キャンプにおすすめのラグ人気比較ランキング!【夏・冬用も】

キャンプでテントを設営する時、地面の冷たさを緩和させたりゴツゴツした地面の影響を受けないようにするフロアラグを敷くのはおすすめです。ただのシンプルなシートよりもメキシカンラグなどのカラフルで元気が出るキャンプラグを敷けば、デザイン性と機能性を両立できます。そこで今回は数多くあるキャンプラグの中から人気の商品をランキング形式で紹介します。アウトドアをよりおしゃれに楽しみたい人はぜひ、この記事を参考にしてみてくださいね。

キャンプラグの特徴

テントで使うだけじゃない使い方は無限大の大型ラグ

キャンプラグとはテント内のフロアラグとして使うアイテムのこと。殺風景なテント内にフロアラグを敷くだけで、インテリア性がアップしテント内の見映えが格段にアップします。キャンプラグは、生活空間に敷くフロアラグはもちろん、テーブルクロスやアウトドアの敷物に使うなど汎用性高く使えるのも特徴。寒い時は羽織ることもできる汎用性の高さからキャンプする時は1枚は持っておきたいアイテムといえます。

個性的なネイティブ柄キャンプラグが人気

キャンプラグは柄やデザインが豊富にあり、テイスト別に好みのデザインを選びやすくなっています。その中でも、アウトドアに最適なデザインテイストとしてネイティブ柄はおすすめ。ナチュラルテイストなアイテムとも合いやすく、空間のアクセントとしてインテリアに馴染みます。ネイティブ柄のキャンプラグとして有名なのがメキシカンラグ。コットン100%で鮮やかな色合いやデザインの種類が多く1枚メキシカンラグを敷くだけでテント内が何倍もおしゃれに映ります。

キャンプラグの種類

厚手タイプ

地面の冷たさを和らげゴツゴツした地面の上でも快適に過ごせる

テントを敷くときに気になるのは、地面の冷たさがテント内に影響しないかどうかです。特に冬のキャンプや山でのキャンプは地面が朝方濡れることで底冷えを感じやすいことも。厚手のキャンプラグがあれば、地面の冷えをテント内に伝わるのを防げます。また、裏地に防水加工が施されたキャンプラグはテント内外問わず快適に使うことができるでしょう。

厚手のキャンプラグは、キャンプ時に使うだけでなく家でのフロアラグとして使うのにもおすすめ。おしゃれなデザインが多いキャンプラグを1年に数回しかしないキャンプだけに使うのはもったいないという人も。おうちのフロアラグと兼用することも可能です。また移動時の緩衝材として、山道を走る時の衝撃を回避するのに車内の荷物の中で用いることもできるでしょう。

薄手タイプ

敷く以外にも羽織ったりテーブルクロスにしたりと汎用性が高い

キャンプラグには汎用性の高い薄手の生地も多く販売されています。軽くて持ち運びがしやすいので複数枚購入して様々な用途で使うのもいいですね。たとえば、テント内に敷く以外でも折りたたみのソファに掛けたり、テーブルクロスとして使うのもおすすめの使い方。

アウトドアの折りたたみソファや椅子、机は機能性を重視したシンプルなデザインが多い。そこで、薄手のキャンプラグをサッと掛けるだけでおしゃれな雰囲気になるでしょう。また、寒い屋外のキャンプには体に羽織って防寒対策としても使えます。掛布団代わりに使ったり、地面の冷たさが気になったらプラスで敷くなど用途を選ばず使うことができる汎用性の高いアイテムです。

キャンプラグの選び方

素材で選ぶ

アクリル素材は虫食いやカビの心配がなく手入れが簡単

強度が強く、摩擦に対しても耐久性があるアクリル製はおすすめ。特にメキシカンラグやその他ネイティブ柄などの色が鮮やかではっきりとしたデザインが多いキャンプラグは、色落ちが心配ですよね。アクリルは染色の堅牢度が高く、洗濯を繰り返しても色落ちしにくいのが特徴です。繊維の抵抗力が強く、虫食いやカビに影響されにくいのもポイント。たとえキャンプ時のみに使うラグとして長期間収納していても、使いたいときにすぐ使うことが可能です。

