはもちろん、家での収納もしやすいですよ。

フレームには強度が高いジュラルミンを使用していて、耐荷重が120kgなので体格が良い人でも安心して使えます。右側面には収納ポケットが付いていて、スマホなどの小物を入れることができますよ。汗をかきやすい背もたれと座面の一部がメッシュ地になっているので、夏でも快適に座ることができますね。

La Sedia(ラ セディア)-レジスタ リラックスアーム(29,150円)

アウトドアを贅沢に彩るローチェア

アウトドアで贅沢な時間を過ごしたい人におすすめのローチェアです。ラセディアは創業初期の頃から客船にデッキチェアを供給しているイタリアのブランドですよ。今回紹介するローチェアも豪華客船に馴染むようなデザイン性の高さが魅力です。

椅子のフレームに現在は稀少価値が高いビーチウッドを贅沢に使用しているのが特徴です。ビーチウッドを一晩かけて塗料に漬け込んだ後に乾燥させることで、防水性と防腐性の高さを実現しています。シートにはマリンファブリックブランドとして名高いサンブレラ社製の丈夫で品質の高い布地を使用していますよ。布地は汚れたら取り外して洗えるので、アウトドアで使いやすいですね。

まとめ

使う場所に適するローチェアがおすすめ

ローチェアを購入する時は、シーンに合わせて使いやすいものを選ぶのが大切です。狭い部屋で使う場合は背もたれが低いローチェアを選ぶことで、部屋を広々と見せることができますよ。座り心地を重視する場合は、より体重を預けられる背もたれが高いローチェアを選ぶのが良いですね。今回はローチェアのおすすめ人気ランキングを紹介しました。ぜひ使うシーンに合うローチェアを手に入れて快適に座りましょう。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*