熱や火に強く野外でのアウトドアに最適なインド綿もおすすめ

熱や火に強く肌触りが良いキャンプラグとしてコットン(綿)製もおすすめ。サラリとした感触で肌触りが柔らかいので素肌で触ってもチクチクしたりしません。爽やかで涼しく感じられるコットン製のキャンプラグは、夏キャンプ向きの素材といえます。コットンの中でもインドで栽培されたコットンを使ったインド綿は湿気に強く、柔らかい生地として有名。オリエンタルの独特の風合いやデザインで編まれているものが多く、デザイン性もおしゃれで人気です。

機能で選ぶ

テント外でも使いたいなら防水性の高いラグを

ピクニックやテント外でのバーベキュー時など、レジャーシート代わりとしてもキャンプラグを使うなら防水性の高いものを選びましょう。地面に直接敷くものなので、地面の湿気や水分がキャンプラグに伝わらない防水性の高いラグはおすすめ。冷たさがお尻に伝わりにくく、快適に過ごすことができます。またラグ全体が防水性のある生地なら、ラグの上で飲み物や食べ物をこぼしてもサッと拭き取れるなど手入れのしやすさもポイントです。

持ち運びに便利な収納袋付きもおすすめ

荷物が多くなりがちなアウトドアは、荷物がかさばらないように移動時の荷物は最小限にしたいですよね。キャンプラグが小さく折りたためることができる柔軟性があるかどうかもチェックしておきたいポイントです。中でも、収納袋が付いていればより一層持ち運びがしやすくなります。コンパクトに収まれば、リュックやカバンに収納するのにも便利。より持ち運びがしやすくなるでしょう。

テントの大きさで選ぶ

テントの床をほとんど覆えるものなら約3畳タイプのサイズを

キャンプラグを購入する時にはテント内の大きさも考慮して選びましょう。テントの床面積を確認して全体を覆えるものなら2畳から3畳タイプがおすすめ。中でも2畳は縦200cm、横200cmの正方形サイズなのでテントの中心に置きやすいと言えます。縦190cm、横240cm大きめの3畳タイプはテント内の端まで覆える長方形サイズ。4人用以上のテント面積にも合いやすいでしょう。テントのサイズだけでなく、形状にも考慮して選ぶと失敗しません。

違う柄のミニラグを複数敷くのもおしゃれでおすすめ

正方形や長方形のテントなら問題なく大きめのキャンプラグが敷けますが、ワンポールテントは中心にテントを支えるポールがあるので注意が必要です。ワンポールテント内にキャンプラグを敷くときには、3、4枚のミニラグをラフに敷くのがおすすめです。寝る場所に合わせてその下に敷くこともできるでしょう。同じラグで揃えるのもいいですが、全く違うデザインで揃えるとセンス良く見えるのでおすすめ。異素材のラグを重ねて敷くのもいいですね。

キャンプラグのおすすめブランド・メーカー

ペンドルトン

ネイティブアメリカンの伝統的な柄がおしゃれ

約150年以上に渡ってアメリカで親しまれてきたブランド。アウトドアで使える大型のキャンプラグはもちろん、赤ちゃんのおくるみにも使える可愛らしいネイティブ柄のブランケットまで豊富な種類があります。ノスタルジックなデザインや元気が出るようなカラフルデザインまで豊富なのでお気に入りの1枚が見つかるでしょう。

キャプテンスタッグ

リーズナブルなアウトドアグッズが集結

シックで年齢や性別にかかわらず使いやすい柄が豊富なキャプテンスタッグ。ラグの種類も汎用性の高い薄手の生地が多く、テーブルクロスやひざ掛けにも活用できます。防水性能の高い3層クッション構造ラグも人気。収納袋付きのキャンプラグなど機能性がありながらリーズナブルなアイテムが揃います。

エルパソ

メキシカンラグの老舗メーカー

1970年以降メキシコの先住民柄をイメージしたネイティブラグを数多くデザイン、販売してきた人気のメーカーです。実際にメキシコの先住民やカーボーイが馬具の1つとして使ってきた伝統的スタイルをそのまま継承しています。カラーバリエーションやサイズも豊富で敷く場所を選びません。縦150cm、横216cmの大型ラグも約2Kgと軽いため、持ち運びもしやすいのもポイントです。

コールマン

汚れに強い素材や砂を入れない機能性キャンプラグが揃う

世界中で人気の高いアメリカのアウトドアブランドのコールマン。大きめサイズでありながら、届きやすい価格帯でテント用品を揃えられるのも魅力です。通気性が良く、汚れたら水洗いも可能なキャンプラグは手入れが簡単。端部分を立ち上がらせて、虫や小石の侵入を防ぐプレイマットなど機能性の高いラグが揃います。

おすすめ&人気のキャンプラグランキング

厚手でおすすめのキャンプラグ

エルパソ-ブランケット(7,100円)

テント内でもパッと目を引くカラーでアウトドアをよりクリエイティブに

陽気でカラフルな色使いが魅力のエルパソのブランケット。メキシカン先住民を彷彿させるようなネイティヴ柄が印象的なデザインになっています。厚手でしっかりとした縫製なので、テント下がゴツゴツしていても痛みを緩和させます。

サイズは縦148cm、横214cmと大きめのサイズで大きめのテントのフロアマットとしても充分使えます。ダイヤのカラーやサイドのレインボーカラーも色の配色が違うだけで雰囲気が大きく変わります。落ち着いた大人っぽいカラーが好みならサンミゲール柄がおすすめです。

e-Bazal-キルトマルチカバーscheinen(10,480円)

コットン100%の安心天然素材が素肌に優しく触れる

心地よい肌触りのコットン性のマルチカバーです。こだわりのキルティングが1点1点大切に織り合わされ、上質で温かみのあるデザインに仕上がっています。ユーズド感やヴィンテージ感を出すサンドウォッシュ加工を施しているので、柔らかな風合いが際立っているのもポイント。

きめ細かな砂と水で何度も揉み洗うことで表現された生地は、洗濯機で丸洗いしても品質に影響しないのもメリット。むしろ、洗濯を重ねるごとに洗いざらしのシワがデザインの1つとなり風合いが増していくのも面白い。汚れを気にせず使えるので屋外の使用に最適ですね。

萩原-トルコ製ウィルトンラグ(6,578円)

ボヘミアントニューヨークスタイルを兼ね合わせたモダンスタイルラグ

細部に至るまで精巧に作られたデザイン性の高いトルコ製ウィルトンラグです。フワッと柔らかなカットパイルと、なめらかな肌触りのループパイルが立体的な模様を表現しています。ラグの両端にはフリンジも付いており、高級感を感じるのも魅力です。

重厚なつくりですが、縦糸の特殊加工によってコンパクトに折りたたみやすいのもポイント。小さくまとまるので、持ち運びや収納もしやすくなっています。ホワイトグレーのプレゾン柄とブラックグレーのダイヤ柄の2種類展開。4種類から最適なサイズを選択できます。

ソラシエル-ラグマット(7,458円)

さらりとした感触のインド綿を使ったコットンマット

ナチュラルな色合いのインド綿を使ったラグマットです。テント内を優しく温かい雰囲気のインテリアにしたいなら、パステルカラーを配色したデザインがおすすめ。テントの布色がアイボリーやホワイトの室内に最適です。優しい印象に完成します。

1点1点ハンドメイドで製作されているので、サイズ感の違いや縫製デザインに同じものが1つとないのも愛用できるポイント。デザインBとDには立体的な織り目も採用されており、高級感を引き立てます。裏面には滑り止め加工も施しているのでリビングに使うのもいいですね。

だんだん-芝生風シャギーラグ(5,478円)

手触りが気持ちの良い芝生風シャギーラグ

まるで芝生に寝転がっているような、最高の気分で横になれるアウトドア好き向けのシャギーラグです。見た目は芝生そのもの。虫もいなければチクチクしないので心地よく横になれます。シャギー部分も入れれば約2cmの厚みのあるクッション素材で、テント内にそのまま敷いても体が痛くなりません。

シャギーカットで見た目の不揃いさが、より芝生のリアル感を高めてくれるのも魅力。裏側には滑り止めも付いているのでテント内や室内で走り回ってもラグがずれる心配はありません。室内でもテント内どちらでも快適に過ごすことができるでしょう。

薄手でおすすめのキャンプラグ

ツイードミル-タータンブランケット(5,500円)

フカフカの触り心地の良さがぐっすり横になれる空間にぴったり

英国風のチェック柄がキュートなキャンプラグです。高品質ですが手に取りやすい価格帯で、ラグはもちろんブランケットにも使っていただけます。触り心地はフカフカで包まれながら眠れるほどの柔らかさが特徴。保温性も高く防寒性にも優れているのもポイントです。

使われている繊維は、汗などを吸収し防湿に優れたウールを使用。ボリュームたっぷりで温かみのある雰囲気ですが、手に取ると柔らかさと軽さに驚くでしょう。発色の良いカラーリングで、テント内もパッと明るく温かみのある雰囲気が完成するでしょう。

west path-Diamond Bkanket(3,498円)

本場メキシコで製作されたワンポイントブランケット

柔らかな肌触りの薄手の素材のブランケットです。カラー展開は豊富なので、個性を際立たせる発色カラーを選んだり、大人っぽい柔らかいカラーを選ぶのも自分次第。柔らかで肌に優しい感触なので、地面に敷いても膝や身体に掛けるブランケットとしても活用できるでしょう。

どのデザインも色彩豊かなストライプ模様で、派手過ぎずシンプルな印象なのもポイント。どんなインテリアや場所にも合いやすいので置き場所を選びません。ポリエステルとアクリルが90%配合されているので、洗っても乾きやすくいつでも清潔に保ちやすいのも特徴です。

東屋-円形ラグ(4,046円)

幾何学模様が印象的な薄手のコットン円形ラグ

縦横130cmの比較的大きめの円形ラグです。テント内のソファやリラックススペースのアクセントとして円形ラグを活用できるでしょう。空間を引き締めるブラックカラーなので、合わせるカラーを選ばないのも魅力。この円形ラグを1枚投入するだけで雰囲気がグッと大人っぽくなります。

シンプルなラグや、無地の大型ラグに重ねて敷くのもおしゃれ。赤ちゃんが寝るときの冷え防止として敷くのもいいですね。コットン製なので、肌触りが良いのもポイント。テーブルやソファに掛けるアクセントや、ラグとして多種多様に使うことが可能です。

四季物ひろば-トルクメン風洗えるラグ(9,990円)

おしゃれさんに薦めたいワンランク上のカラーラグ

目を引くようなレッドやターコイズカラーがおしゃれ。テント内にシンプルな大型ラグの上にサラリと敷くだけで一気におしゃれ上級者さんのインテリアコーディネートが完成します。使っているデザインはキュルという幾何学モチーフ。

中央アジアで代々大切にされてきた模様で、遊牧民の生活をイメージしたゲル風ワンポールテントにもピッタリ。私たちの生活にもスッと馴染んでくれそうです。横の長さは75cmから240cmまで3種類選べるのも嬉しいですね。センターラグとして長いサイズを1枚敷くのもいいですね。

ペンドルトン-ブランケット(24,420円)

裏表どちらも使える設計でマルチに使えるアクリルカバー

ネイティブアメリカンを彷彿させる、エネルギッシュなデザインが魅力のペンドルトン。観るだけでパワーがみなぎるような明るくカラフルな色合いから、心を落ち着かせながら冥想しやすいムード漂うデザインまで豊富な種類が魅力です。直感的にデザインを選べるでしょう。

使われている素材ウールは、吸湿・放湿性に優れているので年中サラッとした触り心地を保てるのが魅力です。ブランケットとして使えば、余分な汗を放出して快適に睡眠できます。断熱材のように冷気をカットするので、冬場のキャンプにも最適。

RUG&PIECE-メキシカンラグ(7,590円)

現地でしか手に入らないようなポップなデザインラグ

個性的なフィッシュ柄がハンドメイド感を引き立てるデザインラグです。本場メキシコのメルカドで販売されているような本場の風合いを日本のインテリアに取り入れられるのは嬉しいですね。ベースはインディゴカラーで部屋に馴染みやすいのも魅力。

マットな色合いの背景に、ポップで明るいフィッシュデザインが良く映えます。非常に柔らかい素材なので、ラグとして使うのはもちろん、アウトドアでテーブルクロスとして使うのもおしゃれ。両端のフリンジもデザイン性を高めています。

機能的でおすすめのキャンプラグ

キャプテンスタッグ-キャンプラグマット(2,420円)

中でも外でもマルチに使える袋付きマルチカバー

室内でも屋内でもマルチに使うことのできるおすすめのキャンプラグです。同生地で作られた専用カバーも付いているので、持ち運びも簡単。小さくコンパクトにまとまり、リュックに入れても手にかけても持ち運ぶことが可能です。

コットンは65%、ポリエステル35%と生地の柔らかさと速乾性を兼ね備えているのも魅力の1つ。手入れがしやすく扱いやすい汎用性の高いマットになっています。シンプルなテントの床面にこのシートを敷くだけでテント内が印象的なインテリアに早変わりするでしょう。

コールマン-インナーマット(2,999円)

インナーマットとしてテント内で使える機能的シート

テント内で気になるのは、テント外から入ってくる蟻や虫の侵入です。コールマンのインナーマットは、端部分を立ち上がらせることで虫の侵入はもちろん小石や砂の侵入を防ぐことができます。テント内をより快適に過ごしたい人に最適です。

デザインはシンプルなストライプ柄なので、どんなインテリアにもマッチするのも嬉しいですね。このマットの上にアクセントとなるミニラグを敷くのもいいですね。インナーマットだけでなく、アウトドア時のレジャーシートとして使うのもおすすめです。

wall-Pedra北欧ラグ(4,378円)

ウォッシャブル対応で汚れを気にせず使える

ふっくら気持ちの良い肌触りで、そのまま体を預けたくなるラグです。テント内が明るくなるホワイトグレーと、高級感のあるネイビーの2種類をラインナップしています。サイズも1.5畳、2畳、3畳用とテントの大きさに合わせて最適なサイズを選べるのも嬉しいですね。

厚みのある生地でもコンパクトに折りたためる柔軟性が魅力。持ち運びや収納もしやすいので多用途で使えるでしょう。裏面は不織布を使うことにより、テント内では地面からの冷えを防止。室内でもフローリングを傷つけずに使えるので場所を選ばず使いまわせます。

だんだん-ケルトムラグマット(5,786円)

丸洗いできるスタイリッシュなおしゃれラグ

ブルーとホワイトの爽やかなストライプ柄がアクセントのデザインラグです。ストライプの各ラインは太めなので、大人っぽく知的な印象を与えるのも魅力。ブルーは爽やかさを、グレーはモダンな印象を与えてくれるでしょう。

アクリル、ポリエステル、綿、レーヨンをそれぞれ合わせた混素材は、肌当たりが良く手入れが簡単とそれぞれの良いところを併せ持っています。つくりが丈夫なので使う場所を選ばず、洗濯機で繰り返し丸洗いしても生地が傷まないのも嬉しいですね。

まとめ

キャンプラグ以外にも使える薄手生地がおすすめ

キャンプラグを購入するうえでこだわりたいポイントは、使いやすく快適に野外で使える生地かどうかです。寒い時にサッと羽織れる防寒用として使ったり、テント外で地面に直接敷くなどテント内以外でも快適に使える汎用性もポイント。冬場のテントには地面の冷たさが伝わらないアクリル生地を、テント内のインテリアをおしゃれに魅せるミニラグの複数使いもいいですね。今回は人気のキャンプラグをランキング形式で紹介しました。ぜひ皆さんもアウトドアをより楽しく快適にするキャンプラグを取り入れてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*